ゴールキーパーのススメ 序章 序章 技章 実章 ジュビロマニアックス ホーム
■しいたげられるゴールキーパーを理解してくれ

ゴールキーパー (以下GK)
フィールド内で唯一手を使うことを許されるポジション。他のポジションとは明らかに異質です。サッカー経験者といえどもGK経験者は少ない。「GKだけはイヤ」そんなプレーヤーも少なくない。手前味噌になりますが当方が初めてGKをやったときのこと(小学4年だったかな)。素人にもかかわらず自然にダイビングしたり、1対1で前に出て止めたりしていたんですね。逆にフィールドプレーヤーとしては上手い人がいざゴールマウスに立つと・・・。そんなものみたいである意味”サッカー選手 ” と ”GK” は別物の部分もあるようですわ。
TVのサッカー解説では、ダイビングしてセーブすれば一目瞭然「素晴らしい」となります。しかし一見なんてことは無いものの我々GKから見て「うわぁ、うまいなぁ・・・」と思うようなプレーの場合なかなか触れられることはありません。事と次第によっては凄いシュートを凄いセーブした場合「いや素晴らしいシュートでしたね」だけで終わってしまうことも少なくありません。ファインセーブはほったらかしです
てなわけでこちらはそんな特異で悲しいポジションの 「GKとはなんぞや」 ということをテーマにその役割、技術、メンタリティなどを紹介していこうというものです。ただしメンタリティに関してはあくまで当方の個人的なものですのであしからず。あ、それからえらそーなことをいろいろと語ると思いますが、私はあくまで社会人リーグの底辺、草サッカーレベルのGKでありますし、普段はドチョンボだらけのヘタレGKであることはいうまでもありません。

序章・・・導入 GKの全体像
技章・・・GK技術の紹介
実章・・・実際の試合でのGKのプレーをもとに解説


■GKを少しばかり考えてみた   
GKの役割
1. ゴールを守る(当たり前)
2. コーチング(主にDFの指示)
3. スイーパー、リベロの役割
4. 攻撃の第一歩となるべくフィード、ビルドアップ
5. 叱咤激励。戦術的な指示等だけではなく、チームを鼓舞する役目も多くの場合負う
6. 身体能力の高かったり長身である場合も多く一か八かのコーナーキックのターゲット
7. キック力がある場合も多く、ごく稀にではあるがPKやFKを蹴ることも
8. 敵ゴール裏から野次られる、物を投げられる標的

プレースタイル
フィールドプレーヤーがそれぞれ個々のプレースタイルがあるように、GKにもそれぞれプレースタイルがあります。例えば川口のようにどんどん前に出て勝負するタイプ。楢崎のようにゴール前をしっかり固めていくタイプ。川口のように常に声を出し引っ張っていくタイプもあれば楢崎のように落ち着いてどっしり構えるGKもいます。何がいい、何が悪いということはありません。
しかしプレーするチームの戦術やDFのタイプや連携などに合う、合わないはあります。どんなプレースタイルであれそのシチュエーションによってやるべきプレー、やってはいけないプレーがあります。しかしその選手の特徴・能力により、やるべきプレー、出来るプレー、出来ないプレーがまた違うのも事実です。いかにそのとき的確な判断が出来るかということですね

GKに要求されるもの
1. GKとしての技術 (フィールドプレーヤーとはあまりにも違うため)
2. 足技・ボールコントロールの技術 ( バックパス禁止、フィード、リベロの役割など)
3. より高い身体能力、身長 
4. 広い視野
5. 状況判断能力
6. 勇気
7. キャプテンシー

メンタリティ
GKはマゾです。基本ドMです。,攻められっぱなしもむかつくけれどそれはそれで止めつづければ快感。PKなどは自ら与えたものでなければ「おいしい」とさえ思う。逆になにも攻められないのはチームとしては良いけれどもGKにはまったくもってつまらない。相手がシュートを撃てる状況で撃たなかったりすると「ちぇっ、なんだよ」なんて思ったり。またGKほどその精神状態がプレーに現れるポジションも無いかもしれません。そんなことも考えつつGKを見てもらったらまた楽しいかもしれません。






PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホーム