心の叫び ジュビロマニアックス ホーム
■拙文妄言コラム グチと思い込みと勘違い

OB戦に思うことリーグ 歌は心
サツカーマガジンも堕ちたもんだ 責任転嫁
かわぶちぃぃぃぃぃぃ 長嶋メッキジャパン
メールだってマナーがあるっしょ 金満になれるものならなれたいやね
アメリカ万歳・・・・・・? ホームだってハナシですよホームだって
国々固有の文化があるんだよ バロンドールのこと・・・ていうか
何事もやってみなきゃわかんないよね、そりゃ
スパイク狂騒曲
オヤジ 回顧趣味に浸る




■ バロンドールのこと・・・・ていうか  2006/11/17
バロンドール(欧州最優秀選手)がもうすぐ発表なります。一応欧州で最も権威ある賞、というよりもむしろFIFA最優秀選手よりも権威のある世界最高の栄誉ある賞といってもいいでしょうな。ちょっと違いますが、もしバロンドールのことはよく知らないという人に説明するのであれば、世界クラブ選手権になんかに勝つよりUEFAチャンピオンズ・リーグに勝つほうがエライみたいなものと思っていただければ多少わかりやすいかなとか。
で、こんな記事(スポナビ)を発見したわけですが周知のとおり今回は最有力候補としてイタリア代表DF(レアル・マドリー)カンナバーロの名が挙がっております。他にも有力候補としてアンリ(FW:フランス代表・アーセナル)の他にブッフォン(GK:イタリア代表・ユベントス)の名が挙がるなど守備的なプレーヤーの名が挙がるところが昨今のまず守備ありき、ファンタジスタ不要といったサッカー界傾向を表しているといえなくもありませんな。
しかしそのバロンドール。記事中にもあるようにこれまでGK・DFといった守備の選手が獲得したことはわずか4回(3人)。DFとしてはかの有名なスーパースター、ベッケンバウアー(ドイツ、72・76年)、マティアス・ザマー(ドイツ、96年)の二人。GKにいたってはこれも伝説のGKヤシン(ソ連、63年)だけ。バロンドール創設が1956年ですから50年の歴史があるわけで、選手11人、システムを攻撃型3-4-3ベースとして考えても単純に平均を計算すればGKは4回、DFは13〜14回位は受賞していてもいいわけです。1950年代あたりだとFW4人なんてこともまだ普通の時代ではありますが、それを割り引いたとしてもGK・DFの受賞はあまりに少なすぎると思いません?ちょっと奥さん
しかも記事中にもあるようにベッケンバウアー、ザマーはともにリベロ。日本人でリベロと呼ばれる選手の場合、実質的にはスイーパーであってほぼ守備に専念ですが、この二人はまさに真正リベロであって攻撃を組み立てるゲームメーカーと言っても過言ではないのね。むしろ2人とも元々MFであってその卓越した技術・視野・戦術眼を生かすために後方に位置してフリーの位置から組み立てるためにDFとしてプレーしたのであって(もちろんDFとしての能力も凄いわけだが)、カンナバーロのような真正DFでバロンドールを獲得した選手は一人もいないわけです。あのミラン黄金期を支えたバレージやマルディーニですら何度となく候補に名を連ねながら一度も獲得できなかったという現実。つまりJリーグのMVP選考などでもよくもめたように、選出されているのはほとんどがFWで他にトップ下MFなどの攻撃的ポジションに偏よりすぎているわけです。
サッカーは点取りゲームであってより多く点を取ったチームが勝つ。サッカーにおいて一番盛り上がるのは得点シーン。それは確かではあります。FW・トップ下というのはサッカー選手の中でも「選ばれし者」であることもまた事実。しかし、じゃあ点を取るためにはどうすればいいかと言われれば基本的には守備をしてボールを奪わなければいけないわけで、テニスのサーブ権じゃないんだから次はそっちねなんてボールを渡してくれるわけもなく、ボールを奪って、そして組み立てる人がいなければいけないわけですよ。
5点とったところで守備やGKがザルでそれ以上に点を取られればそりゃあハナシにもなりません。逆もまた真なりとよく言いますが、相手より点を取れば勝つわけですが相手より失点しなければ勝つわけです。サッカー選手として「選ばれし者」たちにに対峙するのは当然FWではなくDFやGKなわけです。攻防は表裏一体・連動しているわけですからあまりにも攻撃偏重のこの選考はおかしいと言わざるを得ませんね。日本のファンでも2002年W杯でのオリバー・カーン(GK:ドイツ)の大活躍は記憶に新しいでしょうが、あの年のカーンでさえW杯MVPや世界・欧州最優秀GKなどに選出されたもののバロンドールには及ばなかった。あのカーンをしてバロンドールを獲得できなければもうGKのバロンドール獲得は無いだろうとも言われたわけですよこの野郎。
じゃあそこでですよ。その問題の選考は誰がしているのかといえば、こういった賞のご多分に漏れずというか何かと議論の起こる記者投票。欧州各国の記者・ジャーナリストの投票によるものなのです。つまりこれもJリーグやプロ野球でも再三言われているのと同じで、そのシーズン実際どれだけ貢献しているのか活躍したのかということよりもネームバリューが大きく影響しているわけです。さらにマスコミ的には守備的な選手を選ぶことよりも攻撃的な選手を選ぶことのほうが華やかでありオイシイのも明白ですな。DFが選考されたところである意味見出しとなるようなものも無く、それならFWが選考されて「今シーズン30得点の大活躍!!」としておいたほうが記事として成り立つわけですよ。日本のメディアはレベルが低い云々よく言われますが、実際欧州のメディアでもこの程度だったりある意味日本より極端だったり酷かったりするのも現実なわけですね。そんなものですよ悲しいかな。

で、長々とバロンドールの選出について愚痴をこぼしてきましたが、そんなことはもう今更当方が書くまでも無く再三言われていることで正直もうあきらめております。
んじゃ実は何にご立腹かと申しますと先述のスポナビ記事の
ザマーに対する記述にご立腹なのですよ

「マティアス・ザマーは中盤の選手からリベロに転向し、FWのロナウドやアラン・シアラーを抑えて1996年のバロンドールを受賞したが、選出には疑問の声も大きかった。この年にドイツ代表が欧州選手権イングランド大会を制したことがザマーの受賞につながったことは言うまでもないが、能力的にはベッケンバウアーの域には及んでいなかったと言わざるを得ない。」 〜抜粋

疑問の声も多かった。たしかにそうだねぇ。ロナウドやシアラーのほうが記事になるもんね。それでもバロンドールを獲得したということがいかにザマーの活躍が素晴らしかったかということの裏返しでもあるわけですよ。欧州選手権の年はかなりなパーセンテージでその成績が響くわけで、実際あのドイツ代表はまさにザマーのチームであったしザマーなくしてドイツの優勝はありえなかったといっても過言ではなく、本来なら獲得に何の異論もないはずなんだろうがね。DFだからなんだろうなこれも。ま、これはこの記事を書いた記者の問題でもないですがね、問題はその後なんだよね。もうこういう勘違いした野郎はマウントで小一時間ボコってやりたいわ。
「〜能力的にはベッケンバウアーの域には及んでいなかったと言わざるを得ない。」ってなんだよオメェ。
じゃあベッケンバウアーの域に達してる選手って誰だよ。サッカー史上5指に入るっといってもいい超々スーパースターと比べて上の選手って誰だよ。じゃあ聞くがネドヴェドはプラティニ以上か? シェフチェンコはファン・バステン以上か? オーウェンはゲルト・ミューラーに及ばないから駄目なのか? そんなもの比べること自体がおかしいわな。その年度で○○がふさわしいと言う議論ならわかるが、歴史上の誰とも比べる余地など無いんだよ。その年に誰よりも素晴らしかったらその年のバロンドールなんだよ。「あなたの選ぶベストイレブン」やってるわけじゃねえんだよこのクソボケが!ま、
というわけであのころの輝くザマーにいたく感動し、ボルシアのユニ買って6番を背中に入れた当方にとってはこういった見当違いの記事はゆるせないものでありまして、バロンドールの選考は別としてそりゃもうご立腹だったわけです。ま、ただ今年のバロンドールでもまたアンリあたりが選ばれれば(アンリはアンリでそれはもちろん素晴らしい選手だが)それはそれでまたご立腹と言うことだと思いますが。2006W杯MVPもみんなカンナバーロだと思ってたところでネームバリューと引退ご褒美でジダンだったからな・・・・・・・・・

〜その後カンナバーロが見事にバロンドール受賞〜









■ ホームだってハナシですよホームだって  2005/5/12
すったもんだの挙句ようやく新体制発表。ヨシカツに始まりヨン様やら村井、茶野と、チーム創設以来はじめての大補強に動いた磐田。世間では金に物言わせてとか、なんだか某読売野球団みたいな言われ方もしております。ま、市原様にいたりましてはさすがにお気持ちを察するに余りあるものはございますが、冷たい言い方をするとこういうことはプロである以上当然と言えば当然でもあり、また至極当然の如く各チーム経験していることで。むしろそれだけクラブがいい選手を育てたという自信なんかもってくれなんて・・・言ったら怒.る・・・・よね?ごめんなさい。
ま、それはそうとして金満扱いは納得いかないなと。ましてや某や某にそんなことは言われたくねぇなと。基本的にこれまでウチはほぼ自前でやってきましたから。で、海外移籍していったものもいれば、国内にも多くの主力・準レギュラークラスが出場機会を求めたり、「田舎でなんかやってらんねえ」とかで移籍していきました。
補強はといえばドゥンガ・アディウソン以降の外国人は(ドウンガだってお金払えなくて出しちゃったし)誰?つーレベルでまともに"働いた"のはグラウのみ。国内では森下とか漢前田とか布部とか。すごく地味にやってただけで、大物といえばクラブから"要らん”と言われた井原に大岩。
というわけで今回の大補強は、今までのつめに火をともすように貯めたささやかな蓄えを(まあ蓄えも出来てないんだけどね実際は)全部吐き出した上に、血ヘドまで吐いちゃって、さらに死ぬ思いで血と内臓まで売っちゃったようなもの。某のようにバックから湯水の如くお金が溢れ出てくるクラブとはワケが違うのですよ。必死なんですよ、もう二度とこのようなことはできないという。これで失敗すればクラブそのものの生命に関わるくらいの勢い。その辺は普段はとっても仲が悪いですが、鹿さんならむしろわかってくれるのではないかなんて思ってみたりしています。
ま、個人的には前から言っているように、磐田の目指すべきはアヤックスと思っていますので、単純に"選手獲得による補強"策が是か否かといわれれば否ではあります。磐田はこういう補強を続けるような体力・資金力があるクラブでは正直無いわけで、今後もそういうクラブにはなれないしならないでしょう(ならなくていいし)。とにかく選手を獲ってきて強くするチームはこういう補強をし続けなければならなくる・・・と海外を見ていると感じざるえないのです。
ただ磐田の場合、クラブとしても補強など続ける気は毛頭無く、これはあくまでも復活のためのステップとは考えているのでしょう。単純に"選手獲ったから"ということではないと。あくまで私の磐田偏愛思考回路によるものですがね。とりあえず2005年結果がこれで結果が出なかったらどーしましょ、というわけではないと。単純にいい選手を獲得したからといって強くなるわけでも無いし。まあ程度にもよりますがね、程度にも。
よく言われるように、こういう補強で若手が経験をつめなくなるというのは痛いとも思いますが、かといってこれを乗り越えられないのでは所詮その程度ということで、磐田を託すことなど到底出来ないのだとも一方では思うわけです。入団時から皆が大きな期待を寄せている某とか某とかは特に。某は想像にお任せしますけど。もっと"強いもの"を見せてくれと。巧くなんかなくていいから"強いもの"を。それがなければ今回の"補強"も水泡と帰すことさえあるかもしれません
なんだか自分でナニ言ってるのかわからなくなってきたのでこの辺で。









■ 金満になれるものならなりたいやね   2005/1/23
すったもんだの挙句ようやく新体制発表。ヨシカツに始まりヨン様やら村井、茶野と、チーム創設以来はじめての大補強に動いた磐田。世間では金に物言わせてとか、なんだか某読売野球団みたいな言われ方もしております。ま、市原様にいたりましてはさすがにお気持ちを察するに余りあるものはございますが、冷たい言い方をするとこういうことはプロである以上当然と言えば当然でもあり、また至極当然の如く各チーム経験していることで。むしろそれだけクラブがいい選手を育てたという自信なんかもってくれなんて・・・言ったら怒.る・・・・よね?ごめんなさい。
ま、それはそうとして金満扱いは納得いかないなと。ましてや某や某にそんなことは言われたくねぇなと。基本的にこれまでウチはほぼ自前でやってきましたから。で、海外移籍していったものもいれば、国内にも多くの主力・準レギュラークラスが出場機会を求めたり、「田舎でなんかやってらんねえ」とかで移籍していきました。
補強はといえばドゥンガ・アディウソン以降の外国人は(ドウンガだってお金払えなくて出しちゃったし)誰?つーレベルでまともに"働いた"のはグラウのみ。国内では森下とか漢前田とか布部とか。すごく地味にやってただけで、大物といえばクラブから"要らん”と言われた井原に大岩。
というわけで今回の大補強は、今までのつめに火をともすように貯めたささやかな蓄えを(まあ蓄えも出来てないんだけどね実際は)全部吐き出した上に、血ヘドまで吐いちゃって、さらに死ぬ思いで血と内臓まで売っちゃったようなもの。某のようにバックから湯水の如くお金が溢れ出てくるクラブとはワケが違うのですよ。必死なんですよ、もう二度とこのようなことはできないという。これで失敗すればクラブそのものの生命に関わるくらいの勢い。その辺は普段はとっても仲が悪いですが、鹿さんならむしろわかってくれるのではないかなんて思ってみたりしています。
ま、個人的には前から言っているように、磐田の目指すべきはアヤックスと思っていますので、単純に"選手獲得による補強"策が是か否かといわれれば否ではあります。磐田はこういう補強を続けるような体力・資金力があるクラブでは正直無いわけで、今後もそういうクラブにはなれないしならないでしょう(ならなくていいし)。とにかく選手を獲ってきて強くするチームはこういう補強をし続けなければならなくる・・・と海外を見ていると感じざるえないのです。
ただ磐田の場合、クラブとしても補強など続ける気は毛頭無く、これはあくまでも復活のためのステップとは考えているのでしょう。単純に"選手獲ったから"ということではないと。あくまで私の磐田偏愛思考回路によるものですがね。とりあえず2005年結果がこれで結果が出なかったらどーしましょ、というわけではないと。単純にいい選手を獲得したからといって強くなるわけでも無いし。まあ程度にもよりますがね、程度にも。
よく言われるように、こういう補強で若手が経験をつめなくなるというのは痛いとも思いますが、かといってこれを乗り越えられないのでは所詮その程度ということで、磐田を託すことなど到底出来ないのだとも一方では思うわけです。入団時から皆が大きな期待を寄せている某とか某とかは特に。某は想像にお任せしますけど。もっと"強いもの"を見せてくれと。巧くなんかなくていいから"強いもの"を。それがなければ今回の"補強"も水泡と帰すことさえあるかもしれません
なんだか自分でナニ言ってるのかわからなくなってきたのでこの辺で。








■ 長嶋"メッキ”ジャパン  2004/8/25
今回は野球の話なんで野球知らない人はなんだかわからないかもしれませんあしからず。
で、前もって言っときますが私はサッカーはもちろん野球も大好き。ネットでも巷でもよく見かける「サッカーなんか・・・」「野球なんか・・・」と不毛にののしりあってる類ではないので。ガキのころはサッカーより野球で遊んだし(そういう時代なんでね)、自宅や学校・近所の家のガラスを何枚割ったことか。小学生のころはソフトボール部にも所属してたし前の会社にいたころは草野球やってたし。もちろん今も度々野球観戦にも出かけるし。
知ってのとおり金メダルを至上命令とされた「最強」プロ集団の五輪野球チームが金を逃しました,ね。ほんとに最強ならイチローやら両松井やらメジャーリーグ(以降MLB)勢がいてこそ「最強」なんだろうけど、MLBは五輪参加を認めていないからそれは仕方ない(MLBの選手が出場してくればアメリカはもとより中南米諸国は目茶目茶強いので最強などと悠長なことも言ってられんのだが)。でもそれを差し引いても”最強”じゃないわな、こりゃ。
まず本気で勝つつもりならリーグ中断してでもホントに「使える」選手を召集できるようにしないとね。諸外国ではリーグ開始を早めたりそれなりの準備はしてるわけだし。“夏休みで客入るのにそんなときにリーグ中断してどうするの”とか日程の長期化やらなんやらを理由でそれはかなえられず。リーグ中断期間にどうするとか、そんなの他のスポーツでは当たり前のことでそれだけでも野球界の脳梗塞状態が浮き彫りなんです。
それならカップ戦でもトーナメントでもやれるでしょうよ。そうすりゃリーグ期間中に「主力」を抜かれて戦う必要もないでしょが。各球団多少の召集人数の多い少ないがあるのは強い・弱いがあるので仕方ないとしても。ある程度のバランスさえとればね。そうすれば1球団2人で計24人という限定された中で召集しなければいけないいうこともなくなりもうちょっとマシな人選が出来たろうなと。「仕方なく召集」されたとおぼしき全く役に立たないのもいるわけでね実際。
はっきり言っちゃうと横浜勢いらないし。相川(捕手)じゃ右の代打にもならんし。捕手の控えだから城島が怪我でもしなきゃほとんど出番はないけどせめて代打くらいには使えるレベルでないとなぁ。三浦(投手)はおそらく通用しんだろうなと思っていたら案の定。まずボークの心配がある投球フォームの投手を連れてくことそのものからしてどうよという気分。日ハムの金子(内野手)や阪神の安藤はハナから力不足の上に安藤にいたってはシーズンはじめから調子悪いし。近鉄の岩隈(投手)も“こういう経験がない”だろうしそういうのには向かないタイプだと思っていたら、やはり過度の緊張からかボロボロ。
まあそもそも野球ってのは圧倒的に国際経験の少ないスポーツだからね(国際的にはマイナースポーツだし・・・つか欧州ではといったほうがいいか。極東アジア、北・中南米では盛んだし。でも悲しいかな欧州で盛んでないとマイナーの烙印を押されてしまうんだな。国際大会はあるにはあるけど“なんちゃって”状態だし。ま、これはアメリカの責任も大きいんだけど)
でも人選については「1球団2人」だけが゜原因でじゃなくて限られた中でももっとまともな人選できるはずだけどね。広島の木村は本来内外野兼務のユーティリティーとしての召集のはずが怪我してて使い物にならんし(3位決定戦でやっと使ったね、お情け的に)。しかもわかっていたのにそのまま召集してるし。さらにアホなことには内野の要になるはずのセンターラインであるセカンドの本職がいないというボケっぷり。サッカーで言えばボランチの本職がいないようなもの。まあそれも球団2人の枠(=リーグ中断不可)が無きゃさすがに井口(ダイエー)なり荒木(中日)なりが呼べるんだろうがね。
さらには元々が長嶋氏の“監督としての能力”ではなくあくまで“求心力”頼みのチーム。その長嶋氏が病に倒れ残ったのはヘッドコーチ中畑。その他の大野・高木はほとんどコーチ経験など無し。コーチ経験の有無と能力の有無とは別の話とはいえなにせ頭は中畑。結局ただただ「打てる」選手だけを集めた現巨人型打線を組むにいたり。まあ打てて「守れる」というファクターが入っていたので巨人のようなザル守備ではなかったが、「走れる」「崩せる」といファクターは残念ながら入ってなかったね。だから守備はセカンド本職不在という愚行は別とすれば(大罪ではあるが)まだ良かったが、「打線」としては巨人と同じ「打点」状態。役割・つながりは無くただ個々がそれぞれ打っているだけ。ひっかき回して相手を崩すす役目も無ければ周りを活かす役もないんだな。
てなわけで至極当然のごとく豪戦のように個々が抑えられたときには何の抵抗も出来ず苦も無く捻られる始末。しかも9回にゃ城島セーフティーバントなんかしてるし。あんたそんなことしても全然相手は怖くない・・・どころか喜んでるよ。相手が怖いのはホームランなんだから。サッカーファンにわかりやすく言うとゴール前でロナウドがポストプレーに終始してまったく突破もシュートもしないようなもの。いやそれどころかロナウドにDFやらしてるようなもの。結局それもそういう細かいことをやるべき人がいないからそうなる面もあるだろうけどね。中村や谷に送りバントさせたりねぇ。普段チームじゃやってないんだからさ。こんなときだけやろうと思ったってそう簡単にはいかないよ。やるならそういう選手を呼ばなきゃ。
中村は送りバント自体は成功させたけど一塁には「転がした!よしよし!」てな感じで拍手しながらニコニコ走ってたし。あそこだってそれより一生懸命に走ってれば一塁だってきわどいタイミングだったぞ。そういうところも普段やってないからだし結局甘い。そういうチーム構成になってないのに「定石だから」みたいに出来ないこと、普段してないことをやらせるベンチのアホさ。極端なこと言えばバントさすなら川相でも連れてけって話です。谷だってあれだけ不調ならベンチに村松がいるでしょが、何で使わないのと。
投手起用も国内リーグみたいに140試合でも戦うかのよう。短期決戦なんだから使える奴だけある程度連投させるつもりでやるべきだし。野手を1〜2人増やして投手を削るべきでしょ。結局「誰をどういう場面でどういう役目でどういう風に使うか」というプラン。いやそもそも人選の段階で「こういう場面ではこういうことやこういうことが必要。だからこのポジションの選手が」というあらゆる場面を想定しての人選が全く出来ていなかったといわざるを得ないなと。サッカーでもそういう人選をしない無駄な補強ばかりしているクラブがいくつかあるでしょ。どう使うんだよオメェみたいな。
まあコーチ陣のアホさはもちろんのこと、そもそも長嶋氏が倒れた時点でどう考えてもアテネは間に合わないわけでね。その時点で別の人選を考えなきゃいかんだろうというのは至極当然。でも結局「FOR THE FLAG」てなわけで日の丸に長嶋氏の書いた「3」の文字で求心力をつけて・・・みたいなお涙ちょうだいの茶番。"長嶋”ブランドにこだわるスポンサーの影などもちらつくし。
長嶋氏の気持ちはそれはそれで大切。長嶋氏の気持ちは我々には計り知れないものもあるだろう。だからといってそれに頼って勝てるほど甘いものならハナから「最強」集団が出てく必要も無いでしょ。長嶋氏の後に監督を引き受けるというのは精神的に大変なプレッシャーになるだろうし人選は難しいしみんな嫌がるだろうけどね。長嶋氏自身も相当なプレッシャーだったろうしね。ま、そもそもが“精神的なまとまり”だけを頼りにしたチームで“野球をするチーム”をつくらなかったということだね。人事を尽くしたといえない野球連盟も全く非協力的な各球団も全て含めてアホやったと。
とはいってもね、戦うのは選手な訳でね。必死にやったのはわかる、よくわかるけどね。でも言い方は悪いけど「いくら給料もらってんのさ」ていう話ですよ。2敗を喫した銀メダル豪州選手全員の給料を、金キューバ全選手の給料を日本選手何人で払えるの。いや日本選手の給料で出場全選手のどれだけの給料払えるの。豪州はMLBの3Aに(日本で言えば2軍)豪国内リーグが中心。まあ日本で3A程度の外国人が大活躍してるわけだからいい勝負になるのも冷静に考えれば分からんでもないが給料は月とスッポンどころの話じゃないだろうと。だいいちシーズンの半分を毎年怪我で休んでるような清原が5億も貰ってるなんて異常でしょ。つまり日本人選手はみな「もらい過ぎ」なんだと。そんだけ金貰ってんなら勝てよと。五輪はそういうものじゃないというかもしれないが、現実にプロとして金貰ってる連中が出てんだからさ。稼いでる金からしたら全試合圧勝でもしてもらわんといかんのですよ。
アテネ前には「絶対金」とか言ってたくせに金逃して銅になったら「最低限の仕事はした」なんてあんたら言うこと変わってるがな。確かに選手個々の力量を見ればいろんな面で日本のほうが上だろう事は明らかではあるけども結果は豪に2戦2敗の銅。一発勝負で負けたんじゃなくて2戦2敗の事実は曲げようも無く。卓球の福原愛15歳が言ってましたよ、「オリンピックは偶然やまぐれでは勝てない」って。つまり2戦2敗は明らかに「劣っている」と言われても仕方ないということで。さらにはこうも言ってましたよ、「今日の勝利は自信になりましたか」っていう記者の質問に「そんな奇麗事じゃない」ってね、15歳の女の子が。
「重圧の中よくやった」とかこの五輪で掴んだものは金メダル以上のものが」とかそんなまたお涙ちょうだいで盛り上がってたらいつまで経っても金メダルなんかとれないよ。よくやったといえる銀や銅、いや予選敗退でもよくやった、いやお疲れ様、有難うと、いくらでも各競技のほとんどの選手たちには感謝と労をねぎらいたい気分だけど今回の野球はそう思わないね。
で、結局何が言いたいのか・・・てことですが、例の近鉄・オリックス合併に伴う1リーグ制移行問題。今までは選手寄りの立場だったんだけど考えを改めなきゃいかんなと。金銭的な球団経営の切迫がもちろん主原因だけどそれはつまり給料が高すぎるというわけで。FAなりドラフトなりも含めてもちろん改善すべきことはしなきゃいけないけど、じゃとりあえず選手側が「給料下げてもいいですから」ぐらいまずはしないとねぇ。自分たちの保身と権利ばかり言うんじゃなくて。底辺の人たちはまだしも「たーくさん貰ってる方々」は特にね。
まあ確かに“密室の会議”だけで物事を決める横暴な各球団は腹立たしい部分もあるけど、普通の会社なら当たり前といえば当たり前だし。五輪の結果を見れば実力に見合った給料とは言い難いでしょ実際。選手村にも入らんと専属コックも付けて他の競技の選手よりはるかに恵まれてるのにそれかよみたいな。「ほんとはもっと強い、プレッシャーに負けた」とか言ってもプレッシャーに負けるなら所詮その程度ということだし。他の競技のトップ選手はつねにそのプレッシャーと戦ってんだしね。ほとんどの人が仕事に見合うだけの給料を貰っていないサラリーマンからすりゃ「ざけんなオラァ!」って話ですよ「ざけんな」って。
山本英一郎日本野球連盟会長が言った「長嶋さんがいないとこうなるのかな」の言葉。何?、選手はそんなガキなんですか?そんなガキが数億も稼いでるんですか? 他競技じゃ場合によっては私財を投げ打ってチャレンジしているわけで、そんな代表選手たちに失礼だよあんたら。









■ 責任転嫁  2004/8/23
少し前のことですが、私が“なんちゃって所属”する親父サッカーでの試合中のことです。
カウンターを受けた我がチームは私GKと相手FW一対一の絶体絶命な状況。なんとかシュートコースを限定しようと間合いをつめましたが、シュートは私の狭い狭い股間を抜けゴールへ。しかし「やられた」と思った瞬間、シュートはなんとゴール前でどこからか転がってきたボールに弾かれてしまい枠の外に転がりノーゴール。相手FWは激怒し「ゴールだろ!」と審判に食って掛かります。
確かにコース的にはゴールのど真ん中でDFも戻っていないからクリアされることも無い。転がってきたボールに当たらなければ間違いなく入っていたでしょう。しかしルール的にはもちろんノーゴール。ゴールライン上でDFがハンドによって得点を阻止したときもPKは与えられますが得点は認められません。激怒する気持ちはわかりますが、いかなる状況であってもゴールに入っていないものをゴールと「認める」ということはあり得ないのです。ま、それはそれでただ単にルールを理解していないということなのですが問題はその後です。
FWは審判にひとしきり抗議したあと、フィールド脇で遊んでいた子供たちに「お前らそんなところで遊んでるんじゃねぇ! いつも言ってるだろ!バカヤロー! 」と。そのFWの教え子かなにかが遊んでいたところ、ボールが誤ってフィールド内に入ってしまってそのボールが当たったのです。結局試合は“子供たちのおかげで”1−1の引き分けに終わりましたが、試合後その子供たちにそのFWが説教していました。
どうやら少年団のコーチと子供という関係だったようで、「お前らあんなところで遊ぶなっていつも言ってるだろ! お前らのせいで今日引き分けたんだからな!」などとほざいていました。確かにいつもそうやって指導していたのかも知れませんが、あの子たちは私たちの前の試合からもうたっぷり一時間以上遊んでたんですがねぇあそこで(実際にはフィールドからは少し離れた場所で遊んでいたので私としてはそんなに気にはしてなかったんですがね)。それならそのときにちゃんと指導して止めさせておくべきじゃないのかねぇ。自分の監督不足・不注意・怠慢を棚に上げてしかもあろうことか「引き分けたのはおまえらのせい」などと子供に責任転嫁するなど本末転倒・荒唐無稽・言語道断。まあそのFWは試合中にも審判他に異議・悪態つきまくりでしたがね。
この件以外にも多少審判の不手際などもあった試合ではありましたが、あれでは指導者として子供に示しがつきません、つーか指導者としての資質は皆無に等しいのではないかと。「ゴールだろ」と食って掛かった時点でルール自体も理解していないわけでね。さすがにあんな“指導者”を見たのは初めてですが、でもおそらくいるところにはまだいるんだろうなと思う次第です。ああいうのを見て子供は無駄にクソ生意気な抗議なんかも覚えちゃったりします。それはいわゆる間違った解釈をされがちな“マリーシア” でもなんでもないただ汚く醜いだけのものもね。ああいう“指導者”に出会ってしまうと場合によってはそれでサッカーを嫌いになったり辞めてしまうかも知れないし。こういう指導者奴のもとでサッカーしなければいけないあの子たちの行く末が心配です









■ 歌は心  2004/3/17
五輪予選レバノン戦の国歌斉唱は“歌手”ではない角田信朗氏がまたもや登場。しかしこれが最近の“歌手”連中よりもずっとまともなんだな。腹筋鍛えてるからか?  そんなに上手くはないけれど伝わってくるものがありましたわ。かつては前田亘輝(TUBE)・中西圭三・松崎しげるなどなどの“実力派”がほとんどだったんだけどここ最近はちょっと辛い。先日の相○七○も聞くに堪えなかったし子持ちにになって視覚的にも辛くなった。昔は可愛かったんだが。まあそれは時の流れだから仕方ないか。
でもこんなことならいっそのこといつぞやのプロ野球でやってしまったSM○P 中○のほうがギャグで済ませられていいわな。でもあれはあくまで国内スポーツだからねぇ。国際試合であれやられたらたまらんけど。あ、ちなみに「君が代」がの意味、国歌としてどうなのかとか天皇陛下万歳やら軍国主義やら歴史的背景云々についての“君が代論議”は一切排除。ふつうに“やること”ととして捉えてるのであしからず
で、最近すっかり手詰まり気味というか迷走している国歌斉唱の人選基準はどうなのか、誰が決めてるのか知らんがもう少しちゃんと考えたほうがいいと思う。ヘタ気なPOP・ROCK歌手使うならまともなオペラ歌手とかにしてほしいなと切に願う次第(ただ私的には試合前に女性オペラ歌手の高音はキツイのだが)。それかもうこの際吹奏楽隊に任すとか。どうせ歌詞の意味なんてわかっちゃいないし、歌詞の意味そのものがいろんな解釈があったりするし。そもそも歌詞のない国歌だってあるしねえ。あ、これについては排除するんだったなそういや。でもなんか力抜けちゃうんだよねぇ力なくヘロヘロうたわれると。さあこれから闘いだ!てな時に拍子抜けもいいところ。それとも肩の力を抜くリラクゼーションとしての狙いでもあるのかね?
君が代って殆どの人が歌ったことがある思うけど簡単そうでほんとに“謡う”のは実は難しい。特に歌いだしはマトモな歌手でも外しやすいし。まあ細かいこと言うと伴奏つけたとしても雅楽のメロディーに実は洋和声を無理やりくつつけてるから矛盾があったり、歌詞の区切りが変だったりと歌いにくいっつーか音楽的に変だろという話にもなるのだが、この際それは置いといて(ていうか私もそんなに詳しくは無いのでつつこめない)。
単純に主旋律を曲として捉えると個人的にはいい曲だと思うし、金メダルとか獲った後に国旗掲揚、涙流しながら流れる国歌(旋律)としては最高だと思う。しかも雅楽が基盤なわけだからああいう“調”の国歌というのは他に当然ないわけでそれはそれで分かりやすいし「俺たちは違うんだぞ」みたいな気分にもなれたり日本人としてのアイデンティティーなんかも得られやすいかもしれない。しかしアメリカやフランスみたいに(歌詞そのものが戦いを詠ってもいるのだが)、試合前に魂を鼓舞させるよう律ではないのだから、それだけにちゃんと謡えないと話にならん。勢いでもごまかせないし、音程が怪しいなら怪しいで魂を感じさせてくれないと。ヘタレ国歌斉唱じゃ士気にも関わるんだよホンとに。
国際試合はまさに名の通り国と国との闘いなわけで。前述のアメリカなんかは国歌と星条旗が物凄いドーピング剤になってるわけで。それがいいかどうかは別として国歌斉唱は少なくとも現実的に闘う前の儀式になっている事は確かなわけで。実際それによってアドレナリン分泌どうこうやらの科学的データもあるわけで。悪い言い方をすれば使えるものは使わなきゃ損なわけで。もうちょっと考えようや無い頭でも








■ オヤジ 回顧趣味に浸る  2003/6/23
なんかもう最近アレですね、疲れちゃいましたいろいろと。まあその大半は仕事に原因があるわけですが、其の他もろもろ、なんとなく空虚な毎日だったりもします。もちろんサッカーは楽しいですよ、観るのもやるのも。ちまちまとパソコンに向かうのも好きです。ガキのころから歌うことは大好きだったし今でもその喜びは変わっていません。でもなんかこう常に胸の辺りぽっかり大きな穴が開いてるような。いつもはジュビロの闘いがそんなことも忘れさせてくれるのですが、この一ヶ月の中断期間は私に計り知れないダメージを与えてくれました。
と、まあそんなことで最近お疲れ気味の私。そんなときには音楽にはけ口を求めることも多いわけです。いつもはヘビメタ・ハードロックでガッツンガッツンと一気にストレス解消ということも多いのですが、今回はちょっと重傷でそんな気分にすらなりません。だからといってヒーリングミュージックではあまりに静かすぎかえって手首を切ってしまいそうです。よく言われていることですが、最近のPOPソングはリズム主体で“曲”としてはどうなんだろうというものが多く食傷気味。それはそれで好きではあるのですが、私的にはどうも“心に染み渡る”とはいきません。
というわけですっかり心病んだ私は「あのころはよかったなぁ。おい」と回顧趣味に走っています。若かったあのころへ、楽しかったあのころへ、夢があったあのころへ。最近流行ってますよね、年代別に分けたヒット曲のオムニバス。ターゲットは70年代。一曲流れては「おおーっ!、あったあった、覚えてるよこの曲」と唸ります。
麻丘めぐみの『私の彼はひだりきき』が流れては「そういや幼稚園でいつも流れてたっけ」と思い出し、キャンディーズが流れては「おー!俺はランちゃんが好きだったんだ。いやあ可愛かったなあ」などとのけぞり、天地真理が流れては「真理ちゃん自転車なんつーのがあったなぁ」などと近所の自転車屋にあった等身大パネルが欲しくて、でも自転車屋がくれないので悔しいからパネルの鼻の穴に画鋲刺したことを思い出したり。伊藤咲子の「きみ可愛いね」が流れては「そういやこのころスター誕生のオーディショはみんなこればっかだったな」と思い出し、南沙織が流れては隣家のおねえさんがちょい似で憧れていたことを思い出したり(今見たら似てねえんだろうなきっと)。なんやねん、アイドルばっかかいと言う無かれ。ほんとにガキのころってのはアイドルとともに過ごすものです
曲とともに今とは変わってしまった近所の風景、学校の校舎などもよみがえります。当時好きだった女の子のことなんかも思い出したり。全然聞き覚えの無い曲もあるんですが、その時代の曲特有の歌詞、メロディー、空気感がなぜか当事のことを思い起こさせます。自分自身も歌を唄うことが好きだったし歌手になりたかったんだよなそういや。もちろんただ「なりたーいなりたーい」っていうただのガキの憧れだったんですけどね。子供ながらに自分がフィンガー5に加入したり、あいざき進也みたいにバック転してキャーキャーいわれている姿を想像したりしたものです。
ああ、あのころはほんとに何も考えてなかったけど、でもいろんなこと考えてたよなあ。今考えれば無茶苦茶な夢だったりしたんだけど、でも全部実現できるつもりでいたんだよなぁ。今はすべてにおいて現実にとらわれて「やっぱ無理っしょ」とか、やってみなくちやわからないことだって「やらなくてもわかるよ」なんてそんなネガティブなにっちもさっちもどうにもブルドッグな毎日を過ごしていますが、そんな昔を思い出してすこしでも昔もっていた夢・勇気・元気を取り戻せたらと回顧に浸っています。ただこのままズブズブと浸りきってしまうと危険なような気もしないではないのですが。
あ、話が古すぎてわからない若人の皆様すいません。固有名詞はたとえば天地真理を浜崎あゆみとか今のスターに読み替えていただければおおよそ感覚分かっていただけるかと。あとはネットで検索していただければすぐ分かります。みんな70年代アイドルなんで。ただ当時のアイドルって今と違ってもっと神聖なものだったんですね、ウ○コなんかしないんだよみたいな。その辺の世界観ってのはもう二度と戻らない時代が生んだものなんでしょうけど゜。なんか陳腐なアイドル論みたいになってきちゃたんでこの辺にしときます。
といいつつも次なるターゲットは80年代、中学・高校時代です。このころになると分別もそれなりについて、少しづつ夢が現実的になっていきます。ただ「あのコが好き、エヘ」だった恋も、甘くほろ苦いものになっていったりもします。オジさんにもそんな時代はあったのですよ。イメージではなく一曲一曲に鮮明な想い出もあったりします。でもやり残したことがあまりにも多すぎて。もう一回このあたりから人生やり直したいなあと常々思っている私です。もっと一生懸命やればよかったなあと。失った時は戻りません。若人よ無駄にするな、ほんっと後悔するぞ。あ、そんなこと言ってるうちに少し勇気が出てきた。よぉし、歌手めざしてがんばるぞぉぉ!(勘違い)。で、結局このコラムの意味とはなんだ?









■ スパイク協奏曲  2003/3/12
あの国産サッカーシューズメーカー「ヤスダ(クリックス・ヤスダ)」が昨年5月、W杯開催目前にして自己破産申告、そして倒産していた。そういえば最近スポーツ店で見ないなぁと思ってはいたが、基本的に自分が履く選択肢に入っていなかったので特に気にはしていなかった。今頃何言ってるんだと思われる方もいるだろうが、あのW杯前後の喧騒の中では一企業の倒産など、ましてや今の世の中よほどの大企業で無い限りメディアに扱われる事はありません(と、自分を正当化してみたり)。
ジュビロサポの間ではドゥンガが契約していたことでも一部知られているだろう。私の世代では「adidas」、「puma」などは憧れのブランド。「acics」、「美津濃」などが次点グループで、「ヤスダ」といえばランクの落ちるちょっとかっこ悪い安物メーカーというイメージ。逆に言えば現実的ともいえるのだが少なくとも決して良いイメージではない。でも私たちよりもさらにかなり上の世代(50台以上?)の方たちにとってはサッカーシューズ=ヤスダだったようだ。戦前から日本のサッカーを支えてきたといっても過言ではないらしい(こんな追憶記発見)。
第二次大戦前、東京の個人商店「安田靴店」店主である安田重春が作り上げた手作りのシューズ。当時日本サッカーの主流であった大学・旧制中学などに脚を運び直接選手と言葉を交わす。そんな選手の意見を取り入れながらさらに改良を加えていく。多くのプレーヤーの心をつかんだ安田は戦後やがて日本一のサッカーシューズとして認知されるようになった。
しかし時は流れ世界の情報が大量に日本にも流れ込む時代。海外のサッカーに憧れるサッカーフリークの目に映る物はスーパースターたちが履く「adidas」や「puma」。ゴルフマニアがクラブにこだわるように、サッカー選手がこだわるのは当然スパイク。いつの時代も変わらぬスターへの憧れから当然のことながら皆「adidas」や「puma」が履きたいと思うようになる。そしてなかなか手に入りにくかったそんなブランド品も、金さえ出せば普通に日本でも買えるようになっていった。
安物とは言ったが、安かったのはそのターゲットを主に中高生におくようになっていたから。彼らは親からもらった金や小遣いで購入するためシューズは安価でなければならなかったのだ。しかし安くても品質が悪くては話にならない。戦前からずっと日本人のためのサッカーシューズを作り続けてきた安田には「履いてさえもらえば絶対分かる」自負があったという。しかし品質は確かなものだったが、人間ブランドには弱いもので、結局「adidas」、「puma」のマジックにはかなわなかった。かくいう私もその一人である。いや品質そのものも正直良いとは思っていなかった。イメージ、思い込みというものは恐ろしいものである
例えば帝京高が履いていたあの青&黄のシューズもヤスダ。私たち静岡県人にとっては緑と黄の「(静岡)学園シューズ」が印象深い。私がガキのころには「adidas」、「puma」などなかなか買ってもらえるものではなかった。大人になった今、ガキが全身「adidas」、「puma」などに身を包んでいたりすると「100年はええよ!」と。いろいろ試し履きしながら「・・・はイヤ」などとブランドを選り好みなどしているガキを見ると、いまだに「ガキはヤスダを履け」と思ってしまう。そう、「adidas」、「puma」は我々世代にとって大人のブランドであり、ヤスダは子供のためのシューズだったのだ
日本一のサッカーシューズとして君臨し、やがて安価かつコストパフォーマンスの高い、小学校〜高校生までの友となったヤスダ。「adidas」、「puma」は時が移り変わっても憧れであり続けた。しかしヤスダは世代を越えて付き合う友にはなれなかった。それは我々の目が曇っていたからかもしれない。見てくれやイメージにとらわれ本当の友を見抜く目をもっていなかったから。
ヤスダがそんな歴史ある老舗だったと知らなかった私は結局ヤスダを履くことは一度も無かった。ドゥンガが契約したときも「何でヤスダなんかと」と思ったものだ。しかし良く考えればドゥンガが履くくらいだからその品質は言わずもがな。真実の「ヤスダ」を知った今、「ヤスダを履いてみたい」、今となってはかなわぬことだがそんな衝動にかられている。私自身が今はいているのはGK用具ではプレイヤーには知られている「uhisport(ウールシュポルト」と「puma」。かつては「adidas」「asics」「美津濃」も履いた。今はブランドでは無くいろいろ履き比べて自分にフィットするものを選ぶようにはなった。しかしついついブランドというものを意識している自分も確かにいる
買うつもりは無くともSHOPに行ってはいろいろ試し履きするのは楽しみのひとつ。そんな中でフィットするシューズを見つけた時の喜びといったら。でも現役シューズがまだまだ使えるとなるとなかなか買う踏ん切りはつかず、何度も何度もSHOPに足を運んでは試し履き。そんなときちょっとでも現役シューズに傷みを発見したら、それがたとえどんな小さなことでもそれを買うための言い訳にしたりする。で、買ったら買ったでもう次は今度はアレを履いてみたいと思うようになってしまう。今「ヤスダ」があったなら迷わず足を入れているだろう。かつては選択肢のひとつにすらならなかった「ヤスダ」に。









■ 何事もやってみなきゃわかんないよね、そりゃ  2002/9/12
ずいぶん久しぶりのコラム。まあ基本的に私のグチなんで読んでもらうほどのものでもないんですが。
で、何で久しぶりに書こうかなぁと思ったかというと、ゴールキーパー(以下GK)の件なのです。最近アルノのアンケートをさせていただきましたが、正直思いのほか「アルノは良いGK」との評価が多く驚きました。ほとんどジュビロサポの方々が対象のアンケートですし、人気はあるので(私も好きです。人として)その部分は多少エクスキューズはつきますが。私管理人“ごおるきいぱあ”はHNにもあるとおり自分がプレーするときはGK。自身の上手い下手は別としてそれなりにGKの技術等はわかってはおります。私に限らず(プロ含む)GKの方の意見としてアルノを(総合的に)良いGKという方はあまりお目にかかれません。
それから2002/9/25号サカマガ巻末 えのきどいちろう氏のコラム。”GKは帽子かぶる人とかぶらない人がいるのはなんで?。真夏のユース選手権は健康面の配慮としてかぶったほうがいいんじゃないの”等々。筆者いわく“日差しやナイター照明を気にするのか、それとも視界や邪魔くささを気にするのかがわかれ目だろう。昔のヨーロッパのGKなんかはかぶってたりしたし、そのキーパーがお手本としている美学も分かれ道か”と説いています。まあ美学に関してはほとんど関係ないとは思います(中にはいるかもね)。
えのきどいちろう氏は基本的には野球人らしいですからGKについて考えていただいただけでも嬉しいことなんです。たしかに照明・日差しの件や視界の件はその通り。だから私は基本的に帽子はかぶりません。でも私にとってけっこう大きな要因は“帽子のつばが邪魔でヘディングできない”から。GKにはスイーパーの仕事も要求される時代。ペナルティエリア飛び出してヘディングでクリアしたりしなきゃいけないことも日常茶飯事。一瞬の判断が要求されるときにいちいち帽子なんかとってるヒマはありません。
うちのチームなんかでもGKのプレーについて理解しているのはほんの2.3人。サッカーやってる人でもほとんどの人はGKやったことはありません。FW・MF・DFもポジションによってプレーの仕方は違いますがGKだけはあまりにも特殊です。FWにDFやらせてもある程度は出来ますがGKやれってのは無茶な話。サッカーやってたってGKのことが全くわからなくても仕方ないのです。ましてやサッカー自体プレーしたことの無い人ならば、よほどGKマニアじゃない限りなおさら仕方ないことだろうなぁと。
でもそれとサッカーを楽しむというのは別の話であるのもまた事実なわけで。実際試合においてほとんどの時間はGK以外の11分の10で試合は進んできますからね。よほどのサッカーフェチでない限り11分の1を突き詰めて見る人などなかなかいません、ていうかそんなことしてたらまともにサッカーなんか見てられないだろうし、スタジアムで応援なんか出来ようはずもありません。
テレビじゃゴール前のシーンしかGK映らないし。GKのことなんか知らなくたって・・・いやGKに限らずサッカーの技術どうこう知らなくてもサッカーは楽しいですもんね実際。私自身例えばバレーなんかだと体育の授業で少しやったくらいで細かいことはほとんどわかりません。でも見ると楽しいです。Xリーグとかも行きました。バスケットもアメフトも大好きです。スキーのジャンプ、ハンドボール、アイスホッケーetc・・・・楽しい楽しい♪。プレーしたことがなければ楽しめないならあんなにたくさんファンはいませんよそりゃ。それがスポーツです。
ヨーロッパではGKはあこがれのポジションだといわれています。でも扱い見てると実際はそうも思えなかったり、南米では言わずもがなというところですしましてや日本では・・・・。というわけで、サッカーの中でマイノリティーな存在となってしまっているそんなGKのことを、それでも少しでも多く理解してもらえれば・・・というのが私の気持ち。ええ、よりDEEPにサッカーを楽しめること請け合いです。
W杯でカーン様はじめGKが活躍した今が“そのとき”だと・・・。そのために「GKのススメ」なるコンテンツも始めました。けっこう気合入ってます。オレ的には。でもまてよ・・・・あまりGKのことを理解されるとまずいかも。“ほんとは簡単に取れたんだけどポジショニング間違えたから横っ飛びでセーブ” なんていう捏造ファインセーブがバレバレになってしまうなぁ。今は「ナイスキーパー!!」なんて言ってくれてるけど。









■ 国々固有の文化があるんだよ・・・・・・  2002/1/10
現在欧米諸国が韓国の犬肉食について批判が出ているらしい。きっかけはW杯を控えていろいろと韓国文化を紹介していたことかららしい。毎度のこととはいえどうしてこうも欧米諸国というのは各国の文化に対していちゃもんをつけるのだろう。自分たちの価値観に合わないものはすべて否定するこの感覚はどうにかならないものか。
今回の件についての詳細は私も知らないが、たとえば日本の鯨肉食に対しても欧米諸国を中心として(あのときはけしかけられた世界各国から集中砲火をあびたが)批判がおき、ついには捕鯨は禁止となった。鯨食文化は日本・スウェーデンなど世界でほんの数カ国だっため完全に数でおしきられた格好だった。またどこの国だったかイルカ食にも批判がおきたことがあった。似非平和団体グリーンピースが中心だったか?。
それでも鯨に関しては真偽のほどは定かではないが、生息数が少なく保護すべきとの大義名分があった(日本の調査では捕鯨をしても十分の生息数は確保でき、絶滅の恐れは無いとのことだったが)。しかしイルカの時の批判は「知的動物であり、かわいそう」が第一の理由だった。てことは豚や牛なんかは知的生命体でなく、食べるために「家畜」として育てているからいいってわけですか?。
犬にしても絶滅しそうだから保護が必要とは思えない。結局「かわいそう」だから批判してるわけでしょ(まあ、たしかに我々日本人の文化としてはかわいそうとおもいますが)。じゃ鶏や鴨はかわいそうじゃないわけですかね。
「保護」にしても確かに必要だか゛、歴史的に欧米人が世界中の様々な生き物を乱獲などで絶滅に追いやってるんだからねぇ。お前たちにいわれたかないよって感じもしなくもない。自分たちだけやりたい放題やったあげく、周りを見渡し自分たちに関係の無いものは駄目ってどういうこと。
日本だって昔はそうだったが、豚や牛を食べない国だってある。豚・牛肉食をその国から非常識だと批判されたらあななたちはどう思いますか?。自分たちが長く培ってきた文化を否定されるわけです。しかも諸外国に迷惑をかけるようなことでもなんでもない食文化。何を食おうが余計なお世話だって。
日本にはいまのところそういった批判は出ていないが、これだっていつどんなことが起こるかわからない。なにせ自分たちの文化・価値観のなかで受け入れがたいものがある場合は批判の対象。寿司は幸い認知されているからいいものの、これだって批判の対象になっていたかもしれない。へたすりゃ畳に裸足の生活にだって文句つけだすぞ。北京W杯あたりだったら中国の猿食あたりは格好のターゲットになるかも。こうなったらエスカルゴ食批判でもしようかねぇ。ああそうだキャビアなんて絶好ですね。チョウザメは数も少なく養殖も難しい。保護しましょ、保護。(ただし管理人はキャビアは好きだったりする。でもめったに食べられないからいっそ禁止です。)









■ アメリカ万歳・・・・・・?  2001/9/21
またまたサッカーとは無関係ですがあまりにも大きな出来事だったので。
そう、あのアメリカでの「同時多発テロ」について。とはいってもテロそのものどうのこうのではなく、アメリカの姿勢についてわたくしちょっとムカついております。最初にあらかじめ言っておきますがテロそのものは言語道断。どんな社会的・歴史的背景があろうが許されることではないでしょう。ここんとこよろしく。
で、なにがムカつくかと申しますと、アメリカの「我々が攻撃を受けた唯一の被害者」という姿勢について。たしかにアメリカの歴史としては初めて本土を「攻撃」されることとなり、アメリカの経済・軍事のシンボルともいえるNYの貿易センタービルとペンタゴンが狙われ、さらに標的となったビルに不幸にもいた人々・飛行機の乗客・:救出警備にあたった警官・レスキュー隊員などが無差別に殺戮されることとなった。
しかし、よく考えれば今までアメリカは世界各国でどれだけの罪も無い人々を殺してきているだろう。ベトナム戦争、湾岸戦争、もちろん広島・長崎の原爆、日本各地への空襲他、数を上げればきりが無い(もちろん日本がアジアで行なった愚行は忘れてはなりませんが)。おそらく世界で一番人殺しをした国であることは間違いないだろう。そして今後報復攻撃をすればまた多くの一般人が犠牲になることは間違いない。これはテロ行為とどう違うのか?。ただ大義名分がついているだけで「人殺し」であることになんら違いは無いのではないか。
また今回の事件で犠牲となった人々には場所柄アメリカ人以外にも世界各国の人々が多く含まれている。しかしブッシュ大統領はじめアメリカの声明から聞こえてくるのは「アメリカが攻撃された。アメリカが被害者だ」という言葉だけで犠牲となったアメリカ人以外の方々に関する声明はほとんど聞こえてこない。
ヨーロッパのあるジャーナリストは、「アメリカもこれで攻撃される側の気持ちが分かっただろう」と言っていたが、基本的に「アメリカ万歳、アメリカこそがナンバーワン、オンリーワン」という人たちにはあまり分かっていないようだ。逆にさらにその気持ちを一層強く持たせてしまったような気さえする。そういった団結力・愛国心といったものはうらやましくもあったりするのだが・・・・・・・。なにか結局は自分のことしか考えていないアメリカという国の姿勢がまた垣間見えてしまった。そういえばブッシュが大統領に就任するとき言ってました、「我々はアメリカのためにならないことはしない」って。
最後に現在行方不明となっている方々が一人でも多く救出されること(正直かなり難しい状態ですが)、また今回犠牲となった方々のご冥福をお祈りいたします。









■ メールだってマナーがあるっしょ?  2001/7/30
今回はサッカーとは無関係ですが、マナーについて
先日私に一通のEメールが届いた。内容はHPを作ったから見に来てほしいというもの。おそらく私がメアドを公開しているどこかの掲示板から送ったのだと思うが、それ自体は別にどうこういうことはない。見知らぬ誰かからメールがくることはメアドを公開している以上ある程度は覚悟している。というより、そこからまたなにか新しい出会いなどもあるかもしれないという期待もあるし、事実そういうこともあった。まあウィルスメールやDMなど迷惑メールが送られてくる危険性もより高まるのではあるが・・
その届いたメールだが、実はちょっとむかついた。、内容は前述したようにHPを作ったので見に来て欲しいというものでどうということはない。ただしその文章は・・・・
   「・・・(省略)・・・・・HPをつくりました。HPを見に来てください。掲示板に書き込みしてください」   以上。
あん?、なんか命令っぽくない?。なんか「HPつくってあげたから見にこい。掲示板にも書き込みしとけよ!」てな感じに聞こえるんですけど・・・。まあやさしい方はそう聞こえないかもしれないが残念ながら私はそこまで人間が出来ていない(というかかなり短気)のでカチーンときました。どちらかに立場上優位性があるどうこうなんてえらそうなことは言わないが、ちょっと違うんじゃないかな? by セルジオ越後
たとえばこういう場合は
   「・・・・HPをつくりました。よろしかったら一度いらっしゃって下さい。掲示板も設置しましたので書き込みなどしていただければとてもうれしいです。」
とかなんとかいくらでも言い方はあるでしょ?。立場上優位性があるどうこうなんてえらそうなことは言わない、とはいってもそれは受け手の感じることで、この場合HPを見に来て欲しいっていうのだから、メールを出す側は明らかに人に物を頼む(頼むってのも語弊があるが)立場にいる。この文面にはそのへんの”気持ち”というものがまるで感じられない。いやもしかしたら気持ちはあるのだが、それを言葉に表すことが出来ないのかもしれない。どちらにしろメールのやり取りならこの文面からしか読み取ることは出来ないのだから、ここに書いてあることがその人の”気持ち”ということになってしまう。気の知れた相手ならまだしも、見知らぬ相手にこの調子ではマナーを知らない非常識な奴と思われても仕方ない。実際わたしはそう感じたし、悪いがHPも見ていないし、メールも即刻削除させていただいた。
よく掲示板などでも”荒らし” でなくても、人を中傷するようなことを平気で発言したり、立場をわきまえない一方的な発言などをする輩がいるが、こういう人たちは正直いったいどう育ってきたの言いたいくらい(こういう言い方も良くないが)。それを聞いた相手がいったいどう思うのかちょっと考えれば分かることだと思うのだが。ちよっとした言い方ひとつで気持ちの伝わり方は全く違ってくるってことがわかっていないのか、それとも自分が良ければそれでいいのか。別に善人ぶっているわけではないが最低限、人に接するときの基本的な常識・マナーを身につけたいものだ。とはいえそういう自分もしょっちゅうマナー違反してたりして、後で後悔なんてことがよくあるわけで・・・・。
みなさんもくれぐれも気をつけて・・・・・。









■ かわぶちぃぃぃぃぃぃぃ  2001/7/12
7/7横浜戦で見事に(?)優勝を決めた磐田。各方面からさまざまな祝福・賛辞のコメントがよせられている。当然ながらJリーグチェアマンである川渕三郎氏からもコメントがよせられているが、まずはその一部を読んでみて欲しい
「2001Jリーグディビジョン1 1stステージ優勝おめでとうございます。ジュビロ磐田はクラブ立ち上げの段階から明確なビジョンを持ち、チームづくりを行なってきました。経営者の哲学があったからこそ今のジュビロ磐田があるといえます。ベテラン選手の牽引力、若手の躍進、選手一人ひとりが、日々切磋琢磨され実力をつけている点は多くのチームの模範でもあります。今後もJリーグのトップチームとして、日本のサッカー、ひいてはアジアのサッカーを引っ張っていって欲しいと思います。」
普通に聞いていればあたりさわりもなく、とりあえずそれなりのコメントではある。言っていることも間違いではないし、我々の思いに共通する部分も多い。が、しかしちょっと待てよ・・・。「クラブ立ち上げの段階から明確なビジョンを持ち、チームづくりを行なってきました。経営者の哲学があったからこそ今のジュビロ磐田があるといえます」?。その明確なビジョンと優秀な経営者をもったチーム、しかも前年日本リーグ3位のトップチームをJ開幕時に参戦させなかったのはどこのどなた達でしたか?よくもまあぬけぬけと・・・
「日本のサッカー、ひいてはアジアのサッカーを引っ張っていって欲しい」?その日本の代表としてアジアクラブ選手権に出場しているのに、なんの配慮もない過密日程でリーグ・代表と使いまわされ、怪我人・病人を出した挙句、アジアクラブ選手権でも不本意な戦いに終始し、準優勝に終わってしまっているではないか。さらにISLの倒産により世界クラブ選手権が延期(限り無く中止に近い)になったときも厄介ごとに首を突っ込みたくないと、あくまでクラブの問題として知らぬ存ぜぬを通しつづけた。磐田が日本の、アジアの代表として世界と戦おうとしているのに呆れるばかりの無責任ぶり。
最近妙に人気の某総理大臣と同じで具体的な方策は一切なし。相も変わらず理想論だけを一方的にぶちあげ上っ面だけのコメントに終始する無責任極まりないJリーグ及び協会幹部。こんな輩のもとでリーグを行なわなければならないとは日本サッカーにとって不幸という他無いのか・・・・・・・。ほんとなんとかならんのかやつらは(怒)









■ サッカーマガジンも落ちたもんだ  2001/6/17
 日本のサッカー雑誌の老舗「サッカーマガジン」(以下M誌)に「何でもランキング」というコーナーがある。たとえばゴール決定率などといった類のものであるが、6/13発行分はDFに関してのランキングが掲載されていた。
各ランクを見ていくと気が付いたことがある。意外なことにジュビロの選手の名前がまったく出てこない。
ほとんど点も取られてないにもかかわらず、田中、鈴木、大岩、ヴァン・ズワムなどの名前が全くない。よく考えればそういえばほとんど攻められていないから単純にシュートセーブや、クリアの本数で出してるランキングに入るわけはないのだ。よくよくランキングを見ると上位はほとんどリーグ中位以下のチームの選手。要するに攻められれば当然シュートセーブやクリアなどの回数は増えるわけで、上位にランクされることになる。
で。ジュビロの選手がランクインしていたのが10以上ある項目の中で「インターセプト」に服部、「タックル」で名波の二人のみ(名波のポジションでタックルで奪う回数が4位ってすごいことですよこれは)。ということは名波が中盤幅広く献身的な動きでボールを奪う、服部が中盤でインターセブとして次の攻撃につなげているということ(もちろん全員のシステマチックな動きの結果ではあるが)で、シュートを撃たれる前、危険な状況を作られる前に未然にふせいでいるのだ。本来はこれこそがDFなのだろうが、M誌にはそのことは一切触れられておらず、ただ単純な数字の羅列に終わっており、ただ数字の高いものだけをほめたたえている
本来データというのは次に何をどうすればいいかを考え、分析するためのもの。ただ結果だけをとらえて「よく出来ました」では何の発展性もない。なぜそうなったのか、次はどうすればいいのかをそこから学ばなければ何の意味もない。おそらくサッカー誌の老舗たるプライドも持っているであろうM誌がこの調子では、そりゃあ中田も話はしないでしょって感じである。(最近中田もちょっとかわってきましたね。本来の自分を表に出しつつあるみたい)
そこでM誌に一言。「今までのような調子で記事を書いていたらこれからはきびしいですよ。日本のサッカーファンはあなた方が思っているほどサッカーに関して無知ではありません。その程度の数字の羅列だけなら不要。最新情報はいまではネットでいつでも手に入る時代なんて゜すから。」









■ OB戦に思うこと  2001/6/1
みなさんご存知のとおり、先日新スタジアム「エコパ」のコケラ落としで静岡ダービーが行われました。まあ結果や内容はともかく、雰囲気は非常に盛り上がりとりあえずは成功だったのかなとは思います。しかし残念なことがありました。
まずひとつは結局中止になりましたが、最初の予定ではこけら落としイベントの最初の試合はダービーでも少年サッカーでもなく県議会議員の試合だったわけです。まずこんなところにそんな試合を組むこと自体に憤りをかんじます。もちろんスタジアム建設やワールドカップ誘致に尽力してくださった方もいるでしょうが、しかしこの場にそういった形でしゃしゃり出でくるのは政治家としてのおごりに他なりません。また別の形で私たちが敬意を表することのできるような紹介の形をとればいいのです。この日程が発表された途端、多くの苦情が殺到し中止とのことになったようですが、この辺でも一般人と政治家・運営側の感覚のずれを感じます。もし強行していれば、スタジアムの雰囲気は非常に悪いものになっていたでしょう。
そして私が一番いいたいことはダービー終了後に行われた、OBのダービーのことです。本来ならば前座として組むべき試合が、後座(こんな言葉あるんか?とりあえず私の電子辞書やIME辞書では出てこなかったが)として組まれたことに問題があるのだが、それでもメインのダービー終了後にほとんどの観客が帰ってしまい、OB戦時にはほんとにごくわずかな観客になってしまい非常にさみしいものとなってしまいました
試合そのものはもう引退された方々ですので、当然多くはのぞめませんが、それでも技術にはときおりうならされるものもありました(チビマサはあいかわらず速かった)。そしてなにより、彼らは今のジュビロ(清水)を築く礎となった人達であり、彼らなくして今のジュビロはありえないのです(清水はサテライト所属メンバーが多かったが)
たしかにメインである試合が終われば帰るのもある意味当然でしょう。とくにいわゆる「一般客」であればなおさらです。しかし私が残念だったのは、両チームのゴール裏の「サポーター」までもが一部を残しほとんどかえってしまったこと。これには少なからずショックをうけました。自分の応援しているチームを支えてきた選手たちが目の前にいるのに・・・。 諸外国であれば本来スタンディングオベーション(立って拍手)で出迎えられる場面です。たとえそれが選手本人でなく、その家族だとしても。力を尽くしてくれた人にはそれなりの敬意を表すべきだと思います。
本来であれば前座で、選手一人一人を紹介してみんなで出迎え、敬意を表する、そういう場面を運営側がつくるべきだったのですが、そういう土壌は日本には悲しいかな無いいようです。幸い選手たちは楽しんでいたようですが、あれが五万観衆の中でなら彼らにとってももっと忘れられないものになったはずです。
普段ジュビロを応援している方々(ジュビロだけにあらず)、今一度考えてみてください。試合中応援すればいいのか、ジュビロというチームには過去も今もそして未来もあります。決して昔のことを調べろなどと言っているわけでありません。ただ少しばかりの「心」をもってもらえればそれがたとえ自分の知らないことであっても、自然に感じ、態度にあらわれるものだと思います。いまやジュビロ磐田はサッカー界において、日本のみならず、特にアジアでは私たちが感じている以上に”顔”になっています。チーム・サポーターともに名実ともに胸を張って、ナンバーワンだといえるためにはクラブのみならず、わたしたちも意識を変える必要があるような気がします。





PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホーム