ジュビロ用語の基礎知識 ジュビロマニアックス ホーム
■役に立たないジュビロ磐田のムダ知識

ジュビロ磐田にまつわるあらゆること、しかも基本的にどうでもいいことを中心にほとんどただの思いつきで書き連ねています。管理人本人の記憶が頼りですので事実誤認や勘違い、悪意に満ちたねじれた解釈、気のせい、幻覚などもあるかもしれません。「これはおかしいぞ」などございましたら掲示板もしくはメールフォームからご連絡くださいませ。また情報などもいただけましたらまんもすらっぴー(死語)。

 ■最近の更新
2007/2/6 天皇賞

    あ・か・さ   た・な・は   ま・や・ら・わ

あ行 荒田忠典 ジュビロ磐田2代目社長(1995〜2001)であり、静岡県サッカー協会名誉会長(2007年2月現在)。Jの球団社長にしては珍しくサッカーを愛する熱血タイプ。一部では日本のガウチとも呼ばれるが、普段見かければただの小さい文鳥おやじ。非常に気さくであり、もっとえらそうにしていてもいいのではないかとさえ思える。立場を考えないお下劣な放言なども数多く、そこがかえって親近感を覚える部分なのかもしれない
L-R SBS 「FORZA JUBILO」において宴会時に名波がL-Rの「BYE」を歌っているシーンが放送され話題となった(バ・バーイ・バ・バーイ・バ・バーイっていうやつです)。それまでハイトーンで歌うといえば中山であったが、これによりその代名詞は名波のものとなった。あくまで地元放送局のノリで収録されていたが、後にこのシーンはキー局のTBSで全国に放送されてしまった。
馬ですか? 93年JリーグブームのころよくあったTV特番でのこと。
当時横浜M所属の井原正巳が、司会者の「奥さんは井原選手のことを動物にたとえるとなんだといってますか?」との質問に「馬」と答えた。と、ここで中山隊長の登場。「馬ですか!馬!言われてみたいですねぇぇぇぇ!」とひとりで大爆笑(要するに”馬並み”という意味)。つづいてなんのことかわかった北沢が大爆笑。最初は何のことかわからなかった他の出演者もさすがに気づいて井原はすっかり笑いものにされてしまった。このへんの感性の鋭さというか、思考回路というか、それともただのすけべなのか。さすが中山である。
か行 顔でかい 元日本代表サイドDF 名良橋晃(平塚・鹿島・湘南) 。彼も中山隊長の餌食となった1人である。
日本代表としてTBSに生出演していた中山。そこに中継で名良橋へのインタビューが始まった。そして名良橋の顔がアップになった瞬間悲劇は起こった。「名良橋かおデカーーーイ!!」とおもいっきり公共の電波で叫んでしまった。苦笑する名良橋にむかってさらに「名良橋顔でかい、でかいよぉぉぉぉぉ」と爆笑しながら連発。インタビューもままならずあえなく放送終了となった。とはいえ、遠近感をまどわせるほど顔がでかいのは真実なのでいたしかたあるまい。
キャノン砲 開幕戦などイベントがあるとき必ずと言っていいほど使われる。轟音とともに金銀のテープを放ち場を盛り上げるのに一役買っている、要するにクラッカーの巨大機械版(正式名称は知らない) 。しかし過去には惨劇をうみだしたことを忘れはしない。
94年、ジュビロスタジアムこけら落としのエスパルス戦で試合開始直前に景気良くドカン! ところがなんとそれは客席方向に向かって発射されたため、とくに前列の観客は煙に包まれ、なおも発射された金銀のテープ、および金粉・銀粉が頭上から降り注ぐことになった。試合前なので弁当を食べている人も多く、金粉ご飯を目の前にして悲しみにくれ、呆然自失とした観客がかぞえきれないほどたくさんいたことを鮮明に覚えている。また祭りの時のヤンキーよろしく頭が金粉だらけになった人も。
ちなみに管理人もそのひとりではあるが、弁当は寸前に食べ終わっていたため最悪の事態はのがれたのだった。
かなり苦情もあったようで、その後はフィールド内からタッチライン外側付近にテープなどが落ちていくように距離が計算され設置されるようになった。
キックターゲット 筋肉番付で行われた「キックターゲット」。
番組内では我が闘将ドゥンガが達成したのは有名だが、実はもう一人、森下申一GKコーチも達成していたのである。ただし場所はヤマハつま恋リゾート内のパチもの「キック9」。そこには9枚達成者の掲示板に「磐田市 森下申一様」の文字が光り輝いている。現役時代からキックに定評のあった申さんの面目躍如といったところだろうか。ちなみに管理人も数回挑戦したが残念ながら6枚が最高でだった
欽ちゃん走り コメディアン萩本欽一氏独特の走り方。
清水のキャラクター「パルちゃん」が持ち芸としてやっていたが、東海チャンピオンシップ恒例のジュビロ君、シャチとの共演時に無理やり「パルちゃん」が二人(二匹?)にやらせた。
あの着ぐるみからしてシャチには困難かと思われたがなんとかこなし、シャチがやったときが一番盛り上がり観客から大きな拍手をあびていた。ジュビロ君にとっては巨大な足が邪魔になりなかなか難しい芸ではある。そもそも何かやろうともしないし。
その後パルちゃんはミニモニジャンケンピョンをメイン芸に変え、ジュビロ君との競演も果たした(ただしこれもパルちゃんは普段日本平で行っていた。パルちゃんはその後倖田來未のキューティー・ハニーを得意としているがジュビロとジュビィには無理であろう
高額所得者 かつて97・8年ごろだったか、ジュビロ選手移動用バスに「高額所得者同乗中」との文字が書かれていた。
要は「金持ちが乗ってんだからぶつけたら賠償金高いんだよ。だからぶつけんじゃないわよ!」と、言いたかったのだろう。
もちろんあくまでしゃれのつもりだろうが、感覚的にはヤンキーやトラックの運ちゃんが車に貼っているステッカー(最大積載量:積めるだけ)とかと同じだわなこりゃ。あまりセンスが良いとはいえません。ちなみに他サポにとっては不愉快だったらしくジュビロ嫌いに拍車をかけたとの話もちらほら。
さ行 三光鳥三光鳥 ジュビロくんのモデルになった鳥で静岡の県鳥でもある。
スズメ目カササギヒタキ科(なんのことやらわかりません)で、全長は約40cm位(ほとんど尾羽)。実は渡り鳥で夏場は日本ですごし中国南部や当南アジアで越冬するらしい。
当然ですが尾が長いからといってピアノ線でつってはいません)。ジュビロのチームカラーは三光鳥の目の周りの色からとったらしい。とってもぷりちーな鳥でございます。
自分に無いものを見つけに行く 名波浩が99年ファーストステージ終了後、イタリアのベネツィアへ移籍する際の記者会見で言った言葉。
日本代表の中心として、もはやJリーグでは極めていた感のあった名波だけにまたひとつステップアップするための海外移籍としてみんな真剣に、温かくこの言葉を受け止めたものだった。そう「何かを見つけてまた一つ大きくなってくれよ」と・・・・。
しかし実のところ、これはその場の思いつきの発言だったことを友達でもある99矢部のインタビューで自ら告白。「そんな見つかりましたかなんて言われたって思いつきでいったことだからみつかるわけねぇじゃん」とへらへらと笑いながらかましてくれました。世の中ウソをつきとおしたほうがいい場合もあるんですが。自ら「名波像」をぶちこわしてしまうあたりがまた彼らしいところではあるが。
ちなみにインタビュー時は右ひざ怪我のリハビリ中。ほとんど外出もしてないらしく(あいかわらずパチンコ行ってる?)日焼けの無い白い肌を自慢げに、自らのことを「美白の貴公子」と言っておりました。
清水ゾーン 清水範久(2002年横浜FMへ移籍)の得意?なペナルティエリア外右45度のシュートエリア。当時ユベントスのデル・ピエロが左45度から再三ゴールを決め、その位置が「デル・ピエロゾーン」と呼ばれていたことからこの名がついた。97年チャンピオンシップ1stleg ホームでの鹿島戦で決めたVゴールは見事であり磐田史上、Jリーグ史上にに永遠に刻み込まれたシュートである。
ジュビロード 言わずと知れた磐田駅前商店街の名前。
ジュピロくんの像なども鎮座ましましている。しかしこのネーミングはなんとかならなかったのか。ふすまのすべり止め”スベラーズ”や、便秘薬”ヨクデール”などと同じノリである
ジュビロック 磐田市にある鍵屋。
決して地方の歌手が作曲・自費出版したしたジュビロ応援歌ではない。「ジュビロ」と鍵の「ロック」をかけていると思われるが、ジュビロ磐田に了解をとっったネーミングかどうかは不明。
じゃま者扱い 山西尊祐(2005年清水へ移籍)が受けた仕打ち。
ドゥンガ在籍時、No1の怒られ役だった彼(というか当時はそれだけミスが多かったのだが)。試合中自陣深く左サイドDF山西のすぐ近くでのFKの場面、すぐリスタートしようと蹴ろうとした山西だったが、中盤からドゥンガが鬼神のごとく駆け寄り、山西を「じゃまだ!!オレが蹴る!」とばかりに突き飛ばし、自らがFKを蹴った。山西はふてくされその後はいつも以上のチンタラプレイをご披露し、さらにドゥンガにじゃま者扱いされることとなった。しかしさすがの管理人もいくらなんでもあれはかわいそうじゃねぇかぁと山西に同情したものだ。
杉山隆一 前身のヤマハ発動機元監督(その後フロント幹部を歴任)。荒田氏と共にヤマハ発動機〜ジュビロの基盤を作った最大功労者。
現役時代は三菱重工(現浦和)で左ウィングで活躍し、当時では考えられないアルゼンチンリーグからのオファーがあったほどの名選手。日本代表でのFW釜本とのコンビはワールドクラスで、メキシコ五輪銅メダルの原動力でもあった。ちなみに長州力に似ている
スプリンクラー ヤマハスタジアムの秘密兵器、awayベンチ前スプリンクラー。形勢不利となると試合中稼動し試合を中断させる。
99年3月のヴェルディ戦に起動された際は押されっぱなし試合展開を見事に形勢逆転させ3-0の勝利に結びつけた。残念ながらその後使用されたことは無いが次はいつ「暴発」するのか楽しみである。ここいちばん偶然を装ってわざとやってみても面白い。
世界三大珍味 名波がドゥンガ・スキラッチ・ファネンブルグ三人を称して言った言葉。本来は「フォアグラ」・「キャビア」・「トリュフ」のこと。
それにしてもこれだけの選手が同時期にたかが日本のクラブチームに在籍していたことは奇跡に近い。ただし、スキラッチとファネンブルグは怪我も多く、3人が同時出場したのはわずか4試合のみだった。そして実は忘れてならないのは彼らと同時に中山・藤田・名波など日本の珍味が絶妙な味を効かせてくれていたことだろう 

    あ・か・さ   た・な・は   ま・や・ら・わ




PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホーム