記憶に残る選手達
 

チームの中心として活躍した選手、縁の下の力持ちとしてチームを支えた選手、ものの見事に期待外れだった選手、玩具として愛された選手など、日本リーグ・ヤマハ発動機時代からジュビロ磐田まで、個人的に思い入れのある選手、印象に残っている選手を紹介します。あくまでも個人的な見解と、かなり怪しげな記憶によるものですからその辺はなにとぞよしなに。

アンドレ 望月 一仁
伊達 倫央 遠藤 雅大(昌浩)
マノ 大榎 克己
大山 直大 長澤 和明
古俣 健次 川田 浩二  
内山 勝
(敬称略) 身長体重などは現役当時のものです



   8   川田浩二    (かわだ こうじ)     MF
1974/8/13生, 165cm/58kg  大阪府出身  近代付高、ジュビロ93〜95、福島FC、エルマーノ大阪
鳴り物入りで入団したわけでもない。Jリーグトップでの試合出場は1試合もない。しかし強く記憶に残っている選手である。
大阪の強豪近代付属高からJリーグ昇格前年の93年に入団。同期には鈴木秀人や久藤清一らがいる。前年のナビスコカップの大成功と日本代表の躍進に始まったJリーグバブルのころであり、毎年どのクラブも今では考えられないほどの多くの新人が入団。磐田もJリーグ昇格前にもかかわらず、大卒2人、高卒11人と、計13人の新人が入団している。逆に言えば、多少なりとも有望な選手、いやプロに足りない選手すらも多くが当時流行った言葉“Jリーガー”となりえた時代でもあった。
一般人の中に入っても目立たない、公称165cm 58kgという小柄で華奢な体は( 実際見た目ではもう少し小さくも感じられた)、ガタイのいいプロ選手の中ではまたた一際小さかった。しかしプレーでは一際輝いていた。
小柄な体を逆に活かした小回りの利くテクニカルかつスピードな豊かなドリブルでDFを翻弄。左足のキックは正確で、サイドを突破してのセンタリングや、逆に中に切れ込んでシュートを放つなど威力を発揮した。そのプレーぶりは自身があこがれるマラドーナとも共通するものもあった。FK・CKもまかされ、サテライトでは攻撃的MFとして攻撃の中核を担い、94年のサテライトリーグ優勝にも貢献した。サラサラヘアをなびかせ疾走する姿と、ジャニーズのバックダンサー的風貌で、女性にもなかなか人気があった。
しかし当時の磐田は、DFと守備的MFには人材難を抱えていたものの(95年にドゥンガ入団)、攻撃的選手はFWの中山・スキラッチ・鈴木将をはじめMFにはファネンブルグ・吉田光がおり、さらには藤田俊哉・名波浩と大卒即戦力の大型新人も次々と獲得しチームを強化。サテライトで活躍する攻撃陣は、大山・久藤などがわずかにチャンスを得たのみで、トップ出場の機会はなかなか巡ってこなかった。
そして小さく華奢な体はプロ生活に耐え切れなかった。プロの激しい当たりにつぶされ、はじき飛ばされ、「使いたいけれど、いかんせん軽いなぁ・・・」と思わせることも少なくなかった。しだいに怪我も多くなり欠場も目立ち始め、出場してもテーピングでガッチリと足を固定した痛々しい姿で、本来のキレのある動きは見られなくなっていった。
さらに94〜95年には藤田・名波といった大卒即戦力だけではなく、奥・清水・福西といった下部リーグ時代に比べ、一回りスケールが大きく、後に攻撃陣の主力となる選手も獲得し強化に成功。Jリーグバブルの終焉とともに、各クラブが経営のスリム化を図りはじめたことも影響し、96年限りで戦力外となり退団した。
その後福島FC (JFL)、エルマーノ大阪(当時関西社会人リーグ1部)に所属。エルマーノ大阪では2000年〜2002年まで3年連続でベスト11に選出されるなど活躍した。プロでは当たりの激しさに埋没してしまった技術が下部リーグでは存分に活かされたたのだろう。
サッカーは体が小さくても活躍できるといわれるスポーツである。小さくても活躍している(した)選手は沢山いる。向島建、鈴木将、桂秀樹、田中達也 etc。しかし小柄であっても活躍する選手に共通するのは強さを持っているということだ。技術を支える強さが無ければJリーグのレベルでは活躍することは出来ないのであろう。残念ながら川田にはそれが不足していたといわざるを得ない。プレーするレベルの違いを別としても、憧れの選手であるマラドーナとの決定的な違いもそこであった。そしてそれは必ずしもトレーニングで培えるものではなく、持って生まれたものも大きいということも確かである。
その時代には浮いていた人材が、後年評価され「10年早かった」などとよく言われることがある。前線から中盤での守備が重視されるようになり、ファンタジスタ不遇の時代ともなった90年代以降、ファンタジスタとして活躍できるのは本当に一握りの、特別な中でさらに特別な才能を持つ選手のみである。
ファンタジスタが、“ただの汗かき”にかなわなくなった90年代。守備とフィジカルに課題を抱えた川田がプロサッカー選手としてスタートを切ったのは、まさにその時代の始まりと同じだった。川田が自身の持つ技術を存分に発揮しえたのは、それ以前の時代だったのかもしれない。ファンタジスタがファンタジスタでありえた時代。「10年遅かった男」。川田に対する賛辞としてこれを贈りたい。





   10   長澤和明    (ながさわ かずあき)     MF
1958/2/4生, 177cm/70kg  静岡県出身  清水東高、東京農大  ヤマハ80〜88
いまや女優長澤まさみの父としてのほうが知られつつあるが、元日本代表、ヤマハの心臓として活躍した名選手だった。ヤマハ〜ジュビロ「10番の系譜」の初代となるのがこの長澤であろう。もちろん「ジュビロ」初代監督としてJ昇格を決めたことはいうまでもない。
ポジションは今風に言えばボランチ・・・と言いたいところだが、トップ下でもなくボランチでもなくセンターハーフ、セントラルMFというのが正しいのだろう。正確なテクニックと優れた状況判断を武器に少し引き気味からゲームをコントロール。得点になる2つ・3つ前のパス出しも得意としていた。タイマンの守備力自体は高くなかったが、優れた戦術眼を生かした守備センスも光った。そういった意味では名波にも近いかもしれない。
当時の日本のMFといえば攻める人は攻めOnly、守備的MFは守備Onlyといった感が強く、攻守両方をこなし、さらに当時の日本のゲームメーカー的MFとしては大柄な長澤の存在は今思えばある意味異彩を放っていたともいえる。日本代表でもその能力を生かしそれまでの「攻める人・守る人」的フォーメーションではなく、引き気味に長澤・前に木村和司を配する“攻撃重視型”フォーメーションが期待された。それは長澤の能力あってこそ生きるとっいっても過言ではなかっただろう。今のように攻守共にこなせる(今いまでもそうはいないが)選手というのは当時本当にいなかった。悲しいかな。
しかし残念ながら長澤の現役生活は常に怪我との闘いでもあった。痛々しいほどテーピングでぐるぐる巻きの脚を引きずりながらプレーする姿も日常。代表でも怪我のために定位置を奪うにはいたらず、ヤマハでも多くの試合を欠場せざるを得なかった。もちろんヤマハの攻撃の中心であり精神的支柱でもあった長澤の欠場がヤマハに与えた影響も計り知れなかっただろう。「長澤がいれば」、当時そう思った試合も数知れない。
度重なる怪我もあって88年限りでで引退、指導者の道を歩むこととなり91年にはヤマハ監督に就任しJSL最後の監督に。そしてそのままジュビロ初代監督としてJリーグ昇格を決めた。J昇格に伴うオフト就任とともにフロント入りし将来的には再度監督、クラブ幹部となるだろうと思われていたが、「俺は現場の人間」としての意志が強かったのかほどなく退社。本田・ソニー仙台・鈴与(女子)等の監督を歴任することとなる。
選手時代から「冷静な頭に熱いハート」ではあったが指導者になってからは「熱い」部分が突出。とくにジュビロ退団後就任したクラブでは顕著になり、ピッチまで飛び出んばかりの勢いで大暴れし退席も数度。ほんとに血管切れないか心配でした。ちなみに「お父さんのそんな姿は見たくない」ということで長澤まさみさんはサッカーが嫌いになったらしい・・・という話もあるが、サッカーそのものに元々大して興味がなかったというのが本当のようだ。
2006年現在では静岡常葉橘高校監督として若年代の指導にあたっているが、(高校サッカーということもあると思うが)以前のようにエキセントリックな部分は影を潜め(もちろん練習は厳しいだろうが)、厳しさの中にも優しさを感じる眼差しで選手を見つめている姿が印象的である。





   14 大榎克己    (おおえのき かつみ)     MF
1965/4/3.178cm/71kg  静岡県出身 清水東高、早稲田大  ヤマハ88〜91  清水91〜02 日本代表
15年の選手生活でヤマハに在籍したのはわずかだが、そのプレーと人柄は多くのファンの心を掴んだ。今では清水の大榎しか知らない人がほとんどであろう。だからこそあえて取り上げることにした。
清水FC時代からその才能は全国にとどろき、清水東高時代には長谷川健太・堀池巧と清水東三羽烏と言われ2年時には選手権優勝、3年時には準優勝と耀かしい成績を残す。そしてその三羽烏の中でも最も将来を嘱望されたのが大榎だった。優れた戦術眼、高校生ながらアウトサイドキックを多用した多彩なパスワーク、中盤から飛び出してゴールを狙うダイナミックな動き。高校3年の2月には日本代表合宿にも召集されたほどで次代の日本を担うとだれもが感じるほどだった。
早稲田大を経てヤマハ入団後はレギュラーとして中盤の一角を形成。大黒柱長沢が抜けた中盤を担うべく期待された。攻撃的MFだけでなくボランチ的な引き気味の位置からもゲームをコントロール。強烈なミドルシュートも大きな武器となった。日本代表にも選出されCマッチを含め通算14試合に出場している。しかし大榎もその優しい性格が災いしたのかいまひとつ伸び悩んでいる感は否めなかった。しかも当時の「負けないヤマハ」は守備型チーム。大榎を生かしきれなかったこともまた事実ではあった。
そして91年、93年から開始するJリーグ参加のならなかったヤマハから契約第一号選手として清水へ移籍。「清水という場所に生まれなかったら、今の自分はない」と語る大榎。一年間トップリーグから遠ざかるリスクを冒しても「清水でサツカーをやりたい」、その思いが強かったようだ。そしてその思いを汲みとったヤマハファンに大榎を裏切り者呼ばわりするものはほとんどいなかった(たぶん、少なくとも筆者の周囲では。ただし同じく清水へ移籍したA選手などは相当叩かれましたし今でも当時のファンからは嫌われてるようで・・人柄でしょうかね、やっぱり)。そして大榎と同じ様な気持ちを持ち、また呼応した多数の清水出身者が清水へ入団・移籍することになる。もちろんそこには長谷川健太、堀池巧の姿もあった。
ヤマハファン(現在のジュビロサポーターも)の多くは苦々しく思うことだろう。J参入をめぐって複雑な背景が絡み合いドロドロとしたことがあったことも確かではある。しかし選手たちの思いを否定することは私には出来ないし自分が同じ立場なら清水へ移籍していたかもしれない。実際大榎のような移籍は当時Jリーグ創設という大きな転換期控えた日本では数多く起こっている。ましてや清水というサッカーにおいて特別な町に育った大榎らにとってはなおさらのことであっただろう。
1年のブランクで代表に選ばれることは無くなった大榎だが92年9月、J初の公式戦ヤマザキナビスコカップ開幕とともにその力を発揮する。生地清水で復活した大榎は、沢登という超新星が入団したこともあり主役というよりも周囲を生かす黒子的なプレーヤー(磐田でいえば吉田光範のように)として活躍。抜群のバランス感覚で攻守に安定したプレーを披露、1994W杯アジア最終予選前のスペイン遠征でついに代表復帰を果たす。本来ならばそのままいわゆる”ドーハ組”となるはずだったが(オフトはその意向だったようだ)、直後に靭帯断裂の大怪我で長期離脱を余儀なくされることとなった。しかしその後人工靭帯を入れる手術と懸命なリハビリで復活を遂げ、広い視野と豊富な経験を生かし徐々にポジションを後ろに下げボランチ・センターバック(スイーパー)として活躍。2002年天皇杯を最後に後進に道を譲る形で惜しまれつつ引退した。
「スピードもテクニックも特別無いからそれでよかったんじゃないかな。前は無理だよ。」。本人はこう語っているが、”考えるスピード・判断力と正確なテクニック”は超一級品てあり決して本人が語るようなことはない。清水FC・清水東から彼を見ていたものたちはおそらく皆「大榎はこんなものじゃない」そう思っていただろう。かくいう私もその一人。小野や名波のように呆れるような「うまさ」とははまた違う「スケール感」。あれほどスケールの大きさを感じさせてくれた高校生選手は私にとって大榎が唯一無二(ガキのころに憧れて見ていたということが大きいのだろうけど)。大榎が今、Jリーグがあるこの時代に出現していたなら、はじめからあのぶたいに立っていたのなら、どんなに凄い選手になっていただろうか。そう思わずにはいられないのである。





   3  遠藤雅大(昌浩)    (えんどう まさひろ)     DF/FW
1970/8/15生、182cm/80kg  東京都出身    帝京高、順天堂大  ジュビロ93〜98 横浜FC99、V川崎99、清水00、メヒェレン(ベルギー) 00〜0、ラ・ルビエール(ベルギー)01〜02     日本代表
信念の人。炎のDF。最も危険な男 。形容詞をつけようと思えばいくらでもついてしまうプレイヤーであった。闘志を前面に押し出した熱いプレーと相反するちょんぼ癖。真摯にサッカーに取り組む姿勢はサポーターのみならず同じプレーヤーも一目置いていた。そして相反するちょんぼ癖。
入団時はFW。大学時代はオリンピック代表候補、学生選抜にも選出され中山に次ぐ大型ストライカーと期待されて入団。初年度からスピードと高さを武器に準レギュラー格としてたびたび試合に出場したが、あまり得点に結びつけることは出来ず伸び悩みの感は拭えなかった。
しかし94年オフトが監督に就任すると、その強烈な左足のキック・身体能力に目をつけ左サイドDFにコンバート、一気にレギュラーを奪いとった。その活躍はオフトの後を受け新たに日本代表監督に就任したファルカンの目にも留まり、代表でもレギュラーを獲得 (正直我々ジュビサポは「なんで?」という感じだったのも事実ではあるのだが)。ファルカン政権が早期に崩壊してしまったため8試合の出場にとどまったが地を這うような強烈なFKでキッカーもつとめていた。
その後東海大から途中入団した守備のスペシャリスト服部年宏の成長、そして本人の希望もあり左センターDFでプレーすることが多くなり95年にはセンターDF'に定着。元々FWでもあったため中山が長期療養していた時期にはFWとして出場することもあった。課題は逆に元来FWであるため体の強さ・スピード・高さはあってもDFとしての対応の仕方が経験不足であり、無用なファールでイエローをもらったり、判断を間違えてピンチを招く場面がしばしば見られることだった。パウスと組んだセンターバックコンビはヤマハ〜ジュビロ磐田史上最も危険かつファンタジー溢れるセンターバックコンビとして語り継がれるであろう、永遠に。
しかし96.97と大きな怪我が相次ぎ試合出場はごくわずかにとどまり、さらにその間に鈴木秀人、田中誠の台頭、アジウソン(2006〜監督)の加入もあり復帰後も出番はほとんどめぐってこなかった。「試合に出たい」  活躍の場を求めその後横浜FCをはじめ数チームを渡り歩いた後遠藤は決断する。「子供のころからの夢」である海外でのプレーに挑戦することを。
そして2000年、ベルギー1部の古豪KVメヒェレンのテストを受け見事合格。チームからはその場で契約を申し出られるほどその"強さ"に驚いたということだ。遠藤の激しいプレースタイルが大男揃いのベルギーにはぴったり合っていたのかもしれない。翌年にはラ・ルビエールに移籍。残念ながらチームの財政悪化により外国人選手の全員解雇という憂き目にあってしまい、それを機に本人も引退を決意する。
海外でプレーしている選手といえば一般的には中田や小野などが頭に浮かぶ。Jチームからの一時的な留学は海外でのプレーとはいえない。しかし自らの夢を追って己を信じて海外でプレーした遠藤。海外移籍後は日本ではほとんど報道されることも無かったが、むしろそんな遠藤にこそ男を感じる。それくらいノスタルジックになってもいいじゃない。





  9 望月 一仁    (もちづき かずひと)     FW/MF
1957/12/1生, 173cm  静岡県出身自動車工高(現静岡北)、清水クラブ、ヤマハ76〜85
中山雅史」の原型と言ってしまってもいいかもしれない。FW /MFとして労を惜しまぬプレイスタイルでで攻撃・守備に活躍した。
経歴は少し変り種で高校卒業後は一般の会社へ就職。サッカーは清水クラブ(県リーグ)に所属し「楽しんで」いたところ、当時まだ同じ県リーグで清水クラブと優勝を争い東海リーグ・そしてJFLへの昇格を目指していたヤマハの杉山監督にスカウトされ移籍。以後東海リーグから日本リーグ2部・1部への昇格に貢献。チームが上のカテゴリーに昇格していく中、チームを去らねばならない選手も少なくなかったがチームの成長とともに望月自身も成長も止むことは無かった。1980年日本リーグ1部では18試合で8得点をあげ、得点王争いでも4位にくいこむなどヤマハ攻撃陣の主力として活躍、1982年度天皇杯優勝にも貢献した。
そして望月を望月たらしめていたのが守備。当時「攻撃の選手、特にFW は守備をしないもの」というのが当たり前でもあったのだが、彼は前線から激しくプレスをかけて守備の第一歩を担っていた。そう、中山のように。
後年は豊富な運動量と守備力をいかす意図もあったと思われるが、怪我やチームのFW陣の積極的な補強もあり主にMFとしてプレー。決して特別うまいわけではないしスマートではない。しかし当時から全員守備・全員攻撃を持ち味としたヤマハサッカーを、ある意味最も体現した選手といっても過言ではないだろう。
現役引退後はヤマハサッカースクール、及びナショナルトレセンやユースコーチ、監督などを務め若手の育成に尽力している





  13 内山 勝    (うちやま まさる)     DF/MF
1957/4/14生、163cm/58kg 静岡県出身 清水東高、筑波大、ヤマハ80〜88 日本代表
「内山兄弟」の兄。主にサイドバックとして活躍し、80年代ヤマハの強固なDFを支えた一人。ヤマハがはじめて日本リーグ1部に昇格し、本格的に有力選手を獲得し始めた80年入団組で、同期には長澤和明元監督や吉田光範らがいる(長澤とは清水東高の同級生でもある)。サイドイドバックとはいうものの攻撃が持ち味で、小柄ながら精力的に動き回り、機を見てはドリブル・オーバーラップで得点に絡むことも多く、自ら得点をあげることもあった。
最も印象深いのが1983年天皇杯優勝後、JSL1部再昇格の開幕日立(現柏)戦。天皇杯で優勝したとはいえ、2部から昇格したばかりの若いチームであったヤマハがどれだけやれるのか、疑問を投げかける向きも多かった。しかしヤマハは開始早々内山篤が先制点をあげ勢いに乗る。そして23分、勝がハーフライン付近からドリブル突破、中央に切れ込みそのままシュートして2点目を挙げる。内山兄弟のゴールで完全にペースを握ったヤマハは圧倒的優位にゲームを進め、、終了間際にも追加点を上げ3−0。1部昇格初戦を会心の勝利で飾った。
この見事な勝利で「やれる」と確信を持ったファンも多かっただろうし、選手も自信を深めただろう。そして改めて「ヤマハ強し」を印象付けた試合でもあった。その年のヤマハはその後優勝争いに加わり、最終的に4位でシーズンを終えることとなったが、開幕戦での兄弟ゴールが若いチームに勢いをつけたといっても過言ではなかっただろう。その後85年には日本代表にも選出され、Aマッチ1試合、Cマッチ1試合に出場を果たしている。





  6   古俣健次    (こまた けんじ)    MF
 1964/7/15生、168cm/62kg、新潟県出身 新潟工,大阪商大、ヤマハ・ジュビロ87〜95,アルビレックス新潟96〜98
小判鮫。いわゆるディフェンシブハーフで相手ゲームメーカーをしつこくマークして潰しに行く。これが古俣の役割だった。決して華麗なテクニックがあるわけでもなく、身体にも恵まれていない。しかし小さな身体を補う闘志と90分動き回るタフさを武器にヤマハ時代には日本リーグの優勝に貢献し、新人王にも輝いた。学生時代は無敵を誇った大阪商大の一員でもあった。
94年、プレスサッカーを掲げるオフト監督就任後もその運動量を見込まれ、レギュラーとして出場を続けた。しかしチームそのものが未成熟だったこともあり、いいときは素晴らしい試合を見せるが、いったん歯車が狂うと立ち直れず勝ち負けを繰り返すような状態。実際このころの攻撃陣にはスキラッチ・ファネンブルグ・中山・鈴木と豪華な面々であったが、一方MFは吉田がいたものの藤田もまだ入団したばかり。攻守の要となるべき中盤はあきらかに力不足といわざるをえなかった
そこでジュビロは中盤の人材獲得・育成に乗り出す。94年の藤田・95年には名波、また、同年入団の福西がFWからコンバートされその才能を開花させることになる(このころ入団したMF陣にはそのほかに奥・久藤・清水・服部(当時はDF)などその後のジュビロを支える選手が目白押し)。そして同年セカンドステージからは当時世界最高のボランチといわれたあのドゥンガが入団。ドゥンガの加入は、もちろんチーム全体の成長に大きく影響し、特に藤田・名波をはじめとする若手選手には大きく、ドゥンガ加入後の彼らの成長は目覚しいものがあった。そんななかでボランチとしてポジションが重なる古俣は出場機会を失う。ドゥンガの加入、若手の台頭、そして怪我。ジュビロがワンランク上のチームになったとき、もはや古俣の居場所はなかった。
ジュビロを退団した古俣は地元新潟に戻り、当時北信越リーグのアルビレオ新潟(:2002年時点J2アルビレックス新潟)に入団。主将として活躍、JFL昇格に貢献した。





   13   大山直大  (おおやま なおひろ)    FW
1974/4/24生、171cm/63kg、香川県出身、高松商業高・ジュビロ93〜97
とにかく速かった。50m6秒フラットという快足を武器に相手DF切り裂いた。
スピードをいかしたDFラインの裏への飛び出しが持ち味。同じ速さでも川口信男とはまたタイプが違い、助走がなくても一瞬でトップスピードに入って飛び出すことが出来、DFの後ろから走りだしてもDFを追い越してマイボールにしてしまう。しかもそれだけでなくボールを扱うテクニックもそこそこ持っていた。
しかし大きな欠点がひとつ。ゴール前までは完璧な形で持ち込みながらもフィニッシュが決まらない。シュート力(馬力)そのものはあるのだが肝心の決定力に欠けていた。サテライトでは相手キーパーを抜き去りながらシュートを外したことにも何度かお目にかかった・・・。しかしそれでもその素晴らしい突破力は魅力たっぷり。95年セカンドステージ後半〜天皇杯には中山の怪我もあり常にベンチ入り。レギュラーとして先発を続けたこともあり、1ゴールあげている。
しかし好事魔多し。これからという96年に左ひざを負傷。前十字靭帯を断裂し一年を棒にふってしまう。97年には復活したものの、回復は思わしくなく結局その年限りで退団ということになってしまったあのまま怪我無く育ってくれればジュビロの攻撃の重要な戦力になってくれたのではないかと思う。優勝した97.・8年も名波がFWにはいることさえあり中山の相棒となるべきFWにはかなり苦労していた。大山にもレギュラー奪取の可能性は十分にあっただろう。選手生活を怪我で終えてしまうということはほんとに残念だ。大山にはもっとピッチを走り回って活躍して欲しかった、いや活躍するべき選手だったと私は思う





   8  マノ (ウィルソン・カルロス・マノ)    MF
1964/5/23生、182cm/75kg、ブラジル出身、コリンチャンス・ジュビロ93・コリンチャンス
ジュピロサポーターにとってマノほど期待外れだったプレイヤーもいないだろう。
ブラジルの名門コリンチャンスから鳴り物入りで入団。しかも前年の92年にはブラジル代表に選出され、いわばほぼ現役ブラジル代表といっていいもよく、年令も当時28歳と脂の乗り切ったまさに全盛期。Jリーグ昇格への切り札として迎えられた。ポジションは中盤すこし下がり目からゲームを組み立てていくいわゆるボランチだが、得点力もあり前線に上がっていくプレーも期待された。そう期待していた。シーズン前の期待度は半端なものではなかった。
ところがいざシーズンが始まってみると・・・パッとしない。シーズン直前に脚を負傷したこともおそらく大きな原因だとは思うが、プレーに全く覇気がない。もたもたとボールを持っているうちにボールを奪われたり、単純なパスミスを連発するなどなど軽率なミスも多く、さらに「ブラジル人」という華麗なプレーも皆無(そういうタイプの選手ではないんだが)でゲームを組み立てるどころかむしろ壊してしまうことが多かった。シーズン開始から3試合出場したがその後はコンディション不良ということで出番なし。復帰後2試合出場したが相変わらず精彩を欠き、そのまま途中退団となった。
そしてさらにむかついたのが退団後である。古巣コリンチャンスに戻ったマノはまるで別人かのような動きを見せ攻守に活躍を見せた(スカパーで何度も目にしました)。ブラジルのファンは日本に送り出すときマノにこう言ったそうである「ブラジルに戻るときはまたコリンチャンスへ戻れ」と。彼はほんとにあっという間に戻ってしまった。要するに日本のサッカーを完全になめていたとしか思えない。ちょっと金を稼いですぐ帰ろうとでも思っていたのではないか。プレー振りはそうとしか思えないほど覇気を感じなかったし、その後のブラジルでの活躍を見るにつけその思いはますます強くなった。
ただ単に日本の水が合わなかったとも思えない。最近は以前より少なくはなったが、J開幕当時はこういう意識のプレイヤー(特に代表経験のあるような選手)も結構見受けられた。マノもそんな選手のひとりだったのだろうか





  4   伊達 倫央 (だて みちひさ)    DF/MF
1966/8/22生、180cm/73kg、清水市出身、清水商・筑波大・ヤマハ89〜94・柏
ユース・U21代表歴をもち期待されてヤマハへ入団。守備的MF/DFとしてレギュラーを獲得し、冷静かつ確実なプレーでヤマハからジュビロの移行期のDFラインを支えた。特にカバーリング・フィード能力に長けており、リベロ・スイーパー的なポジションからDFを統率した。伊達からのフィードが得点にからむこともしばしばあり、93年ナビスコカップ浦和戦で強い向かい風を計算にいれ、自陣深くから相手DFラインの裏へ落としたロングパスはみごとだった(自陣からとびだしたDF古賀がそのまま拾ってゴール)。
ただ残念だったのはおとなしすぎたこと。今ひとつ後方からのコーチングが足りず、DFリーダーとしての求心力にかける部分があった。オフト監督就任後もリーダーとして期待されたが、いまひとつ殻を破れず、勝矢・パウスの入団などもあり、サブに回ることが多くなった。ポランチの位置に人材難をかかえていたことからその体力・カバーリング能力などをかわれて起用されることもあったがうまく機能せず、94シーズン後半はほとんど出場機会がなくなった。
95シーズンからは出場機会を求めてJ昇格を果たした柏レイソルへ移籍しレギュラーとして活躍。ジュビロの前にも壁として立ちはだかった。そして移籍というものが伊達を変えたのか、そのころの伊達はジュビロ在籍時のようなひ弱さを感じさせず、激しいプレーを見せるようになっていた。
しかし私としてはもっと早くそういった激しさを前面に出せるようになっていれば、フィード・読みなどは素晴らしいものがあっただけに日本代表も夢ではなかったのではないかとも思う。いや、むしろ逆に伊達の登場が今の時代なら、基本的な技術や戦術眼などを評価され代表に選ばれていたかもしれない、そんな気さえする。





  10(33)   アンドレ (アントニオ・カルロス・アンドレ)  MF/FW アンドレ
1958/3/24生、168cm/67kg、キンゼ・デ・ジャウー,アトレチコパラナ,ヤマハ87〜90, 91〜93
日本リーグ時代、ヤマハ発動機は82年に天皇杯を獲得こそしたもののリーグでは最高3位と中堅に甘んじていた。守りは堅いが得点力が無く勝ちきれない。そこで87年ヤマハ初の外国人選手として獲得したのがアンドレだった(同時にアディウソンも入団)。ボールが足に吸い付いたような変幻自在のドリブル・急所を突くスルーパス・そして左足から繰り出される魔法のようなフリーキック。アンドレ&アデイウンのA.Aコンビはいきなり大活躍し、同年ヤマハは日本リーグ1部初優勝を飾った。アディウソン負傷退団後はFWとしてプレーすることも多かった。一度退団したが、91年復帰し92年J1(現J2)優勝・93年Jリーグ昇格決定にも貢献した。
特に印象的だったのが93年7月、当時J昇格を争っていたJ1柏戦でのフリーキック。豪雨の中、田んぼ状態のグラウンドでホーム側ゴール前右45°約25m位だろうか。アンドレが左足を振りぬくとボールは鋭い弧を描いてゴール左上スミに突き刺さった。キーパーは何も出来ずただ呆然と見送るしかなかった。水を吸って重くなったボール、あのひどいグラウンド状態(ほんとに田んぼみたいだったんだこれが)で普通ならばまともに蹴ることすらままならないはずなのに・・・。驚異的な技術の高さと足腰の強さがあってのものだろう。
92年天皇杯2回戦、アンドレを止められないヴェルディ柱谷の悪質なタックルで脚を負傷。翌年復帰したものの怪我の影響と年令からくる衰えか、いまひとつ体が思うように動かず、同年秋のオランダ代表ファネンブルグの加入もあり93年限りで引退することとなった(それでもFKの凄さは相変わらずだったが)。本人は「やるべきことはやった」とJリーグ昇格に貢献したことで満足して引退したようだが、わたしとしては未だに背番号10といえばアンドレを思い出すし、右からのフリーキックがあれば、なおさら「アンドレがいれば・・・」と思ってしまう。年齢的なこともあったとはいえあの怪我さえなければと悔しくてしかたがない。ぜひJリーグの晴れ舞台を踏んで欲しかった選手だ。静岡FCの監督となどを経てJ2サガン鳥栖コーチとなるなど、引退後も日本サッカー界で活躍している




PAGE TOP