Football ルール講座 ジュビロマニアックス ホーム
■たかだか4級審判がお答えするルールの疑問あれこれ

普段サッカーを見ていて、なぜ?いまの何?と思ったことはありませんか?。
サッカーはあらゆる球技の中でも最もルールが簡単なもののひとつ。しかしサッカー経験者でもルールブックなど見ていないしルールをちゃんと理解していないということも実は少なくない。そこで、よく間違いやかん違いをおこしやすいポイントを簡単?に説明するのがこのコーナー。ルールを理解すればよりいっそう楽しく、深くサッカーを観戦できるようになるでしょう。ただし私も猿でも取れる4級審判ですのであまり厳しくつっこまないでください。なおルールは毎年見直しされ改定・解釈の変更が行われていますので、更新時期によっては一部現行ルールにそぐわない場合も出てきますのであしからず

ボールが出た?出ていない? ハンドリング
スローインの反則
タックル・チャージの反則
シミュレーション
PKと退場


■ハンドリング
ハンドリングの規定
しばしば問題になる「ハンド」の反則。正確には「ハンドリング」といいますが、競技規則には第12条“直接フリーキックを与える反則”として以下のようにごくごく簡単に記載されています

ボールを意図的に手または腕で扱う(自分のペナルティエリア内のゴールキーパーを除く)

そしてこれに関しては決定的な得点機会の阻止(PKと退場の項参照)のようにそのハンドリングの反則を犯した状況への対応条項はあるものの、ハンドリングであるのかないのか、その反則そのものを判定するための留意事項などは特にありません。明確な基準として12条に謳っている「意図的なのか意図的ではないのか」が、唯一の判断基準となります。

つまりたとえ手に当たったとしても、それが意図的ではないのなら反則にはならないということです。ただし当然と言えば当然ですが、「意図的なのか意図的ではないのか」は審判が判断することで、当然手に当たった本人に意図的であったのかなかったのかなど聞く事などはありません。聞いたところで「意図的でした」だなんて言うわけもありませんし。

具体例
前述のように意図的か意図的ではないのかが唯一の判断基準となります。当然どちらに有利・不利というのは一切関係ありません。では意図的か否かの判断はどのように行われているのか具体例を挙げてみましょう
◆ハンドリングではない=意図的ではない
1 至近距離で相手の蹴ったボールがたまたま当たった場合
2 イレギュラー、至近距離で誰かに当たって跳ね返った、トラップミスでボールが予想外に跳ね上がったなど、ボールの軌道を判断できない状況下で腕に当たった場合
3 体(胴体)部に密着させている腕は胴体の一部とみなしその腕に"当たってしまった"場合については反則ではない
※ただしこれについてはTV解説で「体についていますからファールではありません」などとよく言われますが、体についていようがいまいが意図的か意図的でないかが判断の基準なので、体に腕がついていようがその腕に故意に当てれば反則です(後述)
◆ハンドリングの反則=意図的
1 ボールの軌道を判断し、腕を上げる、差し出すなどしてボールをブロック・トラップしようとして腕に当たった場合。
2 相手に倒された“ファール”をアピールするため倒れた選手がボール抱え込むことがよくあります。当然ですががその前のファールを認めていなければボールを抱え込んだ選手のハンドとなります。アトランタ五輪のときのヒデトさんみたいに
3 「体に密着している腕は胴体の一部とみなす」ことを悪用し、体に密着させた腕に故意に当ててボールをブロックしたりトラップなどする。これは意図的に腕を“使って”おり反則です。また”胸・肩でのトラップにみせかけ腕を使ったりすることもよくあます。
その他に体に密着させているように見せて、手のひらだけを小さく動かしてボールを扱ったり、わずかに肘を出したり体の角度を変えて腕に当てようとすることなども。また、走っているときの腕の振りのままでボールを押さえたりすることなどもあり審判は注意が必要。このような反則は“審判を欺こうとする”悪質な反則でもあり、程度によっては警告の対象ともなり得ます。
4 当たり前ですがゴールキーパーが自陣ペナルティエリア外でボールを手で”処理”した場合。特にエリアぎりぎりでのプレーには注意が必要で、足はペナルティエリア内に残っていてもボールがエリア外の場合は当然反則であり、交錯プレーなどの場合はごまかそうとするGKもいる。サッカーの場合はペナルティエリアに限らず空中においてもすべてのラインは目に見えないラインとして生きている。

運用と傾向
上記のように反則であるかないかの基準としては明確ですが、試合中のルール適用については他の反則同様に守備者・攻撃者・及び位置などによって違いが出ているのも紛れもない事実。同じような状況でも反則を取ったり取らなかったり。“有利・不利は関係ない”はずですが、様々な状況下によってそのあたりを考慮しながら判定しているように感じます。ただ実際のそのほうが自然であるしもめごとも起きないというのも事実です。

もちろん審判によっても傾向が変わってきます。以下にあげる判定の傾向は統計をとったわけでもありませんし、当然審判協会やFIFAなどから指示などがあった留意事項でもなんでも無く、あくまで筆者本人が長年試合を見てきた、プレーしてきたたなかで感じていることなのでその点はご注意ください。

この際だから故意で悪質なものは退場・警告ってことにしといて(それは今でも同様ですが)、手に当たったら意図的であろうが無かろうが反則ってことにしたほうがわかりやすいし問題も起こらなくていいんじゃないかという気もしないこともないのですが。まあそうするとペナ内で至近距離の相手の腕狙いでチョン蹴りとかもあるにはあるのですが(W杯でも実際あったしねぇ)。あーめんどくさい。
◆守備者の手に当たった場合 : 自陣ペナルティエリア内及びその周辺
意図的と判断しなければ反則はとらない。
至極当然の判定とも言えますが、PKや得点に直結するものだから多少は大目に見よう・・・という考慮を感じます。
ただしこれがゴール直前でシュートが手に”当たってしまった”ような場合は反則をとる傾向にあります。特にゴールにカバーリングに入った選手の腕に"当たらなければ間違いなくゴールに入ったであろう"ボールが"当たってしまった"場合は<意図的と判断しにくい場合でもハンドをとられています。もちろん腕を差し出すなどして故意に当てたと判断できる場合は言わずもがなの問答無用の反則です。
◆守備者の手に当たった場合 : 中盤および敵陣
意図的と判断しなければ反則はとらないが、敵陣深くではとることもある
広げていた手に”たまたま当たった”ような場合はほとんどの場合反則をとられます(もちろん当てることを多少なりとも意識して広げた腕に”うまいことたまたま”当たれば故意ということで反則)。また敵陣深くでの守備において守備者の腕に“当たってしまった場合や、相手DFラインが浅くそのままカウンターで一気にゴール前に上がれるような場合などは反則を取る傾向にあります。この場合も敵陣深くで手に当たったボールを奪い即シュート・・・などというように得点に直結する可能性があるからとの考慮が働いているように感じます。
◆攻撃者の手に当たった場合 : 敵陣ペナルティエリア内及びその周辺
意図的と判断しかねる場合においても反則を取る傾向が強い。
ペナルティエリア内では顕著でありやはり得点に直結するという考慮があるような。
◆攻撃側の手に当たった場合 : 中盤および自陣
意図的と判断しなければ反則はとらない。
◆その他
「トラップミスでボールが予想外に跳ね上がったなどでボールの軌道を判断できない状況下で腕に当たった場合は反則はとらない」と前項では取り上げましたが、実際にはトラップミスで跳ねたボールが腕に当たってしまった場合は反則を取る傾向にあり、とくに大きく広げていた腕に当たった場合などはほぼ間違いなく反則をとられます。
たしかに見た目的にも「オイオイ、それは」と感じるようなプレーですし、意図的ではなくても反則をとった方が自然であり選手もまず異論を唱えるようなこともありません。

福西「神の手」、元祖マラドーナ「神の手」事件
2005/3/6 横浜FM−ジュビロ磐田戦において、FKが福西の拳にあたりゴールインが認められ決勝点となるという“事件”が起こりました。横浜は抗議するも主審・副審とも反則は認めずゴールインとなりました。

その後日本サッカー協会審判委員では福西の手に当たってのゴールである事を確認した上で「意図的ではなく正当なゴール」と結論を出し、またレスリー・モットラム審判チーフ・インストラクターは「福西はボールの軌道を見ていないし、(中澤との)競り合いで押されバランスを崩していた。競り合いの中て上がった手に偶然当たったのであり意図的ではないから誤審ではない」との見解を示した。また川渕サッカー協会会長はその見解に対して「正当という言い方は偶然であれば何でも認めるということ。認めざるを得ないといったネガティブな表現であるべき」と発言しました

確かにルールブック上では意図的か意図的では無いかが唯一の判断基準であり、どちらのチームに有利・不利など考慮する事も一切ありえません。ルール上では何の問題も無く”正当な”ゴールであるとも言えます。しかし審判委員会の見解についてはあくまでも後付けであり「手に当たった事の見逃し、誤審」を逃れるためのものであることは誰が聞いても明白です。ルールには「意図的」という、この場合大変都合のいい文句が書かれており、あの福西の体勢から見れば「意図的では無い」と判断するのにまったく無理がないわけです。

対する川渕会長の発言はどうてじょう。“正当なゴールという表現”云々、“認めざるを得ないゴール”という表現など気持ちはわからなくもありませんが、一国のサッカー協会会長にしては中途半端かつ稚拙な発言では無いでしょうか。まあだからこそあの程度までしか発言できないのかもしれませんが。つまりあれ以上の発言をするということは誤審や試合結果などについてまで言及せざるを得なくなり、それによって大きな問題になればなるほど今後のリーグの運営に支障をきたすことになるのです。そもそも認めざるを得ないゴールなどというものは存在せず、認められるものか認められないものかの2つしかないはずなのです。言いたいことは十分わかりますけどね。

ま、それはそれとしてあのプレーそのものは”意図的”では無いと大部分の人が認める状況ではあり、ルール上は反則を取らなかったとしても問題はありません。しかしさすがに磐田サポの私でもあれを“正当なゴール”とは言い難いし、私はあくまで審判が手に当たったことを見逃したと思っています(皆そうだろうと思う)。反則をとっていても「故意ではないからゴールだ」と異論を唱える人はいないでしょう。

実際には“当たってしまった”にしても完全にパンチングした状態であり、正直かなりひどい“ハンド”であることも大部分の人が認めるところでもあります。いくら偶然であり、ルール上は”意図的なものが反則”と規定されていても、あれを“反則ではない”とは正直かなり無理があるでしょう。ましてやそれが得点に直結したシュートとなればなおさらです。逆にあれをディフェンダーがやったとすればPKとなる公算が大でしょうし、あれを”ハンドでは無い”としてしまってはサッカーがサッカーとして成り立たなくなってしまう気がします。

実際いままでは誤審を除いてあのような“当たってしまったとはいえ露骨に当たっている場合”、ほとんどハンドとして反則を取っているわけで、誤審は誤審として認めるべきであったろうと思います。今回の審判委員会の見解をそのまま実行すれば、もし今後同じような事が起こった場合に意図的では無いからということでハンドとして反則をとることが出来ないということになります。まあ実際にはあくまでも今回のプレーに対する“誤審”を認めないための詭弁であるからそのような事は無いでしょうが。

例えばこのような場合どうでしょう。後半ロスタイムで0-1。もう時間が無いところでゴール前にクロスが上がる。DFと競り合いながらヘディングにいこうとしたが届きそうも無い。ここでFWが一か八かの掛け。DFと競り合い体勢を崩したようにみせかけボールに背を向け手を上げながら飛び込む。そう、「頭は届かないから手にでも当たってゴールが認められればラッキー」と。反則を取られて万が一退場や警告になってもどの道もう試合は終了。現実には無さそうなことですが、今回のようにありえない事があるのもまたサッカー。何が起こるわからない。

ちなみに元祖「神の手」マラドーナさんの場合はちょっと違います。1986W杯イングランド戦において、世界的名GKピーター・シルトンとの競り合いの中、しっかりボールを視界に捉えて明らかに手を差し出してボールをゴールへ流し込んでいるもので福西のものとは全然違うのです。かなり悪質であり最低でもイエローは免れないようなもので退場となっても不思議ではないのです。ただその同じ試合のわずか4分後にあの“伝説の五人抜き”があったというのもマラドーナが神たる所以でしょうか。福西の場合は手抜きぐらいしか考えられないですが。グ

PAGE TOP







■PKと退場
PK(ペナルティ・キック)が与えられたとき、反則を犯した選手があるときは退場になったりあるときは警告だったり、はたまた警告すら出なかったり。その違いはどこからくるのでしょうか。

PKの規定
PKが与えられるのは
「相手競技者がペナルティエリア内で直接FKとなる反則を犯した場合」 です。
直接FKに該当する反則の詳細については今回割愛しますが、簡単に言えばご承知のように「倒したりつかんだり蹴ったり、ハンドリングをしたり」ということです。これらをペナルティエリア(以下Pエリア)内で犯した場合PKとなります。

一方退場となる反則項目とはなんでしょう。これも今回詳細は割愛しますが、簡単に言ってしまえば「二度の警告を受けた場合、殴ったり蹴ったりする乱暴行為、つばを吐きかける、著しく危険なタックル、決定的なチャンスを反則で阻止した場合」などなどです。こういった反則の中でPKが与えられたときに直接関係することが多いのが「決定的なチャンスを反則で阻止した場合」です。それをルール上ではこのような表現で退場となる行為としています
  1. 意図的に手でボールを扱い(つまりハンド)相手とチームの得点、あるいは決定的得点機会を阻止した場合
  2. フリーキック、あるいはペナルティーキックとなる違反で、ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点の機会を阻止した場合

具体例
それではPKに直接関係することが多いとして挙げた2つの項目について順に解説していきますが、そこでポイントとして挙げられるのがに共通している言葉「決定的な得点の機会を阻止した場合」です。これが重要なキーワードとなります。では具体的にどういう場面が「決定的な得点・及び得点の機会を阻止した」ことになるのか例を挙げてみましょう

「意図的に手でボールを扱い相手チームの得点、得点機会を阻止」
要するにこれはハンドリングに対する項目で、シュートを手で叩き落す、ブロックする、または今まさにゴールに入ろうとしているボールを手でとめるなどした場合は得点そのものの阻止ということで退場です。これはもう問答無用ですね。ただしシュートをブロックした場合など、シュートが枠内であるかどうかはまず考慮の対象となりません(ただしゴールから離れているロングシュートなどをPエリアよりもかなり外でブロックした場合などは考慮の対象となり警告でとどまる)。またGKがペナルティエリア内で行うことは当然認められています。
またゴール前でのラストパスを手でとめるなど、ボールをハンドリングで止めなければ次のプレーで攻撃側がシュートまで持ち込めたであろうと考えられる場合などは決定的得点機会の阻止として退場となります。
ただし注意が必要なの「意図的に」という注釈があることです。これはPKや退場の判断とは別にハンドリングという反則がどういう基準で判定されるのかということになりますので今回省きますが、(ハンドリングの項を参照)簡単に言えば「当たってしまった」と判断されたものはその対象とはならないということです。
では次に2の項目、ハンドリング以外の決定的な必要な得点機会の阻止について解説します。これは1のハンドリングでの「決定的得点機会の阻止」にも関わってきます。
ゴールに向かっている相手競技者の決定的な得点機会を阻止
図1をご覧ください。
攻撃者AがPエリア外右でボールを受けドリブルで外から内に、つまりゴール方向に向かいペナルティエリアに進入。守備者Bはこのままではシュートをうたれると判断しAをつかみ倒した。この場合つかみ倒したという「Pエリア内での直接FKに該当する反則」としてPKが与えられると共に、Bの反則がなければAはそのままシュートまで持ち込めただろうと判断出来、「決定的な得点の阻止」でBは退場となります
図1
  
図2の場合、攻撃者AがPエリア外でボールを受けましたが守備者Bの守備が厳しく、Pエリア内には入れたもののゴールから遠ざかるように左に流れながらドリブルせざるを得ませんでした。しかし焦ったBは思わずAを引っ掛けて倒してしまいました。この場合も「Pエリア内での直接FKに該当する反則」としてPKが与えられます。しかしAはゴールから遠ざかるような動きをしており、さらに角度も無いため即座にシュートまで持ちこむことは困難であると判断出来ます。よって「決定的な得点機会の阻止」とはならず守備者Bは退場とはなりません。 図2

まとめ1
以上述べてきたように「決定的な得点の機会」とは
ゴール方向に向かってプレーしている⇒シュートをうてるであろう状況」
であり、これが退場になるかならないかの分かれ道なります。シュートをうてるであろう状況ということの中には例えば「反則がなければ・・・GKと一対一になるであろう、がら空きになったゴールへ流し込むだけだっただろう」などというものも含まれます。

ですからペナルティエリア外であってもGKが飛び出して手でとめたり、そのDFを抜けばGKと一対一となっただろうなどとという状況で反則を犯した場合は、決定的な得点機会の阻止として退場となります(ただしハーフライン付近でディフェンダーがドリブルをとめた場合などは警告でとどまることが多い)。図2のようにゴールから遠ざかるような動きの場合でも、ゴール枠近辺の範囲で中央から少し左へドリブルなどは十分シュートできる範囲であり退場となる可能性が高いでしょう。

その他ではゴールに背を向けポストプレーをしている選手を倒した場合、攻撃側選手はゴールに背を向けいてるため即座にシュートまで持ちこむことは困難であると判断出来ます。無論こういう場合オーバーヘッドキックやヒールキックなどというものは考慮対象にはなりませんし、”素早いターンでシュートする”事についてももターンという行為が必要であるため即座にシュートまで持ち込むことは困難であるということで「決定的な得点機会の阻止」とはならず守備者は退場とはなりません。

まとめ2
ただし問題は図2のように即座にシュートに持ち込めないような状況でも退場になっている場合はあることです。決定的な得点機会の阻止ではないのになぜということですが、それは簡単なことで、こういう場合には「決定的な得点機会の阻止」としての退場ではなく、反則そのものがバックチャージなどの危険なプレーなど著しく不正で悪質なプレーと判断されての退場ということです。逆のパターンではPエリア内で意図的なハンドをすれば「ハンドリングの反則」でPKは与えられますが、それが得点や決定的な得点機会を阻止するようなものでなければ退場にはなりません。つまり

1. 「ペナルティエリア内で直接FKに該当する反則があった」からPKを与え、
2. 「その反則がどういう反則だったか」により退場・警告などの処分が決まる

のです。「どこで、どんな状況で、どんな反則があったか」をすべて切り分けて考えるのであり、PKは「Pエリア内で直接FKに該当する反則があった場合」という規則により与えられ、その犯した反則についての処分は「警告となる反則」・「退場となる反則」という規則によって下されます。

PKを与えたとしても、その反則が危険であったり決定的得点機会を阻止したなど、反則そのものが警告・退場に該当するようなものでなければ警告・退場を出す必要はありません。なぜならPKを与えるということで「Pエリア内で直接FKに該当する反則を犯した」ことについての罰則をすでに科しているからです。なかにはペナルティエリア内での反則はすべて退場・警告が出されるものだと勘違いしている方も見受けられますがそうではありません。PKを与えることと退場・警告を与えることはまったく別のことなのです。

しかし・・・はい、お約束ですね。すべては審判の裁量です。上記のよう各シチュエーションでも必ずしもその通りの判定が下るとは限りません。


PAGE TOP





PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホーム