トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2010年1~4月        2009年9~12月    2009年5~8月        2009年1~4月    2008年10~12月 
2008年5~9月
        2008年1~4月        2007年10 ~12月   2007年7~9月       2007年4~6月
2007年1~3月        2006月11~12      2006月8~10月      2006年5~7月      2006年1~4月
2005年9~12月      2005年7~8月      2005年4~6月      2005年1~3月      2004年10~12月
2004年7~9月        2004年4~6月     2004年1~3月      2003年9~12月      2003年6~8月
2003年3~5月        2003年1~2月      2002年11~12月      2002年9~10月      2002年7~8月
2002年4~6月        2002年1~3月      2001年11~12月      2001年6~10月



■全てにおいてナメてる    磐田 1 - 1 大宮
今日も今日とてサイドサイドサイドサイド。
一試合に3回くらいでいいから中盤で前田さんにクサビを入れてください。
なんだか本人たちはそれなりにサイド攻撃できたみたいな物言いで、駒野に至っては「幅広くボールを動かせた」とか世迷言を言う始末。決定機など何一つ作ってもいませんし、仙台戦と同じで大宮の術中にはまったドツボです。
前田の点? あんなもん前田の力だけじゃボケぇぇぇぇぇ。
てなわけで、ろくにボールも出てこない中、前田力のみでようやくドロー。これで公式戦5戦負け無し!磐田復調!などととマスゴミどもはもてはやしたりしておりますが、相手はといえば・・・・
△ 浦和・・・アチラはほとんど控え選手のYN杯
○ ガンバ・・・満身創痍のJ未勝利対決  7節終了時13位
△ 湘南・・・監督自らJ1最弱と宣言の降格最有力候補 7節終了時17位
○ 横浜・・・俊輔さん不在でまるで別チーム
△ 大宮・・・万年降格候補、残留争いのライバル 7節終了時16位
これで負け無しと言われてもなんらポジティブになどなれません。ましてや残留争いのライバルになるであろう大宮にホームで引き分け。試合前のメンバー発表時に
「ホームでは絶対勝あああぁぁぁぁぁつぅぅぅz!」
などと煽っているわりに、キャプテンやら日本代表やらが「欲をかいて負けなくて良かった」とか「負けないことが大前提」とか「次につながる」とかクソ寝ぼけたことをほざいているわけで、サポーターをナメているとしか思えません。あの寒い中、スタジアムに駆けつけた我々になんたる仕打ち。あんたS? 筋金入りのS?
確かに負けるよりは引き分けのほうがいいことに違いはありませんが、この状況の中でのその発言がどうなのか・・・という判断すら出来ないようではもはや末期症状です。熱い男と思っていた那須も青に染まってしまったようです。そりゃ客も入りませんわよ奥さん。
ま、そんなナメた発言の根底がどこにあるかといえば、いわずと知れたサポ無視の小手先営業を繰り返すクラブそのものであることは皆様周知の事実でございます。例を挙げれば枚挙にいとまがございませんが、ひとつ昨今の例で言えば移転した公式SHOP。不景気のおりショバ代も払えないようで、すっかりみすぼらしくなってしまいましたが、問題なのはその営業時間。
平日  11:00 〜 14:00,  15:00 〜 19:00
14:00~15:00休憩ってなにさ。あたしゃ閉まっててびっくりしたわよ。小売店が休憩時間てアンタ。仕込みもないのに食堂か。ばあさん一人でやってるホワイト急便か。まったくナメた所業でございます。そりゃ客も入りませんわよ奥さん。帰り際、通路に並んだおねーちゃんたちに「ありがとーございました」とか言われたってありがたがる客なんかいませんてば。オレみたいなオッサンですらね!

てなわけで、もはや「勝たないと手応えを感じることはできません。」と言い切る前田さんの前田力に頼るほかないようです。あとはチュホだけですかね。


2010.4.20


■リザーブ見ただけで萎え    磐田 2 - 3 京都
竹重、金沢、荒田

コースケ、コータ・・・船谷・・・・・・修斗・・・・・・・・・・

なにこの金太郎飴リザーブ

交代で何かを変えるとか、メンバー見た時点で不可能と悟ったのは当方だけではないはず。
多少の問題はあれど磐田で唯一全身全霊でボールを追える岡田
こちらも色々と問題はあれど対人に強く最も推進力のあるトナカイ
秘めたままのポテンシャルだけはある・・・カレン
誰をとっても課題を抱える選手ばかりですが、少なくとも皆○○以下とは思えませんがどうでしょう(○○は適当な選手名を当てはめてください100%同じになりそうな気もしますが、目クソ鼻クソという気もしないでもありません)。
センターバックのリザーブもおりません。那須を心臓と考えてボランチ起用しておいて、「いざとなったら那須下げよう」とか安直な考え方やめてください。
とか思ってたらほんとにやってるし。
コンセプトどうしたの?局面のシミュレーションとかしてます?
というわけで京都戦不敗神話@磐田も崩壊。まだなんか残ってる?

◆ 今節のつっこみ
――相手のロングボール以外の敗因は?
ヤンツー : ~もう少し落ち着いてボールを横に動かそうということを伝えましたが~ 前に速ければ、相手も怖いと思いますが、それだけ押し上げる時間は短くなってしまいます。
横横ってアンメルツか。横横って揺さぶりのつもりですか?横横ってボールも横なら人も横に動いてるんですけど。
人もボールも横に動くサッカー か。
取った2点はタテの動きから生まれているんですが。
ていうかダラダラ横パスしてダラダラ上がってくることを俗世間では押し上げとはいいません。時間がかかればかかるほど守備も陣形固めます。

――今季未勝利のチーム状態について
ヤンツー : 今日のゲームは、私たちがやろうとするサッカーが一番できませんでした。~これまでの3試合は比較的私たちが目指すサッカーをできていましたし~
出来ていたんですか、そうですか、おめでとうございます σ(-_-#)
――選手達に焦りは?
ヤンツー : 今季、まだ勝てていないので、勝ち点3がほしいということはどの選手でも思っていると思います。
監督が一番のんきなようで \(-"-)/~


2010.3.29


■ 四つのお願い     静岡県サッカー協会西部支部総会
“四つのお願い” でピンと来てしまう人はもはや人生ピー

というわけで3/23、毎年恒例静岡県サッカー協会西部支部総会に行ってまいりました。総会とはいいましても挨拶、昨季の表彰、今季の登録説明にて終わりというもの。株式会社でもございませんから総会屋もいなければ、半ばお役所儀礼ですので、議論が紛糾するようなこともございません。私共下々のものは椅子に座ってホゲ~っとしているだけでございます。
で、毎年“ジュビロウインターカップ”の表彰にホームタウン推進部の方が来賓としてお見えになるわけですが、以前は石神氏、ここ2・3年(だとオモタ)は志田文則氏。志田氏といえば、日本リーグヤマハ発動機時代にそれなりに活躍されたFW。当時から銀行員的風貌でございましたが、お年を召してますます磨きがかかり、もはやどう見てもかつてサッカー選手であったとは思えません。どう見ても経理畑30年。
その志田氏が壇上にて四つのお願いならぬひとつのお願い。「スタジアムに来て応援を」。悲しいかな列席ほとんど無反応。ま、列席者はほぼ100%社会人リーグのプレーヤーなわけで、基本観るよりやる事が楽しい人たち。さらには土日の練習・試合などで磐田の試合と日程がかぶることも少なくありません。当方のような磐田バカにしても自らの試合と重なればそちらを優先せざるを得ないわけです。
正直申しますと当方のチームにおいても磐田に足を運ぶものは2・3人程度。ほぼ毎試合となれば当方独り。磐田どころかJに何の興味も無い者も少なくありません。これが現実です。磐田さんにおかれましては、総会だからとお行儀良くしなくとも、壇上でアジるくらいはしてもええんでないの?と思う次第でございます

★礼節
総会表彰式にて。表彰を受けるときに帽子は被ったままだわ、サングラスをかけたままだわ、そんなのが何人も。いくらなんでも最低限の礼儀はあるでしょうといいたいところですが、怖そうな人もいたので黙ってました。ネットでしか言えない小心者が私です。
それでもサッカー協会の人ならば、その場で帽子を取るように促すくらいのことは出来るだろうと思いますがどうでしょう。だから“サッカー脳”などと言われてしまうと思うのですがどうでしょう。正直野球部とかならこういった場でそれは無いと思うのですがどうでしよう(裏でどうこうとかは別として)。ま、野球部にもハラキリ監督やら、昨年の平成イケメンエースみたいな○○もいるわけで大差ないといえばそうなんですが。


2010.3.24


■ 0:00分の悪魔   磐田 0 - 2 名古屋
秒殺

開幕線に続きまたもや秒殺

60M弾て orz

ほんとに狙ったんだかとりあえず蹴っとけだったのか知りませんが、またもや1分と持たずに先制される始末。
名古屋に1300日も負けてなかったんですね。もうここ2・3年で「初めて負けた」とか「何年ぶりに負けた」とか慣れました。何年ぶりに勝ったとかは聞きませんが、鹿に勝つのはいつのことでしょう。もしかしたら今季を逃すとディヴィジョンが違って対戦機会も無くなるかもしれません、リアルに。
訳あって試合を見られなかった当方は、J's GOALリアルタイム速報に集中・・・する間もなくいきなり失点。それでも0-1で「もしかしたら追いつくかも・・・」などというスイーツな期待を持たされた挙句、終了間際に痛恨の一撃で2点目。
なにやら開始早々ダウンを取られたものの、なんとか12ラウンドまでたどり着いたところでフルボッコKO負け、みたいな立ち直れないダメージ。もう好きにしたらええやん。
★今節のつっこみ
――感想
 ヤンツー : 「失点場面以外は自分たちのプレーが出来ていたと」
 失点したことが問題なんですが
――2トップの動きについて
 ヤンツー : 「~チャンスに得点できなかったこと以外はよかったと」
 いやだから得点できないことが ・・・・・・・・・・・・orz・・・・・・・・・・・・・


2010.3.22


■ 八田に感謝する日が来こようとは   磐田 1 - 1 新潟
今季初勝点で何よりです。八田も成長しているようで何よりです。前田さんが試合に出られるようになってなによりです。とりあえず前田さんがいる限りは、適当に放り込んでもある程度は何とかなりそうだ・・・ということは確認できて何よりです。
逆に言えば、前田さんがいなければ・・・ということは明白なわけで、那須さんが守って那須さんがパス出して那須さんが得点しているようでは行き着く先はなんとやらということです。
ま、“困ったときのアウェイ新潟”を、2戦目にして迎えてしまったということが今後気がかりですが、困っているといえばシーズン前からすでに困っているわけで、とりあえず引き分けて何よりです。

なにはなくとも見事なフライングニールキックでGK負傷交代のスキを演出していただいた矢野さんに感謝です。下部組織で育てていただいた恩義を忘れていないのかもしれません。あ、宮迫さん黒河さんお大事に。
★今節の教訓
○谷 → ○斗  たった3つの交代枠 有効に使いましょう


2010.3.16


■ J1開幕戦最速ゴール献上    磐田 0 - 1 仙台
Jリーグの策謀に見事にはまり昇格仙台にリベンジ果たされ敗戦。
もうなんとも予想通り過ぎで、笑いと怒りがおさまりません。
仙台様におかれましては、いくら開始早々先制したとはいえ、磐田相手にあれだけドン引きで守ってくるクラブも7年ぶりくらいに見た気がいたします。開幕初戦と入れ替え戦という違いがあるとはいえ、どう見ても入れ替え戦のときのほうが強かったかと。前田もヨシカツもジウシーニョもいない磐田にアレですから、前途は決して明るくないかと思われます。とりあえず昨季の山形さんのように、“ばれないうちに”勝点を積み上げておかないとどエライことになると思いますのでくれぐれも精進なさってください。
と、他人様のことをとやかく言っていられるような状態でなく、より精進せねばならんのはこちらだということは、この初戦だけでも明らかなのが磐田です。
なにやら指揮官は「ボールは回せた」とか、「修正点はない」などとすっとこどっこいなことをおっしゃっておられますが、そりゃあんだけドン引きの相手ならば、低い位置でなら回そうと思えばいくらでも回せるわけでございます。
ドリブルも仕掛けもなけりゃいくら外を使ったところで相手は中の陣形を崩してくれません。ペナに一瞬でもグッと入ろうかという“見せかけ"すらありません。お気楽親父ですらそう申しております。
中のコースだけを切ってサイドへ回させて、仮にクロスを上げられても中でまったり待つ。思い通りにまんまはまっていただけです。決して主導権を握っていたわけでもチャンスを作っていたわけでもございません。百歩譲って外からのボールが入っていたとしても、グノとアラタの高さのないFWに対して、何の工夫もないハイボールであわせられるわけがございません。前田がいなければいないなりに変えなければ点など獲れようはずもございません。松浦とカレンを投入したまではいいにしても、繰り返しサイドからの放り込みばかりって奥さんちょっと。


そいうわけで、もうきりが無いので、気がついたことをいくつか。

・仙台サポ集団
 雨合羽を着た児童たちにしかみえませんでした。色が・・・・
・仙台サポ、松浦へ大ブーイング
 トラウマあるんですねやっぱ
・磐田サポ太田へブーイング
 恩知らずの勘違い男を拍手で迎えるようなことが無くてようござんした。
・那須ボランチ
 きつい。潰し屋ならまだしも配球までさせるのは無理。
・加賀
 4バックのセンターは厳しいか。対応が3バックのころのまま。
・成岡
 いた? ねえねぇ、いた?誰か見た人いる?
・西
 とうとう電池の連続使用時間が60分を切りました。
・新戦力 荒田
 決定機を外したとはいえ、少なくとも萬代よりはと思い込んでみる。
 萬代以下ならばもはやナニなわけですが。
・新戦力 パク・チュホ
 代表で離れいていたこともあってかかみ合わず。
 ただし時折推進力は見せたので期待は出来そうとか思い込んでみる。
・仙台 手倉森監督
 ごはんがごはんがススムくんにしか見えません
 
で、イ・ガンジンさんですが、新ファンタジスタ誕生の予感。いきなりやっていただきました。その後もハイボールの目測を誤ったり、DFとしては禁忌の"ワンバンドさせてから処理"をしようとしたりと、なにやら茶野さんと同じにおい、いやさあまつさえパウス臭さえいたしました。今後も目が離せない存在となりそうです。


2010.3.8


■ 給料3か月分のダイヤ
皆様 めりくり、あけましておめでとう、寒中お見舞いお見舞い申し上げます。余寒厳しき折から、桃の節句も過ぎすっかり春めいてまいりました。
いやいや、肩の負傷が若干良くなったかと思えば右手親指突指で痛いなぁと思っていたら思いのほか酷くて突き指どころか靭帯損傷で右手かばってたらまた左肩が悪くなってにっちもさっちもいかなくて会う人たびに「四十肩だね」とか言われて「怪我だよ!」といちいち言い返しているのもうざったくなってでもまあとりあえず今季のリーグは終わったからいいやなんて思ってたら風邪ひいて良くなったカナと思ったらなんだかまた高熱が出たんで医者行ったら「インフルエンザです」とか言われて「でも新型じゃないよ、どうせなら新型ならよかったのにね」とか寒いこと言われて2年連続年末年始を寝て過ごして寝てたら寝てたでもう腰が痛くて頭痛よりそっちが痛くてやっと回復したなと思ったらいつの間にか虫歯が進行していて歯医者行くのにも注射が怖くてとりあえず鎮痛剤飲んでやりすごしてたらどんどん虫歯が悪化して痛くなってそれでも注射が怖くて仕方なくて周囲から痛くしないとこ教えてと聞きまわっているチキン野郎のごおるきいぱあです。

そんなわけでご無沙汰。さまざまなニュースがあったわけですが見事スルーをかましてしまいました。もう2010シーズン開幕です。とはいえオフシーズも、流してしまうにはあまり惜しいネタてんこ盛りでございましたので、昨シーズン終盤から軽くチェックだけしておきます。

- 2009年12月 -

◆インフル蔓延
八田・大畑・萬代・カレン 及びユース選手数人が新型インフルエンザ感染。GK不足という緊急事態には陥りましたが、ある意味微妙な選手ばかりでチームとしては○○でよかったとか

◆得点王
前田さんがJ1得点王。フルシーズンやればごく当たり前とさえ言える結果です。ガラスのエース返上・・・かどうかは来季にかかっております。自らを過剰なほどに謙遜するコメントは日本では美徳です。ただそのまま受け止めてしまう代表監督が約一名いるようですのでお気をつけください。

◆時代遅れの韓流ブーム
李康珍、朴柱昊、黄誠秀と3人の朝鮮の方々入団決定。これでグノと合わせて計4人。外国人枠は空いてますからアジア枠うんぬんは関係ないような気もしますが、要するにお金がないところで比較的安価に力のある選手となるとアチラの方々ということでございます。根本的な解決はまたもや先送りです。

◆NEW荒田
水戸より荒田智之(FW)入団。荒田という磐田にとって特別な姓を持つ彼の活躍やいかに。水戸な人によれば、90分間疲れをしらず精力的に動き回る・・・という方のようで、そういう意味では磐田に最も欠けている部分でもありますので期待したいところです。ただし今までJ2から獲得したFWは鳴尾とか萬代とか・・・

◆萬代退団
というわけで荒田に押し出されるように萬代鳥栖へ♪ 何も言うまい♪

◆ユース出身組
押谷は岐阜レンタル延長。岐阜ですら出場機会の少なかった須崎は退団し中京大へ。なんだかこのパターン定着・・・。
そんなわけで“使えねぇ"ってことか、一応クラブユース準優勝という結果も残し、年代別代表・代表候補などいるにもかかわらず今季ユースからの昇格はゼロ。

◆中山雅史
ゴン退団。ありがとう、ほんとにほんとにありがとう。クラブとしても正しい選択と思います。

◆マツケン
松井謙弥セレッソ大阪へ移籍。レンタル先の京都でもほとんど出場機会がありませんでしたがいいですかセレッソさん。

- 2010年1月 -

◆男に二言はないはず
極悪田辺の口車にのせられ、タンカかをきって退団した太田吉彰が仙台へ入団。「欧州で必ず成功してきます」との言葉はどこへ。

◆ジェフの人
村井さんと茶野さんともに古巣ジェフへ。磐田移籍後、いつまでもしつこくブーイングしていた粘着ジェフサポやいかに。

◆秀人さん
鳥取からオファーもJからのオファーはなく引退を決断。名波引退試合ではお約束のはずのMVPを名波から譲り受け改めてご挨拶。

◆名波浩引退試合
寒風吹きすさぶ中長蛇の列。待たせてくれて有難う。ワッキーやらツッチーは別としてとりあえず他サポミスチルファンざまあ。

◆ブラジルの人
アジウソンに拉致られたエンリケがクルゼイロへ完全移籍。ほとんど忘れ去られていると思いますがまだ籍は磐田にあったのです。クルゼイロではファブリシオ、パラナとともに主力としてリベルタドーレス2009準優勝にも貢献。何試合か観ましたが磐田にいたころとは別人。ごっついミドルシュートも決めてました。パラナといいエンリケといい、こういう選手を使いきれない磐田に問題があるのでしょうな。

◆囲碁の人の旦那
吉原残留かと思いきや柏へ移籍。これは何気に手痛い。かみさんは一度くらい磐田に来たのか。

◆新体制
不景気の折今年もメインスポンサーはヤマハ。とはいえヤマハも大不況。いよいよ身売りが現実的なものにというハナシも。
スローガンは今年も“原点回帰”。
キャッチフレーズは"恋愛レボリューション21”"EVOLUION 2010”
※【EVOLUTIO】意味 : 展開、発展、進展、進化    
これが今年の磐田に当てはまるのかどうかさだかではありません。

- 2010年2月以降 -

◆策謀
2010開幕戦の相手は仙台。仙台にとっては2008年入れ替え戦のリベンジとか、磐田が2年連続昇格組に惨敗とか面白そう、とか、あまりにも現実的過ぎる策謀がはたらいて。

◆守備
大学生相手に3失点、神戸に5失点、甲府に4失点。シーズン前、J相手の練習試合は未勝利。なんだか今年もな感じ。

◆藤枝東三人衆
岡田・成岡・大井の公式ブログスタート。誰一人レギュラーではないわけですが。

◆経費節減
ジュビロショップ浜松移転決定。ショバ代払えねぇって事でしょうか、サーラビル内へ移転。

◆ガラスのエース
昨季ガラスのエースを返上したかに思われた前田さんが肉離れで開幕微妙。肉離れってのはある意味オッサン化している証拠でもありますし、クセになりやすいのでご注意ください。なお決して前田さんが肉を食べなくなったとかそういうベタなことではありません。

◆中山シート
「中山の功績をたたえメモリアルとしてその名を残すため」4階VIP席のうち1席を。ま、我々下々のものには関係ないっていや関係ないわけで。ていうかまだ現役なんだからどうなのよそれ。

◆勘違い
仙台太田の発言:真顔で「磐田だけには絶対負けない」
は? アニ言ってんだよオメ。


2010.3.5




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ