過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月  2002年9〜10月        
 2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
3/31
後悔先に立たず
J100試合出場達成選手の足型&サイン入りプレートが設置されました。このように至極当然なメンツなわけですが、圧倒的に出場時間が少ないであろうノブオだって出たことにゃ違い,ねぇだろよと。で、それよりも“今後順次制作予定”の3選手がなんとも。
古賀・・・無事これ名馬(?)なり。
大神・・・そんなに僕たちを恐怖のどん底に
・・・えー、それは無謀というもので。少なくとも現役中はやめといたほうがいいと思うんだけどな・・・。設置しても良くて落書き、指つめられちゃったり即破壊されることも十分予想の範疇っつーか確実にっつーかさ。
3/30 謙虚なようで傍若無人
というわけで新潟戦のことは忘れて気持ちはさいたま戦へ。と、その前にコインブラ選抜シンガポール戦もありますが、いくらなんでもこれ勝てなかったらほんまクビでっせコインブラさん。とってもしょぼーい6000人収容スタジアムでの試合ですがそんなんことはどうでもいいようで。サポーターなど、観客などいようがいまいが関係ない何の価値もないものらしいですなあ彼にとっては。さすが神です。神にも色々ありますし私にとってはあなたが何の価値も無いんですけど。何気にサモアやフィジーでサッカーに関わってる人が聞いたら怒るような失礼極まりないことも言ってるし。ちゃんとOFCにもFIFAにも加盟してんだからさ。
3/29 御行したてまつる
スタメンからするとナビ杯も一応取りには行くつもりらしい・・・のですが、まったりとした85分が過ぎ去りエンジン点火は後半40分。通るはずの無いパスがなぜか通ってしまう、入れるはずのない所にいとも簡単に入れてしまう、ゴール前をボールがフツーにコロコロと横切る。それでも平然としている摩訶不思議な新潟の衝撃的な守備に私は何度驚嘆の声を上げたでしょうか。そんな「え? ここ守らないの?」みたいな「あり得なーい」事に磐田は対応できなかったようです。もしかして“知将”反町の仕掛けだったらすごいわ。しかしあれだね、後半最後の猛攻はずいぶん前がかりになってたから、ノブオがいたらカウンター一発でやられてたっぽいような
3/29 規則厳守
トシヤささんが「チームに約束事が無い」と嘆いておられます。あるじゃないですか、無断外出禁止ってやつが。それすら守れんのだがな(その昔合宿を抜け出し夜食を買いに行ったのを見つかり酷い目にあった管理人は語る)
3/26 不吉な
悲しいかなY沢のかほりがそこはかとなくしないわけでもないカレンですが、こういった考えは当方としても元々無いわけではないのです。しかし・・・やはり比較対照がKさんとかNさんというのはある意味大変○○○な訳で。「チャンスメーカー、スピードスターだからサイドへ」ていうのも安直な気もするし、だからこそそれを生かしたFW、点取り屋こそ日本に必要な気もするんですがね。
3/25 コメノチカラ
かつてノブオがMVPも獲得したヤマザキナビスコカップが3/27開幕。意義・定義など今ひとつ曖昧で存在感の薄い大会ですが「3冠」のひとつでもあり、大金「一億」も懸かっててもいますから出来れば取りたいわけです。、今年の方針が「ACLとJリーグ」なわけで、トシヤ・福西・西もいませんからどんな姿勢で臨むかも注目です。相手はまず新潟。オレンジというだけで拒絶反応を起こす人、ノブオ問題で「それでもチミたちにはぁぁぁ!」と力が入る人もいるでしょう。あちらはあちらで「教科書代を払った」昨年天皇杯の恩返しとかリベンジとか意気込むはず。でもそういえば古俣問題はおこらなかったなあ、当たり前だろうけど。
3/24 この際“代表“と名が付けば
Over Age枠が取り沙汰される五輪代表。というわけで日刊の「OA枠使用に関するアンケート」が行われているのですがそこにはマコ・ヒデト・服部の名が。これはあれですか、アジア杯もあり日程的にA代表兼務は不可だから「A代表に入りそうもねえしこの辺りで」みたいな感じでしょうか。山本氏曰く「レベルが違う」マコが以前合宿に召集されたりDF の手本として(マコを中心として)磐田のVを教材として使用したりもしているわけで可能性は十分。まあ万が一のA代表召集で紅白戦要員よりは五輪代表のほうがいいかなあとも。
3/23 世界を翔るキャバクラ7
というわけでAFCのHPでもやはり取り上げられるキャバクラ7+1代表落選。ここには“後でばれちゃったよ山田暢”の名はあがっていません。こちらではjubilo3選手はスタメンのチャンスであるともおっしゃっていただいております。で、こちらは同ページを当方が所有する某翻訳ソフトで翻訳した結果。私ごときの読解力ですら「なんじゃそりゃ」と思ってししまう誤訳なども多いのですが、やはり時々“わざとか”と思うようなツボを得た翻訳もしてくれます
3/21 代表の貫禄
風邪を押して豊スタへ。いやあ今日は屋根閉まってよかったね。私はおかげ様でただいま頭痛発熱絶好調。そんな私をねぎらうかのように、先制こそされたものの「ならやっちゃうよォ」とばかりに捻ってあげました。名波のパフォーマンスがちょいと気がかりですが、いかにも“中山”なゴールも飛び出し、久々にヒデトのプチぶち切れも見られたしオジサンはそこそこ満足です。しかしなんといっても“代表”西がカウンターからワンツー・ドリブル・ホドリィゴへの見事なスルーパスなど攻守に大活躍。キャバクラ7+1山田亡き右サイドDFでの起用などという声も聞こえます。確かに随分守備面も成長しましたが、いくらなんでもやめたほうがいいと思うんですが
3/19

腹はもう大丈夫か?
実は密かにシドニー戦士だった西がコインブラ選抜とはいえ代表に。えー、ヒデトにマコは気を落とさぬように。まだキャップは刻んでませんからヒデトはリード、マコは並ばれただけです。FantasistaM本や誰だお前K地、五輪代表に入れないN田や今回は外れたもののキャバクラ7+1M庭に劣るとは思いません(つーか上だろよ)。まあ今回外されたキャバクラ組が主にMF・FWなわけで、次もしDF陣がキャバクラ行った日にゃたぶん出番ですよ。でももし西が前回召集されてたら間違いなく某奥に誘われてついてっただろうなあ。ちなみにXEROX観戦に来たはずのコインブラさんはトシヤの存在に気が付かなかったようでまた選出してますねぇ。
3/19 ささやかなツッコミ
コインブラさん曰く「ルールを破ったのは私への裏切り」らしいのですが、もちろん代表合宿中に無断外出、しかもよりによってキャバクラなどとうらやましい言語道断。コインブラさんだけへの裏切りではなくて日本サッカー界、サッカーを愛するすべての日本人への裏切りといっても過言ではないのです。まあほんとは呼ぶつもりだったんだけどあまりにも世間がうるさいからとりあえず゜「処罰」した恰好だけつけとこうと。どうせ相手はシンガポールだしぃ欧州組も呼べたしぃみたいなところなんでしょうがね。しかしコインブラさん、ルールといえばサッカーの中でせめて最低限のルールだけでも作ってくれませんかねえ・・・などと思ってみたりしてもだめなんだろうなきっと。
3/18 素敵なタイミング♪
UAE戦があるというのに同時刻に県サッカー協会社会人西部支部会がブッキング。あのなぁ、はなっから分かってんだから日程考えろってんだよ、ったくぅ。申しわけなさそうに途中経過を報告はしてくれましたがそんなことで許さないよぉあたしゃあ(浅香光代風に言うと気分)。あ、そういや来賓で志田さん来てましたよ、Oldファンの方々。で、イソイソと帰宅した途端にガキが3点目をGet。キャバクラパワー恐るべし。まあ別に誰が点獲ろうがこの際勝ちゃあいいんですが、テレ朝の平山スターシステムは揺るぎ無くニュースステーション一発目のゲストは無得点の平山。素朴な18才にヤラレてしまったお姉さま方もいるかもしれません。それにしてもこうやって“:結果”が出るだびに山本さんが遠い遠いところへ行ってしまうような、二度と磐田に戻ってこないような・・・そんな気がしてなりません
3/17 会社を辞めて退職金やら積立金やらで今まで手にしたことの無い(私にとっては)大金を前に、“しばらく収入が無い”ことも、これは本来“老後の資金”であることも忘れすっかり舞い上がっている私ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか
レバノン戦の国歌斉唱はまたもや角田信朗氏が登場。最近の“歌手”連中よりもずっとまともでしたが、先日の相○七○をはじめ最近は聞くに堪えないことが多いのも事実。NFLのハーフタイムショーでのジャネット・ジャクソンみたいにポロリでもやってくれれば(彼女のは正直見たくなかったが)それはそれで非常識だとはいえ実はうれしいのですがそうはいきません。というわけで国歌斉唱について久々にのコラムとしてUP。相変わらず稚拙ですびばせん。あ、ちなみにこんなページ発見。
3/16 やったじぇい
U23では前田がよもやの2試合先発でレバノン戦ではフル出場のアシスト1。.なんかN-BOXのN的に攻守に走り回っていました。“あの頃”を知る磐田サポには信じがたい光景ですが新境地開拓ですかなこりゃ。各所では批判的意見もかなり見られますが、そりゃ素晴らしかったとは言いませんが少なくとも松井や山瀬よりゃ良かっただろと。アシストのクロスだって“ドフリーだったから"なんて言わずに今までの徳永のクロスとかを思い出していただければ。クラブでも代表でもやったことの無いような役割をほとんどぶっつけでやったわけで、ご理解の程を。たまに出たんだからさあ、たまに
3/16 なんちゅうか本中華(死語)
レバノン戦では誰がなんと言おうと前田の見事なクロスで八割方決まっていたとはいえガキが決勝点を決めたわけですが、先日のW杯予選オマーン戦では窪地がオマーンDFの絶大なるアシストを受けたとはいえ決勝点をたたき出したわけで。つまり「キャバクラ組」が決めてるんですなこれが。こうなったらみんなでパーっといきますか、パーッと。
3/15 1985年物
予想通り森本スターシステムが発動され「将来の代表は平山・森本の2トップで10年安泰だ」などと清水圭ものたまっています。その度に引き合いに出される山西もある意味システムに便乗して一般にも急速に名を広めつつありますが、その影で最近あまり表には登場しなくなったのがウチのカレンくん。しかしそれはかえって好都合であって「サッカーに専念せざるを得ないできる環境」を生かしてじっくりと丹精込めて育てることが出来ます。源五郎丸(阪神)みたいにならないように日々是丹精ということでお願いします。
3/14 尻に火をつけろ
成岡・菊地がやっと練習合流。コンディション回復にはまだ時間がかかりそうですがまずは一安心。五輪代表の方はといえば、UAE戦後の山本さんの涙を見てかつての1994W杯予選韓国戦後のカズの涙とオーバーラップ。いやな予感はしていましたがその通りとなってしまいかなりヤバイ状態ですがこの際そんなことはもう気にせず磐田に専念していただきたい。負けたら負けたで「俺がいなかったから負けたのさぁ」っていい方に勘違いしちゃってください
3/13 でかい厨房
まるでA3かと思わせる近年稀に見る不出来でしたがまず初戦“勝った”からいっかな。改めてトシヤという存在の大きさを感じました。噂の中学生森本にチンチンにやられてしまった山西が立ち直れるか心配ですが、山西だからそんなに深くも考えないだろうと楽観・。菊地が戻るまでは気を落とさず頑張って下さい。しかしその森本にマジびっくり。あのガタイで中学生ですか。しかもスピードも強さもあって足元もイケそうでさらにオドロキぃ。ボマちゃんが怪我とはいえ、オジーが起用したくらいだしなあ。こりゃ平山に続いて森本スターシステム発動か。“日本人”としては楽しみな素材が出てきましたな。
3/13 磐田
J2札幌vs甲府をTV観戦。赤いジャージの柳下氏にドキッ。噂通りの清野の先発にもドキッ。それなりに機能してしかも先制点なんか叩き出しちゃったからさらにドキドキ。取られた甲府のGKが松下だったりしてある意味ドッキリ。交代で下がる清野に「清野コール」が沸きあがってさらにドキドキドキッ。よくよく見れば甲府に松下・藤田・倉貫がいて札幌に柳下氏・清野がいたりして。さらに磐田東高出身で傭兵を磐田に追いやった藤ヶ谷がいたりして。で、その藤ヶ谷が退場して代わりに出てきたGK阿部へらちょんぺ+曽ヶ端みたいだったりで、いろんな意味で濃密でした。しかし結局ロスタイムに追いつかれてドローなんて今年も柳下氏は初戦を飾れませんでした
3/12 溺れるものは
天功ってあんた・・・・。胸に「PRICESS PRINPRIN」「PRINCESS TENKO」って入るんですね。袖には叶姉妹なんてどう(うっとり♪♪)。
3/12 不死鳥
大神現役復帰。“チーム事情”って大神が復帰せざるを得ないほどの事情っていったい
3/11 どこまでもお気楽極楽
いよいよJリーグ開幕。各メディアでは五輪・代表などの影響で選手層が気になるとの評価をいただいていますが、当の桑さんは「いる人でやるしかないっしょ、~ エヘラエヘラ ~」と相変わらずのお気楽モードです。「選ばれないといいんだけど ~ エヘラエヘラ ~」などと言っていいのかどうか微妙な本音も漏らしていますが、選ばれたのに戻ってきちゃってしかも磐田でも出場出来そうも無い体調不良が約2名。というわけで「薄い」と言われる皆々様には特に奮起を。
追伸  札幌に移籍した清○がスタメンみたいですぅ。

3/10 桑さん不敗神話
日刊SPO戦力分析。「独自の視点」ということはつまり普通では無い視点ということで理解。別に日刊にどう言われようが構わんが戦力チャートに補強を入れるのはどうかね。つまり磐田に私管理人が入団すれば補強は0(マイナス言うな)だが私の所属する草チームにトシヤが入団すれば補強としては100だと。ただし他メンバーはクソなわけで。1の戦力のチームが2補強しても3なわけでな。それから桑さん、監督采配が3にされてますよ。アジア最優秀監督になんという失礼。ハラヒローミやJ1経験の無い反町(個人的には好きだが)が5だというのに。運というものがあるのだよ運というものが
3/8 懲りないっつーか死ななきゃ直らないっつーか
またやってるよオイ。この前キャバクラ問題もあったのにねぇ。
3/7 監督 主演 助演 1人3役
日テレ解説の武田は井原の「かな」に「ですねぇ」で対抗。どっちゃにしろ聞きにくくてかなわん。その仕事してくんならもっと「しゃべくり」勉強しなさいよ。ま、それはそうとしてルール講習会で何を聞いていたのかね。つーかなんで高得点を叩き出したのかやはり理解に苦しんでしまうのさ。まあよく同点弾を決めましたがPK外すオチまでつけんでよろしい。軽視されがちなXEROXですがこれで3000万円Getなわけだし喜びましょう、ウン。ま、それよりサッカーを愛する、日本を愛する一人としてイタリアでも話題になるほどのフトドキモノに負けなくてよかったわ
3/6 恋は盲目
勝手にやれば。
3/4

主演 片平なぎさ 
「湯煙旅情殺人事件 別府-鬼怒川愛の逃避行 血に染まった露天風呂で若女将は見た!!」   みたいな勢いで「サッカー五輪アジア地区最終予選 日本 X レバノン 初戦まさかのドロー! 今日こそ平山の得点で初勝利だ!!  てなタイトルつけちゃったテレ朝。さすが2時間ドラマの老舗です。
まあこの際そんなことはどうでもいいとしてとりあえず前田が「出た」ということで。「出た」だけですが。あとは成岡ですがあの森崎を見るにつけ“ちょっとくらい出してくれてもいいじゃん”みたいな.
3/2 .○ソ鼻○ソ 豚に真珠 馬の耳に目薬
例の川淵発「代表主将経験者入閣」案はコインブラ卿が「うぜぇ、いらねぇ」ということで廃案。まあ柱谷の指導者としての実績を問われれば、北方面としては半径200km立ち入り禁止なくらいの“前科”持ちなわけで。井原に始終「〜かなぁ、〜かなぁ」なんて言われても選手も困るだろうし。まあ基本的には「巨泉のこんなものいらない」(古)よろしく「お前がいらねぇ」ってな感じの人も相当多いでしょう、ねえ皆さん。と他人にふってみたり。
3/1

五輪予選雑感
.結果はともかく「今日の感想は」とか「どうでしたか」とか相変わらずのクソインタビューに悶絶。BS見てましたが誰か井原が何回「〜かな」って言ったか数えた人いませんか?  そういやテレ朝どうだったんだろう、って聞くまでも無いような。「勝つ」意識は本代表よりは多少見えましたが勝ち点1獲ったというか2失くしたっていうか。まあ「服部が11人」みたいなパス精度ではしゃあないな。菊地は交代にブーたれてましたが一応出場。とんと姿を見ていなかった前田と成岡は試合終了後一瞬だけテレビに映ってようやく生息確認。山本さんはどうにも使う気はないようですが私なら山瀬じゃなくて前田だったなあ。
2/29
彼↓

ファイナル・アンサー ?
.ルール講習会なんてものが開かれましたが、(審判に問題も多いとはいえ)普段審判にあーだこーだ言うだけあってQ&Aでは軒並み好成績。これをタテにさらにあーだこーだ言ったりはしないように。つーか言わせないで審判。で、そのQ&Aで特に好成績だったのが中山・名波・福・・・・福西。というわけで確信犯のようです。いや、、それだけルールを熟知しているからこそあーいうプレーが出来るのだろうと良い方向に解釈。その割りにチンケなイエローもらうとかは禁句。あ、あと気になるのは西とホドリィゴの成績はどうだったんだろうかということなんですがね・・・・
2/28 Magic 再び
BEC戦でトップ下起用された福西ですが桑さんのFW起用構想が明らかに。まあ99CSでもやってますし元々磐田No1のヘディング・当たりの強さ、シュート力があるわけで私も「いざとなったら」と常々思っていたわけで。天皇杯でのおイタでXEROX出場停止と思われたホドリィゴはブラジルサッカー連盟よろしくどういうわけか出場OKの模様ではありますが、まだ内転筋痛があるようで微妙なところ。中山もフル出場は難しく、さらにBEC戦の西野を見るにつけマジで無いことも無いなと。もしかしてカレン先発もアリかな。なにせ天皇杯がアレだったから。
2/27 驚愕のサカダイ
名鑑の季節、サカダイに驚愕すべきコメント。
「田中・鈴木との3バックは日を追うごとに安定感がアップ。スピード&ハードタックルを生かしたボール奪取力はJでもトップレベルの域にある。攻撃力を伸ばせば代表入りも夢ではない。」
山西なんですねこれが。夢って悪夢じゃないですよね。万が一そんなことになった時にマコとヒデトが精神に異常をきたさないかとても心配です。あ、それからウチには「ウイング・バック」なんてポジションはありませんよサカダイさん。3バックだったら両サイドMFはなんでも「ウイング・バック」なんですかね。
2/26 勝ったけど 2
で、昨日に続いての不満。とりあえず一応の「結果」を出したことに素直に喜び。代表・怪我などで全体としての練習が不足していることもあるし昨年を考えればね。一年間ずっと100%ってのはも無理な話だしその辺りの調整はもう我々がどうこういうレベルではなく選手・クラブ自身がよく分かってるでしょう。そうは言っても他クラブと違って既に「真剣勝負」が始まってますからそう悠長なことも言ってはいられないのも事実なんですがね。うーん難しい。

試合内容というかコンビネーションやら戦術やら何やらは我々以上に選手は理解していると思いますのでこの際おいといて得点シーン。点取っても今イチ みんな喜ばないんだねこれが。ホドリィゴだけって感じでだれも寄ってかないし。名波とマコだけが後からちょろっと。選手の意識としては「昨日のBEC」相手にあの内容でようやくの得点。自分達自身に不満もあったろうし正直私も不満。「今はまだほんの始まり。喜んでる場合じゃない」っていう自分達自身に対する厳しさかもしれないし実績を積み上げてきた磐田なればこそかもしれない。でもねえ、やっぱり得点したらこう、もっと喜びましょうや。で、自分達自身で盛り上げていく、ノッていく。そんな感じも出して欲しいなと。うかれるってんじゃなくてね。そして点を獲る、勝つってことはどんな相手に対しても嬉しく楽しく厳しく大変な、大切なんだってことをもっともっとアピールして欲しいなと。その辺はラテン系の人たちって凄いんだよねやっぱ。私の知り合いのブラジル人もどんな些細なことでも熱いしマジ。たまに大人気ないぞとも思うけどやっぱ凄い。血かなぁ。あ、また真面目な事書いちゃたなオレ。
2/25 勝ったけど
BEC戦勝ちました。とりあえず無失点勝利ということでまあ良きかな。不満は色々とありますがとりあえず観客6,151人ということで「普段は行くけどJリーグじゃないからねぇ」ってなテイストでスタジアムに行かなかった人要反省。今年のクラブスローガン「羅針」とは何か考えましょうや。まあアジア軽視の風潮はかつての日本リーグ時代からのもので特に読売とか日産がトップチーム出さずに早々敗退なんてこと繰り返してくれたしねぇ、協会もまんまそんな感じだったし今でもそう。でもアジクラで三年連続決勝進出、優勝一回、準優勝二回。他のクラブが経験していない「アジアで勝つ」ことの意義・難しさ・嬉しさ・そして負けることの悔しさを知ってるはずの磐田のサポーターがこれじゃいかんです。などとたまに真面目なことを書いたらなんだか頭痛が。というわけで試合に対する不満はまた明日。難癖つけるのが染み付いてるからいかんなあ我ながら。

2/24 洗脳
常々自らの強運を「どおだぁ? どうなんだぁ! おらあぁぁぁぁ!」ぐらいの勢いでこれでもかとアピールしている桑さんですが、その運に疑念を抱く我々の前にすでにマスコミは洗脳。継続は力なりということでしょうか。まあ運でも何でもいいんですがBEC戦は必勝ということで。なにせ中東と同じく「勝つためにはなんでもする」タイが相手ですのでAwayでは「そんなご無体な」仕打ちを受ける可能性があります。そんな気も起こらないほど完膚なきまでに叩きのめす方向で。
2/23

血と汗と涙の結晶
というわけで2004選手名鑑ぼぼ完成のためUPいたしました。公式のほうもやっと全選手の写真がUPされましたがそれと見比べて似てないとかいわないように。あくまで感覚を大事にしましょうよ。今年も明らかに手抜きとおぼしきモノも含まれますが、これでもいっしょけんめー頑張ったのです。各方面からもっといい男に描けなどのご要望がありましたが、根本的にいい男ってのは描きにくいもので。つ-かそういう技量がありませんので無理です、あしからず。
2/20 小ネタ
先日のつば吐き男選抜戦で気分をすっかり害された方も多いと思われますがそんな貴兄のお口直しにためになる(ならねぇよ)ベタ情報。地元民の方などはご存知の方もいらっしゃるでしょうがは磐田某所にある美容院です。スタジアム横にあるかの有名な冗談としか思えない「田中誠事務所」には到底かないませんがこれも何かのご縁なのでしょうか。カレンはやはりウチに入団する運命だったんだなぁなどと無理やり思い込んでみたり。カレンパパにもぜひ一度ご来店願いたいものです。ま、探せばこんなものいくらでもあるんで
2/18 つば吐き男選抜 1-0 オマーンユース
ジュビロの方がつば吐き男選抜よりも強い、間ぁ違いない。と、確信を深める今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか。つーかやる気あるんかほんとに。1994アメリカW杯予選初戦のタイ戦 1-0や1998フランスW杯初戦オマーン戦 1-0とは条件も意味も全く違う。ま、くどくど書くとかつて子供のころあれほど埋めるのに苦労した原稿用紙に簡単に10枚くらい書いてしまいそうなのでやめときます。あの内容でロスタイム超ラッキーゴールで勝つわけですからその運にかけるしかないようです。まてよ、運なら桑・・・以下自粛・・・しなくてもいいか奴よりは
2/17 私事
以前にも話しましたが、2/15付をもって高卒以来長年働いてきた会社を遂に退職いたしました。というわけでOVER30にしてプータローです。どうしよこれから。目標は持ちつつもしかし何の後ろ盾も持たないことに不安を覚えますが、もう動き始めたことで後戻りは出来ません。一応それなりに知名度のある会社ではあったので、他人は皆一様に「もったいない」「なんで」「この不景気に」「その年で次どうすんの」と私の不安を掻き立ててくれます。 そんなことわかってるさ俺だってミミズだってアメンボだって。確かに駅暮らし・公園暮らしになる可能性だってありますが、私にとって人生初めてのチャレンジ(ここが情けない)、考え方を変えればチャンスなのさ。同じくOVER30にしてもいろんな意味で輝くトシヤや中山などみるにつけ自分とのあまりの違いにやるせなくなったりもしますが、逆に大きな希望も与えてくれます。さあがんばるぞぉ                    ・・・ それなりには
2/17 予定外
U-23代表に菊地・前田・成岡が選出。成岡は落ちるかなあと思っていましたが中盤ならどこでもOK、普段から山本氏が「いない」と悩んでいる左MFをウチでやっているのが功を奏したのでしょうか。よく見れば十代の選手はウチの2人と平山のみ。そう考えるとおいしいところをいただいたわけだなあと磐田スカウトに一杯おごってあげたい気分になります。しかし代表に選ばれたはいいですがウチはACLがあるわけでうれしいような悲しいようなありがた迷惑みたいな。ちなみに例のクソガキは精神年齢制限か選外となっております
2/16 教育上よろしくない
し、四十八手ですか! ど、どんな四十八手なのか見てみたい。
え? 四十八手といえば相撲ですよね相撲。
2/15 踊る平山御殿
すっかり平山に踊らされるマスコミ群(つーか勝手に踊ってるんだが)ですがJスカウト群も例外ではないようでこんなことになっています。どうやらこの中には磐田スカウトはいなかったようですが、こういったプラスアルファ要素的にはウチはちょっと弱いかなぁ。「キャラバンカーに乗れる」、「キンチョールまき放題」、「ミロ飲み放題」、「元SBSアナと結婚できる」、うーん弱いなあ。でも100人分の焼肉が出来る鉄板よりゃいいか。それともサッシ100件分かなぁ、桃子。鉄鋼会社が母体のクラブさんは。あ、これどうだろ「中山夫人生田智子経由で女優と合コンできる」とか。ま、ウチはやっぱり「サッカーに専念できる環境」で攻めたほうがいいかなあ、桃子
2/12 トシヤ君に愛の手を
本日の脳障害テレ朝は平山の代役に俊輔を選定。どうしようもないねこりゃ。誰か止めるやつはおらんのか局内に。その俊輔と交代でピッチを去ったのは今日も今日とて人身御供として走り回った唯一のOVER30トシヤ君。誰か彼を助けてあげてください。しかしなんだね、シーズンオフのエキシビションマッチみたいでとてもW杯予選直前最後の試合とは思えぬユルさ、ヌルさ、ダルさ。試合もスタジアムも。マジで予選やばいよこんなんじゃ。ただでさえ予選を経験してないメンバーばかりなんだから。ま、だからあんなにヌルイんだろうけどね。あ、それから坪井の代わりにヒデト君はいかがですか、坪井の代わりに
2/11 山本さん・石井さんありがとう
姑息な手段も通じなかったね現代くん。現在のチーム状況だと正直引き分けで万々歳かなと思っていましたが、桑原お気楽極楽POWERのおかげかAwayの厳しい条件で勝ちましたよ。西野が決めたことにも大きな意味があります。良く決めたよ西野。内容はわかりませんが決めたことに意味があります。しかし磐田の選手は我々が考えている以上にたくましいようで。こんなたくましいチームが「経験」が重要視される代表に今ひとつ縁が無いのが不思議というかアホくさいというか。だからといってごっそり抜かれても困るんですが。あ、あと済州島組の方々お疲れ様でした。頭が下がりますです、ほんとに。
2/10 増長
ル様獲得に成功した落天クリムゾンですがとりあえず一応補強は終了とのこと。しかし一番懸念されていたはずのボランチは層の薄いままで数人リストアップしている模様。そのうちまたもやウチに飛び火しそうな気もしますが、一部サポは突然のBig Moneyに舞い上がってしまったのか「稲本獲れ」などと言っているとのこと。ああ、お金があるってうらやましい。さいたまとかFMとか佐吉とか。サッカーが盛んになればなるほどこういう金のあるチームが中心になっていくんだろうなあきっと。悔しいけど。うんにゃ、金は無くとも子は育つということで目指せアヤックス。
2/10
Click !  Click !
いよいよACLです。臨戦体制は整いましたか?  全北現代はどうにも姑息な手段を使っているようですがまあAwayなら当たり前なわけでウチもいつもいつもご丁寧に接待しなくて良いのですよぉ。"いい人”もほどほどに。一部はなはだ勘違いしているようですが。それはそうとAFCのHPでは「最も良い東アジアのクラブ」の投票が行われています。日本からは昨年J優勝の横浜と当然のように我が磐田がノミネート。鹿はいません。ノミネート基準が定かではありませんがアジアでの戦績を考えると当然だな、ウン。ちなみに憎き水原もいません。現在は大連・上海・全南が大きくリード。この辺はいろんな意味でネット後進国である日本勢は苦戦です。皆様組織票よろしく。
2/10
サッカーフリークでもおるんか
柑橘系サッカー選手福西が足首の手術・捻挫もなにするものぞと高原に続いてMEN'S CLUB表紙に登場。いやマジでかっこええて。知らないお姉さんが見たら「キャー、ナニぃナニぃチョーかっこいいじゃん。マジやばいよこれ。誰?誰?ていうかどこのモデルぅ?」みたいな。つってもMEN'S CLUBなんか見ねぇか。この際サッカー選手ってこと記載せずにファッショ誌にモデルとして出てみたらどうやろホンマ。でもこの顔であのプレーですから人は外見で判断してはいけないということですよねぇン
2/9 磐田偏愛人として   代表戦によせる   ・・・  
トシヤがずいぶん無駄な動きをしてましたねぇ。つっても周囲がトシヤの動きについていけないだけなんですがね。トシヤは合わせようとしてた部分もたぶんに見られましたが。そりゃ代表メンバー見渡せばポコーンと蹴ってそら走れみたいなクラブの方々が大多数を占めておられますからやむを得ません。挙句に突然マレーシアDFに寝返った輩もいちゃったり。
U23じゃ平山平山って試合中ずっと叫びっぱなしーのテロップ垂れ流しっぱなしーの。ジュビロの選手がACLのため一時離脱することもわかっていないドあほテレ朝にはうんざり娘もびっくりするくらいもううんざりよ。ま、平山は確かに大変いい「素材」だと思いますが、「国見・超高校級・長身・足元もOK」というと船越優蔵が思い出される今日この頃ですので祭りもほどほどに。
2/8 期待しすぎないようにしとこう、うん。
ACLはやはり中山・ホドリィゴ欠場。ということでやはりカレンがメンバー入り確実な模様。「もっとジュビロ色に染まりたい」などと「貴方色に・・・、貴方色に染めてほしいのぉ♪」みたいなサポーター心をくすぐる発言をしいてます。この辺は日本人との共通点も多いと言われるアイリッシュの血でしょうか。なんならジュビロを、私たちをカレン色に染めるくらい活躍してくれても一向に構わないのですが。
2/4 怠け者
だれも期待している人はいないでしょうが今年も選手名鑑など作成中。昨年の名鑑作成以来、絵など描いていなかったのでまるで上達していません。それでも描くのは完全自己マンなのです。といいながらまた一枚手抜きヘタレ似顔絵完成。つってもまだ下書きなんですが。
2/3 それ行け カタール国際
ACLを控えて中山は合流したとはいえまだ調整不足。ノブオ復帰にはまだ数ヶ月かかりそうだしホドリィゴは左足内転筋をまたもや痛めてしまいました。さらに前田・菊地・成岡は一時帰還するとはいえU23代表にさらわれ、その前田は扁桃腺炎(復活はしたようだが)。トシヤ・福西も代表に駆り出され、挙句に福西は右足首捻挫といきなりいつぞやのアジクラを思い出すような惨状に。そんな中元気な西野がU23を蹴ってまでクラブに戻ってきたということは何やら予感めいたものが。ま、待てよそういえば清・・・以下自粛
2/1
ミスターストイック
なにかとお騒がせのクリムゾンキング神戸ですがイル様の入団はほぼ決定的とのこと。なんのウチにはナナ様・・・もいればカレンくぅ〜ん♪もいるんだぞぉ。ま、それはそうとしてずいぶんストイックっつーか厳しいですなぁパチンコも禁止ですか。じゃあ絶対神戸に入団出来ない選手がウチにはいますなぁ、某絶対的主力選手とか。でもそんなこと禁止するよりもウチだけでなく某北方クラブも激怒していたように、非常識な交渉とか禁止してくれないかな
1/31 平山フィーバー エコパへ
U23代表に前田・菊地・成岡が選出。西野は外れてしまいました。西野が外れたのはウチとしては正直助かったのですがね。ただし選出の3人もACLのためにロシア代表戦には出場せず一時帰還の模様。怖いのは今後も含めてどっちつかずになってどちらにも満足に出場できなかったり、移動の繰り返しなどでコンディション崩したりとか。強いチームにいる、力のある選手がクリアしていかなければいけないことだとはいえ、本人の意識はもとよりクラブ・代表ともスタッフには十分なケアをお願いしたいなと。
1/30
出世
春の選抜高校野球出場校決定。東海代表に静岡常葉菊川が選出。で、主な卒業生欄になんと河村・・・河村崇大ぉぉぉぉ? え〜・・・・・、主な卒業生になるんですか、そうなんですか? 私の感覚ではあくまで地元ユース出身、磐田ローカルなカワムなんですが。例えJリーグ完全制覇した、天皇杯優勝したクラブの主力選手であっても磐田ローカルな小心者のカントリーボーイカワムなんですが。客観的に見ると違うんですかね。ナウでヤングなJリーガーなんですか?
1/27
なぜトシヤなのか
寒さ厳しい折、皆様いかがお過ごしでしょうか。当方は昨日ビデオデッキとDVDレコーダーが数分のうちに2台とも昇天。まるでヒデトとマコが代表スタメンみたいにありえない話ですがこれが現実です。ショボーン・・・。ああ、DVDレコーダーに録画してあった天皇杯決勝がぁぁぁぁぁ。こりゃきっと←なことしたせいだ。しかし代表っつーかFC東京の練習着テイストたっぷりで購買意欲が激減なんですが
1/20
で、ヨッサンとかどーなったの
衝撃のカレン父の話題はともかく新体制・新入団選手が一応公式発表。ほんとにガヴィオン来てたんですね。あまりにも話題にならなかったので。記者会見緊張しまくってましたが大丈夫なんでしょうか。藤枝東出身ながら静岡のサッカーフリークにも今3つほど認知度の低い堀井美晴ヘッドはすでにヘッド疑惑を抱かれている模様です。クワさんは能力に疑・・以下削除。しかもどうにも堀井ヘッドの顔が香港映画に出てくるメチャ弱い用心棒とか道場師範代みたいなんですがね。岡ちゃん&政一氏と組んだら完全に中国代表首脳陣だねこりゃ。
1/19 そのうち合併したりしてな
新入団・新体制発表の影に隠れていますが、グンチョルが結局湘南へ完全移籍。さらに福岡に丁稚奉公に出していた望月たっちゃんもコーチ就任です。も、もしかしてヨッサンがなんて・・・ないすよね。
1/18
来た来た来た 日刊アルバイトニュース
カレン入寮、正式契約背番号22に。しかも新人では異例の3年契約。確か「いずれプレミアで」なんて言ってたはずですが「ずっとこのチームにいられるよう」などと嘘でもうれしいことを言ってくれています。それともクラブからの指示でしょうか。お母さんは「ここはサッカーに打ち込める場所と聞き安心している」そうですし、カレン本人も「静かな街ですね」と。ええ、見てのとおり遊ぶところはありません。自然に囲まれてなによりです。しかしなんですな、カレンのお父さんはずいぶん突っ込みがいのありそうな風貌で。キャラ立ちしていただけるとHP管理者としては大変ありがたいです。もしかしてあのカレンもあと30年くらい経つとこんなに・・・
1/15 リムゾン・キングの宮殿
神戸さんはトシヤ・リヴァウド・バッジョに飽き足らずナカータまで欲しいなどと。岡ちゃん病というか長嶋病というかまあ景気のいい話で(実はちょっとうらやましい)。基本的には全員ポジションかぶり気味なんですが。名古屋もまたすごい補強ぶりでこれまたうらやましい。なんとなく内紛がおきそうな気もしないでもないような状態ですがまあいいでしょう。横浜はAH〜Nジョンファンだそうでまた景気のいい。まあウチのあり方としては本来プロビンチアなわけですが、プロビンチアが強くちゃいけないってことは無いわけですから自前でがんばりますよ。
1/13 神戸がトシヤにオファーだそうで。ウチは「非常識」と即座に断ったようですが、代表入りすら伝えていなかった磐田フロントも非常識だったり。あ、もしかして磐田復帰したから代表に入ってないと思ってたのかな? ねぇジーコさん。他チームより遥かに素晴らしいフロントだと思ってはいますが、それだけにポロポロと出てくるちょっした気配りの無さなどもかえって気にかかります。神戸はというと、他にもリヴァウドやらバッジョなんちゃらぶっこいてるようでどこまで本気なのか定かでありません。こうなったらビクトリア・ベッカムとかもいかが。
1/10

今日はアーガイルチェック
2004スローガンは「羅針」に決定。思わず「裸身」にかけてしまいそうでした。ずいぶん脱いだしねぇウチも。ま、それは公式発表まで置いといて、桑原新監督がレギュラー出演のローカル国営放送で述べた決意の言葉がこれ、「奪取」。失ったJリーグとアジア王座を必ずや奪い返すとのこと。コロンと横に転がってしまっている「奪取」の文字が不安です。ちなみに過密日程の中、菊池・成岡・大井はもとよりカレンにもかなり期待しているようです。
1/8 山下やら松井やらといろんな噂が飛び交っております。ただし清水某氏言うところの「磐田での厳しい争いに勝ち残れば成長できるし、代表入りも見えてくる」という意見はいかがなものかと。だってほらマコとかヒデトとかトシヤとか。ま、何にしろアジCLも2月から始まることだし、W杯予選、五輪予選なんかもありーので補強は必須でしょうねぇ。カレン君や松下君には可哀そうでしたが、早期合流を望みます。そういやガビオンやダンルレイは?
で、そんな折さびしい話題もひとつ。ヤマハ〜JUBILOでいろんな意味で活躍し、一部サポーターには玩具としても親しまれた元気者古賀琢磨が引退、セレッソコーチに就任となります。新人時代から“いずれ代表に”と期待した選手でしたが、器用なんだか不器用なんだかよくわからない器用貧乏だった気がします。最近のサポで磐田時代の古賀を知らない方には、キャラ的にノブオがサイドバックやっていると思っていただければ。まあノブオ様ほどのカリスマ性はありませんでしたが。しかし時の流れとはいえ、また1人ヤマハを知る者が表舞台を去ることになりオジサンは哀しいなぁ。。
1/1
2003終わり良ければ 2004幸先良し
ほんとに勝っちゃいました。優勝した瞬間の選手・スタッフのいつにない喜び様に苦しかった2003年度が偲ばれます。脇の下からボールがこぼれた瞬間には97CSを思いだしてしまいましたが、傭兵さん素敵でした。ホドリィィゴもよく粘って決めました。アレは別として。中山というドーピング剤の効果も恐ろしいほど効きました。3バックもよく踏ん張ってくれました。あなた達あっての磐田です。西は一皮向けそうな雰囲気。服部さんは・・・いいとして忘れちゃいけないノブオの活躍もありました。その他選手・スタッフの皆様おめでとうございます、ありがとうございます。しかし名波の最近の言動といい一人試合後ゴール裏に駆け寄った姿といい、選挙でも出るつもりですか?