過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
6/28

不吉な予感的中
お気楽親父がシーズン前に出演したNHK静岡で個人スローガンとして掲げた「奪取」。自ら筆入れしたボールがころんと転がり奪取横転状態に。当HPではついついネタとしてツッコンでしまったのですが、どうやらホントに不吉な前兆だったようです。あーこわ。
で、1st奪取に失敗したお気楽親父曰く「あーいうサッカーはやらないし、あーいうサッカーには負けたくない」と。いつぞやの政一氏と同じですな。まあやりたくてもウチには窪地もボンバヘッもいませんから(あ、AとOとMはくれても要りません)無理なんですが。今度こそただのお気楽親父なのか真価が問われるときです。
そんな中ホドリィゴ移籍の話もチラホラ再燃。あとほんの2.・3年待ってくれませんかね
6/26
                   ・・・と、お門違いとわかっちゃいるが八つ当たりする jubilo maniacs
酒飲んでるぞ!  悪いかボケぇ!
一縷の望みにスタジアムで小テレビなんぞ片手にFM横浜-鹿戦をチェックしていましたが、FMは昨年の磐田のようなことはしませんでした。ちっ、わびさびといものを知らん奴らだ。日本の心というものを大事にしなさい。
で、悔しいのはもちろんですが冷静に考えれば直接対決で負けてるし、さらに11位の清水に負け12位の落天にホームで分け(=負け)。ステージ後半6試合連続で先制点を許していては優勝なぞ望むべくもありません。
かつてのように圧倒的に攻め倒すことも出来なければ、テキトーにごまかして勝点3を奪う余裕もありません。悲しいかなそれが現在の磐田の現状でク○奥にこんなことを言われても反論する余地はありません。まあはっきり言えば力負けといっても過言ではないし。ここからの反発に若手の奮起が必要なのは言うまでもありませんが、オヤジどものセルフドーピングにも期待です。それと幹部の方々の一部意識改革も必要かと。あと俺たちも。
しかしなんですな、いんたびうで「西とマコの代表選出がイタイ」とか言ってるお気楽親父には困ったものですが、その西はまた宇宙人ぶり全開いんたびうで2ndも楽しみです。西がいない試合は西の穴を感じるようになったしなあ最近
6/22 ジェラ呼ぼう
クラブアドバイザーとして足繁く来日するドゥンガ様。今回もイベントをこなします。今回は磐田に来るんでしょうか今回は。まあこういった草の根運動というか営業活動はそれはそれでいいのですが、昨今の状況を見るにつけ悲しいかなもっとやってもらわねばならないことがあるような・・・。
で、鹿戦惨敗翌日のサテではこの面子にしてこの有様。このままでは“受け継ぐ”どころか一から、いやゼロから、いやマイナスからやり直しになりかねないという状況。“金”で何とか出来る某赤や某青ならいざ知らず、基本的にウチはプロヴィンツィアなんですから。いくら“大国”じやない日本だからって気を抜きゃすぐに奈落の底でっせ。
6/19
お約束
前回の更新より
>出場5分でノブオさんに何をしろと。
えー、出場90分でも何も出来ませんでした。
結局入場料を徴収しなかった(その代わりピンバッジプレゼントも中止というところがせこいのだが)パブリックビューイングの甲斐もなく、ある意味首吊りよりも無残な敗戦。3ステージ連続で・・・な展開。この辺はヒデトいうところの“成長”というより成長→成熟を経たうえでのことのような気もしますが、なんか最近のヒデトのコメントは涙ぐましいものが。私的に解釈すると、よーするに「若いのがチンタラやってっとこーなるんじゃボケェ」つーところもたぶんに感じられ。
というわけでお約束の他力本願モードに突入。なんの迷いも臆面もなく鹿を応援。つーか勝てコラ。
6/16 一応HP開設3周年ですぅ
HP開設3周年の日(6/16)にサーバー移転によるアクセス不可というプロバイダの嫌がらせにも耐えつつ、なんとかかんとかここ数年の遺産で戦っている磐田を応援するJubilo maniacsです。
さて神戸戦。波多陽区風に言いますと
「♪あたしJUBILO JUBILO   2点ビハインドをよく追いついた よく追いついた って言うじゃなぁい・・・・。 でも・・・、相手が落天ですから! 残念! お気楽ダンディ親父斬りぃ!」
というわけでリーグ限定ホーム不敗神話だけはとりあえず守られましたがおじさんはご立腹です。出場5分でノブオさんに何をしろと。で、次節はこの期に及んで鹿戦などといやな予感満載ですが、パブリックビューイング開催。金獲るんかいコラ。
6/14 ボタンひとつで復旧OK
市原に勝ってすっかり舞い上がっている私ですが、16日はもう次節落天クリムゾン戦です。絶妙なタイミングで復帰したイル様と初ゴール献上属性を持つ磐田となるととっても危険な匂いが・・・。
で、市原戦で豪快なゴールを上げたとはいえ西はまだ先発は厳しいであろう状況。攻守とも村井にケチョンケチョンにやられまくり残り数分は完全にHDDクラッシュに見舞われたノブオさんですが先発は濃厚かと思われます。落天戦ではかつてVゴールを決めたこともあり相性良好とデータを集めることもなく勝手に都合よく判断。とりあえず対面に村井はいないから期待しましょう。あ、それから妙に好調だった“子供に大人気”な福西にはファンタジスタ服部さんがまた面倒かけるかもしれませんので何卒よろしくお願いしたいなと
6/12 必殺勝った、勝ったよ母さん!!
というわけで服部さんのファンタジックなプレーや「点獲れるとこで獲れなかったんでよくないなって」西に言われてしまう前田王子やマコもなんだとは思いますが、あのシュートの前には何も言えませんな。狙ったのは逆サイドだったみたいですが。「市原に勝ったんだから、これだけで優勝並の価値がある」と、思ってしまうことが我ながら悲しいわけですが、試合終了直後にベンチから選手が飛び出してきたあたり、選手もやっぱりふつーの気持ちでは無かったのだろうなと。いやでも市原ってのは“怖い”ねぇ。他のクラブには感じない“怖さ”だね
6/10 人口1億3千万 7-0 人口10億
「インド」で連想
1. インド→カレー→北野印度会社→京都→太秦映画村→綱渡りロボ・・
2. インド→マハラジャ→お立ち台→ワンレン・ボディコン・・・
3. インド→ガンジー→鑑真和尚→遭難→雪山→ウー・・・・
4. インド→象→壊れないはずが壊れた筆入れ→母に怒られたな・・・
5. インド→釈迦→くもの糸→道徳→働くおじさん・・・
6. インド→レインボーマン→山奥→天狗→大村昆→オロナミンC・・・
7. インド→ナン→壺→ハクション大魔王→じゅうたん→セレブ→叶姉妹・・・
8. インド→シタール→ストーンズ→ドラッグ→清水健太ピー
9. インド→アーユルベーダ→ダースベーダー→コーラ王冠→自販機漁り
10. インド→チャダ→ターバン→T.J. シン→猪木→春一番→FC東京
というわけで一部わけのわからない連想もあるとは思いますが、やっとの思いでサッカーに到達。しかしこれからはもう違います。
インド→国歌長ぇぞコラ・・・・もとい
インド→福西代表初ゴール→福西代表初ゴール→福西代表初ゴール→福西代表初ゴールぅぅぅぅぅぅ     
・・・そういえばマコは
ちなみにこちらはインド大統領のHP。決してウィッキーさんでも宇宙猿人ゴリでもありません
6/5 ウン十年という大変歴史ある家に住む私です。歴史が刻まれたというより傷が刻まれたというか傷みというかすっかりガタがキテルというか。というわけで建てなおす金もリフォームする金もなく出来る範囲で大工仕事に励む日々。更新さぼり気味ですが許してくださいマリア様(by泉アキ 激古)。

さてせっかくのノブオ90分フル出場というレアな試合もテレビ放送は無し。速報をクリクリしていた人々には西野のスタメンだけで驚きなのに2連続ゴールなどで3-0の快挙。しかし全くもって「ワクワクドキドキからドキドキハラハラ」というか「天国から地獄」というか「お約束」というか、またもや後半に悲劇が訪れたかと思いましたが怪しげなオフサイド(iニュースで見ただけなんですがどうでしたかな? )に救われようやくYN杯初勝利。まあ負けるよりゃいいだろとすっかり妥協しまくっています。

で、順位表よく見たら2位と勝ち点差1なのねこれが。まあこの際名古屋さんに走っていただいてなんとか2位に滑り込めればマンモスラッピーとまたもや獲らぬ狸の皮算用を始めている私です。ただし最近ほとんど計算どおりになったためしはありません。あ、そういえば、今回河村君はやる気出してましたか?
5/31 人口1億3千万 3-2 人口30万
清水健太郎がまたもや逮捕され、大井が「健太郎ォ〜」と突っ込まれていることが容易に想像できる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はソコソコ元気でイマイチ不機嫌です。なぜ不機嫌かはたぶん皆さんと同じです、プンプン。
さてコインブラ選抜アイスランド戦では窪地が日本人らしくない」ゴールをあげたりDF陣が「らしい」失点をしたり柳沢「らしく」外したり、ガチャピンからの逃亡を図った遠藤がバチがあたったのか低空ドロップキックを喰らったりと様々でした。こんなことを言っていた彼はやはり「らしく」、勘違いもはなはだしく。ただただ自分が楽をするばかりでした、マコはやはり「らしく」ベンチでしたね、南無。
5/30

ムック≒鈴木ヒロミツ  
ガチャピン決定戦が遠藤の敵前逃亡のため夢と終わり残念至極。浜松市民の私としてはヒデトと渡辺の同い年、希少な浜松出身J リーガー対決に思いをはせるとしましょう。
さてサッカーとは無関係な話。私、一応管理指導員という名ばかりの役のため地元中学にはよく出入りしていますが、某会合のため卒業依頼XX年ぶりに小学校舎に潜入。なんだか思い切り校舎内を駆け回りたい衝動に駆られ。かつて全力疾走した廊下、破壊した非常口、最上段から飛び降り飛距離を争った階段、非常ベルを鳴らしてしまい隠れた掃除用具ロッカー(見つかったけど)、雑巾とホウキで野球をしたよく学んだ教室。外観は結構変わってるけど中身の雰囲気は意外と当時のまま。ま、あのころと同じ事したら命は無さそうだけど
5/27 ほんとに玉砕  ぼ、ぼくのせいじゃないぞ
西が半月版損傷で全治4〜6週間。ACL・代表と過密日程で最近は明らかにパフォーマンス激落。ついに悲鳴を上げてしまったということでしょうか。場所が場所だけにあんな西でも非常に心配です。
で、定位置が空いたわけでフツーそこには成岡がはいるであろうと。政一氏とは違いカワムの右MF起用はなさそうだしノブオはあくまでジョーカーとして大事にとっておきそうだし(ただしノブオのの場合ジョーカーといより“ババ”になってしまう事も多々ありますが)。となると太田君!、成岡が先日のような体たらくだったりするともしかしてなんて。その他Iには前田とか森下とか、スピード活かしてもしかしてカレンとか。ガヴィオーンはまさかないだろな。
5/26 三国一の幸せもの
こんな性格に生まれたなら人生楽しいだろうな。他人がどう思ってるかとか気にしないんだもん、うらやましいわ。とりあえず一つだけ突っ込もうかな。「みんなの長所を引き出してやると、僕も楽になる」・・・って・・・、だからさぁ・・・
5/25

口は出すけど・・・・は、出さない 
佐々木J リーグ事務局長が磐田・横浜のACL敗退を受けて「精神的に弱い」と発言した問題。横浜は社長はじめ岡ちゃんも激怒。ウチは社長もお気楽親父も特に反応してないようですが(裏では?)、果たしてどっちがいいのか悪いのか。アチキは「言うこた言わんと」的人間(日本的社会には適応しにくいタイプですな)ですから言ってほしい部分もあるのですがどうでっしゃろ。相も変わらず口先ばかりで、アジアを軽視してなんの考慮も配慮もないJリーグ側に「言われる筋合いはねぇぞゴルァ!!!」てな気分なのですが。しかもウチはちょっちゅ前ですがアジクラで3年連続決勝進出(優勝1回)などという離れ業やってるんですけど知ってますかねお偉いさんたちは。 ただし今大会に限っては一部「戦う姿勢の欠如」や「甘さ」を露呈したのも事実ではあるのですがどうお考えですか、河村君。
5/24

エル・ホドリィゴ 
先のYN杯ではファンタジックな守備に翻弄されましたが、今回は逆転とはいえさほど危なげもなく勝利。ですが・・・・、ホドリィゴさん、ポイントに入る動きは素晴らしいのですが、もちっとその・・・頼みますよ、仕込みはそのへんでいいですから。
で、その新潟戦で復帰した山西とのポジション争いも注目される菊地ですが、すでにご覧になった方も多いとは思いますがNGSJ今月のHot Playerに登場。「使うお金を母親に決められてる」って・・・もしかして・・・いやこんなこと書くと菊地ファンに殺されるからやめとこ。まあ「若いので大金持たせると」という配慮なのか(まだそんな高給じゃないが)浪費癖があるのか。○野さんみたいにならないようにしていただければ。「サッカー以外に色々知ってる山西」と何を話しているか気になりますが、とりあえずサッカーのことは教えてもらわないほうが。
5/23 静岡県立美術館なんぞへこんなものを観に行ったら、そういや今日は日本平でエスパやってんじゃん」つーわけで物見遊山で約2年ぶりに「平」観戦。で、内容は正直何やりたいのか全くわからずてんでバラバラ。近くの席のオッちゃんも嘆いておりました。運良く先制したものの後半あっさりと逆転され完敗。磐田戦での気迫もプレスもかけらも見られずじまい。ただてさえ健太も大榎も堀池もいないしノボリもベンチにすらいない始末。とりあえずかろうじて真田がベンチにいただけで全く寂しい限りでした。逆に今更ながら「なぜこんなエスパに負けたのだろうと」哀しくなってきましたよあたしゃ。
で、ちなみに美術館の展覧会ですが・・・・。えー、霊感の強い方要注意。アチキは特別そういうわけではありませんが、某出展品に近寄ったとたん急に悪寒・倦怠感・軽い吐き気に襲われ。ありゃきっとなにかありまっせ。
5/20
ファンタジー エクスタシー  

Too little, too late と評されてしまいましたが、色々あって勝った模様。以下は公式速報の抜粋ですが、短いレポートの中でもあまりにも突っ込みどころ満載。ここだけで小一ページ出来てしまいそうですから皆様好きなように突っ込んでください

>ゴール前が芝が薄く、逆にサイドは長め、中央部分がデコボコ
>左に川口、右に森下 〜 GKは山本
>どんどん空が暗くなる〜暗くなってくるが照明もつかない
>川口がバックパスで山本へ。しかしこれがGK山本の頭を超え・・・
>大雨が降ってくる。ついに照明も点灯
>20分カレンの右足ミドルシュート!これをGKがファンブルしゴール
>24分河村が積極的にオーバーラップ
>もなり風も強い・〜グランドは水溜りができ
>成岡が背後からスライディングしイエロー、厳しく行くところは行 く
>後半は川口と森下が左右
>右サイドで太田とカヴィオンのワンツー
>FK、壁がジャンプした足元を狙いガヴィオンがシュート!直接決まり
>34分ワンチャンスでやられてしまう
>38分カレンを下げ岡本を投入!前線からの守備を強化
>お気楽親父談  「河村は〜戦うっていう姿勢をよく出してくれた」
>カワム談 結果的には雨が降ったことによって涼しかったので、みんなよく動けるようになったと思います
5/16 私はトムヤムクン嫌いです
ACLタイ遠征メンバー決定。既報のとおり「主力」抜きのベンチ入りギリ + 若手という構成・・・つーかユースまで入ってます。そんな中に違和感なく入っているノブオもナニですが。明らかに「それでも勝とう」という意欲は皆無ですが、OVER30や怪我人の多い磐田のこと、最近の状態をかんがみるにやむを得ないでしょう。Jリーグみたいに前試合出場選手の何%などというクソ規約もないだろうし。OVER30よりも動いてないU25に問題はあるようにも思うので、この際血ヘドを吐くまで走り回って
勝て! 勝ってこい!
と言いたい気分。ただあの方面は水飲んだだけで血ヘド吐いちゃう危険性もあるのでそこは注意。数少ない「実戦」ですから、ここで活躍すれば少しは視界も開けますので個人としてもがんばってください。
5/15

ガヴィオン登場・・・はどうでもいいが・・・ 
よほどでなければ怒らない温厚な私も(ツッコミ禁)ちょっとご立腹。負けたは負けたでしゃあないが同じ相手に毎度毎度同じような負け方ではねぇ。KICK OFFから一気に押し込まれペースを奪われ失点。セットプレーの失点は相手も十分練ってくるものなのである程度は仕方ない部分はあるとしても、じゃあセットプレーを極力与えないには、与えたらどうするかの対処がちょっとね。また例の彼にやられてるし。でもそれよりもご立腹なのは今回「気合負け」したこと。横浜は「代表疲労」が磐田ほどではなかったり、ACLが多少磐田より楽だったりはしたものの磐田と同じ過密日程組。そこに気合と出足で圧倒されては疲労もエクスキューズにはなりません。特に中堅Kと若手Nにおいては精神注入の必要あり。「日本一の負けず嫌い集団」だと思ってたんですが。負けるときはこんなものとか言いたくないし次は見せて欲しいね。
5/14

閑話休題  緊張の緩和 
過密日程なうえに厳しい闘いが続き選手はもとより我々サポにおいても相当精神的に疲労がたまりつつある今日この頃、皆様いかがわしくおすごしでしょうか。やはり緊張感・集中力の持続というものは難しいもので効果的に抜くところは抜かねばなりません。というわけでガチャピン・ムックがやって来ます。しかしアンタまたガンバ大阪戦って。ガチャピンがガンバ戦にって。それは某代表選手にかけてるとか何気に挑発してるとかそういう裏の意図はないんですかね。できることならガチャピンの中に入っていただいて着ぐるみ脱いで「実は僕です」・・・ってこのネタこの前もつかったな。それでも誰も気づかなかったりしてな。
5/13 イワタノチカラ  オヨバズ 
ACL予選リーグ敗退決定。アジクラから通じて予選敗退は初めてです。今までは苦しいメンバー構成でもなんとかしてきましたが、あまり使いたくない言葉ではありますが、現実として世代交代(とも微妙に違うんだけど)の端境期なのかとも。やはりJの相手よりいろんな意味で数倍厳しいですよ「アジア」は。収穫は大井があの厳しい闘いを90分経験したこと。ミスもありましたがなんとかメドがついたなと。ま、それと同時にマコ・服部の偉大さを身に染みて感じましたが。あと右〜中央〜左とカバーしまくったヒデトさんごくろーさまでした。あんたスゲエよマジで。社長がこんなコメントを発表していますが納得できる部分もありつつ甘いんじゃないの ? とも。今一度足元を見つめなおさねばいけませんな、我々も含めて・・・。さて5/29タイ遠征のメンバーやいかに。落とすかそれでもあくまで勝ちに行くのか。

で、それはそれとしていつまでも凹んではいられません。5/15にはまたもや大一番横浜戦が待っています。市原が独り上手をしているうちになんだかんだで浮上してきました。清水がなんとか引き分けてくれたおかげで(この結果が凹んでいた私をずいぶん癒してくれました)、ここで叩けば勝点差9。3位さいたまとは現在7差で2試合負けても追いつかれない状況だけに横浜を叩けばかなり優勝も現実味を帯びてきます。と、こんな獲らぬ狸のなんとやらをしているとACLみたいになっちゃうんでそれこそ一戦必勝でいくしかないですかな。あ、あとナビスコは「流す」つもりでしたがこうなったらやっぱりこっちも獲りにいくのかなと。出遅れましたがまだ4試合ありますから挽回は十分可能です。
5/10 イワタノチカラ
「大切な試合もどうでもいい試合も無い。一つ一つがすべて大事な試合」とも言いますが実際にはそのときのシチュエーションでそういうものが生まれてくるわけです。実際全北に勝てば予選突破・負ければほぼ絶望的になり引き分けで「まあ数字上は一応有利」という状況。勝てば決まるんなら勝ちましょう、いや勝たねばなりません。たとえ予選敗退が既に決まっていたとしても磐田ですから勝たねばなりません。確かに服部・西の出場停止、マコもどうか・・・という厳しい状況ではあり、しかも正直相手はその辺のJのクラブとは違い、ヘロヘロボールまわしてしのげる相手ではありません。この試合、全身全霊を込めて、全てを賭けなければ勝てません。というわけで全員南海権左でよろしく
5/8
神様お願い 再び 
というわけでシーズン前の予想通りメンバー構成に苦労しています。ACL全北戦は自力でなんとかするしかありませんが、横浜については5/12の清水になんとか期待したいなと。勝てずともせめて乱戦に持ち込みイエロー・退場乱発あたりに持っていっていただければ。主審にはそうだな、上川か山西あたりでどう。特別に北村・恩氏復活とか。あ、フィスカー特別招聘とかは。それからなんといっても吉彰くん、お兄さんにはくれぐれもよーく言っといてください。兄弟の縁切るぞぐらいの勢いで。この際親からも「圭輔!、あなたお兄さんでしょ!」ぐらいは言っといてもらって下さい。しかしこの状態ですでに他力本願モードに突入しようとしている私のネガティブ思考回路はなんとかなりませんかね
5/6
首チョンパ
絶妙のタイミングで退場・出場停止となった我らがホドリィゴ。先日はずいぶんフライングで鯉のぼりを出してしまったホドリィゴのことなので「こどもの日だし」みたいな勢いで実はジュビロくんに入って、ハーフタイムの最後で頭とって「ジツハボクデース」みたいなオチがあるのでは・・・などとも考えましたがさすがにそれはしなかったようです。いややろうとして止められてたりして。あ、小さいお子様にはに入ってとか頭とってとかは夢をこわすので間違っても言わないようにしてください。「あの中に人が入ってるんだゾ」なんつー可愛げのないこまっしゃくれたクソガキは、ほっぺたの一発や二発ひっぱたいても構いません。
5/5
この勢いで「練り」行きましたか
前半はポストのわずか外側を何度も通りすぎるシュートにヒヤヒヤいたしました。ヒデトのいっぱいいっぱいのクロスが一生に一度とも思われるクロスとなり前田が怪しげに合わせた決勝点、見事でした。今シーズンお約束となった「内容は悪いけど勝ち点3とったからまあいいや」的試合でたが、もう今の状態ではそれでOKでございます。西と福西はもはや足がついていかず動けない蹴れないでミスの連発。そんな中今日も元気に動き回り先制点も決めた永遠のサッカー少年藤田俊哉32才には頭が下がります。むしろ気になったのは、カレンがかつての前田のごとく意思疎通が出来なかったのはまだしも、途中出場なのに疲れた西やトシヤにプレスさせてこぼれを狙おうとしていたカワムです。君が最初に行きなさい君が。
5/3

NO MORE KAMIKAWA
とりあえずまずは一言

クソ上川死ねボケ

ああ確かにダイビングしたさ。したけど森岡の足が掛かったからちょっと大袈裟にダイビングしたさ。解説の
DF井原も「掛かってます」っ言ってるぞ。清水も足止まってたしあのままだったら逆転したはずなんだよ。ホドリィゴはパパがはるばる地球の裏側から着てるんだゾ。もう一度自分の言ったことを思い出せや。もう鹿児島で試合やんないぞこのヤロー。とはいうものの清水確かに今日良かったし。ウチは言ってるそばから太田とかアラウージョにやられてるし。お兄さんに余計なことしないように言っといてください吉彰くん。これで公式戦3連敗とまんまとコインブラの策略にはまってしまいました。
5/1 一応「清水ホーム」です
YNサテライトカップの事はこの際「GK山本だったし」みたいな感じで遠い過去のことと忘れて清水戦にシフト。シオシオ状態と思っていたら「カモ」のさいたまに連勝し調子上向き。外国人外して日本人でメンバー組んでから上り調子なんつーとどっかの代表みたいで。で、要注意なのがアラウージョ。Jでの自分の活かし方がわかってきたようです。なんといってもウチ一番嫌いな独り上手ドリブル持ってますから。そして今清水の攻撃は彼から始まるといっても過言ではない太田に、杉山もラッキーボーイ化しており怖いところです。というわけで吉彰くん、お兄さんがんばってますよ。ちなみに「それでも名古屋戦がムカつく」という人はこれでも見て気をまぎらせてください
4/29 一応朗報
ACLのレギュレーション確認。話で聞いていた通りでした。同勝点の場合は「当該チーム試合の勝点→得失点→総得点→全試合の得失点」にて順位決定。つまり次節全北戦に勝てば最終節BECに敗れ全北が勝利して同勝点となっても当該チームの試合の勝点で磐田が上回り予選突破決定。全北と引き分けてもBECに勝てば決まりです。というわけで数字上は磐田有利なわけです、数字上は。ただまあ最終節は「タイ」なわけで。サッカーに限らずボクシングなんかでも地元では妙に強いっつーかなんでもアリで勝とうとしますから(タイ人ボクサーがやばくなると3分たたずにゴング鳴らしちゃったりするので)イヤなわけで全北戦で決めたいわけです。なにより「磐田」でやるわけですから勝たねばなりません。磐田の地で憔悴しきってグラウンドを後にする全北が目に浮かびます。というわけでマコも西もキャップもらったからみんな帰ってきなさい。
4/27 サークルKに負けるな
今度はローソンとツルミました。「勝つ=カツ」ということでカツおにぎりなどと古来から伝わるベタな企画です。現在では試合前にカツというのは消化が悪く効率もあまりよくないということでむしろタブーとなりつつあるのですが。清水のマグロカツというのはいろんな意味にもとれるんでそれよりはいいかなと(深くは追求しない方向で)。ちなみにこんなものも発売されてたりして。
4/26 つば吐き男ふたたび
ヒデトさんと内山勝氏がマコと西に並ばれさらに追い抜かれる危機に直面しました。バックグラウンドやコインブラ選抜だということを割り引いても記録上「キャップ」は刻まれてしまったわけです。磐田の3人が交代した後に同点に追いつきなんともナニですが、ウチはなにせ元々「出るはずじゃなかった」んで。ウチも「海外組」ですから。PKのおかげでいい言い訳が出来てしまったコインブラさんですがさすがに主審にユニフォーム投げつけたのはまずかったですな。これで国際試合数試合ベンチ入り禁止処分かなんかになってくれればいいのですが。そうすりゃ辞任とか解任とかにつながる可能性もあるし。まあ肝心のカピタンはこんな事言ってるテイタラクですがね
4/25 き・・・木岡二葉は出てなかったんだな・・・
女子代表五輪出場決定。しかし「代表」でこれだけ熱く感動したのはいつ以来かな。正直勝てるとは思わなかったしやっぱもう一回やって勝てるかゆーたら・・・。男子とはアジアでの力関係や立場が違うとかグダグタぬかす輩もいるでしょうが、あれだけ頑張る姿見せられたらなんも言えません。とりあえずアチキは素直に喜びます。これでコインブラ選抜がまたテレンコテレンコやってたら風当たりも余計強くなりそーな。ちなみにサル代表も世界選手権出場決めました。よきかなよきかな。
4/25 クライフ・ターン
コインブラ選抜に召集されたウチの4人が到着即主力組で練習。スタメンで使うって、アンタこの前「ハンガリー戦はつかわねぇ」って言ってたような。合流遅れたし単純に「試しに」入れてみただけと思ったら。ただコインブラさんのことですから分かりませんね、言うことコロコロ変わるし。それに今まで随分ウチは「フェイント」に引っかかってきましたからねぇ。正直言うと出て欲しくないんだよねぇ日程きついし。チキショー鹿アシストだなこりゃ間違いなく。ちなみにマコの語る「予期せぬ出来事」に最近よく遭遇してるんで予期出来るようになってきたんですけど。
4/25 放浪人生
数日留守してました。放置状態すんまそ。特にBBSに書き込み下さった方には深く深くすんまそ。一部の不毛な書き込みはさらりと流す方向でひとつ。
4/22 昔よく見た光景+最近良く見る光景
1.前半開始数分失点
2.ディフェンスラインの連携ミスから失点
3.中山が押し込み
4.風は向かい風、芝は長めで苦労
5.山西が傷んで
6.西が異議を唱えてイエロー
7.傭兵がかろうじてセーブして
8.福西が中央へ
9.傭兵がまたもやセーブして
10.服部が顔面蹴られ
11.抗議したらイエローもらって次節有休
12.ノブオが右に入って
13.福西とうとうFWに 桑さんスペシャル
14.結局傭兵の股間を抜ける
15.西がイエロー2枚目で退場し
16.最近カルシウム不足のヒデトもイエロー
4/20 マコ vs 西
マコがコインブラ選抜追加召集。宮本と中沢辞退と聞いたとき「もしや」と思いましたが現実に。西とマコ、どちらが初のキャップを刻みヒデトに並ぶか、はたまた追い抜くか。私はどちらも出場せず茶野がキャップ獲得と読みます。それはそれとしてこれでウチからは4人が拘束。で、これがまた4人ともマトモに出場出来ないであろうと予想され。ウチはACL→東欧ツアー→ナビスコ→リーグ→ACLと過密日程。これはあれですか、磐田を蹴落とそうという作戦ですか。そんな折何気にノブオがACL遠征メンバーに。頼もしい(そうでない時もありますが)男が遂に復活ですか!?
4/17 ジェラを見よう
PSVユースのユースコーチを務めていたジェラがドイツの名門1860ミュンヘンの監督に。前監督が解任され今季いっぱいの契約、その後はPSVに戻るらしい。ブンデスリーガ日程ではこの後HSV・バイエルンと立て続けに対戦。つーわけで2戦ともWOWOW放送予定。動くジェラに会えそうです。
4/17 鼻グズグズなんすけど
↓「磐田に風が吹いてきた」なんて言ったらほんとに風が強くて困りました。花粉飛びまくってたんですけど。さて、J通算700ゴールはなんのヒネリも無くホドリィゴ。まあ699.7くらいまでは土肥でしたが。今日は言っちゃおうかな? 言うぞ、言っちゃうぞ。

GKの差で勝った

こ、こんなことが言える日がこようとは。夢か幻か。今日も決定的ピンチをストップ。もはやあの時の傭兵はここにはいません。いないよな、たぶん。いやお願いだから出てこないで。
4/16 FC東京コーチ、長澤と浜野です
やっと柏戦見ました。お笑いの基本ともいえる見事な名波のコケっぷりに感動。さすが芸能界にも親交のある名波です。毎度毎度VTRの繰り返しのような柏戦での失点の仕方には困ったものですが、まあセレッソ戦みたいにバタバタしなかったからいいや。で、次節はまたもや厄介な相手FC東京。絶妙なタイミングで怪我のケリーが復帰してきたと思いきや絶妙なタイミングで出場停止。彼はこんなキャラだったですか ?  どうやら風はこちらに吹いているようですが風に滅法弱いのも磐田ですので気を抜いてはいけません
4/14

出来心
サカマガ連載の“サッカーの素”。「キーパーどうよ」というお題に釣られてついつい投稿したら載っちゃいました。太字掲載っつ-ことは「素(4世)」くれるんですよね。で、「素(4世)」って何。これが載ってしまうということは、磐田の弱点=GK が世間一般に浸透してるってことだと思うと哀しくもあり。最近の傭兵さんは素晴らしいのですが、金満クラブではないので自前で育ててかないと。しかしなんですな、載ったのはいいんですがなんかこうほんとに後悔しますねこれ、嵯峨野さん。かつてボキャ天でフルネーム公開(ペンネーム禁止なんで)されたときより恥ずかしいのはどういうわけでしょう。ボキャ天話は合コンのつかみにはかなり有効だったわけですがサッカーの素では使いようもありません(つーか合コン自体この年じゃもうしないわな)。
4/12 環境が人を変える
「守護神」という響きに懐かしくも物哀しさを感じる今日この頃・・・つーかいつからか思い出せないほど時が経ちました。でも最近傭兵さんが充実しております。昨年天皇杯からレギュラー定着。それまで敗因は「あわわ」だったのがウソのよう。毎試合決定的ピンチを防ぎ、課題のハイボール処理も判断のいい飛び出しを見せています。幸いにして例のあんな場面にはあまり出くわしていません。ま、中山は味方だし。遂に「守護神」誕生ですか?! ヒデトも久々に安心してプレーできているようですが、あのパスミスは安心した結果ですか? 気を緩めぬようGKは傭兵ではなく●●のつもりで常にプレーして下さい、●●のつもりで。
4/10 運命の人
今回も期待に応えガキにやられちまいました。クロスを待ち構えるヒデトの前にスッと入ったマコが頭ですらしゴール前のガキへナイスアシスト(修正 マコ→後髪→ガキ)もしや赤い糸で結ばれているのかもしれません。後半はすっかり足が止まって押し込まれまくってしまいましたが、そんな中こすいセットプレーなんぞもあっての2得点。ACLもあっての厳しい日程を考えればよしとしましょう。5月にかけてもっと過密日程になりますので今のうちからケアを怠らぬよう。菅野フィジコの穴とか言われないように。

PS ノブオさんお元気ですか
4/9 J1 ミドル級 魔虎人
さてセレッソ戦です。さいたま戦の勝利で「田中」の座を5%くらいは取り戻したかもしれないウチのマコですが、セレッソといえばなんといっても天敵の「もうガキじやないよ、キャバクラだっていけるんだもん!」大久保との対決です。頭突きの調子はいかがですか。毎度毎度世間様の期待通りやられちまっているわけですが、今回は欧醜組の素晴らしいパフォーマンスのおかげでいやがうえにもコインブラ選抜落ちしたキャバクラ7+1に注目が集まります。2戦連続で「お約束」をしてしまったDF陣ですが、今回は山西が復帰しそうですのでさらに不安増大もう安心です。たぶん、いやきっと、つーか頼むぞぉオイ
4/8 新記録達成
「冬ソナ」のペ・ヨンジュンとスマイリーキクチの区別が今ひとつつきかねる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。当HPはサポティスタのタレコミ掲示板に「秋田ブーイング云々」について貼られちまったおかげで一日のアクセス約3000と大幅な記録更新です。理由はどうあれ記録は記録ということでさすがのサポティスタパワーです。
4/8 ライン
湘南代表の小長谷氏が任期満了にて退任するようで。小長谷氏といえばヤマハ日本リーグ初優勝時のカントクだったり取締役だったりしたわけで。磐田-湘南ラインを築き上げウチとしてはまあいろいろと良かったわけですが果たして湘南さんにとってはどうだったんでしょうか。まあそれはそれとして小長谷氏、実は「藤枝東」出身なんですねえ。桑さんが「藤枝閥」を築きつつありますがやっぱ戻ってくるんですかね。今でも籍はウチなんすかね?
4/7

6847人
やっぱり上海は「おっきな人」ばっかりで出来れば近寄りたくありません。怖いってあんたら。GKの劇団ひとりさんが思ってたよりも意外といいGKだったりもしましたが、結末は脇の下をころころとボールが転がりまったりと決勝ゴール献上。やっぱり劇団ひとりだったということでお笑いは辛いですね、オチをつけないといけないので。脇の下はGKの泣き所ではあるんですが。ちなみに失点1はヒデトの自陣でのパスミスに慌てたマコのバナナの皮ズッコケという長年コンビを組んだ彼ららしい絶妙な連係プレー。これもつなぐサッカーを信条とする磐田らしさです。
4/5 アタァミイイワタニキテネ   激古地方ネタ
磐田系の人々でさえ忘れているというか頭に無いというかどうでもいいと思っている人すらいるACL上海申花戦が4/6に。字ヅラ的にサッカークラブというより別の“クラブ”的なんで間違えてOやKなどが来やしないかと。チケ販売状況を見てもやはり売れ行きは今ひとつ。なにせ相手は中国ですからウチの嫌いな「おっきな人」とか「はやい人」とかいますから大変なんです。くどいようですがとーっても大事な試合なので、平日ではありますがJ リーグじゃないから行かないなんていわずにスタジアムに来てください。特に地元民な方々。高校生以下タダだし個人的には特に女子高生歓迎。でも○○な人が無理やりなセーラー服とか着ても高校生は証明書がいるらしいからバレます。ちなみに上海は劇団ひとりやらアーネストホーストやら井岡弘樹やら佐野史郎やらすごいメンツです。
4/5 上海に勝たねばならぬ理由

なんだか似てるわけさ(実はかつてのヤマハに似てたりもするのだが)。こうやって何かにこじつけてさらにモチベーションを高く高く持っていきます。
4/5 異文化コミュニケーション
というわけで下の件について柔和な鹿サポさんからBBSにご指摘いただき理解。人それぞれ、お国柄もあっていろんな愛の形があるということですな。まあ事情を知らない殆どの一般人は「秋田ブランド」にも反応してしまうので感情的にもこう思ってしまうということで鹿さん系の方につきましては何卒ご容赦。
4/4 その程度なんかい
他人様のことだからいいんだけどさ、別に。テレビ観戦と報道のみだけど、名古屋に移籍した秋田がずいぶん鹿からブーイング受けたみたいな。

たとえばウチがイヤでYに行ってウチにいた時には微塵も見せなかった必死さとか言動とか見せてるOとかならブーイングも分かるんだけどさ(それでもウチへの貢献も決して小さかったわけではないことはもちろん認めてはいますよ私だって)。ウチに例えれば中山みたいなもんじゃないの?秋田って。鹿裏切って出てったわけじゃないし、むしろ逆に裏切られたほうだし。クビになってもアレだけクラブへの愛を表現したわけでしょ。金古への応援に力が入るのはそれはそれでわかるけど秋田にブーイングはねぇんじゃねぇの?。秋田は逆に手を振って答えたらしいけどね、大人だよぉ。

ホーム・アウェイの意識が強い欧州だって逆に他チームに移籍した元自クラブのヒーローが来りゃ拍手。そうじゃない事もあるだろうけどねぇ。この前のチャンピオンズリーグ、レアル・マドリー対モナコ戦だって、「ロナウド入ったからいらんもんねぇ」ってレアルを”追い出された”ユース生え抜き(一部修正・・・ユース出身ではありまへんでした。勘違いです)スペイン代表FWモリエンテスがそのレアル戦でゴール。そしたらサンチャゴ・ベルナベウが満場の拍手だよ。そりゃまだレアルが4-2でリードしてたし違う国のクラブってのもあるだろうけどね。

わたしゃもし中山にしろトシヤにしろもちろん他の主力選手にしろ戦力外通告とかで他クラブ移籍したとして、ブーイングできるかっていったらたらとても出来んわ。こういうのって甘いとか甘くないとかいうことじゃないと思うしネェ。まあ他人様のことだからいいんだけどさ。あの人達どっちにしろ90分ずっとブーイングしてるブーイング命みたいな人達だし。
4/4 気分は松村祭り
さいたま戦はまたもや西day。途中まで殆ど絡んでねぇやと思ってたら突然の先制ゴールに決勝点にアシスト。なんといってもエメに一枚目のイエローを進呈した突破。そして天皇杯での流暢なインタビューがまぐれでも偶然でも奇跡でもなかったことを証明する試合後のインタビュー。もしかしたら変な病気かもしれません。“どっかの誰かさん”はたとえ見てたとしても脳軟化症みたいなんでねぇ、名波さん。山西の位置に入った菊池が毒気にあてられたのかファンタジーなプレーを披露したりマコがニアサイドに叩き込んだりもしましたが、服部がずいぶん久しぶりに普通にやってくれたことが嬉しい限りです
4/3 シンガポールの秘密
時折一部で議論を巻き起こす「ジェレミー・ウォーカー」の4/1付コラムでひとつの発見。シンガポールの人は語尾に「ラー」をつけるというのだ。な、なにい! それでは静岡県人と同じではないか! 
例)
  もう行くラー ・・・  もう行くよね?
  だめだラー・・・だめだろう
この場合でもアクセントのつけ方で意味が変わってきますがそれは置いといて・・・。

というわけでシンガポールは実は静岡代表だったのだ。最近凋落傾向にあるとはいえまだまだ圧倒的J 最大勢力なわけで強いはずだったのである。むしろよくあのコインブラ選抜で勝てたなと。
                                        
あーつまんね
4/2
出番かな
年のせいかいぶし銀などと元巨人の川相とか土井みたいな言われ方をしているトシヤですが一応JリーグMVPだしウチでは元プリンスなんですが。まあいぶし銀というとついつい私はこちらを思い出してもしまうのですが。
さて気持ちを切り替えさいたま戦にもっていきたいところですが、現実として心ならずもジーコ延命に手を貸してしまったトシヤとトシヤに抱きつかれにわざわざシンガポールまで行った福西と、マコの気持を理解する旅に出ていた西がコンディションを崩している可能盛大な状態で帰還します。というわけで太田が主力組の右サイドとして紅白戦出場。あ、ちなみに福西には朗報 (?)。ヘタレ欧醜組の醜態に加えこんな情報もあってインド戦はいろんな意味で入用かと。もしかして出番あるかもね。
4/1 マー姉ちゃんライオンは強かった?
トシヤさん、得点したってことはまさかキャバクラ行ってませんよね。というわけでシンガポール戦はここ十数年で最もみっともない代表戦じゃねぇかっつー程素敵な試合。いつものようにろくに試合出てないわコンディション悪いわヘラヘラ笑ってて真剣味ネェわの欧醜組にこだわってその通りのあの有様。選手がしっかりせにゃいかんのは当然としても、奴が監督やってたらこうなってまうでいつまでも。交代選手が点取ったのだって采配が当たった訳じゃなくて使うべきだった選手を最初から使わなかっただけだし。クビなんて言わないから頼むから辞任して、ほんと。誰かさん風に言うと「お金あげるから」さ。今のうちならあなたも日本も傷は浅くてすむ(深いかな、もう)からさ。なんかトルシエがとっても優秀な人に思えてきた今日この頃です