過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2004年4〜6月
2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
9/29
死刑
U19越南戦。相も変わらずテレ朝が無理から盛り上げていましたが、スタメンは「負けても・・・」という明らかな温度差を感じずに入られませんでしたねぇ。
というわけで船谷が全国放送の電波にのるという、大変レアな試合でした。いつも"候補"どまりという昨年までの誰かさんのような状態でしたが、欠員が出たための緊急召集。しかもまずまず良いプレーで大熊からもお褒めの言葉が。まあ大熊から褒められて嬉しいかというと全くそんなことはないのですが、もしかしたらチャンスを生かしたかもしれません。次も呼ばれるかも。
て、そんな船谷のプレーを台無しにしていただいたのが、前線の面々。特に渡辺千真。感じてねぇし動いてねぇし、だから国見は嫌いだ。ま、カレンはどうなんだと突っ込まれれば言い返すことは出来ないんですが。

9/26 西野さん、お先でえすぅ〜
掛川が怪我と聞き、もしかして山本先発か!? と色めきたちましたがやはりサブ。スカパー中継ではベンチが映るたび後方に妙な遠近法ででっかく登場。本田が当たっていましたが、山本だったらもっと楽勝だったどうなったかと。まあ互いにGKよりもポストやバーのほうが頼りになりましたが。ありがとうバー、そして平瀬。
で、結局決勝点となったのは菊地のとりあえず蹴っとけ初ゴール。あんなのでも入るときは入るんですよ西野くん。君は今日も今日とていったい何しに出てきたのかね。かみあわな過ぎ。いっそみんなと一晩ずつお泊りでもして意思の疎通をはかったらどうだい?
変革?と思わせたのは動かざるごと山の如しといわれたマサくんがさっさと使いきった交代枠。服部・中山の離脱があるとはいえ今までならあの状態で大井は使わなかったはず。無難にプレーしてまずは合格点。楽しみ。
9/23
羽地くんに一礼 1 - 0
日本一決定戦にふさわしい白熱した試合内容でした、低いレベルで1-0 というネスレビジョンの表示にウットリしつつ前半を終えようとしていましたが、現実に引き戻すまさかのPK。まあ名波の先制ゴールも事故みたいなもんだったし仕方ないか。むしろ後半終了間際に羽地が1対1外してくれたことに感謝すべきかな。あー負けなくてよかった、そう思えば気も楽になります。カワムが2度の1対1を外したことはさらりと忘れてあげてください。あそこまで上がっただけで彼にとっては大きな成長です。GK南のファンタジーにも期待しましたが一度のポロリをしとめることも出来ず。やはりゴールに投げ入れてもらうしか道は無いようです。
9/22
モントセラトかブータンか
というわけで9/23といえば・・・先日の鹿戦であらためて存在感を見せつけた中山御大と、最近違う意味で存在感を見せつけている服部様ご生誕の日となります。そんな日に柏と日本一決定戦などと絶妙なタイミングというかしゃれにならんというかナメとるんかコラ。ほとんど気分はアザー・ファイナル状態。
あんまりチンタラやってるようだったらこの際原田君にそのまま試合に出てもらおうみたいな。半分マジで。
こちらは1stの貯金がありますが、あちらはマジでJ1陥落の危機にあるわけで、そういう意味でモチベーションの差が出る可能性もあり。ああ、なんとなくグデングデンの予感
9/20
いくら怒っても入ってますよ曽ヶ端さん 2
↑のネタで遊ぶつもりだったのですがねぇ
                      〜9-18更新分
遊べはしませんでしたがムカッ腹たつのでもう少し引っ張る、つーか引っ張らざるを得ないっつーか。U23OA枠初戦でのポロリもありぃのでインパクトは高かったようで、私ども社会人リーグでも我がチームのみならず他チームも曽ヶ端の話題でひとしきりお楽しみ。試合中もGKがちょっとはじこうものなら「おーい、曽ヶ端ぁ」と言われてしまう始末。事実マジでそっくりなプレーも発生し大爆笑。いやあとかく殺伐となりがちな試合に笑いを持ち込んでくれたこと感謝します。ちなみに雨で水田状態なグラウンドで1試合1主審。とどめにその後場所を変えて1試合こなした私はもはや足腰が立ちません。
9/18
いくら怒っても入ってますよ曽ヶ端さん
↑のネタで遊ぶつもりだったのですがねぇ。
しかし聞いてはいましたが右MFカワムといういきなりなプレイバック政一人事にびっくり。サイドでの一対一のコースの切り方にも相当びっくり。そりゃないでしょカワムラさん。まあ前田のハンドで警告退場は問答無用で文句の言いようもありませんが、金古も退場だろがよオイ!“決定的得点機会の阻止”じゃないんか!? と、責任を上川になすりつけようとしましたが、一人少ないとはいえ15分で3点も取られていては話になりません。つーか||'◇'|| にハットトリックってあんた・・・そのほうが脅威。ま、今のウチに4点取られる鹿も何だとは思いますので前途は決して明るくないと思います。ま、がんばってください。
9/14
普通の叔父さんに戻ります
すっかり更新意欲減退の今日この頃。茶化してる場合じゃねえなこりゃと思っていたらホントにそれどころじゃないことになってしまいました。政一氏の監督就任というところがなし崩し的というかダダすべり的というか、なんだかなあという気もしないでもないですが、選択肢としてはこれしかなかったのだろうと。言いたいことは山ほどありますが今回はあえて何も言わず、我が磐田を信じるとしましょう。タイムリーなことをしてくれるみたいですから。リスタートが鹿戦というのもまた一興。楽しみにしております。
ま、これで桑さんもまた普通の叔父さんということで、また街で夫婦仲むつまじく買い物に興じる姿なども見られるでしょう。相変わらずチェックで。
9/9
カゲスター
高原がすっかりタカユキ以上のヘタレになってしまいました。もういいから帰ってきなさい。窪地が出た途端にアレだけ流れが変わると言い訳のしようも無く。
トシヤがマコと勘違いされて“イエロー2枚目”で退場の宣告。あの・・・・、そんなに存在感ないですかね、そんなに影薄いですかねマコ。同窓会に出てもだれも“名前”で呼んでくれないみたいな。お前ダレ?みたいな。
しかしTBSの中継がこんなにも素晴らしく感じるとは人間というものは恐ろしいもので。他を引き立たせるという意味ではテレ朝も捨てたものではないなと。ブサイクがいるからイケメンの存在があるわけで。ただ感覚的には光浦靖子と青木さやかが並んでると青木が美しく見えてしまうようなものですがね
9/7
最終兵器 彼女か彼氏  それとも第2の長澤まさみ
中山夫人ご懐妊の報に狂喜乱舞する磐田サポの姿が目に浮かびます。しかし浮かれていてはいけません。U-17タイに敗れる。第一戦は北朝鮮に押されまくったあげくの結果的に引き分け。厳しいグループではありますが突出したタレントもおらずある意味予想通り。しかしタイにまで負けるとは“谷間の世代”どころではなく“凋落の始まりの世代”の悪しき予感。小野・高原世代を最後に年々静岡からタレントが輩出されなくなると同時に若年世代の弱体化は実は密かに進行。他地域のレベルアップはあれど静岡のレベルダウンはもろ影響しているようで。特に弱体化の顕著な清水地域は再度取り組み出したようですが、もうこれは日本全体の問題です。一応サッカー少年団に関わった身としては実感として未来は相当厳しいな・・・・と。少子化もあるし。そういう私自身いい年こいていまだ独身なので多少の負い目もあったり。だれか私の子以下自粛。
で、そうなると中山Jrが男だろうが女だろうが、この血には期待してしまうわけでね、日本人として。磐田的には仮にサッカー選手となった場合、他クラブにとられるわけにはいきませんので究極青田買いでもう契約しちゃえみたいな。とりあえず顔は男であれ女であれ智子夫人に似ることをお祈り申し上げます。
9/4 ユース6選手入団内定。青田買い作戦はそこそこ順調にいったようで有力と思われた6選手はまんまトップ昇格ということに。なんとなく根拠不明な“少数精鋭主義”は脱却しそうな感じもあり、政一強化部長によると「30名以上の体制に」とのこと。現在29名と微妙なところで30人プラス何人なのか。単に現在籍選手を数人放出してユース昇格だけではなく、他クラブからの補強はあるのかユース以外の新人は獲るのか。ホドリィゴのこともあるだけに外国人はどうなるのか、トトの髪型は今どうなっているのか。不安と期待と苛立ちはとどまることを知りません。ま、サテを見る限りなんだかやる気があるのか無いのかわからない、今ひとつどころか三つ覇気の無い某若手選手たちよりは遥かに期待できそうなユースの面々。早めに発表したのは若手にもベテランにも尻に火を付ける意味もあるのでしょうかね。

などと言ってたら 
山本が楽天へ 来年1/31までの期限付き移籍 
代わりに楽天からU23代表GK岩丸が同期間期限付き移籍でウチへ。
今ひとつ意図が良くわかりませんがコメントを見る限り山本よりはしっかりしてそうです。山本は「新しい自分を・・・」って名波の「自分に足りないものを見つけに」みたいな"言うことネェからとりあえずなんか言っとけ”の匂いがプンプンなんですけどね。しかしあれだね、いつから山本の守備範囲はそんなに広くなったんですか楽天さん。※追記↑リンクチッ、直しやがったなつまらん。
9/3
♪スイスイスーダラダッタスラスラスイスイスイ♪
西第2S絶望ってアンタ。前回の怪我が全治2ヶ月だとかなんとか言ってたのに復帰があまりにも早かったので「オイオイ、ほんとに大丈夫?」と思っていたら結局この始末。ああ見えて漢気あふれる男だからね西は。その西が自分から交代を申し出るなんて・・・と思っていたら。前回は半月板外側で今回は内側。素人考えだとより深刻じゃネェのか?と。つーかホントは元々内側も悪かったんじゃないのか?とも。挙句にお気楽親父は「2度目なので今回は大事にリハビリを行わないとならない」ってアタシャ呆然。2度目だからとかってことじゃネェだろヨ、アーん? これじゃ名波の時と同じだろコラ。こうなるとお気楽どころか無責任親父だな。監督はもちろんのこと、いやそれ以上に提携先某大病院含めたクラブの体制・資質の問題だぞこりゃ。選手は“出来る”なら“やっちゃう”んだから。クラブがしっかりしなくてどうするよ。アタシャほんとに怒ってんだヨ
9/2
松森君の本より欲しい
かつて俗称“野垂れ死にジュビロ君”として人気だった“おやすみジュビロ君”がこのこの時期に再発売なんて。なにせおやすみジュビロ君ですからね、おやすみ。喧嘩売ってのかよコラ。今の状況からすると“おやすみ”どころか“重体ジュビロ君”とか“危篤ジュビロ君”のような。“野垂れ死にジュビロ君”どころか“なぶり殺しジュビロ君”になりそうな勢い。ま、買いそびれた方々には朗報でしょう。だっておやすみジュビィちゃんはかわいくないんですものぉ。
8/30
めざせ黒獅子旗
ああ、連敗で代表戦中断期間。せめてナビスコ杯でと思いたいところですが、当初の思惑では“ACLに出てるから”でテキトーにやっていたため“予定通り”すでに予選敗退。悶々とした日々を過ごさねばいけません。しかしそんな貴兄にせっかく拙サイトへおいでいただいたのだからと、ほんのささやかな、ごくささやかな喜びでもわけてあげようというやさしさを漢気を、JUBILO MANIACSは見せようじゃありませんか。さあ、これこれこれこれこれもごらんあれ!ええいとどめにこれもどうだぁ!
      
                                  ・・・ とほほ。
あ、くれぐれも言っておきますが、決してネタがなかったからこんなんでお茶を濁そうとかじゃありませんからね決して。
8/29
菊地怒る
この際だからどこまで先制点を取られるのか逝くとこまで逝けみたいな。先制失点連続試合記録がいくつなのか気になりだした今日この頃です。
おまけに傭兵に大神やら尾崎やらは降りてくるわ(※あれこそが傭兵だ・・・by札幌サポ)相変わらず「ミスが・・・」みたいな展開に菊地君も大変ご立腹です。つーかここまで言って良いのかあせってしまいますが言われても仕方ない部分も多分にあるので良しとしましょう、プロですから。「このクソガキ」と思った“上の人”達は結果で見せてください、プロですから。で、まあ敗戦直後のインタビューだし彼独特の言い回しでもありますが、それを割り引いても「こんなんじゃないんですか? しょうがないんで」などと言ってるゲームキャプテン様はちょっと違うんでないかい?と。西のほうがしっかりしたこと言ってますけど。朋子さん頼みますよ。
8/28 松森驀進中                               チーム強化は遅々として進まぬ・・・というか全く強化するつもりが無いのではないかと疑いたくなりますが、i-modeやらなんやら営業方面だけは強化されていくjubilo磐田を応援するjubilo maniacsです。
さて元イケメンJリーガー松森クンの本がまたもや発売されます。「サッカーのある場所」。前作は「サッカーのある生活」でしたから二番煎じ 続編ということにでもなるのでしょうか。松森クンのことなどは別にどうでもよくまたもや対談には興味津々。さあ早速書店へ立ち読以下削除
さて、えびフリャー戦での服部のハイパフォーマンスもあり今回は菊地がボランチ先発か!?とも思いましたが、紅白戦ではレギュラー組の左DFとして出場とのこと。ということで服部は先発ということでしょうな。私の中では最近山本・大神・尾崎と同じくくりの中に入りつつある服部ですが、まあカワムという選択肢は今は無いでしょうし。
一応森下さんとかガヴィオーンさんとかもいるにはいるんですが。ま、普通にやってくだされば結構です。普通に。それよりも前節ではずいぶん江口寿史ぶり(古)にやる気をチラリと見せてくれた成岡に期待したいところです。
8/25 相も変わらず五輪漬けの毎日。水泳や陸上でフライングがあると思わず「オフサイド!」と叫んでしまう今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はおかげさまでものごっつ寝不足です。頭痛いし気持ち悪いしお肌も荒れてきました。心は元々ささくれだっていますがその辺は悲しくなるので置いといて。
さてU23フィジコとして供出された菅野氏ですがWITH松森公式でコメントでは仕事は全く白紙でプータローとのこと。澁川氏がフィジコについているので磐田復帰の可能性はほとんど無いであろうとは思いますが。恐らくは複数のオファーなどもあろうかと思いますが私としてはぜひ協会に残っていただいてA代表へ合流していただければ。なにせコインブラさんがあの調子ですから。大事な代表選手たちが日々壊れていく姿を黙って見過ごすわけにも行きません。今回はどうやら玉田とシュンスケが予想通り生贄となりましたが、シュンスケに関してはそれでも骨の髄までしゃぶりつくそうという腹づもりのようですから
8/22 公式に服部のいんたびうが無いのがとても残念。そして監督はじめ選手が相変わらず「ちょっとしたミス」とか言ってるのが気に入らんのです。前から言ってますがそれで点を取られてるんだからちょっとしたミス」では無いということを改めて力説。監督がそれでは選手は言わずもがなで、だからいつも同じ失点パターンにハマるのだと。ま、とりあえず服部くんは部室で小一時間は説教。目をつぶって両手を挙げてグーパーに膝裏ほうきで正座です。
こういうこと書くと怒る人もいるかと思いますが、ボランチとしてガーナ戦でいい働きをした菊地も帰ってきたことだし“いい機会”だから服部外して菊地でいってみたらいかがかと。名古屋戦の失点が服部だけが悪いという訳ではないのですが、実際最近のパフォーマンスはかなり落ちていますから。“服部”だからこちらとしても求めるものは高いわけで。菊地にはものすごく近い将来に、いや今すぐにでも大黒柱として働いて欲しいという願望もあるわけで。それがプロの世界であろうはずなわけでね。お灸すえる意味も含めて。
しっかし名古屋のクライトンはパンチが効いてるなパンチが
8/20

なでしこ散る
なんとも残念な敗退。どっちがサッカーやってたかといえば日本だしなぁ。なんだかウチが昔強かったとき、某赤に負けたときのようになんともいえない不条理感。パワープレーにある程度押し込まれはしたけと゜失点は決定的な形を作られたわけでも無し。そこでミスが出るのは力不足ということなんだろうけど。
決勝点がオフサイドかどうかは別として笛が鳴るまでプレーは続けないと。ライン上げて笛が鳴らなかったらすぐ戻らないと。裏に抜けてからゴールまで数秒かかったわけだし、DFしきれなくても相手が焦って外すかもしれないし。一点目もGKが飛び出した(これも一瞬遅れた)後、だれもゴールのカバーに入らなかったし。それも力不足といえばそうなってしまうのかな。
でも進むべき道ははっきり見えたわけだし、五輪が終わってもみんなでサポートしてあげたいなと。
がんばれ商標登録申請済み“なでしこジャパン”
8/18

亜爾然丁戦は行きませんでした
五輪 日本 1 - 0 ガーナ  
というわけでクソガキがゴールを決めましたが、ボールを出したのはウチの菊地ですよ、ウチのキ・ク・チ。やはり彼にはDFよりも中盤が似合います。
さて、なんだかウチの山本バッシングが日増しに強くなっております。ま、確かに「と゜うしちゃったのさ?」てな感じですっかりテンパってしまってはいるし、「だから・・・」と数年前までさかのぼって方法論から批判されるのも仕方ないし。それが監督の宿命か。ま、わたしゃ某方面の某氏妄信者じゃないので、いくら「身内」だからといっても非があれば認めます(某よりはマシだとは思ってますが)。だから山本さん返してくださいよいい加減。それにしてもウチのお気楽親父もたまにはテンパるくらい考えて欲しいなと思うのは私だけでしょうか。
8/16 夢か幻か
すっかり五輪漬けでろくに眠っておりません。まあこんなことも4年に一度なのでたっぷり浸りたいなと。サッカーのことなど忘れて・・・・・・。
で、そんな中体操日本復活の団体金メダル。予選1位通過も「でもなぁ・・」と思っていた自分が恥ずかしく。デッドヒートの末2位で迎えた最終鉄棒。1位・3位のルーマニア・アメリカが連続で失敗した後、最終の日本3人が完璧な演技。いやあしびれました。こんな勝負強さが少し前の磐田にはあったよなぁと既に懐かしんでしまったり(い、いけませんか・・・)。
ガキのころ塚原(オヤジ)とか監物とかリアルタイムで“体操日本”をギリで体験。逆に凋落していく姿も見ているわけで正直体操復活はもう2度とないのかな・・・と思っておりました。いやあ感動と共になんだかタイムスリップしたみたいで不思議な気持ちです。モントリオール以来28年ぶりの金メダル。本当の“復活”はこの後が大切ではあるのですがまずは素直に喜びましょう。
体操の例を出すまでも無く一度堕ちるとなかなか這い上がれないのはどの世界でも同じ。維持するのは大変だけど、だからといって一度堕ちたら並大抵のことではトップには戻れません。今磐田はそのとてもデリケートな時期ですから。あまりお気楽では困ります。
8/15 マコ・ヒデト 公約実現まで あと13失点
喧騒の影でひっそりと開幕した2NDですが、流れは変わらなかったようでまたもやあっさり失点。後半追いついたものの今ひとつエンジンかからず、結局中山投入すら無くまったりと引き分けてしまいました。
服部さんはいつものように「“ぽこーん”、あらら」の連発でオジサンはもう怒る気力すら失いつつあり。川上にクロスの入れ方教わってきなさい。成岡は相変わらずだし西は例の右膝痛でもしかすると長期離脱するかもしれないし。唯一の収穫といえばカレンがなんとなく“やれそうなのかなあ・・・”程度だし。開幕前からネガティブ感満載でしたが現実のものになりそうな。い、いやそんなことはないゾ、そんなことはァァァァ・・・
8/14
誰か止める奴はおらんのかい
サッカーファンとしては「今頃開会式なんてやってんじゃねぇやボケ」みたいな気分だったりもしますが小市民としては一応チェック。
で、なんなんですかあの日本代表のコスチュームは。前回シドニーでの100均で売ってる包装紙みたいなマントにも悶絶しましたが、今回のはなんだか男子は100均のペラペラ雨合羽みたいだし、女子のコスチュームにいたっては子供のころ女の子が持ってた花柄のテイッシュみたいな。はっきり言って出場国中最低ではないかと。寒い、寒すぎるわホント。
ま、そんなこともありつつ高校野球・五輪と忙しい日々が当分続きます。あ、世間一般ではほとんど忘れ去られているようですが2ndも一応開幕です
8/13
なでしこのほうが楽しい
ガマーハとカルドーソはネェだろアンタらよォとグチりたくもなりますが、シュート全然枠いかないしパラグアイはきっちり枠に飛ばしてくるし。ま、内容的に勝敗としては妥当な結果だとは思うんですが、山本さんもなんだか2002W杯トルコ戦のトルシエみたいにテンパっちゃったみたいな感もなきにしもあらずだし。そんなのやったことあったけみたいな。考え方は理解できるけど田中達はスタメンからいってほしいしなやっぱり。
まあ、いずれにしろあんな問答無用のミスをしてはお話になりません。2ndステージも始まりますから那須様におかれましては帰国後もぜひその調子で山西Likeなプレーよろしくお願いします。
8/12
なでしこ 1 - 0  ノーカット
スウェーデンというとつい↑を連想してしまう私です。意味のわからない若い方はスルーしてください。
五輪なでしこ初戦はなんだかファツマ・ロバみたいな主審やら太ったジャネット・リンみたいなスウェーデン監督がいましたが、そんなこともありつつ快勝。相変わらず女子代表のほうがよほどサッカーらしいサッカーを見せてくれます。個人の戦術眼便りの守備と違って組織として連動。必ず数的優位を作り、プレスの位置・囲む位置・奪う位置全て計算済み。FWはただボール受けて削られて倒れるだけのだれかとは違い前向いて勝負するし。山本不在は後半になってやはり痛いなぁと感じたし、決定機を再三外したのが後になって響かねば・・・とも思うし、奪った後の処理など注文はありますが、まず最高のスタートでしょう。
8/9
堕ちる堕ちる堕ちる堕ちる・・・・・・・・ 
さて小日本の小市民が作成するJUBILO MANIACSは、いつまでも胸くそ悪い木○中華のことなどにかまっていられません。で、すっかり忘れら去られていそうな日本クラブユース決勝結果  
 もみじまんじゅう 4−1 ジュビロサブレ   詳細  
残念ながら5年ぶり制覇ならず、もみじまんじゅうにお菓子コンクール2年連続金賞を許してしまいました。全日本ユースでなんとしても雪辱を。東海青田買い作戦集大成の年なんだから。ま、準決勝で鹿に勝ったからいっか。
ユース強化という、数年後にそれなりに明るい展望が開けるかも・・・みたいな可能性をほんのわずかに感じたまでは良かったんですが・・・・・

でさあ・・・・これなんなんだよ
テメエらよォ、おらァ!
8/7
西へ向かってあっかんべー
「我々は負けていない」とかなんとか言いそうな決勝点でしたが、あれだけおいしい笛吹いてもらったんだからチャラにもならんわな。3-1だし。タイ戦の次に楽な試合で。「2軍」に負けちゃいましたね♪  どっちが幸運で決勝まで来たこのかが露呈してしまいましたね♪ 怖くねぇ〜 
でも・・・・勝ったからといってコインブラさんの無能ぶりは今大会でも明らか。特に“逃げる”ときはケツのアナ小さいし無策だし。「感動的要素」にごまかされてはいけません。じゃ、なぜここまで苦しい戦いに“なってしまった”のか。勝ったのはあくまで選手の頑張り。帰ってきて使い物になるかしらン・・・・
ちなみにベストイレブンにヨシカツ・フリフリ仮面・ボンバヘッ・チュンチュケが選出。DFでマコだけが選出されませんでした(哀) 。8/8誕生日なんですからその辺ご配慮願いたかったなぁと。ここはヒデトさんに優勝メダルでもみせびらかしてウサを晴らしてください。でもMVPは中澤だと思うんですけどフツー。で、フェアプレー賞が中国というのも納得いきませんな。ま、中東各国は実質論外だから選択肢は無いか。でもたとえ選手がフェアプレーだったとしても奴らで「ロボコン−100点」です。負けたからってあっという間にひけちゃって、仮にもファイナリスト(そんな概念もないだろうが)で準優勝したオタクらの代表にほとんど拍手することすら出来ないという底の浅さも露呈しましたね。
8/5
翼くんも岬くんも石崎くんもいない
5 - 0  鹿
3 - 0  磐田
ということで、2ndステージは差し引き 2 - 0 でウチの勝ち、という案はいかがでしょうか鹿さん。やっぱダメ?。
ラゴン ロナウジーニョの人間離れしたプレーには相変わらず驚きと楽しみがいっぱい。ヒデトさんがあんなふうに振り切られて無残に転がる姿などまずお目にかかることはありません。元々Rマドリーよりバルサ好きのアチキとしてはジュリやらラーションやら好きな選手が新加入。プジョルも熱くて好きだし今年こそ久しぶりに優勝などと期待してみたり。後はデラ・ペーニャが復帰・復活してくれればなどと・・・叶わぬ夢か。
で、そのコロコロ転がってたヒデトは前半途中で負傷交代。ヒデトが代わるくらいだからなおさら怪我の度合いが深刻ではないかと夜も寝られません。つーかサカつくやってるから寝ないだけなんだけど。
8/3
中国人民の皆様おめでとうございます いろんな意味で
と書いたところで中澤の同点ゴール。今度は中澤神に玉田神。ちなみにこれは○○○。どこまで悪運が強いのかコインブラさん。お気楽親父の強運など問題になりません。なんとなく選手全員の人生における幸運をすべて吸収しているような気もしますが。遠藤がマコ系泣き顔審判に酷い仕打ちを受けてしまったり。ただし審判の角度からだと“やった”用に見えるかもね、アレ。そういうことも考えてプレーしないと。遠藤より ||'◇'|| のプレーがよっぽど危険なんですが。

ま、またもやコインブラ解任・辞任のチャンスを失ったわけではありますが、今回もたとえ負けても言い訳てんこ盛り状態だったし負けたところでそれはかないそうに無く。観客はまだしもあからさまにバーレーンを応援している記者連中、いや明らかな大会関係者など見るにつけ、「こりゃ勝たねば」と久しぶりに心底応援しました。コインブラ選抜とはいえ日本代表には違いないので。

あ、そういえば西がまた随分とんでもないところで使われてしまいましたね。しっかりイエロー1枚GETしました。後はトシヤさんですがこりゃどう考えても出場はなさそうです。決勝で後半40分で4-0リードとかでもしてない限り。でももしそうなったら暴動おきて試合どころじゃないでしょうが・・・・そんな可能性は皆無ですから心配無用か。さて相手の中華。今度のええじゃないか民衆はいったいどうなるのか。とりあえず勝っても負けてもヒデエ目にあうと思うので警備は厳重に願いたいですな。ドーベルマンでグルリ程度じゃだめでっせマジで。
8/1 劇団ひとり    その後
大分 6 - 1 上海申花

8/14 2NDステージ第1節 VS 大分  @ ビッグアイ

というわけでご存知のとおり磐田でのACLはこんなでしたね。出場メンバーがどうこうは別として。高松はいないけどウチのコインブラ選抜たちはボロ雑巾のようになって帰ってくること請け合い。いやな予感満載です。
さらに、鹿が5-0でバルサに負けたということで、「じゃあウチは・・・」と戦々恐々。首吊りだけはご勘弁願いたいのでホドリィゴさんにはくれぐれもラゴンロナウジーニョさんによろしく,・・・と。
7/31 だから川口獲れって    あ、傭兵さんすみません・・・
ヨシカツさんに神降臨。またひとつ“ヨシカツで勝った”試合が。楢崎の心中やいかに。やはり国際試合はヨシカツさんなのでしょうか。
日本が奇跡的にPKを制し中国10億国民の方々もさぞや肩を落としていられるかと存じます。当方といたしましてもコインブラさん辞任・解任の絶好の機会を失ったという意味では誠に残念でなりません。でも負けても「審判のせい」だと話をすりかえられそうなくらい酷かったし、「窪地・高原・中田・小野・稲本・坪井がいない」というこで言い訳はたくさんありそうですが。
“評論家”諸氏・マスメディアがアジア諸国との試合で必ず言う「日本相手には引いて守ってくる。カウンターに注意」。どうも彼らは過信・妄信が酷いようです。良識ある日本国民は、いやアジア諸国は気づいているんですョ、今の日本はそんなに“強く”ないってこと。強いとか弱いというよりショボイという表現がいいか。“悪くても”結果として勝ったりそれなりには戦えたりはするわけで、そういった意味ではかつて70〜80年代の“冬の時代”からすれば雲泥の差があるわけですが、だからといって別に圧倒できるような強さはないわけでね。対戦相手は「勝てるよ、全然怖くないし」みたいに思ってますって。オマーンだってヨルダンだって、下手すりゃシンガポールだって「勝てるョ」って思ってますよ。韓国やイランが公然と「日本なら」って言ってるのも挑発でも強がりでもなくて本心だねきっと。
7/25 前田のチーム・・・・・・・・なんて
YN杯。他力本願ではあったわけですが自分たちが勝たないことにはどうにもなりません。情報によりますと相変わらずヒデトが人身御供的に、「残り人生僅か。悔いの無いよう・・」かのように動き回り、もはや“あの”前田がチーム一の運動量を誇るような状態。最近は傭兵さんのセーブも虚しく結果がついてきません。つーか結果どころか内容すらもないわけですが。で、またもあいも変わらなかった成岡とカワムにつきましてはやはり広島商に修行に出したほうがいいかと思われます。
そんな中カレンがスピードを生かしまずまずのプレーを披露したと。それはそれでうれしいのですが、ノブオの立場が非常に危険ということで・・・ムムム。まあ誰でもいいからチームをぶっ壊すような元気のいいやつが出てきてほしいんですよ、実際。
7/22
子猫ちゃんはリィゴにガヴィオーン
先日のHONDA戦に続き浜松大戦も相当に酷い出来だった模様。というわけで最近イラついたコメントの多いお気楽親父もとうとう「これで力が分かった」と半ばヤケッパチ発言。監督の力はどうなんだというツッコミはさておき戦術どうこう以前にチームとしてマジでやばい状態に突入しているような。こんなときにトシヤがいないのも痛いなぁホンとに。
そんな中またもやクラブは「はは呑気だねぇ」な企画を開催。人選が芸能界の“パッケージ”的ではありますが。しかもまたずいぶん奥地でやりますなこりゃ。正直どれだけ人が来るのか心配になりますが、それならそれでホドリィゴが好きな温泉でのんびりできるからそれでいいか。つーかその予定のところにサイン会無理からブチ込んだような、いやきっとそうだ。
7/20 惜しいドリブル1
気分だけは中学生のままで後先考えず無茶をするため常に怪我が絶えず、先週末には左ひざを打撲した挙句に右臀部の軽い肉離れをやってもーたごおるきいぱあ@JM“医者嫌い”管理人です。皆様はお元気ですか。ワタシはオマーン戦のあまりのヌルさに健康をさらに害しました。あー気分ワル。
なにが驚いたって試合後のコインブラさんへのいんたびう。「監督の思いが伝わっていました」ってアンタ。まず“思い”ってどんな思いが伝わってたよあの試合で。さらに言うと“思い”ってあるのかコインブラさんに。いや“思い”はあっても“考え”はなさそうだな。ちなみに思いと重いをカケるなんてベタなことはしませんよ。
7/19 大人な理由か
貴重な五輪バックアップメンバーの前田が韓国遠征辞退。一応怪我ということですが、もしかすると急遽とっても大事な試合になってしまった7/24名古屋戦に向けてクラブから山本さんに電話の一本でもしたのかもしれません。「後生だから、一生のお願い」みたいな
7/18 市原化
速報クリクリ新潟戦。警告→ゴールと、西野らしくいいかなと思っていましたが、傭兵さんの鬼神ごときセーブも虚しく引き分けと新潟に勝てません。ああ市原の影が・・・。お気楽親父も随分ご立腹だった先の練習試合HONDA戦の不出来もそのままにズルベッタンな試合だったようですな。今回もお約束の「ミスが・・・」「足が止まって・・・」のオンパレードの試合後いんたびうですが、要するに悲しいかなそれが実力と言わざるを得ないのかなと。というわけで予選突破はまたもや他力本願な状況になりますた。
そんな中紅白戦要員として召集された西がまさに面目躍如のFW起用。ところでウチでまったくFWとして機能しなかった事知ってますかね
7/17
桜咲く  桜散る
水曜どうでしょうリターンズの放送がとうとう終了し、7/21からの2004最新作放送が待ちきれない静岡県在住のごおるきいぱあ@JM一応管理人です。ああ、プーさんとジャックが忘れられない。
というわけで五輪代表。菊地はチュニジア戦が効いて当選、前田がバックアップという大変微妙な立場に。西野とか成岡とか大海とかはもはや論外ということです。バックアップ要因は7月末までは代表に帯同し以後クラブへ帰還。ということで2ndに向けてクラブでの練習にはそこそこ参加できそうです。ただし帯同期間のモチベーションをどこに持ってくるのか2ndにも影響しそうな。代表入りしてずっと控えというのとどちらが良かったのか微妙なところですが
7/14 流石
いやあ、曽ヶ端やりましたな。OVERAGOの存在感をまざまざと見せつけてくれました。常々言っとりますが曽ヶ端はビッグセーブもありますが、ヤマカケ守備による失点・ポジショニングのミスが多く、私は代表に?をつけざるを得ません。ヨシカツみたいな誰が見ても“コラコラ、出すぎだろうよオイ”とかいうものよりも、GK経験者ではないとわかりにくいタイプのミスがあまりに多いのです。とはいっても今回はもう論外で、これならウチの某でも一緒じゃんみたいな。某の場合OVERWEIGHT枠ということになるのでしょうか。ま、これでその他選手の曽ヶ端に対する信頼感はマイナスポイントからスタートですな。でも元々がHやKだったから免疫はできてるかな
7/12 私事 ・・・ 虎視眈々
今季社会人リーグは高卒18才の新戦力、ヤングボーイ数人が活躍してくれています。というわけで夏場はとみに体力的に厳しいオジサンたちは迷惑かけないように控えめにやらせていただいています(磐田でもヤングボーイに活躍していただきたいものだと切に願うしだいです)。
しかぁし、40〜50代中心のOVER30オヤジサッカーにおきましてはこんな私でもヤングボーイ。それなりにいい仕事しちゃったりするわけです。今季はGK(私)からのキック直で5試合アシスト3。さすがにオヤジサッカー(しかもその中においても底辺)においては、当たれば飛ぶ私のキックは武器になり、トップに走れる人を置いてDF裏へ蹴ってしまえばDFのオヤジは追いつけません。GKも本職らしき人は少なく「やらされてる」人ばかりで前に出る怪しさは某磐田GKなんてものではありません。こんなところにいると自分がとても上手く感じられてとても幸せです。いいじゃないの幸せならば。
で、調子にノッテ時折ドリブルなんぞもしたりしますが、先日はイギータよろしくドリブルをカットされアワワ。しかし先日J2ではこんなゴールもあったことだしやっぱり私も一発狙ってやろうかと。というわけで全く反省の色も無く今季目標を 試合数>失点 から得点1・アシスト7に修正。失点はあくまでDFの責任と割り切る方向で。だって中学生のときPK負けで1日何も喋ることが出来なかったほどナイーブなんです僕って。
7/10 教育は大変です
ここ数年今ひとつ潜行気味であったユースがプリンスリーグ優勝。藤井・岡本のチンピラ2トップ他有望選手群ももう高校3年。久々のクラブユース・全日本ユースへと、“最強”広島ユースも叩けと期待は高まります。
福西のスロバキア戦ゴールについてはJでもあんなにフリーでは打たせてくれないようなゴールなのでとりあえず「良かったね」程度で。
それはそうと問題のホドリィゴ。移籍問題は裏でいろいろやっているとは思いますが一応まだ契約途中の身。どうやら日本に“帰ってきた”ようですが予断は許しません。しかも磐田に残ったとしても悪いことにまたもやくだらない規制がかかり、「ユニを脱ぐ」どころか「頭にかぶる」のも警告対象にとのお達し。遠足のお菓子は300円以内OKだったものが200円にされた挙句「バナナはお菓子」どころか「弁当箱の中のウサギちゃんりんごもお菓子」みたいなくだらなさ。どこの誰が考えているのか、そいつらはサッカーやったことあるのか疑わしくなります。別にあたしゃパフォーマンスが楽しみってわけでもないんですが実際楽しみにしている人もいるわけでねぇ。それがサポーターとの接点にもなってるわけだし。過度な時間稼ぎとかになってるわけでもなし。お役所でんなほんとに。
7/9 レーハーゲルか、うらやましいな。我が国はなにせ
さて全くもってネタ不足の昨今、当サイトもご多分に漏れず更新頻度ガタ落ちです、つーか更新意欲が無い・・・いや暑くてやってられっかよみたいな。
ユーロ2004もアウトサイダーと思われたギリシャやら北欧勢の頑張りもあったものの、サッカーそのものが期待外れの内容でつまんなかったし。あたしゃウインブルドン女子を見てたほうが楽しかったよ・・・つーかシャラポワのみ観てたんですが。杉山VSシャラポワもシャラポワしか観てませんでした、エヘ。
コパ・アメリカ始まったんでそっちにかすかな期待を込めて。ベッカムもジダンもいないしサッカーファンにすら気付かれていませんが。
7/4 西野腐敗神話継続中
ふらふらと出かけていた私ですがそれでも一応「オールスターでも見っぺか」と帰宅。・・・・あら?、放送席には出場しているはずのオヤジ二人が近い将来の予行演習を。というわけでアタシャすっかり7時KICKOFFと勘違いして前半を見ていません。いやどうやら磐田的には見ないほうが良かったようで。まあ傭兵さんは大人のプレーということなんですよ。やはりこういう場所では派手に“ゴール量産”が求められますから空気を読んだということです。決して傭兵さんがナニだとかいうことでは無いのです。無いぞ、無いんだもん!
で、どういうわけかベンチに座ってたお気楽親父は何しに行ったんですか?
7/1 リーグとリーグの狭間でふと気付く
そういえば今年になってからトップと「名鑑」以外のコンテンツを全く更新していないことに気づく。ゲームレポどころか戦績すら未更新。いやあ怠惰な管理人だと我ながらうれしくなりますな、わはははは。
というわけでお詫びと言ってはナンですが久々に記憶に残る選手をUP。ここ最近のアクセス解析によるとなんといっても「長澤和明」での検索がダントツ。言わずもがなですが「世界の中心で愛を叫ぶ」出演の愛娘、女優長澤まさみ
サン絡みであるわけですが、まあせっかく来ていただいても大した記述はありませんでしたのでここはそんな方へのサッカー啓蒙のためにもと。
長澤まさみさんの父さんはこんなに短気な立派な人だったんですよと。