過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2004年4〜6月  2004年7月〜9月
2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
12/31

監督税
あんなことも、こんなこともありました。そういえばどうでもいいけどこんなことだってありました。いろんな意味で濃密だった2004年が過ぎ去り2005年を迎えます。2004シーズンの締めくくり、2005年の始まりを国立で迎えられる幸せ。皆様、選手に感謝しましょう。
しかし、さいたまの彼らもそうでしたが、今回日テレの平本も山本監督にリベンジと燃えております。ま、たしかに啓太はちょっと・・・という気もしますが、それが監督の仕事でもありますから。有無を言わさず使わなきゃいけない程のものをあなたは見せたの?と。ま、恨まれるのも監督という仕事のうちでしょうかね。
というわけで明日は朝から全日本女子選手権-天皇杯とロングラン。日テレの2冠だけは勘弁。出来れば念のためユースの試合を天皇杯後に保険として用意しておいて頂けるとありがたいなと。
12/30
ゆく年くる年 2004年の教訓
サカマガ連載の”サッカーの素”。だーいぶ前に「キーパーどうよ」で太字掲載されました。完全に本人は忘却の彼方でしたが、年の瀬も押し迫った今頃(忙しいであろうスタッフの方々には失礼だが)太字掲載者に贈られる”サッカーの素4世”到着。太字掲載に挑む方の夢を壊すといけないのでなんだったかは秘密。
掲載作品
もう少し 攻められたなら 育つかな
           磐田サポ 心の俳句
攻められても一朝一夕には育たないことを学ぶ。やはりこうなったらGKコーチをピー  そんな中、大神がサテコーチ就任とのハナシもあり (; ̄∇ ̄) 
12/29

ヨン様降臨
ウワサのヨン様こと崔龍洙の移籍が決定。
タテマエ的には”スタメンは競うもの”でしょうが、事実上は1枠決定か。となると相棒は・・・。
”売るなら今”とおぼしきホドリィゴの移籍はいよいよ現実味を帯び(たまにはちゃんと移籍金ふんだくってみなさい)、前田が最右翼か、いやいや中山も怪我さえなければ。カレンの成長も切望するし、例の平山枠もあったり。西野は・・・・、とりあえず岡本・藤井に抜かれないように。

で、来る人あれば去る人も、というわけで、大海が大分へレンタル移籍。今季はほとんど出番も無く予想通りというか。ネタ的にはそこそこおいしい選手ではあっただけに、期待していただけに残念ですが。
12/27
「んじゃ、後はよろしく」じゃねぇゾ
心情はよーく理解できますよぉ。2001年のウチがそうでしたから、いやそれ以上でしたからねぇ。来年がんばってください、そこそこで結構ですが。
で、天皇杯決勝チケ。こちらはそれなりには”はけた”ようですが、まだかなりの枚数が”さばけず”残っており、残り4日でどこまでさばけるか。チケゲッターには大赤字を食らわしてやりたい気分ではありますが、さすがにそうはいかないか。そんな状況の中、磐田・日テレを中心に各方面で大混乱をきたしている模様。
準決勝後での現地叩き売り組や、ヤフオクユーザーなどはある意味特に困らないのですが(チケゲッターや高値転売など功罪は別として)、IT時代といえどもすべての人がそういったことをするわけでもなく、ていうかしない人の方が圧倒的に多いわけでね。
実際ほとんどはさいたまサポが購入しているであろうだけに、ガンバ・磐田・日テレも含めてサッカー協会なりJリーグと協力して公式トレーディングセンターとか作れっつーのよ。各クラブのSHOPとかも使うなりしてさ。それだけでもだいぶ違うんじゃないの? さばく手段や購入する手段を持たない人、めんどくさい人でもそれならなんとか出来るでしょ。定価割れ高値転売だって少しは避けられるし。「なんとかしてください」ってのは客が言うのならいいが協会やクラブが言うことじゃないぞ。少しくらい身銭キレってさ、こーいう場合。2002W杯のときもそーだったが”テメエら”が動けって”テメエら”が。

PS 山西さんへ
森本が復帰するそうです。 ま、いっかたぶん控えだから
12/26

自己マン
先日サブPCの電源を換装しましたが(参照)その後PCは好調。気を良くした私は、明らかに容量不足に陥っているであろうメインPCの電源も換装。
で、←の写真がその電源ENERMAX EG475P-VE。賢明な磐田サポの方々はもうお気づきかと思いますが、そう、色が”磐田”しています。製品としても巷で非常に高い評価を受けている物で、少し他メーカーに比べると価格が高いのですが、やはり性能面と共に最終的に決め手となったのがこの色です。
ま、PCの中に入っちゃいますから隠れて見えないんですけどね。磐田サポたるもの細部のディテールにもこだわるものだと。またしばらくしてケース開けた時に”おー、磐田してるぜ!”みたいな。
ちなみにしつこいようですが、私は粘着質秋葉原系ヲタではありませんので念のため。
12/25

元旦国立
個人的にはいつものように無惨なX'masでしたが、磐田的にはたくさんのX'masプレゼントをいただきました。
”村井獲得に前進”とかは眉唾ですし、ヨン様入団ほぼ確実とか、菅野フィジコ復帰とかはほんとにプレゼント言えるのかどうか意見も分かれるところですが、さいたまに勝利というごく一部の磐田サポ以外は全く予想だにしていなかったBIGプレゼント。さいたま方面の方々はおそらく微塵も勝利を疑っていなかったであろうと思われ、衝撃の程を計り知ることは出来ません。各方面で大量に売り出されるチケの行く末やいかに。川渕主将も心配しておられます。
教訓
せいてはことを仕損じる
12/24
というわけで、 神戸がまたもやトシヤにちょっかい。色々な状況をかんがみるに、移籍の可能性も感じてしまう、そんな薄ら寒さも憶える今日この頃、3年ぶりにクリスマスモードにしてみました。もちろんこんなことしたからって、私になにやら浮いたハナシがあるとかそんなわけではありません。つーかこんなことしてる時点で明らかに暇な野郎なワケです。ま、気分だけでも若かりしころに戻ったつもりで・・・また虚しい妄想に励むことにします。
あ、そういえば昨日予約していた゜セカチュー」のDVDが届きました。世の中にはカップルで、涙しながらろまんちっくな夜を迎えるクソ野郎ども方々も多くいらっしゃるでしょう。ボクはもちろん独りで見ます (T∀T;)
12/22
さらに衝撃!?  社長交代!
なんだかクマたん絡みで東方よりずいぶんご来訪いただきましたが、かつてこんななんちゃって同盟を組んでいただけで大した情報は無いんです、すびばせん。まあ玩具としてとか、ネタ系サイト様などには大変便利な商品だと思いますので有効にご活用ください。ウチは選手としての活用はできませんでした。
で、よそ様はいいとしてウチは新たに市原MF村井にオファーとか、限りなく実現性の薄そうな補強策も聞こえますが、そんな中いきなり社長交代。右近といえば左近ですが、社長と取締役社長の入替って・・・対外的にもあまりいい印象は与えませんがどうなんでしょうか。
12/21

またもや衝撃!!  クマたんFM横浜へ!
なんとクマたんがあのFM横浜へ。磐田から湘南へ移籍直後、救世主的働きで一時は「神」ともあがめられたクマたんも、監督の構想外となったか今季は出場機会激減。ついには解雇の憂き目に会ってしまいました。まさかこのまま引退などと・・・と思っていましたが、よりによってまたアンタ。そういえば磐田ではいろんな意味で「奥二世」とも評され期待されたわけで、これも因縁というのでしょうか。奥二世とは言っても「金払うからチョメチョメ」とか言った訳ではありませんが
ポジション的にはさすがのFMも決して厚くない部分でしょーから意外と出番は多いかもしれませんな。なんかまたやられちまったりしそうなニオイがプンプンしてきますな。奥にもやられっぱなしだしぃ。
12/20

点取屋
VSヤンツー  やはり順当に延長
いやあ、ナニが驚いたって清野が"スペースでボールを受ける"ことを覚えたんだね。成長したなぁ。で、それはそうとあっちの方は・・・以下自粛。
で、そんな他人様のことをウダウダ言っていられないウチはJFL中位に苦戦が続き、J2最下位に延長。ということで、これはやはりJ113位の実力と理解するしかないのでしょうか。途中出場とはいえ相変わらず37歳が一番一所懸命動いてるよーでは仕方ないな。ま、その37歳も一本決定的なの外しちゃいましたが。秀人さんの欲求不満は手に取るよーでした。"えーかげん点取れやゴルァ"みたいな。ヨン様獲得なんつーハナシも出てますが、この際もうヨン様でもイ・ビョンホンでも誰でもええから何とかしてくれや。あ、でもどうせチェならチェ・ジウのほうがいいな♪
12/18
絶妙すぎるぞ
←はドイツ戦から一夜あけた12/17静岡新聞朝刊の一面広告"楢崎@PUMA"です。なんと絶妙な・・・。
ま、そんなことはどーでもよいので磐田のハナシ。真偽の程は定かではありませんが、韓国代表に触手やら、例の平山・徳永のハナシもほぼ決まりだとかいうハナシももれ伝わってきている中、なんだか唐突にU19セネガル代表FWが練習に参加。"あの"セネガル代表と言われれば「ディウフみたいならいいな」とか期待せずにはいられません。アフリカというくくりならボマちゃんとか、アモカチとかイエボアとか。この際なんならウエアみたいだったら言うことねぇなとか、妄想だけは膨らんでいきます。しかし"並び"でまったく違和感を感じさせないケンタローもある意味なかなかのものだなと感心。
ビバ高山
グレート草津が勝利。いやあ小島翁素敵でした。
FM横浜を勝たせようとする"なんらかの"圧力がかかっているとしか思えないような判定をくりかえす主審でしたが、まあ高山ですからあながちそうとも言えなかったかなと。あれが"デフォルト"ですからね彼は。
CSと代表召集でずいぶんとメンバー堕ち。JFL3位に敗れたFMですが、フルメンバーでJFL8位にグタグタのシナシナのズタボロの勝利という磐田のどっちがいいかと言われれば、それでも勝った方がいいやと思える昨今の私です。ただしウチの場合メンバーが落ちるとこの有様なんですがね σ(-_-#)
12/13
NHKの目論見ほぼ成功 
本日は某所で試合。というわけで磐田の試合はBS1生中を録画。どういった意味合いで生中継に至ったのかというと、何でアレな気はしますがせっかくですから。で、試合が終わって帰宅。とりあえず結果は・・・とネットにつないで公式確認。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
勝ったからいいや。リーグ戦3連敗だし。
まあそれでも一応どんな試合だったのかとHDDレコーダーを立ち上げると、画面に映しだされたのは柔道に励むお子様に人形浄瑠璃。BS2を録画してしまいましたとさ。でも、これってむしろ幸運・・・?
12/10
元旦や 餅で押し出す 二年○ソ 
と、北野武様ものたまっておりますが、ヨシカツさんの入団でGKが人数的には飽和状態。ユースからの大量昇格もありーので、当然と言えば当然ながらところ天ヨロシク押し出されてしまう方もいらっしゃいます。
というわけで、柳下監督率いる札幌に加賀、高原が移籍の模様。さらには湘南を解雇になったクマたんまで獲得に動いているらしく。まさか札幌に鞍替え?"とかなんとかいうと怒られそうだからやめときますが第二の湘南化計画が進行しているのでしょうか。
で、その湘南では一部主力を除いて山田監督はじめクマたん・船津・原・挽地など磐田勢はのきなみ解雇となっております。
12/7
 スポニチより
 社長は切られました

まだ仮。どんでん返しはないですよね? 
ヨシカツ入団に沸く磐田ですが、ある意味不安の種が増えたとか、それよりGK○ーチをなどとという声も俗世間では随分聞かれます。ちなみにヘッドコーチ就任のオファーをしていると言われる今井雅隆氏はGKだったんだよーん、しかも本田の。その後の経歴をかんがみるに不安はたっぷりなんですがね、ア○スパとか。
というわけで社長いわく「ノアシェランとパートナーシップを」などとHSVでも全く履行されていない協力関係など築こうとしています。ただGKにいいコーチがいるという部分に関しましては見過ごすことは出来ないであろうなと。監督いわく「優秀なGKが育っていこうとしている」状態ですから。ねえ○さん
12/6
  私も川口ですが
川口が2人
ほんとにヨシカツさん入団。大岩以来の"現役ビッグネーム"補強で、ある意味カレン入団決定と同じくらい、いやそれ以上のサプライズ。山本監督の存在か同級生のマコの存在か、大滝先生の鶴の一声かそれとも"優勝を狙えるチームで"ってデンマーク行っててデータ古くて勘違いしちゃったのか。
"華麗なパスワーク"と並んで磐田といえば"GKが穴"。磐田サポのみならず他サポにも認められ・・・どころかお楽しみの一つとなっていましたが、一応これで終止符が打たれそうです。ヨシカツのプレースタイルと磐田の守備スタイルとは合致する部分も多くはまればとても楽しみなことになりそうです。ただし時々"やってしまう"タイプですから、その辺は攻撃的GKの宿命ということで。攻めることでくい止めることのほうが圧倒的に多いわけですから。
12/3
◆スタッフ
今井雅隆氏にヘッドコーチ就任要請
◆補強
ユースから6人昇格内定
筑波大 平山、早稲田大 徳永に練習参加要請
川口(ノアシェラン)と交渉中
黒部(京都)に山本監督興味津々
◆契約更改
戦力外通告無し。全員と契約の方向
◆ついでに
松原良香(静岡FC)が大宮の練習参加
鳴尾(鳥栖)が戦力外通告
大神(福岡)が今度こそ引退、コーチ専任に
とりあえずいったん整理
リーグ戦も終了し補強やら契約のハナシもど飛び交っております。というわけで磐田関係のハナシをまとめてみました。
今井雅隆氏についての詳細はネタ温存のため明日に。現FC東京特別指定選手徳永への練習参加要請というのも驚きですが、平山って。磐田で平山&カレン2トップ実現か! 複数クラブの要請の中で磐田には前向きといわれていますが、特別指定の条件"地域性"の判断をJがどう判断するのか。
今までは"またかよ"的だった川口の件も今回は現実的。高原がHSVと契約延長という今、黒部というのも非常に現実的てあります。ですがある意味一番の驚きは全員と契約更新とは。加○・大○・高○・森○あたりは相当ヤバイと思ったんですが。あ、ガヴィオーンさんとか貸出中の松下はどうなんでしょうか
11/30
順位 チーム 勝点 得点 得失差
磐 田 48 54 +10
鹿 島 48 41 +10
名古屋 44 49 +6
FC東京 41 40 −1
東京V 39 43 −3
10 新 潟 37 47 −11
11 神 戸 36 50 −5
12 広 島 31 36 −6
13 大 分 30 35 −21
14 清 水 29 37 −16
15 C大阪 26 42 −22
16  柏 25 29 −20
気持ちよくなる創意工夫・・・ムダな努力
さて、「残り全部勝つ」と開幕から言い続けた2ndも、最後は残り全部きっちり負けました。
ちまたでは就任当初あれだけ歓迎された山本監督も、すでに例の"テスト"が磐田サポの間ですら問題に。まあ「あれだけ歯車の狂ったチームを立て直すのに2週間や3週間でどうにかなる程甘けりゃ誰も苦労しねえだろよ」と強制的に納得させながら、私はとりあえずしばし沈黙。信じるものは救われる。ちなみに"信じるものに救われる"は谷村有美で"信じるものしか救わないせこい神様"と歌ったのはB'zですが全くどうでもいいことです
で、左は2004年間順位ですが、ほら、1〜4位を消してしまえばこんなに気持ちのいい順位になるよみんなぁ! 住金もトヨタも鈴与も、日テレだって楽天だってみんな磐田の下さ! 
11/28
2nd終戦。この際それは置いといて・・
清水のGK真田が引退。うーん残念。「てめぇ"えすぱ"の選手じゃねぇか!」との声もあるでしょうが、ガキのころから見ている私には思い入れが強い選手なので許して下さい。GKだし。私の周辺でもサッカーとは無縁の女子が「真田さあ〜ん♪」状態な存在だったのよ昔は。
J開幕戦でモネールにやられた"あれ"があったり、シジマールの陰に隠れ不遇を囲った時代もありましたが、それもまた糧として成長。抜群の安定感をほこり守備範囲、キックの精度、スローイングの速さと精度どれをとっても一級品。まさに守護神として君臨。なぜか代表には縁がありませんでしたが(若かりしころにちょびっと)。磐田な私としては正直ウチにいればなあと・・・・。
今後は後進の指導に当たるようですが、なんならウチで現役復帰という手もないことはないという・・・
11/24
奥様に似ますように
チャリティ@新潟が決まりましたが、「功労者」というある意味”過去形”な選出基準で何人もウチの”欠かせない戦力”が選ばれてしまうところが悲しいところです。まあ中には功労者というよりもいいように使われて結局貧乏くじ引いたみたいな人も混じってますが気にしないように。選出された皆様には心もちだけでも”大黒と同じくくり”な意識で頑張っていただきたいと思います。
で、功労者中山様につきましてははついにお子様誕生ということでなによりです。ただ女の子ということですので、やはりサッカー界にDNAを残すという意味で、高齢出産になりますが男子を産むまでは智子夫人にも頑張っていただきたいなと。 
11/23



ヒサヤにやられるならばまだしも
西野vs山本(泰正vs浩正ではない)という”自称サッカー通の間ではすっかり能無し扱い”元五輪代表監督対決。山本監督リーグ戦初勝利はまたもやお預けです。
ま、そんなに悲観することもないでしょ。西も復帰、太田もノブオさんもキレてるしホドリィゴも調子を戻しつつあり。微妙に山本色も出つつあったし闘う姿勢もあり型はそこそこ出来てた。内容はまあまだったなと。バーやらポストやらにカッツンカッツン景気良く当ててたしぃ♪。あとはFWで中山・トト・高原あたりがきちっと決めて、DFとMFでアディウソンとドゥンガがそれぞれビシッと締めてくれれば問題はないでしょう、ウン。え?それじゃダメですか? 
11/21
勝てば官軍 何を言っても負け惜しみ
埼玉の皆様、負けましたけどレッズ優勝、大宮J1昇格おめでとうございます。王国埼玉復活ということで一部マスコミが盛り上がってますが、一応負け惜しみで突っ込むとレッズの主力に埼玉出身は山岸と内館のみ。静岡出身は山田・長谷部・啓太・平川にこの際アレックスもいれちゃおうか。来季は藤枝東の赤星も加入のウワサ。というわけで静岡に足を向けて寝ないように。レッズの優勝はなんやかんやいうても見事。まったくケチなどつけるつもりはありませんが、”王国復活”とは違うんでない?みたいな。没落仲間静岡と仲良くしましょうよぉ。
ちなみにウチは太田がA契約条件クリアで入浴権獲得。成岡が意外にもリーグ戦初得点。負けましたけど。前田が磐田キラーになってしまいました
11/18
鳴尾と平野のかわり?
最近テレビでも"挫折を味わった元イケメンJリーガー"として露出度も多い松森クン。最近は別営業の多いドゥンガ閣下のかわりか鳴尾・平野のかわりか(古)、いや単純に営業でしょうがここぞとばかりにサイン会など開催してしまいます。人間やはり"チャンス"と"タイミング"の見極めは重要なことです。当然のように「サッカーのある場所」を"その場で購入"という現世のリアリティーあふれる条件付ですが、"とっくに買っている"最も感謝すべき人たちになにかありませんか?
11/17
こんな時代も 絹の靴下
♪もお〜ぉイヤぁ、絹のくつしぃたぁは〜♪
と、いうわけで夏木マリの国歌斉唱にはおったまげました。若い人にとっては"湯ばあば"でしょうが私にとっては"ゴールデン・フィンガー"な"セクシーお姉さん歌手"夏木マリでした(あくまで過去形)。"5オクターブ奏でるってすごいな。マライア・キャリーが7オクターブだったっけ。普通の歌手でも3オクターブ操れればたいしたものだっちゅうに。ちなみにリアル湯ばあばといえばこの人です。
本日の収穫
夏木マリ国歌斉唱
フィリピン国歌斉唱した女の子。
土肥
                       以上。
11/14
笑顔
「笑顔でやってます」。
ほんとかいと言いたくなりますが、 磐田・本田などでの監督時代は年を経るごとに熱くというか激しくというか、怒りっぽくというかブチ切れまくったというか。現在女優としてブレイク中の娘には「そんなお父さんは見たくない」と言われてしまったという長澤和明氏ですが、現在、静岡常葉橘高校の監督となっております。
で、その常葉橘が選手権静岡大会で決勝進出。3年生はおらず2年生と、昨年中学で全国制覇した常葉橘中のメンバーが中心。決勝では本命藤枝東と激突。正直まだ力の差はあると思いますが、まあがんばれや。
「プロですから、3年やって結果を出さないと恥ずかしい」と、笑顔の中にも"プロ"としてのプライドを口にしておりました。高校生だからという妥協はないようです。
11/13
ノブオさん復活
思わずこんなことを思い出しましたがとりあえず"大恥はかかず。残念でしたね山本ギライな皆様。
内容はしょぼかったですが、佐川にはこんな仕打ちを受けたチームもあるし。どうやらほかのJクラブも初戦はなかなか苦戦してるようですし、海外でも3部・4部チームにトップのチームが負けることは日常茶飯事ですから・・・って、・・・、・・・。
でもJFLという2つ下のカテゴリーの8位チームに「ほんの少しの差」と言われてしまうのが悲しいなあ。以前は「思い知らされた」とか「いい授業を受けた」とか言われたのにねぇ。ま、ノブオさんの相変わらずのぎこちない突破が見られたからいっか。時折バグったりフリーズしたりするのも相変わらずでしたが。
11/12
イジリー西野
昨夜のものごっつい雨で我が家は床下浸水してしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか
さあいよいよ山本監督所詮初戦です。相手はまたもや佐川急便。とはいえ今の磐田は余裕ぶっこいている場合ではなく、あくまで"ベストメンバー"でいくのではないかと思う次第。代表組はどうするのかな。
で、練習では西野が"いじられ"まくった模様。完全に"笑われ"キャラと化していたようですが、いじられるということはそれだけ期待しているということの裏返しでもあり。まあそれでも「お前は考えなくていいから」まで言われる西野って。そうか、今まで「少しは考えろヨォ」と言ってたのがいけないんだね。考えても無駄だし本能の赴くままのほうがいいのか彼の場合。
11/11
内に秘めなくていいから
"監督交代"の場合の即効性という意味では選手の気持ちをリフレッシュ、リスタートさせることが出来ます。というわけで成岡と大井が燃えているようです。退場などあったもののこのところなんとなく"いけそうな"雰囲気を醸し出していた大井。ええ、オジサンはほんとに期待してますよ。そしてこのところ"いけそうだったのに・・・”と、正直落胆させられている成岡。磐田"ウォッチャー"なウチのツレには「成岡いらネ」とまで言われる始末。いや、そんなもんではないだろ。「成岡、お前がやらずに誰がやる。明日の磐田は成岡、お前にかかっているんだ」と言いたい気分。もっと我を出せ!この際コンビネーションなんて、バランスなんてクソ食らえ!ぐらいの気持ちでいったらんかい!
11/9
ロケットスタートの必要は無いです
”山本ジュビロ”スタートです。各マスコミではジュビロのことなどには目もくれず、山本監督のみが取り上げられておりますが、何にも相手にされないよりはいいじゃないですか、今の順位なら。そう思いましょう。
プロフィール欄も更新されているわけですが、なんだか監督だけで1ページ作れそうな勢いなんですが。ヤマハの山本から日本の山本へ、そしてまた磐田の山本に。世間では山本の磐田ですが。あ、ところで監督の下に掲載されている小学生は誰なんですかね?
で、山本効果か、ガンバ戦にもかかわらずあと一息でチケット完売の勢い。さいたま戦などは赤色サポが大挙して押し寄せますが今回は”一応”磐田な人で埋まりそうです。もしかしてまた地元の子供たちとか”動員”してます? そうだとしたらしくじったね、”売れた”のに
11/7
有終の美・・・とはいきませんでした
政一監督ラストはなんともはがゆい試合。両チーム2失点とも同じような型で全く学習能力が無いというか。岩丸は今日も素晴らしい反応を見せてくれはしましたが、やはり判断には問題があるなと。2失点の”スルー”ゴールは、どちらかというと相手に前に入られたDFに問題はあるのですが、GK未経験者にとってはGKチョンボのクソゴールに映ってしまい私の周囲でももうボロクソでした。GKとしては中に侵入した相手にタイミングを合わせるので見た目以上に難しいのですけど。まあとりあえず負けなくて良かったわけですが、とりあえずFWとしても福西以上の選手がいないという悲しい現実もあらためて浮き彫りに。さあ山本さんどうします、こんなんですけど。
11/4
早けりゃいいってもんじゃない
時として我々の予想の範疇を超える営業を魅せるYFCですが、皆様ご存知のように山本監督就任記念グッズが発売されることに。でもあんた、企画段階でデザイン決まってないのに予約開始って・・・。デザインまるっきり変わって”こんなんなりましけど”みたいに言われても。しかも発売来週って、まあずいぶん”やっつけ”。そこまでして売りたいかみたいな。どっちかつーと私的にはマサはマサでも政一グッズのほうが欲しいんですが当然出るわけもなく。山本監督の笑顔も魅力的では有りますが、”政一くん破顔一笑プリントT”なんかのほうがサッカー知らない人でも通用しそうな。笑い的に。
11/3
いっちょかみ
えー、はじめちゃいました"ブログ"。ここがブログになったんじゃなくて別のブログサイトつくっちゃいました。思いつきで行動する私はJubilo以外のことも書こうかぁ・・・などと。「Jubilo maniacsだって更新しねぇクセに何やってんだよテメェ」「たまには試合のレポートでも書きやがれ」みたいな声はこの際意に介さないとします。だってそんなのボクの勝手だもん!
というわけでまあどんなざれ言をぬかすのか見てやろうと言う奇特な方、ヒマ方はいらしてくださいませ。気になるアイツがどうのとか今日見つけたお洒落なカフェがどうのなんていう話題は一切出てこないと思いますが。ちなみにタイトルは某番組からパクッたことは言うまでも有りません。
追記・・・いきなりブログをミキティ楽天に変更。こっちのほうが融通が利くみたいだったしぃ・・・。
11/2
ドリーファンクJr
そういえば先日またまた例のクソガキがやらかしましたな。本人は反省してるようですがさて何度目でしょう。ここまで繰り返すと反省しているとは思えないのですが、まあ他人様のことなのでほっときましょう。私も似たようなものですからネ、わっはっは。セレッソ公式では"振り払おうとした腕が"となってますが、どう見ても振り払った後に思いっきり反動つけてエルボーぶちかましてましたけど。ま、福西に弟子入りすると良かろう、ウン。これもテクの内だと言ってみたり。
そういうわけでマコにとっては竹馬の友がいないということで寂しい限りでしょうが、気をつけなければならないのが古橋。JFL本田から7月に加入後即スタメン奪取、得点を重ねております。浜松出身、磐田東高サッカー部。あーなんかこう・・・やられそうだな。
10/31
最後にかならず"ナニかが"おこる
太田が先日の初ゴールに続いて今度は2アシスということですっかり調子に乗りました。イケルとこまでイケイケこの際。得点者が前田・西野でアシスト太田なんつーとちょっと前ならサテのようなスコアです。
で、西野はやっとのことでリーグ戦初ゴール。これでヘンな力みとかが取れてくれればいいとは思うのですが、前線でキープするときはコロコロ倒れないでもう少し力みなさいなもう少し。そんな君にはこれ
それから先発3試合で、すっかりミッキー・ロークかアルノかと思わせる猫パンチが定着した岩丸クン。君はもう少しパンチングの練習しなさい。ポストプレイじゃないんだから足下に落とすなって。せめて・・・せめてペナの周辺程度には弾いてください。そんな君にはこれ
10/28 決まりました
山本監督就任記者会見。大石隆夫くんがヘッドコーチという予想だにしない展開。大丈夫かいな。現職のマイケル・ホイは只今"役割変更"検討中とのことで゜チームに残りそうな。来季からは石井・菅野両氏も復帰する模様ですが、えー優秀なGKコーチとかは・・・。
今の状態で"世界"と言われるとこっ恥ずかしいのですが、あくまでもクラブとしての大目標ですから、たとえなんと言われようと下げるわけにはいきません。
で、注目の補強・世代交代等にも少し言及しておりますが、「若手にポジションを空けることはない」と。そして「力のあるものが勝ち取る」とも。"年齢など関係ない、力があるか無いか"ということ。ある意味至極当然ですが、なかなか難しいことでもあったりするのですがね。
10/27
決まりました
公式の発表はいたってシンプルというか、もうすこしなんかあんだろという気もしますが、山本昌邦氏監督就任が決定したことは間違いないということで。
アテネ五輪での迷走もあって世間一般では少し評価を落としてしまったようですが、磐田な人々にとっては切り札というか最終兵器ともいえるのです。
ただ課題は山積みで非常に難しい時期の監督就任。磐田のGMとして永く活躍して欲しいいと願う人も多いのですが、事によっては残念な形でまた磐田を去らねばならない危険性も多くはらんでいる状況でもあります。しかし結果が出ていない今だからこそ出来ることもあるわけで、そういう意味では"GM"監督としてはやりやすいのかもしれません。
10/26
薄ら寒いよぉ・・・、寒い・・・・
2005磐田公式カレンダー発売。現段階ではミニカレンダー以外の面子はわかりませんが、ミニカレンダーの面子から察するにいつもの面子との予想が出来。
しかしですなあ、山本さんの監督就任もほぼ決まったようでね、その山本さんいわく「年齢層にバラつきがあり良くない。積極的補強、しかもチームの根幹となる20代半ばの"盛り"な選手を獲得する」ことが条件なわけで。今現在チームの顔となっているベテランの面々も安穏としていられる状態ではないわけです。ただでさえユース6人の入団は内定しておりそのほかにも新人を補強する可能性大とのこと。つまり"新しいカレンダー作ったはいいけど半分いなくなっちゃったよオイ"みたいなことも決して無いとは言い切れないと・・・。
※なお左の画像はあくまでイメージであり、本文の内容とは一切関係ございません。
10/24
お兄ちゃん、僕やったヨ!
太田が"マンオブ君"の活躍。およそ磐田らしくない豪快なミドルでJ初ゴールを突き刺したり、西亡き後の磐田ではついぞ見た記憶のない"縦"への突破が見られたり。対面の新潟"なんちゃって25バナナ"慎吾ちゃんを完全に制しました。さらにはカワムが一生懸命走っていただけでなく、よもやのドリブル突破からGK股抜けちゃったゴール。岩丸は懸念された飛び出しに不安は残すものの、またもやビッグセーブを披露。2nd初の納得できる試合でした。それだけにホドリィゴさんの罰金ものの退場さえなければと残念でなりません。
で、忘れてならないのは開始早々のトシヤのゴール。あれで随分楽になりました。太田の活躍もトシヤの先制ゴールあってのものといっても過言ではないでせう。なんかとってもオフサイドくさかったけど。
10/23
鼻画鋲とかやめて
さて、新潟を中心として震度6強の地震ということで多大な被害が出ております。東海地震云々が語られ始めて30年近くなろうとしている今、"どーしよ・・・"とただただ恐れおののいてるだけではいかんなと改めて。
まあだからといってそれとサッカーは別なわけです。たとえ相手が4連勝中と、飛ぶ鳥を落とす勢いで、こちらは飛ぶ鳥がまっ逆さまに落ちる勢いというか落ちてしまったとはいっても負けるわけにはいきません。
で、飛ぶ鳥を落とすといえばセカチュー効果もあって最近とみに注目されている長澤まさみ。弱冠17歳にして'05東宝カレンダー表紙を飾るとのこと。というわけで、こちらでサンプル確認したところ中山夫人も今年もしっかり登場しております。数年後には夫婦で登場などということはありませんか、ないですか、そうですか。

10/22
神も仏もいないのか
久しぶりの更新でございます、女「待ったあ♪」、男「何言ってんだよ全然待ってないヨ、オレも今来たとこだしダイジョウビぃ」というわけでオジサンはご立腹です。
何がって車上荒らしでカードやら免許証やら盗まれるわ酷い目にあってもうたわけで更新どころではなく。警察やら免許センターやら役所やら銀行やらと駈けずりまわってほとほと疲れましたオジサンは。
で、その疲れたところにまた疲れるJFAニュース。ラモスのS級合格やら、ゴミ箱壊して6ヶ月出場停止のお兄さんやら、恐ろしい面子の国際審判候補者やら凄いことになってますが・・・、天皇杯覇者として2005ACL磐田出場決定の項の補足が"〔2004J1リーグ優勝チーム〕※ジュビロ磐田が優勝した場合には2位チーム"ってあんた。喧嘩売ってんのかテメェらよぉ。
10/18
神様仏様ルーカス様
岩丸がなんだかオドオドしながらのプレーでしたが、徐々にポテンシャルの高さを発揮してファインセーブ連発。いやあ、あれが山○だったらと思うと寒気がします。
リーグ戦初先発の大井が家本の洗礼を受けたり、J初出場の太田が交代出場の瞬間以外はほとんど無の存在になっていたりしましたが"これも経験"と、糧にしていただきたいものです。ちなみに清水の太田兄は本日試合中に6針縫うとい怪我を負いながらもプレーする気迫を見せていました。負けましたけど。
と、なんだかんだ言いましたが、この試合はなんと言ってもルーカスに尽きるでしょうな。さすがの決定力不足の磐田さんも驚きです。いや感謝感謝。ま、シュートまでいけるということがうらやましいのも確かですが。
10/15
フィーリングが大事♪   
アディダス製品使わなければ代表クビ?
プロの世界だから契約やらなんやらあるし、ある意味では至極当然でありますがねえ。「弘法筆を選ばず」なんてことはウソなわけで。その昔は「どうしてもPUMAじゃ無きゃ」ということで「"3本線"PUMA」なんてのも存在していたというウソのようなホントのハナシも。
そりゃアチキのようなモノですらadidasのグローブはしっくりこないし、NIKEやRUNBIRDのスパイクはどうにも合わないなんてことがあるわけでね。個人個人それぞれフィーリングや型ってのがあるわけで、それがプロならなおさら微妙な感覚ってのにこだわるだろうわけでね。ましてやGKにとってグローブってのは最もこだわりたい部分でもあるだろうし。ああ、大人って・・・。
10/14
「田中」と言えば「誠」   
今予選の中で初めて納得できる試合でオマーンに勝利。通訳退席は理由がよくわからないので置いといて、この勝利はジュビロ磐田のおかげと言ってみたり。
まずヨシカツさんが久しぶりに発病してしまったところを、見事なカバーリングで同点ゴールを阻止した田中誠。当たり前と言えば当たり前ですが、当たり前なことを確実にこなすことが一流の証でもあります。
そして||'◇'|| の決勝ゴール。しかも前を向いて勝負するシーンも数回。やはりこれはあの程度のドリブルでぶち抜かれたり、ハットトリックやられたりですっかり自信をつけさせた磐田のおかげ。てことはやはりこの勝利は田中誠のおかげということになります。
10/12
それでもユース   
全日本ユースは残念ながらまたしても広島の軍門に下る。"負けは負け"と言ってしまえばそれまでですが、後半最後の気合の入った闘いは、最近の磐田的には最も必要なもののような気も。私は好きですよ。
そして何より八田。この大会獅子奮迅の活躍で将来あるGKとして(ハイ、ここ何度も繰り返し)磐田の希望の星となっております。一か八かGKが長身を生かそうと最後上がっていくのは良くあることで別にして、敗れてグラウンドに倒れこみ涙するチームメイト達にかけより抱き起こしていくその姿。本当は決勝の"1点"を決められた自分がもしかしたら一番悔しいのかもしれないのに。お涙頂戴ではなく、こういうハートを持った選手は大事に、大事に育てねばなりませんよ、クラブは。
10/11
こうなったらやっぱりユース   
全日本ユースでは、大量得点の後にはGK八田の活躍という、磐田的にはレアな試合で決勝進出したり、アジアユースでは船谷の先制点にGK松井のPK阻止、さらにカレンが最前線のDFとして活躍(大熊ぁ〜・・・・)したりで、かすかな希望として明るい未来に夢を託すことが唯一の楽しみのJubilo Maniacsです。
山本昌邦記念試合では、これが最後かとヒデトと服部の"代表ユニ"に期待しましたが、復刻東京五輪モデルにがっくし。まあコレクションとしてはかなりレアだと思いますので、くれぐれも彼には注意してください。
でもどうせ復刻するなら素材もポリじゃなくて綿100でやればなあ。なにせごわごわするし襟付きは首痛いし、汗かいたらベトベトまとわりつくし雨降ったら重くてしゃあないしな。最近の若いもんは知らんだろな、クソ。
10-5
こうなったらユース   
ここ最近ヘンな夢ばかり見ているのですが、先日はなんと昔懐かしい垂直落下式和式○所にて○コまみれになるなどというとんでもない夢を見ました。これもすっかり勝てなくなってしまった磐田様のおかげと思う次第ですが皆様はいかがでしょうか?
というわけで景気のいいユースの話。全日本ユースでユース3強のうちのひちとつ、ガンバを破っての4強進出。予選から16得点6失点と攻撃力を見せてくれています。トップチーム同様今ひとつマークのずれなど気になる部分もあり多少の失点はありますが、GK八田も好調のようでビッグセーブを連発しているとのこと。あと2つ、ここまできたらもう気合で乗り切ってほしいものです。というわけで10/9(土)鹿実戦@国立、近郊の方はぜひ応援に。
10/4 祝 落合中日優勝
柏さん、横浜に勝つなんて約束が違うじゃないですか。僕たちを置いてきぼりにしないでください。というわけでエコパもスカスカなら守備も攻撃もスカスカ。オレの周りでクソガキはチョロチョロしてるし愛野駅の駅員はムカつくしで静岡ダービーを終えた磐田は最下位です。ま、わたしゃ中日が優勝したからとりあえずかなりウカレてますからこの際磐田のことは無理から忘れます。
さて、そんなオジサン達を尻目にU19では船谷が急速に存在感を増しております。先日の越南に続き出場したカタール戦ではワールドユース出場を決めるPK戦最後のキッカー。欠員要員から一歩前進したのは間違いない模様です。ま、その代わりGK松井がPK止めた西川にすっかりレギュラー奪われた模様ですが。
10/1
一応日の丸
すっかりサビレ感プンプンの静岡ダービーを前にして、磐田な皆様にはちょっとしたサプライズが。
東京五輪40周年ハンガリー戦。日本選抜にヒデト・服部・菊地が選出。五輪記念ということでアトランタ、アテネ組中心に構成。シドニー組は基本的に現コインブラ選抜ということで選外ということのようです。特にウチの面々や伊東あたりは山本人事っぽくて素敵です。あ、松原良香とかも一応アトランタ組ですがどうですか。まあしかしなんといっても、ただただ服部が皆様に迷惑をおかけしないか、それがとても心配でなりません。