過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2004年4〜6月  2004年7月〜9月  2004年10〜12月
2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
3/31
 ジョミール星人とミザール星人の会話   
: バーレーン戦勝ったね♪
: 勝ったというか勝たせていただいたわよね。コインブラさんはやっぱり強運の持ち主なのかしらね。私から見ると強運というよりも悪運なんだけど
: 強運といえばウチにも自称“強運の持ち主”が居たよね
: あら、それは言わない約束よ。禁句だわ、私たちにとっては。彼は強運というよりも凶運ね。あら、うまい事言ったわねワタシ。
: 福西もマコもがんばってたね。
: そうね、でも福西があんなに頑張る姿は磐田ではあまり見ないわよね。
: だめだよ、それは言わない約束だろ
: そうだったわね、ごめんなさい。そういえば茶野さんは元気なのかしら
: マコも不遇な日々が長くあって今があるから、いつか日の当たるときもくるんじゃ無いかな。
: あら、でもヒデトさんは今も不遇なままよ。
: そういえば今回の国歌独唱は森山良子だったね
: 歌い出しのキーが高かったんで、いくら森山良子のハイトーンヴォイスでも「大丈夫かしら」ってどきどきしちゃったわ
: うん、なにせ堀内孝雄の一件があったからね。
: あら、だめよ。それは言わない約束でしょ。
3/27
いいわけ
Q : どうして最近は更新頻度が低いの?
  A : めんどくせえナビスコも無くネタが圧倒的に少ないからです。
Q : 藤田の怪我や川口のの復帰、磐田市民賞はネタじやないの?
  A : 筆者に“広げる”ボキャブラリーが圧倒的に不足しているからです
Q : イラン戦はネタにならないの?
  A : 高原がタカユキ以下で小笠原や中村は成岡以下だったからです
Q :  福西が得点したのに?
  A : だからこそです
Q : どうして加地のクロスは全然入らないの?
  A : つーか基本的に代表レベル・・・以下自粛
Q : じゃあどうして服部は代表に入っていたの?
  A : こっちが知りたいくらいです

3/18
ヨン様復活
ベトナム料理に舌鼓でもうとうと思ったら、予想外の行列で食べられなかったショックに加え、昼間の暖かさからは予想外に寒かったスタジアムのおかげで体調崩してしまいました。更新しなくてめんごめんご(死語)。ま、スタジアムに来た方と一部環境の方以外は試合が見られなかったということで、今更ながらごく簡単ではありますがレポートのようなものを。
で、体調と言えば密接に関係するのが食事でありますが、こんなイベントを開催。山本の参加ってのは「お前も少しは勉強してこいやゴルァ」ってことなのか、とりあえずたくさん食べるとこんなに“でかく”なれますよってことなのか“こんなになってしまいますよ”ってことなのか気になって夜も寝られません。
3/14
お○まじゃなくってよ、もう!
"えらい寒かったけど試合の方はもっと寒かったわね"なんてベタな書き出ししたくなくても体が言う事聞かないのよね寒くってぇ。気合入りまくりの名古屋さんを「そんなに力入れんなって」なんて軽くいなせる程今は強くなくってよぉ。ハーフタイムはまたINSPIとかでお茶濁してるしさぁ。楽天みたいにあややとか言わないけどメロン記念日レベルくらいは呼んでみなさいよ。この際Folder5でもいいわよ今更だけど。しかもウエズレィにやられるならまだしも 杉本って誰よ。名鑑探しちゃったわよ私ぃ。あら、どっかで見た事ある顔ね
それからホーム開幕イベントとしてキックインしたのがラグビージュビロの日本を代表するSH村田さんね。タッチラインからセンターサークルの主審へピタリとピンポイントパスしたのよ。左利きの誰かさんは教えてもらったらと゜うかしらね、ぷんぷん!
3/10
黄金の左足 幻の右
vs漢方薬はカワムのポスト直撃シュートが一番惜しかったというだけでどうにも試合内容が推し量れてしまいそうですが、週末はもうJリーグなのでそんなことなどにいつまでも構っていられません。
といいながらニュース。かのジュビロ磐田をつくった男杉山隆一氏サッカー殿堂入り決定。なんとなく一緒に殿堂入りさせたくない名前も見受けられますが、気にしてはいけません。現役時代は”黄金の左足”と言われた名選手。ただの長州力似の白髪爺さんではないのですよ、若人たち。
杉山隆一氏 プロフィール   参考12
1941/7/4生 清水市出身
袖師中→清水東高→明治大→三菱(現浦和)
中学・高校と山西の先輩だったりする事実。
3/8
中国四千年の歴史
さて先週のJリーグでは何やら事件があったようですが、そんな事に構っているヒマは無くウチはACLです。早速アウェイの洗礼を受けて入るようですが、W杯経験値は少ないもののアジア経験値は豊富な我が磐田はものともしないようです。
問題の漢方薬軍団。田中さんは試合のことなどそっちのけで怪我を心配しておられますが、A3では岡ちゃんも激怒したように、中国らしくとっても激しく汚くラフな相手です。とはいえやはり中国らしくノらせてしまうと手がつけられない雰囲気もあります。よもや熊タンが点を獲ったぐらいだからとか気の緩みなどは無いとは思いますが、充分に気をつけて。闘いながらも相手の挑発にのらぬよう。
3/7
”福西”というところがミソ
各所で「神の手祭り」やら「神の手血祭り」開催。本来なら喜びながらも多少後ろめたさも感じるところですが、今回に限っては奥の”思いっきり意図的腕トラップ”からのシュートがありましたから何の罪悪感も感じる事はありません。しつこいようですが念のため。逆の立場ならそりゃ怒りますけどね♪ ”立場変われば言う事変わる"は大人社会の常です。
榎本は「いいパンチング。いいGKになれる」と皮肉っておりますが、正直福西の身体能力などかんがみるにマジでいいGKになるかもしれませんね、少なくともこの試合での君よりは。君の中山への体当たりを見ると格闘ボランチとしての素質が意外にあるかもしれませんからやってみればいかがせうか。福西レベルは到底無理と思いますが。
3/6
ありえないことは無い世の中 
プレシーズン同様のぐだぐだ感満載の攻撃でしたが、須藤元気かマラドーナか、格闘家としてのバックブローかサッカー選手として"神の手"か。いきなりアリエナイ瞬間がありました。いずれにしろまたひとつ成長した福西の姿を見られて何よりです。素直に言えばハンドというただの反則ですが。
狙ったというより上げた手に当たったというか、"当たったらいいな"がほんとに当たったみたいな。狙ってやったなら逆に凄いな、ボール見えて無いし。
またすったもんだがありそうですが、王者横浜さんですからそのへんは余裕で構えていただければ嬉しい限りです。奥のハンドも見逃してもらえたことだし。ただ決めたか決められなかったかの違いで。ま、奥にやられなかっただけでも今日はなんとなく満足してしまうような磐田ですから優しくしてください。
3/1
実はうらやましい  
ムムム! チキショー 今年もあややだとぉ!
楽天-ハロプロつながりに加え兵庫出身か。「あややが一番盛り上がったね」なんてことにならぬようがんばりや。ま、負けたとしても"あやや"なだけいいと思って。そんなこともなく負けた日にゃアンタ。うちは磐田出身のメンバーが"いる" INSPIですから。そういやウチも昔ミスチル桜井が来たり(来ただけ)パフィが怪しげなPKなどやったことがありましたな。何の想い出にもなってませんが。
横浜ではこんなOB戦も行われますが、磐田的には井原がチョイカミ程度ですのでさほど興味はございません。なんとなく萌えるポイントとしましては、杉山誠・オスカー・トレドというとろでしょうか。トレド呼ぶならエジソンもなんとかならんかったかな。
2/27
気合はいってっか!  by 中山
磐田健在。攻めて攻めて一発カウンター失点。ま、これはBIOSでもコンフィグが効かない仕様になっております。何年経ってもアップデートはありません。
新潟は昨年と同じくセンターライン付近ではプレスをかけるものの、バイタルエリアどころか自陣ではプレスなど二の次でいち早くゴール前に人の壁をつくる戦術。昨年はだらだらとハマりましたが、今年は破れそうな可能性も見えました。DFの連携が非常に気になるところでこういう裏に裏に出てくるチームとやれたことも良かったのではないでしょうか。かなり危なかったけど。
ま、名波も言ってますがさほど悲観する内容では無く、昨年までには無い光らしきものもチラチラと見ることは出来ました。全体としてゴール前で停滞したり動きが少なかったり、DFの受け渡しやプレスのタイミングや位置のズレなど多々見られましたが(問題だらけやん)、ほとんどは個々の問題とか戦術理解などというよりも選手同士の相互理解に帰結するともいえます。試合中にもかなり声を出して修正する場面も見受けられました。
もう来週開幕ですので「そんな悠長なこと言ってられねぇ」とお嘆きのご貴兄もいらっしゃるでしょうが、今年は1シーズン制。昌邦さんも名波さんも「前半なんとかトップグループに喰らいついて、コンビネーション等が熟成してくる夏以降抜け出す」と申しておられます。”信じる者は救われる”と信じましょう。
あ、ちなみに試合終了後の出陣式。寒い中記者会見などで随分待たされましたがずいぶんあっさりとしたものでしたね、ぷんぷん! 
↓テレビ中継も無かったため、親切な私が一応本日のご報告
傭兵 6.5 1失点もビッグセーブ2回 ヨシカツさん、うかうかしてられません
金さん 5 上がるの好きみたいですが、無謀なオーバーラップも数回。このあたりは相互理解の問題か。もっと”秋田”な人かと思いましたが意外と柔らかい?
菊地 5 相変わらずDFのボールの持ち方ではなく。急造と言ってもいいDFのメンツとはいえラインコントロールにも迷いが
茶野 5 マークを外す場面も多々。市原的なサイドチェンジを数回見せてはくれました
田中 5.5 病み上がりらしく最初は寝てましたが徐々に貫禄発揮。
西 5 体調はよさそうですが、西らしく中に入るプレーが少なかった。
福西 4.5 まだ代表ボケ? 後半ロスタイムの決定機逸で大黒様にはなれず
名波 6 ポイントを抑えた守備、パスともさすが。
村井 5.5 長い距離を走れる”らしさ”は見られず。遠慮かとまどいか。サイドチェンジや抜ききらずにあげるクロスなどチラチラと見せてはくれました。
前田 5 ヨン様やリィゴと重なることも多く。もっとペナルティエリアへ入って欲しい。
服部 4 交代出場後、立て続けにイージーなパスミスを連発しスタジアムをため息で包む。似顔絵コンテストグランプリ作品と並んだたたずまいには8点進呈
トシヤ 6 ゴール前にいつしか侵入する狡猾さを発揮し新潟DFを混乱に落としいれた。
ヨン様 5.5 試合開始当初こそヨン様らしいシュートに対する意識を見せたが、徐々に消え行く。シュートミスに加えボールを失ったり、下がりすぎて前田と重なる場面も。
リィゴ 5 判断が遅く攻撃が滞ることが多く。中山出場と同時にスイッチONされました
中山 6 ドーピング効果は健在のようで、交代出場後に突然皆が動き出す。中山自体もスペースを突く、作る動きで貢献。元気元気。もっとシュート打とうね。

2/25
尋問中ではありません 田舎で悪かったね♪  
”期待”の電柱さん練習参加決定。本人の強い意志によるとの事。U20代表同僚のカレンいわく「サッカーに専念できる環境」が功を奏したといえるのでしょうか。サッカーに専念しているわりにパッとしないカレ(以下自粛)。横浜・鹿等J6クラブとの争奪戦に勝利した格好ですが、ほんとに勝利したのかどうかは数年後に明らかになるのでしょう。だってぇ・・・・
国見→超高校級→長身→足も使える→船越・・・
特別指定も視野に入っているようですが、ま、別に練習参加や特別指定だからといって入団が決まったわけでもなく。現にFC東京特別指定を受けていた徳永(国見→早稲田)がいつの間にやらウチの練習に参加していたり。個人的には平山よりも徳永欲しいので、忘れないで街・サポーターあげての接待を。
2/22
心象風景  
(・◇・ )?  ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン
ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノアウアウ
オロオロ(゚ロ゚;))((;゚ロ゚)オロオロ  
(*゚ρ゚) ボー・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
申さんなんてことを! というわけでヨシカツさん右手中指骨折と聞いた瞬間、完全に数分間意識が別世界に逝ってしまった私ですが、皆様はいかがでしょう。
ま、代表は楢崎がいますので大丈夫でしょうが、ウチは・・・・・傭兵さんんがいるんだよ! みんな! 気を確かに! 山○じゃないから大丈夫さ!!
実は何気にヒデトさんが相変わらず腰痛で別メニューだったりするほうがもっと心配だったりもするのですが。
2/18
開幕スタメンはもらった ノーコメント
!!!!
思わず"上野クリニック"かと思いました (;゚∀゚)
これ以上なんとも言えません。リンクも出来ません。
で、真面目な話FM横浜は坂田まで故障しセンターフォワード不在状態。クヴォッチは"合わせる"つもりのようですが、開幕戦2トップがジローにクマたんなんかになった日にゃ凄いなとか。で。そんなときに得点者が奥とジローとクマたんの3人だったりした日にゃもっと凄くて、そんな事をきっちりやられるのが磐田なわけですので戦々恐々です。ま、クヴォッチが出たら出たでしっかりやられちゃうんですけどね、悲しいかな。
2005年になってもやっぱりネガティブですいません。
2/16
またもや元○○   
ク・・・・・・クマたん!!
というわけで、ACLにて対戦する深セン健力宝(なんだか中国四千年の歴史、門外不出の精力剤を限定500名に!みたいだな)なるチームいかがなものかと思っていましたらあのメンツのFM横浜に2-0と。背番号を見る限りそれなりに主力も出ているようですがどうでしょう。一昨年のウチみたいに"調整"モードとか。でもカードの収集具合から見て、やっぱりアチラの方らしくキレやすいみたい。狙い目ではあります。
で、ウチはこの期に及んで補強。誕生日に契約って。なにやら韓国でも随分将来を嘱望されているようですが、こんなエッフェンベルグなこともするお茶目さんみたいです。"相手ベンチにヨン様がボールを蹴りこみ、金がF**K "みたいな光景も・・・。大丈夫かオイ。
2/14
2005初ゴールがジロー! 毎度おなじみの   
というわけで巷はA3 横浜-浦項戦での日テレ藤井の角澤級実況で盛り上がっていますが、当方は横浜の疲弊を祈りつつ高見の見物とさせていただきます。
で、ウチは毎度おなじみの鹿屋体大戦。今日も今日とていろんなバージョンでメンバー構成。で、今日も今日とて前田トップ下、菊地DF中央、服部・森下父DF。カレンはあくまでFWで、成岡はやはりサイド適性はないと判断したか。ノブオさんはFW登録ながら今年もMFみたいです。うーん、松下には中央はやらせないんでしょうかねぇ。ホドリィゴはようやく出られる"ようになった"程度のようです。
ま、とりあえずここ数試合の起用法でわかる事は、同じ3-5-2でも政一、桑さん仕様とはだいぶ役割・意味合いが違うみたいだなあということでしょうか。
2/12
ゴン様 ヨン様 オウンゴール   
磐田 7 - 2 ケン太クン
磐田的見地。 清水的見地
得点シーンのみのチラ見ではありますが、ゴン様ヨン様はいいコンビネーションのようで。村井ハイクロス→ヨン様落とし→ゴン様らしく飛び込む→ゴール。中盤でカット→ヨン様ドリブルシュート!と見せかけ左でフリーのゴン様へ→珍しくふかさずゴール。これが今年の型なのかぁぁぁ!。フォーメーションを見ると監督的にはやはり前田はMF? DF中央に菊地というのは個人的に好きですが、森下父とは。ま、でもこう見るとヴァリエーションは格段に多くなったね間違いなく。
あ、ちなみに清水杉山の得点は傭兵さんのポストプレーを押し込まれたものです (; ̄∇ ̄)
2/9
神様 仏様 大黒様   
つーかキーパー様ナイスポスト。タカユキよりポストが巧いみたい。小笠原のFKも鈍いつーか。自信をもて○本、あれでも代表だ。あ、そういえばウチのヨシカツさんも判断ミス・・・。朱に交わればなんとやら。
しかしこれもコインブラパワーなのか。なんだかオマーン戦みたいなプレゼントゴールがコロコロと。とりあえず劇的決勝ゴールとか感動をありがとうみたいにたてまつるような試合ではありませんでしたが、無理から盛り上げてますテレ朝さん。勝ち点3取れたからいいとか、あの程度の相手に・・・とかいろんな考え方がありますがこれがW杯予選だと言えばそれまでです。
PS  「田中」誠さんは3/25Awayイラン戦有休です。
2/7
肉はおあずけ ! !
うっ!( ̄ロ ̄;)!
ま、時期が時期ですから、こ・・・、高校チャンピオンだし。テ、テストだったんだよね君たちぃ。なんだか昨年からJリーグどころか学生相手の練習試合ってほとんど負けてるような気がしますが私の気のせい?
ま、3本目のメンツならまだしも1本目と2本目に出てた野郎どもは肉おあずけよっ!!でも1・2本目のメンツだからとりあえず"こなして"あの結果だったのかと<精神衛生上無理やり納得することに。
で、真面目な話を。今回のパターンは数あるうちのひとつではあるでしょうが一応この起用法で多少なりとも山本構想が垣間見えたような。基本的には代表不在バージョンではありますが。で、「やっぱり・・・」と早くも思い知らされたのが「ヒデトだけは替えがいないな」と。今年もおんぶに抱っこに肩車。
2/3
山本昌邦 NEVER DIE ! !
中山様がブリの照り焼き食べられなくてとっても残念な(わからない方は放っておきます)今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は空元気です。
それはそうとついつい買ってしまいました山本昌邦死なん録」。これから読むところですが、テレビ・雑誌等では語らない部分がいろいろと書いてある模様。普段はあまり口にしない磐田への思いなども。あ、そうかこれ売るために普段は通り一遍にしてたのか。
さて、楽しみにしている方もいらっしゃらないと思いますが、2005選手名鑑。今年は時間がとれず下書きすらままならない状況。今年は三光鳥様の名鑑で楽しませていただこう・・・・って、あ・・・
( ̄ロ ̄;)!!
1/30
いいんですか?  2つ
磐田と同じ鹿児島にキャンプinした清水のケン太クン。あの〜、トライアルコートですけどその色でいいんですか? どう見てもウチなんですけどね、それ。
で、ケン太クンを清水に返納した常葉浜松大は事もあろうにあろうことか血迷ったかやけのやんぱちか桑さんを監督に迎えました。強運も単なる思い込みだったと白日のもとにさらされた今、ケン太クンが全国大会常連にまで育て上げた浜松大をどうやって弱体化させるか、1ランク上の強豪まで育て上げるか見物です。ついでに静岡以外の方々に贈る動く桑さん
それでは最後に浜松大木宮学長様へ贈る言葉
後は野となれ山となれ
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ      以上 
1/27
 日本リーグ時代 誰やねんこいつ
という方も多いかと思いますので、れっつごー
新ヘッド今井雅隆ぷちプロファイリング
1959 4 .2生 静岡出身
清水FC - 県自動車工(現静岡北高) −国士舘大
清水FC・国士舘では内山篤ユース監督と同期。現役時代は本田技研で天竜川決戦を生きた"敵"。センターDF顔ですがGKです。もちろん悪役商会ではありません。
引退後は本田監督、トレセンコーチ、名古屋コーチ・サテ監督、フィリピン代表、福岡、マカオ代表の監督など歴任。一部"良くない血"に侵されているような。福岡時代には名采配を繰り返したらしく、評判は芳しくないですが、福岡ですからさほど気にすることはないかと。
ちなみに福岡時代にはパチンコ禁止令とか出したみたいですけど名波さんどうですか。
1/23 珍しく長文
すったもんだの挙句ようやく新体制発表。ヨシカツに始まりヨン様やら村井、茶野と、チーム創設以来はじめての大補強に動いた磐田。世間では金に物言わせてとか、なんだか某読売野球団みたいな言われ方もしております。ま、市原様にいたりましてはさすがに・・・・・・

というわけで長すぎるので「心の叫び」へ移動しました。
1/20
もぉ〜 しつこい人きらぁい とか
トシヤの残留ほぼ決定。三浦ヤス今年も敗退の模様。ま、ただあくまでほぼですから。だってトシヤ公式がなんだか楽天状態。やはりまだ触れぬほうがよそさそうです。
さて清水に移籍の山西ですが、早速清水に合流するとのこと。ま、プロですからそのへんの割り切りというかけじめというか、"決まったんならやる"ということは大事だと思いますが、いくら近いといっても磐田な我々としてはあまり早すぎるのはなんとなく寂しいものです。
で、清水といえば今季からユースGKコーチに就任した真田が「第2の真田育成」に精を出しているようです。私的にはおそらくいいコーチになるだろうと思っているのですが、「第2の森○」にはならないよう頑張ってください
1/19
少なくともオレは人間力などと言いませんが
村井茶野決定。カレン、西、茶野に印税生活広報と市船勢力拡大。もしかして来季はキタジ・・・。
客観的に考えて、村井・茶野がいろんな意味での"これから"を考え「環境を変えたい」と考えたのには、いろんな意味でいいとか悪いとかは別として納得が行くわけではありますが。市原サポ様の気持ちをおもんばかるに、いたたまれないモノはございますが、タッキーくるし、ね。
ま、ただでさえ嫌われ者の磐田なのにさらにクソ扱いされるであろうことは間違いなく・・・つーか昔からずっと言われてますね。さらには市原へ人身御供かと思われていたカワムも契約更改してしまい憎悪に輪をかけそうな勢い、いや関係ないかなカワム程度では。
そんななか山西の清水移籍が決定。全力で慰留に努めるとか言ってたわりに、茶野決定と同時に発表というところがナニですが。能力は別として人としてとっても好きだっただけにネタの素がいなくなると考えると残念です。
1/14
踊らされる狸御殿
活発な移籍市場。いろんな報道が飛び交う中、別にどうでもいい山本・岩丸はいち早く処遇決定。ちなみに岩丸は草津へ。小島翁と岩丸が揃う試合前のGK練習のインパクトを見てみたーい見てみたーい♪。
で、ウワサの山西は今回の契約更改も保留し、どうやら本格的に清水移籍の公算大か。そして"交換"要員なのか、カワムに市原がオファーというハナシも。まあカワムで村井と茶野がもらえるなら◎ ▲※$×
さらには貪欲なカントクはトライアウトを見に行ったりとお盛ん。なんだかどこかで見覚えのある移動バスのモデルも含まれております。さて、だれか目ぼしいのはいたのでしょうか・・・・って、まさかノリ・・・
1/12

二人の山本
村井に加え茶野まで移籍がほぼ決定。しかしやはり大どんでん返しもありますから公式発表まで静観
と言いつつ発表の無いハナシ。山本は山本でも浩正が復帰してしまうするようで。岩丸は返却し、結局なんのためのGK同士移籍だったのかわからないまま元サヤに。
岩丸もビッグセーブ連発で某とは違う・・・と思われたものの、その後正体がパレ傭兵復帰とともにリザーブに。
山本と岩丸の特性を考察するに・・・
山本 ・・・ 至近距離の反応○ 用も無いのに前に出て、肝心なときには出ない。
岩丸 ・・・ 至近距離の反応○ 動かざること山の如し
見た目のインパクトはタイプが違うものの甲乙つけがたし。磐田の戦術的に考えればまだ山本のほうが合っているのかな・・・とも。あくまで better than 〜 ではありますが。要するに目クソ鼻・・・以下削除
1/10

ケ・・・・ケン太くぅんんんんん
村井移籍がほぼ決定。ま、世の中には大どんでん返し(by星一徹)がありますから公式発表まで静観
で、既存の磐田左利といえば山西。体の小ささを補うため、人一倍の筋トレの結果脳まで筋肉になった大岩すら追いやりレギュラーを獲得した彼も、最近は控えに甘んじておりました。そんなところへ清水が獲得?とのウワサ。清水の新監督ケン太くんといえば清水FC&清水東高の先輩。もしやケン太くんはあのころの頭脳派のイメージを持っているのでは・・・。
黒部が入団したセレッソから清水東の同級生、西澤が移籍との話もあり、過去いくつものオファーがあったにも関わらず磐田に忠誠を誓った彼も今度こそは・・・・とも。
しつこく偉そうに説教じみたことなんかしてみる
右近新社長新年のご挨拶。あ・・・・、オレ前職の時にこの人何回か接客してるわ。いやいや、世の中広いようで狭いものよのお。
というわけで天皇杯に結局敗れたことで、またぞろ鬼の首でもとったかのように山本批判を繰り返すアンチ山本他サポ群とメディアたち。他サポについては自分のクラブの監督がどれほどのもんだかという気もする方々もいらっしゃいますし、逆恨みややっかみなども多分に見て取れる場合もあり。有名税でもあり言わせておけばいいでしょう。メディアつーものはまあそういうもんですからね、”持ち上げて持ち上げてぇ〜、叩くぅ!”みたいな。まあ名の通った方でもどの程度監督のコメントなどを租借したのか所詮この程度
で、リーグ戦で連敗したり天皇杯でヨタヨタしたことも悪かったでしょうが、どうも磐田サポもそれらアンチ山本群に踊らされているかのように昨年から批判が続出。私とてヨン様大好きおば様ではありませんのでオールOKというわけではありません。トシヤ起用法などなど正直不満はございます。しかし山本監督が監督を引き継いだ状況をかんがみるにここは任せようではないかと。ある意味一番貧乏クジなタイミングの就任でもあるわけですから。
何かを変えねばならないことは確かであり、そんな小難しいことは私にゃわかりませんから。監督の中には当然プランがあるはず(そりゃそうだろ)。テストや来季という言葉の裏にはその時々でいろんな言葉が隠れているのだよと(たぶん、いやそうであってほしいなんて)。ここは任せましょう、うん。
でも・・・・言うときゃ言いますけどね、限界ってものはありますから。電柱好きは確かみたいだし。
PS 某公式webプランナー様へ
誤字脱字の多い私が言うのも何なんですが、文字化けするのでWebに半角カタカナは使用しないでください。
1/2
1年の刑は元旦にあり
寒いってさ。スタジアム入ったら椅子も足元も雪てんこ盛りだし。日本全国”あんな”状態の天候でもチラリとも雪の降らない浜松人の私には堪えます。ま、あの“地獄のA3”に比べればまだマシでしたが。
で、試合の方は日テレが10人になった時点で”覚悟”しましたが、磐田にしては1人多い割には攻めたほうかなと。カワムさえ攻撃に絡まなければもう少しリズム良く攻めれたかななんて言ってみる。巷で言うほど主審の判定が酷かったとも思わないし。日テレのイエローはほとんど妥当だと思うし、福西の“PK疑惑”は、彼なら採ってくれたかなぁ・・・とは思うくらいで。
そういや国立で”試合後のスタジアム清掃サポート”を募っておりましたが、それは雪てんこ盛りの観客席(濡れるとか寒いとかじゃなく滑ってかなり危険だった)を多少なりともなんとかしてから言うことだったね。