過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2005年1〜3月      2004年10〜12月    2004年7月〜9月    2004年4〜6月  
2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
 2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
6/28
回転禁止の青春さ
何やら妙にアクセス激増。アクセス解析調べたら長澤まさみ嬢〜父関連で有名(だと思う)エ○サイト様にリンクされてました。残念ながらこちらには萌え画像等は一切ありませんわよ。それでもトップページまで回っていただいた奇特な方へ、ウチのムチムチプリンちゃんをご紹介。
さて、気まぐれで2005Jリーグカードなんぞ2P(せこ)購入。普段まるでツキの無い私ですが、いきなり中山隊長のカード入ってたしシリアルナンバー入りストライカーカードやらベストイレブンカードやらがザクザク。おまけにちょっと小腹がすいたと気まぐれで買った日本代表チップスのカードでは旬の男加地だったり。これがツイているのかどうかは○○なんですが。
そういえば10数年前初めてJリーグチップス買って出たカードがラモス、2回目がカズでした。まあその後はトリビソンノとか越後とか神野とかそんなもん(失礼)だったような。今どこにいったのだろうあのカードたちは。プレミアついてるのかなあ、だったらもったいないな〜。
6/25
清水戦で奮闘する西選手 素直に挙手
ご主人様、申し訳ありません。エアコンの効いた部屋でテレビ見てました。だ、だって近くのショッピングセンターでバーゲンがよんどころ無い事情が。冷房じゃなくて除湿だったから許してください。でも試合内容といい暑さといいテレビ観戦が勝ち組み・・・とか言ってると怒られるな、すみません。
で、とりあえず西くんの頭は何ですかあれは。孫悟空のモデルになったおサルさんかと思ったよあたしゃ。
真面目な話、トップ下に西という新布陣が有力なワケですが、トシヤとは違うタイプでうまく"仕掛け"られれば大変面白くはなるかなとも。ところがわずかな出場ながら復帰したばかりのリアル孫悟空成岡がなかなかのプレー。個人的には成岡がポジション奪取するくらいのものごっつい勢いもキボンヌ。
6/19
ケルクラーデの奇跡 喜劇 茶番劇
スカパー解説 野々村、エンマサ談
 「ボールの収まるところがない」 船谷でしょ
 「サポートがない」 船谷でしょ
 「ロングボールばかり」 船谷でしょ
 「西川イージーミス」 マツケンとかなんとか言ってみる・・・・ダメ?
 「DFの対応が遅い」 森下いれとけば
兵藤談
 「交代悔しい」 俺は日本の10番が君だということが悔しい
 「選手の声が無いわけじゃない」 水野が暴露してますけど
大熊談
 「人とボールが動かない」 オノレが肝心なときに動けなくさせとんじゃ
 「オランダ2-0なら違っていた」 ベナンが最後追いついたらどーすんのさ
 「カレンはミス多すぎで前いけない」 DFラインまで下げさせといてアンタ
 「梶山が元通りになれば」 この場面で"たられば"かよ
 「梶山が思ったより出来ていた」 やっぱ元戻ってねえんだろが
 「本田もがんばっていたし」 船谷もいるぞコノヤロ
 「梶山をゆとりある位置で核に」 ゆとりなんかあるわけねぇだろがよ
                      で、船谷はどーなんだテメ
川渕談
 「このチームは伸びる」 そりゃ監督変えればぐんぐんと
田嶋幸三談
 「世界との差がある」 特に監督が。
 「Jに出ているかいないかが大きい」 10番主将とCFWが大学生ですが
平山・兵藤談
 「大学で潰れたと言われない様に」 とっくに言われてます。
というわけでカレンをこきおろす大熊にハラワタ煮えくり返りまくり。後半最後にカウンターくらって戻ったのがカレンだけなんですけど。確かに攻撃面でも決して良くはないけどあれだけ守備やらせといてなにいってやがんだ.この野郎テメみたいな。アレだけ守備させるならこの際中村外してカレンを右で。やけクソじゃボケ。
まあそれでも2勝1敗で予選敗退は史上初だったというアトランタ五輪の逆で、勝点2で予選突破という史上初の奇跡を成し遂げたわけですから歴史には残ったわけですよね、歴史には。勝てば官軍てことですか。
PS
本日朝からの社会人リーグの試合では、どのチームも平山のインサイドキックでアウトカーブをかけるバカテクに話題集中の模様。
6/14
作為的
ナビスコ準々決勝はとってつけたような対戦カードに。甲子園によくありがちな(こればっかやな)初出場校が「どうせやるなら強いところとやりたい」とか言ってていきなりPL学園引き当てちゃったみたいな感覚です。で、ウチとお犬様はもちろんのこと大阪ダービーやらさいたまさんは実は苦手な清水だったりとか。ま、ウチと横浜はACL出場によるシードなわけですが、そのACLは負けちゃってるし。勝とうが負けようがどっちにしろ文句言われるわけですからどうせなら勝ってください。
これでまた千葉ちゃんのモチベーションは選手・サポ共々高まりそうで佐藤もこのようなコメントを残しております。ま、某専門誌の千葉ちゃんサポコラムにも「ウチから3人も抜いといて。とりあえず先般のリーグ戦でウサは晴らしたけどこんなモチベーションの上がる面白い因縁は無いから忘れないよ」などとのたまっております。まあたしかにお気持ちはよーく分かりますわよ、ウチが逆の立場ならそりゃもうねぇ。ウチも実は何気にいろんなところに主力とられてちゃってますしね。ま、でもヨン様は京都に貸し出してたわけだから人数にいれられてもねぇと思うんですが。
6/11
年齢詐称疑惑
当方は昨日、ジュビロキーホルダー(もちろん鍵付)をものの見事に水洗トイレに流してしまいましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
遅きに失した感はありますがWユース。オランダの傍若無人ぶりは言うまでもありませんが、個人的にはベナンのオモトヨシの太ももにクラクラ。シリコンかなんか入れてるのですかあの異様な程の盛り上がりは。ねえ、飯○愛さん。
というわけで一応磐田がらみの雑感
カレン ・・・ 大熊の錯乱で先発外れる。動き回りチャンスを演出したがなんつーても最後の決定機逸が。人身御供。
船谷 ・・・ 出番無し。あのチームに必要なのは苔口・家長・兵藤よりも船谷だと思うが(ヒイキ目あり)。そもそも本田ボランチてアンタ
松井 ・・・ 出番無し。西川は2失点とはいえ、ビックセーブも連発したわけで出番はなさそうだねこりゃ。
以下は一応昌邦さんが3年後も監督なら入団するかもってことで
電柱 ・・・ 1得点はしました。ま、相変わらず手が出るクセは直っとりませんし。あとほんの少しでも動いてくれたらカレンがゴール前で息切れしてゴールを外すなんて事もないのだとか言ってみる。
6/9
大塩平八郎の乱
ハーフシーズンシートやらレアル戦やらのチケ情報がとどきました。レアルは味スタ、バイエルンは国立ですが磐田って東京都でしたっけ?  レアルはいかにも田舎に行ってる暇はねぇってな先様の都合に無理やり組み込んだっぽいというか軒先商売というか、胡散臭いMONEYのニオイがプンプンですう。
せめてバイエルン戦くらい地元にしてほしかったところですが、田舎物など相手にしてらんねぇてことで地元無視なのか、「全国区のジュビーロ磐田だから♪」なんて勘違いで東京なのか。磐田じゃキャパないけどエコパじゃいかんかったかなと。ま、地元ゆーてもその地元民が普段ろくにスタジアムに来やしねぇなんてハナシもありますから仕方ありませんかね。
PS
代表北朝鮮戦の後半ヒサヤ起用などコインブラ采配的中、コインブラマンセーなんて声も多く聞こえますが、そもそもタカユキを先発起用してしまっているという根本的な問題を忘れちゃいませんかね
6/8
田中さんは本大会に出られるのかとか
スチャラカ社員だかスチャダラパーだかよくわからん凸凹スタジアムで苦労しましたが2006独W杯出場決定。世界で一番ノリってなわけですが、甲子園でよくあるように、一番クジ引いて選手宣誓して負けてすぐ帰るみたいなのは避けてヨと。
柳沢・大黒・小笠原がヒーローみたいに扱われておりますが、ナンノ、我らが磐田勢も多大な貢献をいたしております。福西は時折得意の軽率なパスを繰り出し前に行ったきりの(戦術上のことだろうけど)稲本の分までカバーし、ヨシカツさんは決定的シュートをセーブ。なんといっても日本代表の田中さんは、中盤で相手ボールをカットし大黒のゴールにつなげるパスでアシスト。直後には北朝鮮の偽ヨン様に倒されたとみせかけ浴びせ蹴り。怒った偽ヨン様を報復行為で退場に追い込み数的優位に持ち込みました。いやお見事お見事。そして茶以下自粛
というわけであとは本大会の監督を誰にするかということなんですが。
6/3
オノレがやらずに誰がやる 悲しみのアンジー
うーむ、トシヤ移籍について割り切っていたつもりでスポーツニュースで赤いユニに身をまとったトシヤをチラリと見た瞬間にチャンネル変えてしまいます。うーん僕って意外とセンチメンタル・ジャーニー
で、ナニが悔しいってすでに名古屋系サイト様にヅ○ネタを使われてしまっている事実。ああ、ウチの大切な大切なネタだったのに。かくなるうえは近い将来確実にくるだろう"時"を見据えカレン以下自粛。
というわけで嫌いな言葉ですが゜世代交代"にもつながる今回の移籍。成岡がトシヤからナニを学んだのか、盗んだのか。怪我直前に少しづつ見せ始めた、戻りつつあった輝き。オノレがやらずに誰がやると。
6/5
去る者は追わず
と、強がってみましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。トシヤがトヨタ移籍ということで、実はすっかり勝利を信じきっていた某方面の方々が磐田サポよりも落胆してたりして。だってトシヤにしろクラブにしろ、端々に出てくる言葉でウチ的にはもう分かってたし覚悟も決めてたし。いろんな大人の事情もあるようですが、クラブとしても選手としても当然といえば当然のことでもあり。あまりドライに合理的に割り切る白人さん的考え方には違和感がありますが、我々も情に流されてばかりもいられないのだとあらためて認識。もちろん悲しいですよ私だってね。もう「TOSHIYA 10」のレプリカユニは着ていけねーなぁ
しかしたとえトヨタに行こうがなんだろうがトシヤがくれた感動、トシヤに対する感謝の念は消えるものでは無く。ある意味では中山・名波以上に磐田を支えてきた人ですから。ゴール裏の方々はブーイングとかしないでほし-なと思うしだいです。私としてはトシヤにはトヨタに行ってもそこそこがんばってくださいということで。だって磐田にいないんだからバリバリやられてもみたいな。ウチとしては昌邦さん曰く“輝く磐田“をトシヤに見せつけるくらいの勢いで今後がむばってほしいものです。
あ、それから一応気になってるのが裏の大人の約束とかはできてるのかなとか。いずれウチの指導者として還ってくるとかなんとか。それからトシヤグッズのタタキ売りはどうなるのかなとか。それからもうひとつ気になるのはMLBやNBAなんかにありがちな三角トレードみたいな形で某東赤チームへとかなんとかなんてのもない事はないとかなんとか
6/1
 強運<凶運 求む 日向小次郎  
バーレーン決戦を前に日本代表ことコインブラ選抜がエライことに。本来前線に座るであろうはずの高原兄弟に加え頼みの綱とも思えた小野の怪我。あろうことか柳沢"「オレのシュートを受けてみろ」「受けてやるからうってみろ」"敦がワントップに入るなどという始末。ろくに試合に出ていない俊輔と全く試合に出ていない中田に託さざるを得ない悲しさです。元々個々の力を押し出したというか個々の力のみというか、そもそもチーム戦術ゼロというコインブラ選抜ですので肝心の個々の力が落ちてしまっては話になりませんのコトよ。
まあかくなるうえは今まで修羅場を選手の鬼気迫るがんばりでくぐりぬけてきたコインブラさんの運の強さに期待したいところではありますが、ウチとしましては運の強さというものに関しましては昨年大変イタイ目にあっておりどうにも信用なりません。
5/31
 とくに意味ナシ それより怪我は・・・
CMをご覧になった方も多いと思いますが、中山様がスカパー!サッカー隊長に。いまさら隊長に就任しなくても元々中山様は隊長です。ま、個人的にはCM最後にチラリと現れるあややの方に●$※△!
さらに副業に勤しむ中山様は周辺市町村との合併を控える浜松市のPR大使にも就任。浜松ゆかりの有名人ってことで浜松在住の中山様に白羽の矢が立った模様ですが、同じジュビロに純正浜松出身のヒデトさんもいるんですがやっぱりダメですか。筧利夫・袴田吉彦・高木沙耶では弱いし大澄賢也ではダークだし。鈴木光司じゃホラーだし康珍化じゃだれもわかんねぇし。宅八郎とか武田は論外とか。おしむらくは、おしむらくは長澤まさみが磐田だったことだ・・・・・・・
5/26
 KEVIN KEEGAN ヒーピアに勲章がついてマンモスうれピー
というわけで欧州CLは延長PKの末リヴァプールが優勝。0-3から後半7分間で3点獲って追いつくなどというおよそCL決勝らしくない信じがたい展開。キーガン超大好き、ダルグリッシュにラッシュも大好き。ウイイレでのDF強化には真っ先にヒーピア獲得に走る私としてはもー大変嬉しく。
デュデクのPK守備がどんなにラインから前に出ていようとも、チェルシー戦のゴールがどう見ても完全にラインを越えていなかろうとも、そんなことはもうどうでもいいのです。私ら世代にとってはイングランドといえばマンチェではなくリヴァプールなのですよリヴァプール。ああ、セカクラにリヴァプールが・・・、リヴァプールが営業抜きで日本に来るのだね! ジェラードいないかもしれしウチ関係ないんだけど(;´д`)
5/25
ジョミール星人とミザール星人の会話 4     ACL  磐田 1 - 0 ホアン・・・
: 越南遠征は一応勝ったみたいだね
: ノブオさんのダイビングヘッドなんてついぞ記憶に無いわね。その昔タカのダビングヘッドでゴールをかっさらわれた記憶はあるんだけど
: マシューもデビューしたね。リザーブ3人なんて状態でもあるけど。
: せっかく山本さんがDVDに落として推薦状までつけて送り出した船谷も使われないし、カレンも相変わらず無茶な事要求されてるし。これなら越南つれてったほうがよかったかもね。そういえば甲子園で中村高校とか池田高校が人数少なかったわね、懐かしいわ。
: 古すぎるよ。また歳がばれちゃうよ、気をつけないと。
: な、何よ、調べたのよ文献とかで!
: でも「懐かしい」とか言ってたよ
: う! うるさいわね! 気のせいよ、気のせい!
: まあ深く追求しないことにしとくよ。それはそうと水原負けちゃった
: まさかよね。営業に走って直前にこんなことしてたからかしらね。それともスカパーで解説してたお気楽親父の“強運”が憑いちゃったかしら。
: 僕にとっては韓国も中国も目クソ鼻クソだからどうでもいいんだけどね
: 馬糞・牛糞でもいいわね。でも一サッカーファンとしては水原が勝つべきと思うわよね。あーいうチームが勝ち上がる事はアジアのサッカーにとって決していい事ではないわよ。ていうかだからアジアなのかもね。
: :結果的には勝点差4だし、なんだか“たられば”な感じになっちゃったね
: ワタシは“たら”は好きだけど“レバー”は嫌いよ
: ずいぶんベタっていうか古典的なオチだね
: いいのよ、「ええ加減にせい!」や「君とはやっとれんわ!」で落とすのは永遠なのよ。温故知新の気持ちを忘れてはならないわ。
5/21
ジョミール星人とミザール星人の会話 3  
: やあ、久しぶりだね
: そう、静岡ダービー以来だわね。静岡ダービー以来といえばINSPIはどうしてるのかしらね。まあどうでもいいんだけど。
: なんだかまた更新頻度が激落ちみたいだよね
: ええ、週に1回とか2回って“アレ”じゃないんだから。もっときっちりやって欲しいわよね。
: “アレ”ってなんだい?
: いいのよ深く考えなくても。わかる人がわかればそれでいいのよ。子供は寝てらっしゃい。
: 中山隊長も智子夫人の前では時々お子ちゃまになるみたいだよ
: まあ! そういうPLAYもあるのね! って意味が違うわね。
: 聞いたところによると管理人はすっかりウルトラQやらウルトラマンやらにはまってしまい、DVD見まくっててHP更新なんて二の次みたいだよ。
: そんなことしてるからいい歳して結婚どころか彼女もできないのよ。いい加減に目を覚まして欲しいわよね。
: 今日はサッカーの話題が出なかったね
: 中断期間だから仕方ないのよ。まあ、だから私たちを登場させてテキトーにお茶を濁しているんだと思うわ。
5/15
SBS中継の解説は
お気楽極楽オジサン
弁当食おうと思ったら雨降ってくるし
2年ぶりにケータイ機種変したんで遊びまくっててすっかり更新忘れてましたわ、わっはっは。
というわけで降水確率10%なのに突然の大雨。多くの観客が逃げ惑っておりましたが、アチキはしっかり用意していたポンチョを優越感たっぷりに着込んで応援。備えあれば憂い無し。まああの93年JFL柏戦に比べればあの程度の雨はクソのようなものです。
試合はなんだかすっかり主力っぽいアンガールズ前田やらカレンやら太田やら若手が活躍。皆さん憧れの船谷までリーグ戦初登場し磐田新時代到来の予感・・・とかいうのはまだ早すぎる。服部さんもやはり年のせいか裏は辛いが相変わらずタイマンの強さを発揮。トシヤも神出鬼没に動き回りナナ様も中盤を仕切る。福西は相変わらず軽率に。というわけでいい具合にMIXされてきたようです。例の件はとりあえず結論出るまでふれない方向で。
5/12
命名 太田ゾーン
“勝たなければいけない”はずの漢方薬さんでしたが、意外に“こなくて”拍子抜け。局面局面では相変わらず汚いですが、ゴリゴリ感もほとんどなく。A3(FM戦)や今回の試合を見るにつけ、AWAYとはいえなんでこんな奴らに負けちまったんだろうと。
ウチのメンツは若手&復帰組中心。ヒデトさんの姿に思わず目頭が熱くなりました。西・ホドリィゴ中心に攻撃を組立て、森下父は中盤を支え、森下息子も最終ラインをなんとかまとめました。傭兵さんも安定感抜群でよかったです。ええ、もちろんノブオさんもよく走らされて走っていましたよ。
というわけで皆よくやりましたが、その中でも船谷がカレンの折り返しを冷静にコースを狙って強く蹴りこんで1ゴール、太田へスルーパスで1アシスト。左サイドでスタートして後半途中からトップ下で、正直全体としてはそれほどいい出来でもなかったのですが(特に左サイド時は)その中でもここぞというところで仕事をしたわけでこ“そういう仕事”ができるというところは見せました。そして太田も一対一をしっかり決め、さらに”あの”新潟戦のゴールを思い出させるようなミドルを右からサイドネットに突き刺しちゃったり。どちらも磐田にはまるで似つかわしく無いゴールでまたもや強くアピール。うーんいいぞ太田。兄貴には無い国際試合での得点ゲットだぜ。かつて清水ゾーンと呼ばれた右45度はもはや太田ゾーンだね! 母さん!!
ま、珍しく3ゴール全てがファインゴールでしたが、なにせ状況が状況だけにTV中継もなかったり。ゴールシーンが見たい方はFORZA JUBILOかスポパラまで我慢の子で。静岡以外で放送見られない方はDVD「2005シーズンレビュー」か、いつか出るかもしれないDVD「船谷伝説」「ヴァモス太田!」発売まで待ってくださいな。
6000ゴールはヒデトでしたが
カレンさん発熱欠場。おそらく原因はナニでナニかなと思いますが。おかげでというか150ゴールの日本の宝中山様が室井のボディアタックを受け左ひざ負傷。もし大事だったら・・・、室井、テメェこ○す!!
試合の方は大した見せ場もなく引き分けでしたが、元磐田の佐伯(覚えてます?)が妙に頑張りきわどいシュート連発。菊地との「直哉決定戦」にはマストポイントシステムでの僅差判定で佐伯の勝利でした。
しかしなんですな、まったりとテレビ観戦してて気づいたのですがね、こう・・・決して楽天なんか降格しろとか嫌いだとかそんな意味はまったくなく、あくまでただただ“ふと感じちゃった”ことなのですが・・・
楽天ってJ2顔が多いな・・・なんて m(; _ _)m
いけいけ長澤親子
こんな記事が出たせいか"長澤和明”の検索からのアクセスが一日で800over。いやあ長澤まさみパワー恐るべし。なんだかもうすっかり時流にノッてしまい人気と共にギャラもうなぎのぼりでしょう。まあはっきりいって旧知の仲というか東宝に推薦したという恩人でもある中山夫人はあっさり抜い以下削除。
ちなみにこちらの記事、ジュビロの前身ヤマハの監督となっていますが、ジュビロ初代監督(J昇格前)でもありますのでお間違いなく。
ついでといってはなんですが、恒例の検索ワードチェック。最近のレアなものやらなんでやねんなものまでモロモロです。まあなんでやねんゆーても、アチキがナニかしらで書いてしまったからなんですがね。

 INSPI おおっ! 少しは効果があったのか少しは
 ジュビロック 発注したかったのか?
 上永吉英文 オールドファンか?
 岸本衛 マニアだなもう。
 茶野さん なぜ“さん”づけなのか。別の茶野さんなのか
 会員制高級クラブ いつ書いたんだろこんなこと
 素人投稿 なんかこんなばっかやな
 好き 何を検索したかったのだろう。そしてなぜウチへたどりついたのだろう
 体に密着 何を何に密着
 にっちもさっちも
 どうにもブルドッグ
フォーリーブスで検索してください
5/5
我々オジサンには
もはやライダーに見えない
村井は骨折なのか?
オジサンは久しぶりの自由立見で疲れました。開門前には例の仮面ライダー響鬼(ひびき)が並びの列に出張。私にとってのライダーはアマゾンかストロンガーまでなんでわかりませんし、ひびきといえばこの人この人でしてね。往生しまっせえ〜。でもねぇ、ライダー俺より小さいし並びの群集に埋もれちゃってるし弱そうなんですけど。ま、私ゃライダーよりもノースリーブにホットパンツなキャラバンガールのほうに興味津々でしたが。いやらしいとかではなく男としては至極まっとうな事だとか何とか言っても言い訳です・・・ね。まあファミリーJOINデイズですから子どもだけでなく大人にも楽しみがあったっていいじゃない。
試合の方は山口様々ではありますし、問題はまだまだ山積みですが、まあそこそこ攻めたし。それよりも
”あんな感じ”のゴールを連発するカレンにある意味たとえようのないスケールを感じてきました。
5/2
中山様 渡辺毅がいなかったからとか
久しぶりにゴール前に走り込む人が複数いたり"信じて"走ったり、"そこ"に出たりという"感じ"で。昨年から太田萌えなウチの母(69)はお喜びです。そんな中トシヤは「速い攻めはできたけど遅攻も出来ないと」とご不満のご様子。それじゃさいたまなんか行った日にゃアータ。一方マコは「言葉が通じる」と、茶野・服部との無失点DFに満足の様子。相当フラストレーションあったのね。それじゃGK松永だったら以下自粛。
世間様では中山様J通算150ゴールで盛り上がっておりますが、リーグ戦といえばJSLとJFLの得点もあるわけで、通算じゃそろそろ200近いんじゃねえのかと(調べて無いけど)。ちなみにリーグ戦ではノブオさん12ゴール、前田19、太田3。何気に服部19と20ゴールに王手ですが、PKキッカーは前田になるみたいだし達成できないほうに100カノッサ
5/1
日本一大きな天狗面
           by  春野町
“しずおか”ではない、“しぞーか”が現地語
Jリーグ作季2ndに続き今季も磐田・清水とも下位に沈み、しぞーかサッカー隆盛の極み。ああ、99CSが夢のよう。まあしぞーか以外の方にとってはクソどうでもよかったり、クソざまあみやがれみたいなものでしょうが、これが思わぬところにも余波が出ております。
今季のJリーグでは上位チームはいずれも現在静岡色の薄いチーム。で、下位チームはというと、磐田・清水の純正しぞーかは言うに及ばず、神戸は人数こそ少ないとはいえ御大キング・カズが君臨。さいたまと言えば(しぞーか大嫌いなわりには)主力はしぞーか目白押しで藤枝東閥まで築きつつあったりして(このうえトシヤまで入った日にゃアンタ)、新潟は監督反町だし元磐田・清水どころか元藤枝ブルックスまでが在籍するというディープしぞーかだったりします。ああ、どこまで堕ちていくのかしぞーかよ
4/29
わしゃあ決めたけんのう
死なばもろとも
初めて今季2点獲りました。前田のゴールは素晴らしかったのですが、悪銭は身につかないということか、せっかくPKじゃないのにPK頂いた岡田マジックの得点はあっという間に水泡に。ヨシカツさん、また先に動いちゃいました。北朝鮮戦の教訓は何処へ。ということで15位と16位の対戦は両者譲らず仲よくひとつずつ順位を下げ降格圏内只中iさらに深く深く。
トップはそういうことでまた勝てませんでしたが、サテライトは同日松原良香が選手兼監督として率いる、あの松原良香があろうことか率いてしまっている静岡FCと練習試合。マシュー藤井自らバースデーゴールで祝砲です。ヨン様もこの程度の相手なら得点は獲れるようです。岡本もまた点獲ってるしヒデトさんもそろそろJ復帰か。いやあ、サテにはなんとかは希望が持てるかも・・・・って、あ・・・( ̄□ ̄;)!!
4/26
ワシの誕生日じゃけん
    勝たないかんのう
不買運動起こすぞコラ
平日・GW突入前夜というさいたま戦。あたしゃよりによってこんなときに抜けられぬ会合が入ってしまったため行けません。どーしてこういつも代表戦とかなんとかある日にばっかやるかなぁ。
スタジアムではさいたま側から「ようこそトシヤ」とかなんとか横断幕が出そうな気配もプンプンですが、とりあえずまたもや磐田に喧嘩をふっかけた日刊“磐田なんて大嫌い”@さいたま機関広報死はもう出入り禁止にしてくさい。WebサイトにゃDoubleclick仕掛けてやがるしよぉ。
つーわけでいろいろありいので何が何でも圧倒して勝て勝て勝て勝てホームやぞ(パクリ)。
4/24

ほのぼぉの〜と、ほのぼぉのと〜♪
ななみキャンペーン実施中
今季最高の内容ながら鹿にも破れ、トシヤはトシヤでアレでナニだったりして心は闇。というわけで意味もなくただなんかほのぼのとしたいなと小ネタ。かわいいでちゅ〜
さてなんだかBBSにさいたまな人とおぼしき筋からトシヤについて勝ち誇ったかのような不思議な書き込みがありましたがそんなものは即刻削除。個人的にはさいたまな人は確かに熱いと思うしそれはそれで大したものだと認めておりますが、どこにでもナニでナニな人はいるんだなと。ここは磐田応援HPですから、磐田を論評・批判したいなら2chでもいくか自分でHPでも作るかでもしてくださいな。
4/21

泣きっ面に金属バット
韓国くんだりまで行ってわずかな望みも断たれた挙句、村井は左肩脱旧、成岡・大井が靭帯損傷というハナシ。さらに怪我人続出なところにトシヤにはまたぞろちょっかいが入り今度こそ移籍濃厚とかなんとかでオジサンは夜も8時間くらいしか眠れません。オイオイ冗談じゃ無いよ。さらにこんなときにまた次節が鹿戦だったりするという思いきり首吊りの予感。おまけに居間のテレビは壊れるわ数年ぶりに直接FK叩きこまれるわでアタシャ叶わんヨ。
しかしあれだな、いつもACLアウェイは速報クリッカー大挙襲来つーことか公式がつながりにくいっつーかつながらねぇっつーか。サーバー弱すぎませんか。
4/16
 新潟男襲名 ホドリィゴはどうしてる
今季初の“まとも”な得点が太田〜成岡で生まれるという意外性。どれくらい意外かというと2002年1st優勝決定柏戦での山西の先制FKか2001年アルノ、1997年大神ベストイレブンくらいの意外性。さすがにジローのハットトリックには及びませんが。
しかし勝ったとはいえ、福西が足首捻挫?(詳細不明)で離脱濃厚。カワムは肉離れなわけで過密日程の只中で厳しい状況。となるとここ2試合フル出場の服部が今後も起用されそうな。新潟戦では開始早々いきなり自陣でお得意のパスミスを披露しましたが、その後はDFとしてさすがの守備。トルシエに“試合を終わらせる選手”と言われただけの事はあります。最近は攻撃を終わらせる選手だったり相手の攻撃の起点になる選手だったりしましたが、パスに絡みさえしなければばさすがの仕事をしますね。
4/15
弘法にも筆のあやまり
訃報続きの我らがジュビロ磐田ですが、コインブラ選抜といえど現在代表を数人抱えております。強かったとき(過去形)は縁が無かったんですけどね。
そんな中サカダイ掲載のPuma2面ぶちぬき広告がこれ。やはり“代表”となるとハクがつきますなあ。あの田中誠さんがこれですよ。一時は“田中決定戦”に破れ“田中”の座を追われたあの田中誠さんがこれですよ。“田中誠使用スパイク”が“売り”になるとは世の中変われば変わるものです。下に恐ろしき現し世なり。
ところで珍圭くんはどうよ。韓国では次代を担う星のようですが、“珍圭の履いているスパイクはこれ!”とか。とりあえず今のところあまり履きたくないですけど。“モンブラン布サッカー”からやり直しなさい君は。百歩譲ってボンバーからだ(世代限定ギャグ)。
4/14
 お久しブリーフ 太田はセンターバックではなかった
連戦連敗でアンチ山本もノりにノって絶好調な今日この頃、皆様いかがおすごしでしょうか。千葉ちゃんにも予定通り完敗です。村井・茶野・ヨン様にずいぶんブーイングがありましたが何かあったのでしょうか。私には全くわかりませんのことよ、オホホ。
試合については今回も“GKがどうの"とか全く関係なく。ヨシカツだろうが大○だろうが、いやさブッフォンだろうがカーン様だろうが。つーかほんとにさあ
 ボーッとしてんじゃねぇゾォ!
    ゴルルルルアアア!!!
というわけで敵将オシム翁にずいぶん慰められてしまう(皮肉たっぷりに)ダダすべりなジュビロ磐田をJubilo maniacsはこれからも応援します、とりあえず。
4/11
オレンジが君に似合うかな
西野清水へ貸出。清水としてはFW陣の度重なる怪我で頭数そのものが足りないので、てっとりばやく頭数だけはいるしすぐ近くだし健太くんのコネもあるしみたいな感じで磐田からとか。ま、とりあえずがんばれ西野。
磐田的にはユース昇格組の二人以外で唯一ノーチャンス状態だったわけで、“点獲れねぇなら一度くらい西野使ってみろよ”みたいな気もしますが、それでも使われないのは“ 西野だから”かななんて。
悲しいかなACLも○○な状態ですから○○のことは考えなくても良いであろうわけですし、ナビスコも各クラブ様に申し訳ありませんが予選免除。4.5月さえ切り抜ければ日程はかなり楽になりますから、今後も何人か貸し出しなんてことがあるかもしれません。
4/10
青い影 A Whiter Shade Of Pale
というわけで、珍圭君またやってしまいました。なにやらあの人の影がちらついて仕方ありません。
大人になったヨシカツさんはなかなかになかなかでしたが、やっぱり予想どおりGKがどうのとか以前の問題で。前半は押し込まれて守備に忙殺されるという昨年から見慣れた光景。後半はなんだか久しぶりに“攻めている”感は多少味わえましたが、手にも相手の足にも当たらず無得点。まあそれでも少し攻めたんですからそれだけでも進歩と捉えて今は耐えましょう。“夏にはダイナミックなサッカーを” 見せてくれるはずですから。
PS FC東京様 
やっとウチに勝ったと随分お喜びのようですが、こんなんですからウチ。先日の名古屋様のように勘違いしてその後連敗などなさらぬようお気をつけください。
4/8
魂のサッカーを
いよいよ“磐田の゛ヨシカツさんがFC東京戦で復帰する“かも”しれません。復帰も何も初公式戦ですが。
水をさすようですが、今の磐田はかつてのように“GKが最大の弱点”とか何とか言う以前の問題で、この際GKが大○だろうが尾○だろうが問題では無く。あ、でもやっぱさすがに大○や尾○はキャンセルで。
ま、点獲れないならせめて点をやらないようにしてなんとか引き分けとか、手に当たろうが相手に当たろうが、万が一でも1点とれたらなんとか死守とかいう点においては多少の効果は期待できるかも。
それよりも、最近は"笑顔のGK”にイメチェンした感のあるヨシカツさんには昔に戻っていただき、やる気あるんだかないんだかわからない連中のケツを思い切りひっぱたいて、イヤいやしばきあげていただければと。
4/6
「フジタトシヤソンスー イッチャンハゲスミダ」
↑などというハングル選手交代アナウンスにとってもドキドキ。何がドキドキってそりゃアンタ。
試合開始早々湯水の如く溢れる水原の決定機。そんな中シュートは珍圭に当たり傭兵に当たりポストに当たり。PKは傭兵が見事セーブし、「こんな日って結構勝てちゃうかも♪」などと気が緩んだ瞬間、珍圭の山西ばりの見事な“スカ”であっさり失点。チームの伝統というものは選手が入れ替わっても引き継がれるものなのですね、“逆転のPL”とか“粘りの浜商”とか。
ま、失点こそそんな形ですが、気合・出足・当たり・競り合い・判断他全てにおいて完敗。1対1も勝負になるのが福西と村井だけでは話にもなりまへん。正直こうなると悔しいとすら思えず。口惜しや口惜しや、ジュビロ磐田口惜しや。
4/3
 ジョミール星人とミザール星人の会話 2    
: ダービーは引き分けだったね。
: カレンのJ初ゴールが同点ゴールよね。公式記録がオウンゴールに訂正されないかドキドキしてたんだけど、いまのところは無いみたいね。Jリーグも空気読んでるのかしらね。
: 「もっと喜べばよかった・・・」とか言ってたけど
: 私にはずいぶんはじけてたように見えたわよ。あれで喜んでいないなんて言ったら、元名古屋の後藤はどうするのかしらね。
: それにしても点が入る気が全くしなかったね
: そうね、ウチも清水も。まあいつもの事といえばいつもの事よ。
: コンビネーションも相変わらず全く向上して無いしね
: コンビネーションどうこう言う前に一人一人の問題よね。そういう意味では若手のほうがまだよくやったと言えるわ。“経験のある選手”たちはもう一度よく考えて欲しいわね
: “経験のある選手”といえば怪我の中山やトシヤは別として服部がベンチにもいなかったね。
: あら、そういえばそうね。全く違和感がなくて気づかなかったわ。
: そういえば性懲りもなくまたINSPIが来てたね
: そうね、メガネかけてる人いるからRAG FAIRのパチ物だと思ってる人もいるんじゃないかしら。でもRAG FAIRの“メガネの人”見てるとフィンガー5のアキラを思い出してしまうのは私だけかしらね
: うーん、それは30才以下の人には厳しいネタなんじゃないのかな
: あら、歳がばれちゃうわね。ここ削除しといてちょうだい。