過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2005年7〜8月     2005年4〜6月     2005年1〜3月      2004年10〜12月    2004年7月〜9月    2004年4〜6月  
 2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
 2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
12/20
これで山本に一歩近づいたな
お久しブリーフ、江口ひさしぶり。
ソリマチ号泣事件に中山御大骨折&W杯抽選「アルゼンチンかぁ〜♪」事件。あいもかわらずとどまる事を知らない怪我人続出野戦病院状態にカレン優秀新人賞受賞に、ずいぶん休んだはずの福西さん優秀選手賞受賞。「日本のチームに出場して欲しい」とか言われると「出るはずだったんだよぅおおおおお!セカクラぁああ!」と拳を握り締めてしまう与太カップやらもうネタてんこ盛りだったにも関わらず全てスルーしたJUBILO MANIACSです。
さて天皇杯を残してはおりますが、Jアウォーズやらコルテアズーぱーちーやらで一年を振り替える時期でございます。やはり磐田を愛するモノとしましては今年の磐田とはナニか、ナンだったのかを今一度考えなければ来季の巻き返しはありません。で、そんなことが影響したのかただの偶然か年齢的問題か。自分自身で今年の磐田らしさを体現してしまいましたよアタシゃ。
後十字靭帯断裂
ま、前十字とか半月板じゃなくてよかったけど。てなわけでオジサンは来春の実戦復帰を目指してリハビリ開始しています。ちょっと痛かったけど無理してプレーしていた結果の悪化です。ヒザは怖いよ〜、痛かったら医者行けぇみんなぁ。
11/24
マグノアウベスでなくて
2ヶ月ぶりのリーグ戦勝利です。
試合見てないからわかりませんが、若いのに髪がやばストライカー2人が得点ということで意気上がっちゃったカントクは、先日対戦してさらに天皇杯5回戦でも対戦する某オレンジさんあたりとおぼしきをチクリと批判なんて。さあどうするソ○マチ。ま、勝ったのはアチラであることは事実ですからね。
さてそんなこんなで「ほよ? 勝つってナニ? それオイシイ?」なんてことにはギリでならなかったわけで、とりあえずマンモスうれピーわけですが、優勝にも降格にも無関係ということで、最近はすっかりメディアから遠ざかっていた磐田。ずいぶん久々にメディアトップに登場と思ったらこんな事かよ!
※文中に一定の世代以下には理解不能な発言が一部含まれておりますがご容赦くださいませ。
11/23
退席注意
長澤まさみ父が全国切符!
ということで、世が世ならJリーガー&日本代表としてチヤホヤもされて事と次第によっちゃあアイドルや女優なんかとの深夜デートをフライデーされちゃったり、チームメートと裸で肉のCMなんかにさえも出てしまったかもしれない長澤和明@JUBILO初代監督、現常葉橘監督ですが、その選手権の組み合わせが決定いたしました。
て、いきなり滝川真子 滝川二高かよ!
なんだかいきなり初戦敗退のかほりがプンプンですが、もし勝ち進めば"まさみちゃん、父の応援に国立に駆けつける!" とか"みなみちゃんは甲子園より国立!"とかいろいろと盛り上がる要素もございますので、高校サッカーを盛り上げるという意味でも、滝川さんにつきましてはどうかひとつよろしくお願い申し上げます。
11/21
血液ガッタガタ
とりあえずなんですな、
出来るなら最初からやってくれませんか、そろそろ
というわけで試合後各談話への簡単なツッコミ集です
カントク談 「ボールは支配出来ていたが」
  あーいうのは支配とはいいませんのことよ、アチラの作戦通りです。
福西談 「ボールをまわしているだけという印象を受けました」
  印象じゃありませんのことよどう見ても
服部談 「もっとサイドを崩して」
  いやそういうことじゃなくてですね
成岡談 「あれだけ守備を固められると苦しい」
  固められるとかどうとかじゃなくてこちらがどうするかですよ
田中談 「1点目の失点は・・・・カウンターにはまって・・・・」
  2失点目には触れないんですね
西談 「天皇杯でやりかえせるし」
  それしか残ってませんからよろしく頼みますよほんとに

PS
本日は当日チケで入場。チケ売り場にて初磐田とおぼしき、オレンジを身にまとったかなりごっついオニイさん達に遭遇いたしました。
「フリーゾーンってどこよ? キミのひざの上? ガッハハ!!」
まだいるんですね、こういう人。チケ売りお姉さんも大変です。
磐田な人はくれぐれもこういうことは言わないようにお願いいたします。
11/15
船橋ヘルスセンター
最近仕事でめっぽう帰りが遅く、目の下真っ黒クマさん、vs 千葉ちゃん奇跡のドローでさえもスルーしてしまったうっかり屋さんの jubilo maniacsです。
さて、作年のユース大量昇格からうって変わって静かに潜行を続けていたかに思えた新戦力補強ですが、来季入団一号に森野徹@市船内定。 えー・・・・・・・、また小さいなオイ。キミもと一緒に牛乳飲みなさいヨ。
しかしまたもや市船とはもしかしてライン化成功ですか。他チームに鳴り物入りで入団した○崎とか○沢とかパッとしなかった中で、西、カレンと磐田では活躍しているのが奏功したのか。あ、そういえば約一名パットしなかった市船出身現広報担当がいましたが気にしないでください。
11/4
サンキュッパ 
天皇杯ですよ天皇杯。入場者3,980人ぽっちですってよ奥さん(私もサッカー協会から回ってきたチケで入ってるのでエラそー言えない)。また今年も「元旦国立に連れてって」てなわけですよ。予定ありませんからね、どうせ。
というわけで初戦はPJMフューチャーズ。密かに浜松凱旋だったりするわけですが、このオヤジが監督だったり、カメールーン代表タタウがいたり、マラドーナ弟がいたり、最近では鳴尾までもということで思いはつきません。
試合は4-0と言えば聞こえはいいですが、開始早々ヨシカツが決定的シュートを防いだり、シュートがバーに当たったりポスト横をすり抜けたりと結構やばかったという事実。中山に変わりカレンが出場した途端、前線に動きが出て活性化した事も付記しておきますよ一応。
10/29
昨春のアナタ スキヤキ
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
思い出す 春の日 一人ぼっちの夜
上を向いて歩こう にじんだ星を数えて
思い出す 夏の日 一人ぼっちの夜
幸せは雲の上に 幸せは空の上に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
泣きながら歩く 一人ぼっちの夜・・・
すっかりエンジョイしているようで何よりです。
磐田といえばすっかりナニな状態ですが、「優勝を狙い、チーム再生の年だったはず」ってアンタちょっとどの口が言うかどの口が。そもそもこんなんなんったのはいつからだと思って★○!▲*◇※■%#
中山様に2006W杯ドロワーの打診。"ドロワー"にどの程度の名誉があるのか、極東の一貧民の私にはわかりませんが、欧米ってのはそーいう事に対するリスペクトは日本人のそれとは比較にならないほど高いものなので、もしかしたら凄いのかもしれません。
数々の栄光・功績の一部
日本代表51試合21得点、日本代表W杯初得点、W杯2大会連続出場、2002W杯出場時なぜか日本の10番、アジアクラブ選手権優勝1回・準優勝2回、99AFCベストイレブン、JリーグMVP、Jベストイレブン4回、J得点王2回、J通算得点記録更新中、4試合連続ハットトリックでギネス掲載、日本の魂、磐田の魂、岡部の魂、長澤まさみを芸能界へいざなうきっかけをつくる。
というわけで、アジアの顔・日本の顔として選ばれても当然といえば当然なのですね。それまでにア○ノシンをしっかり使って▲#※◇!●*$
10/23
大人の事情により引き分け   磐田市 1 - 1 清水区
日本平スタジアムへ登る坂道。「俺達は信じてる」「絶対残留」の弾幕が続く。
ああ、清水は今年も残留争い("降格争い"言うたるなや)。"王国"はいずこ。
スタジアムでは「磐田ゴール裏PRESENTS蛍の光」が鳴り響く。
うーん、そういう殺伐としたものは静岡県には似合わないんですが。なんというか、もう少しまったりとしているのが"静岡風味"なんですが、なにげに磐田ゴール裏は地元人占有率が低いという悲しい事実。そういうアチキもバックスタンド人間なんですが。ま、日テレ・清水ともJ創世期には覇権を争ったわけで、明日は我が身ですから挑発もほどほどにしときましょう。
ご存知のとーり磐田VS清水には磐田にとってJ参入への怨念が深く残っていたりもするわけですが、当然西部地方VS中部地方の地域的対立図式があったりします。勿論西部の中でもかつての"天竜川決戦"のように天竜川を挟む対立とか細かい対立もたくさんあるわけですが、この際大きなくくりで団結。特に旧浜松と旧静岡においては、"旧静岡市は県庁所在地だけど浜松の方が人口も経済規模も大きい"ということもありーので仲が悪かったり。
中部人、西部人を語る・・・粗雑、荒っぽい、うるさい、
西部人、中部人を語る・・・はっきりしない、ウジウジしてる、覇気がない
静岡へ通勤していた浜松人のワタクシの感想といたしましては、えー、そのとおりでございます。イライラすんだよ、はっきりしろよてめーらよ、みたいな。
ちなみに某TVでのアンケート「結婚したいのは中部人・西部人どっち」
中部人・・・圧倒的に中部人
東部人・・・圧倒的に中部人
筆者本人・・・だれでもいいからお願いします。
このように西部人は不人気なわけですが、私の後ろの席にいた清水なオバハン集団は、言葉遣いから察するにほぼ間違いなく中部人。まーしかしギャーギャーウルサイし選手もうボロクソだしテイスト的にはほぼ大阪のオバハン。つまり西部だろーが中部だろーが"行きつくところは同じ"という事実。時の流れってのは悲しいねったら悲しいね。
というわけで試合は諸事情により1-1の引き分けでしたとさ、チャンチャン。
10/16
やはり神 今日はネタ無し  磐田 1 - 1 鹿
"負けられない"のではなく"勝たなければならない"試合にまたしても引き分けてしまいましたね。
船谷投入があまりに遅すぎ。たった5分で何をしろと。決して成岡が良かったわけではないにもかかわらず。あくまで優勝を目指すのであれば"負けられない"のではなく、"何がなんでも勝たなければならない"わけで、しかも生半可には追いつける"差"ではないのです。攻めてはいても"点は入っていない"ならばそれは充分に"動かなければならない"理由ですよ。
PS
三光鳥様も憤怒しておりますがバックスタンド側線審(今では線審とは呼ばず厳密にはアシスタントレフェリーつーのだよ)は旧オフサイド解釈にも新解釈にも当てはまらないオフサイド判定を連発。"ボールに触れなければオフサイドにならない"わけではないのです。
10/13
 ジョミール星人とミザール星人の会話 7     
: なんだかまた更新さぼっているみたいだね、ここの管理人は
: そうね、コインブラ選抜やらオールスターやらネタがあったにもかかわらず全部スルーしたわね。まったくもう、やる気があるのかしら。
: そう、ネタには事欠かなかったはずだよね。オールスターでの中山・福西の「活躍」なんていろんな意味でツツコミどころ満載なはずなのにね。
: いえそれどころじゃないわよ。あの田中誠さんがツネ様不在、中田交代とはいえ代表のキャプテンマークまで巻いちゃったのよ。ここにツッコミ入れなくてどうするってーのよ。これだけでごはんおかわり3杯はいけるわよ。
: もう怠けものの管理人のことなんかほっとこうよ。Jも再開することだし気分を変えてさ。
: そう、再開初戦はエコパで鹿なのよね。「もうひとつも負けられない」とかなんとか言いながらもうずいぶん負けてるような気もするけど次節はほんとに負けられないっていうか勝たなければいけないわね。
: ウン、この際優勝は別としても鹿には勝たないといけないね。ウチが勝てば鹿優勝の目も小さくなるわけだしなおさらだね。
: そうなのよ。別にガンバが好きなわけでもなんでもないけど鹿が勝つならガンバのほうがマシってことよね。
: 例えて言うなら目ク○鼻ク○じゃなくて、本物のウン○なら目ク○のほうが1000倍イイってことだね。
: 確かにその通りだけど例えが汚いわねアナタちょっと。
: エコパの鹿と言えば師匠のハットやらアルノのポロリやらいい思い出がないんだな・・・
: 何を言ってるのよ! 伝説のフライングボディアタックがあるじゃないの!。
: ああそうか! でもあれはいい思い出かどうか微妙な気もするけど。
: あら、私は大人だから過ぎ去った過去は皆きれいな思い出に昇華できるのよ。アナタはまだまだ子供なのね。
: うーん、それは大人というより・・・。
10/2
西はやっぱりオモシロイ   磐田 4 - 4 日テレ
PK獲得の瞬間、嫌な予感。「あ、このまますんなり終わった方が良かったのに・・・」。私の脳内に思い描く光景は”PK外して跳ね返りでカウンター一発”。すったもんだのいやな”間”の後、中山のPKは乾いた金属音を残し・・・・、ああ、思い描いた光景が今さまに目の前に・・・・・。玉乃はダイビングだけど。
ワシントンがセット。私の脳内に広がる”FKがニアに突き刺さる”光景。そして思い描いた光景が今まさに目の前に・・・・。
西の同点ボレー、かつてのノブオさん奇跡の左足ループを彷彿とさせる太田の奇跡的左足逆転ミドル。こんな試合は勝つモノですがここで勝てないのがかつての磐田とは違う”ニュー磐田”ですよ。いい意味でも悪い意味でも。
服部さん曰く「ロングボールをにズルズル下がらずに、うまくコントロールできたと思うけど」いや下がってましたって。「あー、そこ引いちゃダメ、あー、」て言ってたら失点でしたよ(まあパサーへのプレスの方が問題ではありますが)。ヨシカツさんも「フリーキックにも冷静に対応したつもり」ってそこは決められたらダメなとこなんですよね。壁を越されたなら仕方ないが、ニアの低い位置で壁を外から巻かれちゃねえ。そこは壁で”消さなくちゃいけない”コースですよ。ただでさえニア弱いんですからヨシカツさん。
と、ついつい文句のひとつふたつも言ってしまいますが、前半のグダグタぶりは別として1-3の劣勢からの反発力は見せたわけで一時のなしくずしズルズルベッタンからは脱却したカナとは思いますよ、降格圏チーム相手とはいえ。
9/27
あきらめないことだ
美濃輪が・・・もとい箕輪が代表ですってよ奥さん。
ま、オールスター期間ってことでもあるわけですが。磐田では全く出番がなかったわけで、苦労人が日の目を見るって事はそれはそれで嬉しいことです。
あ、こんなガラにもない事かいてたら、耳から脳がダラダラと溶け出てきましたのでこのハナシはこの辺で。
さて、遅まきながら中山様J 300試合出場&松村主審の気遣いPK獲得&"とりあえず蹴る人いないから中山蹴っとけ"ゴールおめでとうございます。GK南様にいたりましては"中山は絶対にそこだけには蹴れない蹴らない"方向へ跳んでいただきましてご愁傷様です。見ている方はヒヤヒヤでしたけど。
とはいえ久々の先発にもかかわらず、相手DFを混乱させる動きはさすがでした。願わくばもう少し前を向いてシュートを撃っていただきたい訳ですが、まあ一応結果は出したわけですからさすがです。
ちなみに結果を出すといえば、皆様ご承知のように御大カズと共にCM共演しているわけですが、最近の中山様を見るにつけこのCMに適しているかどうか判断の別れるところです。
9/22
だからこれはチャゴだって ルネといえばルネ・ヴァンダール・ワタナベ
柏戦に向けた更新も済ませ、後はまったり・・・を決め込んでいたところにスルー出来ない事件発生。
例のカマラがとうとう正式契約。期間が2005年12月末というところが、いつぞやの彼を彷彿とさせてしまうところですが、気にしてはいけません。だからといって過度な期待もしてはいけませんのことヨ。
ご存知のとおりの怪我人てんこ盛り状態。さらにケツが痛えだけと思っていた前田が実は内転筋痛でしばし欠場の見込み。非常に治りにくく、再発性も高いデリケートな場所だけに無理はさせられません。そんなこともありーので"とりあえず健康だし"みたいな契約という気もしますが、何がきっかけになるかわかりません。近鉄のブライアントみたいな事もありますから(わかりにくいですか?)。ま、がんがれ。
9/20
やっぱアンタが頼り ♪さあさ ルイ・ルイ・ダンスぅ〜
どうも。最近どういうわけか各所で某代表DFに遭遇するjubilo maniacsです。あ、私はガンヲタじゃありませんのであしからず。あ、それからいちいち行動監視なんかしてませんので某さんは安心してください。
さて、次節はラモちゃん効果に沸く柏戦です。当のラモちゃんは「やったのは選手ダヨォ」と、あらためて気合を入れるこんな行動に出ていますが、それがまた思いきり目だっているという事実。うちとしては注目がアチラに集中するし優勝争いも関係ないしノンプレッシャーで伸び伸びとプレーできるかなと。
ちなみに当方の愚兄はJSL時代、スタンドからラモちゃんに罵声を浴びせ試合後ラモちゃんに追いかけられるという貴重な体験を持っております。10数年前の事とはいえ、執念深く覚えているといけませんのでやっぱりバックスタンドはるか上で観戦の模様。
9/18
やっぱアンタすげえよ 船谷入浴権獲得     磐田 0 - 2 ヤン坊
どうも。ココで勝てば・・・というところでことごとく負けるジュビロ磐田を応援するjubilo maniacsです。
攻め込まれたわけではありませんが、それがいつもの"ザル"なセレッソではなかった裏返し。完敗です。前田のシュートがちょっと横にいってればとか船谷やカレンのシュートがせめて枠の中に飛んでいればとかなんとなくさみしいタラレバは、無理からほじくり返せば尽きませんよ。
そんな中、ついぞ見た事のない振り向きざまの左足シュートを空気の読めないGKにセーブされた中山様がナント練習試合に出場。大丈夫かよ。西・成岡の復帰は嬉しいですが、ここにいてはいけない人が約一名。次は計ったかのように田中誠さん。順番かよ。
PS
ヒデトさんは最低あと10年現役続行嘆願
9/14
久藤に公式があったとは
週末はセレッソ様がお相手です。
怪我人続出のなか、ヨシカツが復帰し名波・ヒデトもそろそろ復帰か・・・と思っていたらカワムはまだしも前田が離脱し、さらにマコも膝に痛みを訴えるという状況。カワムは別にいいとしていまや"いないと困る"選手BIG3とも思われる福西(有休)・マコ・前田が不在になるかもしれないという危機。2戦連続コータベンチ入りも現実味を帯びてまいりました(ノブオさんお元気?)
一方セレッソ様といえば、リーグ再開後無敗の7位。しかもなんとあの千葉ちゃんに2連勝などとという、ウチにとっては夢のような偉業まで達成して絶好調。さらには"なでしこ"呼んじゃったり、選手・サポが和気あいあいという、テキトーにキモイ気ぐるみ・INSPI・罰ゲーム的サイン会でお茶を濁してしまう磐田的にはまずありえないイベントも開催してそちら方面ではすでに完敗しております。ヨガなんかやってる場合じゃありませんよウチは。
というわけでせめてサッカーくらいは勝たせていただきたいわけで、Jリーグ的に"終盤、磐田が猛追"という展開もアリかな〜などと勝手に思っていますのでなんとかよろしくお願いいたします。かしこ。
9/11
次はプログラム表紙だ! フナターニ、フナタニーニョ、フナタニコフ
プレミアムカード抜擢の船谷。さらにはマンオブくんまで。確かに運動量・守備・動きの質も向上。なによりも判断スピードが早かったし、おしゃれなパスも繰り出しちゃったりなんかして。兵藤なんか使わず船谷使っとけばなぁ大熊。カレンも二桁得点に到達したわけで、ちゃんと"FW"としての仕事させとけばなあ大熊。
2点目は前田・カレン船谷・太田と若い衆が絡んでのスピーディーかつびゅーてぃほーゴール。ケンタローも頑張ったし、ナウでヤングな磐田の息吹が感じられるってもんですよ(ウソ)。とはいうものの試合全体はなかなかにズルベッタンだったりもしたわけで、一番盛り上がったのはヨン様がPK外したのと、コータまさかのベンチ入りアナウンスの瞬間だという事実 (´Д`;)
PS
帰宅途中にコンビニで買ったJチップスのカード
うーん、またしても絶妙のタイミング。
9/7
人口 1億2,700万 5 - 4 730万
ヨシカツさんのいないゴールマウスで4失点、田中さんのいないDFで4失点、福西さんのいない中盤を破られ4失点、"磐田の"高原が点を獲りました。
ま、フルタイム稼動だった田中さんや福西さんがお休み出来ましたから磐田的には良かったんですがね。まあ休んだ分大宮戦で期待しますよ、特に福西さんには"代表バージョン"の福西さんであらんことを。
というわけでなんだか40年くらい前のサッカーのようなノーガードの殴り合いである意味とても楽しかったですね。ああ、情けない。
相変わらず1対1とスピードに対応できないDFですが、怪我が治ったらヒデトさんなんかどうでしょうかねぇマジでマジで。主将のツネ様も相変わらず「ちょっしたミス」とか言ってるし。だからさあ、点を獲られてるんだからそれは「ちょっとした」ことではないんだってばよぉ。いい加減にしなさいってば。ツネ様に限らずこんな意識のうちはチョンボ癖は治りませんね。
ちなみにこちらは試合後のコインぶらぶらさんのコメント。こちらはホンジュラス監督ホセさんのコメント。さて、あなたはどちらの方に指導して欲しいですか?
9/5
緻密な分析の成果
土曜は某所へ遠征していたため今頃やっと試合を見たワタシです。さらに日曜は残暑厳しい中で2試合&主審をこなし心身ともにボロ雑巾。というわけで大分戦で感じたことだけさらりさらりと書き記しておきますわヨ。
厳しい残暑。噴出す汗と湿気でカレンが心配
それよりも必要以上に髪を気にするチーム内得点王
夢か幻か。珍圭のフリーキックがポストに当たった。
根本君、キモイから悪い事はいわないから坊主にしときなさい
一句   茶野さんも ああ茶野さんも 茶野さんも  σ(-_-#)
地味ですが洋平さんナイスでした。
聞いていた程ズルベッタンな試合ではなかった。
あくまでも前節に比べればだけど。
スカパー解説の田坂が「中山」と呼び捨てに。テメぇこの。
てなところで脚痛いし腰痛いし首痛いし肩こるし眠いし金ないし寝るでござる。
9/1
敵を知り己を知れば百戦危うからず
さて、ガンバ戦の惨敗とFC朝日戦での"惨敗"ですっかり心がささくれ立っておりますが、そんな事言ってる間にもう大分戦なわけですよ。
しかし恥ずかしながら実のところ大分の試合はあまり見てませんし、正直普段ほとんど気にしてないので大分のことはよく知りません。というわけで大分をちょっぴり探ってみることにました。
クラブ名:大分トリニータ 法人名:大分フットボールクラブ
ちなみにチキチータはABBAで、ABBAといえばダンシングクイーン
正直かなりヤバイ状態である
つーわけで最近監督が辞任した
組織票が投じられている
マグノアウベスはシャレにならない
大海がいる。 覚えてますか?皆さん
で、大海がなんだか爽やかになったりしてる
でもなんだか変な人たちがいるから怖い
楽天にショップがある。
で、これはとっても微妙だ。ペンタくん亡き後やむをえないのか
でもまあこっちはホントに不気味だからまだマシか
というわけで緻密な分析してあげたから絶対勝て。