過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2005年9〜12月 2005年7〜8月     2005年4〜6月     2005年1〜3月      2004年10〜12月    2004年7月〜9月    2004年4〜6月  
 2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
 2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
4/30
ごめんね倉貫   表富士山 2 - 0  裏富士山
その昔都田にて(JFLホンダvs甲府)マ○ケ甲府サポク○ジ○ぃと一悶着起こして以来すっかり甲府嫌いになってしまったJubilo Maniacsです、どうも。
初磐田の方がほとんどかと思いますがコロッケはいかがでしたでしょうか。今回はそんなに弱いチームではなかった事がなんとか証明出来ましたし、大木監督の目が確かな事も証明できて何よりです。バレーはいなかったけど。えいえオタクも思ってた程弱くはなくってよ、バレーがいないにもかかわらず
というわけでファブリシオが神に近づきつつあるなか、またもやコインブラさん視察。村井は外に中にと走りまくりシュートも外にと猛アピール。茶野さんも夢よもう一度と巡ってきた出場機会でアピール。ヨシカツさんもハンドに助けられとはいえフィードにセーブに活躍。田中さんはDFを統率し無失点に貢献。福西さんはいつものように倒し削りイエローもしっかりゲット。時折前線に残ったまま顔を出しながら攻撃参加もアピール。太田も"もしかしてコインブラさんが大きな勘違いして"なんてことがあったらと90分動き回りました。しかしこんなときに限って出場停止。試合前にサイン会などしているヒデトさんが不憫でなりません。神も仏もいないのか。
ま、W杯とは別として前田がやっとゲットゴール。成岡もだいぶ動くようになったし、菊地もヨタった服部さんに代わって見事に試合を終わらせてくれました。中山様もコンディションがよさそうですしそのおかげか後半もグダ・・・くらいでどどまりました。次節ウチらはガンバACLのため試合がありませんので5/6に向けてしっかり調整していただきたいものです。

PS   衝撃写真
1・・・やはり華のない政一クン
2・・・イケメンJリーガーヨシカツさん 梅ちゃんかよ。
4/27
        久々の晴れ舞台
ルチャ・リブレ   磐田 3 - 2 俺もさいたま
なんだかまたもや前半寝ていたみたいですが、前半良くて後半グタグタのときは勝てなかったわけですから、同じグダグダなら前半の方が良いのかもしれません。
村井が“体を張ったプレー”で中山の同点弾をアシストし自ら決勝点もあげる活躍。学んだってひょっとしてこれじゃないですよね。ただきっちりホドリィゴにはやられたわけで、奥といい本当に相変わらずです。
そんなこんなで結果的には一応負けないようにはなってきたところで黄金週間。ショップではいつものやっつけ仕事よりは豪華なイベントもありますが、その前にこんなイベントになんとも強化失敗の責任を取って罰ゲームか政一強化部長出陣藩主役みたいですが衣装を身にまといって何着るのよ。まさかこんなのとか。
4/22

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる   はずだが
黄色い犬 0 - 0  青い鳥
一応ここまでの今季ベストゲームか。無得点だし前半どん引き。ま、そのおかげでというか後半攻める事が出来たわけでとポジティブThinking。なにより相手が千葉ですから。
前半シュート1本てのも凄いですが、後半だけで18本てのも凄い。でもってそれでも1点もとれないどころかほとんど枠に飛ばないのもまた凄い。それでもウチ的には“シュートする型までいった” “シュートする意識はあった”とこれまたポジティブThinking。広島戦のグダグダ3-0の勝利から次につながって?内容ありの引き分け。次こそ内容を伴っての勝利と次につながるだろうとポジティブThinking。
よーし珍圭のFKも2試合連続壁にかからなかったから、今度こそは枠の近く位には飛ぶかな・・・とポジティ・・・ああ!、それは出来ないぃぃっ!!!
4/20
策士、策に溺れる
名将として名高いオーストラリア監督ヒディング氏がコインブラ選抜vsクリンスマン選抜を視察とのこと。
“日本を丸裸”とか“手の内を隠した事が無い” とかいろいろ危惧しているよーですが、何をおっしゃるうさぎさん(死語)。それこそコインブラ選抜の思う壺なのです。だってほら、コインブラ選抜には研究するような戦術もなにもありませんから。いきあたりばったりですから裏を返せば策などたてようも無いわけですよ。策士、策に溺れる。「あれ?前と違うじゃん!?」みたいな。ま、“守備の要”ツネ様がアワワであることくらいはとっくにお見通しだろーしね。わっはっは・・・・・・・とか負け惜しみを言ってみる。
4/16
後半グダグタ 3-0 前後半グダグタ
3点ですよ3点。3点もとりましたよ。3点ってことは、、えーっと・・・後少しで10点・・・かな? 数がたくさんになっちゃうとよくわかんないや、えへへ♪
てなわけで"3-0"という夢のようなスコアで勝ったわけですが、実際にはウチを凌ぐグダグタ具合の広島に助けられたということなんですね。つまりが「グタグタの磐田に負けるようでは」・・・・てことか小野さん辞任。いやいや、磐田は「そんなに弱くない」んですからなにもそんなに悲観しなくても、ねえ大木さん(覚えとけよテメェ)。甲府公式じゃ「そんなに」は削除してるね、遅いよ。
ま、たまに勝ったときくらいは褒めておきましょう、豚もおだてりゃ以下削除。
太田はドリブルのキレ・思い切りも戻ってきたし、中へはいってのプレーもインストール。90分動き回ってで文句無しのマンオブくん。ヒデトさんは太田との関係も良く果敢にオーバーラップ。先制ゴールは誰が何と言おうと「狙った」と言い張っちゃえばいいのに。この際言ったモン勝ちなんだからさ。
前田はほぼ1試合プレーしてターゲットとして機能。成岡も前線に飛び出す"らしい"プレーで1トップを補完。船谷もよく前線に顔を出したし前半終了間際にクロスをダイレクトで福西に落としたトラップ&パスはストイコビッチを彷彿。船谷に刺激されたか、最近ふんづまり気味だった村井にも久しぶりに躍動感が戻り、御大中山さんは短いプレータイムでイエロー:ゲット泥臭く好機を演出。
ヨシカツさんは精度の高いフィードで攻撃の起点としても活躍し、田中さんは見事にラインをコントロール。珍圭のFKも壁に引っかからず、服部さんもヒデトの先制ゴールにつながるサイドチェンジだけは見事でした。
と褒めまくっておきましたが、イージーなパスミスを連発したり、やっぱり後半間延びしたりシュート9本しかなったり等々かならずしも賛辞出来る内容では無く。今の広島で無ければスコアが逆になってた可能性も。またゴール前の人数は“カレン・ロバート・・・・独りたたずむ”状態ではなく成岡・船谷・太田中心に入ってきましたが、その動き出しには問題があったり、中盤での動きも含めて“動き直し“が無かったりでまだまだ課題は多いのですよ。次が勝負ですよね、なんといっても千葉ですから。今ひとつ調子が出ていないと言ってもウチにとって千葉は千葉なんです。ここでしっかり結果を出せれば・・・。
4/10
ノブオさんが出るまでも無く  FC朝日 3 -1 荒田FC
試合前には “1-1の後半25分、満を持してノブオさん登場。磐田の愚鈍な守備をカクカクとぎこちなく切り裂き独走! GKヨシカツさんと1対1の川口決定戦!!”
などというシーンも想像したりしましたが、わざわざノブオさんが出るまでも無く3-1の完敗、いやスコア以上の惨敗。愚鈍は考えていた以上に愚鈍でしたけど。ルーカス師匠に2ゴールを奪われるというあの師匠にものごっついことされた時以来の衝撃。これで師匠の座はカレンのものか。
選手・スタッフの方々にはこんな惨敗もぜひとも次につなげていただくようお願いしたいわけですよ。そろそろね、いやマジでマジで。桑さんにまで気を使わせてしまっている始末。なんだか最近は磐田ネタは敬遠してますよ。気を使ってるのか文句ばかりになるのでやめているのかそれとも自分自身の責・・・以下自粛。
というわけで“一年半経っても全くつながらない”わけですから、“次につなげて”いただいたとしても2日や3日で変わるわけが無いわけです。ここはもう過去の美しい想ひ出にひたるのも精神衛生上はよろしいかと思います。
ちょうどスカパーでこんな試合が放送されますよもうすぐ(申さんのアワワがございますが気にしないように)。ああ、昔は強かったねぇ僕達。ねぇ日テレさん。あれ?日テレさんがいないよ??? あ、あんなところにいたんだね。おーい、日テレさん、来年は僕達もそこに行くかもしれないから待っててね。上に上がってきちゃダメだお。
4/5
やっぱり菊地キャプテンでええんちゃうか いやマジでマジで
入場者6,000人と読んでいましたが予想を上回る入りで6,956人。とはいっても収容人員の半分にも満たないわけですからスカスカのガラガラなわけですよ。
大宮さんゴール裏はというと、”JFLアウェイ”状態。ま、そうはいってもウチらホームもこんな状態だったりするわけで千里愛風ライブもポッツンです。avexサンごめんなさい。倖田來未だって浜崎あゆみだって下積みがあったんだ、がんばれ。
試合はといえば、大宮カントクのナビスコにかけるこんなタテマエ意気込みはどこへやら。“若手主体で挑みどう戦う”なんて言ってたウチ以上にメンバーを落としてきてたんですね(リーグ前節はこんな感じ)。そりゃそうですよあのジェフに4-2で勝つなんて夢のような事が出来るチームに今のウチが勝てるわけがありませんもの。
しかし勝ちは勝ちなわけで、なんといっても素晴らしかったのは後半早い時間から前線とDFが間延びしたとはいえ、一応持ち直してグダグダにはならなかったこと。その分前半がグダグタでしたけど。太田の同点ゴールがなかったらそりゃもうアンタひどいもんですよ。それでもとりあえず形的にはやっと「次につながった」わけですね。次こそははそんな感じてお願いします。もう1年半くらい待ってますから。

というわけで試合内容は松森速報に任せるとして、当方の主観による、客観性・公平性に欠ける選手個々の簡単な寸評・採点を添えておきます。

川口 5 飛び出す判断に何度か迷いが見られた
大井 5 右サイドはU-17以来か? ポジションは別として、イーブンボールを簡単に相手ボールにしてしまうなど、単純な体の使い方・入れ方・向き・状況判断他課題は山積
茶野 6 茶野らしく一生懸命ガツガツやってました。
田中 5.5 元気なくまったりと。ラインコントロールが中途半端で(DFライン全体の問題だが)何度か裏を狙われた。
服部 4.5. 特に前半は大宮の右DFに押されっぱなし。さらに1対1の間合い・対応、プレス、ステイ、ディレイ、攻撃参加と全てにおいてなんだかな〜もう・・・・・・・・・・みたいな。
太田 6 同点ゴールは見事。前半は仕掛けも無く異様に重かったが、後半は久しぶりに"らしさ"を発揮して右サイドを制圧
菊地 6.5 確かにミスもあるがチーム内で圧倒的に"気持ち"を感じるし動いているしよく見えていた。2アシストは別にしても文句無くマンオブくん
ファブ 6 福西よりも菊地の方がウマが合うのか。バランスをとりながら攻守の切替の起点に。ゴニョゴニョモタモタもだいぶ減りました。
船谷 5.5 逆転ゴールを生み出したスペースへ走るダイアゴナルRUNを忘れずに。前半は完全に眠ってました。
成岡 4 後半30分くらいまで驚くほどの消えっぷり。ほんとに出てた?
カレン 4 毎度おなじみの独りポッツン。しかし1トップとして何をするのか、出来るのか、しなければいけないのか。およそ1トップ適正は無いとは思うが、"FWとして"のプレーにもまったく"らしさ"は皆無。ある意味"1トップ"に捉われすぎか。
前田 6 やはりカレンとはボールの収まりが違う。キープ、動き出し、ボールの引き出し、コース取り他全てにおいてレベルの違いをみせ存在感を発揮。惜しいシュートもあり復帰戦にしてはまあまあ。
4/2
このまま菊地キャプテンでええんちゃうか
せっかくの大分戦勝利でしたが、まさか勝つとは思っていなかったので全くネタが思い浮かばすずスルーしてしまったJubilo Maniacsです。
予想通りの後半途中からのからグタグタっぷりでしたが、夢か幻か成岡のロスタイム決勝弾。残り数分からは「勝つ!」という気概がそこそこ見られたところは今までよりは良かったかなと。世の中何が起こるかわかりませんから。
というわけでぜひとも次こそ本当に「次につなげて」ほしいわけですが、4/5はほとんど開催されることすら知られていないとおぼしきウチらだけのナビスコ予選です。またもや未曾有の大量当日券販売数ですので、少なくとも静岡県西部地方の方だけでもご家族・ご親戚・ご近所様お誘い合わせのうえご来場ください。グルメなアナタには‘大宮戦限定しいたけコロッケ”。女好き音楽好きなアナタには千里愛風ミニライブもあるよ! 
PS  ジュビロ磐田様へ
天気予報はとっても怪しげですがね、ちゃんとしたポンチョは出来たかね、ちゃ・ん・と・し・た ポンチョは
3/29
ヤンマー 1−0 ヤマハ  本日も補習は国語
セレッソ戦によせて〜 ジュビロ磐田で覚える日本のことわざ
山高きがゆえに尊からず - どんなに見掛けが良くても、内容が伴わなければ立派なものではない。外観よりも実質が大切であること
するのは失敗何もしないのは大失敗 - どうせ失敗するなら何もしないより何かして失敗する方がマシだということ
虎穴に入らずんば虎子を得ず - 危険を冒さなければ、望みの物を手に入れることはできない
頭でっかちしりつぼみ - はじめは勢いがよくても、少しずつ元気がなくなって終わりにはだらしなくなってしまうこと
類は友を呼ぶ - 似たような傾向を持つ者は、自然に寄り集まるもの
転ばぬ先のつえ - 何事も失敗しないように注意深く最初から用心しておくのが必要だということ
ない袖は振れぬ - 実際にないものはどうにかして使おうと思っても使えない。ないものは出せない
二階から目薬 - 物事が思うようにいかなくてイライラすること。また、やり方に無理がありうまく行くはずのないこと。
聞いて極楽見て地獄 - 話に聞いたときには天国のようだったのに、実際に見てみると地獄のようにひどいこと
仏作って魂入れず - 物事を完成させても肝心なところがぬけていること
来年のことを言うと鬼が笑う わからないような先のことをいいかげんに言うようなこっけいなさま
おぼれる者はわらをもつかむ - 人はたいへん辛いとき、そこから逃れようとしてどんなものにでも頼ってしまうものだということ
苦しい時の神だのみ - 普段は神様を全く信じていない人が自分が苦しくなって困ったときだけ、一生懸命神様に祈り、何とか助けてもらおうとすること
仏の顔も三度まで - いくら優しい人でも、ひどいことを何度もされてはついには怒ってしまうということ。
3/25
A代表経験者11人 1−2 A代表箕輪only  本日の補習は国語
◆ヒデトさん以外にはぜひ復習して、いやおぼえて欲しい語句
・一生懸命 - 命がけで物事をすること。全力をあげて何かをするさま
・頑張る - あることをなしとげようと、困難に耐えて努力する
・走る - 人や動物が足をはやく動かして、すみやかに前へ進む。
・追う - 先を進むもののあとからついて行く。また捕らえたりするために急いで行く。 目標をめざして進む。
・必死 - 取り返しがつかないという気持ちで全力を尽くすさま。死に物狂い。
・気合 - あることに精神を集中してかかるときの気持ちの勢い
・意思 - 心の中に思い浮かべる、何かをしようという考え、思い。
・集中 - 注意力を分散させず、ただ一つのことに意識を向けること。
・注意 - 心を集中させて気をつけること。気を配ること。
警戒すること。用心すること
・予測 - 将来の出来事や状態を前もっておしはかること。
・学習 - まなびおさめること。勉強すること。
反復した経験によって、個々の個体の行動に環境に対して適応した変化が現れる過程。
過去の経験によって行動の仕方がある程度永続的に変容すること。新しい習慣が形成されること。
新しい知識の獲得、感情の深化、よき習慣の形成などの目標に向かって努力を伴って展開される意識的行動。
・精根
 (せいこん)
- 物事をする精力と根気。気力。
「―尽き果てる」「―を使い果たす」
◆この際辞書から除外したい語句
・戦術 - 戦闘に勝つための手段・計略。
・システム - 個々の要素が有機的に組み合わされまとまりをもつ全体。体系。
・連係 - 物事と物事、あるいは人と人との間のつながり。また、つながりをつけること。つながっていること
・組織 - 特定の目的を達成するために、諸個人および諸集団に専門分化された役割を与え、その活動を統合・調整する仕組み。または、そうして構成された集団の全体。また、それを組み立てること
・精度 - 方法や計器の精密さ・正確さの程度。
・機能 - ある物事に備わっている働き。相互に関連し合って全体を構成する個々の各部分が、全体の中で担っている固有の役割。
・課題 - 決しなければならない問題。
・決定(力) - はっきりときめること。また、きまること
・往生 この世を去って、他の世界に生まれ変わること死ぬこと。
抵抗などをあきらめること。断念すること。
打開策がみつからなくて非常に困ること。
やっぱりあれですか、私が行くと勝ちませんね。とりあずさぁ、やれることだけはやって負けてください。今日はココまで (`⌒´#)
3/19
ビバ メヒコ
日本が嫌いな韓国の皆さんご愁傷様です。日本はWBCで優勝してしまいました。予想通り「6勝1敗の我々が・・・」とかなんとかいってますが、それが大会規則です。君達はあくまでも準決勝敗退です。失点率だの予選・2次リーグの組み分けなどなど大会規定に問題があるのは明らかですが、今回はそれが規則ですから。私達ゃあいやっちゅうほど思い知らされましたよ、ねぇ清水さん柏さん。ま、甘い汁も吸ってますけど。そもそもオタクらベスト4まできたことだけで上出来だって事を忘れてませんか?
日本にちょっとしたラッキーがあっただけで(どこかKテレビ局がメキシコの監督とか日本に呼んじゃうんだろな)、こんなこととかこんなことでベスト4に進出したいつぞやの君達とはワケが違うんですよワケが。これにイチャモンつけるなら君達はどんなことがあっても今後一切どんなスポーツのどんな大会でも一度でも負けたなら、"予選1位通過"出来なかったならば、その後のトーナメントや2次リーグ・決勝リーグなどはすべて辞退してください。それが出来ないなら文句言うんじゃないわよ。
というわけで世間様がWBC一色の中ひっそりと磐田は勝ちましたね。有料ネット中継525円払った甲斐がありました。私が行かないときは勝つんですねこの野郎。
新潟戦しか通用しない成岡の先制点、ペナ付近ではへのツッパリにもならない珍圭のFKから福西追加点。そしてグダグタの後半。いやヒデトさん・ヨシカツさん・菊地以外ほとんど見所もありませんでしたがとりあえず勝ったからいいですよ。
そんな“ゼイタクは敵”な磐田ですが、それでも気になることが二つ。一つはハイボールに手を出すクセがついてしまったカレン。そして最も不安なのはカントクが「珍圭のFKは武器」などとのたまっていることです。当分の間「FKを直接叩きこんだぁぁぁぁ!」などというシーンにお目に掛かる事はなさそうです。σ(-_-#)
PS
コインブラさんへ
誠にせんえつではございますが、ヒデトさんはいかがでしょう。
右サイドDF・センターDF・戦闘員としてお役に立てる事と存じます。
※実はボランチ(潰し屋)も出来るんだよ〜ん
3/18
開幕2戦FW得点無し 1-1 開幕2戦11失点
コロッケ食うの忘れてたよ。
というわけで紫光クラブ戦のみどころ
 ・千里愛風(せんりまなか)さんハーフタイムショー 
  声震えてましたけど寒かったですか?それとも声域の問題ですか?
     ところでINSPIはどうした。
 ・平野孝田中誠さん仏頂面でサイン会
 ・ヨシカツさん激怒 あれほど言ったにもかかわらず
 ・ヒデトさん奮闘
 ・紫光クラブGK平井の大神を彷彿とさせるキック
                              以上
2点目が取れなかった“こともそうですがね、あそこまでいったら守るしかないわけでさ。誰がみても集中切れてたし。DF陣はよく守ってた:けど中盤から前さ問題は。簡単にボール出させ過ぎだってさ。セットプレーの福西の存在どうこうじゃないでしょが。あの試合展開で中盤が成岡・船谷・藤井ってのもいかがなものかとか。まあ代えもいないんだけどね。つーか代わった奴がやれって話ですがね。カワムですら欲しくなったさ。森下父さん現役復帰しませんか。あそこでガツガツいける人欲しいなぁ
ま、正直元々それほど期待もしてなかったので怒りもほどほどなんですね。
で、この日一番何に怒ったかというとポンチョですよポンチョ。今まで使ってたのがかなりボロボロになったのでスタジアムで買おうと思ってたわけですよ。
で、機をみるに敏な磐田さんは入り口で呼びこみして売ってたから買いましたよ。500円だったんで不安だったんですがね、「前2000円くらいしたよな」と思いつつ。
で、案の定雨降ってきましたよ。でも「僕はポンチョがあるから大丈夫さ!ママ!」って袋開けたらこれかよ!! これはなんだ?よだれかけか?家庭用バリカンのケープか? ポンチョ元来の意味か?君達はネイティブなポンチョでも作りたいのか?フード無いし上半身すら隠れないし。日本で“ポンチョ“とはフードがついててだなあ、ちゃんと脚まで隠れる雨具なんだよオイ! それとも何か? ポンチョの制作間に合わなかったんで応援グッズとして作ったポンチョでもとりあえず売っとけってことか?客をバカにするのもほどほどにしなさいよ!
3/6
バー マンセー
開幕戦のみどころ
 ・田中誠さん奇跡のボレー
 ・ファブリシオのノブオさん以上に怪しげなドリブル
 ・大活躍のゴールバー
                              以上
初の生ファブリシオについて・・・ 菊地でいいんじゃないか、とりあえず
というわけで今年も開幕戦でマコのボレーなどという"アリエナイ瞬間"があったわけですが今回は勝利にはつながらず。しかも相手は昇格組の福岡。福岡にチンチンに回されまくりパニクルーDF陣。このような日がこようとは・・・。\(T◇T)/
福岡相手に同点に追いついてそんなに嬉しいですか? 抱き合って喜んでる場合じゃないですよ、ホームですよ。「王座奪還」ってのはタテマエですか? 何が何でも勝とうって感じが全く見えなかったんですけど。 中山がいなきゃダメなんですか? 名波がいなきゃダメですか? やっぱりトシヤが必要ですか?  ドゥンガにジェラにアディウソンが残して行ったものは何ですか? “コンビネーションが成熟するまで” ですか? で、それはいつですか? あと何年待てばいいですか?
3/2
琴線
開幕が終末に開幕を週末に控え気分も高揚するはずの今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
攻撃陣には怪我人続出、マコは試合にも出られずクラブの練習にも参加できず、ヨシカツさんはファンブル(結構難しいんだゾ)、福西はクラブに戻ればどうせ・・・、珍圭クンがFK決めたなんてったってどうせ・・・ということで、既に相変わらずのネガティブスパイラルの私です。
てな具合でパッとしない磐田ですが、あのレプリカユニ販売を危惧したか、シーズン開幕前から資金集めに躍起な営業さんは中山福西とDVDを連発( 随分テイストは違うが)。名波も出てないのに福西か! やはり営業ありきか! 今現在の売上げを考えるとこの二人か! 服部・ヒデト・マコで試算するとどうなんだ! 「磐田GK列伝」なんてのはどうだオイ!
1/24
CAPTAIN NEMO
キャプテンといえば・・・・・
やはりこれですか。そのほかにはこれとかこれとか縁は無いけどこんなのとか。いやいやまだまだこれも定番だしこんなのもあったねそういえば。こんなのもあればこれもあるし、あぁんこんなのもぉ♪。むろんも忘れちゃいけないね。ああ、そういえばも。
というわけでどこをどうひっくり返してもキャプテンと福西は結びつかないわけですが、福西がゲームキャプテンですってよ奥さん。32歳から29歳が“若返り”かどうかはさだかではありません。どうせなら思い切って前田あたりにしても良かったかななんて思いますが、前田とキャプテンもついぞ結びつかないなやっぱ。
ま、誰がキャプテンやろうがヨシカツさんがいたり服部がいたりマコがいたり秀人さんがいたりするわけで、なんといっても名波もいれば中山御大(チームキャプテン)がいるわけですから関係ないってハナシもなきにしもあらずなわけです。それじゃいけないんでしょうけどねぇ・・・。
1/22
あけましておめでとうございます  とか今ごろ言ってみる
1月何日だろうが2006年の初更新ということですからおめでとうございます。
皆様お久しブリブリ星人です。上司にコキ使われてボロ雑巾のようになり更新も出来ないまま仕事一筋に燃えている間にもう1月も下旬ですよ、畜生め。「オレの人生いったいなんだろう」と考える今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか
というわけで数々の話題をスルーしまくっている間に行く人来る人と書いて来夢来人(違うか)。新体制も発表されたことだしまとめてみましょう。ちなみに右近社長の写真昨年からの使い回しです。あ、スローガンも使い回しですね。
引退・・・森下父
移籍・退団・・・ノブオさん(ああ、ついに)、カワム、ヨン様、
カマラ、大海
入団・復帰・・・ファブリシオ、森野、犬塚、菊地、西野 
しかしなんだな、この新ユニは各所で賛否の渦を巻き起こしているというか、惨否の渦というか、あたしゃ悶絶。誰か止める奴はいなかったのか。うーん、ネスレが胸から消えるのも寂しいし。入団早々新ユニモデルにされてしまった抜擢されたファブリシオ・犬塚・森野の前途に幸あらん事を祈ります。
ちなみにこれが新スポンサー様の飯田産業。まあほとんどの人が知らなかった会社と思われます。更に失礼な事言わせていただくと、長期のサポートをいただけるとは思えないような。