過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2006年1〜4月   
 2005年9〜12月 2005年7〜8月     2005年4〜6月     2005年1〜3月      2004年10〜12月    2004年7月〜9月    2004年4〜6月  
 2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
 2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
7/30
真夏にエコパはやめてほしいのだよ
ジュビロは勝ったんだよ! サックスブルーはオレンジに勝ったんだよ!
ほら! ごらんよ
というわけでやればやるほど虚しくなるだけなのでこの辺にしておきます。
もちろん現実は  オレンジ 2 - 0  サックスブルー  
またもやクソもミソもない惨敗なわけで参りましたよ清水さん。いやいやそちらの若手は元気でいいですね。ま、ウチにも元気な“もうすぐ39才”がいますからたまには使ってやってほしいものです。
◆本日の収穫
  オレンジウェーブ
                   以上
まあ遠目で見るととっても見目麗しい方々なわけですが、え〜なんといいますか、もちろんきれいな方もいらっしゃいますが近くで見るとそうでもないというか、「テメェざけんなよ!」くらいの勢いの方も一部いらっしゃることが判明。
実際こんな中でささやかな希望の光を追い求めると、その方向性が正しいのかどうかは別として、昌邦さんのときと比べて選手たちが修正点・問題点を明確に口にしているというところでしょうか。再開まで2週間。代表には呼ばれても最大2人程度だと思うので、君たちのよく言う“戦術”とやらをその体と頭にみっちりと叩き込んでください。つーかほんと頼むわマジで。
7/26
真夏の夜の夢   香りの博物館 3 - 1 ラーメン博物館
つーことで西がサブだったりカレンやヒデトさんがベンチにいなかったりその割りにコータがベンチにいたりあまつさえ変則3ボランチだったりとサプライズがありましたが、試合開始と同時に怒涛のごとく押し寄せる睡魔との闘い。しかしあっさりと睡魔に敗れ、前半はホントに数回オチましたよアタシャ。なんか“半分から向こう”でずっとやっていたみたいで攻められてもいたようですがほとんど覚えてません。
で、
「こんなに入ってるのにな・・・」
これはたまたま当方の眼前に座っていた某有名女優父・ 現T高校監督)がボソッとつぶやいたお言葉。“観客が数えられる”日本リーグ時代を生きた氏にとって、平日13,000人集まった観客に「こんなヌルい試合を見せていては」と思いがあったのでしょうか。
と思っていたら後半やにわにスイッチが入り今度は怒涛のごとき攻めで前田が“プレミアムカードの呪い”を払拭する立て続けの2得点。アディウソンの言う“動かずに中にいろ”が少し理解できてきたのでしょうか。もちろんホントに動かないのは困りますから勘違いしないようにしていただきたいところですが、前田だけに怖いところです。
ところが余裕ぶっこいていたところに今度は怒涛のごとく攻められて防戦一方。途中で田中さんは引っ込んでコータが入るなどというサプライズ人事。あたしやパワープレー対策でケンタローをセンターへ、ケンタローがマルケスに苦労していたので菊地を右へ、てことかと思いましたよ。うーん今まで“アンタッチャブル”だった田中さんをここで変えるのか、恐るべしアディウソン采配。いやホントに怖いよ珍圭とケンタローのセンター2枚。パウスとエンマサ以来のドキドキ感でした。
※後に田中さんの怪我のためと判明
それでもフナタニーニョのリーグ戦初得点と窪地さんとポストさんとハーフナーさんとハーフナーさんのおかげで何とかしのぎきり今季初の連勝(;´_`)をゲット。内容は別としてとりあえず連勝ということでなんと7位までランクアップ。時節ダービーに勝利し千葉が破れれば奇跡の5位という事もありえます。
7/25
ドゥンガを南アへ連れてって
開始早々のユルいヌルいDFでいきなり失点したときは「またかよテメェら」と思いましたが、そこはそれ“ユルいヌルいDFといえばセレッソ”さんだけありましてノープレッシャーの中“磐田らしく”ボールも回させて頂きました。欲を言えばもう少しグリグリっと相手DFにねじ込むようなクサビやパスがほしかったわけですが、それ以上に相手がユルヌルでしたからとりあえずよしとしましょう。
おかげ様で前半まったくもってフォローのフの字も考えなかった福西さんも「これならできるかも」と後半突然スイッチが入りまして縦横無尽の大活躍。良くも悪くもこの人の“やる気次第”なジュビロ磐田をこれからも応援いたします。

さてそんな大した参考にもならないセレッソ戦はさておきサプライズです。
ドゥンガセレソン監督に就任。
セレソンゆーても浜北のアレじゃありません。これでウチの監督就任はもうないですねきっとたぶん。考えるとフェリッポンについで
磐田から二人目のセレソン監督なわけですよ。いやあ磐田ってすごいなもう。そう思っておけば幸せです。セレソンの監督を2010年まで務められるかってーとハードルは高いわけですが、ぜひホナウドさんにはダイエットしていただきドゥンガをワールドカップまでつれてってほしいと思っております。え、逆ですか?
PS
あまり気づかれていないようですが、最近何を血迷ったか服部さんのクロスボールの質が上がっております。皆さんほめて上げてください。ま、トラップの質については1試合数回スタジアムを「あ〜・・・・」と大きなため息で包んでいることは秘密ですが
7/20
Like A Zidane
というわけでセレッソ戦を迎えます。セレッソといえば例のク○ガキ(24才)が出戻ってきておりますが、ク○ガキとえば皆様ご存知のとおりなんといっても宿敵田中誠さんです。またJリーグで二人の対決が見られると思うとムカムカいたします。
あのときは田中さんがジダンを5年も先取りの頭突き一発でク○ガキをKOいたしましたが、今回ク○ガキはこんなことしているので要注意です。ほら、アクション映画見た後主人公になりきっちゃってる困ったガキってよくいるでしょ。アレと同じだと思ってください。
PS  田中誠さんへ
「反省」とはいいつつもアンラッキーとかおっしゃってましたが、アディウソン監督は「不注意」と言われておりました。もっと言ってしまうと要するに「へ○くそ」とも言えてしまう訳ですから肝に銘じていただいてよろしく。監督はヒデトさんをセンターDFとして考えているということなので、事と次第によっては田中さんですらベンチです。厳しいですよ、アディウソンは。
7/19
駒場に5806人
というわけでかつては“スター軍団”を観に来たり、“サッカー”を観にくるお客様で賑わった“アウェイ”ですが、ずいぶん“アウェイ集客力”も落ちました。ま、しゃーないねこの成績じゃ。
そんな中どういうわけかこんな下位対決にオシムがご来訪。「せっかくオシムが来たのにこんな試合で」とか惜しむ声が ( いけないとは思いながらとりあえず1回言ってみたかった) 聞こえてきますが、そもそも大悟チェックなことは明白なわけで磐田さんは意識などせずのびのびやってくれればよかったのですが。もしかしたらヨシカツさんの“確認”と「福西は真面目にやっているのか」くらいのチェックはあったかもしれません。あとは村井の回復具合と「茶野は元気でやってるかな。ま、とりあえずがんばれ」くらいでしょう。
試合内容についてはもうクソもミソもありません。負けたは負けたで仕方がありません。だ・け・ど、相変わらず戦術がどうとかこうとか(もちろん大事だが)ここ2年同じ事を言い続けてるわけで、じゃあそれを補うためには何が必要なのさって話ですよ。戦術が浸透するまでまたしばらく勝てないんですか、負けるんですか、それでいいんですか。戦術が浸透してようがしていまいがまた3日後には試合なんですよ。「磐田らしいサッカー」って何ですか。“クリアの当たり損ねが転がる"事がアンラッキーなことですか。
PS
三浦さん。カン違いしてはいけません。そちら様が強くなったということよりも、ウチが弱くなっているだけですのでカン違いしてしまうとエライことになってしまいますよ。
7/16
5th Anniversary・・・・・
さて、W杯もあったということで本人すっかり忘れておりましたがいつの間にやらサイト開設5周年を迎えておりましたよ6/15に。一ヶ月過ぎてるよオイ。
まあジュビロも1年半掛かって何も変わらなかったわけで、さらに日本代表は4年かかってアレなわけです。こちらも5年たったからってどうもこうもありゃしないわけですよ。
とはいっても5年といえばランドセルしょってた女の子がフンフンフフン♪な女子高生に成長するわけですから結構な歳月です。気まぐれで始めて気まぐれですぐやめてしまうサイトも多い中(いや別に自由なんでいいんですけど)5年も続けたわけですから、もしよかったらせめてものご褒美にだれか僕と結婚してください。お金も男らしさもありませんけど。
で、5周年だからというわけでもないのですがBBSを変更いたしました。変更ゆーてもただ契約更新するの忘れてて知らん間にページ削除されてただけなんですが。
最近はエロサイトの宣伝以外は書き込みも滅多に無く ( ̄∀ ̄|||)  実際有料BBSなどにしておいてももったいないお化けが出るだけですのでいいとしましょう。ま、たまには“一見クールだけど実は寂しがりや”な筆者をかまってやってくださってもよくってよ。
7/13
Like A Tom Jones
「1試合少ないし」の暫定11位でしたが上積みは無いものと思っていたところ想定外の勝点1で9位に昇格。
珍圭のPKキッカー登場時には一家揃っておったまげてしまいましたが本人は自信満々だったようで。どうにも根拠の無い自信のようですがこの人の影響ですか?しかも“スター”ってアンタ・・・・・・・・・・
ま、あの過酷な気象条件の中で強豪ガンバ様相手になんとか守りきったわけで、ひとえにヨシカツさんのおかげだとか、セットプレーのマークがユルユルだとか普通にゴール前ユルユルだとか、ゴール前誰もツメてないとかあっても今に始まったことでも無しこの際贅沢は言わないので良しとしましょう。ご苦労さん。
あとはあれですね、アディウソン監督。もう少しほら、なんだね、なんかしゃべってくれ。
7/7
後が怖い
予選突破を果たした上川徹氏がそれどころか3位決定戦の主審を務めることが決定。
3位決定戦といえばなにやらすごいことのように感じますが実は廃止論も根強く、勝ったからって上に行けるわけでもなく負けたからってもうどうせ負けてるわけだしってことで、ある意味W杯のなかで最も“どうでもいい試合”でもあったりするのですが、今回ばかりは地元ドイツが登場ということもありちょいとワケが違うようです。
決勝トーナメントでは第4審判を2試合務め“何もしなかった”ことが“何も起こさなかった”ことになり“やってもうた“人を消去法で凌駕したということでしょうか。そう考えるとウチの福西さんの“動かないDF”に通ずるものがあるのだなあと独り関心する今日このごろ。
怖いのは帰国後さらに「俺がルールブックだ!」な笛を吹かれることですかね ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
6/30
復権なるか
参考資料
山本の動きは○かった
新スタッフの中で一人来日が遅れた理由が“家庭の事情”という何やら考えれば考えるほどあんなこととかこんなこととか、いやいやもしかしてそんなことがとめくるめく思いにさせてくれたオスカーGKコーチが来日。
とはいっても大した話題も無くとりあえず“オスカー”でググってみたわけですが、これまたまったくつまらない検索結果に終わってしまい検索ネタ企画ボツ。
さあ更新どうしよーと思っていたら皆さんご存知のとおりナカータさん引退。あの涙はこーいうことだったのね。W杯で一番闘ってたのがヨシカツさんとナカータさんだったわけで、そう考えるとさてコリャ一大事ですよ。後に残るは腑抜けた某とか某とか某なわけで。ロジェ・ミラは隠居してたところを大統領の要請で復活したわけですが、そーいうことはないですかねないですねナカータさんの場合。
6/23
Adiuson Is Back
さて、昌邦さんがメディアに出まくりやがっている中、磐田の監督はアディウソンに決定。またもや思い切り"身内"な選択ではありますがまあいいじゃん。
アディウソンといえば絶頂時の名波や中山、まだファンタジスタではないころの服部などを知るわけで、今の「現実」を見たならば絶句するかもしれません。でもヒデトさんは相変わらずですから安心してください。
"闘将"と言えばドゥンガですが、アディウソンも"アメリカのキャプテン"と呼ばれた"闘将"。戦術どうこうはもちろんですが、ちよっとお年を召してユルくなってしまった方々から、ごく一部を除き最初っからユルユルの若いもんたちの性根を叩きなおしていただきたいと思っております。あ、もちろん言うまでもなく筆者当人の性根は腐りきっておりますが気にしないでください。
6/15
いいわけ    またよりによってこんなときに
「PCの調子がおかしいな〜」なんていっている間にほんとにおかしくなって再起動くりかえしてBIOS立ち上がらないし接続全部確認したけど駄目だし一応CMOSクリアしたり書き換えしたりしてみたらBIOS立ち上がったけどやっぱ変だし今度はWINDOWSも立ち上がらないしなんてやってるうちにどうやらそもそもマザボそのものが逝ってしまったようでなんてことでそりゃあんだけハードに使ってもう5年なわけだから逝きもするかなんてことで、結局マザボからCPUまで換えちゃって最近流行のデュアルコアなんてものにしてみたりして組みなおすことになってOSやらソフトやラインストールしたり設定復旧なんてしてるうちになんだかまた再起動繰り返したりしてどうやらメモリーの初期不良で交換してもらって結局気持ち悪いからまた再インストールしたらそういえば今までついてた余ったCPUとかどーしよーかなんてことになってオークションで売り飛ばそうかとも思ったけど今どきP4-1.8GWillametteなんてたいした値もつかねえやってことでどーせなら"二束三文アキバ系激安萌え萌えマシン”でも組んでやろうかなんてやっていてすっかり更新できなかったJUBILO MANIACSです、こんばんは。
以下本題
というわけで私が悪戦苦闘している間に田中さんは怪我して帰ってくるわ、ナビスコはやっぱり負けるわ挙句の果てに昌邦さん辞めてまうしと思ったらなんだかすっかり晴れやかにドイツで解説してるし、日本は出場国中最弱ぶりをさらけだす負けっぷりを疲労するし、足のリハビリ行ったら村井さんがいてギプス固定だし松葉杖だし痛々しくて涙ぐんでしまったけど、普通に見たらやっぱ三河屋の兄ちゃんにしか見えねーなと妙に関心してしまったりということでネタ満載の時期に更新できなかったのは痛恨の極みであります。
で、まあそれはそれとしてとりあえず早く監督決めてください。
どーしても身内に偏る個人的希望も含めた候補
1. いよいよドゥンガ
2. ジェラが来たらうれしいな
3. ブラジルで結果出してるアディウソン.なんてどうよ
4. まさかまたバウミールで「難しい試合」にするとか
5. 困ったときのマサくんでN-BOX復活とか(Nは成岡ではない)
6. 長澤さん復帰なんてことがあったり(長澤まさみトークショーとか)
7. ヨっさんいいかげんS級取りなさいよ
8. 桑さんはいくらなんでもないですよね
9. 名波プレイングマネージャーなんて
10. こうなったら野村さん(現楽天)にでも頼みますか
11. でも野村夫人は勘弁して下さい
5/19
またしても絶妙
無惨な甲府戦から1日経過いたしましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。こちらはもはや怒りなど通り越してなんだか妙な気持ちよさすら感じている、ちょっぴり精神的に病んでいるっぽいJUBILOMANIACSです。
さて、当方はこんなとき色気より食い気に走って腹いせをしてしまう“お年頃”なワケです。甲府戦の帰路スーパーに立ち寄り、全く買うつもりはなかったのですがふと目に留まった日本代表チップスをついつい2袋購入。コレクターじゃないのでめったに買いませんが前回の購入時は2005版の加地&タカユキというハズレでしたが、さて今回はいかがなものか。
「頼むから小笠原とかはやめて」と思いつつ開封すると出てきたのがこのカード。あらま、アンタ絶妙だねぇこの時期に。「ま、ある意味アタリかな」なんて思いつつもう一枚を開封。するとどうでしょう。出てきたのはなんとこのカード。またこりや絶妙すぎるじゃないのさこの2枚。どういうセット販売ですかこりゃ。
いやいや今回は「いろんな意味でアタリかな」なんて思ったわけですが、ところがよく見ると1枚目の窪地の背後に“やめて欲しかった人”の霊が写ってるんですね。肩のアタリから首がにゅうっと。やっぱハズレだこりゃ。
5/18
 ジョミール星人とミザール星人の会話 8  メロン 1 -  2 ぶどう  
: 甲府ごときに負けちゃったね、しかもホームで。
: そうね、でも今のウチでは甲府“ごとき”とも言えないわよね。アチラから見れば“磐田ごとき”じゃないのかしら。カントクさんが「磐田はそんなに弱いチームではない」って言ってたくらいだから。
: 根に持つタイプだね、キミは。
: ええ、私は悪口言うのは三度のメシより好きだけど、言われるのは鹿島くらい大嫌いなのよ。自分が何を言ったかは知ったことじゃないけど、言われた事は絶対忘れないわ!
: そのカントクだけど「もう2点くらいチャンスがあった」とか言ってるけど、そんな場面あったかな?
: 私にはトンと記憶がないわねそんな場面は。なにか人に見えないものが見えるのかしらねあの人は。なんまんだぶなんまんだぶ。
: しかもウチには「2点」どころかもっと取れるチャンスがあったはずだよね
: ウチが決定的なの外したから勝てた部分もあったわけだから、一応そういう意味では負け惜しみなんじゃないかしら。まあこんな事言ってるのもウチの負け惜しみなんだけどね。
: その決定機だけど、復帰早々西がゴール前で絶大な存在感だったね。
: 私は中山が高校2年の選手権準決勝島原商戦で、ただコロコロ転がってきたセンタリングに“当てるだけ”のシュートを90度真上へ蹴り上げてしまったシーンを思い出したわ。アレを決めてれば決勝進出だったのよね。まあ試合は押されっぱなしだったけど。
: 中山が高校2年って・・・・またそういうこと言うと歳がばれるよ
: な、何よ、ビデオで見ただけよビデオで!!
: 悪あがきはやめなよ。
: で、でもアレよね、さ、最初の失点は全くもってボーッとしていたということよね
: 話をそらしたね。
: ウ、ウチが1点しか取れなくてアチラが2点も取れたのはどこに差があったのかしらね?
: あくまでも話をそらすんだね、まあいいや。
それはやっぱり前を向いていたかどうかってことじゃないかな
: そうよね、「つなぐ」とか言ってもみんながみんながゴールに背を向けていたり、「だれか渡せる人いないかな〜、あ、いたいた」なんて戻していたり横パスばっかりじゃゴールにはつながらないわよね。
: ウン、ゴールに向いてパスをもらおうとか裏へ飛び出そうなんて動きも少なかったしね。ま、いつものことといえばいつものことなんだけど。
: ま、今日の収穫と言えば茶野さんのミドルが枠に飛んだことと、マツケンが2失点はしたけどまずまずいいプレーを見せたってことかしらね。
: そうだね、茶野さんのミドルが枠に飛んだってことは、もしかしたらこの試合に珍圭が出ていたらFKが“もしかしてもしかした”かもしれないよね。
: その“もしか”は“入ったかも”なのか“壁を越えたかも”なのかは謎のままにしておきましょうね。
5/8
故意のヴァカンス
黄金週間らしくずいぶんとリラックスしたユルユルのズルズル守備で美味しゅうございました。君達は他チームが中2日で試合をしている間のこの一週間、いったい何に時間を費やしてきたのだねまったく。
菊地・太田・前田などは素直に反省しているようですが、反省だけなら猿でも出来ると古より申しますので、せめて次のナビスコにはつなげていただきたいものです。もうこうなるとそう考えるしかありません。洗脳されてきたようです。
1失点目のアレに至ってはそもそもGKとの連係とかなんとかじゃなくてバウンドさせちゃダメだって。で、最悪でもワンバウンド後に田中さんがクリアするべきボールですよ。アレを「GK出ろ」ってのはチトきつい。ただアレをフィードなんて呼ばれちゃうと片腹痛いわけですがね。
というわけでリーグ戦はW杯中断を迎えるわけですが、11/18という上位・中位・下位に分けると中位ですが上位・下位にわけると下位になってしまうということに。「1試合少ないから」とガンバ相手に勝点3を計算出来る頭の弱い人、おめでたい人度胸のある人、磐田へ忠誠を尽くしている人は一歩前へ。
PS 昌邦サンへ
もうわかりましたよね。FKはファブリシオに
もうひとつPS 営業さんへ
プレミアムカードが福西ってのは我々への挑戦ですか?
もうひとつPS 営業さんへ
選手とハイタッチのはずでしたが笑顔もなく闘志もやる気も微塵も感じさせないロータッチでした。
もうひとつPS
またもやトシヤへの拍手への賛否もありますが、そんなにピリピリせずにさ。まあ例のアイツとは違うわけだし大功労者だしたくさんたくさん喜ばせてもらったわけですから。どこかのサポみたいにそんなに殺伐としなくてもまったりしているのが静岡風味なんです。何もブーイングすることがチーム愛でもないかと思いますぞ。
5/5
久々にサカマガに物申す 2
2夜連続で物申します。そのもう1つは選手の評価点。ま、これはある意味その人のサッカー感にも寄るわけで、たかが一記者・一雑誌の評価点に過ぎないのすがね。ただそうはいっても全国で販売されている以上捨て置けない。何がってーと甲府戦での菊地に対して「出場時間が短いため評価材料に乏しく評価無し」ってことですよ。
10分程度のプレー時間とはいえ、菊地はその時間で明確な意図があっての投入。後半の半ば過ぎてから服部がヘバっていて左サイドからかなり崩されており、さらに全体にプレスもかからなくなって甲府に押し込まれておりました。
で、そこで菊地ですよ。菊地は投入されるやいなや積極的なアタックでボールを奪取。一気にカウンターで決定機まで結びつけたわけです。このプレーが甲府に傾いていたペースを寸断。結果的にこの試合において1得点に匹敵するほどのビッグプレーとなったわけです。その後もアグレッシブな守備でチームを活性化。ええ素晴らしい“仕事”でした。カントクもわずかな出場時間ながら高く評価しております。
しかし前述のとおりサカマガでは評価無し。もしもし〜、交代出場して数分のプレーで1点獲ったFWには点つけるでしょ〜。「短い時間でどーたらこーたら」とか言って。だけど往々にして守備側の選手交代において“締めくくり”の仕事などに評価が与えられることはないんですね〜。
当然ながら基本的にはFWは点を獲る事、DFは守る事が仕事。ポジションごとに、またそのときおかれた状態でも仕事は違うんですよ。FWは点を獲ったら評価される。ならばDFはしっかり守ったら評価されなきゃおかしいでしょ。プレー時間が短かろうが効果的な仕事をしたなら評価されて然るべき。
野球だったらクローザーが「1回しか投げなかったから評価材料に乏しい」なんて事ないでしょ。9回の1イニング抑えることがどれだけキツイことか。9回2死からの最後の1つのアウトをとることがどれだけ大変か。1点差の9回2死満塁で抑えることが誰にでも出来る事なのかどうか。野球とサッカーは違うとは言っても与えられた仕事をしっかりしたなら評価しなくちゃおかしいでしょうが。
でもあれだな、これでたまたまセットプレーかなんかで菊地が点でも獲っちゃってたなら多少動きが鈍くても評価点つけちゃうんだろね。“決定的な3点目を決めた”とか何とか言っちゃって。本来評価の対象となるべき“やるへき仕事”がなんだったのかは忘却の彼方でね。~\( ̄^ ̄)/~。
5/4
久々にサカマガに物申す  
サカマガの各チームトピックス欄に「おぼえてますか?」なるかつての在籍選手を紹介するコーナーが゜ございます。で、今回は大神さん。
「ミスが少なく波のない安定したプレーで〜貢献した。」
ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン
そ、そうだったのか!
つーかほんとに大神のこと知ってて書いたのか? “ミスも多く安定感はなかったが、度々ビッグセーブを連発し貢献した”んじゃないでしょか。ま。コーナーがコーナーだけに悪いことは書かないかもしれないがウソはいかんね。
よーしこうなったら現役選手がどうなるのか少し考えてみよう。
福西 ・・・ 俊足を活かした中盤のダイナモとして活躍。攻守に渡り常に全力のプレーで黄金期の磐田を支えた
服部 ・・・ 卓越したテクニックと長短織り混ぜた華麗なパスで磐田のパスサッカーを形成したスーパーレフティ
珍圭 ・・・ スマートな守備に加えタイミングの良い攻撃参加と強烈かつ正確無比なFKで相手チームを震え上がらせた
ヒデト ・・・ 熱いハートにクールな頭脳。1対1に絶対的な強さを誇っただけでなく冷静沈着なブレーで常に磐田に落ち着きを与えた
あー、なんだか虚しくなってきた。