過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2006月11〜12月   2006月8〜10月  2006年5〜7月    2006年1〜4月   
 2005年9〜12月 2005年7〜8月     2005年4〜6月     2005年1〜3月      2004年10〜12月    2004年7月〜9月    2004年4〜6月  
 2004年1〜3月    2003年9月〜12月  2003年6月〜8月  2003年3〜5月  2003年1〜2月    2002年11〜12月 
 2002年9〜10月  2002年7〜8月   2002年4〜6月   2002年1月〜3月   2001年11月〜12月  2001年6月〜10月
12/27
ジョミール星人とミザール星人の会話 9  2006終戦〜来季へ篇(ムダに長文)   
: 僕たち久しぶりの登場だね。
: 5月以来なのよね。ていうか12月の更新自体がたったの2回目なのよ。またサボり癖が出たわね。どこかのクラブみたいだわ。
: そのどこかのクラブといえば2006シーズンが終わってしまったね。さいたまに対し2点リードもPK負け。まあ強いてあげれば一度逆転されてから追いついたというのは多少成長したともいえるのかな。
: それはそうかもしれないけどやっぱり2点リードしてから全く違うチームになってしまったわよね。そこは今年の初めから結局変わってない気もするわ。せっかく協会さんも「エコパで静岡ダービー準決勝」を用意してくれていたのに情けないわ。
: 犬塚もアシストに同点ゴールと活躍はしてくれたけどPK外した後笑ってたのはいただけないよね。
: アレは正直むかついたわよ。そりゃあ本人も悔しいんだろうけど苦笑いであっても“笑う”ということはまだ足りないってことよ。トナカイなんてやってる場合じゃないわよね!
: 直前にドゥンガ閣下が大久保まで来て精神注入してくれたはずなのにね。98-99チャンピオンズ・リーグ決勝でマンUに逆転負けしたバイエルンのDFクフォーみたいに、グラウンドに拳を何度も叩きつけて悔しがるような、その何分の一かでも勝負に対する気持ちを見せて欲しいな。
: そうね、その気持ちが一番大切なのよ。ヒデトさんやヨシカツさんも口酸っぱく言ってるのにね。戦い方も不安定極まりないし、後半戦順位を上げたといってもこのままでは来季はまたどうなるかわからないわね。希望よりも不安のほうが大きいわ。
: そういえばなんだかほんとに酸っぱいにおいがするね
: な、なによ 私の臭いだって言うの! か、加齢臭だとでもいうの!
: 自覚があるみたいだね。まあ人間は時の流れには勝てないよね
: に、臭いといえばなんだか人事でキナ臭い話が多いわね!
: 話がそらしきれてないんだけど。    ま、いいか。
現時点ではこんな感じだよね
■退団決定
服部  読売へ完全移籍
・山本 契約満了
・高原 契約満了 札幌へ完全移籍の模様
・岡本 契約満了 大学進学→再度Jを目指す
・石井コーチ スカウト就任要請を断り新潟へ
・森下コーチ 契約満了 京都へ
■退団 ウワサ・正式発表なし
・茶野 FC東京へ移籍
・河村 C大阪から復帰も川崎へレンタル
・名波 復帰要請するもC大阪残留 読売からもオファー
・珍圭 トリノが調査? 韓国へ戻るとのウワサも 
・藤井 愛媛へレンタル
・中村 愛媛へ完全移籍
■入団決定(内定)
マルキーニョス
パラナ
MF/DF  フィゲレンセ(ブラジル) プロフィール
・岡田隆 MF/DF  筑波大
・松浦拓弥 MF/FW  浜名高校
・山崎亮平 FW 八千代高校
・中島良輔 MF 磐田ユース
■入団 正式発表なし
・加賀 札幌から復帰? 天皇杯のせいか正式発表なし
: とうとう服部までいなくなってしまうとは・・・悲しいわね
: そうだね。ドゥンガイズム、フェリペイズム、勝者のメンタリティを知る男がまた一人去るわけだね。残念ながらその精神は受け継がれていないよね
: そうね、クラブとしては商社のメンタリティだけは相変わらずみたいなんだけどね。 あ、今うまいこと言ったわねアタシ。
: 座布団はあげないよ。
: な、名波もそうだけど指導者として戻ってこれればという言葉を信じたいわよね
: うん、石井さんも退団だしね。スタッフも血の入れ替えは必要だし仕方ないこととはいえ、やっぱりヤマハ生え抜きの指導者がいなくなるというのも特にオールドファンにはさびしいよね。またいずれかつての黄金時代の面子に指導者として戻ってきて欲しいよね
: 石井さんの流出は正直痛いわよね。アディウソン体制ってこともあるけど、補強体制強化のために石井さんにスカウト就任要請をしたとも思うのよ
: スカウトとしても優秀だったからね石井さんは。ま,ヤンツーさんにしろ磐田(ヤマハ)のスタッフが各地で引く手あまたってことはある意味では誇ってもいいことなんじゃないかな。
: 申さんの京都行きは・・・。もし将来を嘱望されているGKがいるとしたら・・・、まあこの先は言わないことにしておきましょうね。
: 新外国人はどうなんだろね。アディウソンが監督をしていたクラブからの移籍なんだけど
: MF/DFってなってるけどクラブのプロフィールだとメイア(攻撃的MF)なのよね。サイドDFも”一応出来る”とかそんな感じかしらね
: 攻撃的MFだと飽和状態なんだけどね。アディウソンとしては現状物足りないから自分の戦術を理解してる選手を呼んだってことかな
: DFの補強を強く要望してるって聞いたわよね確か
: 言ってるそばから服部移籍だし珍圭・茶野とかDF陣にうわさかあるしね。来季も犬塚・コータのサイドDFじゃどうなのかなぁ。岡田の開幕スタメンなんてのも十分あるんじゃないかな。来季開幕スタメンDFがコータ、ケンタロー、森下、犬塚だったりしたらすごいよね
: スゴイっていうかその時点で終わってるわよ
: DFじゃないけど実は八千代の山崎に期待してるんだよ。先日千葉の決勝戦見たけどスピードがあってテクもあるしゴールへの意識がかなり強いよね。もしかしたら結構早くデビューあるかもよ。
: 正直実績のある選手は退団するし、期待していた選手は伸び悩んでるっていうか成岡にいたっては伸びるどころか縮んでるしね。むしろ一番期待薄だった太田が一番伸びてるのよね。犬塚は伸びてるんだかなんだか良くわかんないしキャラ的に何年経ってもあのままのような気もするのよね。こうなったら新人にでも期待するしかないのかしら
: 僕は菊地に期待してるけどね。来季はほんとに中心でやってくれるんじゃないかなって。逆にそうならなきゃ磐田の優勝争いなんてないと思うよ
: そうね、来季は菊地がゲームキャプテンでいいんじゃないかしら。そのほうがチームに元気が出るような気もするわ。
: そうだね、キャプテンってのは年齢でもないと思うしね。実際マコは別としてヨシカツさんやヒデトさんもいるし、中山様もいるわけだからね。菊地をあえてキャプテンにすることで若手がチームを引っ張っていく、それをサポートするベテラン達、みたいなかたちに出来ればいいよね
: ええ。じゃあ話がきれいにまとまったから私はもう行くわね
: あれ、急いでるみたいだけど何か用でもあるのかい
: ええ、25日の夜に叩き売りしていたケーキを買ったから食べるのよ♪
: また独りで食べるんだね
: 余計なお世話よ!
2006.12.27
12/3
鹿は鹿、鳥は鳥           陸の孤島 3-0 静岡の片田舎
ハイ皆さん、予想通りの結果で面子が変わっても鹿は鹿、鳥は鳥。鹿島国でのズルムケぶりはあいも変わらずでした。野沢にハットなんてもうハっとしちゃうよね  とか言ってみるテスト。野沢がハットでハッとしてグーとか言ってる人がもしかしたらいるかもとか考えた僕は80年代が青春です。ちなみに鹿のリーグ戦ハット一覧。ああ恥ずかしいったらありゃしない。
とはいっても清水に再逆転許したものの2006年度は一応5位で終了。下に13チームもいるんだ!と思うとうれしくなりまんか?なりませんね。ま、そうはいってもシーズン途中までをかんがみれば結果として悪い結果ではありません、と気持ちを前向きにしてみましたがどうにもやっぱり鹿戦に対しては最後の最後で結局これかよ・・・という気持ちでモヤモヤ。
というわけで、毎度おなじみご立腹タイムです。
パスまわされて振り回されるのも仕方ない(よかないけど)。1対1でぶち抜かれるのも仕方ない(やっぱよくないけど)。でもね、気合負けは一番許せないのよね、オジサンは。鹿のモチベーションの高さといえばホームだってこともあったろうし今季で退任する監督のリーグ戦最終戦ということもあったろう。もしかしたら今は昔とはいっても「相手は磐田」という意識も少しはあったかもしれない。磐田はといえば゜清水に勝って満足」しちゃったんですか?という体たらく。 動けよ! 走れよ! 戦術で混乱? 混乱したならなお走れよ! 血反吐吐くまで走ってからだよハナシは!
全ての試合を高いモチベーションで同じように臨むのが無理なことくらい分かってる。でもね、それをある一定のレベルでキープしなきゃ優勝なんてとても無理。若いことなんて言い訳にならないよ。若い奴でもやる奴はやる、出来る奴は出来る。一般社会だって若くても責任感もってバリバリ仕事する奴もいればオレみたいにたいした仕事も出来ない奴もいる。頼みますから抵抗する姿勢を見せてくださいよ。
特にね、一応GKである当方から言わせていただくと、2点目は許せないんだね。野沢にボールが渡ったときDFはつりだされてフリー。でも(誰だか忘れたたけどヒデトさんか茶野さんか?)ちょっとと遅れてなんとか寄せた。問題はその後ですよ。野沢がシュート体勢に入ったときにそのまま寄せていけばいいものをクルっと背中を向けて飛び込んだんだねこれが。で、その飛び上がったDFの背中のすぐ横をすり抜けてシュートが決まったわけですよ。考えてください、背中を向けるというとはどういうことでしょうか。つまりねぇ、よけてるわけですよ、顔とかあたると痛いから怖いから。
オイオイちょっと待てよと。GKはシュートに対してどう対応する? よける?シュートがきたら背中向けてケツブロック? 違うでしょ。いくら手が使えるからって言ってもね、GKは全身のどこかにでも当てて防ぎに行くわけですよ、顔だろうがどてっ腹だろうがタ○だろうがどこかに当てようと全身を投げ出してね。それをいくら手が使えないからってシュートをよけるとは何事だってハナシですよ。一歩踏み込んで石崎君みたいに顔面ブロックでもしてくださいよ。バックラインでのパスにつめるとかならいいですよ。シュートですよシュート。ペナ前でのシュートなんですよ。
当方もDFとして出場することもたまにありますがね、GKやってるせいか体で止めに行きますよ。技術は圧倒的に足りないし足も遅いけど、それなら頭を使うことと気合ですよ(当方の頭じゃしれてますが)。よけない・逃げない、それだけはやってるし誰でも出来るでしょ、人生逃げるなって言ってるんじゃないんだから。これはサッカーレベルの問題じゃないと思うゾ。フィールドプレーヤーからしたら違うことを言うかもしれないがGKとしてはそういう気持ちになるのですよ。
実際気持ちの問題じゃなくてね、サッカーとして考えてもあそこは飛び上がるんじゃなくてもう一歩踏み込むところでしょ。あのシュートコースならもう一歩踏み込んでれば消せたかもしれない。いや踏み込むのが間に合わなかったとしても前を向いて飛び込んでいればどこか体に当たって枠を外れたかもしれない。もし野沢がシュートを打たずにキックフェイントだったとしたら? 飛び込んでしまえば対応できずにあっさり抜かれてしまうんですよ。踏み込むのが間に合わなくて飛び込むんだったら前向いて飛び込んでくださいよ。目を切らないからボールも相手の動きも見えるしブロックもしやすいし、後の対応も然りでしょ。あの状況でボールに背中向けるなんてありえな〜い、シンジラレナ〜イ。それじゃあ絶対勝てな〜い。

と、ひとしきり怒って無理やりスッキリしたところでもう気分は天皇賞。12/9はJ1の特権といいますかホームもクソも無いはずの天皇賞でどういうわけかホームで大宮戦ですから、元旦国立目指してがむばってほしいものです。と、無難にまとめてみました。
が、
読み返してみるとあまりに酷いこの駄文。書き直そうと思いました

やっぱ面倒なのでそのままUP 。ここまで読んだ人いるのかしらン。
2006.12.3
11/27
勝てば官軍            太田吉彰、佐藤洋平 1-0 太田圭輔、西部洋平
内容的には圧倒されましたが勝てば官軍ということで。
まあなんにしても

吉田寿光さんに敬礼

そしてごめんね西部  痛かったよね、ねぇ、痛かったよね
むしろ高木和道に引っ張られた時のほうがPKじゃないのオイとも思いますのでプラマイゼロということで許してください。
吉田寿光といえば例のW杯プレーオフ、ウズベキスタン対バーレーン戦という大一番でのルール適用ミスでFIFAおよびAFCから資格停止処分を受けてしまったお方。とはいえJリーグでは岡田・上川といったW杯経験者よりもむしろ安定したレフェリングで評価も高かったのですが。まだ精神的なダメージが抜けきっていないということか?
ま、当方的には磐田にはなんとなく相性のいいレフェリーというイメージはあるわけですが(根拠無し)レフェリングとか別の意味でますますイメージは良くなりました。
これで一応実質的に5位以内ほぼ確定たぶん負けると思うけど万が一鹿に敗れたとしても同勝点。得失点差が14あり8点差で負けない限り逆転はありません。ということで清水に再逆転されたとしても5位にはなりますので健太さんの言う「トップ5」は実現できそうです。ただ腐っても鯛というか最初から腐ってるんだから腐るも何もねぇだろうよという鹿が相手ですので、またもや絶妙のグダグタどころかズルムケぶりを発揮して大量失点ということもまったく無いということも言えないのが磐田です。サポーターの皆様も一応の覚悟はしておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに賞金は
4位・・・6千万円
5位・・・4千万円
6位・・・2千万円

サカつくなら4位で2億円もらえるのに


PS
アディウソンさん、「セカンドステージ制なら」とか禁句です。数年前の磐田は「1シーズン制なら絶対優勝するのに・・・」とか言ってたんですから
2006.11.27
11/25
トピックス
11/26は東海ダービーとかなんとかいうとってつけたようなパチモンダービーではなく静岡ダービーです。残り2試合が直接順位を争う清水と鹿とあってモチベーションもそれなりに高まっております。当方は悲しいかな自らの試合と重なってしまい観戦不可。相変わらずダービーに縁のないことこの上ありませんが、心の中でぜひ白熱した攻防の結果磐田が勝利することを祈っております。 福西さんはお腹大丈夫みたいですね。    

で、ついでといっては何ですが先週から気になったことをひねりなくだらだらと
■柳下正明 札幌監督退任
フロントとの対立もあって磐田を去ったヤンツーさんでございますが、選手たち曰く「最も信頼された監督」であり、あの歴戦の磐田の猛者たちをして「ヤンツーさんのために戦う」と言わしめた監督でもあったわけです。出来ることならまた磐田で、と。誤解を恐れずに言えばたぶん凄くいい意味で監督は似合わない人だとも思うんだけどな。
ノボリ引退試合決まる
清水の選手ではございますが許してくさい。偉大な選手ですよ。やっぱりノボリのいないダービーはさびしいと思うな。名波・トシヤ・ノボリ・テル・福西で中盤組んだら面白かっただろうなぁいろんな意味で(ハットリさんは都合により除外)
■三浦文丈引退
文丈(FC東京)ついに引退発表。わが磐田においては主に後半の仕事師として貢献。今もってあなたのような仕事師が現れず幻影に悩まされる日々でございます。「ああ、こんなとき文丈がいればきっちりゲームを終わらせてくれるのに」そう思うことも少なくありません。おそらくは指導者の道を歩むことと思いますが今後のご活躍お祈り申し上げております。
■今野章引退
磐田では出番に恵まれず川崎へ移籍し主力としてJ1昇格にも貢献。磐田時代、右SDFとして出場したサテライト戦で、ありえないほどスカスカな敵左サイド裏スペースを徹底してつく味方のロングパスに、明らかにスタミナ切れ状態で「もういい加減にしてくれよぉ〜」と運動会の徒競走に参加した父兄よろしく必死にヨタヨタとボールを追いかけていた姿が目に焼きついています。
■ヒデトさんリーグ戦300試合出場
遅まきながらオメ。カップ戦・国際試合も含めれば400試合超。単純に1年40試合でも10年以上。ヒデトさんの場合途中出場は少ないわけで、野球に例えたらエース級先発ローテで年間約30試合弱の登板ですから、エースとして10数年働いたということで、そう考えても凄いわけです(例えになってないな) 。でもね、まだまだいきますよ。ていうかいってもらわなくちゃ困ります。なにせほらケンタローとかケンタローとか珍圭とか珍圭とか森下とか森下がナニなものですから。
■謎の磐田入団内定者 山崎亮平 八千代高校選手権出場決定
千葉の並み居る強豪押しのけて出場決めちゃいました。静岡県人にとってはまったく謎の人ですがベールを脱ぐときが来ました。正月楽しみにしておりますよ。
2006.11.25
京都慕情       いわた 3−1ぱーぶりんさんが
戦前は感染性胃腸炎でクラブハウスに手洗いのスヽメの張り紙なんぞが出るような状況で心配されましたが太田は出場。幼稚園か! つーかクラブハウスを消毒するなり何なりしたのか!と、そんな管理などとはまったく無縁なジュビロ磐田をJubilo Maniacsは今日も今日とて応援しています
というわけでハットリさんが憑依したかのようにファブリがパスミスを連発したりヨシカツサンがペナ外でクリアを絶妙にスカしたりアディウソンイズムが浸透したのか後半30分過ぎからコーナーで時間稼ぎしたりと今回もスコア以上のドタバタでしたが、西も先発即得点したことですしなし崩しでよしとしましょう。
京都様も大変な時期でしたがウチらも清水や鹿よりは上にというモチベーションがございます。京都様には恨みつらみはございませんが・・・いやあったな、これだ。これさえなければあんなこともなかったのだ。
11/21
福西伝説にまた1ページ   アルベルトがいたところ 4-1 アルベルトが次ににいたところ   
遅くなりましたがFC東京およびFC東京サポの皆様、多数のご来場および勝ち点3、得失点差3をいただきまして、まことにありがとうございました。先日のさいたま様とに続きまして関東地方のご熱心なサポーターの皆様にはJ1で数少ない赤字経営クラブに対します格別のご配慮、うれしさのあまりこれ以上感謝の言葉もございません。今後とも多数のご来場および勝ち点3をなにとぞよろしくお願い申し上げます。
というわけでスコア的には4-1の快勝でございますが、実質7-5みたいな試合であったわけでヨシカツさんの活躍および福西さんのスコーピオン(イギータのスコーピオンにはおよばないが)がなければ勝ち負けすらどうなっていたかわからないような試合でございました。とりあえずなんだ、平山に点とられなくてよかったよ。相変わらずハンド癖は直らんな。ま、ルーカス師匠にはやられたけど。

PS
・ノブオさんお元気そうでなによりです。VSコータ 完勝, VSハットリ どっちもどっち
・ひそかに文丈さんサブ登録 お久しぶりです。
・ジョーは?
さらにPS
マスメディアの方々へ
優勝目前で監督が退任だの何だのとにぎやかなさいたまさん。昨今のメディアでは「磐田ホームでは○勝○敗で・・・」、「名古屋ホームでは○勝○敗と圧倒的に負け越し相性が悪い・・・・」などと申されておりますがよくお考えください。J 創世記からのさいたまさんはどうでしたかと。相性も何もありゃしませんでしょ。強くなったのはここ最近なんですからね。ま、これからどんどん挽回はされちゃうでしょうけど
金の力で
2006.1121
11/17
  僕も磐田籍 VS名波  名波がいたところ 3−2 名波がいるところ
聞こえる  
   ヒデトさんの声が聞こえる
        オレの勝ちだと叫んでる
         キャップ1だと叫んでる

というわけで予想通り前田に出番ナシ。交代はジェフ枠2つに黄色トリニータ枠でした。だまだヒデトさんには勝てません。で、実は当方、諸般の事情によりダイジェストのみでまだ試合見てません。聞くところでは前半2得点後はすっかりグダグダだった模様で。どうして下位チーム相手にはこうなのかというところですよこのスカンタコメラホゲチョメラ。ま、今回はまだ試合見てないので愚痴はこのへんで。
PS
前田代表選出オメ   「結局出番ナシ」に持点全部
太田まだァ、ねぇおじいちゃん、まだァ?
マツケン・カレン・コータ、U-21Bチームで揃い踏み
2006.11.13
11/5
土曜の昼のスペクタクル    J1五位ほぼベストメンバー 1-1(PK9-8)   J2三位サブ組
「弱きを助け強きをくじく、心優しき戦士たちジュビロ磐田」をなんだかんだ言いながらもやっぱり応援しているJubilo Maniacsです。
ほんとに助けるとこだったじゃねぇか。
というわけで上位キラー(=上位ではないという現実)の名をほしいままにする磐田ですが、先日の福岡戦に続いてまたもや“格下”に対して見るも無残なゲーム内容。しかも柏の面子といえばサブ軍団。怪我人もいたとはいえ、つまりJ 2で3位という柏にとっては天皇杯などある意味どうでもよく11/11に控える首位神戸との直接対決に意識はとんでいるわけです。



そんな相手にあの体たらく

試合開始とともに一方的に攻め込む磐田。J1では下位チーム相手でさえなかなかこうもキープして崩して攻められない・・・という状況に明らかなレベルの差を感じ・・・・、しかし決められない。9分に先制したとはいえそれまで何度のチャンスがあったか。
で、先制した途端に始まるチンタラチンタラテレンコサッカー。もう勝ったかとでも思ったか嗚呼勘違い。「テキトーにいなして回してりゃそのうちまた崩して点取れるし」みたいなオーラがピッチからムンムンムレムレ。一方点取られるまではあきらかにびびっていた柏サブ軍団は逆に吹っ切れたかのように一気に運動量を増す。そして一度緩んだタガは二度と締まらずいたずらに時間は過ぎミスまたミスのオンパレード
田中・珍圭のドボチョンクリアで失点同点。延長ではヨシカツと犬塚が交錯してあわやマイアミの奇跡を演出。かろうじてゴールライン手前でケンタローがクリアしたものの、そのケンタローも珍圭に負けじとファンタジー溢れるプレーを連発。あーもう見てらんねぇ。

というわけで

■本日の収穫
・傭兵さんサブ入り
・PK戦でのパッション中山 X 2 んーっ! んーっ!

                                             以上

ま、わけのわかっていないじゃりん子たちはPKまで見られて喜んでたよ


■本日の課題・問題・不満
・柏ファール多過ぎ
・扇谷主審
・柏の繰り返しのファールイエロー出せよ
・副審村上の指し示すオフサイドの位置から5m以上下げてFKさせようとする扇谷
・副審はしっかりオフサイドの位置を指し示す
・ヨシカツサンは主審に副審の示す位置をアピールしキック
・それでも位置が違うとヨシカツさんにイエロー
・副審村上は立場なくオロオロ    しっかりしろよはっきりしろよ
・終了間際の退場による人数あわせでケンタローがPK蹴らずに済んだことがせめてもの救いというか罪滅ぼしというか
・クロス簡単に上げさせ過ぎ もっと寄せろよ いつものことだけど
・クロス精度悪すぎ
・ところでクロスって何?それつおい?
・ところで精度って何? それオイシイ?
・つーわけで太田・犬塚・コータは明日から毎日千本クロス(精度悪いとノーカン)
・服部さんはやっても無駄なので年齢的にきついので免除
・1 - 0 後半7分 カレンに代えて服部って   またか
・その後やっぱりすぐ失点して結局中山投入って   しかも福西に代えてって
・んで田中さん怪我しちゃってケンタロー投入で無駄に交代枠使い切って
・挙句に珍圭・ケンタローのダブルファンタジスタCDF・・・・・・・・・・・・・・・
・R.バッジォとデル・ピエロはなかなか共存できなかったのに
・案の定二人でファンタジーエクスタシー
・ケンタローはジュビロSSでトラップとインサイドキックの練習から再スタート
・アディウソンは一度サカつくをやってみるべし
・ま、そんなことより弛んでるとか勘違いしてるのがそもそもの原因だが
・とりあえず自分たちより下の相手に先制されたら、追いつかれたら、前半15分までに先制しなかったら、先制後20分以内に追加点取れなかったら・・・罰金とかでもして実入りをリアルに削ってみるかほんと
2006.11.5
11/2
情報求む
J1で数少ない赤字クラブの我が磐田。静岡というまったりとした土地柄もあるとはいえ毎度毎度1万前後の集客ではそれもまた至極当然のこと。さらに追い討ちをかけるように集客の見込めるさいたま戦が“ねんりんピック”なんぞのおかげでエコパではなく磐田開催になったりということでささやかな日銭すら許してくれません。
さらには磐田の大きな財源であったであろうレプリカユニなども「飯田産業」効果か売れ行も伸びないようでシーズン中にまさかの廉売。かつては毎年アテにしていた「賞金」もここ数年は微々たるもので、その栄光をもたらした歴戦の勇士の方々のお給金はといえばそれはもう数千万な方々がてんこ盛りなわけです。
さらに2年前に爪に火をともすどころか眼球に火をともすような思いで手にしたわずかばかりの資金を吐き出した補強も思うような効果は現れず、我が磐田にはじゃあ今度はアイツなどとまたぞろ大物を補強する資金などあるはずもございません。そんなこんなでやっぱりヤマハからの補填頼りを抜け出すことが出来ないどころか益々その傾向は強くならざるを得ない状況でございます。
ま、だからと言って何もしないのではクラブの強化・再建はならないわけで、買えないのならやっぱり「育てる」補強というわけです。ええ、磐田は育てて勝ってきたクラブなんですから買えないのなら育てましょう。というわけで来季4人目の新卒加入内定となったのは

八千代高校  山崎亮平 FW

3/14誕生日という誕生日とホワイトデーが一緒で損するタイプのFWです。
八千代高校出身と言えば関塚(川崎監督)、グレイ(千葉)、兵働クン(清水)あたりなわけですが、さすがに代表に入ってない静岡県外の選手は全然知りません。八千代高校HP見ても顔しかわかりません。どんな選手か知っている方の情報を求めます。雰囲気的にはスピードタイプ?みたいなとか、松浦とかぶるんじやねえか?とか。個人的には清水の矢島みたいなゴリゴリイケルタイプが欲しいなぁと思っている今日この頃です(あの手は日本人ではなかなかいないけど)。
2006.11.2


     

 HOMEへ