トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■無敵    右近 0 - 2 奥寺
A代表とU-22代表が不在、
てなわけで予想通り童子さん先発。さらにはギュンギュンと松浦がベンチ入り。
ファブリさすがの存在感に童子さん・太田・村井と珍しく裏へ飛び出す動き。成岡は相変わらずですが全体としては今日はまずまずいい滑り出し。

と思っていたら

前半分ファブリ交代  (;゚听)

予想通りグダグダ (-_-#)

さらにハーフタイムでヒデトさん交代  ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン
ケンタロー投入 <(T∇T)> オワタ

あ、チョンボ 
失点  σ(-_-*) 
またチョンボ
また失点  奥かよ  クラクラ((((゜o。)))メ、メマイガ・・・

西の一件がこたえたか動かないアジウソン 

やっと中山投入   キタ━━━━(T∀T)━━━━ !!!!

突然攻め始める

中山シュートぉ! キタ━━(゚(゚∀(☆∀☆)∀゚)゚)━━!!!
管野とめんじゃねぇーよ空気読めよ! (-ε-#)ブーブー

でもやっぱ結局遅かった。

予選C組 FC東京さんと最下位並走。 合掌 (-∧-;)


勝点3を計算していた方も少なくないと思いますが、"いないと困る人四天王 (ヨシカツ、ヒデト、マコ、ファブリ)"のうち3人不在となった磐田に敵はありませんでした。ま、要するに敵はいないというか相手にならないという意味ですけど。窪地もカズもいないのに。


2007.3.25


■世紀の対決実現      ヘリ輸出問題 2 - 2 裏金問題
あちらさんは先日のリベンジとかなんとかで息巻いていたようですが、こちらはこちらで西のリベンジを果たさねばならずただでは帰さんと思っていたわけですが、ところがどっこい始まってみればあの体たらく。ヨシカツさんにすらアワワ降臨してしまいましたよ、あわわわわわわ。
前半終わった時点では「てめぇらチ○コついてのんかゴルァ!」「てめぇら西に顔向けできねぇぞゴルァア!}という状態でしたが、逆に前半飛ばしすぎた感のあるガスさんは失速し、前半は力を温存した(ウソ)ウチがなんとか攻勢に。オランダ帰りの電柱さんやらのパワープレーに戦々恐々としていたものの2連戦が終わってみればヘディングで2ゴール。ただでかいだけでは役に立たないことを実証。リーグ戦はヒデトさん、ナビスコは田中さん。使えるのはO-30とU-18という磐田をJUBILO MANIACSは応援しています。
ま、役に立たないといえばウチはウチで、代えられたことで出場していたことに気づいた船谷とか、相馬の左足並の右足を持つ"あぽーん"なトナカイ野郎とかがいたわけですが、もう普通に加賀とか村井でいいですから。頭から林ってのもいいんじゃないか? キレてたヨ。この際森野とかでも使えば松永アナも喜んでくれるだろうしどうかね。モタモタバックパスばかりじゃどっちにしろポゼッションサッカーなんて出来ませんわよ。
冗談抜きでほんとにギュンギュンとか森野とか使ってもいいんじゃねーかと。もうダメもとで。チャレンジしないのならチャレンジして失敗するほうがいいですよ。ゴールに背を向けてばっかりじゃ点など獲れません。仕掛けろと何度言えばわかるのかしらこの子達はほんとうに。挙句にどいつもこいつもDF引き連れたまま平行移動じゃパスコースも何もありゃしない。PKをとったのも仕掛けたらからこそ。成岡程度のドリブルでも仕掛ければ何かがおこるのですよ何かが。徳永の退場も林のDFを外す動きで入れ替わられたための反則。アクションですよアクション。
ま、ホームでありますからアジウソン曰く「勝ち点2を失った」わけですが、それでも追いついただけでももうけものな試合であることも事実なわけで、そこはそれポジティブ思考で・・・いくしかないよね、母さん。

◆本日最大の見所
後半44分 ヒデトさん VS 福西  
ハーフライン付近でボールを持った福西にヒデトさんが背後からブルドッキング・ヘッドロックにいこうとしたところ、福西が持ち前の強靭な肉体で跳ね返す。それでもしつこくヒデトサンはスリーパーホールドの体勢にもちこもうと飛び掛る。両者バランスを崩しもつれたが福西は倒れこみながらも回転エルボー発動。しかしそこはさすがにヒデトさんも百戦錬磨。寸でのところで体をかわし事なきを得る。しかし肘を出されたヒデトさんは福西に猛然と食って掛かる。福西は何事も無かったかのように「まあまあヒデさん」。

ま、結局両方ともイエローなんですけど


2007.3.21


■VAMOS Contigo      裏金問題 0 - 1 ヘリ輸出問題
「重箱の隅をつつくこと。それが命、それが人生」ともいえるjubilo maniacsですが、今回はそんな野暮なことはいいっこなしってことで。

お前ら漢だよ!
Vamos Contigo  てなあこーゆーことだよ!


ファブリの愚行で10対11、西への危険なタックルで実質9対11。ま、Awayで退場者も出せば普通に考えてあきらかに引き分け狙いの交代でそれも当然。交代要員がケンタロー・加賀・コースケってところがほんとに引き分け狙いになるのかどうか微妙ではありますが、引き分けるだけでも必要十分といえる中ミラクルな勝利。いや皆ようやった。いやようやったっていうかありがとうと礼も言いたい気分。
ヨシカツさんとヒデトさんはやはり神。彼らなくして今の磐田は考えられません。ちなみにワンチョペのゴールをオフサイドで取り消してくれた副審も神。そしてなんといっても西。10人となった後、サポートのない中必死にキープする西、よくかんがえたらMF・FW陣では一番年上で(パラナ除く)指示出しまくってる西、危険なタックルで負傷した後それでも必死にボールを追いかける西。交代要員を使い切ったためとはいえもう涙なくしては語れません。風邪ひいて休んでる背番号10は西の爪の垢でもせんじて飲んだらどうかな。ついでにコースケの足の指と指の間の垢でもストレートに飲んだらどうかな

◆それでもやはり重箱の隅をつついてみる
カレン・・・引きすぎ。ルーカス師匠に見習うことは多かったと思うが。
船谷・・・つっ立ってるだけじゃボールはもらえんぞ
ファブリ・・・あーいう退場にはチーム内ペナルティ 初めてじゃないし
メディカル・・・西は頑張ったがほんとに試合に出し続けて大丈夫だったのか
ゴール裏の方々・・・ブーイングにもTPOが必要ですよ

珍しく得点後に皆が駆け寄って大騒ぎでしたが、かつてのような常勝磐田ではない今、あんなことも気持ちを高める、結束を高めることには必要だと思いますので、演出の意味でもド派手に喜んでくださればと。いつぞやのさいたまさんみたいに、いつまでも喜んでる間にキックオフされて失点なんてのは困りますが


2007.3.19


■マレーが虎   U22日本代表?2-1 マレーシア
カレン師匠無得点記録更新ならず。そりゃそーだ出てねーもん。マツケンも出ておりませんしコータだけがプレーという意外な展開。林の起用はオシムの要請か、相手がマレーシアだからか、それとも香港戦のすっとこどっこいなバックパスの処理が響いたか。 ま、どうせ次は西川だし。というわけであれだ

このチームでは五輪は無理です。
ありがとうございました。


30年以上サッカー見てますがこれだけやる気のない"代表"は記憶にございません。これはもうコインブラ選抜の比ではございません。高温多湿だとかピッチがグチョグチョとかスケジュールがきついとか言い訳にはならないレベルのやる気のなさ。気合のかけらも見えません。
わたしゃ精神論者じゃありません。そもそも気合というのも走れ、体を張れなどということではありません。その試合で何をどのようにどうするのか、それをしっかりと頭に叩き込んで試合の中で考えて、勝つために全力でそれを遂行していくことなんですよ。力の差があると思ってるなら最初からガツンといって点差広げてからまったりやってくださいよ。「そのうち点が取れる♪」なんて思ってやってるからあの体たらく。つーかそもそも自分達が思ってるほど力の差なんてないということですよ。
走らない、仕掛けない、学習能力ない。逆に相手の仕掛けやロングボールにドタバタ。レフリーの笛も微妙マレーシアよりではありましたが、ちょっと触れて倒れただけでファールをとられていたにもかかわらずそれを繰り返す守備。そしてFKから失点。お前らは小学生か。
ちなみに失点はGK林がFKの目測を誤り中途半端に飛び出てから戻ったところを目の前でヘディングされてのもの。DFのマークがずれていたこともございますがGKのミスであることにも間違いございません。マツケンにまだサブにはいるチャンスはありそうです。


2007.3.14


■マレーの虎   
さてさてU-22代表はアウェイでマレーシア戦です。一般的には平山のヘッドやら本田のブレ球FKやらが決まるかとかそんなことが話題に上ったりもしますが、磐田的にはやはりなんといってもカレン師匠の代表戦無得点戦記録の更新なるかというところです。
先日の大分戦では惜しいボレーなどもございましたが、ゴール前で肝心の"勝負"をする部分ではたいてしまったりペナ内で振り向いてシュート!というところで2列目に落としてしまったり。大分の高松がそういう場面ではシュートを打ち勝負を仕掛けるという危険な雰囲気を醸し出していたわけで、。タイプは違えどFWなんですから常にシュートをファーストチョイスにしていただきたいと。
相手は一般的には格下と見られるマレーシアですが、そういう気持ちが無ければ点は取れません。これはカレンに限ったことではありません。ま、格下なんて思ってたら試合そのものも危ないですが。ちなみに練習では平山1トップにトップ下が1人なんてシステムが多かったらしくカレンの出場そのものがない可能性もたぶんにございます。
そしてもうひとつの見所といえばマツケンです。磐田-大分戦を代表GKコーチが生観戦するなか西川が敵ながら天晴れなセーブを連発。さらに林は大学あげての強化とライバルは更なるレベルアップに向けまい進中。マツケンも香港戦のようにすっとこどっこいなプレーをしていたらもう次はありません。というわけでマツケン最後の代表での姿をこの芽に焼き付けよう
で、やっぱりコータは出られたらラッキーぐらいですかね。


2007.3.13


■ジョミール星人とミザール星人の会話10  胸飯田産業2-1胸空白
: 勝ったね
: 勝ったわね
: 勝ったっていえば勝ったよね
: 勝ったっていえば勝ったわね
: 勝点3くれるんだよね
: 勝ったんだからくれるわよ
: 申し訳ないよね
: それよりもいくら前節無残な敗戦だったとはいえ、ホーム開幕で観衆11452人というのはそれはそれで選手に申し訳ないわよね。
: そうだね、菊地とケンタローにいたっては「たくさんのお客さん」とまで言ってるからね。前節の惨敗でよほど客がはいらないと思ったんだろうね
: 昨年の天皇杯はJ1相手に4,328人なんてこともあったわよね
: でも次のホームはきっと客が入るよ
: 一試合勝ったくらいでどうかしら
: だって次はFC東京戦だよ。福西がいるじゃないか。
: そういえばリーグ、ナビスコでアウェイ・ホームと連戦よね。移籍しても福西頼りとは悲しいわね
: 昨年まで磐田ユニ(FUKUNISHI 23)なんて着てた人が東京ユニ着てワラワラとわいてきそうだね。
: そうね、まあ金さえ落としていってくれればどっちでもいいわ。客がいないより盛り上がっていいじゃないの
: 話は大分戦に戻るけど・・・・まあ勝っただけだよね
: 勝ったことだけが収穫ってことよね。
: せっかくのカレンFWも気がついたら柏戦と同じメンバー・システムになってたしね
: いわゆるノートップってやつよね。4-6-0、4-1-5-0よね。
: ていうかもう中山さんが入る前は2-8-0にもなってたよね。
: ヒデトさんとマコ二人で守ってたわよね。2人ともO-30なのに
: ケンタローが入ったときも微妙な空気だったよね
: 一応高松封じよね。ただサポ全員が守備固めという意識にならなかったことはたしかよね。監督の意思とは別に
: 前田は全治2ヶ月らしいしね。復帰まではさらにもう少しかかるだろうしヨシカツサンも肉離れ再発なんていってるし
: 今となっては西野の放出さえ痛く感じるわよね
: ていうかノブオさんがいればセンターFWだね
: この際マビリアかラドチェンコでもいいわよ
: それでもヒントというかやっぱりってことはあったよ
: あら何かしら?
: 点を取ったときっていうのはサボらずみんな動いていたってことさ
: ああそうね。1点目はいつもゴール前に1人しかいないところが、成岡と西2人いたわよね。成岡が前でとんだせいでDFが混乱したのよね
: ウン。2点目はファブリのえげつない一発で、さらにDFはもっと寄せなきゃいけないところだったとはいえ、中山・犬がしっかりフォローに走ったおかげでDFがファブリに寄せきれなかったわけだしね。
: やっぱりどれだけ"ムダに動くか"てことよね
: そうだね、ムダな動きをたくさんすることが結局その動きをムダにしないことになるんだよね
: なんかきれいにまとまったわね
: 磐田のサッカーは全然まとまってないけどね

2007.3.12


■2戦目にして正念場        
さて皆様、柏戦の惨敗から4日経過いたしましたが気持ちの切り替えは出来ましたでしょうか。当方は敗戦の夜、あまりの不甲斐なさに若かりしころの深夜、「イェーい、べいべーかもん!」と車を飛ばした道を数年ぶりに爆走し(ほんとは50km/hくらい)すっかり気分転換に成功。
したはずだったのですがまたもや前田の不穏な情報で暗転。やっぱりというか長期離脱のかほりがぷんぷんとして参りました。都内の病院てところが不安を増長させてくれます。ちなみにこれは増長天でこれは毘沙門天。それからこちらは方向性の違う毘沙門天。
そんな中明るいニュースですが、ヨシカツさんは次戦復帰の模様。ヨシカツさん曰く「組織の前に個人」。戦術がどーのシステムがこーの言う前に一人一人が今何をどうすれば良いかを考えること、動くこと、そして闘うこと。それが一番大事マンブラザースバンド(古)。幸いにして大分さんはもはや我々のことなど眼中にない模様で公式は次々節ホームのさいたま2戦一色です。ちゃあ〜んす。
PS
さいたまさん スタジアムで期限切れチョコ販売
さすが旬のクラブ、時流に乗り遅れませんね。ま、賞味期限であって消費期限ではありませんが、違いのわかっていない人も多いでしょうしこのご時世ですから気になるといえばなるでしょうか。ま、お菓子の賞味期限ならいいですよ、ウチの場合はクラブの賞味ピー。ていうか期限切れ商品販売どころか親会社は中国にヘリコプピー(ヘタをすればクラブ存続さえ危ういという事実)

もめろもめろ♪

2007.3.8


■当然の惨敗      柏 4-0 磐田
というわけで最下位です。
でもまあまあ皆さん、怒りなさんな怒りなさんな。冷静に考えてプレシーズンマッチでは大学生やJFLと"いい勝負"をしていたわけですからJ1相手に勝てようはずもありません。ましてや柏さんとは昨季天皇杯で控え相手に冗談みたいなPK戦までもつれこんだわけで、ベストメンバー相手に勝てようはずもありません。いくらスカパーでお気楽オヤジごときにダメ出しされても怒っちゃいけません。
聞くところによると今季のスローガンは「Vamos Contigo(ともに進もう、戦おう)」とかなんとか言うらしいですが、そもそも選手が闘っていないのではハナシになりません。成岡が宇宙開発とかそんなことはこの際問題ではございません。ただ下手ってだけで、そんな下手な選手がスタメンで出る程度のチームだと言うことです。下手ならなおさら闘えよ、考えろよということですよ。
公式には更新時点で磐田選手のコメントは掲載されておりませんが、 またぞろ「ちょっとしたミスが」どーたらこーたら言ってたら地味に痛いキーロックとインディアンデスロック1時間の刑ですよホントに。
それから監督さん。「スタートしたばかりということで、修正させていただきたい」ってちょっと。開幕前から問題はわかってたわけで修正してからシーズンに入ってくださいよ。ていうかあれでは修正どころのハナシじゃなくて根本から変えなきゃいけませんから。
というわけで比較的冷静にここまでお送りしたJUBILO  MANIACSですが、実際には試合後には怒りに打ち震えたあげく頭痛に見舞われバファリンを服用。いまだにワナワナと怒りが収まらず全くネタを考える余裕すら無いことはここだけのハナシです。

2007.3.4


■2007年3月3日J 開幕  ある磐田サポの一日
午前8時 起床、朝食  まったり過ごす
午前10時 1995年バルセロナvsヌマンシア観戦
午後0時 出かけようと思ったがダルかったので止めてまったり過ごす
ふーん、宇多田ヒカル離婚ね 、飯島愛引退
午後1時 昼食
午後3時 清水vs神戸 観戦  西部凄え
午後4時 さいたまvs横浜FC 後半観戦
お、同点じゃん横浜がんばれ   カズでてねえのか
よーし横浜がんばれ    あ、奥いるじゃん、応援やめ


あ、やっぱダメだったのね
午後6時 夕食
午後7時 G大阪vsさいたま2観戦
ほどなく爆睡

お、両チーム無得点じゃん、へー


あ、やっぱだめだったのね
午後9時 とりあえず風呂
リヴァプールvsマンチェスターU 観戦

2007.3.3


■カレン・ロバート 師匠への道     U-22 日本 3-0 ホンコンさん
五輪予選初戦ホンコン戦は 3-0 と微妙な勝利。とりあえずあれだ、香港の試合に中国のレフェリーっておかしくないか? ま、試合内容はこの際おいといてジュビロ勢にスコープしますと、なんとマツケン、カレンだけではなくコータまで出場というミラクルで3人コンプリートでした。
カレンは動かないセンターFWの分までと豊富な運動量でチャンスを演出。シュートは入らないけど。しっかりアシスト1も記録しましたよ、シュートは入らないけど。ということで代表戦32試合無得点継続中です。もはや神の領域。ちなみに"神の領域"が、"髪の領域!と変換されてしまったことはカレンの今後の"何か"を暗示しているのではと心配です。
さてマツケンはといえばほとんど仕事らしい仕事も無く。唯一の仕事といえばパスの処理をもたついて相手につめられて同点に追いつかれそうだったということだけで

ダメじゃん

というわけであんなひとつのプレーで信頼というものはなくなりますので、今後西川復帰の折にはやはりサブというのが現実かもしれません。ていうかU-20の林の突き上げもありますから第2GKの座すら危ういというのも現実。
コータは香港に退場者が出たため数的優位の状況でプレーしましたので、特にプレッシャーもなく余裕を持ってプレー。それでも積極的に飛び出して短時間でもそこそこの存在感は見せました。さて今回の全国中継で「コータ、ギザカワユス」なんてギャルの1人や2人いらっしゃいましたでしょうか

PS
ホーム開幕戦チケット会員優待販売最終日の本日2/28に、「棚卸だから」ってオフィシャルショップが休んでしまうサポータ無視のジュビロ磐田をJUBILO MANIACSはちよっとムカッとしながらも応援しています

2007.2.28


■やっぱり負けた       山葉寅楠 1-2 豊田佐吉
予想通りといいますかJFLと"いい勝負"のジュビロ磐田は名古屋さんに普通に敗北。名古屋の要望で完全非公開ということで、詳報は伝わっておりませんが内容も相当酷かったようで。オー、ガッデーム。
スポパラでは堀池氏が「今年の磐田は苦しい。ガタガタになる可能性がある」と申しておりましたがそんなこと言われんでもわかっとるわい、・・・サポーターはな。クラブ・選手・関係者がどの程度危機感を持っているかは定かではありませんが、見てりゃ分かるだろという気もしないでもありません。
ま、ただ堀池氏の言うベスト布陣が前田離脱が前提とはいえ、カレンの1トップだったことを見ると、氏がどの程度磐田のことを見ているのかという疑問は拭いきれません、ていうか全然見てないわねアナタ。見ていたらそのような、世にも恐ろしい事を言えようはずもございませんわよ ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
で、そんなネガティブな話題はさておき我らが千里愛風さんがバックダンサー募集。チェッ、子供だけかよ。僕は時々お子ちゃ魔になりますけどそれじゃだめですか?なんならデュエットでも。

PS
先日RSSを試験導入いたしましたが、方式を変えます。もし万が一RSSを登録いただいたいている方がいらっしゃいましたら メニュー下にあります のアイコンにて再登録いただければとおもいます。もしかするとまた変えるかもしれませんけど・・・・

2007.2.25


■JFLとの死闘       桶ヶ谷沼 2-2 長良川   
先日のロッソ熊本戦に続きJFL勢のFC岐阜戦。これまた"いい試合"をしてしまいました。あくまで練習試合ではございますが、さすがにもう開幕直前でありますので2つもカテゴリーが下の相手といい勝負では先が思いやられます。
「調整中だし」とか「テストだし」も言えますが、相手のJFLさんたちも開幕前の調整中にテスト中。しかもJより開幕が2週間遅いわけで、むしろこちらのほうがいろんな意味でのコンディションを上げていかねばならぬ時期ということを忘れてはいけません。強い強いさいたまさんや大阪さんのように"徐々に調子を上げて"などという身分ではございませんこと、十分にわきまえておかねばなりません。

PS
U22代表に31戦不発のカレン師匠とコータ、マツケンが選出。2/28には香港戦がございますが、カレンの先発は微妙、マツケンは間違いないと思います。コータはまず間違いなく先発はありません。ていうか途中出場も限りなく可能性は低いでしょう。で、2/22アメリカ戦でのマツケンに対するTV解説相馬氏のコメント。

「ハイボールの処理が安定してますね」


いやそんなことないから

2007.2.22


■選手名鑑出来た       
2007年選手名鑑完成いたしました。2004年以来3年ぶりの名鑑作成です。だれかほめてくれ。
と、言いながら新作の絵はひとつも無く、既存の使いまわしといいかげんな合成などというやっつけ仕事です。実際タブレットも壊れたまま数ヶ月放置してあり絵を描こうにも描けません。そんなしろものですので、もし見てやろうという方はそのあたりなにとぞご理解の上ごらんいただきますようお願い申し上げます。
PS
ロッソ熊本公式にて中山のゴール見られます。中山にしては珍しいきれいなゴールですが、こういうゴールを2007年早々に決めてしまったということで、今年はこの先もう無いんじゃないかという気持ちも無いわけではありません。

2007.2.19


■上村のいない日     
熊本 0 - 1 磐田
戸田殺しの上村不在ということで幾分安心しておりましたが、怪我人も出なかったようでとりあえずよかったと。はなから試合内容には期待してなかったしアディウソンの言うようにそこが一番の収穫でしょう。ていうかそれしかないかもしれません。村井も実戦復帰したことだしめでたいやね。
と、自分でそう思うようにしておりますが、なぜだかストレスがたまっていく今日この頃です。
それでも松森速報などを読む限りではなにやら加賀がなかなかに良かったようで、スピードやら高さやらあまり昨今の磐田には縁のないファクターで力を発揮したようです。先日のアンケートでも期待度上位にランクされましたが、ほんとに期待してもいいかもしれません。一方ポジション的にライバルと目されるトナカイ野郎はイマイチの模様です。
伝え聞いていた3ボランチですが、普通に守備的と考えがちですが、やり方しだいではそうでもなく超攻撃サッカーにつながるのも事実であります。ただ1人行ったら二人戻るが基本のようですので・・・ま、深く考えないようにしましょう。ま、アディウソンのことですので明日になったら全く別のことを突如始めるかもしれませんのでまだまだ様子見が必要です。様子見たまま1年経つかもしれませんが。

PS
RSSを試験的に導入いたしました。ただしブログではないので自動生成ではなく手打ちです。素人の生兵法ですのでうまく読み込めるかどうか正直自信が無いので上手くいかなかったらまた外しますぅ。また上手くいったとしても手打ちですのでRSSを作り忘れるかもしれません。ていうかその可能性のほうが高いですのよろしくですぅ

2007.2.18


■模様替えしました
何年ぶりかの模様替えをしました。本当にデザインのセンスが無いな〜オイと自己嫌悪に陥っております。それならブログにしてきれいなテンプレートでも使えば・・・とも思いますがそれをしないのが私のなんともお茶目さんなところです。
昨夜(2/13)から各コンテンツだけアップロードしておりまして、昨日の段階でお気づきになった方もいるかとも思います。既存コンテンツもある程度修整しましたが、まだ手をつけていないページもあります。放置プレーの得意な私ですが近日中にはなんとかしようと思っております。ただし思っているだけでどうなるかはわかりません。ものはついでにと内容も一部修正・改定したりもしましたのでえらい時間がかかりました。やらなきゃよかったよ。そうはいってもさすがに、昨年以前のログとかまではやりません。
デザインはWin XP IE6 が基本です。いくつかのブラウザでは試しましたが、閲覧環境しだいでは不具合が出るかもしれません。その場合はこちらを一度確認いただいて掲示板かメールフォームよりご連絡いただければと思います。素人なんで必ずしも改善できるとは言い切れません・・・ていうか改善できる可能性のほうが少ないですけど。ただしデザインそのものが不具合だとか、お前の存在そのものが世の中にとって不具合とかいうのはやめてください

2007.2.14


■手編みのセーター
ドゥンガのシャツ ブラジル 0-2 ポルトガル
ドゥンガ監督就任後初黒星ですが、完敗をうけてここぞとばかりにドゥンガ批判が本国で起こっております。
で、その試合以上に全世界で批判されたのが写真のシャツ。ただいまデザイン勉強中の娘さんがデザインしたらしいですが、世界中でダメ出しされた胸中やいかに。失敗は成功の元と申しますが、こういのうは持って生まれたセンスが以下削除。80年代のヤンキーがこういうシャツ着てたなそういや。
でもこの程度のシャツのデザインなど。高原フィギュアのインパクトに比べればどうってことありません

2007.2.2


■思い出作り
連日公式で報じられる鹿児島キャンプレポート。毎日毎日たくさんの写真掲載ありがとうございます。もちろんそれはそれでありがたいわけですが、どんな練習をして誰がどうでこうでなどという詳細なレポートをくれなんて分不相応ことは言いませんから、出来れば何をしているところかごく簡単な一言でもいいので説明していただければと。
正直.なところレポートというかスナップ集なわけで、普通に"思い出の修学旅行"とか"楽しい夏合宿"のスナップ写真。なんか「欲しい写真の下に名前書いて」みたいな。"研修会で1人カメラ目線のFくん"とか"お風呂上りのO君をパチリ"とか"男子に囲まれるUちゃん"とか。.ま、netのほうには練習レポートなんてのもあったりするわけですが見たけりゃ入れってことみたいです。あ、一応あたしゃ入ってますよ。

■参考資料
鹿さん、東国原宮崎県知事訪問
ちなみに鹿児島県知事さんはこちらの地味な方

2007.211


■アンケート結果      
アンケート「2007 たのむでホンマ いやマジでマジで」終了
ご協力いただいた皆様ありがとうございました。
皆様なりのお考えもあるかと思いますがアンケートのコメント欄など見ていただいくのも参考になっていいかもしれません。それでは深慮のない検証をしてみましょう

■ベスト10
1 菊地 予想通り。福西の去った今、闘志あふれるプレースタイルが「やはり今後のクラブを託すのはこの男に」との想いにさせるか
2 サポ サポにも意識改革が必要だと・・・・・・・・・・あのフロントを見て感じたのかもしれません
3 カレン 前田はある程度計算できるということで、むしろカレンに期待票が集まったということか
4 前田 前線では唯一計算できる代表選手。しかしもう一皮剥ければ日本に比類なき選手にという期待も
5 西 イマイチ元気のない今の磐田にあって、最強磐田を知る男としてあの奔放な、やんちゃなプレー復活を望む。何かやる男だし。
6 成岡 期待というかてめぇそろそろいい加減にみたいな
7 村井 J 随一と言ってもいい攻守にサイドを制圧できるその力に期待か。W杯直前での離脱によるセンチメンタルも
8 加賀 サプライズでベスト10入り。札幌での成長振りを買われたのもあるだろうが、むしろ今の若手の不甲斐なさ故とも言えるか
9 太田 予想外に低い順位。むしろそれだけ期待というよりもすでに計算される選手になったということか
10 ヒデト Over30唯一のベスト10入。もう頼りになるのはヒデトサンしか・・・みたいな
■その他
11 長澤まさみ 昨年は選挙うちわで「磐田限定:フォトショで変色サックス・ブルーまさみ」を披露。やはりその名声を利用しない手はないと
12 岡田 新戦力最高位。藤枝〜筑波という経歴や前評判が服部ぽいとか投票理由も何気に幻影だったり
16 マルキーニョス・パラナ 普通なら新外国人にはもっと期待票が集まってもいいはずなんだがやはり磐田サポには外国人に不信感が・・・。
ガヴィオンとかトーレスとかその他多数
17 山本 確かにあの唯一出場した試合でのインパクトは大きかった
17 名波 気持ちは痛いほど分かります
25 犬塚 昨季の活躍を考えればもっと上でもいいはず。やはりトナカイやPK失敗後笑っていたような軽さが原因か
25 荒田元社長 今のフロントを見る限りマジで復活して欲しいような。たとえ個人情報が漏洩しようとも
25 千里愛風 なんか今年は新しいことしてくれるみたいです
25 中山 もういてくれるだけでいいとか、正直ある意味期待してないとかアンタッチャブルとかいろんな意味が
0票の人々  .(TεT;)
マツケン、八田、松浦、山崎、中島、ジュビロ&ジュビィ

PS
前田はなんとか大事には至らなかったようです        一応

2007.2.9


■大航海時代へ
さて皆様ご存知のとおり2007年度新体制発表日程発表
とりあえず今季スローガンを見て 「ラモス!こっち行こう!」とかなんとかボキャブってしまった恥ずかしい人挙手。さらにそれを他人に言ってしまった人挙手。
ま、正直なハナシどんな前向きなことを言われようと美辞麗句を並べようとも、かつてJ 随一とまで言われたフロントさんたちも今やサポーターからの信用度はゼロだと言うことは十分に理解していただいて今後のシーズン心して進めていただきたいと思います。ええ、もちろん心の底から応援はしますがそれとこれとは別だということです。
そんなフロントさんたちの愚行にものの見事に答えるかのようにFC東京さんとナビスコまで同組で3〜4月で2連戦含む3試合。どんなイジメだよ。ここは堅実に「ワンチョペ、福西にハンパなくボコられる」に15000点。で、ついでにナビスコでは横浜FCも同組だったりしますので「奥にやられる」にも残りの持ち点5000点全部。
さらに今年こそと新ユニに期待したサポを萎えさせるに十分と言うか今年もメインスポンサーは飯田産業。ええ、もちろん感謝してますよ。でもね、やっぱり・・・もうちょっとロゴ何とかしてくれないと今年も新ユニ買えないな金ないし。ユニ販売の原動力であった福西も去った今、いかにして新ユニをさばくのか。あ、もしかしたら意外に漢字好きの外国人サンにうけるかもしれないから海外向けネット通販とか出してみたらどうよ?

2007.2.2


■健太激怒 悪事魔多し注意せよ
プレシーズンマッチ第1戦VSロッソ熊本を控えるジュビロ“グタグダ”磐田ですが、練習試合でロッソ熊本と対戦した清水がこんなヒドイ目に。悪事魔多しの絶賛スパイラル中の磐田ですのでご注意していただきたいものです。
この時期一番怖いのは怪我であり、この時期に“レベルの低い相手”と試合することはこういうことが起こりがちです。こちらはまだコンディションが整っておらず試運転程度だったりテストだったり。一方あちらはJ相手に「やってやろう!」という気合があらぬ方向に向き無茶なプレー・危険なプレーに走ったり。なにやら今回の場合はそれ以前の問題みたいですが。やったの元代表の上村だし。とりあえず磐田戦には上村は出さないようにお願いします、冗談抜きで。
PS
2007年度 役付決定
チームキャプテン・・・中山現人神
チーム副キャプテン・・・ヨシカツさん
ゲームキャプテン・・・ヒデトさん
ゲーム副キャプテン・・・田中さん、前田
あえてキャプテンなんて役に就けなくてもそういう役割をする人ばかりです。
菊地でいいと思うんですけど・・・ていうかぜひ菊地にしてほしかったんですけど。

2007.2.7


■悪事魔多し
好事魔多し」 と申しますが磐田にはそんなことは当てはまらないようで悪いことにはさらに悪いことが重なる見事なスパイラル。
前田長期離脱か!?
新外国人という話もチラホラあがってはおりますが、前田はデフォルトとでございますし外国人というものについてはある意味J随一"役立たず"を抱えてきたであろう磐田としては期待できようはずもなく非常にまずい事態。個人としても代表定着という目標もあるだろうし。さあどうする、予想外の状況だよ右近社長。
というわけでこの際だからと ジュビロ用語に右近社長の神の御言葉「天皇賞」追加。すっかり右近フリークの今日この頃です

2007.2.6


■天皇賞男ふたたび
先日の新体制発表に続きまたもや右近社長よりメッセージ
先回遅きに失した感もあり軽く流しましたが今回はいくつかやさしツッコミ。やはりというか、この期に及んでいまだこの危機的状況を把握していないようです。
《本年度のチーム目標》
国内主要大会でのタイトル獲得

正直言ってしまうとリーグ戦は厳しいと思うのでナビスコか天皇杯狙いが現実的かな〜とは思いますがやるからには勝つことが目標なのは当然です。東海チャンピオンシップ復活してなんちゃってタイトルとかなんとか・・・
《選手補強について》
状況によりタイミング良い的確な〜  予想外の状況には素早い対応を〜

すでに機を逸してるんですけど。それどころか最悪のタイミングで中心選手が退団してるんですが。しかも今がその予想外の状況じゃないのかい。
《クラブ内での確認事項》
世界を見据えた〜  夢と感動を〜  中長期を見据え

初志貫徹。常に大きい目標を持つのもいいことですがそんなに遠くを見つめる前に先ず足元を見直すことが先決ではないかと。もう地盤が液状化現象なんだから。
2)選手・スタッフ・フロントによる目標の共有化と強い絆
ここにサポーターを入れないんだよね。相変わらずですよ。アディウソン提唱のスローガン「VAMOS contigo」(ヴァーモス・コンチーゴ)の意味はなんですか
6) 真のプロ選手の育成・教育
それよりもフロントがもう少し勉強・成長しないと話にならんのではないかと真剣に考える今日この頃というかここ数年。

ツッコもうと思えばまだまだいくらでももっと厳しくツッコめるわけですが気分がめっさ暗くなってきたのでこの辺でもう勘弁してくださいよ社長。

2007.2.3


■大航海時代へ
さて皆様ご存知のとおり2007年度新体制発表日程発表
とりあえず今季スローガンを見て 「ラモス!こっち行こう!」とかなんとかボキャブってしまった恥ずかしい人挙手。さらにそれを他人に言ってしまった人挙手。
ま、正直なハナシどんな前向きなことを言われようと美辞麗句を並べようとも、かつてJ 随一とまで言われたフロントさんたちも今やサポーターからの信用度はゼロだと言うことは十分に理解していただいて今後のシーズン心して進めていただきたいと思います。ええ、もちろん心の底から応援はしますがそれとこれとは別だということです。
そんなフロントさんたちの愚行にものの見事に答えるかのようにFC東京さんとナビスコまで同組で3〜4月で2連戦含む3試合。どんなイジメだよ。ここは堅実に「ワンチョペ、福西にハンパなくボコられる」に15000点。で、ついでにナビスコでは横浜FCも同組だったりしますので「奥にやられる」にも残りの持ち点5000点全部。
さらに今年こそと新ユニに期待したサポを萎えさせるに十分と言うか今年もメインスポンサーは飯田産業。ええ、もちろん感謝してますよ。でもね、やっぱり・・・もうちょっとロゴ何とかしてくれないと今年も新ユニ買えないな金ないし。ユニ販売の原動力であった福西も去った今、いかにして新ユニをさばくのか。あ、もしかしたら意外に漢字好きの外国人サンにうけるかもしれないから海外向けネット通販とか出してみたらどうよ?

2007.2.2


■たまにはいいニュースはねえのかよ
伝えられていたとおり珍圭が全南へ帰還。
こんな状況でもMFばかり獲ってるフロントさんたちお元気ですか?
怪我人と退団と今年40歳のオッサンが一応元気ということくらいしかニュースにならないジュビロ磐田をJUBILO MANIACSは今年もも応援しますよてめえこの野郎

というわけで冷静に珍圭さん退団による影響と展開を考察
・服部も退団し手薄なDF陣
・菊地のDF起用も増えるかな
・ま、せっかくのFKを無駄にすることはなくなりますけどね
・そういえば福西もいなくなりセットプレーの高さに対して不安激しく増大
・ただでさえ負担大のマコとヒデトへの負担激しく増大
・年のせいか筋肉系トラブルの多くなったヒデトさん離脱
・ケンタロー、森下らが出場し経験をつみ成長
・してくれればいいがそりゃもう凄いことになる恐れ大
・ヨシカツさん脳溢血寸前
・いろんな意味で愛想つかしたヨシカツさん退団(昌邦さんいなくなっちゃったし)
・それからあんなことやこんなこと・・・・・・・・・・・・
と、控えめな悪展開例などをさくっと考えてみましたが珍圭どうのこうじゃないわなこりゃ。つーかこんなもんじゃすまない可能性大だね今年。
m(゚□゚;) カミサマ…

2007.1.28


■ヴェルディへの道程           福西FC東京へ移籍
というわけで福西ショックで精神的にズタズタな皆様、
あけましておめでとうございます
とか年が明けて3週間経過してから言ってみるテスト

更新サボってた罰ですか、それともノボリの引退試合なんかに行ってた罰ですかね。こういう形での移籍となればフロント陣が総入替にでもならない限り選手としてはもちろん指導者としてももう磐田に戻ってくることは無いだろうね。どうやったら大減俸という査定になるか、どうやったら平気でそういうことを福西に言えたかと、言ったらどうなるか頭が回らなかったのかと。フロントさん達はせっかく提携してるんだから聖隷病院で脳波検査したら?
と言いながら何気にその責任は毎試合10,000前後しか集まらないサポーターにあるということも間違いなくいえますので頼むからたまには来てよ磐田・袋井・浜松・掛川あたりの人々。ナナギャルがいなくなったうえに服部ギャルもいなくなって福西ギャルもいなくなるわけだし。実際ここ2・3年のフロントを見てれば愛想つかす人も少なからずいるだろうしねぇ。数年前から懸念していた「ヴェルディへの道」そのまんままっしくらですよ
ヒデトさんも今回の交渉や一件では正直相当ご立腹であったようですしサポーターとしてもこのまままったりと見過ごして「それでも磐田を応援する」だけではどうなんだろな。もちろん私は磐田を応援しますがちょっと今まで「見守り」過ぎたのかなと今一度イロイロと考え直したいと思いまする。正直他のクラブなら“フロント退陣要求抗議デモ”なんで起きてても不思議でない状況なんでね。

と、重い話ばかりではあまりに当サイトらしくございませんのでノボリ引退試合のお話を少し。「てめぇエスパの選手に!」とご立腹のご貴兄もいらっしゃいましょうが、やはり同世代でもありますし静岡県人の当方としては思い入れのある選手でございまして、静岡サッカー、日本サッカーの戦友といたしまして最期を見届けにいったわけでございます。
ま、ラモスやらキング・カズやら清水東三羽烏やらドーハ組も集まったわけでそんなことも楽しみのひとつ。さらにスパサカ・バナナキングの収録もありーのという事で楽しませていただきました。ウチ関係では一応トシヤさんに加え中山様も一応出場。どんな編集が施されるのか分かりませんがおそらくキーワードとしては「○○○ルール」ではないかと。ま、見てのお楽しみってことで。
何が一番衝撃だったかと言うと各所で話題になってるノボリの東海大の同級生にして元天才磯貝さん。多くは申しませんが時間とは残酷なものです。で、実際ねぇノボリまだバリバリ出来るわ。福西移籍の穴を埋める補強の大穴としていかがとか本気で思う今日このごろ。


PS
磐田のフロントさんにもぜひこの引退試合は見てもらいたかったね。清水は選手・クラブ・サポーターの距離が凄く近いとあらためて実感。
2007.1.24




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ