トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2007年4〜6月
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■そのとき歴史が動いた          ヤマハ 3 - 2   富士通  
得失点差が・・・得失点差が・・・、ついにプラスだよ!母さん!!

しかし難しい試合難しい試合ってお前はバウミールか。

というわけでアジウソンのバウミール化も進行中ですが、グレミオつながりダービーは磐田の勝利。世間ではハニカミ王子の遼くんとやらが大人気ですが、オシム翁もイチオシ、磐田のハエギワ王子、前田の遼くんもよろしく。
で、そのハエギワ王子はまだまだ絶好調とはいえないながらも復帰後5試合で5ゴールと見事な結果ですが、何気に成岡も今季5ゴール。前田が入ったことでやはり成岡最大の持ち味であるゴール前への飛び出しが生きてきているようで。あ、そういうこと言うとまたカレンが・・・・。ま、あのくらいは当たり前にやってくれないと困るんですけどね、磐田の10番背負ってんだから。
正直連敗も・・・と思っていた川崎・さいたまの2連戦ですが、これでさいたまに負けても・・・まあ勝点的にはプラマイゼロ

とか言ってみるテスト。


PS ホドリィゴ・グラウさんへ
今どちらでサッカーをなさっておられるのか存じませんが、規則改正でマスクはイエローになるようですので注意なさってください。


2007.6.23


■REUNITED               中山雅史@ベンチ 2 - 1 三浦知良@スタンド  
何が懺悔ゴールだよ、氏ねスポニチ
スポニチはあからさまに煽りたててるので磐田な人は不買の方向で
というわけで、ある意味磐田史上最も大事な試合といっても過言ではなかったわけですが、成岡が入団以来最も頑張ったプレーで(・・・)同点弾叩き込んだり、良くも悪くもまったりプレーする船谷がなんだか一生懸命走ったりで勝利。
しかも初めてづくしな勝利わけで、今季初の逆転勝ちに横浜FCに初勝利、ていうか今季J1昇格組に初勝利。そしてとうとう得失点差ゼロ。どんぐりのナントかではありますが5位だしよく見りゃ勝数なら2位で総得点も2位。

総得点2位で得失点差ゼロってどういうことよ

そんなわけで“事件”後初のホームである次節大宮戦に改めて謝罪とのことですが、私もあんな大事な試合である横浜FC戦に行けなかったのでこの場を借りてジュビロ磐田に謝罪。ごめんなさいジュビロ磐田、サポ失格ですホント。でもこれからも勝手に応援させてもらいます。


PS ジュビロ磐田選手一同様
とりあえず「前田がいると型が出来る」とかはカレンがへこむので言わない方向で


2007.6.18


■菊地・・・・・・・・・・・・・・・   
なんと愚かな。女子高生に淫行で逮捕とはなんと愚かな。
これを書いている時点で詳報は伝わっていませんが、本人も認めているとのこと。5月下旬ということは犯行後も試合に出ていたということか。しかも海外移籍を含めた交渉をクラブ・代理人としていたということか。
あれだけの才能がありながらあの程度の選手にしかなれていなかったということはこういうことなのか。ある意味では人間として最も卑劣な犯罪。おそらくはどう考えてもクラブは解雇されるだろうし、サッカー界からも永久追放となる可能性が高い。数年後に万が一復帰が認められたとしても磐田でのプレーはありえない。
磐田、清水、サポ、スポンサー、すべてのサッカー関係者、家族の顔に泥を塗った。磐田にとってはJ2堕ちよりも恥辱的な泥を塗られた。そして被害にあった女子高校生には一生消えないだろう傷を負わせた。様々な意味でクラブ・選手に与える影響も計り知れない。犯罪が犯罪だけにクラブに対するペナルティーも重大なものになりかねない。
誤解を恐れずに言えば、“学校を早退して”帰宅途中というところと、同日夜に届け出て免許証まであってすぐ犯人が確定できるのに、何故2週間経った今頃になって逮捕なんだというところに多少の引っかかりはありますがそれとこれとは別問題か・・・
正直当方もパニック状態でおつむが回りませんからこのへんで・・・。



というわけでことがことだけにアンケートは中止です



2007.6.13


■兼高かおる世界の旅       アンケートよアンケート 
渦中の菊地。サポの期待も高かっただけにレンタル先の古巣とはいえ惨敗直後に新潟の移動バスに乗り込んだり、契約切れを睨んで移籍希望したりでサポの不信感は募っている模様。そもそも入団時もフェイエノールトと契約かどうかですったもんだの末に入団したわけですし、かねてから海外志向なことは周知であります。
先日個人ホームページを開設したところで「あ、いよいよだな」と皆様感じていたと思いますが、この6月でやっと契約が切れるわけで、“あの”代理人田辺の下、ここぞとばかりに移籍に動いているとのこと。他の面子も見てていただければもうこりゃやることは決まってるわけで。ちなみにカレン・太田も同じ事務所だったりするんですが。

というわけでサポの皆様としても思うことは多々あるだろうと、ここで一発アンケートを敢行

菊地直哉 欧州移籍どうよ

サポの皆様のきたん無きご意見お待ちしております



2007.6.11


■得失点差0への道程   ジュビロ磐田 6 - 1 ヴァンフォーレ甲府
ホームでの無様な新潟戦でリーグ戦3連敗と、アジウソン解任派もここぞとばかりに意気盛んになったところで6-1と豪快に土俵際でうっちゃり。高見盛かお前は。ふた昔前なら栃赤城かお前は。
実際、渦中の菊地が言うように「点が入っただけでそんなにいいゲームでもない」と言うのも事実ではございますし、茂原がいたらとかバレーがいたらとかその他もろもろありますが、とりあえず正念場で6-1などというスコアで勝てたということを素直に喜びましょう。うれしいときは素直に喜び怒るときは素直に怒ることができる。どんな無様に負けたところで何の反省も修正も練習もせず酒を飲んでクダを巻いていられるというのもサポの醍醐味です。
ま、実質前田の1トップですが、1がカレンでなくて前田ということだけでこうも型が出来るのかというかなんというか。こうなると前田・カレン2トップデフォ最強説もトーンが弱くなってしまうわけですが、それでも当方は前田・カレン2トップを所望いたします。ま、要するに面白いサッカーしてリーグ戦年間30勝くらいしてもらって、たまにカップ戦に優勝してもらえればそれでいいんですけど。

PS  若人たち
 ・ 先日の爆勝につづいてどんな強さだよ
 ・ どんな弱さだよ


2007.6.10


■必死にいいとこ探し   
暗い話題ばかりの磐田ですが、たまにははるか彼方に見えるかすかな光明のような話題。
先日U-15候補に海田、鈴木が選出されたのに続きU-18候補にコースケ、須崎、押谷が選出。コースケは当然として久々の須崎にまさかの押谷。最も期待していた原田開が文字どおり“伸び悩み”してしまったのが残念ではあります。
ちなみに4月のトレーニングキャンプではGKの赤堀も招集されているわけで、実は今年に入り数回にわたりほとんど違うメンバーを召集していますから“とりあえずいろんな選手呼んで目の前でチェック”みたいな感じではあります。しかしそれはそれでそれなりの物を持っているということには違いありません。ま、がんがれ。
で、よくよく面子を見渡してみると昨年までユースに所属した松本拓也の名が。期待されたGKであり能力は高かったわけですが、運悪くマツケン、八田の存在もあってかトップ昇格はならず。おそらく二人のうちどちらかがいなければ昇格していたであろうとも思われますが、順天堂大では1年にしてすでにレギュラーを獲得した模様です。ちなみに磐田を退団して同じく順大に進学した岡本もレギュラーを獲得した模様。
で、結局Jで活躍するのはトップに昇格できなかった松本と、クビになった岡本だったりする罠・・・


2007.6.7


■恋のマジックポーション   U-22日本代表 3 - 1 U-22マレーシア代表
3点が3点ともに初代表初ゴールて

うちのカレン師匠に申し訳ないと思わないのか。

というわけで外しまくりの萬代にはカレンと同じニオイを感じたのですが、あろうことか初代表でPK蹴らせてもらえるなんてアンタ。大熊時代から相変わらず人身御供を悶々と続けるカレンにも今度は蹴らせてあげてください。“ロスタイムの決定的ピンチに一人最前線からゴール前まで戻ってクリア”なんてさせてないで。
あ、反町さん、コータはカレンよりDF下手でごめんなさい。
で、とりあえずGKは山本がアレならマツケンだろオイ
ま、U-20W杯終わったら林が上がってくるんだろーけど
ちなみに
NHK解説 山本昌邦
フジゲスト 高原直泰
いやあ違局で三島出身師弟対決と磐田系大活躍   「(´へ`;)


2007.6.7


■俺たちの松木       日本代表 0 - 0 コロンビア
試合内容はさておきまたもやア○全開のTV解説松木さん。
今更とお思いでしょうが現地観戦、および音声消しTV観戦の方のためにほんの一例をご紹介しましょう

例 1 ゴール前でDF裏に走りこんでシュートを狙った高原に対して
   セルジオ : 走る角度、体の向きがシュートするには難しい
   松木 : いやぁ、今年は難しいシュートも決めてますからね!
セルジオが言いたいのは、もっとボールを受けやすくてシュートもしやすい角度があるだろうと、空いてるスペースに走るだけじゃなく使いたいスペースを空けるための工夫もあるだろうと、チャレンジするのは大事だが、より簡単に確実に決められるための工夫も必要だろうとか言いたいのではないかな

例 2. 型は良かったが決定機まで持ち込めなかったとき
    松木 : いい型でボールが回ったから周りを見る余裕が無かったんでしょう
    セルジオ :  ・・・・・・・・・・・・・・
 
いやだからこそ余裕があるはずなんだが。百歩譲ってそんなときにテンパってるようじゃしゃーないだろと。草サッカーで“普段はGKだけどMFやってみました”なんてわけじゃねーんだからよ。

いやあ、こんな人でもS級ライセンス持てるんですよねS級

◆ついでだから少しばかりS級の“S”をを考えてみた
 ・サイテー のS
 ・サイアク のS
 ・チョ〜うぜ、チョ〜さいあくぅ〜 のS
 ・ある意味スペシャル のS
 ・sent off  のS
 ・sham  のS
 ・shame on you  のS
 ・son of a bitch  のS
 ・sacrilegious  のS
 ・Sez you !  のS
 ・そりゃないぜセニョール のS


2007.6.6


■オシムinエコパ       日本代表 2 - 0 モンテネグロ
エコパで代表戦なんぞが行われましたが、かつては代表戦とあらば北へ南へ東へ西へとかけずりまわった当方もまったりテレビ観戦。ていうかそのころって東京か大阪しか代表戦なんて無かったですが。一時期は毎試合満員だった代表戦も平日とはいえ磐田と大差ない観客動員。ま、それが正常じゃないかね。
しかも磐田的にはヨシカツサンしかいないわけで、さらにそのヨシカツサンもベンチ入りすらせずそういう意味でも全くもってモチベーションもあがらず。かつてのように「何で呼ばねぇんだよ」などというう状況ではなく、今の磐田勢が代表にいたところで何も出来ないというか「足を引張るだけだから何もするな」みたいなもんですが。
しいてあげれば高原と矢野という元磐田(下部組織含)がいましたが、矢野に関しては清水における菊地のようなものなのでどうでもよく。ま、高原の“格の違い”だけはそれなりに感じることは出来てそれはそれで美味しゅうございました。いつでも磐田に帰ってきてくれていいですから。ていうか帰ってきてホント。

PS  昨今の磐田に憤懣やるかたないあなたのストレス解消に
 ・ その1
 ・ その2
 ・ その3  
   ※その3は実行ファイル( .exe )ですが危険ありません。
    不安な方は開かないか保存してからファイルをウィルススキャンとかしてくださいまし
 


2007.6.2


■どんだけー、ホームなのにどんだけー   前は昌邦 2 - 4 前は反町
すっかり寝過ごしてキックオフに間に合わず、スタンドに入ったと同時に先制点を奪われた勝利の女神のJubilo maniacsです、どうも。
ホームで負けるということ自体が本来あってはならないわけですが、あろうことかホームで4失点の逆転負け。まったく周りを見てないし考えてないし走らないし軽率だし。もう全部やれなんていわないから考えることが出来ないなら走れ、走れないならよく見てよく考えろ。ヘタならヘタで必死こいてやれ。西に対して申し訳ないと思わないのか!! そんなこんなでどう考えてもまだまだだけど、とにかく頑張るケンタローをオジサンは応援しようと決めました。

で、ヒデトさんまだ?

というわけでホームで連敗というか普通に3連敗ですが、とりあえず中断期間がありますので2週間は3連敗で止まっています。ああ、よかった。幸いにして弱小クラブには代表も1人しかいませんので、怪我人はしっかり治して、ちょっとなんかあるとすぐイタイイタイ言う輩は甘やかさずにケツひっぱたいて、少しくらいはじっくりと修正してください。
とか言いながら寝過ごしてキックオフに間に合わなかったという某サイト管理人が偉そうなことも言えんわけですが

■本日の収穫
・ 田中誠復帰
・ パラナ初ゴール
・ 加賀健一J1初ゴール       ま、守備はアレでしたけど
・ アジウソンにしては攻撃的交代     結果はどうあれ
・ 前田遼一復帰
・ 11分間の前田&カレン2トップ
・ 20分間の前田&中山2トップ
・ 漫才協会元会長といえばコロムビア・トップ

PS 新潟様へ
GKは野澤でお願いします。
ただなんとなく楽しそうってだけで他意はありません


2007.5.28


■クソガキはいいとしても   ホーム負け無し 2 - 3  5戦負け無し
朝っぱらからサッカーしたらグラウンドにラインカーが一台しかなくて結局1人でライン引いて腰が痛いなあと思ったら試合の方はもっとイタくて急いで帰って支度して行ったり来たりで合計2時間運転してまた腰が痛いなと思ったらなんだかフリーゾーンに中学生動員かかって相変わらず会場整理がグタグダでやる気のかけらもないなと思ってたら試合のほうもグタグタになっちゃって追いついたと思ったらその後やっぱグダグダで結局3時間以上も硬い椅子に座ってたらマジで腰痛で急いで帰ってまたサッカーやりに行って久しぶりにFWなんかでプレーしたらプレーぶりがやっぱりイタくてやっぱりオレはGKだと思ったけど朝の試合のプレーを考えたらGKもどうなのかと心を痛めているごおるきいぱあ@JUBILO MANIACS管理人です。 導入長ぇよ。
というわけでこれでJ2からの昇格組に4戦全敗。神戸戦不敗記録もなんとなく出来かけてたホーム不敗神話もリーグ戦連敗無しという記録もあっさりストップ。
なんとも両チームともにリスクマネージメント力ゼロというか軽率というか。もう2日も経っちゃったんでくどくど言いませんが。
ま、ニアサイドが相も変わらず圧倒的に弱くても日本代表でその割りに「序盤の失点がすべて。決めるべきところで決められなかった」ってことでニアサイドにまったりと叩き込まれといてなんか責任ゼロみたいなGKがいて、さらにJリーグ通算得点記録更新中だったり、4連続ハットトリックでギネスなんかに乗っちゃったけどシュートが遥か彼方二階席を越えてしまう元日本代表FWがいるジュビロ磐田をJUBILO MANIACSは応援していますよ、ええ、してますとも。
PS ジュビロ磐田 会場係様
列後ろの動員中学生に「はい急いで〜」って言ったって先頭をさっさと座席につかせるなり、あらかじめ学校側と連携とって人数計算して区分けして入場させるなりなんりしなきゃどうにもならんよアンタ。中学生も「私らに急いでって言ったってね〜」って言ってたよ。そりゃそうだ、そりゃそうだもん。


2007.5.22


■モッタイナーイ   コロッケ 1 - 2  モツ煮込み
どんだけ鹿がホームで勝てなかろうが、例え磐田が万が一にもアウェイ全勝で臨んだとしようが鹿島国では勝てません。定説です。
つーわけで ワンガリ・マータイさんが「モッタイナーイ!」と叫びそうな試合でございました。願わくば11人対11人で最後までやりとうございました。大岩退場の瞬間、「あ、こりゃやばい」と思いましたが、やはり予想通りドン引きの鹿相手にウダウダとボールを回させられているうちに一発決められるというまさにThis is 鹿島戦。
前田・カレン2トップデフォ要望以外には基本的にアジウソン戦術・起用には物申さぬ姿勢でおりましたが今回は一言。監督自身が相手に合わせる戦術・システムと公言しておりますが、その弊害がまた大きく出た試合でございました。
鹿戦は監督自身も「予想外だった」といっておられますが、相手を意識するがあまり、予想外のシステム・戦術を取ってきた場合にパニックに陥り、修正しきれぬ間に失点。相手を意識し過ぎるあまり、相手に”合わせて”しまって押し込まれる。またもや負けるときの定番ではございました。試合が始まる前からのリアクションサッカー。
相手のことを考えるのは至極当然ではありますが、相手に合わせてはいけません。かつてはむしろ相手がこちらを意識し"合わせてくれた"わけで、こちらとしてはベースを変えずにあくまでも自分達のサッカーをやり、細部だけをアジャストしていくというやり方だったわけです。当然のことながらそれ相応の実力も必要なやり方ではあり簡単なことではありませんが。
無論かつてのようなチーム力が無いのもわかっておりますし、臨機応変に対応する力などないことは百も承知でございます。それもあって最初から相手にアジャストするやり方もとっているかとも思います。かつての磐田のような百戦錬磨のつわものぞろいであればそれを飲み込んだ上で自らアクションを起こすことも出来ましょうがさすがに今の磐田にはまだその力はありません。
ま、現戦力で6勝5敗、まだまだ上位との差も少ない訳で(下位とも少ないけど)決して悪い成績ではございません。ある意味現戦力で若手を使いながら育て、さらに勝点3を獲っていくというなかなか難しい目標への現実的な”落としどころ"なのかもしれませんが、アジウソンならば磐田のサッカーとはなんぞやと我々以上に理解しているはず。いま少し磐田のサッカーのアイデンティティとはなんぞやと、磐田としての軸をぶらさないことを考えていただけないかと思うしだいです

あ、とりあえず林オメ


2007.5.13


■重要告知  
忘れているというかそもそも知らないというか、いやさ心の中でなかったことにしている方もいるかもしれませんが
5/9は ホーム磐田にて
ヤマザキナビスコ杯 大分戦です
公式トップでのチケ販売状況グラフはきれいにオール1。当日販売はなんと磐田にして13,000枚という未曾有の発行枚数。そもそもリーグ戦でも13,000入ら以下自粛
すでに敗退が決まっているナビスコ杯ではございますが、GW連戦の疲れをかんがみて若手サブ組の登用も考えられます。テレビ中継もございませんし、ここはひとつ若手の躍動・・・する姿をスタジアムでご覧いただければと思うしだいです。
と言いながら実は当方も”いこっかやめよっかどっしよかな♪”などと考えているわけですが、てんとう虫が常に上に上に上っていくように、もはやDNAに刻み込まれている習性はいかんともしがたいものと思われ、当日夜になれば気がつけば磐田にいるであろうと思われます。


2007.5.8


■「アジウソンはいつもうるさいから気にしてないです」 by菊地   
   
 国分寺最中 1 - 0 ういろう
たのむから東海ダービーとか言うのやめてくれ。誰もダービーなんて思ってないから。ウチは清水とやりますから(ちょっと前は鹿との"日本ダービー"とか"クラシコ"などとも呼ばれましたが双方面影もなく)、名古屋さんはFC岐阜さんとでもダービーやってくださいな、なんなら下のカテゴリーで。
というわけでお互い中位力のなせる業か、グダグダの試合にさらに輪をかけるグダグダのレフェリーも、カレンのびゅーてほーなゴールで名古屋に約3年ぶりの勝利。クロスに飛び込むゴールしか記憶にない昨今でしたが、スルーパスからダイレクトでアウトにかけて決めるなんて久しぶりのすっきりサプリ。ま、そのシーンだけですけど。
名古屋に勝つのが約3年ぶりなどということ自体が本来信じがたいことなわけですが、そういえば長いこと勝ってないなともやっぱり思っていたわけで、磐田の力は現実としてそういうことだということですか。とはいいながらも今季いまだリーグ戦は連敗ナシでホームは全勝。ホームで勝つということはある意味クラブとして絶対のタスクでもあるわけで、なんだかんだ言いながらもよく遂行してるということですね。内弁慶大いに結構じゃないのさ。

PS 
5/5はお気楽親父の誕生日


2007.5.6


■○カな子ほどカワイイ  国分寺最中 4 - 2 もみじ饅頭
3週間のご無沙汰でした。あんなことやこんなことがあって更新できなかったわけですが、ここに書くことも出来ませんのでさらりと流して下さいどうぞよろしく。
というわけで遅きに失しましたが広島戦を振り返りますと、夢か幻かケンタローがMOM。中山様いわく「喜び方がカッコ悪い」ということですが、何をもうされますか。とにかくパフォーマンスをすることばかり考えていたり、それこそかっこよく見せることばかり考えていたり、はたまた「この程度で喜ぶなよ」とクールを気取っていたり。そんなことより素直に自分の感情を爆発させてはしゃぐケンタローのなんとカッコいいことか。
ここ数試合の連続出場であきらかに成長を感じさせてくれていたわけですが、さてこのまま一気にブレークするか否か。ベテラン元代表DFさんたちもうかうかしていられなくなりましたよ、ていうか力でポジション奪うくらいの気概でいけケンタロー。
◆珍しい光景 広島戦
・ミス連発のファブリ
・カバーされるんじゃなくてカバーするケンタロー
・インターセプトされるんじゃなくてインターセプトするケンタロー
・体を張る成岡
・ゴール前のクロスにFW2人が走りこむなんて
・何よりも4得点て
・4得点て4得点て
◆いつもの光景 広島戦
・怪しげなコータの守備
・怪しいトナカイの守備
・2人に激怒するヨシカツさん
・いやいつも以上だったか
・パラナのポイントを抑えた守備
・攻撃にはほとんど絡まないパラナ
・試合前のサイン会に励む元代表ディフェンダー
・スカスカのスタンド


2007.5.2


■今回の負傷退場 成岡 (キタコレ本命)   ヘリ輸出 1 - 2 リコール隠し
今季1番の試合内容でございました。
でも負けました。
・勝つことで自信がつき、成長し、チームは結束し強くなる
・どんなにいい試合をしても勝たなければ意味がない
・内容のない勝利は後には続かない
何が正しいのか何が間違っているのか、おそらくどれも正しくどれも間違い
今の磐田を取り巻く内外の状況は厳しくかつてのような磐田が戻ってくるとは正直思っておりません(不謹慎ですかね)。いやでもおそらくそれはJのどのクラブでも不可能に近いともいえると、それほどのチームだったと。
しかしかつての勝てなかったころの磐田から強い磐田への成長を見ている私としては、指針をぶらさない、そして闘う姿勢を貫くこと、これがやはり磐田にとって最善の道ではないかと思えてしまうわけです。
戦術だのなんだの細かいことを言えばいくらでも言うことはありますが、さいたま戦、よくやりました。ただ闘う気持ちがあったとかなかったというだけでなくよくやりました。その意識・姿勢、忘れないでください。かっこよかったわみんな。


2007.4.8


■ホッカイロ持ってって良かったよ   右近 0 - 1 奥寺
お約束だけど言ってしまうと  「気候も寒けりゃ試合も寒い」
ま、「寒さ」「横浜FC」「カップ戦」「チーム状態」ということを考えれば8,896人の集客は悪くないような。
というわけで思ったよりは客が入ったものの、アドリアーノの自称「狙った」シュータリングが決まってまたもや高木豚也に敗戦。これでJ2昇格組に3戦全敗。次節リーグ戦さいたま戦に勝てば「弱きを助け強きをくじく」ということでそれなりに格好もつくわけですが、負ければ「要するに普通に弱い」ということになりますのでひとつよろしく。
◆収穫
 ・トナカイは走っていた
 ・ケンタローの頑張り
 ・一応ゴンVSカズ実現  何の見せ場も無かったけど
PS ジュビロ磐田様
ユースがスタンド観戦しておりましたが・・・
 ・横浜を応援しているものがいた
 ・自クラブのトップ選手を全員呼び捨てにしているものがいた
 ・食べたものをそのまま放置して帰ったものがいた
もう少し教育したほうがよろしいかと   
 


2007.4.5


■サッカーなんて知らない   常葉菊川高 6 - 5 大垣日大
常葉菊川高の選抜高校野球初優勝にすっかり舞い上がっておりサッカーのことなど脳内には欠片もないJUBILO MANIACSですどうも。
常々友人には「死ぬまでにもう一度 (1978年の浜松商以来) 甲子園で静岡県勢が優勝するところを見たい」と言ってきた私ですが、優勝したからといってやっぱり死にたくはありません。だって絶対優勝なんてないと思ってたんですもの。というわけで次は「死ぬまでに一度夏の甲子園で静岡県勢が優勝するところを見たい」に都合よく変更です。これならまず無いと思いますので僕は死にまっしぇん。
さてそんなこんなではありますが、どうやら4/4には横浜FCとホームで試合があるらしいです。ま、常葉優勝したからどうでもいいやもう。わっはっはっは。たぶん4〜5千人程度の入りだと思いますので可哀想だから一応スタジアムには行ってあげます。
PS ガスサポ様へ
福西さんが痛いとか痒いとかおっしゃられているようですが、あくまでも仕様です。このようなことは年数回必ずございますのでご了承ください。


2007.4.3


■パブロフの千葉犬     ヤマハ発動機 1 - 0 古河電工
スタジアムに入ると共に目に入ったのは満面の笑みで子供にサインをするヒデトさん。もうこの時点で試合オワタみたいな。てことはケンタローか、ケンタローなのか!?
挙句の果てに試合中にマコまで負傷。メディカルの出した×サインにもう今度こそオワタ。茶野か、茶野なのか、ケンタローと茶野のセンターDFか、遠藤&パウスみたいな組み合わせじゃねーか。
と、なるとどこをどう考えてもアワワな失点の末の無残な敗北・・・を創造してくれようわけですが、ジェフさんの多大なご協力のおかげを持ちまして完封勝利。ほとんどチャンスらしいチャンスも無く見事なカウンター一発。ま、とりあえず太田FWはふんづまる元凶なのでさっさと横に出したらどうかなパパ。得点シーンが太田の最も効果的な使用法を如実にあらわしてるとも思いますが。

で、4節終了時点でふと気づけば・・・さいたまさんの上にいるよ!ママ! 川崎さんも僕達より下だよママ! トヨタさんと日立さんが上にいるのはナニだし、あんな試合内容だけどなんだかんだ言って5位だよママ! たぶん今年の最高順位になると思うからこの画面は保存したほうがいいよねママ!
PS
選抜高校野球での常葉菊川高校の快進撃にカワムもさぞお喜びのことかと存じます。主な卒業生として名が挙がるということは我々磐田な人が考えている以上にカワムにはJリーガーとして一応のステータスはあるのかもしれません。でもやっぱり我々にとってカワムはカワムなんですが。


2007.4.1




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ