トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2007年7〜9月        2007年4〜6月
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■中山に気を使う童子さん              YFC 3 - 0 YFC
とりあえず対横浜FC永遠の負け越しは避けられよきかな。ま、冷静に考えて相手が相手ですから当然といえば当然ですが、その当たり前なことも出来ていなかったわけで。ただしこれは成長とはいえるものでなく、まだまだ攻守ともに初歩的な課題からして山積み。あくまでも“軌道修正が出来つつあるのか・・・な?”というレベルであることは忘れてはいけません。※軌道がずれたのは昌邦さんやアジウソンだけのせいではありませんわよね。
しかしですね。妙にすんなり勝たれると・・・ネタに困るんですよ実際。その辺少し考えていつもみたい終了間際に失点とか退場とかしてくれないと。オチが無いんですよオチが。茶野さんのジャンピングボレー? オーバーヘッドくらいでないとネタにはなりません。勝矢さんのジャンピングボレーなら爆笑モノなんですけど。ハエギワ王子の素晴らしい2ゴール? 確かに素晴らしいですが、いいプレーはネタになら無いんですよ。
というわけである意味負の因子しかネタに出来ないようになってしまった悲しいJubilo Maniacsですが、誰がアタイをこんなアバズレにしたのさってハナシです。そもそもサッカーにオチなんていりません。


2007.9.29


■4th challenge                         VS 横浜FC
9/29は横浜FC戦です。本年度4度目の対戦であり、もしかしたらJリーグ最後の対戦になるやもしれません。だってほらアレだし。などといいながらもそんな横浜さんに1勝2敗と負け越しているわけで、このままでは対戦成績が永遠に負け越したままになる恐れがあるのです。そんなわけでこの一戦なんとしても勝たねばなりません。
ま、それは別としても内山ジュビロとしてのホーム初勝利がかかり、さらに単純に考えて相手は3勝2分21敗の最下位。絶対落とすわけにはまいりません。しかもある程度の内容を伴っての勝利が要求されるところです。ゴンVSカズとかこの際どうでも良いからビシッと勝ってください。
ちなみに今回のサイン会要員はパラナと森下。出場停止のパラナ分MFに空きが出来たので前回仏頂面サイン会に臨んだ成岡はベンチ入りか。トナカイは!?と思ったら・・・あ、断幕要員・・・。


2007.9.28


■意見書を右から左へ受け流す      磐田 1 - 1 アホ
ベンチを見るとどうしても柳下氏が監督に見えてしまう人ぉー 手ぇ挙げてぇー。

というわけで毎度おなじみ終了間際の失点でしたが、皆様の意見をまとめると
「ま、とりあえずガンバ相手に引き分けならいいんじゃね?」
てなところでよろしいでしょうか? ワンタッチシューターに変貌しつつあったカレンの“突破からのゴール”も見られたことですし
なにやらガンバの方々は終了間際のプレーについて不可解な判定に意見書提出だのなんだの騒いでおられますが、不可解なのはむしろあちらさんの思考回路。そもそもバレーの田中誠さんへのエルボーにおとがめがなかったり(おかけで中山のバースデー出場も消えたしよぉ)、二回目の警告をホームのロスタイムに大したことも無い“遅延行為”で出して退場させたり、ホームが1点差で勝っていてロスタイムを5分採るなどというある意味他国ではなかなかありえないことがあった上でのことなわけなんですがお分かり? 
ていうかそんなこと言う前にあのゴール裏のノータリンどもを何とかする方を先に考えた方がよろしいんでないですかね、行く先々で迷惑かけて。意見書だの何だの言う前にリーグと磐田に謝罪してノータリンどもへの処分をするほうが先でないのかい? それからあらためて判定に対す意見書っていうならまだわかるがね。
ノータリンどものホーム・アウェイ入場禁止は当然として、事と次第によっちゃあ罰金どころか勝点没収とか万博数試合使用禁止とかクラブそのものにおとがめがあってもまったく不思議でないことなんですけど。自民党の非常識人麻生さんに言わせれば「xxxxxxxでもわかる」とか言われてしまいますよあなた。ていうか麻生さんでもわかりますわよ。
正直言えば増長する一方のさいたまさんに優勝などはさせたくは無いわけですが、こういう馬鹿どもを見るにつけ「ガンバならさいたまさんが優勝する方が良いや」と思うようになりますよ。我々だけではなく他サポも選手もね。さいたまさんは毎度お金落としてってくれるし。


2007.9.24


■二匹目のどぜう    
静岡の至宝と呼ばれる(誰にだよ)久保ひとみが実は浜松商出身ということでヒデトさんの先輩であり、それよりも何よりも何気に当方と同時期学校に在籍していたことを知り少なからずショックを受けている ごおるきいばあ@Jubilo Maniacs管理人です こんばんみぃー。内山ジュビロの船出を平気でスルーとはわれながらさすがだと思う今日この頃です。
さて昨季は監督交代後にどういうわけかガンバ、さいたま、川崎などを次々となぎ倒し上位キラー(つまりは磐田が上位ではないというわけで)としてリーグをそれなりに盛り上げましたのも記憶に新しいことかと。今季もまた監督が交代したわけで σ(-_-#)  昨季の二の舞再現を期待されている方も多いかと存じます。
ただし今季につきましては、良い悪いは別として昨季の“まずはとにかく勝つこと”を優先した対処的療法とはおそらく違う方向性であろうかと思いますので、あまり期待しないほうがよろしいかと思いますわよ皆さん。つーかそんなに上手くはいかねーってよ。「金は使わずに若い選手を使って育てながら要所はベテランの力をうまく使い、磐田らしいエレガントなサッカーでガンガン点とってきっちり毎試合無失点で連勝街道まっしぐら」なんて出来ません。これで勝てねーからってとりあえず内山解任とかは言いなさんな。
しかしそのですね、大宮戦を見るにつけですね、コータの適正というものを再認識させられたなと。コータの心の声さて成岡さんはどうするかね。


2007.9.21


■小笠山の悲劇から一夜    ありがとう、そしてさようならアジウソン
エスパ戦の衝撃的な敗戦から一夜、予想通りアジウソン辞任
スタジアムに来もしない解任派の皆様おめでとうございます。
9/2現在ほぼ5割の勝率。優勝争いとはいかないまでもチョット頑張ればまだ5位くらいまでは十分可能な位置。よく考えればそれで“成績不振”というのもある意味なんだかな〜みたいな気もいたします。ま、ちょっと前までの“過去の栄光”がそうさせるのでしょうし、戦績以上に無残な負け方を繰り返したり、正直ちょっぴり?な選手起用や戦術といったものに「未来を感じられない」といった印象が非常に悪かったというのも事実ではございます。
ただし我々サポーターとしては、ジュビロ磐田はいわゆる“ビッグクラブ”には絶対なり得ないということを今一度肝に銘じておかねばなりません。ま、“サッカーにおける日本”という程度の国であれば、決してビッグクラブではなくとも国内において優勝を常時争うようなクラブで在ることは不可能でないことも確かでございます。だからなんとかがんがれジュビロ磐田。
しかし監督という役目と立場上当たり前といえば当たり前とはいえ、前任の昌邦さん、さらに前任のヤンツーさん、そして今回のアジウソンと、クラブの歴史に名を残す功労者がこうしてクラブを離れていくということは辛いもの。結果はどうあれ磐田の窮地に地球の裏側からやって来て必死になってクラブを立て直そうとしてくれたということに対して心から敬意を評したいなと。どうかアジウソンにはこれで嫌にならずにまた磐田に遊びに来てもらいたいと心から願う次第でございます。ポルトガル語はわかりませんので月並みな言葉になりますが心から

Muito, Muito, Muito Obrigado Adilson

活躍した選手が監督としてクラブへ帰ってくる。とても嬉しいことで素敵なことですが、こういう思いをすることも多いのが身内人事の辛いところ・・・


でも我々は前を向かねばならないよ


というわけでまたもやマサくんの出番か・・・とも思いましたが、ある意味普通に内山篤コーチが“指揮を取る”とのこと(監督就任との表記は無いが・・・)。言ってるそばから毎度おなじみの身内昇格人事でございます(来季は外部から呼んだ方がいいとも思うぞ)。
それよりも何よりもサプライズはヤンツーさんこと柳下正明氏のコーチとしての復帰。もちろんそれはそれで非常にうれしいわけですが、なにせ退団の経緯が経緯だったものですから正直驚き。フロントがヤンツーさんにどうやって謝ったのか、土下座したのか、それとも磐田のフロントらしくなんとなくお茶を濁して首を縦に降らせたのかとか。それでもヤンツーさんが復帰したということは“もう優勝はとりあえずいいからとにかく若造の性根を叩き直せ”的な方向へ向かうのかなみたいな気はいたします。




で、来季は柳下監督、内山コーチになるとかなんとか ( ̄_ ̄ i)



2007.9.2


■どっかに(全盛期の)服部落ちてませんかね 
ヨシカツさんがオーストリア遠征の代表に選ばれたようですが、代表のことなどこの際どうでもよいわけで、むしろ誰も選ばれずにミっちゃんミチミチみっちりとクラブで練習していただきたいというのが偽らざる心境でございます。
で、アジウソン批判も強まる中、9/1はダービーでございます。ま、ホームいうても相手は同じ静岡をホームとする清水でございますし、磐田ならまだしもエコパでヤル分にゃホームもクソあったものではございません。さらに“ホームに強い”と申しましても上位(さいたま、新潟)相手のホームではきっちりと完敗。清水は現在4位なわけでぇ。
さらにコータはいいとしても ( 誰が出てもわずかでも左サイドの守備力向上は見込めるかも ) ファブリシオが出場停止 ( 太田スタメンの可能性は高まったりしますが)。かくなる上は “ダービーは順位や調子は関係ない” という通説に頼る以外ないわけですが、そんな通説も通用しないと思われるのがジュビロ磐田のような気がします。

誰か助けて

このダービーに負けたらマジでアジウソン辞めるかもしれません



2007.8.31


■サッカーが15分のゲームなら   ヘタレ 1 -  4 早野解任とか言ってたくせに
ありがとう栗原さん 加賀 said


いえいえこちらこそありがとう成岡さん 横浜 said


またそんなポストプレーありがとう田中さん  ジロー said


つーかもうゴチになります磐田さん♪  横浜 said

つーかもう(   )いいかげんにしろよ  磐田サポ said
 
 ※( )内は各自お好きな言葉でご自由にどうぞ
J's GOAL ウイイレシミュレーションは0 - 0の引き分けだったのに
加賀が得点すると4失点惨敗という神話  2試合だけだけど。


2試合もあれば充分じゃボケ

アレでもカレンも中山も出さねーのかよ
てかそもそもカレンベンチ外かよ


そろそろマサくんの出番かなとか


2007.8.29


■ヨシアキ オレ               磐田 2 -1 甲府
とりあえず大多数サポの心の声を当方が代表して

ラドンチッチがスタメンだったら負けピー

でも勝ったからいいや


ついでに一部右翼サポの声として

太田ベンチってアジウソンテメ辞めピー

でも勝ったからいいじゃん・・・か?


当方もスタメン見たときゃそれは複雑ではございましたが、一時的とはいえファブリシオ、パラナ、エンリケの3人様で中盤を完全制圧しているところを見るにつけ、かみ合ったらすげぇーんでねーのみたいな気はしないでもありません。
ま、そうは言ってもいまや中山の後継者として“磐田の心“への道をひた走るはずの太田がスタメンを外れるとなれば心中穏やかでないのも確かではございます。ああ、ジレンマ。
さらにたとえばDF、MF、FWにそれぞれ外国人1人づつとかなんとかであればどうという言うことございません。しかしMFといえばやはり代々磐田のストロングポイント。黄金時代のノスタルジーもあるとはいえ、ドゥンガ以降、名波、トシヤ、服部、福西、西(一応奥)で仕切ったMFに外国人3人となるとやはりこれまた心中穏やかではございません。「これで未来はあるのか」とか「ンなこと言ってる場合か」とかいろんな思いが、ああ、ジレンマ。
今後も“猫の目シフト”を続けていくことを明言したアジウンソン。スタメンがどうなるかはその日にならないとわかりませんが、今まで以上のハラハラドキドキ感をもって発表を待つことになりそうで。ま、一番ドキッとするのはトナカイがスタメンにいたときなんですけど。


2007.8.28


■ぎるがー めぇっしゅ        ヤマハ 2 -3 ジェフ古川
更新ネタはてんこ盛りだったにもかかわらず、5点取ってうかれてちゃいけないよと思ってあえてFC東京戦はスルーしていたわけですが、

素直に更新しときゃよかったなと

前節試合終了後のコメントで、終了間際の2失点を「仕方ない」としていたアジウソン。「それでいいのか? そんなこと言ってるから・・・」と思っていたわけですが、今回の終盤での2失点も仕方ないということでいいですかね。選手への言葉とメディア向けの言葉とは違ったかもしれませんが言うべきでは無かったのではないかと。その他にも今回は今回で負の更新ネタがてんこ盛りなわけですが、そんな気力さえありません。ま、とりあえずエンリケが一応使えそーかなということだけをよしとして無理矢理終了ー。


PS TBC様
リサーチが足りんよ、明らかに落選候補だったカレンを起用するなんて。代わりに平山いれときゃ3段オチならぬ4段オチになってよかったんジャマイカ。インパクトはあるぞ、ひとりだけアレなら。

さらにPS サッカー協会様
全日本ユース あろうことかガンバと同組。シードとか何とかねーのかよボケ。


2007.8.19


■素晴らしきかな日本代表     キリンC カメルーン戦メンバー発表
◆A代表
12人のみ発表。オシム翁さんは、アジアカップ後に故郷サラエボのことわざ、“同じチャンスは2度来ない”を引き合いに出し「2度のチャンスを与えてもモノに出来なかった人にはもうチャンスは巡ってこないかもしれない」と“次はない”ようなことを示唆。さらにメンバー入れ替えも事前に言明していたわけですが、蓋を開けてみればアジアカップで“チャンスを生かせなかった”はずの人たちがきっちりメンバー入り。つーことはあれですか、メンバー入れ替えは“1度のチャンス"も与えられなかった人たちってことですかね。「6試合もベンチ入りしたのに出場機会をモノに出来なかった」とかそういうわけのわからないことだったとかなんとか


◆U-18
SBSカップ全敗。昨年からトレーニングキャンプなどで膨大な数の選手をとっかえひっかえ招集して“味見”ばかりに時間を浪費。“チーム”としてのトレーニングをおろそかにしていた挙句がこの結果というわけで。勿論それだけでなく選手そのものが優勝した静岡ユースと比べてもその3分の1の覇気もありゃしないわけで。10月末には2009U-20W杯に向けたアジア予選1次予選がスタートいたしますが、これじゃ1次予選すら相当危ないのではないかとか。


PS M森様
エンリケ&ファブリシオ サイン会
“ブラジルフェスタに飛び入りの予定”って予告したら飛び入りになりませんてば。

ハッ! もしかしてファブリシオはブラジルフェスタに参加したいがためにわざと前節退場・・・とか。アニマウ”エジムンドはシーズン中でもリオのカーニヴァルのために試合を放棄してブラジルに帰国したわけで。


2007.8.14


■スタートといえば0-4         田中誠不在 0 - 4 クソガキ25才
試合と同時間帯にて私は私でサッカーやってましたんで試合見てません。
さて磐田はとうなったかとケータイで速報見れば

また0-4かよ

なにやら相も変わらずミス連発だったようで、選手コメントも毎度毎度同じものですのでまともに読む気もおこらず。ま、この結果は某広報が試合速報の「みどころ」に“五輪代表のエース、カレン・ロバート”などと嘘を書いてしまったことに対する天罰ではないかと思います
そんなわけで家に帰ってどういうわけかサッカー協会からいただいた試供品のキリンビールををがっつり呑んで爆睡しましたのでやっぱり試合見てません、つーか見る気もおこらず。あー、いろんな意味で頭イタイ。あ、キリンビールさんありがとう、おいしかったです。個人的にはエビスとサッポロがスキなんですけどサッカーにかかわるものならばやはりキリンです。
つーわけで今日は(8/12)は藤枝でSBSカップ。コースケ・須崎・開 (ついでに松本) VS 押谷・赤堀です


2007.8.12


■末広がりは尻すぼみ        ようこそエンリケさん
エンリケさん来日ご挨拶
特徴は相手の良さを消すことらしいですが、このデータを見ると相手の良さを消す前に自分がピッチから消えてしまいそうで心配でなりません。さらになにやら強烈なミドルシュートをお持ちとのことですが、“強烈かつ正確なFK”をついぞ見ないまま退団された方が約1名いらっしゃいましたので、この眼で見るまでは期待しないほうが賢明かなと。なにせ“呪われた背番号8”を背負ってしまったということで不安なことこの上ありません。
あ、ついでに前田さんもカンペ棒読みありがとうございます

惜しい2つ
全日本クラブユース準優勝。    ジュビロ磐田 2 - 4 ガンバ大阪
前半瞬く間の3失点て。後半2点返してもしかしてなんて思わせた直後に失点て。トップとユースのスタイルが一貫していて実に素晴らしいですねσ(-_-*)
ま、ようやった。全日本ユースで雪辱を! 
中山雅史オールスターMIP
空気を読まない若造GK(川島、菅野)に決定機を阻まれましたが最年長ゴール更新に加え、おそらく不滅の記録となりそうな最年長オウンゴール。オールスター、プロ、という観点から観客を最も沸かせたという意味では最優秀。テレ朝副音声でもランナーズ・ハイで釣男圧倒、ていうか独壇場。お見事。

やばい
カレン・ロバートの代表無得点記録に終止符がうたれるかも。なんかもう召集されないという意味で。ま、使える選手とか使えない選手とか申しますが、監督が使えないということはないですかね



2007.8.7


■All the Young  Dudes        吉田光範 4v-3 森山佳郎
共産党教育のせいもあるとはいえ民度の低い方々との試合は相変わらずいろいろあって。ま、あちらさんはベストメンバーでこちらは“主力”がごっそり抜けているということですから、アウェーで守りきって引き分けという意味ではタスク完了ということでOKでしょう。ただし今までのU-22の戦いぶりからして、その“主力”とやらが出場して本当にベストメンバーなのか相当怪しいわけですが

さてそれはさておきクラブユース選手権でのウチの若い衆は、天敵広島ユースをすったもんだの末にコースケ4得点の大爆発で破って決勝進出。一人多いのにロスタイムでアポーンな失点で延長とかそんなことは磐田にとっては日常茶飯時でたいしたことはありません。蛙の子は蛙ってことで  σ(-_-*)
決勝の相手はこれまたクラブユース界に君臨する前年度覇者ガンバ大阪。厳しい戦いになることは必至ですが、押谷君も予選リーグで弱いものいじめの荒稼ぎして、決勝リーグ無得点のまま得点王なんてちょっぴりサレンコっぽくてはこっ恥ずかしいと思うので、コースケに負けずにお願いいたします

で、そのユースの若い衆ですが、毎年恒例、“炎天下我慢大会”SBSカップに出場するU-18代表として須崎、コースケ、原田開が選出。さらに静岡ユースとして押谷、赤堀が選出されましたが、

J : 磐田から山本、須崎、押谷にU-18として出てもらうから
S : あ、やっぱそっすか・・・ 誰か1人くらい静岡にまわしてもらうってことは・・・
J : いいでしょ別に、以前と違ってこのメンバーで国体出るわけじゃないんだから
S : いや、でもほら、戦う相手にもある程度歯ごたえが必要っスヨね?
J : 静岡学園や藤枝東のメンバーは残してあげたじゃないか
S : え・・・でも磐田のメンバーいないとウチもきついんでぇー
J : 少なくとも山本は中心だから絶対U-18から外せないよ
S : やっばそっすよねー・・・ 、じゃせめて押谷だけでも残してもらえないかなーなんてね、えへへへへ。ウチも山本も押谷もいないとたぶん攻めれないっつーかグダグダっつーかぁ
J : せっかく波に乗っているんだから、代表としてプレーすることのほうが意義があるんじゃないかな
S : でもそっちはJリーガーもいるじゃないっすか。これで山本も押谷もなんてずるいっスヨぉ、大人げないっスヨぉ
J : うーん、しかしやはり代表優先で・・・
S : えっと、あっ、原田いますっ! 原田開っ! ほらいたでしょっ! U-15のころとかブイブイいわしてたヤツっ!
J : 原田? 原田・・・・・、あ、そういやいたね、磐田だったよね 
S : そうっスヨ! 原田にしましょ原田に! ね♪ね♪
J : あ、いやしかし・・・
S : けってーーーーーい♪ はい 原 田 開 っと
J : あ、いやでもねぇ君・・・
S : じゃ、どうもー! あざーすっ!!

などという会話が"J"と"S"の間でなされたのかどうかは定かではありません



2007.8.4


■夢見ることは自由        補強&来季入団内定
選挙権のあるみんな、ちゃんと投票してきたかな?

というわけで当方は正直誰が誰だかわかりませんが、とりあえず世間の空気を読んで投票してきました。朝イチ7時過ぎに行ったらジーさんバーさんばっかでやんの。あ、そういえば長崎の小嶺氏が落選いたしましたが、敗因は久間発言よりも平山の応援だったりして。

さてけったクソ悪い代表のことは忘れて磐田モードにシフト。皆様ご存知のように早々とユースからの昇格と、ブラジルからエンリケさんの入団が内定。どうやらボランチのようでございますが、どうせ外国人なら1人で何とか出来てしまうFW、サントスから第2のリィゴとしてホドリィゴ・タバタ(日系)でもとか。
ブラジル全国選手権の真っ只中にパラナに続いてまたもやフィゲレンセからバリバリ中心選手の引き抜きってことで、これが国内ならジェフみたいに粘着ブーイング受けそうな。

さて、それではそれぞれ考察していきませう。

◎ エンリケ・パシェコ・デ・リマ    フィゲレンセ公式
出場 ゴール 警告 退場
2007 全国選手権 9 2 4 -
ブラジルカップ 10 1 2 1
州選手権 10 - 3 -
2006 全国選手権 31 - 7 1
州選手権 17 2 3 1
77 5 19 3
          寝ぼけながら調べたので数え間違えてる可能性大
てなわけでパッと見ただけで大変気になる数字がございますね皆様。えー、カードキャプターみたいです。警告退場の多いこと多いこと。2007年はほぼ3試合に1回ペース。2006年は多少少ないような気もしますが、途中出場も結構多かったりしますのでそうでもなかったり。ま、ファブリシオもそんな感じなんで“かわりべんたんかわりべんたん”みたいな。
一応ボランチとのことですが、DFからFWまでイロイロやってるような。どこでも出来るのかたらい回しか、だれか教えてエロい人。契約が12/31までってところがなんだかファブリの動向次第とか、もし“そうなった”なら延長とかどうとかイロイロ勘繰りたくもなります。

◎ ユース昇格組
山本康裕 すでにJリーグにも出場。テンパりまくるトップ若手組とは対照的にすでに服部級の落ち着きを見せるボランチ。近い将来の磐田を支える人材としてすでにサポの期待も大。
押谷祐樹 昨季までは微妙かな・・・と思っていたところ今季急成長。プリンスリーグでの爆発というより暴発というほどの異様な決定力。またちびっ子ですけど何か。
須崎恭平 森下とかぶってるっぽいですが、当の森下の伸び悩みも含めトップのDF陣高齢化と層の薄さで当然のように昇格か。何気にボランチにも向いてるような気もしますが。
その他ではGKでは傭兵さんが今季限りの引退を表明していることもあり赤堀も昇格するかな・・・と思っていましたが、傭兵さんの翻意か他にターゲットがいるのかそれとも来季の大畑の昇格を見越しての現状見送りか。まさか山本が復帰するのか。Jrユース時は最も期待された原田開はやはり中島よりさらにちびっ子というところがさすがのちびっ子コレクター磐田にもネックか。
ま、シーズンはこれからですからその他ユース選手に加えそれ以外からの補強も当然考えられますので、今後のプレー次第ではまだまだどうなるかわかりません。ま、個人的には高原やトトみたいなFWとかアジウソンみたいなDFとか、服部みたいなDF/MFとか名波やトシヤみたいなMFとかが獲れればいいなあと思っています。


2007.7.30


■美しい国日本       アジア杯 3位決定戦 日本0 (PK5-6) 0 テーハミング
パスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパスパス

メディアの皆様 課題は「決定力」以前の問題ですよ。

というわけでTV解説では「疲労」ばかりを言い続けた昌邦さん。ええもちろん疲労しているのはわかってますよ、大変でしょそりゃ。厳しいW杯予選やら五輪予選を戦ってきた昌邦さんですから辛さも痛いほどわかるでしょう。しかし疲労疲労を言い訳にしていていいのですかね。そのなかでいかに頑張るかじゃございませんか?
次々と脚をつる韓国(時間稼ぎもあるだろうが)。昌邦さんは「日本人はJで鍛えられているから」と。果たしてそうですか? きついからつる前にセーブしちゃってるんじゃないのですか? 1人多いからと思っちゃってるんじゃないですか? 1人くらい足がつるくらいやってみなさいよってな話ですよ。あヽこの優しさ・甘さが磐田で成功しなかった原因かも・・・と思ってみたり。
「パスをつなぐ技術はアジアトップ」とも言っておられますが、百歩譲ってそうだとしますが、仕掛ける意識・技術は今大会参加国中最低レベルであったと言わざるをえませんのことよ


◆オシムジャパンで覚える日本のことわざ
◎馬鹿の一つ覚え
愚かな者は一つの事だけを覚え、それをどんな場合にも得意になって持ち出す。同じ事を何度も繰り返して言う人を皮肉った言葉。
どんなにフリーでも常に自分の近くにいる味方にそっと横パスを渡し続ける様
DFに寄せられると近くの味方にパスするしかない様、もしくは背中を向けてとりあえずキープしようとするしかない様
“美しく”横パスをまわし続けた挙句に結局サイドからテキトーにポーンと放り込むだけでアポーンしてしまう様
“美しくパスを回す”わりに最終的に矢野を入れてやっぱり放り込むしかない様。さらにやっぱりテキトーな放り込みで結局何のために矢野を入れたのかとまるで意味をなさない様 
ゴール前でフリーになると、シュートコースが開いているのにいつも闇雲に思い切り蹴るだけの様
ニアに低いCKを蹴られると毎度毎度見事にゴール前に抜けてくる様。
多様性を大事にするあまり特異性が常におろそかにされる様
MFがパサーばかりで構成され、ジーコさんの“黄金の中盤”と何一つ変わらない日本代表の様。ていうかむしろ中田がいない分明らかにスケールダウンしている様
どんな状況でも交代メンバーは常に羽生と佐藤と矢野であること
先発で入れ替わるのは常に巻と山岸であること
そんなこんなでジェフの人(阿部含む)だけはみんな出ていること
それじゃ鹿優遇のジーコさんと変わんねぇじゃん、ていうかもっと酷くなってんじゃん な日本代表の様
"語録"とやらの詭弁で周囲をごまかし続ける様、またそれを崇めたてまつる様

馬鹿の一つ覚えみたいに常に1試合を全力でアップダウンを繰り返し、ボリバレントなんてちゃんちゃらおかしいってな体力一番の右サイドのスペシャリストに出番はありませんでした。いつぞやの西みたいな。


PS イビチャ・オシム様
確かにPK戦は"記録"的には引き分けですが実質負けも負けの惨敗です。以前のアジア杯と比べてくれと言っておられますが、少なくともトルシエさんの2000年は今回よりはるかにいいサッカーだったんジャマイカ。あ、それから92年の方達の3分の1も闘う気持ちはないものとも思われます。あくまで個人的にはですので違う意見の方もいるかもしれませんが、代表には“いいサッカー”をして“勝って欲しい”とは思っていますが、“美しいサッカー”や"楽しいサッカー"はクラブレベルに求めており代表には求めておりません。


2007.7.29


■PKストッパーの系譜         アジア杯 日本1( PK4-3) 1オーストラリア   
ヨシカツさん神降臨キタ━━(゚(゚∀(゚∀゚(゚∀゚)゚∀゚)∀゚)゚)━━━!!!!!!

というわけで私の予言どおりトーナメントでヨシカツさんPKストップ大活躍。まだドMモードには入っておりませんが、それは次の機会ってことで(攻められるってことだからそれはそれで困るが)
ま、内容はといえば、90分で勝てよ、せめて延長で勝てよ てな試合だったわけで喜んでる場合じゃありません。どこかのクラブのようにグダグダとこねくりまわした挙句にボールを隣の人にそっと"手渡し"しているだけでは点など取れるはずも無く。こねくり回すならロナウジーニョみたいにこねくり回せ、出来るもんなら。とりあえず誰でもいいから90分のうちにせめて3回くらいは"仕掛け"てくれ、3回くらいは

◆その他
・昌邦さん、毎試合毎試合「セットプレーが鍵」って
・PK戦は控え室に下がるオシム翁 やはり90W杯がトラウマか
・高原にPKを蹴らせるなどと無謀な
・いい加減テレ朝の脳無し能無しインタビュアーなんとかしろ
・それにしてもシュウォーツァーっていいGKだな
・そういえばベトナムのGKって"ほっしゃん"みたいだな
・あとは韓国が負ければマンモスうれピーのだが


2007.7.21


■サウジ空気嫁            アジア杯  サウジ 4-0 バーレーン   
サウジ死ねっ!
バーレーンとお手々つないで決勝トーナメントいけたのにマジでやる奴死ね!
テーハミングキモヲタを略殺できたのにガチでやる奴死ねっ!

というわけでアジア杯ですが、韓・中が共にが1次敗退すればちょっと高いワインでもあけようと思っていましたが無念。ま、中国は負けたからとりあえずカンチューハイくらいはあけて寝よ♪ あ、ウズベクvs中国の録画も忘れずに♪

◆とりあえずめでたい
 1. 磐田ユース、プリンスリーグ制覇
   最近の押谷凄すぎ。"高校時代が人生の絶頂"とかじゃないことを祈ります。
   次は全日本ユースですが久々制覇も狙えるかもとか思ったり。
 2. ドゥンガセレソン、コパアメリカ優勝
    個人的には  敗退→解任→ついに磐田 なんてアリとか思ってたんですが


2007.7.18


■カタール戦はカタールイ・・・カッタールイ・・・カッタルイ と言う勇気   
アジアカップ タイ−イラク戦の主審がどうみてもヅラなのでいつかズレやしないかとワクワクドキドキハラハラドキドキで深夜にもかかわらずタイムアップまで観戦してしまったごおるきいぱあ@Jubilo Maniacs管理人です。
肝心の日本戦ですが、高原の得点ということで磐田的には“どうだ!”みたいな感じですが、そもそもFKの与え方に問題があるとはいえ当サイトでも度々指摘しているヨシカツさんの“壁の作り方の甘さ(壁になった選手も含め)”で失点で磐田的にはごめんなさい。その前にも似たようなギリのFKがあったにもかかわらず。つーか2点目とってりゃどってことなかったわけだし、高温多湿ってことをを大幅に割り引いたとしても何さあのヌルさ。
ま、ヨシカツさんの本領はトーナメントに入ってニッチもサッチもいかない状態になったときにこそ発揮されますので誠に申し訳ございませんがそのときがくるまでお待ちください

トーナメントに進出できればの話ですが


PS 太田目撃報告1
NHK-BS観戦
画面から片時も目を離さなかったわけではありませんが、当方は太田確認出来ませんでした


2007.7.9


■氏神一番           
菊地直哉氏の状況について
“氏” かよ
こんなときに“氏”扱いかよ
逮捕・起訴猶予で契約解除して協会の処分待ちなのに“氏” かよ
国語力の問題か感覚マヒか単なる非常識か
普通は“菊地直哉元選手”(マスコミはほぼこの表現)あたりじゃないでゲスか?
ただでさえ内外問わず過敏になってんだから考えなさいってば。
地域に根ざすプロサッカークラブという事を考慮に入れたとしても、個人的には成人の個人犯罪に対して必要以上にクラブの責任を問うようなことはしたくありませんが、そんな当方でもほんの一文字の表記の仕方で今回は不快感いっぱいです


2007.7.2


■ワシントンさん泣かないで         磐田 0  - 2  与野  
もうほとんど素人レベルのミス連発だし、そら勝てんわな。
せっかくポンテも出場停止だし、釣男はいまや日本代表でアジアカップもあるってのに怪我の治療とやらでブラジルへ"里帰り"してくれたしワシントンさんは外しまくってくれたのに。
あの村上副審はきっと学校でも先生にあーやってチクってたような奴だな。ま、確かに田中さんは激高して副審になにやら執拗に言っておりましたから、言ってはいけない事を言ってしまったんだろーとは思いますが、審判も権威を振りかざす前にちゃんと仕事しろともとりあえず言ってみたりなんだり。何度もオフサイド見逃してるし。デンマーク人の主審もついつい自国の"赤"に里心でも付いたかとか
というわけで見るも無惨な完敗なのでこんなことにしか因縁もつけられないわけで、エコパ組は小野のFKとループシュートにお金を払ったと思うしかありません。ていうかなにあのループ、なにあの巧さあの凄さ。怪我して途中交代なんてところまでまさに“これぞ小野”でしたが。ああいうものを見るにつけ、やっぱりやっぱりさいたまに入らなければ小野はもっともっとすごくなっただろうにと残念でなりません。と、執拗に因縁をつけてみる。
ま、とりあえずもう戦術がどーとかこーとか我々が言ったところでどーもならんので、一杯呑んですっかり忘れてアジアカップやらU-20W杯やらコパアメリカモードに突入。正直言うとコパアメリカが一番楽しみなんですが不謹慎ですかね。

そういえば落選確実と思われた太田がアジアカップの代表に選出されましたが、フツーに考えて怪我人続発か、東南アジアの気候で次々と体調を崩して試合に出られる人が11人なんて状況にでもならないと出番はないと思われます。もしかしたらベトナム戦あたりでスタメンの方々に頑張っていただいて万が一4〜5点差くらいつけて勝ってたらロスタイム1分くらいは出られるかもしれません。目指せ鈴木ヒデト、内山勝。
前田に関しては、膝のこともあるし中東や韓・中・東南アジアの激しい汚いタックル受けてまた壊されたらたまりませんのでむしろ落選歓迎。小野も五輪予選で膝壊されてるし。ま、磐田な人は代表覚醒モード ヨシカツさんのドM振りと太田が何回テレビに映るかを正の字書いて数えることを楽しむとしましょうか。


PS スポニチさん
太田の「祭り男」はそもそもそういうことじゃないんですけどね。


さらにPS 茶野さん
私の中であなたの存在がちょっぴり大きくなりました


2007.7.1




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ