トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■佐藤洋平様へ贈る      
天皇杯では“無駄な抵抗”すら無くあっさり敗退。「元日国立」という洋平さん引退の花道を飾ることは出来ませんでした。そんなわけでこちらで洋平サポさんが期間限定にて洋平さんへのメッセージを募っております(12/25迄)。まとめて洋平さんにお渡しいただけるとのことです。磐田・鹿・札幌系問わず、感謝の言葉、贈る言葉、熱い思いなどを書き込んでいただければと思います。


で、とりあえずウチの連中はHondaの選手のつめの垢でも煎じて飲んだらどうですかね。いや煎じるなんて10年早い、直で食え直で。ていうかもう、足の指と指の間の垢をこそいでこそいでかためて丸めて握りこぶし大にして食え。


2007.12.22


■幻日が過ぎ去り現実が      2007シーズンあっさり終了
1日で2試合プレーして2試合主審してボロ雑巾のようになってあまりのダルさに体をくねらせながら眠りについたらすっかり寝違えてしまってパソコンとにらめっこもつらいなってことで自分を正当化して今季終戦しても更新せず放置していたけどそろそろ更新しとこうかなって思ったごおるきいぱあです。ペンギン村からおはこんばんちは。
というわけで磐田恒例の「この○週間何やってたんだよテメ」を発動。天皇杯5回戦は0-2とJ 2降格したてホヤホヤのホットな広島に惨敗で2007シーズン終戦。やはり最終節柏戦などは幻で、第1節柏戦が真の姿であったことを証明してくれました。ま、過ぎたるはおよばざるがごとし。反省は大事ですが、我々が今更愚痴っても何もはじまりません。当サイトとしては珍しく前向きに来季のことを考えていくのであります。
と、前向きになろうと思いましたが、契約関係では、ファブリシオの退団が決定的だったり、“アンタそれで保留って何様?”みたいな方がいらっしゃったり。さらには西の強豪クラブさんがウチの某を欲しがってたりと、あまり芳しい話は聞こえてまいりません。
名波の復帰は決まりカワムも復帰の方向と、うれしいといえばうれしいわけですが、ほんとに喜んで良いやらと考えると果たしてどうなのか。ましてやあの方に復帰のオファーを出したなどと聞くにいたりますと、ナニを取り戻すつもりなのかよくわからなくなってきたりもいたします。「どうせ復帰ならフッキ獲れよ」などと、どれだけの人がこんなベタなことを考えたかと思うと夜も寝られませんが、昼は眠くて仕方ありません。


謀略ふたたび
そんなわけでほんとに2008シーズン概要を発表。さらには2007天皇杯4回戦に続いてなんとも作為的なナビスコの組み分けも発表。磐田・清水にダブル東京ってアンタ。静岡ダービーと東京ダービー、静岡対東京なんて図式を作ろうという魂胆がみえみえなんですが。格闘技じゃないんだから、あまり作為的なカードってのはかえってしらけるんですけどね。


2007.12.18


■お気楽極楽 横浜へ         
お初にお目にかかります、安久路小路きみまろでございます。ジュビロ磐田元監督桑原隆様が、既報どおり横浜FMの監督に就任いたしました。横浜FMサポーターの皆々様、「KUWABARA」ではなく「KUWAHARA」と読むのです。根拠なき超楽観主義、自称強運の持ち主でございます。「強運ではなく凶運だった」と磐田サポは皆申しております。謹んでお喜び申し上げます。
プロフィールを見ればどんなに凄い指導者かとも思うでしょう。しかし磐田史上最低最悪な成績で轟沈した99年2nd、2004年2nd、監督だったのは桑原隆その人です。展開力は落ち、スピードは落ち、チーム力は落ち、上がったのはサポーターの血圧だけです。指導者というよりも死導者でございました。横浜の皆様、頑張ってください。
お洒落が大好きです。チェックの洋服が大好きです。しかしダンディだった彼が今度は横浜のハンディです。ハンディがあっても頑張っている方々もたくさんいらっしゃいます。我々磐田もそのおかげで今の体たらくです。謹んでお喜び申し上げます。



もしかすると磐田系スタッフが(現在籍者も含め) 横浜にごっそり、なんてこともあるやもしれません。


2007.12.3


■2007リーグ戦終了         磐田 4 - 0 柏
林のオーバーヘッドやらトナカイの強烈ミドルやら、シーズン最後に一生一度みたいなゴールがみられました。柏さんの無気力ぶりも、なかなか見られることの無いほどの凄いものでなによりでした。
4-0ということで、開幕戦0-4とフルボッコされたリベンジに成功。最低な試合ではじまり、最高の試合で終わった2007シーズンは15勝15敗のイーブン9位。残念ながら、前田とカレンがいつものようにきっちり外してくれたおかげで、得失点差は-1とオールイーブン絶対中位には及ばず。磐田史上最低順位ではありますが、1994年は8位とはいえ借金4ですからそれよりはいいでしょう。
天皇杯に向けいい形で臨めそうなところで、相手広島の入れ替え戦。2週間あいてしまうことは残念でございます。ウッチー&ヤンツーには、磐田恒例の「この○週間何やってたんだよテメ」みたいなことは無いであろう・・・と思いたいますので期待して待つこととし、年に一度のお楽しみ、“他人の不幸は蜜の味”な入れ替え戦を楽しむこととしましょう。明日は我が身という言葉を胸に秘めつつ。


横浜さんの思い出づくりにもふれておこう
さいたまさん、横浜FCによもやの敗戦で最終節にて鹿逆転優勝。なんだかんだでさいたまさん、天皇杯もすでに敗退し2007年度国内無冠♪ あらら♪ 正直、さいたまが勝とうが鹿が勝とうがどうでもよかったわけで、究極の選択とするなら
Q. どちらかのラーメンを必ず食べなければいけません。さあどっち?
1. ゴキブリを入れたラーメン
2. コギブリが入ってしまったラーメン
みたいなもので。
ま、磐田より一足お先に世代交代期に突入し、一足お先に暗黒期に突入した鹿が6年ぶりに優勝ということで、磐田にも「もしかしたら」なんてことが、1% くらいはあるかもしれないという希望がわいてきました。実際、あの程度でも優勝できるんだから磐田だって可能性が無いことはありませんてば(驚異的なポジティブ・シンキングの場合)。どうせ明日は我が身ならこちらの身が良いですワタシ。


2007.12.2


■反町の嫌がらせに屈する        磐田 1 - 3 川崎
試合前、にこやかにウッチーと談笑するカワム。そんなカワムがこともあろうにアシストを記録。ええいいまいましい。ま、受ける相手がジュニーニョだからアシストになるわけで、同じパスをウチで出したところでFWはシュートを枠内にすら飛ばしてくれません、いやシュートすら出来ないかもしれません。ベトナムくんだりまで連行された挙句にベンチ外のカレンロバートならなおさらがいたとしても。
前田が2度決定機を外したわけで、 「試合を左右するのはシュートが入るか入らないかということになる(中山談)」というのは確かでございますが、その中山さんはシュートゼロ。今の中山さんでは「前田のスペースを空けてくれた(ウッチー談)」ことがもはやイッパイイッパイの仕事と考えねばなりませんかね、トホホ。今の若造達にはドーピング剤としての効果も無いようです。
そんな実に奥ゆかしい磐田は相も変わらずそこかしこで"決定力が課題”と言われます。しかし今のJリーグ(Jに限ったことでもないが)を見ればわかるように、チームとしてどうこうではなく、突出した力(決定力のみならず)を持つ外国人がいるクラブが上位ということでございます。ワシントン、バレー、マグノ・アウベス、エジミウソン、ジュニーニョ、マルキーニョス、フェルナンジーニョ・・・・・。
ああ、悲しいかなあくまで日本人は耐えて走ってお膳立てをするその他大勢の人々としての存在。その他大勢の日本人がが少々力不足でも突出した外国人がいればそれなりには何とかなり、その少々力不足の日本人が必死に闘えばそこそこ上にもいける。逆にその他大勢がそれなりだったとしても、外国人もそれなり程度であれば成績もそれなりだったりするわけですね。たとえ試合内容がそんなに悪いものでなくとも決定的な差が出てしまったりするのですね。
そんなクラブも数年前までは、突出した力を持った日本人がどこよりも必死に闘っていたのですが、もはや隔世の感。そもそも磐田の場合、決定力が課題というよりも外国人守備的MFを3人も揃えるような、そんなフロントさんがある意味では課題かとも思いますが。


◆比較的楽観視した場合の川崎戦収穫
 ・ 茶野さん&傭兵さん 大人のサイン会
 ・ 松浦、中島最初にして最後のベンチ入り
 ・ 犬塚生存確認。まあようやったんでないのかな
 ・ ま、みんなそれなりに頑張ったんでないのかな
 ・ やりたいことはそれなりに伝わってきたから救いはあるね♪
 ・ 川崎戦はいつもスタジアムがサックスブルーに染まりカン違い出来るね♪
 ・ 虹がきれいだったね♪
 ・ 中山先発           ・・・良いのか悪いのか

で、とりあえずあれだ、船谷は来年3月までボール触らなくて良いからひたすらフィジカルトレーニング。せっかくの視野もセンスも小ざかしいテクも今のままでは発揮できません。なぜに五輪代表にも召集されなくなったのか。社会人リーグあたりで“王様”になるつもりなら今のままでもいいですがね。


2007.11.19


■審判なんてらららららららら〜         
名古屋戦では家本マジック炸裂で憤慨なされた貴兄も多いかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。当方は酒を飲んだら忘れてしまいました。
さて毎度問題になる審判の判定。当然ルールに基づいて判定しておりルールはルールとして決まっているもの。「審判が誰であろうと基準は同じ」はずでございます。ただ実際にはそのルールそのものが実は“さじ加減”でどうにでもなることも周知の事実でございます。
で、そのルールが記されたものがいわゆるルールブック(サッカー競技規則) 。審判資格を持っていれば毎年協会から配布されます。一般書店でも手に入れることが出来ますので読んだことのある方もいるでしょう。
しかしこのルールブック。あくまでもルールブックであり、悪い意味でいえば通り一遍。なんだか自動車学校で習った交通法規のようによくわからない文章で面々と。数年前から比べれば運用例や図解などは加えられましたが、正直説明無しでこのルールブックを読んだからといってルールが理解できるとは思えません。
そんな中オススメなのがこの「サッカーレフェリーズ(2007/2008)」 。名前でもわかるように“ルールブック”ではありません。“実践審判指南書入門編”とでもいったもので、審判をするときにどのように裁くかということを著したもの。ルールブックのように難解な文章はなく豊富な図解と簡単な文章で、どのような場合に反則を取るかなどのルールのみならず、アドバンテージなど審判としてどうやって試合をコントロール・進行させていくかなどが解説されています。
ルール全文が記載されているわけではありませんのでこれをもってすべてのルールを理解するということはできません。しかし逆に普段の判定・審判やルールに対する不信・疑問はむしろ解決するのではないかなと思います。もっと詳しい審判指南書などはもちろんありますが、一度こんなものも読んでみていただくのも良いのではないかと思った次第でございます。


家本さんも一回読んでみ
ピー


2007.11.12


■磐田枕草子        磐田 0-0 名古屋
すさまじきもの
すさまじきもの。
ファブリシオ、DFに両腕で抱え込まれズルズルと数メートル引きずりたるにもかかわらずもおとがめなしな審判。
カレンにはペナ内にてカンガルーキックを受け転倒するもおとがめなしな審判は資格持ち足るかあやしき。さらには異議で警告を出す始末あはれなり。
玉田のシミュレーションを見抜けず茶野さんをつれなく退場させる審判、二人にて謀リごといとにくくむつかし。
明らかにゴールライン上でキャッチしたボールをラインを割ったとコーナーキックと判定する審判いみじけれ。
裁きの基準おぼめかしき、まことに目もあやにして頭めでたし。みないたく心安からず。

というわけで稀代のファンタジスタ家本に新星相葉副審との絶妙なコンビネーション。まるでロナウジーニョとメッシのような。
と、いろいろ文句もございますが要するに今回も「ヨシカツさんありがとう、いやホントにホントにありがとう」という試合でした。毎度毎度来季はもしかしたら・・・と思うとやはり背筋が寒いことこの上ありません。


2007.11.11


■あまりにも遅すぎた小ネタ   
ああ! この本がもう2年・・・
もう2年早く出版されていたなら!
珍圭のFKも少しは・・・
少しは可能性が上がったのかもしれない!
ほんの、そう、ほんの少しくらいは!
と、マツケンの絶妙なスルーから生まれた岡本達也凱旋?ゴールなどという美味しいネタがあったにもかかわらず、天皇杯順天堂大戦 (6-1) をあっさりスルーしたJubilo Maniacsはこんないまさらもいまさらなネタでお茶を濁してみました。
ま、サポの気持ちも岡本の気持ちも理解した上であえていわせていただくと、いろいろ大人の事情もあるとはいえ、戦力外で20才の若さで退団したばかりの選手がゴール裏やら帰りのバスでメガホン片手に挨拶するってのもいったいどうなんだろうという気もしないでもないのですがね。確かに岡本の半分くらいでも良いから・・・・・・・・・・・・というのも事実なんですが。


2007.11.9


■困ったときのアウェイ新潟    玉華堂 1 - 1 亀田製菓
なんていうか枠を外すだけでは事足らず西にいたっては肩まで外す始末。「さあシュート打ちますよ! さん・はい・し!」で当たり前のようにブロックされる始末。アーチェリーなんかやってる場合でなくってよ。枠は外すけど的は外さないぜイェーい。林はここで一週間皆と仲良くトラップ練習。何の違和感もないような気もしますのでマジで行って来なさい。
ま、とりあえずリシャルデスさんとヨシカツさんありがとう。いろいろと漏れ伝わってきておりますがヨシカツサンとの契約は大丈夫ですか強化部長さん。
そんなわけで土曜の雨と日曜日のサッカー&主審で全身だるだるグダグダ筋肉痛でキーボードを打つことすら辛いごおるきいぱあがお送りいたしました。


2007.10.29


■グレート小鹿    失われたっぽいドゥンガ魂 1 - 3 どうなのよジーコ魂
今は昔、覇権を争いしのぎを削った鹿戦。清水戦とはまた違った異様な雰囲気、いや殺気に包まれたスタジアム。99年5月、リーグ戦にもかかわらず国立に5万観衆を集めた熱い熱い鹿戦。試合の2日くらい前から体のいろんなところから妙な汁が出まくって、試合が終わったら溶けてバターになってしまった狂気の鹿戦。覚えてますか? 知ってますか?
時は流れて2007年10月20日。エコパに漂うなんともいえぬまったり感。学生相手の天皇杯4回戦か予選敗退後のナビスコ杯のそれとほとんど変わらぬぐったり感。優勝争いできないとかそんなことではなく悲しいねったら悲しいね。
試合のほうもそんなスタジアムに呼応したこれぞまさに“THIS IS 鹿戦”。ポコーンと外してポカーンと蹴られてヘロっと失点失点また失点。茶野→ヒデトさんの交代時に8割がたのサポが「守備力上がったじゃん」と思ったでしょうがあにはからんやその後の3失点。「芝が悪い」とかそんなこと言ってんじゃねぇーよゴルァ。ま、某なら「客が悪い」とか言いそうですが、それはそれで言われても仕方ないような気もしないでもありません。

PS 内山監督様
スタメンにセットプレーのキッカーを一人くらいは入れておいてください。普通に蹴られる程度の選手でけっこうですので。あ、だからといって間違ってもK国のあの人みたいなのは勘弁してください。

さらにPS 横浜マリノスフロント様
お気楽オヤジて、お気楽極楽オヤジが次期監督て。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・考え直すなら今のうちです。
ま、上記99年5月時の監督なんですけどね。


2007.10.22


ノブオ 名波ダービー     天皇杯4回戦組合せ決定
天皇杯4回戦以降の組合せが決定いたしました。わが磐田は11/4、ホーム磐田で順天堂大と対戦。順天堂大の戦績は

1回戦 3 - 1 高知大
2回戦  2 - 0 東邦チタニウム(うわっ、懐かしいな)
3回戦  2 - 1 べカルタ仙台

と、J2仙台を下して波に乗っているだけに油断なりません。
さらにはなんといっても順天堂大といえば岡本達也と松本拓也の存在。磐田凱旋です。松本は2009U-20W杯、ロンドン五輪世代となるU-18の正GK(U-18のチーム自体がどうなのさという気もしないでもないが)。岡本は先日の仙台戦で2ゴール。いろんな思いのあるだろう磐田のピッチでどのようなプレーを見せてくれるか楽しみでもあります。岡本支部長もさぞお喜びでしょう。
ま、ただし楽しみとは言いましても、かつて天皇杯では国見高といい勝負をしたり駒大と延長やったり、福島FCにコロっとひねられたりもした磐田です。ましてや今の磐田ですから“油断”ではなくて普通に負けることが十分考えられますので、楽しみというよりも今のうちにそちらの心の準備をしておいたほうがいいやもしれません

で、

名波がくるなんてことありませんかね

◆その他注目カード
・千葉 vs 大分  4回戦でJ1対決。お互いに貧乏くじ
・さいたま赤vs 愛媛  望月一仁率いる愛媛。藤井・豪・松下在籍
               勝てとは言わないから削りまくって弱らせろ
・さいたまオレンジ vs 横浜FC  ある意味他言は無用な頂上対決
・鹿 vs 水戸  茨城ダービー。実はなんの興味も無いがとりあえず水戸勝て
・柏 vs Honda  ていうか日立 vs 本田 日本リーグ、昭和のあのころ♪
なんだか山型を見ると組合せ的には恵まれて準決勝あたりまでの算段は十分出来そうです。他のクラブもそう思ってるでしょうけど。


2007.10.11


■DEAR 杉山茂樹                      妄言コラムに物申す
さて先日のガンバ大阪ゴール裏一部のノータリンが犯した磐田での愚行。なにやらその後音沙汰ありませんがどうなっているのやら。さてそんな中少し前ですが、Number誌のWebサイトに連載されているスポーツライター杉山茂樹氏のコラムにかのPK判定をめぐる一件が取り上げられました(情報提供なな子様)。すでに読んだ方もいらっしゃると思いますが

とりあえず読後の一言


お前はアホか


いやいや驚き桃の木山椒の木(死語)。さすが年間200日を海外で過ごすだけのことはありますねぇ。世界基準だそうですよ世界基準。世界基準とはなんでしょうか。ま、確かに1-0でホームチームが勝っている状態でロスタイムになんてことのない"時間稼ぎ”で2度目の警告で退場させられたり、5分ものロスタイムをとるなんてのは世界基準ではありませんね。
得点直前(パラナ退場直前でもある)のシジクレイの田中誠へのエルボーは世界じゃなくても普通の基準で退場。ウチの守護神に水をかけ、フラッグでゴールつついてピッチにモノを投げ込んでピッチに降りてきて。挙句に主審の車囲んだりしたのは世界基準でOKなわけですね。判定に不満を持ったらサポが主審の車を囲むことが当然と。暴れる奴がいなければ世界には通用しないと。
それではどこかの中東の国のように優勝を祝って空に向けて銃を撃って流れ弾で人が死んでも良いと。どこかのサッカー強国のように試合後に何の関係も無い車や店舗を次々と破壊し略奪行為をしてもいいと。アメリカでは一般人が銃を持っているのが普通だから日本人も皆持つべきだというわけですね。“女子供が観戦に行けない危険なスポーツ、危険なスタジアム”にすることが世界基準ですね? あらまとんだ世界基準だことねぇ奥様。宅の主人は存じませんでしたわよ、おほほほほほほ。
「ガンバサポーターの怒りは鎮まるはずはない」? いやいやい怒ってるのはこちらの方ざますわよ。「たとえ優勝を逃しても、誇れるものは別にあるといわんばかりの姿勢には、好感を抱かずにはいられない」ですか? 「たとえ優勝しても恥ずかしいことが別にある」の間違いではないですかね
引き分けて取った勝ち点1だって剥奪されても文句は言えないんですけどね。“サポの不祥事はクラブの不祥事”が世界基準ですよねぇ世界にとってもとっても詳しい杉山さん。その後音沙汰無いのは、最初は磐田への謝罪も忘れて意見書だのなんだの息巻いていたガンバ幹部も、後になって冷静に考えて自分達に負い目があることに気づいたのではございませんか?
ま、そもそもえらそうにJリーグの記事を書いているのに「磐田に来るのは10年振りではないだろうがいつ以来か」とはライターとしてどういうことですかね。Jリーグを何度も制覇し、ほんの数年前まで長らく磐・鹿2強時代を築き、「磐田を欧州リーグでやらせてみたい」とも、Jリーグ史上最強ともいわれた磐田にですよ。さらに「世界」とやらへの第一歩でもあるアジアクラブ選手権(現ACL)をJリーグ創設以降唯一獲得(3年連続決勝進出)したクラブのホームスタジアムにですよ。そこに「いつ以来か」と? しかも静岡県(御殿場)出身なのに?
さらにはスタジアムが10年前と変わらないなどと言っておりますが、10年前とはだいぶ変わってるのは皆様ご存知のとおり。要するにちょこっと来て記者席からチラ見しただけのような野郎にはどこが変わろうとわからないってことで。イヤ本来チラ見しただけのヤツでもわかりそうなことはありますがね、それすら気づかない。そんな野郎がいくら海外で取材しようがなんだろうが世界基準などとチャンチャラおかしいと。なんの説得力もありゃしないってことですよ。
いやいやフリーライターって大変だろうし才覚と努力が必要なものだと思っていましたが、どんなことでもそうですが人それぞれなものだなと。タイミングと運さえ良ければ案外○○でもなれるものかもしれません。

PS
そもそもタイトルが"From:磐田「物議を醸す」”てアンタ、誤解を招く。他の記事のタイトルを見れば全部現場からの記事としてFrom〜となっていますから“From磐田なのはわかりますが、:(コロン)の位置、スペース・順序がよろしくない。パッとと見では“磐田が問題起こして物議を醸した”ように見える。特に私のような一見さんはほぼ間違いなくそう感じるでしょうね。
From:磐田「物議を醸す」      ではなく、例としては
From 磐田 : 「物議を醸す」   とか 
「物議を醸す」  - from 磐田  
とかにしてくれませんかね。アナタ様くらいの著名な一流ライター様なら私のようなド素人に言われなくてもそのくらいのことわかりますわよねぇン


2007.10.10


■オフトダービー                        ヤマハ 1 - 0 マツダ
♪こうしてお酒が呑めるのもぉ〜 ヨシカツさんのおかげですぅ〜
 ヨシカツさんよ、ありがとぉ〜  今後もヨロシク頼みますぅ〜♪
というわけでお金が無いので紙パックの「鬼ころし」ではありますがと得失点差ゼロ記念の祝杯をあげており半酔っ払いモードで更新中♪  正直言えばただ呑みたかっただけなんですが。
タラとかレバーがたくさんあった試合ですがスタメン落ちしている成岡が意地の一発。今季はずっとトップ下でのプレーでしたが、内山体制になり現状では“トップ下失格”の烙印。サイドMFに押し出されていますが、ウッチーの言うように“サイドから中へのプレー”で “成岡らしく” ゴール前で美味しいところをゴチ。N-BOX時のトシヤのように、マークの無いところからスルスルとゴール前なんてのも成岡の特徴を発揮するのにはそれはそれで良いかもしれません。
そんなこんなでただ今半酔っ払いモードから本格的酔っ払いモードに入りつつありますので本日はこのへんで♪♪♪(あー、なんかキムチ食いたくなってきた)


200710.6




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ