トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■フッキが復帰前の次は巻・田原     ジュビロ磐田 2 - 0 京都紫光くらぶ  
苦しいときの神頼みといいますか、日程の妙といいますか、弱りきった相手にここぞとばかりに2連勝。ジウシーニョが一時的とはいえ得点王になったり、いつの間にか越中詩郎がジュビロに入団していたりといろんなことがございました。
さらにはQBKさんと童子さんの2トップとかQBKさんとカップ戦王の富山第一2トップとか、急にボールがきたわけではないのにあらぬ方向にシュートしてしまったQBKさんとか、メンバーチェンジと度重なるポジションチェンジで「どこに行っていいのかわからなくなった」西とかいろいろな見ものもございました。ま、こちらとしては普段の西がどこに行くのかがわからないわけですが、誰か論理的に説明できるなら教えてエロい人。
相変わらず前後半どちらかは必ずグダグダなわけですが、今季最初で最後の連勝かもしれませんので相手が相手とはいえ素直に喜んでおきましょう。今の磐田を楽しむにはとびっきりピュアな心が大切です。


超大物獲得へ
第2のドゥンガということでネドヴェド獲得かなどというおハナシ。どんなトバシ記事かはわかりませんが、来たらいいなうれしいな。ユベントスが契約延長のオファーを出しているくらいですからリネカーのようなことはないと思いますが、ヤマハ発動機におんぶに抱っこに肩車で、ゴールデンウィークに、11600人の観客しか入らないクラブにどれだけの資金があるのかというと「情に訴えるしかない」のかもしれません。


2008.4.30


■リンクでごまかせ今日の更新         
久しぶりの札幌戦です。太田が前十字靭帯損傷とか西が練習もろくにやらずに強行出場とかあいも変わらずウチにはろくな話はございません。ここ数年各クラブに気前よく欲プレゼントしている対磐田初○○などとかをプレゼントするかほりがプンプンでございます。そういえば前節磐田戦で味をしめたさいたまさんは釣男さんがFWだとかなんとかで(すでにスクランブル状態の模様)話題になっております。

しかしなんといっても今節最大の見所はそんなことではありません。

パルちゃん&シャチの魅惑のコラボレーション

これに尽きるといっていいでしょう。嗚呼、出来ることなら日本平に行きたい。シャチに癒されたい。磐田にもきてくれるかなシャチ。パルちゃんもきてほしいな。この際ドアラも一緒に来ないかな。ウチの青いのは・・・いらねーや。


PS
鹿おりべーら監督の金言

            中国人に背を向けるな

ま、出来ることならば 「中国に関わるな」 ということなんですが。
実際、背を向けなくても思い切り蹴られたわけで


2008.4.11


■J's GOAL プレビューウォッチャー           4/5 さいたま戦
毎度おなじみJ's GOAL 。いつもは軽くスルーというところですが、4/5さいたま戦プレビューはどうにも突っ込みどころ満載。そんなわけでちょっぴり気になるところを太字・赤字にしてみました。なぜ太字なのか、なぜ赤字なのかは読者様それぞれでお考えください。


【J1:第5節 磐田 vs 浦和】プレビュー:中盤での守備を充実させ、押しこまれる時間を少なくしたい磐田。連勝中の浦和は、鈴木の復帰が濃厚なボランチの組み合わせに注目。 [ J's GOAL ]

ともに前節アウェイで勝って、リーグ戦の成績を2勝2敗としたチーム同士が、磐田ホームのエコパで対決。調子が出てきた浦和のサポーターが大挙静岡に集結することも予想され、エコパのスタンドは青と赤にきれいに色分けされるだろう。
ホームの磐田は、内容はともかく、前節の東京V戦に勝って勝敗を五分に戻したことは非常に大きかった。成長過程にあるチームなので(しかもエース前田が不在で)、序盤戦である程度苦労することは予想されているが、その中で黒星が先行しすぎれば、チーム内にも不協和音が出やすくなり、悪循環に陥ってしまう恐れがある。今、いちばん避けなければならないのはその部分なので、その意味でしぶとくアウェイで勝点3をつかんだことは、メンタル面でも大きなプラスだった。
ただ、内容的には東京Vに押されたゲームだった。とくに「奪ったボールを早く失うことが多くて、しのぐ時間が長くなってしまった」(内山監督)という部分は、この浦和戦では修正が必要な部分と言える。個のレベルが高い浦和は、東京V以上にボールを奪うのが難しく、守備でも1対1の対応が厳しいため、せっかく奪ったボールをすぐに奪い返されてしまうリスクが大きい。まずは、この部分をきっちり修正しなければ、浦和に主導権を握られる可能性が高くなってしまうだろう。
磐田の攻撃という面では、まだ90分を通して満足がいく攻撃はできていないが、きれいにパスをつないで相手ゴールに迫るという形は、試合の中で徐々に増えてきている。練習でも、1タッチ、2タッチで連続してボールがつながる場面が目立ってきたので、そうした「磐田らしさ」を、どれだけこの試合で見せられるかという点にも注目したい。 
また、新加入のジウシーニョが2試合連続でゴールを決め、かなり調子を上げてきたのも明るい材料だ。萬代や西との連携も向上しており、東京V戦の先制点のように、ワンチャンスを決めきる力は確実に増していると言えそうだ。
磐田は、この試合で2点取れば、ホーム通算500得点(リーグ3番目)となる。浦和に勝つには1点ではなかなか難しいと考えると、記録達成はどうしてもこの試合で実現したいところだ。
対する浦和は、日曜日(3/30)の新潟戦で今季の公式戦初勝利を飾り、水曜(4/2)の清水戦に逆転勝ちして2連勝。清水戦の後半は、攻守ともにバランスが良く、内容的にも、チームのムードという面でも、ここにきて急上昇してきた。
この磐田戦では、ボランチの鈴木が復帰する可能性が高まっており、そうなればさらに勢いは加速するだろう。また、闘莉王が今度もボランチで起用されるかどうかというのも興味深い部分。磐田の3バックは、高さという面では特別強いとは言えないので、彼がボランチに入り、クロスに対して積極的に飛び込んでいけば、大きな武器となるはずだ。
逆に、磐田の守備陣がそれにどう対応するかという部分も注目点となる。ラインが引きすぎて
好き放題にクロスを入れられてしまったら、なかなか90分間耐えきることは難しいので、中盤での守備を充実させ、押しこまれる時間を少なくすることも重要になる。
また、浦和の1トップ2シャドーという形も、3バックの磐田にはやりにくい面がある。2シャドーの候補になる永井、山田、梅崎らをどう捕まえるかという点も、この試合の注目点と言える。とくに調子を上げてきた梅崎には、大分時代に痛い目にあった経験もあるので、今度はきっちりと抑えたいところだ。

現時点でのチーム状況から考えれば、浦和優位と判断される材料が多いだろう。だが、磐田には
ホームのアドバンテージと意地がある。サポーターとしても、内容以上に結果を求めたいゲームだけに、磐田の選手たちにはぜひ勝利への熱い執着心をピッチ上で表現してほしい

2008.04.04 Reported by 井上慎也    〜J's GOALより



2008.4.4


■恋の綱わたり           ジュビロ磐田 2 - 1 読売ヴぇるでい   
とりあえずあれだ、  その、   なんだ、

磐田サポ100人中 148人が思ったであろうことを言ってみる。



どうぞみなさんもご一緒に

掛け声にあわせてぇ〜

それではいきますよぉ〜






せーの!








というわけで、あんなことがあってあんなことになってしまったけど、あんなことをしてあんなことになったあいつよりゃいいだろなんて今になれば思う彼をひとしきり懐かしんだあとに今度こそ




フッキが復帰する前でよかった


読売相手にあのヨタヨタっぷりですが、「俺たちはなんだかんだいってもガンバに3-0で勝ったんだ」なんてことを心の支えにして4/5さいたま戦に臨みましょう。


20084.2


■あきれたぼういず           
ぼういず1       磐田 0 - 2 FC東京
「予選突破に向けていいスタート」などとわれながらよく言ったものであっさり前言撤回。どうせ1勝1敗ならホームで勝ちやがれこのヤロー。「名波の活躍が一番もてはやされるのも困りもの」(これも前言)どころか実際に名波がいちばん目立ってたじゃねーかこのヤロー。他に誰か目立ったかって中山じゃねーかこのヤロー。そんでもってチャンスができたのは名波と中山が入ってからじゃねーかこのヤロー。要するにまともに働いてたのは名波と中山だけじゃねーかこのヤロー(あ、2点取られたけどマツケンは一応合格点)。
もうこの際スタメンで名波と中山起用して、電池切れまでガンバッテもらうしかねーんじゃねーのかこのヤロー。とか言いながら名波の美しいパスを見るにつけ、「やっぱり名波だねぇ、ウンウン」って思っちゃって、なんだか“今日はいいもの見た”みたいに勘違いしちゃったじゃねーかこのヤロー。

ぼういず2         W杯アジア3次予選 バーレーン 1-0 日本
大方の良識あるサッカーファンの予想通り敗れたバーレーン戦。アシストのクロスはその前のトラップが明らかな超ハンド。ま、だからといってヨシカツさんの中途半端なプレーの言い訳にはなりません。しかしそれ以上に問題なのは笛が鳴るまでプレーを止めてはいけないという当たり前のことが出来なかったことでございます。手を上げて反則をアピールする前に体を寄せろ、コースを切れ、ゴール前のマークを外すなということです。それができていればあの失点はなかったのです。家に帰るまでが遠足なのです。
その前にもゴールエリア際での競り合いで今野が極々ほんの軽く押されただけで倒れたシーンがございました。反則をとってくれたからいいようなものの、しっかり体を張ってクリアするなり体をいれてカバーするべき場面。どうにも楽をしようとする意識が根底にあることが感じられて仕方ございません。ヨシカツサンのミスよりも、こういうところが日本代表の弱さの本質であるかと思うわけです。またそれを指摘するメディアが皆無であることもまた嘆かわしいことでございます。
救いといえばバーレーンが意外とたいしたこともなく、ちゃんとした監督のもとで代表らしい代表選手でごく普通にやれば普通に勝てることがわかったこと。それからまだ2戦終わっただけなのにW杯出場でも決めたかのようにバーレーンが喜んでいたこと。なんだかドーハでの韓国戦後の日本代表を思い起こさせます。実際2位までが最終予選に進出できるわけで、そういう意味ではそれほど悲観することもありません。ただし現状でオマーンやタイに勝てるかといえばまた別の話ですし、「たいしたことがない」というのはバーレーンも同じ思いであろうということです。


2008.3.29


■ジョミール星人とミザール星人の会話11 ジュビロ 2 - 0 ヴぇるでい  
: 一年ぶりの登場だね
: 管理人は私たちのことを完全に忘れていたわね。○○ツ○○マ○じゃないのかしら
: だめだよそんなこと言ったら。麻生さんじゃないんだから
: 麻生といえば、あそうさんは今どうしてるのかしらね
: またそんな
: オホホホホ (~◇~) 
: 本題にはいるけど、今年は初戦で昇格組に勝利ってことで予選突破に向けていいスタートだね
: まあ相手が○○○だったみたいだしあまり参考にはならないかもしれないわね
: うーん、そういえばそうだね。コースケも負傷交代してしまったし喜んでばかりもいられないよね
: そうなのよ。名波の活躍が一番もてはやされているようでは困るのよ
: 名波のノールックパスでのアシストがメディアでもてはやされているね
: 名波にとってはどうってことないプレーよね。まあそれでも磐田を良い方向で持ち上げてくれることなんて、昨今そうはないわけだから、ここは甘んじて受けておいたほうが良いかもしれないわね
: そういえば管理人もノールックパスをよくやるみたいだよ
: 彼の場合は“ 周りを見ていない”、というか “見えていない“ という意味でのノールックなのよ。とりあえず蹴っとけみたいな
: 柱谷が退場がどーとかこーとか騒いでいるね
: 大分ではPK取消→シミュレーションとかなんとかで騒いでるわよね。今年はゼロックスからPKや退場でもめてるのよね。
: かくいう磐田もガンバ戦でごっつぁんPKをいただいしね。まあ「明日は我が身」ということで気をつけたいね。今年はまたより一層判定でもめそうな様相だね
: よく「審判が一番近いところで見ていたんだから」というけど、灯台下暗しなんてことも言うじゃない。近すぎると見えないってこともあるのよ。
: なんだか男と女の関係みたいだね
: そうなのよ・・・あの時も・・・
: 何か思い当たるのかい?
: な、何もないわよ! 何言ってるのよ!
: ふーん、何かあったんだね。ま、ふれないことにしておくよ
: そ、そういえば灯台下暗しと大正デモクラシーってなんだか似てるわね
: そんな使い古された駄洒落まで使ってごまかそうなんてよほどつらいことがっあったんだね。
: そうなのよ・・・あの時は・・・  うるさいわね!


2008.3.21


■ヤマザキナビスコ杯開幕       
ガンバ戦の余韻も覚めやらぬ中、はやくもヤマザキナビスコ杯に突入です。当サイトでは山崎製パンに敬意を表してナビスコ杯ではなく、あくまでもヤマザキナビスコ杯と表記していく・・・つもりでしたが長すぎるのでやめました。以降YN杯と表記していきますのであしからず。ちなみに当方、かつて山崎製パンでアルバイトの経験がございます。消費者様には言えないあんな失敗やこんな失敗もございますが腹をこわした人がいたらごめんなさい。
さて初戦は昇格組の読売さんと、“カーン”以来の対戦です。昨年の天皇杯でも大いに目立った作為的な組分けが今季のYN杯でも発動しており、当Bグループは静岡ダービーと東京ダービーができる組み合わせ。さらにはこのように、磐田・名波対福西・服部などという古巣対決もしつこく引っ張りまわす始末です。さらにはFC東京対昨季戦力外となった福西・土肥などという構図も描かれております。
実際のところ、東京さんたちはいざしらず、当の磐田サポは今更大して気にも留めていないわけですが、そうでもしなければ何の話題にもならないというのが磐田の現状であるのも事実です。とりあえず煽りに乗っかった格好で適当に盛り上がってみるのも悪いことではないのかもしれません。そういえば昨季は昇格組に勝てませんでしたね、エヘ。
ではACLなどという大会も行われているようですが、さいたまさんと鹿さんの早期敗退を皆で祈りましょう。アレが日本代表などという気持ちはこれっぽっちもありませんのことよ。ま、とりあえず今季は「日本勢初の・・」などというクソみたいなプロパガンダを聞くことはないでしょう(さいたまさんが連覇でもしないかぎりは)。


2008.3.18


■疑惑もクソもないPK     ジュビロ磐田 3 - 0 ガンバ大阪
なんですか、主審の中の人は家本ですか? 
西が倒されたのはどう見てもペナ外ですが、それでも「なんであれがPKだよ!!」なんてーことがそのうち間違いなくございます。こういうときは“審判がPKと言ったらPK” と言っておきましょう。人生プラマイゼロと申します(それにしては当方の場合マイナスに圧倒されているような気がいたします)。ま、泣くな山口。ただし昨年までなら「磐田にゴール前のFKを与えたところで入りゃしないし(笑)」だったでしょうが、今年からはコースケがいますから結局点が入ったのですよ、わっはっは。
実際のところ、笑っていられるような試合展開ではまったくなかったわけですがね、特に後半は。スコアが逆でも不思議じゃないような。ま、それでも最後の最後に中山様のJ15年連続ゴールが見られたわけで。“運動会で必死に走るも体がついてこず腰砕けで倒れるオッサン”の体ですが、あんなゴールもゴールはゴール。あんな不細工なゴールがカッコ良く見えてしまうのが中山様のすごいところです。太田は太田で「パスが強すぎた」と気を遣っていますが、「中山さんには強すぎた」というのが本音でしょう。
MOMはどう見ても西でしょうが、ガンバ相手の先制点、磐田の今季初得点、自身のJ1初ゴールということで、ご祝儀で萬代でも良いでしょう。あ、真のMOMは外しまくってくれたバレーさんであることは秘密です。ま、そうは言っても最後の最後まであきらめずに体を張ったことが、ギリギリでシュートブロックしたり、シュートミスを誘ったりということも事実。それはそれでHUNGRRRRRYを体現したわけで、今後もその気持ちで臨んでいただきたいものです。


2008.3.16


■2008年ホーム開幕ガンバ戦に向けて     
2008ホーム開幕記念 『ジュビロDEカルチョ
『各ゲートに設置した専用用紙に「ジュビロが何対何で勝利するか」「得点者は誰か」を予想して記入し、キックオフまでに投票箱へ。正解者には素敵なプレゼントが当たります。
※正解者がいない場合はすべての応募から抽選となります。』          〜公式より


どう考えても出題そのものに多大な問題がございますが、そうはいってもこう出題するしかないのが悲しいところでございます。とりあえず応募すれば抽選権ゲットは確実。その他さまざまなイベントが毎度大した代わり映えもなく行われるわけですが、試合中に盛り上がれる可能性は、気のせいかもしれませんが限りなくゼロに近いような気がしないでもないので、試合前に無理からでも盛り上がっておきましょう。
で、こちらはこちらでやっぱり事実上該当者無しの可能性が大きいように思いますがこちらも無理からでも選ばねばならない事情というのもございます。該当者無しの場合は抽選とかなんとか。ま、冗談抜きでチームの成績がナニだったりした場合、該当者無しにしてほしい気分なんですが。


2008.3.14


■年中行事     2008開幕 柏 2-0 磐田
デジャブ  /  GUDA GUDA クール J
作詞:ごおるきいぱあ   作曲:あとはあなたの腕しだい※基本ラップで


去年と同じ開幕カード
柏レイソル日立台
2008年スタートダッシュ
覇権握るぜ王座を奪取 

スローガンだぜHUNGRRRRRY
開幕準備はバッチリぃ
タイトル獲得 ひさしぶりぶり
山本浩正お肉がむっちり


終わってみれば結局惨敗
柏レイソルお立台
今年も失敗?スタートダッシュ
補強は失敗?損したCASH

スローガンだろ?HUNGRRRRRY
サポーターたちはANGRRRRRY 
去年と同じで 口をあんぐり
さぐりさぐりで みんなまったり
前田以外は みんなどんぐり
FW2人は使えずガックリ


ュヨー メェーン




というわけで特にコメントすらする気にならないのでさようなら σ(-_-#)


2008.3.11


■検証2007末〜2008 第2回      
空白期間を埋める検証第2回。さあ、いよいよ佳境に入ってまいりました(2回目ですけど)。

◆駒野友一入団
今季J屈指の大型移籍。本人いわく、磐田は「広島に似ている、人もボールも動くサッカー」らしいですが、J2に降格したクラブに似ているといわれるのもどうなのかと微妙。良い選手であることは間違いなく、左右かかわらずマルチにポジションをこなせるわけですが、右MFで起用すると言われる方針を聞くにつけ「そこはいるだろ」とか「もっと補強すべきポジションがあるだろよ」と、多くのサポが感じたことは確かです。
◆山本修斗病気発覚で契約保留
メディカルチェックで「原発性左鎖骨下静脈血栓症」と診断され、治療に専念し完治後契約とのこと。技術があり体の強いMF/FWということで前田2世として期待を集めていたわけですが、前田と違い病気への耐性はないようで。怪我の耐性は前田以下などということはないように。
◆パラナ退団、ファブリシオ・エンリケレンタル移籍
ブラジル人ボランチトリオ崩壊。崩壊してくれてよかったんですが、ファブリシオだけは残って欲しかったなと。エンリケにしろレンタル移籍とはいっても戻ってくることはないでしょう。せいぜい高く売るように契約下手なフロントさんたちにはよろしく。ま、ロッテのYFKも崩壊したことだし。
◆八田負傷
八田が骨折でGK3人体制早くも崩壊。そもそも代表GKヨシカツさんと、一応U-23候補(しかも怪我多し)マツケンを抱えているわけで、そんな中でGKが3人てことがどうかと。誰もが感じていたことが早くも現実になってしまいました。仕方なく昨季で各クラブを退団した選手の中から「彼しか残っていなかった」というノグチ・ピントを練習に参加させるというドタバタ。
◆ネスレ撤退
「神様仏様ネスレ様」とも言われ、長年にわたってスポンサーとしてサポートしていただいたネスレがついに撤退。磐田の胸ロゴといえば「Nestle」だったわけで。「Nestleのロゴはジュビロのロゴ」ってなほどになじんでいたわけで。もうミロで乾杯とかヴィッテルで乾杯とかヴイッテルの奪い合いとか出来ないわけですね。そもそも優勝できなけりゃ乾杯も何もないわけですが。
◆新ユニ発表
今年も出来合いのもので、かつてのようなオリジナルものではございません。なんだか昨年と代わり映えしませんが、とりあえず飯田産業にはだいぶ慣れました。難点といえば清水と単なる色違いということと、GKユニ(上)が清水のホームそのまんまという事実です。ま、個人的には襟付きが好きなのでアウェイのほうがよろしい

つづく


2008.3.2


■管理人復活      
あ・・・、あけましておめでとうございます
2月末にもなって2008年度初更新。インフルエンザやら普通に風邪をこじらたやら男女関係をこじらせたやら人生をこじらせたやら、人に言えないあんなことやこんなことが連なって2008年の大半を床に伏せっておりました。というのは嘘で年末に書き留めておいた復活の呪文が間違っていたようで、いくら入力しても復活できず今に至った次第です。
やっとのことで復活いたしましたが、永らく更新滞りましたこと、“そんな気持ち”もありませんが最近芸能界で流行っているみたいなので皆様に謝罪させていただきます。特にBBSにて放置プレーとなりましたこと軽くお詫びいたします。


■検証2007末〜2008 第1回
というわけですでに開幕寸前でございます。空白期間を埋めるということで、検証などというたいそうなものではございませんが、2007年末からの出来事を数回に分けてチマチマと軽く振りかえっていきたいと思います

◆ワラシさんレンタル期間満了で退団
餞別のオーバーヘッド。終盤になってやっとフィットしてきたわけで(ていうかそれまでなにやってたんだよテメとか)。延長という手は無かったのかとも思ったり。
◆萬代宏樹完全移籍で入団
次代の“ミスター仙台”、と目されたU-23代表経験もある長身イケメンFW獲得。中山はさておき前田もいるしカレンもいるし・・・などと思っていたら前田もカレンも怪我だったりするわけで、にわかに期待せざるをえない状況に。
◆マシュー復帰
規定路線ではあったようですが、愛媛では26試合出場無得点という事実をどう見るか。
◆カワム復帰
例の事件以降は特に「あんなカワムでも欲しい」と思いましたがほんとに復帰。ボランチ候補のなかでとりあえずガッツリと守備が出来そうなのはカワムくらいだったり。ま、コースケならコースケでそのほうがいいんですけど。
◆ジウシーニョ入団
待望の“ボランチ以外の外国人”加入。特に目立った肩書きや年齢詐称などはないようですが、ブラジル人はその辺のさえないおっさんがものごっついリフティングを披露する国ですし、どこの馬の骨ともわからん奴がとんでもなく凄かったりしますので、そんな奇跡に期待しましょう

つづく


2008.2.28





NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ