トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2008年5〜9月        2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月




■ やはり困ったときは新潟           磐田 1 - 0  新潟
"困ったときのアウェー新潟”と申しましすが、本当に困ったときにはホームでも力を与えていただける優しさ。いやあ、持つべものは新潟です。今後ともよろしくお願いします、J1残留できればの話ですけど。
試合のほうは決して芳しい内容ではございませんが、とりあえず球際の厳しさだけはここ数試合では一番でした。最近はあとほんの少しでも体を寄せていれば失点は防げたということも多く歯がゆい思いをいたしました。「ここは絶対にクロスを挙げさせない!」「 シュートは撃たせない!」最後まであきらめずに一歩でも半歩でも、いやさ靴一足分でも体を寄せていく、ぶち当てていく、そんな石崎君的な気合が大切です。今の磐田には岬君より石崎君が必要です。
ま、毎度おなじみ、こうやってほめたらほめたで次には同じ人間がやっているとは思えない腑抜けになってしまうのがここ数年の磐田です。ピーター・アーツも王者セーム・シュルトに気合勝ちしたことですし、ぜひこの気持ちを忘れずに闘ってください。
ただし新潟戦こそ勝ちましたが、“内容が悪くても勝つ”ことが出来るほどの力は今の磐田はございません。“内容より勝利”で7試合を勝てるほど甘くはございません。内容がそれなりに伴わなければ勝ちつづけることは出来ないことも肝に銘じなければなりません。ま、でも最後は気合だ気合。
ちなみに直上の状況ですが、最近の星取りを見るにつけ、今後のターゲットは千葉よりも読売か大宮でしょうか。今季最終戦はホームで大宮ですから、もしやするとそこが“決戦”などということにもなるやもしれません。


2008.9.29


■ 重要かもしれないお知らせ   
唐突ではございますが 
当サイトはたぶん近日中に移転いたします。
「磐田の降格に先がけて移転かw」などと言われそうですが、あくまでも経済的理由です。もちろん移転するからといって特別なことをしようとかそういうこともなく、ただただ移転するだけです。移転後には再度告知いたしますので今後ともよろしく哀愁。

2008.9.25


 緊急アンケート終了  
「降格危機にオフト新監督就任  たのむでホンマ」
ありがとうございました。 考察は後ほど


■ マリアナの七面鳥撃ち        磐田 1 - 5 FC東京 
5失点て
   orz

赤嶺いないのに5失点て
   orz

「1-3までは一番いい試合が出来た」て
   orz

この非常事態に田中さん怪我て
   orz

千葉逆転勝ちて
   orz

自動降格圏て
   orz

マシュー長男誕生

  il||li orz il||li

・・・・・・・・・ん?

そんなわけで、JUBILO MANIACSは京都パープルサンガを応援しています


2008.9.24


■ 覆水盆に返らず          磐田 0 - 1 横浜 
ある意味史上最大の決戦ではございましたが見事に完敗。当サイトでも以前より何度も申し上げておりますが、磐田最大の課題とも言える1対1のひ弱さ。横浜戦もこんちこれまた攻守ともに腰の引けたプレーの連続でございました。
練習を1対1に費やしたなどともいう話ですが、この非常時に、この期に及んで練習時間を1対1に費やすなどとプロとしていかがなものかという話でございます。ある意味オフトもいざ監督になったものの、1対1の弱さに唖然呆然ということだったのではないでしょうか。
そのオフトさんはオフトさんで2戦続いて動かざること山の如し。負けているのに結局交代枠を残したままThe END。前任者同様後手後手に回った選手交代でございました。オフト的には“使える”コマがなかったのかやっぱり交代下手なのか。ま、オフト第一次政権をご存じないここ数年の磐田サポさんに申しますが、これはあくまで仕様です。これからもこんな感じで続くと思います、たぶん。
そんなわけで、横浜さんには返り討ち。最悪の場合「死なばもろとも」と、来季はJ2でダービーともくろんだ清水はもはや遠くなりにけり。眼下の千葉さんはここにきて2連勝と、もはや自動降格圏にリーチでいよいよ洒落にならなくなってまいりました。そんな非常事態ですが、横浜・磐田の監督であらせられたお気楽極楽親父はいまだ根拠なくポジティブです。なんか楽しそうだし ヽ(ー_ー#)ノ


2008.9.22


■ I'm a Hunter      
40代でも炎のゴールハンター
一方
40代でも常にハンター
かたや最近は年に指一本、かたや片手くらいは楽勝。
追いつけ追い越せ(何をだよ)。


2008.9.12


■ 緊急アンケート  オフトにおすがりする           
オフト監督就任発表から一週間。各所で賛否両論巻き起こっているようですが、もはや動き出したわけですからこの方向で最善を尽くしていただくしかありません。
長期育成型監督として日本代表・磐田・さいたまと、思い出作り “土台作り”には定評あるものの、反面ここ一番の勝負弱さにも定評のあるオフトさん。今度はじっくりもクソもなく就任早々それなりの結果を出さねばならない立場です。かつてヤマ発臨時コーチ時代にはごく短期間でチームを一変させた実績もあるとはいえ、そういう意味でも不安いっぱいです。しかしサポとしてはもう期待するというか神頼みというかワラをも掴むという心境でオフトさんにおすがりするしかありません。
そんなわけで緊急アンケート
「降格危機にオフト新監督就任 たのむでホンマ」 実施
アンケートページはこちらをクリック →  
ワンクリ詐欺じゃないから安心してクリックしてください。
J2降格の危機にオフトにあなたはなにを期待するのか。ぜひとも皆様のお声お聞かせくださいませ。ちなみに“J1残留”は期待も何もそれが大前提の願いですので、あえて選択肢から外しております。

2008.9.10


■すっかり”おみそ”の青い鳥           
◆パルちゃんとグランパスくんのほん

著者: パルちゃん /グランパスくん
出版社: 日刊スポーツ出版社
サイズ: ムックその他
ページ数: 98p
発行年月: 2008年08月

J随一の芸達者パルちゃとJ随一の癒し系キャラグランパスくん。J抜群のキャラ立ちを誇る彼らがコラボ本を発売しました。第2のドアラとしてグランパス君の人気も上昇中との事ですが、残念ながらそこは芸の無いグラ君。芸の面ではパルちゃんの力を借りて売出しです。さらにはついでに見た目のキモさではドアラに敵わないパルちゃんはグラ君のかわいさを借り、お互いの短所をお互いの長所で補い合っております。
そういえばかつてはウチの青い鳥もコラボしておりましたが、見た目も可愛くなくさらにキモいというほどキモくも無く、さらになんら芸も持たない青い鳥は最近すっかり蚊帳の外です。ここはひとつキャンディーズのミキちゃんとか、SPEEDの新垣とか、たのきんトリオのヨっちゃんみたいな感じでいいので仲間に入れていただきたかったものです。だって来年はグランパスくんとのコラボは出来そうもありませんから。あ、そういえばパルちゃんもそうでしたね。じゃ来年は仲良くJ2でコラボしましょうねパルちゃん σ(-_-#) 


2008.9.4


■オフト革命           
オフト 監督就任 ! ?

オフトだな
オフトだよね
うんうん、どう見てもオフトだね

というわけですっかり忘れていた「ジュビロの基礎を築いた男」。さいたまさんの監督を突然辞任したときは健康面の問題もあったような気がしましたが大丈夫なのでしょうか。61才だし。
確かに“J監督経験者で磐田を良く知る”という条件には合致しております。結局半身内人事ではありますが、落としどころとしては候補として名を挙げられていた方々よりは100倍現実的な選択。個人的には長澤まさみ降臨が良かった(長澤和明氏が良いというわけではなくただ単に男として)のですが、もはやかなわぬ夢とあきらめます。ああ、サックスブルーまさみ・・・
電話要請⇒電話受諾ってのが事の重大さにしてはなんとも軽いわけでなんとも心配ですが、「オラとオフトの仲だもんで」ってことで理解することにしましょう。ま、こんなときに「ベストとは言わないが・・・」などとオフトにもサポーターにも失礼な言動をしてしまう辻取締役の感覚にはちょっぴり困りものですが、磐田フロントの失言は今に始まったことではないのでもういいや。

さて、肝心のオフトサッカーでございますが、ざっくり思い出してみますと
基本4バック、MFのFW追越禁止、リスク回避、役割固定、非流動性
などというところでしょうか。「磐田の基礎を築いた男」ながら“黄金期の磐田“とは真逆だったりいたします。てすが、それも“土台“あってこそという事も確か。「元々のポジションも役割もろくにこなせねー野郎が、ポジションチェンジだとか流動的だとか片腹痛ぇってんだ!」というわけでございます。
ここは“過去の栄光にすがり付いていつまでも幻影を追い求めて型だけ同じ事をやろうとしてウジウジして人とボールが動くだとかなんとかそんなお題目ばかり唱えて頭も体も動かない磐田”を得意の指笛で徹底的にしごいてあげていただきたいものです。それでついて来ない者はオフトならいい意味で“切れる“かもしれません。ま、そんな「も一回なんとかならねーか」なんてのも過去の栄光にすがりついているわけですが。


2008.9.2


■ウッチー浮上訴えるも解任           
とんでもなくすったもんだ4割、北京五輪3割、サボり3割で久しぶりの更新でございます。勝てないことにすっかり慣れてしまい、負けたからっていちいち騒ぎ立てることも無くなってしまった昨今。とはいえさすがに監督解任などという一大事ともなればスルーを決め込むわけにもいきません。ま、毎年のことなんでそれも慣れてきましたけど。
采配に?はあったもののアジウソン解任には否定的だった当方も、今回ばかりは止むを得ないと思うウッチー解任。この期に及んで「浮上できる」といわれても。そりゃもうこれ以上潜られたらJ2直リンなわけで、潜行というよりすでに撃沈状態。もはやどなたかにサルベージしていただくしかありません。
アジ時代にはなんだかんだで監督の采配で星を拾ったなんてこともちょくちょくありましたが、ウッチー采配では星を落としたことすらあれ拾ったと思ったことは皆無でした。「監督に言われなきゃ出来ないようではしょうがない」発言があった時点で当方はもう見限っていたわけです。

というわけで監督候補に数人の名も挙がっておりますので簡単に考察しませう。
●報道されている方々
 柳下正明   選手の信頼は厚いが結局また身内人事。今の状況で「ヤンツーさん」はまずいと思うぞ。
 オシム翁   能力になんら疑いはないがいかんせん大病患った直後だけに。磐田の若手の走らなさ具合に激怒してまた倒れてはいけませんから。ていうかもう名を挙げる時点でorz 
 関塚隆    こちらも病人。監督できるくらいなら川崎辞めてないってアンタ。 しかも本田→鹿島という出自。
 アマル   オシムの息子というだけ。ちなみに落合中日監督の息子は福嗣なわけです。
 原博実   守備陣崩壊と言われて久しい今の磐田にそれはないだうと思いたい。 
 桑原隆   ある意味ここまで貶めた元凶の一人が彼であるとも言えるわけで。出来婚じゃないんだから「こうなったら責任とってもらおう」とか考えないように。「死なばもろとも」とも言える。 
     
●その他管理人のリアルな思いつきとファンタジー
反町康治    ある意味名が挙がらないのが不思議。カレン・コータ・マツケン・バンダイはモチベーションダダ下がりか
岡田武史   バーレーン戦惨敗→更迭→磐田へ とか。ただし持病の「欲しい欲しい病」には磐田は答えられません 
佐々木則夫 なでしこ監督。時が時だけに話題性はある。ただし磐田の選手にはなでしこのガッツはありません。
山本昌邦   桑さんならこの方のほうがいいじゃないかとか
長澤和明 満を持して復帰。そしてサックスブルーまさみがついに磐田へ降臨。話題性は抜群だ。集客もUPだ。バレーみたいになるかもしれないけどいいや。
名波浩 J初プレイングマネージャー。華麗なパスは見られるかもしれませんがシュートは1試合3本平均くらいになるかもしれません
 ドゥンガ   マジでやばいセレソン監督の座 →辞任・解任 →逃げるように磐田へ。ついでに怒られ役として山西復帰。 
 ジェラ   本国での監督としてのキャリアは惨憺たるものだったようですが雰囲気で。ついでに名古屋で出番のないトシヤがジェラを慕って復帰とかなんとか
オスカー   元ブラジル代表主将、日産監督として2年連続三冠達成。ただし京都監督時代には開幕17連敗を記録
ジーコ 住友金属をなんとかしたみたいにウチもなんとかならんか。この際現役復帰もアリだ。ま、これ以上選手に「自由を尊重」されたらどうにもなりませんが。
松木安太郎   それだけは勘弁してくれ
早野宏史 いやそれも勘弁してくれ
星野仙一 北京五輪ですっかり評判を落としましたが、ヘタレどもを叩きなおすために役員に
荒田忠典 院政でもいいから老骨にムチ打って今一度現場へ。

しかしJ 監督経験者ってんで候補に挙げられている面々ですが、病人か成績不振で辞めた(辞めさせられた)方ばかりなのですね。報道ではなく本当にに候補がこういう顔ぶれならフロントそのものから刷新しなきゃ話にならんなと思ったのは私だけではないでしょう。ていうか皆常々思っているわけですがそれも極まれりと・・・。


2008.9.1


■DREAM5前夜祭               磐田 1 -  2 大分 feat.高山啓義  
今の世の中、総合格闘技でさえグラウンド状態での顔面へのキックは禁止されているものもあるというのに、どうやらJリーグは顔面へのキックが許可されているようです。せっかく家本復帰戦を乗り切ったと思ったらこんなところに落とし穴(家本は家本で早速またやらかしているようですが)。
ま、試合を流すことで定評のある高山ですからこの程度のコンタクトはなんでもないということでしょうか。家本の陰に隠れているとはいえ、さすがかつては穴沢と並び称されただけのことはございます。
ま、そうはいっても厳しいことを言えばあの同点ゴールの場面は、ヨシカツさんがボールをキャッチしようとして抑えられなかったために押し込まれたわけです。しっかりキャッチしていれば押し込まれることもなかったわけで、たとえ押し込まれていたとしてもキャッチした上で顔面を蹴られてこぼしたボールならば反則を取った可能性も高かったのではないかと。そんななわけで裏のとられ方といいウチに問題があったのも事実でございます。ただウチにミスがあろうがなかろうがなにがあろうとウエズレイのプレーは問題外のド反則ですが。
しかし何を言っても言い訳にもならないのが経験豊富な元代表田中誠さんがロスタイムに犯したオッペケペーなクリアミス(というかクリアミスすら出来ずにかっぱらわれたわけですが)です。前節のヒデトさんといい黄金期を支えたDFがなんともアレでナニだったりするところが今の磐田を象徴しているような気もいたします。ま、田中さんのオッペケペーなクリアミスは今に始まったことではないのですが。
そんなわけで内容を伴った連勝でいい方向に進みつつあるか・・・と感じたのはやはり錯覚っぽいわけてすが、早くも正念場ともいえるのが次節ホーム読売戦です。チケットもいつも以上にばらまいたのか完売もあるかなどという勢いです。ここはばらまきチケで観戦した人の1%でもサポーターに巻き込めるような熱い楽しいサッカーでひとつ勝利していただけるようにがんがっていただきたいものです。


2008.7.22


■自作自演 成岡SHOW            磐田 2 - 1 名古屋  
前田先発復帰というよりも家本のJ1復帰という今季最大の難関となった大宮戦。副審の活躍もあってなんとか勝利して迎えた名古屋戦でしたが、出ばなをくじくなんともオッペケペーな秀人さんと成岡の譲り合いにより開始早々失点。
今季というかここ数年の磐田であればこから一気に畳み掛けられ0-4くらいで惨敗しそうなところでしたが、どいういうわけか失点直後からペースを奪い返し圧倒。よもや後半開始早々同点に追いつき、あまつさえ直後に成岡のプロ初ゴールをほうふつとさせるミドルで逆転しようなどとは夢が真か幻か。
そういえばあのころの成岡は出場するだけでスタジアムが大歓声に包まれるという「次代の磐田を担う超新星」として大いに期待されておりましたね。いまや隔世の感はありますが。ま、そもそも失点が失点ですからそれくらいは当たり前だと言ってしまえばそれまでですが
大宮戦といい名古屋戦といい、内容では圧倒しながら試合終了までハラドキヒヤヒヤ、身の毛もよだつという夏にぴったりなこのスリル。選手交代すればするほどチームが機能しなくなることで昨今定評のある内山采配も、今回はドン引き5バックでかろうじて逃げ切り、当たりこそせずとも大外れはしませんでした。
ま、そうはいいましてもヨシカツさんが試合後に見せたガッツポーズが物語るように、横浜戦での“ポゼッションが1:9だろうがシュートが0:24だろうが自殺点でもなんでも勝ちゃええやんけ”的な村井さんいわく“降格圏内のサッカー“ではなく、ここ2戦は内容をともなった勝利。わずかながらも一歩踏み出した感はございます。ただし、喜んでいるとあっさり裏切ってくれるというか、結局ただの錯覚だったというのがこれまたここ数年の磐田ですので過度な期待は禁物ですが。
あ、それから試合後のインタビューでの茶野さん発言。「まだ優勝をあきらめてはいない」にはスタジアムにお越しの皆様はもう少し大きな歓声と激励で答えてあげてほしかったなと思いますのことよ。


PS 横浜さんへ

 お気楽極楽親父横浜監督解任ですか。

だから言ったのに

これで横浜サポにも「くわばらくわばら」が特別な言葉と相成りました。


くわばらじゃなくてくわはらなんですけどね



2008.7.18


■リィゴ再び                 
世間ではヤマザキナビスコ杯などが行われているようですが、そんなことは眼中にはないジュビロ磐田。マサ強化部長無期限補強の旅の結果、2代目ホドリィゴ選手獲得内定です。

ロドリゴ・ラセルダ・ラモス
U-20ブラジル代表 1999年ワールドユース出場

グラウかよ

ちなみにフランスリーグの公式プロフィールはこちら
2008/9はアジャクシオ所属になってますのでストラスブールから復帰するはずだったようです。ていうか二重契約とか大丈夫だろうなと、契約ベタな磐田の本領を発揮しないかと大いに不安でもあったり。
さらに誰もが考えるのが「今度は年齢詐称がないのか」ということですが、ヨーロッパでプレーしてたからたぶん大丈夫ではないかと。
パルメイラス、AEKアテネ、A・ミネイロ、ストラスブールといった名門を渡り歩き、U-20やアジャクシオではキャプテンも務めたというとで、話を聞く限りでは補強ターゲットであった“キャプテンシーのあるごっつ系セントラルMF”と合致はしているようです。
気になるのは毎年のように退場し警告も大量蒐集しているカードキャプターぶりですが、むしろそれくらい闘志むき出しでがっつりいくくらいの人がウチのヘタレにはちょうどいいのかもしれません。見た目のパンチもあるし個人的にはこういう顔大好きです。ブラジルっていうよりロシアっぽいよねとか、どう見ても27歳には見えないとか、せんだみつおにしか見えないとか、セサミストリートのマペットですか?などはともかく、女性の方々はくれぐれもネドヴェドと比べてはいけません。
登録名はロドリゴのようですが、ロドリゴだと正直誰が誰だかというか、どのロドリゴ?いつのロドリゴ?てなことになってしまいますので、インパクト的にラモスのほうがいいんじゃない?と思っちゃうヨぉ


2008.7.2


■勝ちにこだわる               磐田 1 - 0 横浜   
あちらのベンチにお気楽極楽親父がいてピッチにジローがいて、一方こちらにヨシカツさんがいたりしてで何がなんだかよくわかりませんでしたがとりあえずもう奥がいなくて何よりでした。
村井さんいわく「降格圏内にいる順位のサッカーができた」らしいのですが、“降格圏内にいる順位のサッカー"というのがどういうものなのか。89分90秒押し込まれていて相手の油断やポカにつけこんで1点なんとかごまかしてとって逃げ切ったみたいなサッカーができたということでしょうか。勝ち点3にゃ違いないわけですが、私には「勝ちにこだわって泥臭く」というよりも「なんだかわかんないけどたまたま勝っちゃった」ようにしか見えませんでしたが。
念仏のように唱えている“ジュビロらしいサッカー”ってなに。昌邦さんとアジウソンという磐田の英雄を食い潰してこの状況ってナニ。なんとか勝ったら「泥臭く出来た」で、負けたら「修正して」とか「切り替え」て、普段は「ジュビロらしいパスサッカー」とかで、何をしたいのかどうしたいのか何しているのかどうしているのかさっぱりわかりません。
これならいっそ、いっぺんJ2に落ちるほうががよいのてはないかとと思ったりもいたします。ま、落ちたら落ちたで磐田の場合2度と戻ってこられないような気がしないでもないというか多分にするわけで、とりあえず「落ちなきゃそのうち何とかなる」という根拠なきお気楽極楽親父的楽観論に頼りたい一サポとしてもジレンマが続く今日この頃です。ま、「そのうちなんとかなる」わきゃないのですが。


PS
北京五輪候補合宿メンバー
めでたく五輪代表には誰も選出されませんでした。どう考えても予選突破の可能性は限りなくゼロに近いわけですが、ウチのメンツが入ったら入ったで可能性がゼロに近くというかゼロになってしまうような気もするので仕方ありません。決定力不足が懸念されているようですが、平山がいなくて何よりです。あ、萬代なら出してあげてもいいですよ。ウチも戦力ダウンにならないし。


2008.7.1


■ジュビロマニアックス 子供相談室      
J再開に呼応するかのように久しぶりの更新です。長らく更新されていない間に子供たちからジュビロマニアックス(以下JM)についていろいろと質問をいただきました。そこで今回は管理人ごおるきいぱあ氏と親交があるというビンチョ氏を先生としてお招きし、ごおるきいぱあ氏、JMについていろいろとお聞きしたいと思います。質問するのは子供たちの代表として、もうすぐ夏休みでわくわくしているけれど友達がいないから休み中ずっとひまなので町中に落とし穴でも掘ろうかなと計画している小学5年生の健太郎くんです。それではどうぞ。

: ビンチョ先生よろしくお願いします
: ああ、よろしく頼むよ幸太郎くん
: (名前間違えてるし・・・)
早速質問なんだけど、どうしてJMはときどきまったく更新しなくなるの?
: ときどきというかしょっちゅうだね。病気だったり怪我だったり妙に忙しかったりすることもあるらしいけど、基本的には管理人が怠けものだからだよ。みんなはそうならないようにJMなんか見ないようにしようね。ちなみに先生も怠けものだから仕事は年3日だけだよ。
: (え〜、ニートかよこいつ。働けよオッサン)
ごおるきいぱあさんは怠けぐせを直そうとしないの?
: しないんだよ。ていうか直るものなら先生もとっくに働いてるよ。ハハハ、バカだなぁ、バカ、バカ、大バカ野郎だな勘太郎君は。
: (なんなんだよこいつ・・・ しかもまた名前間違えてるし・・・)
どうしてJMはジュビロを応援しているはずなのに悪口ばかり言ってるの?
: それはね、ジュビロにしっかりしてほしいからだよ。君もお父さんやお母さんやとなりの飼犬に叱られるだろ?それと同じなんだよ。
: (飼い犬に叱られるって・・・)
ふーん・・・。なんだかよくわかんないや。
: まあ今はわからなくてもいいよ。大人になったらQ太郎君にもわかるよ。「可愛さあまって憎さ100倍」なんてこともあるんだけどね、フフフ・・・
: (Q太郎ってオバケかよ!)
ホンと!? ぼくにもわかるようになる?
: ああわかるよ、大人の世界がね・・・。知りたくないことまでわかってしまうんだよ・・・。 先生は知りすぎたからもう何もかもいやになったよ・・・。どうだい、ウイリアムス君、一緒に死んでくれるかい?。
: (なんだよこいつあぶねーよキモいよ! ていうかウイリアムスってなんだよ もはや太郎じゃないよ、いや日本人ですらないよ!)
せ、先生・・・、ついでにJMと関係ないことだけど聞いていいですか?
: ああいいよ。ほんとは先生、JMのことなんてぜんぜん知らないんだ。ていうかJMってなんだよ、今日初めて聞いたよ。
: (じゃなんでここにいるんだよこのヒト・・・)
じゃ、じゃあ質問だけど、どうしてヘビーメタルの人はみんな長髪なの?
: さあよくわからないな。でも先生もなんだかよくわからないけど髪の毛を3年間切っていないよ。ていうか3年間洗ったこともないよ。ほら、見てごらん、触ってごらん、嗅いでごらん、ほらほらっ。
: (うわ、どうりでくさいと思ったよ!近寄るなよあっち行けよ!)
じゃ、じゃあ、どうしてヘビーメタルの人はヘビメタって略すと怒るの?
: テメぇヘビメタって略すんじゃねぇよ!
: ええっ先生も怒るの!? 先生もヘビメタなの!?
: だから略すんじゃねぇってんだよこのクソガキ! しめるぞ! 近所にあることないこと言いふらすぞ! 床下に猫の死骸こっそり忍ばせるぞ!
: うわーっ! ナニ言ってんだこの人やベーよ!おかしいよ! さ、さよならー!
: テメぇ待ちやがれこの! やーいやーい、バカカバちんどん屋おまえの母さんデベソ! やーいやーい!

  
今回は「ギャグマンガ日和」風にお送りいたしました。


2008.6.27


■ジョミール星人とミザール星人の会話12     剣が峰 1 - 2 赤嶺  
: またまた後手後手をふむ采配で負けたね。少なくとも引き分けで終われる試合だったと思うけど。
: スコアが動かないと動かないのよねウッチー。今回もエメルソン投入後に即逆転される始末だったわ。
: なんとなく攻めているっぽかったからそれでよしとしたのかな。
: なんとなく攻めていたって結局点は獲れていないのよ
: 結局失点直後にコータからフナタニへの交代ってわけだしね
: 遅すぎるのよ。相手に先に動かれていつもリアクションになって混乱してしまうのよ。今の磐田は臨機応変に対応できるような戦力じゃないんだから、こちらから動いて相手にリアクションをさせないとだめよ
: それどころか負けているのに動かなかったりもするからね。今回もなんら役に立っているとは思えない萬代を後半39分まで引っ張ったし。
: まだいいわよ。エコパのさいたま戦では負けているのにロスタイムになってやっと中山投入なんて荒技まで見せられたじゃない。
: あれにはおったまげたよね
: 挙句には「監督に言われなきゃ出来ないようではしょうがない」って、確かに“言うこと”のレベルの問題はあるんだけど“言うこと”が監督の仕事なのに本末転倒だわ。監督がそれを言ってはいけないわよ。正直今季この時点でベンチの采配で落とした試合がすでにいくつもあるわよ。
: 伝統のパスサッカーとか何とかいってるけどボールを奪わなきゃパスもまわせないしね
: ま、ウッチー批判ばかりしたけど実際にプレーするのは選手なのよね。正直どいつもこいつも1対1の守備が下手すぎなのよ。コースを切るだの囲い込むだのコンパクトだの言う前にそこからやらなきゃだめだわあれじゃ。
: 少しばかりボールをこねくり回せるからって“能力が高い選手がそろっている”なんてちゃんちゃらおかしいってハナシだよね。
: それならフリースタイルサッカーでもやってりゃいいのよ。あたしゃそんなもの見たくないの。
: ほんと。何も見せなかったし収穫もなにも残らなかった試合だったね
: 強いてあげれば試合後に通路でひっそり配ったエスキモーのアイスがおいしかったことぐらいかしらね。


2008.5.18


■妄想終了         
ネドヴェド、ユベントスと契約更新
というわけで、ネドヴェドがドゥンガのようにテレンコテレンコした若造どもの性根を叩きなおし、自分勝手なプレーをしたらセットプレーをすべて蹴らせ、邪魔だと思ったらフリーキックを蹴ろうとしている選手をも突き飛ばし、なおかつドゥンガのように時々サボることもなく縦横無尽にピッチを駆け回る。
ネドヴェドグッズが即発売され、管理人はいまだに買っていない飯田産業ユニにネドヴェドなんてネーム入れてのぼせあがるサポが続出し、さらにネドヴェド見たさに磐田など特に好きでもないないどころか嫌いなサッカーファンまでスタジアムに押し寄せ営業ホクホク。あげくには年はイってるものの金髪をなびかせ走る姿に「ネド様」なんてことになっちゃって“ネドギャル”殺到。ついでにそのおこぼれに預かってうまいことねーちゃんだまして人生一度くらいいい思いを出来たらいいな・・・などという妄想はあっさり終了。やはり分不相応ということでしょうか。


2008.5.14


■GW まとめて更新        
せわしないGWも終わりました。ジュビロ磐田の試合ぶりに更新意欲減退はなはだしい昨今いかがお過ごしでしょうか。そんなわけでGW期間3戦の感想をごくごく簡単にまとめて更新です。
◆ 静岡“降格争い”ダービー 清水東先輩 1 -1 清水東後輩
試合後感想 
 「あ〜あ、ネドヴェド来ねぇかな〜マジで」
◆ うしろ髪ひかれ隊ダービー  犬塚 1 - 4 寺田・井川
試合後感想
 「マジでネドヴェド連れて来いよ! 選手半分くらいクビにしてフロントやヤマハ役員の退職金あてて株売って資金繰りしてでも連れてこいよ!」
◆ “苦しいときのアウェイ新潟”も・・・ 玉華堂 0 - 1 亀田製菓
試合後感想
 「ネドヴェド来たってダメだよこいつら!」


というわけで久々のNHK-BS中継で黄金時代のVを流され、磐田サポに隔世の悲哀を感じさせてしまうだけならまだしも、現状を見るにつけ他サポには失笑までかわれてしまったジュビロ磐田をJUBILO MANIACSは悲しいかな応援しています。


ちなみに「うしろ髪ひかれ隊」がわからない若人はこことかここ


2008.5.12





NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ