トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2008年10〜12月  
2008年5〜9月
        2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■ ジュビロ磐田 2008年度MIP 投票受付    
2008年度重大ニュース投票締め切りました。たくさんの投票ありがとうございました。なんだか最後の最後で中山移籍などという重大ニュースがあったりするかもしれませんが一応締め切りです。考察は後ほど。

というわけでアンケート企画2連発。今度は

2008年度 ジュビロ磐田MIP投票
※参考 ノミネート一覧

でございます。本来ならばMVPといいたいところですが、クラブが16位でMVPもクソもないわけで、あまつさえベストファンサービス賞などというサポーターをコケにしたような選考などするわけもございません。
で、そこでMIPです。本来は
 ・Most Improved Player - 最も成長した選手
 ・Most Impressive Player - 最も印象に残った選手。
なわけですが、成長と申しましても松浦か、ヨシカツさんのドS 度くらいしか思い浮かばなかったりいたします。印象と申しましても、やはり松浦の入れ替え戦での活躍とかヨシカツさん神降臨とかジウと茶野さんがんばったねくらいしかないわけで選考対象が少なすぎて投票になりません。
そんなわけで今回のMIPは
M ・・・ もう  I ・・・いいかげんにしてください  P ・・・ プレイヤー
というネガティブな投票をお願いいたします。もっとがんばりま賞とかそんなベタなノリですがささいなことは気にしません。
全選手ノミネートでございます。参考としてこちらでノミネート理由を簡単にまとめさせていただいております。
さて、あなたがムカっ腹が立っているのは誰?

※ちなみに全選手ノミネートとは申しましても、面倒くさいので投票欄デフォは一部のみとなっております。他意はありませんがあるかもしれません。


2008.12.23


■ ジュビロ磐田 2008年度重大ニュース 投票受付    
オフト退任→ヤンツー昇格というまたもや身内人事で、これじゃオフトの言う「フレッシュなスタート」とかどこに飛んでいったんだかわからないジュビロ磐田ですが、一応2008シーズンの日程終了。天皇杯やらクラブW杯やらも行われているようですが、弱小磐田には悲しいかな関係ありません。
そこで超ベタな企画ではございますが

2008年度重大ニュース投票受付

冥界をさまよい歩いた2008シーズン、あなたにとっての今年の磐田重大ニュースはなんでございましょう。



2008.12.16


■ジュビロ磐田J1残留決定試合   第2戦  磐田 2 - 1 仙台

青山さんありがとう!
おかけで残留できましたよ!



というわけで、ずいぶん久しぶりにゴール裏に入ってバモったのでノドが痛くて、ついでに二日酔いで頭が痛くて古傷のヒザが痛くて、なんだか最近意味もなく寂しくて辛くて心が痛いJUBILO MANIACSです。

仙台が倒れたらファール、磐田が倒れてもノーファール、腕を引っ張られたのに逆にファールをとられて幻の3点目。審判への牛タン攻勢があったのかどうか定かではありませんが、“14人”を相手によくがんばりました。ロスタイムはもう生きた心地がしませんでしたが、これも3点目を取り消してくれた審判さんのおかけです。どうもありがとうテメェ○すぞマジでこのヤロ。
そんなドキムネ状態に陥ったこともあってか大舞台を数々経験しているヨシカツさんが試合後に大の字で号泣。また質の違う異常なプレッシャーとの闘いだったということでしょう。天国と地獄はまさに紙一重。結果的にダービーでの勝点3が活きました。柏戦でのロスタイム同点ゴールも活きました。監督交代が活きたのかどうかは微妙ですが、駒野さんの反則が活きて入れ替え戦にまわってしまったのは間違いありません。どうもありがとう。
と、グチはともかく松浦ですよ。もう松浦神ですよ。2戦3ゴールに幻の1アシスト。もう来季は10番だとかなんとか。現在欠番の10番は松浦でどうでしょう。
え?欠番じゃない? うそ、10番ぜんぜん見ませんけど。あ、試合後になんだか一番はしゃいでたっぽい人がそうなんですかね。ま、いいじゃんか、いてもいなくてもかわらないみたいだし。松浦でいいよ松浦で。


PS 社長さんへ      試合後の挨拶の件

なにせ立場が立場、状況が状況ですから仕方がないかもしれません。しかしお互いに命をすり減らすような2試合を戦ったわけで、仙台に少しばかりのエールくらいは贈っても良かったのではないかなと。ベタでも「お互いに死力を尽くして戦ったこの2試合は来季に必ず活きると思います。再来年はJ1で戦いましょう」程度のことは言ってほしかったなと思う次第でございます。


あ、最後に仙台さんに一言

関口くれ。
 かわりに萬
ピーー

2008.12.14


■ジュビロ磐田J1残留決定試合      第1戦  仙台 1 - 1 磐田
とりあえずまだ終わっていないので何も申しません。


人事を尽くして天命を待つ


とと言いたいところですが、待つなどと、「ははのんきだねぇ」なことを言っていては気まぐれヴィーナス(わかる人挙手)はどちらを振り向くかわかりません。勝利は己の力で勝ち取るものでございます。さすれば


天は自ら助くる者を助く


ということで福来ると。果報は寝て待てと申しますが、現実は寝てたところで果報などやってきません。勝ち取りましょうこの手で。



ものの本によりますとやたらと格言・ことわざを持ち出す人は「下品な人」だったり「きらわれる人」だったりするらしいですね。ええ、下品ですとも、嫌われ者ですとも。

2008.12.12


■ 撃ちてしやまん          
あまりの不甲斐なさに他人様のせいにして現実逃避に走る当方ですが、逃げれば逃げるだけ追いかけてくるのが現実というものです。人生では逃げまくって追いかけられて追いつかれて踏みつけられボロボロの当方ですが、ことジュビロに関してはいつまでも他人様のせいにしてばかりもいられません。あっという間に仙台との決戦でございます。
来季からは全て自動入れ替えとのことで、最後の入れ替え戦に出られる名誉をなんと表現すればよいのでしょうかテメェこのやろ。ここ3季はJ2クラブが昇格を果たしております。失うものがあまりに大きいJ1クラブに比べ、勢いでは昇格にかけるJ2クラブのほうが上といわざるを得ません、悲しいかな。
一般的には戦力的には磐田が上などと言われていますが、そこはそれいわゆる1+1=2というわけではなく、チーム力というものは単に選手個々の力で決まるものではございません。いやむしろ今の磐田の個々の力そのものががいかほどのものなのか、チーム力って何なのか、何年もかかって一向に改善しない様々な問題を見せつけられるにつけ疑問に感じざるを得ないなわけでございます。
さてそうなってくるともうここ一番は精神力です。よく言われる「勝ちたい気持ちが強いほうが勝つ」です。気合です。磐田の場合、負けた試合の大半がそもそもハナっから気合負けみたいなもんですからなおさらです。
大宮戦後の選手のコメントを聞いてもいつものように「力不足です」、「これが実力」、「次につなげる」などいつもどおりのお約束。ほんともうそんなのいいから。そんなテンプレートのコメントいいから。力なんかいまさら簡単につかないし、次になんかつなげなくてもいいから次の2試合絶対に勝ってください。2試合に勝たなければ次なんかありません。その後のことはそれから考えてください。来年のことを言うと鬼が笑うと申します。もう人生には2008年12月10と12月13日以外は存在しないと思ってやってください。

2008.12.9


■ ぬかよろこび           磐田 0 - 1 大宮 
えー、


とりあえず氏ねFC東京


あとセレモニーまで客待たせ過ぎだよ寒いよ。帰りに思わずしるこ買っちゃったよ。また糖分取りすぎちゃったよ。どうしてくれんだよ。

と、他人様のせいにしているわけですが、だってウチがあまりに不甲斐ないんですもの、他人様に頼るしかないじゃないですか。大宮戦ホーム不敗神話もあっさり終了。もうほとんど神話残ってないよ。なんかありますかね。客がたくさん入ったら勝てないとかそんなんですかね。

もう試合開始からあきらかに様子見モード。後半になってもどう見てもどう考えても点を獲れそうもなく、他会場の結果ばかりが気になる始末。後半半ばを過ぎ川崎-1-0東京V、FC東京2-0千葉という経過。東京Vでは福西さんが退場と、すったもんだあったけれど長年プレーした古巣を援護。なんだか残留もおぼろげに見えてきたかなどと思っていたところにこんちこれまた無様な失点。
それでも他会場も他会場だしなんて思っていたところへまさかの千葉怒涛の逆転劇。川崎はリードこそしているものの1点差。最低でも引き分けに持ち込まねば入れ替え戦すら危うい状況に陥いりドキがムネムネ。
しかしオフトさんはやっぱりいつものオフトさんで、最後の最後に中山も西も投入するわけでもなくケンタローをパワープレー要員として前線へ。所詮ケンタローはケンタローで中沢でも釣男でもなく、そもそもそんなオプションほとんど見たことないわけで成功するはずもなく(ていうか攻撃オプションとして萬代はともかく中山もケンタロー以下ということですか) 。そのままさしたるチャンスを掴むことも出来ぬまま0-1で敗北。ああ、もしかしたら降格決定かも・・・
結局川崎さんは終了間際に追加点を奪い2-0で終了。川崎さんはもちろんのこと、よくわかんないけど退場させられた福西さんと、よくわからないけどもしかしたら「福西だから」なんて理由で退場に処した岡田主審のおかけでなんとか入れ替え戦には引っかかることが出来ました。いやありがとう。FC東京さんにおかれましてはマジで氏んでくださいホント。
大宮さんにおかれましては、名波引退セレモニーもあってサポーターの皆様が大勢残っていただき、さらには入れ替え戦に臨むウチに対してジュビロコールまでしていただきましたね。「暖かい声援をありがとう」などと一瞬勘違いいたしましたが、よくよく考えたら結果的とはいえ引き分ければ両チーム残留だったわけで(大宮はそもそも引き分けでOK)、ホント氏んでください( 結局他人様のせい)。


PS  名波引退セレモニーの件
当方、セレモニーで不覚にも涙してしまったことは秘密です。さらにはビジョンに流された強かったあのころがふんだんに盛り込まれた名波の好プレー集、そして高原・大岩・服部・福西・トシヤといった強かったあのころの面々から送られたビデオレターに、入れ替え戦が決定した今の磐田が悲しくて寂しくて虚しくて、また涙をあふれさせたのも秘密です。
ちなみにビデオレターの面々ですが、高原以外皆戦力外とか退団とかいう方々ばかりですが、名波の引退試合が合同引退試合になったりとか、来季J2で全員磐田なんてことがあったら大笑いだねこりゃ (T∇T)


2008.12.8


■またもやデジャブ           鹿島 1 - 0 磐田
ロスタイムに岩政ってまだ強かったあのころのアレを思い出しましたよ。ええもうこの前のアレといい、思い出すのは強かったあのころですよ。このあとはもう坂道を転げ落ちるように落ちていったわけですけどね。
とにかくもう清水さん、横浜さん、こんちこれまたほんとにほんとにありがとう。“足を向けては寝られない”とはこのことです。落ちたら落ちたで平気で足を向けますのであしからず。 このご恩はきっとお返ししたいと思います。残留できたらの話ですが。
で、ついでに駒野さんもありがとう。来季はどこのクラブでご活躍なされるか存じませんが、磐田ではどうもご苦労様でした。あなたのことは忘れません、ええ忘れませんとも。マルキが「後ろから触って触って〜、触ったら倒れるから触って〜」と、ドゥンガよろしく待ち構えるところに見事にコンタクトしてくれました。ええ忘れません、忘れませんとも。しかしCKで岩政に駒野ってどんなマークですか。
ま、幸いにもまたもや旅は道連れということで、下位チームがこぞって敗戦&引き分け。首の皮2枚くらいはなんとかつながりました(他もそう思っているでしょうが)。出来うれば大宮さんが新潟に勝ち残留を確定し、“モチベダダ下がり状態”での対戦となればよかったなと。しかし大宮に勝ちさえすれば得失点差で大宮を上回りまわすから、自力で残留を決められるのです。もう最期最後の最後ですから無理からでもポジティブに考えることにしましょう。

と言いながらやっぱり気になる残留争いの他会場は
千葉 vs FC東京
  東京V vs 川崎F
  新潟 vs G大阪

と、喜ばしいことにいずれも厳しい相手。ウチ目線で考えると
磐田勝利 → 大宮を得失点差で上回り残留確定
磐田引き分け・負け → 大宮・新潟残留確定、あとは千葉・東京V次第
ということで新潟の勝敗はウチの残留には無関係ですから適当にやってください。問題は千葉・東京Vですが、川崎は優勝を争いFC東京はACL圏内を狙うというモチベガンガン状態。期待しましょう。期待してます。いやホントたのみます、ホントお願いします、ホントお願いします  m(TロT*m)  (結局他力本願)


2008.12.2


■犬飼、麻生のバカ比べ     天皇杯5回戦    磐田 1 - 3 G大阪

普通に負けました。正直メンバー変えてなくても負けたと思いますがそれは秘密です。いやむしろ柏戦でのメンバーでは先制点のような得点は生まれなかったかもしれません。残念ながら名波のようにタメてピンポイントでパスを出せる選手もいなければ、2列目から走りこむ選手もおりません。ま、3点目のような失点はなかったと思いますけど。なんかアレ思いだしたよアレ


で、そんないっぱいいっぱいのウチに対して(千葉・大分・仙台も)犬飼とかいうアホがベストメンバー規定を盾に(そもそも規定そのものがクソなわけだし、15位と低迷するウチのナニがベストなのかわからないわけで)「天皇杯の権威を無視」、「丸投げ社長」などとのたまっております。シーズン秋春制移行問題に関しては札幌社長に「サッカーの素人」などとほざいております。今回は今回で試合がウチだけでしたから狙い撃ちでございます。
しかしサッカーのような激しいスポーツを中2日、中2日で3試合を同じメンバーで戦うのがベストメンバーですかね。例えば柏戦前の力を100として
同メンバーの場合 
 柏戦100 →中2日疲労したままガンバ戦 90 → 中2日疲労蓄積 鹿島戦 80
ターンオーバーの場合
 柏戦100 → フレッシュメンツガンバ戦 90 → 中5日疲労回復 鹿島戦 100

単純に考えてもこの程度の考えはできるはず。麻生首相に言わせれば「ア○ツハ○マーでもわかる」ってことですよ。ベストメンバーなんて相手にもよっても状況によっても変わりますよ。どちらが素人なのか。いやいやあなたが選手だったころのように攻める人は攻めて守る人は守って、ドカ蹴りして走るだけのサッカーではありません。あなたのいたさいたまさんのように金で選手をかき集められるようなクラブはありませんから(オタクのさいたまさんも昨年は天皇杯4回戦でメンバー5人入れ替えて負けてますけど)、試合に出して経験・成長させるのもクラブ強化のひとつの大切な方法なんですよ。
シーズン終盤でただでさえ疲労も蓄積しているところに、そもそも磐田とは無関係なACLによる日程変更での過密日程。いまどきのこまっしゃくれた小学生なら十分考られそうなことが理解できない人が協会の会長とは。

そもそもナニをするにつけ優先順位ってものがあるわけで、残留争いしているクラブがリーグを優先することなど当たり前。クラブの死活問題ですから当然なわけで、リーグ優先などどこの国だって同じこと。あのFAカップのある英国プレミアですらその傾向がみられます。また逆にプレミアの場合、FAカップに勝ち残ればリーグ戦の日程変更もあるわけで(それが必ずしも日程緩和になるわけではないとはいえ)、どこぞの口だけのリーグとは違います。
よほどのビッグクラブでさえ全てを全力で獲りに行くことなど至難の業。ましてやシーズン終盤ともなれば目標設定はさらにピンポイントになり優先順位ははっきりします。何を優先するかなどクラブの勝手。なにを優先しなければならないかも状況で変わります。クラブもサポーターも納得していることに何を口を出すのかね。サポーターは残留に命をかけてるんですよ。オタク言ってること違いますね。ダブルスタンダードですか。いやはや内政干渉も甚だしく、プロパガンダを垂れ流して他国の教科書に因縁つける隣国の方たちと変わりません。
そういえば先日の代表カタール戦ではリーグ戦を中断し天皇杯4回戦は行なわれましたが、これはいったい何故なのかと。どちらが権威無視ですか。日程そのものの不備を棚に挙げて何を言うかねチミは。オタクの言うシーズン秋春制移行へのプロパガンダの犠牲にされてたまるかってーことです。
さらにはガンバ西野監督への「そんなメンバーに負けるな」発言などはもう愚の骨頂。バカいわく「遠藤がAFCMVPを逃した。天皇杯を獲ってACL出場権を獲らないと来年も獲れないから、そういう意味で頑張れと言った」らしいのですが、まったく言い訳になっておりません。ていうか「そんなメンバー」とかそれこそ選手に対して失礼千万。出場した選手に謝罪しなさいよ。ていうか謝らなくていいからかもう辞めなさい、ていうか氏ねホント。



〔追記〕
・・・と思ったらなんだか弱腰に。西野監督への発言を突っ込まれるのがマズイと思ったかね。あまりに批判が多いから少しはマズイと思ったかね。なんにしろ本音は変わってないと思うけどね。


2008.11.28


■THE MESSIAH WILL COME AGAIN      磐田 1 - 0 清水
メシア青山
青山 is GOD !
  
青山 is JESUS !

  
青山 is MESSIAH !


というわけで、自ゴール前でコケるなどと、磐田では元代表ガンヲタDFがしばしば見せるものの、草サッカーでもなかなか見ないような青山のファンタジックなプレーで決勝ゴール(前田のシュートは見事)。札幌戦のGK佐藤に続きメシアが再び。
残留争いしている他クラブからは「静岡同士で談合か!」とか言われそうですが、なんと言われようと勝ちは勝ち。たとえほとんどノーチャンスだろうが押されっぱなしでグダグダだろうが勝ちは勝ち。清水さんも勝てば来季ACL出場権を得るための3位という目標が現実的になってきたわけで、そういう意味でも言われているほどモチベーションが低かったということでもありません。だから談合ではございません。あくまでもいろんな意味で調整です。清水の営業さんもひと安心だねママ!
清水さんにおかれましては、33節千葉戦にしっかりと勝利していただき(場合によっては最終節京都戦も)今回の勝点-3を静岡的に無駄にしないようがんばって欲しいものです。「ていうかお前ががんばれよ」と言われそうですが、基本ネガティブな当方ですから、ここぞというときはやはり他力本願なのです。


PS 磐田営業さんへ   応援ボードの配布・回収の件
一部では「回収すんのかよ。ケチくせえ」などという声もございますが、現実として持ち返ったところで正直ほとんどゴミになるわけで回収するのは良いことですよ。使いまわしも出来れば資源ゴミとしてリサイクルもできますよ、流行のエコですよ。
それはいいとして回収方法なんですがね、あのー、客任せにしないよーに。出口でおねーちゃんがひとり突っ立ってボソッと「・・・回収してますぅ・・・」てハンドtoハンドで回収ってなんですかいったい。どこで回収してんのか探しちゃったよアタシゃ。
出口に大きなBOXとかおいて「こちらで回収しております」とかメガホンかなんかで叫んじゃったりして立て札とか立ててとかなんとかも少しちゃんとやってくださいよ。そんでもってハーフタイムに回収方法とかちゃんとアナウンスとかしてくださいよ。効率とかfor客とか相変わらず抜けまくりですよ。そんなんだから選手が「金払うから来ないで」とか「客が」とか言うようになるんですよぉ、も〜。


2008.11.13


■ 空気嫁         
アメリカ大統領選でオバマ氏が勝利して福井県小浜市がファビょっていて、これって日本人なんの罰ゲーム?みたいな感じですが皆様いかがお過ごしでしょうか。いや〜ご無沙汰。
さていよいよJ1最後の静岡ダービーです。ガンバ・名古屋のアウェー連戦は勝点1の獲得にとどまり、当方設定のミッション最低限勝点2獲得はならず。上位相手のアウェー連戦で勝点1ならばいいじゃないかえお前さん、てな向きもあるようですが、もはや相手が上位だとかアウェーだとか言っていられない、そんなのっぴきならねー状況に追い込まれているわけですよこのやろー。
そんなわけですからダービーだとか何とかもこのさい関係ないわけで、普通に勝点3を獲らねばなりません。当方の妄想では  〜清水にYN杯を獲っていただきすっかり祝賀ムード。半分「今シーズン終了〜♪」みたいな感じでリーグ戦へのモチベーションダダ下がりみたいな感じでダービーを向かえる〜   などと思っていたわけですが、YN杯を落とし、岡ちゃんいわく「この悔しさをリーグ戦へ」などという妙な方向のモチベーションを持ってしまったようで困ったものでございます。
当方としましては「来季ダービーがなくなるとほぼ無条件でチケ完売の試合がなくなる・・・」なんて清水さんの営業方面の懸念、それにともなう清水さん営業サイドからのPOWER PUSH、ついでに「磐田がJ2に落ちると無理からダービーやんないといけないから東海チャンピオンシップ復活するしかないけどいっすか?」みたいな感じで営業さんから脅しをかけてもらうとか、そんなことにすらすがる心持でございます。


2008.11.07


■ 佐藤さんありがとう         磐田 5 - 0 札幌
5得点! 5得点ですってよ奥さん!!
5得点よ! 5得点なのよ!!


で、5点て何? つおい?

というわけで、5失点ならよ〜くわかりますが5得点にはいまいちピンと来ないJUBILO MANIACSです。母さん僕はなんとか元気です。
優勝を棒に振ってまでもウチをJ2へ落とそうというさいたまの陰謀にも負けず一応降格圏脱出。やはりターゲットは大宮と読売ということでしょうか。何なら今シーズンもう終了してもかまいません。この際選手会がストでもやって今シーズン終了しなさい。
ま、降格圏脱出とはいいましても得失点差なわけで目クソ鼻クソ。圧勝とは申しましても相手が相手。ポロリで先制なんてこともウチの歴代GKなら話は別ですが、そうそうあることではございません。まして残留争いチーム中、残した対戦相手が最も厳しいのが磐田ですから浮かれてはいられません。
大勝でいいムードで中断に入り戦術を浸透・・・ならばいいのですが、なにせ今までが今までの磐田の人たちですから、またぞろ「2週間なにやってやがったんだゴルァ!」的なことになる可能性が低くないことが気がかりでございます。



2008.10.06


■ サイト移転のお知らせ  
先日予告いたしましたがほんとに移転してしまいました。俺はウソをつくとき以外は本当のことしか言わないぜベイベー。旧サイトからのテレポートを仕掛けましたので移転に気づかない方もいらっしゃるかもしれませんが移転しています、移転してるんです、本当です、こちらが新しいJUBILO MANIACSです、これは定説です
http://homepage3.nifty.com/j-mania/
上記アドレスに変わっておりますので新アドレスにてお気に入りへ登録を、またRSSご利用の方はフィードも新しくなっておりますのでよろしくお願いいたします。リンクいただいてるサイト様につきましても気が向いたらなにとぞよろしく。
それからこれも先日予告いたしましたとおり、移転したからといって何が変わったというわけではありません。デザインをリニューアルしたとかコンテンツを一気に更新したとか、隣の部屋ににきれいなおねぇさんが越してくるとか、通学途中の曲がり角で憧れのK先輩とぶつかってコンタクトが落ちて一緒に探してもらって拾う瞬間手と手が触れあって●☆◎◆!※とか、あまつさえジュビロ磐田の連勝が止まらないとかそんな素敵なことは一切ございません。
そんなわけで当サイトはこれまでと何ら変わることなく、怠惰 真摯な態度で更新を途切れ途切れで続けていきます。がんばれ俺。


2008.10.01





NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ