トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2009年1〜4月    2008年10〜12月  
2008年5〜9月
        2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■ 景気動向       横浜FM 1 - 0 磐田
 
バブル しゅーりょー
 
グノバブルあっさり崩壊。やはり岩戸景気でもいざなぎ景気でもありませんでした。せめて4試合くらい続いて欲しかったあるよ。
そんなわけで平成不況真っ只中のジュビロ磐田。3年計画で優勝などという夢物語は誰も本気にしていないわけで、目標は明確にJ1残留です。

2009.4.30


■ 京都の恋       京都 2 - 3 磐田
逆転されたときは「やっぱだめだよ、だめだよオレ、だめだよ・・・もうだめなんだよ母ちゃん・・・」と、思いましたが、昨今の磐田には奇跡に近い逆転勝利。ずいぶん久しぶりに、まともに攻めてるっぽい型を見た気がいたします。
グノの活躍は見事でしたが、ジウシーニョの運動量とキープ力が最後の逃げ切りにも大きな役割を果たしたことも忘れてはなりません。グノはグノで、デビュー戦の活躍がフロックでは無いことを証明したっぽいわけですが、一方、逆転ゴールを挙げたジウシーニョの尋常ではない喜び方に、ただただ逆転を喜んでいるのではなく、スタメン落ちの悔しさを感じたりもいたします。
グノ加入で突然攻撃力を増した感のある磐田。しかしグノの能力の高さを考慮したとしても、一人の加入で突然動き出すということは、では今まで何を考えて何をしていたのか、小1時間スワヒリ語で説教したい気分もあったりいたします。そんなわけで、
グノ活躍 → ジウシーニョ控え → 不満鬱積 → やっぱりグノ活躍 →
ジウシーニョ控え定着 → 不満爆発 → 出場機会求め突然移籍 →
一方グノは夏市場であっさり欧州移籍 → 気がつけば二人とも退団 →
元のもくあみ攻撃停滞 → カレン間に合わず → 松浦も間に合わず →
萬代先発 → その先は言わずもがな

などということになったりする恐怖にすでにさいなまれています。ま、グノの活躍が続けばの話ではありますが。活躍しなればしないで磐田の行く末は同じだったりするわけで。
※ “その先は言わずもがな” は、“墓参り” に読み替えていただいても結構です。わかるオジサン・オバサン方はお楽しみください。

PS コースケさん
ゴール前でこねくりまわす突破は、あなたの尊敬する23番の前任者を彷彿。それはそれで今季すでに何度も決定機まで持ち込んでいるわけで、相手が怖がることはガンガンいっちゃってください。ただしくれぐれもシュートは転がす方向でお願いします。



 京都の恋

2009.4.27


■ 最下位脱出       磐田 3 - 0 清水
いやもう清水さんにおかれましては、いったい何がどうしてしまったのかという低パフォーマンス。もうわざととしか思えません。やさしさライセンスありがとう。おかげで待望の今季初勝利でございます、ていうか昨年11/8清水戦以来、のリーグ戦勝利です。
ダービーやライバル対決といえば、「○○だけには負けたくない」とか「○○だけには絶対勝つ」などと申します。とはいえ、実際ウチのように「清水にしか勝てない」となりますとマズイわけで、清水に勝ったところでJ2に落ちてはどうもこうもありません。こんな言葉はある程度のラインはキープしているか、もう完全に降格決定などという状態のときに言える言葉だとわかります。
思い出してください黄金時代のころを。鹿に負けたところで優勝すれば、んなこたぁ忘れたわけです。そんなわけで今後は「清水だけには負けない」などではなく、「基本負けない」方向でお願いします。
で、グノです。とりあえず早速アピールおめでとうございます。誰のために戦おうが、誰にアピールしようが、得点という結果に代わりはございません。短い間とは思いますが、磐田にいる間はよろしくお願いします。
プレーはといえば、現役韓国代表たる片鱗は見せました。前半はもたつきましたが、動きの質も高くサッカー頭のいいプレーヤーという印象。2点目は、ちょっと当たられると倒れてPKをもらおうということばかり考えている最近の日本の若造とは違い、青山に競り勝って叩き込んだもので、このあたりはさすがに大陸民族らしい体幹の強さを感じました。
前田との関係も時間を追うごとに良くなり、2点目はまさに前田が走りこみを信じて落とし、グノが落としを信じて走りこんだ結果。良くも悪くも徹底的に自分の欲しいタイミングで動くジウシーニョと比べれは、どちらが一年間一緒にプレーしているのかとも感じたりいたします。
さて、そうなると次節ジウシーニョ復帰の折にはスタメンがどうなるのか・・、と、巷では言われております。どうやらグノはサイドもこなすようで、そんなヤンツー構想もある模様。そういえば先日の朝鮮ダービーでもやってたような気が。前田はよほどのことがない限りスタメンでしょうが、3人のうち誰かがリザーブになったと考えましても、今までのように「替えるやついねーよ」とか、「また○○かよ」と、交代時点で得点の臭いが皆無に・・・というようなことは無いような気もいたします。
ま、そうはいってもたかだか1勝。なんだか、「清水に勝利」「しかも3-0」「しかもジウシーニョなしで」「さらに新戦力」「前田復活」とかなんとかで、すっかり浮かれている向きもございます。しかし思い出してください。昨季は昨季で札幌に5-0で勝利の後、1勝2敗2分で入れ替え戦を余儀なくされたわけです。1試合ばかり勝ったところで油断大敵毛がボーボー。ましてや清水さんの超絶パフォーマンスのおかげだったわけですから割り引いて考えなければなりません。
グノにしてもまだ1試合。思い出してください、グラウのデビュー戦を。
交代出場 → 鮮やかなサイドチェンジのパスでスタジアムやんやの喝采 → とどめに1対1を冷静に決めて初出場初ゴールゲット。
サポの期待は一気に高まったわけですが、その後の大失速。磐田を長く応援していれば、外国人不信に陥るのは仕方ありませんでしょ。

2009.4.21


■ やさしさライセンス    磐田 7 - 0 静岡産業大
点が取れなくて取れなくて。そんな可哀想なジュビロ磐田に自信をつけさせてあげようという配慮でしょうか。7 - 0 などというtotoBIG1等くらいの夢のようなスコアで勝利。産大様のやさしさライセンスは相当なものでございます。
ま、本来ならば大学生相手の練習試合に勝ったところで自信がつくとは思えませんが、ウチの選手の場合、この程度で自信をつけるどころか、過信して慢心して安心してしまう可能性すらありますから困ったものでございます。
清水様におかれましては、シーズン開幕早々すでに窮地に立たされている同じ静岡のクラブが相手です。「磐田だけには負けない」とかそんな堅苦しいことは抜きにして、昨年のプレゼントゴールよろしく、清水様のやさしさライセンスを期待します。

2009.4.17


■ 久しぶりの温故知新    記憶に残る選手たち
いつ以来か定かではありませんが数年ぶりに
「記憶に残る選手たち」 を更新
川田 浩二
最近のサポの方はまったく知らないであろう選手ですが、ジュビロ磐田創世記、一部には期待され、女性にもなかなか人気のあった選手でございます。
ま、興味のある方は読んでくださいませ。

2009.4.15


■ 日本人で2ゴール    磐田 1 - 1 千葉
シーズン早々、裏天王山だの降格決定戦だのと、結果だけはそこはかとなく注目された一戦も、終わってみれば1-1ドロー。
100人のうち87人くらいは「いくら点が取れないからって、自分のゴールに入れることないやね」と思ったであろうオウン・ゴール。じいさん・ばあさんが火事で焼死しちゃって、近所の人に「そんなわざわざ自分で焼かなくたって、もう少し我慢すりゃ焼いてくれたのになぁ」などと言われるようなものでございます。
内容はといえば、双方ともに“この順位にいるのもむべなるかな・・・”というグダグダ感。本来ならばアウェー勝点1は、まずまずと考えられるところですが、磐田で2-6、0-1と敗れているわけですから、「追いついて引き分けならば良かった」などと悠長なことは言っていられません。唯一、勝てる可能性が23%くらいはあった相手なわけですから。ま、アチラ様は8割方勝てると思っていたでしょうけど。
そうはいっても、とりあえず“エース“前田が今季初得点ということで、わずかながら光明が見えないでもありません。前田がさわっていようがさわっていまいが、前田があの位置に入っていなければゴールもないわけで、ご祝儀でもいいじゃない、前田のゴールでいいじゃない。駒野のゴールより前田のゴールのほうがなんだか雰囲気いいじゃない。
ついでにウチのオウンゴールも、縁起悪いからこの際巻の点でいいじゃない。あれをオウンゴールといったら南に失礼じゃない。いやウイイレに失礼じゃない。オウンゴールとはいろんな意味で美しくなければなりません。
あ、あとヨシカツ批判ばかりしてる阿○は、そうだね、小学生向けのサッカー読本あたりからでも少しお勉強したらどうかな。それでも難しすぎるかもしれないけど。

2009.4.13


■ おぼれるものはワラをつかんだ   韓国代表FW入団
えー、入団してしまいましたよ韓国代表の人。

李 根 鎬

イ・グンホ ではなく、 イ・グノ とのこと。 ま、どっちでもええて。
というわけで、先日入団会見が行われました。当サイトでは早速イ選手の質疑応答を、独自のアルゴリズムを持つ翻訳機にかけました。公式発表とは一部違う結果となりましたので、比較してご覧ください。なお、翻訳内容につきましては、あくまでも翻訳機によるもので、管理人の思考等とは一切関係ありません。


質疑応答
●ジュビロ磐田というチームの印象は?
公式:   「チェ・ヨンス・キム・ジンギュなどが在籍したチームとしてとても良いクラブだと知っている。サッカーについては今回の話を頂いてからDVDで今年の試合を見ました。FWからDFまで全員が運動量豊富というイメージがあります」
翻訳:  「チェ・ヨンス、キム・ジンギュなどが在籍し、たいした活躍もしていないのに大金をせしめたチームとして、とても良いクラブだと知っている。サッカーについては今回の話がきてから今年の試合を見た。基礎体力が不足している上に、ボールをまわされてFWからDFまで走らされ、肝心なところですっかり体力がなくなっているというイメージがある。

●自分のストロングポイントは?
公式:  「FWなのでスペースへの進入、裏へと飛び出しを得意としている。どんな体勢でもシュートを狙えるというのが仕事だと思っています。」
翻訳:  「ウリナラはチョッパリどもにくらべればなにもかも上手い。チョッパリ相手ならどんな体勢でもシュートは狙える。」

●今シーズンのチーム状況は知っていますか?
公式:  「勝利がないということはリーグ戦序盤なので何の問題もない。これから上っていくだけなので自分もチームの一員となり頑張っていきたい。ファン・サポーター・チーム関係者の皆さんの期待に応えられるように全力で頑張ります。」
翻訳:  勝利がないということは、自分が入団してから勝てないとしても俺のせいではない。オレには何の関係もないし知ったこっちゃない。J1においてはもう下がりようがないし、J2に落ちたところで来年はもういないので知ったこっちゃない。とりあえずはチョッパリよりウリナラが優れていることを証明して、同胞や代理人の期待にこたえられるようがんばる。」

●ヨーロッパ移籍への意欲があるようですが・・・
公式:  「もちろんサッカー選手としてほとんどの選手が高いレベルでプレーすることを目指しています。私もヨーロッパへの憧れはあります。しかし、まずはここジュビロ磐田で結果を出すことが大切だと思っています。それが無ければ先はありません。」
翻訳:  「本当は日本なんか嫌いだし、Jリーグなんかでやるつもりもなかった。ヨーロッパに行きたかったが契約にいたらなかった。生活もあるので、とりあえずは稼げる日本に来た。チョッパリ相手に軽く結果を出して、ヨーロッパ移籍への踏み台にしたい。」

●サポーターへ一言
公式:  「ピッチ内で自分をアピールできるよう頑張ります。応援よろしくお願い致します。」
翻訳:  「磐田のためになどという気持ちは微塵もない。ヨーロッパ移籍に向けてアピールできるようにはがんばる。」


ま、どうせ長居はしないわけだし。契約満了せずとも、夏の欧州マーケットでオファーが殺到して移籍するくらいやってください。金払うんだから。

2009.4.8


■ たどりついたらいつも雨ふり   磐田 0 - 1 FC東京
ずっと晴れ続きで試合当日の午後だけ雨で試合中が一番雨足強くて翌日からまた晴れて天気予報もずっと晴れってどんな嫌がらせだよ天照大神。心はずっと雨なんだから天気くらい晴れにしてくれったていいじゃないのさ天照大神。
というわけで予想通りというか、予定通りにいつものあの人にいつものようにやられました。ええ、たった一度の決定機を簡単に。一方ウチはといえば、決定機を何度も外しているわけで、それでは勝てるはずもありません。とりあえず1対1をGKにぶち当てるのではなく、GKに止められるくらいには練習してください、特にコースケさん、2度あることは3度あると申しますが、仏の顔も3度までと申します。
ま、“PK以外の決定機”が何度もあったということは、今までに無かったことでございます。ここはポジティブに、「負けこそすれ、良い方向に向かっているさ。だいじょうぶぅ、だいじょうぶだぉぉ」と彼氏・彼女・だんな様・奥様・2号さんに、夜中じゅう耳元でささやいてもらって信じ込むようにいたしましょう。ただし「死ね〜、死ね〜」と夜中じゅうささやかれていても知りません。言霊とは恐ろしゅうございます。
PS  いつものあの人へ
磐田がJ2に転落いたしますと、ご自身の得点が、来季以降ガクっと減ってしまいます。東京ホームで戦う際にはなにとぞよろしくお願い申し上げます。過度な搾取は自らも滅ぼすことは歴史が証明しております。「生かさず殺さず」が肝要です。また、磐田と残留を争うクラブをお相手の際には、これまたなにとぞろしくお願い申し上げます。残留を争えればの話ですが。

2009.4.7


■ ヤマザキナビスコ杯2連戦    磐田 0 - 0 横浜 ,  磐田 0 - 0 新潟
ヨシカツさんのいない代表なんてクリープを入れないコーヒーみたいなもんさ
というわけでバーレーン戦が行われました。野球の韓国戦もそうだけど、もう飽きたよいいかげん。モー5ネンクライヤリタクナイヨ、ジョーダンジャナイヨ。
さいたま戦ではゴール前で3度のクリアと、入団以来最高の仕事をした駒野が、なぜかまた代表召集で不在でしたが、わがジュビロ磐田はたいした戦力ダウンも無く、ヤマザキナビスコ杯2連戦を戦うという幸運でございました。ま、そもそも怪我人だらけで相当戦力ダウンしているわけですが、それは秘密です。
横浜は大黒柱中澤不在、新潟は矢野が無理から代表戦翌日合流。そんなわけで、2試合ともになんとか無失点で切り抜けましたが、困ったことに得点もありません。0 - 0 の引き分けがいいのか、2 - 2 の引き分けがいいのか、微妙なところではございますが、今の磐田の場合、とりあえず「点を取られなければ負けない」的な、ある意味ではネガティブな思考を、ポジティブと捉えていくのがよいかもしません。ていうかそれしかありません。
ま、ジウシーニョの突破以外にも、攻撃の形が1試合に2回位は出たみたいなので、ずいぶんな進歩です。1試合に2回チャンスがあって2回決めれば2点も取れるんですよ、あらすごい。
◆ 補凶
さて、それでというわけでしょうか。ここ3試合で1失点と、課題の守備の修正が出来たと勘違いしたのかどうなのか。今度は得点力不足解消に韓国代表FW李根鎬(イ・グンホ)の獲得に動いたとの事。点が取れなければFWを・・・というところが、なんだかミジンコ並の思考回路のような気がしないでもありません。
ま、そうはいってもエース前田はなぜか不調で、カレンとギュンギュンの復帰は遠い先。リザーブの1stチョイスが萬代では、それはそれで補強するのが当然といえば当然ですか、シーズン前からわかっていたことですが。ま、それでも動かないよりは動いたほうがマシなことは確かです。ずっと放置されている重大な補強ポイントが他にあることも確かですけどねぇ。
で、過去磐田に在籍した朝鮮の方々といえば、金珍圭、崔龍洙、金根哲、金鍾成 ら。珍圭が一応レギュラーとして迷惑をかけた出場していたのが最も成功した例で、後はいかんともしがたかった方ばかり。お国との相性や負の連鎖というものは続くものですから、当方といたしましてはいかがなものかと思う次第であります。
しかも聞こえてくる話では韓国の中でもまた並外れた日本嫌いとのこと。
好きな海外リーグを問われ
「Jリーグ以外は皆好きだ.。 理由はない」
とかいろいろと発言もある模様。
ま、韓国で反日歴史改ざんウリナラマンセー妄想教育を受けていれば、至極まっとうな答えでもございますが、いろんな意味でJでのプレーを目論んでいるあちらの方々も少なくないわけで。どうやら欧州移籍を目論んだものの、失敗して現在フリー。プレーしないわけにはいかないので、それならKリーグよりは金も稼げるし、適当に腰掛にしようという腹づもりの模様。

やめとけやめとけ

溺れるものはワラをもつかむ と申しますが、ワラはしょせんワラです。


2009.3.30


■ エコパで18,439人       磐田 1 - 1 さいたま赤 
追いつかれたとはいえ、つよーいつよーいさいたまさんに対して何とか1失点でしのぎ今季初勝点1を獲得。さいたまさん的には、先行され追いついたとはいえ、、ウチ相手ですから勝点−2、得失点差−4くらいの感覚かもしれません。
正直、高原に決められて釣男さんに豪快に叩き込まれ・・・なんて感じで、普通に負けると思っていた至極まっとうな神経の持ち主の当方といたしましては、得失点差+3くらいの勢いで勘違いしています。人生、勘違いしたままのほうが幸せな場合もあるのです。
ま、そもそも先制ゴールもいただいたような点ございます。ヨシカツさんの飛び出しにあれこれ言ってはいけません。決定機も再三防ぎ、ピンチを未然に防いだ飛び出しも何度もございました。現代表GK都筑とのポテンシャルの差も見せましたわよ。

とはいえ「これから良くなんじゃね?わかんねーけど」みたいな妙ちくりんな半疑問型の日本語で楽観出来る状態でないことは明らかで。先日は「ジウシーニョがあと10人いたら守備も強くなる」と揶揄した守備。かろうじて立て直しのきっかけらしきものは掴んだかにもみえましが、失点場面を含めドタバタとした落ち着きの無いクリアも目立ち、失点場面は課題の集中力と寄せの甘さとマークミス。1失点で済んだのは、むしろさいたまさんのおかげです。
さらに攻撃はといえば、今日も今日とてジウシーニョ頼み。孤軍奮闘。いやもう戦術がジウシーニョ。しかし最大の武器、ジウシーニョのダイブも審判が徹底マークで発動せず。相手を崩したかといえばまったく無く、崩すべくチャレンジしたかといえばそれもなく、可能性といえばわずかにコースケが前線に顔を出した2・3度程度。ならばと交代出場した選手がなにか見せたかといえばそれも無く。
ま、そもそもリザーブは面子を見た時点でげんなり。戦局を変えうるだろう刺客はおらず悲しい限り。ただでさえ攻撃陣に怪我人の多い中、唯一の希望だった松浦も骨折で長期離脱の悪夢。一般的には攻撃の中心になるはずの背番号10は、当日にエコパでSHOP店員などという始末。スタメンでジウシーニョがあと5人、リザーブであと3人くらいは必要な状況です。ああ、ノブオさんが神に思える今日このごろ・・・・。


2009.3.22


■ 降格率100%達成試合       磐田 1 - 4 G大阪 
2試合で10失点。いやーもう最下位独走。
ドタバタしたあげくのPK連発に、ヨシカツさんがパット・ボナーばりのポロリでトドメ。もともと普通に負ける計算だったので、そういう意味ではとくにショックはありません。ボロボロに崩された訳ではないのが救いといえば救いですが、崩されてもいないのに勝手に崩れていくというのは救いようがなかったりもいたします。
とりあえずジウシーニョがあと9人いたらもうちょっと守備も強くなる・・・と思う程度のことですよ。みんな気を落とさずにいつものように切り替えていきましょう。たぶん次の試合は修正してくれると思います。ま、みっちり2ヶ月かけてこの状態のものが一週間でどうにかなるとも思えませんし、次節さいたま戦も元々普通に負ける計算なわけですから気楽に行きましょう、気楽に。
開幕連敗で9失点以上した3クラブは今まで全て降格しているとのことですが、何事にも“初”があるということを忘れてはなりません σ(-_- #)


2009.3.16


■ 他人事                 
うぷぷっ♪
相も変わらず国際試合ではまったく勝てませんね♪
ま、ウチは国内ですら勝てないんですが。
日本代表としては他の3クラブに期待をして、鹿さんには相も変らぬアジアでの醜態をさらしていただきましょう。
ま、ウチは国内で、ホームで醜態さらしているわけですが。


2009.3.11


■ 2009年進化形                磐田 2 - 6 山形 
これはひどい

またもや昇格組との開幕戦で公開リンチ。いきなり降格候補BIG2の対決にホームで惨敗。一躍降格最有力候補に名乗りを上げる結果に。

いや、これはひどい

2008年はスカスカだったDFが、2009年はスッカスカに進化。簡単にカットされ簡単に放り込まれノーマークでシュート。ヨシカツさんはほぼノーチャンスで6失点。

いやいや、これはひどい

山形さんにおかれましては初J1、初磐田を存分にご堪能いただけたかと思います。これが最初で最後の磐田になるかもしれませんので、楽しんでいただけてなによりです。なぜ最初で最後になるかもしれないのかは、皆様のお考えにお任せいたします。ええ、多分そんな感じです。
ただし山形さんもこれがJ1のサッカーだと思ったら痛い目にあいますのでお気をつけください。磐田はこんなんですが、普通のJ1クラブはこんなものではありません。こんなチキンでもなければ、こんなグダグタでもなければ、こんなスッカスカでもありません。

というわけで次節以降、ガンバ、さいたま、F東京、千葉、清水・・・・  
開幕から怒涛の連敗が現実的に。

ま、どこが相手でもたいがいは負けそうなんですが σ(-_-#)


2009.3.7


■ 更新サボり期間を振り返る 2    
ていうかもうめんどくさいからユニクロでいいじゃん
なJUBILO MANIACSです。
更新サボり期間を振り返る Part.2 でございます。



新スローガン決定
原点がどこなのか定かではありませんが原点回帰だそうで。さらにはなんだか長嶋巨人みたいなキャッチフレーズつきの3年計画も発表。3年計画というとなにやら聴き覚えがありますが、あっさり頓挫したのは言うまでもありません。ま、3年で優勝などと悠長な夢物語を言っていると、この1年でJ 2 降格などということにもなりますので、1年を全力でやってください。
◆ 衝撃の新ユニ
胸スポンサーが飯田産業からヤマハに変わり“デザイン的には"安堵したのもつかの間、衝撃のセーラー服ユニ。そのスジのフェチの方々にはたまらないかもしれませんが、ムサイ男たちのセーラー服姿など私は見たくありません。
◆ ヨシカツさん肉離れ
代表合宿で怪我。幸いその後の経過は順調なよう。ま、それよりもヨシカツさん・楢崎不在の代表GK陣の不甲斐なさ。二人との差はまだまだ大きく、最低あと5年は二人にがんばってもらわねばならないかもしれません
◆ ファブリシオ・エンリケ移籍
ファブリシオ完全移籍、エンリケ契約延長→期限付き移籍延長。エンリケ契約延長の意図はよくわかりません。ファブリシオ復帰の夢はついえました。
◆ 中島、静岡産業大へ進学
ま、そもそもユースから昇格したこと自体が
ピー
◆ トシヤ熊本へ
もしや磐田復帰という淡い期待はかなわず。
◆ 福西引退
J1からのオファーなく、32歳にして引退。なにやら“タレント業も”などという声も聞かれますが、それはそれで東京へ行った甲斐があるというものですね
◆ 山西引退→磐田ユースコーチ就任
てっきり清水のコーチに就任するものと思っていたら磐田へ復帰。DFの層を考えるとシーズン途中、現役復帰なんてことも無いとはいえません。すでに洋平さんという前例があるわけで。
◆マシュー退団
マシュー藤井が静岡FCへ完全移籍。ちなみ清野は香港のクラブへ移籍とのことで、魅惑の2トップ実現はならず。


・・・・・・・・・・というわけで振り返っている間にもう開幕です。

2009.3.6


■ 2009年初更新  更新サボり期間を振り返る    
2009シーズン開幕まで2日、JUBILO MANIACS は、2009年初更新です。
年末年始をインフルエンザで寝込んだのは事実ですが、以降は毎度おなじみサボりです。自ら投票を募ったMVP投票、MIP投票も「みりゃわかるだろ」と、考察することなく俺様的にスルーです。
とはいえここまで2ヶ月間、それなりにネタもありました。そこでこれまた毎年おなじみ、更新の滞った2ヶ月の出来事を簡単に振り返っておきたいと思います。皆様的には「今頃何言ってやがんだテメ」でしょうが、「ケジメなさいあなた」という近藤真彦の声が、昨日あたりからなんとなく、ささやくようなウィスパーボイスで聞こえてくるような気がしたのであしからず。



◆ 胸スポンサーヤマ発に
ついにくるところまできたというか、この不景気にというか、不景気だからというか、ウチが弱いからというか、胸スポンサーに親会社ヤマハ発動機。ま、「胸漢字って中国みたいってか高校野球みたいってか」というユニ購買拒否理由は通じなくなりました。
◆ マツケン京都へ
復帰前提だと思いますが、とりあえずいろんな意味で根底から叩きなおしてもらってこよう。
◆ 吉原入団
一瞬吉原宏太かと思いました。なんだかかみさんがその筋では有名な美人棋士だそうですが、知りません。単身赴任も多い中、旦那とともに浜松に越してきたというところに好感が持てます。
◆ 森野退団
神奈川県リーグのSC相模原へ移籍。松永アナ涙目。
◆ カワム退団
東京Vへ完全移籍。川崎では残量嘆願運動が起こるほどだったカワムも磐田に来ればやっぱりカワムはカワム。朱に交わればなんとやら。
◆ 田中誠福岡へ
「他にクビにするやついるだろ」と多くのサポが思う中、福岡へ移籍決定。福岡にそまってワイルドな守備を見せる田中誠が見られますかどうか。
◆ 船谷復帰
予定通り復帰です。復帰決定早々に骨折です。
◆ 石井・森下コーチ復帰
毎度おなじみの方々がコーチ復帰。これも原点回帰ですか。石井さんはともかく、正直なところ申さんのコーチとしての力には疑問を持っている当方ですのでいかがなものかと思う今日このごろ
◆ 那須入団
レンタルなどとムシのいい話は通ぜず、東京VからDF那須大亮完全移籍。とりあえず長髪うざいから安永の言うように切りなさい。
◆ 社長交代
右近氏退任→吉野氏就任。相変わらずの人事ではございます。あくまで個人的なことですが、吉野氏が私の嫌いな人にそっくりだということが、どうしても引っかかるのであります。

                                 ・・・・・・・・・・・・・ つづく

2009.3.5




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ