トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2009年5〜8月        2009年1〜4月    2008年10〜12月  
2008年5〜9月
        2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■ Nightmare                  磐田 1 - 5 清水
ライバルだなんてゴメンナサイ
これで“ダービー"だなんてゴメンナサイ
同じ土俵でやらせてもらってゴメンナサイ
Jリーグ加入してゴメンナサイ
生まれてきてゴメンナサイ
いやほんとにゴメンナサイ
なんだかほんとにゴメンナサイ
というわけで、もうなんだかあらゆるレベルが違いすぎて笑ってしまいました。鹿を追うとかナビスコ優勝とかACLとか、我々とは異次元の目標を持つ清水さんですから当然といえば当然の結果でしょうか。ま、うちのサッカーもある意味異次元ですかね、サッカーと言えればの話ですが。
清水さんにおかれましては、攻撃の形を確認していただくにための練習台にはなれたかと存じます。同じ静岡として何よりです。ちなみに静岡といえば、同日昼、SBS杯にてU-18日本代表に1-6と惨敗したU-18静岡代表の守備陣の中心は磐田ユースです。ええ、やっぱりゴメンナサイ。
川崎に内容のある勝利と思ったら清水に歴史的惨敗。あまりの振幅の大きさに落胆された方も多いと思いますが、現時点でJ最強とおぼしき2クラブを相手に1勝1敗勝点3と考えれば、それはそれでいいじゃないの、ねえ奥さん。
シュータリング再び
で、そんな異次元の守備を魅せる磐田になんと突然ジョー復帰。もう明確にピンポイントというかアソコを補強・・・・・・・・・とは思うのですが、現在までの起用法を考えますに、必ずしもがリザーブかといえばそうでもなく。が単純に前に出てしまうとか、が右に行ってアノ人が前に出るとか、そんな可能性もないとは言い切れません。少なくとも後半の妙なところで妙な役割でが起用されることは最低限間違いのないところでしょう
で、肝心のジョー。長友の台頭で出番は少なかった昨今ですが、コンディションやさていかに。かつてウチにいたときはボランチ起用ってのもありでしたが、東京ではどうだったのでしょう、教えてエロい人。

2009.825


■ 8−0−1−1ナゾの人♪     磐田 3 - 2 千葉
巻と深井の2トップを磐田で見るなんて、あの日あの時を思い出してしまいましたよ、那須さんも含めて。あのころのウチは妙に強かったのであんな試合で怒ってしまったわけですが、今のウチはウチでアレでナニだったりしますので、それはそれで普通に怒ってしまいます。
さて試合は試合でもう皆様の感じているとおり、美しい言い方をすると、“3-0というウットリするようなスコアの後、追い上げられハラハラドキドキ・・・という一粒で二度゛おいしい展開”でございました。3点がセーフティーリードではないことは、“強かったあのころ”でさえあんなことがあったわけで、そりゃもう十分わかっていたつもりではありますが、こうもあっさりと思いしらされるとは思いませんでした。後半45分に6-0くらいなら、なんとか6-4くらいまでで逃げ切れそうな気がしますが、6点取られることはあっても取ることはありえません。
そんなわけで試合の中で楽しめない当方の最大の楽しみは、カントクの理不尽というか矛盾だらけというか傍若無人というか天衣無縫な試合後コメント。今回はまたあまりにもツツコミどころ満載で捨て置くわけにはまいりません。
・「自分たちでボールを保持する時間というのがまだまだ足りない」
   足りないっていうかほとんどありませんでしたよ今回
・「(キープの)回数をもっと増やすことで、守備の負担は減るので」
   そもそも守備がなっちゃいないからボールが奪えないわけですが
・「最後はジェフも必死にきていて、ピンチもあったけど」
   ピンチ“も” じゃありませんよ、“も” じゃ
・「岡田を前田のひとつ下、ボランチの前でワイパーの役目をやってもらう」
   ボランチ前ってか、トップ下でワイパーって。アジウソンも驚愕。
・「攻撃については難しいだろうなというのはわかっていた」
   難しいっていうかアレでは無理です。
・「2トップ頼みということではないが」
   それどころか終盤はもう8-0-1-1で攻めも守りも神頼みでしたが
・「修斗は、中に入ってのプレーもできるし、守備においても、ポジショニングもいいし、1対1の対応もいいものを持っている」。
   カントク以外の人はそこがダメだと思っているわけですが。
   いったい何が見えてるんですか。磐田史に残る名言認定。
・「想像以上にトップに楔を入れてきたので、後ろの選手はちょっとしんどかった。やはり、ボールサイドの人間がもっと厳しいプレスをかけないと」
   そりゃあれだけDFばかりじゃアンタ
松森さん、「柳下語録」 1コンテンツどうでしょう


PS ジュビロ磐田様
ボール支配率ですが、ホームの試合くらいたまには40%を確保してください。しかも感覚的にはキープしている時間の半分くらいはヨシカツさんが持っているような気がするわけで


* * * * ナゾの人

2009.8.2


■ シーズン途中にこのすったもんだ     
先週エアコンが壊れました。一昨日はデジカメが壊れました。ジュビロはずいぶん前に壊れました。僕の人生も壊れたままです。誰か助けてください。
というわけで、シーズン途中というのに出て行ったり帰ってきたりと思ったら違う人がまた出て行ったり出て行ったりと忙しいジュビロ磐田。ま、チームがうまく言っていないということをこんちこれまた如実にあらわしているすったもんだぶりでございます。
皮切りは押谷・須崎のレンタル移籍。正直大勢に影響はありませんが、「ユースから昇格したけど使えなくてレンタルに出して経験つませようと思ったけど移籍先でもろくに出場できなくて結局やっぱ使えね」的なパターンが構築されつつありますので気になるところです。
で、グノはパリSGと契約がまとまらず復帰。壮行会でのマイケル・ジャクソン「I Want You Back(帰ってほしいの)」効果か、むしろ“MJの呪い”というべきか。ま、再合流して「ゴメンナサイ」と挨拶して笑いに包まれた とのことですが、これがもし日本人がKリーグで同じようなことをしでかしたらチームになんか戻れませんな。戻ってもガン無視されるではないかと思いますがどうでしょう。つくづく日本人てお人好し。ま、契約が2010W杯終了時までというところがまたミソなわけですが、こうなったからには応援しますのでがんばってください。
と、これでJ1残留に向け一筋の光が・・・と思いきやロドリゴが古巣ストラスブールへレンタル移籍。昨季終盤は中心的な存在としてそれなりにJ1残留に貢献もしたわけですが、今季はパットせず出番は激減。出たところで彼がなにか大きな仕事をしてくれるかといえばそれもなく。
ま、当初思い描いた「ガッツリいけてリーダー的な」選手ではなかったことも確かで、厳しいことを言えば、あの程度なら日本人選手でなんとかしないといけないレベルであったことも確かです。だからといって最も人材難のポジションであり、ロドリゴレベルの仕事すら出来る人がいないということも確かなわけです。ヒデトさんを後半の仕事人として継続起用ってことですかね。それとも一応レンタル移籍になっているエンリケさん(クルゼイロでリベルタドーレス杯決勝進出に貢献)
が帰ってくるとか・・・はないですね。
で、飛び込んできたのが「太田退団、欧州移籍を目指す」との報。あまりの衝撃にいつも夕食どんぶり飯3杯が、茶碗3杯くらいになってしまった方もいるかもしれません。いやはや大分のオファーを蹴って一安心していたサポにとんでもないどんでん返し。あ、だから大分に行かなかったのね・・・と今になって納得。
ま、ある意味退路を断ったといえば断ったわけで、太田の夢は夢としてそれはそれで「本気ならガンバレや」と。しかし翻って、あくまで磐田原理主義のサポとしての目線となればそんなことも言っていられません。契約期間満了でオファーがあって移籍するわけではありませんから、クラブとしては移籍金も何も見返りもございません。
そこで太田の代理人なわけですが、これが悪名高き田邊信明。タナベといえば中田浩二のマルセイユ移籍時、鹿との契約切れを狙った引き伸ばし作戦で強引に移籍金ゼロ移籍を成立させたことでもつとに有名。アレでナニな事件を起してウチを退団してしまった彼が欧州移籍を画策していましたが、代理人はタナベです。ちなみにカレンの代理人もタナベです。
さらに今回の太田については「モデルケースにしたい」ともほざいております。モデルケースってことは、本来ならば多少なりとも移籍金がかかるようなそこそこ実績のある選手や伸びそうな若手に契約延長・長期契約しないようそそのかして「フリーだからやすくしときますぜ、どうでゲス? だんな 」てな感じで売り込むってことでおK? つまりは
契約期間満了→移籍金なし→格安獲得可→売り込み→あっさり移籍成立→代理人丸儲け、移籍元クラブ丸損
なわけです。ウチだけでなく各クラブさんもご注意召されよ。

先日の国内移籍金ゼロ化などクラブにとっては非常に厳しいご時勢となっております。地方クラブ生き残りには“育てて売る”のが常道だったわけですが、これからはそれも出来なくなってしまうほどの危機。クラブとしてはより深謀遠慮をめぐらせ契約対策、代理人対策をしなければなりません。特にウチの場合は契約がアレでナニで、もうク○でウ○コなわけですから。


PS 太田吉彰様
フリーになって移籍を目指すとか、なんだかグノっぽかったりするわけですが、欧州移籍に失敗して気がついたら大分に入団・・・とかはやめてください。

2009.7.25


■ か・い・しょ・う      磐田 3 - 1 大分
最近トマトジュースが飲めるようになりました。なんだかちょっぴり大人になった気がします。
JUBILO MANIACSです。
新聞の見出しが“磐田快勝”だったりしましたが、皆様感じられたとおり快勝というより怪勝でごさいます。当方的には“かいしょう”と申しますと甲斐性とか解消とかいろいろと思うところがありまして、あまり心地よい響きではございません。ああ、人生いろいろ。
大分さんがシャムスカ解任阻止という、ウチにとっては非常に迷惑なモチベーションで挑んでいらっしゃったわけですが、そのモチベーションに完全に圧されまくってしまいました。カントクいわく「体を張った守備」ということですが、ヨシカツさんが体を張って守ったわけで、高松にはなすすべもなくいいいようにヤラれ、崩されまくっていたことを忘れてはなりません。ま、先日の柏戦は何故負けたのかということですから、今回は何故勝ったのかということでチャラとしておきましょう。


ついでにヤンツー監督試合後コメントごく一部にだけツツコミ
・前半、少し物足りないところはありましたけど・・・
   いえ少しではありません
・能活のセーブがなければ違った展開になっていたと思いますけど・・・
   負けてました、ハイ
・相手のリズムでやられる時間もあるだろうと思いますが・・・
   前後半フルタイムでしたが
ツッコミどころが多すぎるので後は皆様ご自由に

あ、とりあえず大分さんは降格すると思うので、なんとかウチが残留した場合は高松をとか、まずはとりあえずシャムスカをおさえてとか。

PS 日刊スポーツ様
あのね、成長してないものは見せようがありませんてば。

2009.7.14


■ 10年早いわ、こわっぱ     磐田 1 - 0 広島
新旧イケメンGK対決はテンパリまくりの若造に対し、落ち着き払った好セーブを連発したベテランGKの勝利。なんだかGKに怪我人が続出し起用せざるをえなかったようで、ウチでいえば大畑が先発したようなもの。あの試合で大畑が・・・と考えればスコアがどうなっていたか考えたくもありません。プロフィールを拝見いたしますと、なんだか好きなアーティストがアレだったりするところがウチ臭かったりいたします。「自分の武器:スルーパス」は笑ったほうがいいですか?。
とはいえ初出場の若造がテンパるのは至極当たり前なわけで、監督がテンパるのとはワケが違います。ウチの選手交代といえば、本人が「びっくりした」というヒデトのボランチ(練習でもやっていないってことですわな)に、守りに入るのかポイントを作りたいのか、とにかく追い回すのか、広島のDFに脅しをかけるのかどれをとっても理解不能の脩斗起用。ロドリゴの起用はゴール前を強化・・・と思いきや、ずいぶん高い位置でプレッシング(しかも全然効いていない)。よくあの選手交代で逃げ切れたと、ある意味ヤンツーマジック。
ま、ヒデトについてはボランチ経験もあるわけで、磐田最大の課題“タイマンの守備力”と言う点でも個人的にはアリだと思っていたので、今後もぜひ考えていただきたいと。とりあえず脩斗さんの使い方がよくわからないというか、使うこと自体がよくわからないわけですが、私たち素人にはわからない何かがあると信じていくしかないようです。

2009.7.8


■ 絶望するな。では、失敬。 ジョミール星人とミザール星人の会話 14
: またサボったね。
: サボったわよね
: サボり明けは僕たちの出番だよね。
: グダグダとお茶を濁しやすいからよね。
: グダグダといえばジュビロだね。グノがいなくなったとたんに連敗だからね。
: 鹿戦はまだしも柏戦のていたらくは目も当てられないわよね。どうやったらあの試合を逆転されるのかしら。
: どうやったらっていうか、ああやったらだよね・・・。
: 自滅と言ったら自滅に失礼・・・てやつよね
: とりあえず駒野さんは相変わらず期待通りだね。
: もういいわよアレは。アレはああいうモノなのよ。
: モノ・・・て
: いいのよもう。
: 気分を変えていいところ探そうか。
: そんなものないわよ。
: ま、そう言わずに。カレンも一応合流したし、松浦も復帰。成岡も先日のスーパーミドルに続いてまた2点に絡んだよ。
: 成岡は出れば得点に絡むのよね。そこはある意味才能というか天分ともいえるわね。その時だけといえばその時だけなんだけど。ま、どうせまた近いうちに怪我するわよ。
: またずいぶんネガティブな・・・・。
: ネガティブっていうか“実績”よ、“実績”。
: それでもグノがいなくなっても一応点は取れたし、鹿戦も試合っぽくはなってたし。
: 前田が相変わらずアレだしダメよ。クイックネスは皆無だし動き直しもないし。なんだかただのドッグファイト要員ていうか電柱よ。
: 一度だけど久しぶりにゴールライン際の突破を試みたよね
: そうよ、アレよアレ。潰されはしたけどアレが欲しいのよ。前田はオレがオレがでいいのよ。
: オレがオレがと言えば、結局“オレ優先”でグノは移籍したけどどう?
: ま、ハナからわかりきっていたことだから。
: 一時は「年内はJで」なんて言っていたんだけどね。いざ現実にオファーがくれば・・・ってことかな。冬市場でまたオファーがくる保証はどこにも無いしね
: 冬の移籍じゃシーズン途中でフィットするのも容易じゃないし。当然の選択と言えば当然の選択でもあるわよ。あとはいくら入団の経緯が経緯とはいえ、たかだか2ヶ月でクラブを去るということが「人としてどうなのか」ってことよね。ま、ただでさえ元々“日本大嫌い”なわけだから結果はおして知るべきだったわよね。
: 世の中には「短い間だったけれどありがとう」とか、もうどこかのテレビ局みたいなお花畑の方もかなりいるみたいだよ。
: いやもうちゃんちゃらおかしいったらありゃしないわね。ま、そういう感覚は日本人の美徳だと思うからそれはそれでいいわよ。でも逆にこういう世界では日本人がナメられる元凶だったりするのよね。世の中には“対価”ってものがあるのよ。格安とはいえ、プレー場所がなかったグノにとっても、プレーできるメリットがあったわけよね。グノに来て“いただいた”なんて感覚はとち狂っているわよ
: なんだか記者会見では涙ぐんで苦悩を・・・とかなんとか
: そんなもの関係ないわよ、たとえメッシだろうがC.ロナウドだろうがね。2ヶ月で退団よ、2ヶ月で。レンタルじゃないんだから。結果としてジュビロ磐田というクラブがなめられたことに違いはないの。
: ま、契約条件だから仕方ないかねぇ・・・
: そうよ。そもそもがそういうつもりの契約条件なのよ。そこがやっつけ契約で、すわ!と、いまさら年俸アップ・契約延長を持ち出して慰留・・・なんてこと自体がダメよ。それじゃなめられても仕方ないわよね。結局グノがどうこうというよりウチのフロントよフロント。
: 最後にサイン会とか壮行会なんてのもお人好しにももほどがあるね。
: お人好しじゃなくて馬○よ。たしかに加入後の活躍と功績は認めるわよ。ええ、もちろん。もしグノがいなければ・・・と考えればうすら寒いわよ。だからってたかだか2ヶ月在籍しただけで壮行会ってなによ。トシヤや名波と同じ扱いなの?戦力外とはいえ昨季退団したマコはなに? ふざけんじゃないわよ。だからナメられるのよ。
: そういえばその壮行会だけどBGMのあの選曲はタイムリーすぎるよね。
: ジャクソン5の「I Want You Back」よね。
: なにせマイケル・ジャクソン急逝の翌日だからね
: マイケル・ジャクソンがガキのころの曲だから、気づいた人はかなり少ないんじゃないのかしら。
: なんであの選曲なんだろ。
: 曲のタイトルが「I Want You Back」よ、訳してみてちょうだい。邦題は「帰ってほしいの 」なのよ
: ああ、グノへのメッセージだったんだね。それにしてもタイムリーすぎて不吉だよね。
: ま、かなり性悪な深読みをするとそういう不吉なメッセージだったりする可能性もは無いことわないわよね。「裏●り者××じまえ」みたいな。
: おなじ「ほしいの」ならぼく僕はこっちがいいな。
: 男はこれだから・・・

2009.7.3


■ 皮算用   
黄金週間の連戦は結局3勝1敗1分。勝点10をゲットし、混戦ながらも、いわゆる夢の“1枚目”9位へとランクアップ。しかしながら対戦相手は比較的くみしやすい相手ばかりで、ここで稼いでおかねば前半戦といえどもJ 1残留に赤信号というポイントでもございました。そういう意味では一応のミッション成功とはいえます。
で、ここでやってくるのが、代表戦の中断期間をまたいで、川崎・名古屋・鹿と続くACL出場クラブとの3戦でございます。一応上昇傾向とはいえ、今までのようにはまいりません。今の磐田の“攻撃モード”が通じるか否か、真価を問われるといってもよいでしょう。
そんなわけで、この3戦がいかな星勘定になるのか、乗り切れるのか、乗り切りたいのか・・・と考えますに、
・0勝3敗  普通に考えるとこんなだったりしますが
・0勝1分2敗  それでも最低でもこのくらいにはと思い直し
・0勝2分1敗  相手が相手ですから勝点2でもとれれば御の字で
・0勝3分 1勝2敗  勝点3なんて獲れた日にゃもう万々歳
・1勝1分1敗  思い切りポジティブに考えましたがこれが限界だったり
・1勝2分  そりゃもう こんなこといいな、できたらいいな
・2勝1敗  ここまでくると見果てぬ夢というか奇跡というか
・2勝1分  もう誇大妄想なわけで
・3勝  お花畑か薬物中毒
このように基本ネガティブで、“とれないことが前提”な場合、「皮算用」とはいえませんか。

2009.5.14


■ 誕生日はいくつまでうれしいのか   磐田 3 - 1 大宮
西が自ら祝砲バースデーゴール。
「もしやこのために今まで外し続けたのか」
と思った人58.3%
ちなみにコータも誕生日
この人も誕生日

というわけでとりあえずマトさんに哀悼感謝の意。これで昨季最終戦、引き分けで両クラブ残留だったのに終了寸前に決勝ゴールを決めるなどというKYな大宮にプチリベンジ。
とはいえ楽勝ムードの前半から一転、後半は「スタートから激しくくるから押し返さねば・・・」と危惧していたら、セカンドボールもまったく拾えず思ったとおりの展開に。最終的にグノの一発でなんだかお祭り騒ぎになってしまい、うやむやになった感はありますが、勝ったら勝ったで不安は募るばかりです。悲しいかな一試合まるまるコントロールして勝てるような力はありません。
で、気になるのがエース前田。このところ、一応得点を重ねてはおりますが、ゴール前での仕事はといえば物足りず、なんだか鈴木隆行化進行中。カントクも評価するように、もちろん前線でのポストワークやドッグファイトはしておりますし、ジウシーニョ、グノとの共存となれば、前田にそれ相応の“しわよせ”がくるのは必然。しかしそれを踏まえてもやっぱり正直物足りないのでございます。
ま、隆行ならそれでもいいでしょう。しかし、グノが活躍しようがジウシーニョが得点ランク首位を走ろうが、磐田のエースは前田さん、貴方です。ペナの中でのお仕事を増やしていただかなければリンダ困っちゃう。ふた昔前の巨人で言えば、斉藤が20勝しようが槙原が完全試合をしようが、“エースは桑田”ということで。
連戦の疲れもあったでしょうが、体もどうにも流れ気味。明らかにテンション上がりまくりの(空回りもありますが)ジウシーニョのように、「グノに負けるか!」という奮起を期待します。二人を活かすことは大事ですが、そればかり考えていい人になっている必要はありません。“いい人”でいることはつらいものです。
実際、グノがこの大活躍で、夏市場での欧州移籍が、かなり現実的なものになってもまいります。呆痴はいまさらこんなことをのたまっておりますが、そんなことはハナからわかりきっていることで。前田さんの本当の復活が無ければ磐田も先はありません。ま、土曜に入場者9783人ではクラブそのものに先がないかもしれませんが σ(-_-#)


で、

やっと1対1決まりました

1対1になる前に・・・て感じですけど。

2009.5.10


■ ジョミール星人とミザール星人の会話13   磐田 3 - 3 新潟
: またずいぶん久しぶりの登場だね
: 1年ぶりよ1年ぶり。このネタ知らない人もいるんじゃないかしら
: ま、それはそうと0-3からよく引き分けまで持ち込んだね
: 追いついたといえば聞こえはいいけど、そもそも15分間で怒涛の3失点なんてことが大問題よね
: 3点差追いついたのって2003年に引き分け制度が出来てからは4度目で、比較的レアケースらしいね
: どちらかっていうと追いつかれた新潟のほうがすごいわね
: なんだか不思議なんだけど0-3になっても追いつけるような気がしてたんだよね
: 根拠は?
: ないんだけどなんとなく
: それじゃどっかのお気楽オヤジじゃないの
: そうなんだけど “感” てのも大事だよ
: 霊感ヤマカン第六感てやつね
: また古いね
: そ、そういえば最近れいかんやまかんとんちんかんなんてのもあったわね
: イヤ最近て・・・
: ダンス甲子園とか流行ったじゃない、LLブラザースとか
: いやだからそれ・・・
: ほら、今ダンスグループが活躍してるじゃない。HIROとかいう人がいるところ。そう「ZOO」よね。
: (EXILEだって・・・この人90年代で脳の活動停止してるな)
: (うふふふ・・・私のナウでヤングな話についてこれないのね)
: ・・・・今回も攻める型は出来てたし、今後も点は取れそうな感じはあるよね。
: そうは言っても攻撃姿勢も3点取られた後だからねえ・・・
: でも以前ならそのままボコられて終わるところだよね。
: 反発したって意味では褒めてもいいかもね
: 追いついたのも試合終了寸前のロスタイムだしね。以前なら「最後の猛攻」もなくあっさり負けてたわけだし、気迫は見せたよね。
: ていうかアレなら逆転すらできたんじゃないの? ボクシングや柔道と違ってポイント判定はないんだから、攻めたところで点が取れなきゃダメ・・・というところもあるのよね。ポストに2回当てたら1点とかあれば話は別だけど。
: またまた外しまくったのは事実だけどね。それでもちょっと前は「惜しい」すらなかったんだし、一応いい方向に向かってるんじゃないかな。
: それも結局決めきれないということになると、また元に戻っちゃうのよね。
: 「後は決めるだけ」だよ。
: それが難しいのよ。ワンタッチストライカーが希少で重用されるのは、いかにそれが難しいかなのよ。
: スーパーゴールはいらないから、決めるべきところを決めれば勝てるんだよね。
: ま、やっぱりそれが難しいんだろうけど。ね、コースケくん。


というわけで

誰でもいいから1対1決めてくれ

ま、茶野さんに無理なのはわかってましたけど。

2009.5.7


■ うらはら       磐田 1 - 0 神戸
神戸側席の一コマ。
いやいやそうですか、そうですか。たかだか2年負けていなかっただけでそうですかそうですか。ハイハイ、それでは貴方に教えてあげますわよ、磐田と神戸の歴史を。
逆の立場なら恥ずかしくてこんなん出せんわオレ。
ジュビロ磐田と ヴィッセル神戸の歴史
97 磐田 2-1 神戸 磐田 2-1 神戸
98 磐田 4-3 神戸 磐田 7-0 神戸
99 磐田 3-1 神戸 磐田 0-0 神戸
00 磐田 1-0 神戸 磐田 3-2 神戸
01 磐田 2-2 神戸 磐田 2-0 神戸
02 磐田 1-0 神戸 磐田 1-0 神戸
03 磐田 1-0 神戸 磐田 3-1 神戸
磐田 2-4 神戸 ナ杯 磐田 3-1 神戸 ナ杯  
04 磐田 2-2 神戸 磐田 2-1 神戸
05 磐田 0-0 神戸 磐田 1-0 神戸
06 神戸J2のため対戦無し   
07 磐田 2-3 神戸 磐田 0-4 神戸
08 磐田 2-3 神戸 磐田 0-1 神戸
09 磐田 1-0 神戸
通算成績 磐田16勝  神戸5勝   引分4

というわけで、ボールをキープして攻め続けた・・・なんていつ以来。あれだけ決定機があることなんてもう何年も無かったような気もします。ろうそくの火が燃え尽きる寸前に一瞬火勢が強くなるような、そんな気さえしてしまいます。
ま、「あれだけの決定機」がと申しましても、神戸さんがあまりにもアレだったわけでして。神戸になにもさせなかったというよりも、何もしてこなかったわけでして。榎本にやられたと申しますと、例のアレを思い出すわけですが、止められまくったというよりも、止めさせまくったわけでして。 
サポ心理といたしましても、
 ・とにかく勝点3とりゃいいんだよこの際
 ・でも最低3点はとれただろ、得失点差返済のチャンスだったのに。
 ・でもシュートは23本も撃ったし
 ・つっても肝心なところで撃たねーし
 ・でも試合は圧倒したし
 ・つっても相手があまりにもアレすぎたし
 ・ま、コータも復帰したし
 ・ていうかいい加減、誰か1対1決めろよ
と、表と裏がくるくると。こんな心のウラハラをどう処理していいのかわかりません。ま、表があるぶんだけ昨季終盤に比べればずいぶんマシということで強制納得したしだいでございます。

PS スカパー解説の名波さん
前半21分、ゴール前フリーでセンタリングを受け、ジウシーニョに横パスを出してしまったエース前田に対してひと言
    「シュートですね!、前田! 最初に!」

説得力ゼロなんですけど

そういうば、名波さんが後継者と推すコータさん。ゴール前フリーで見事な横パスを披露してくれました。名波さんも目を細めていることでしょう。元々細いけど



 うらはら

2009.5.4




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ