トップ過去ログ  ジュビロマニアックス ホームへ
■ごおるきいぱあ、妄言のあゆみ

2009年9〜12月   2009年5〜8月        2009年1〜4月    2008年10〜12月  
2008年5〜9月
        2008年1〜4月        2007年10 〜12月   2007年7〜9月       2007年4〜6月     
2007年1〜3月        2006月11〜12      2006月8〜10月      2006年5〜7月      2006年1〜4月
2005年9〜12月      2005年7〜8月      2005年4〜6月      2005年1〜3月      2004年10〜12月
2004年7〜9月        2004年4〜6月     2004年1〜3月      2003年9〜12月      2003年6〜8月
2003年3〜5月        2003年1〜2月      2002年11〜12月      2002年9〜10月      2002年7〜8月
2002年4〜6月        2002年1〜3月      2001年11〜12月      2001年6〜10月



■ さいたま戦とかこのさいどうでもいい 
さいたま戦は逆転しながら追いつかれロスタイムに逆転ゴールをくらう・・・といういつもの慣れ親しんだ展開。まったくもって更新する気も失せていたわけですが、そこに飛び込んできた一大事。
前田にガンバからオファー
残留決定の後、最も恐れていた事態が現実となろうとしております。
さいたま戦の後に発した前田の言葉。
  「勝ちたい」
が、大きな意味のあるものと感じてしまいます。板東英二の「勝ちたいんやっ!」とは意味が違います。いくら点をとっても勝てない、喜べない。優勝争いなど夢のまた夢という現実。前田は兵庫出身でも有り、ガンバという選択は現実味をおびてきます。背筋がうすら寒いですね皆さん。
ただしよく考えてください前田さん。アチラの監督さんの飼い殺し歴を忘れないように。使ってダメならまだしも西野さんはハナから使いません。どう考えても個人の力量として劣っていようが、今までやってきて戦術を理解した選手を使います。選手層を厚くしてもターンオーバーや“やりくり”はしません。そういう意味ではまださいたまサンのほうがましかもしれません(ま、あそこは“個”だけでやってたわけですが)。飼い殺されたらW杯も夢のまた夢です。磐田においても戦術理解に数年を要した前田さんだけに。

そんなわけで11/28ホーム最終戦は中山さん・ヒデトさんだけではなく前田のホーム最終戦という恐れが出てきました。このさいサイドバックの人はどうでもいいからその分を前田にまわしてでも引き止めてくださいフロントさん。

2009.11.23


■ 継宮明仁杯敗退       磐田 1 - 3 名古屋
東海地方グランパス応援番組にて 試合前日コメント
   ストイコビッチ 「上位より下位と戦うほうが難しい」
   吉田まやや 「油断したら負ける」
キング・オブ・中位の名古屋さんにこんなことを言われるようになるとは、いやはやなんとも落ちぶれたものです。普通のクラブならば「ナマ言ってんじゃねぞテメこの」と叩きのめすところですが、何の苦も無く普通にひねられるところが磐田らしさです。先制点がどうだとか、10人で70分とか、そんなこと関係ありません。
残念ながらこれで来季アジアへの道が閉ざされました。
ま、そんな大それたことハナから目指してませんけど。

ていうかJ2への道が、いまだ大きく目の前に。

2009.11.17


■ 実力伯仲       磐田 3 - 1 鹿屋体大 (延長)      
なんだか鹿屋体大ってキャンプ中の練習試合みたいな組み合わせですが、選手もなんとなくそんな感じというか、まったりとした試合でございました。いつもそうだといえばそれまでではありますが。延長なんてやっていただいたおかげで夕方以降の予定がすっかり狂ってしまいました。私には残された時間はあまり無いので返してください。ま、協会から回ってきたチケットで入ってますからえらそうなことは言えないのですが。
というわけでまとめますと
見どころ
 ・那須さん、腰が回りきらず若干アウトにかかったスーパーミドル
 ・茶野さん鹿屋ゴール前で市船ルーレット(失敗)
 ・存在感ゼロ10番
 ・ハーフタイムに流れたカレン市船時代、天皇杯横浜戦の切れ切れドリブル
 ・スタンドから沸き起こるカレンへの拍手
 ・バツの悪そうに声援に応えるリザーブのカレン
 ・バツを与えたくなるほど期待に応えない途中出場のカレン
 ・ある意味いちばん観衆のどよめいた八田ポストへ顔面ダイブReplay
 ・失点したとたん猛然と走り出す磐田のヌルい面々
 ・鹿屋体大ゴール裏フーリガン  同じ国立でも高知大とはナントヤラ

収穫
 ・今季初出場の吉原が落ち着いてプレー 一応年の功か

明らかになったこと
 ・明治大>>山形>>>越えられない壁>>>磐田≧鹿屋体大


PS  柳下監督様
柳下正明監督インタビュー
Q.大学生相手に試合に臨むとき、モチベ−ションの持ち方というのは難しいのでしょうか。
A.ウォ−ミングアップが終ってドレッシングル−ムに入って出て行くというときの状況や、試合の入り方をみて、特別悪い状態ではない、Jの試合と変わりないと思いました。




じゃ、ダメじゃん

2009.11.01


■ 中山雅史出演PVを科学する      
皆様ご存知のように我らが中山雅史様が音楽PVに出演。ま、音楽PVなどよほど好きな人かひまな人でなければチェックすることもないわけで、まだご覧になられていない方も多いと存じます。

というわけで当方早速
FUNKY MONKEY BABYS 「明日へ」
PVをチェックいたしました。とりあえず”甘く切ない思い出のあのころ”的なPVでございます。詳しい解説はこちらへ


2009.10.29


■ 二代目“井原正巳”襲名披露      磐田 3 - 3 名古屋
というわけで、お久しブリーチにはオキシドール使ってたってだけで年がバレるから気をつけなよ!

肩の負傷で「キーボードなんか打てないよ母さん!」な状態だったわけですが、「キーボード長時間打つのはのつらいよ!姉さん!」くらいには回復いたしました。決して四十肩とかあまつさえ五十肩ではございませんのであしからず。

さて名古屋戦は3-0という夢のような展開から追いつかれるといういう悪夢のような展開。ま、悪夢のようなというか、予想通りというか、いつものようにという話もございます。一試合にきっちりと起承転結をつけ、大どんでん返しも用意。いろんな意味で飽きさせないジュビロ磐田のスペクタクルなサッカーに飽き飽きしているというか呆れているというか。
清水太田の見事なオウンゴールも、ケンタローさんの井原正巳ばりのダイビングヘッドには敵うべくも有りません。前田のハットトリックとか得点王に前進とか、J最速(試合数)通算1000ゴールとか残留決定とか、ものすごくめでたいことがてんこ盛りだったはずなわけですが、なんだかめでたいというよりも“おめでたい”雰囲気になってしまったのはなぜでしょう。おなじ3-3ならば、追いついて引き分ければ勝ったような気分で全てを喜べるわけですが、そんなわびさびが無いのもジュビロ磐田のジュビロ磐田たるゆえんです。
掲示板各所等では「勝ってるときにいじったから」などとヤンツー批判をしている輩もおりますが、ヤンツー擁護といたしますと、、勝っていようがなんだろうがその時点でよいと思われる手を打つのが監督の仕事。毎度毎度後手を踏んで対処療法に追われているのをお忘れか。ウッチー政権でさんざん痛い目を見たことをもうお忘れか(ウッチーの場合対処すらしなかったわけですが)。それとも勝っている時に動きすぎたアジウソンの天才的采配のトラウマか。
いずれにしろ勝っているときに先に動くということ自体が悪いというような論調は問題外でございます(今回の作戦・選手起用がどうだったかは別の話)。

ま、そうはいっても当方は「ヤンツーさんは最高のコーチではあるが監督としてはいかがなものか」というのが基本姿勢ではございますのであしからず。

2009.10.26


■ 謝ってすんだら警察イラネ   磐田 1 - 2 大分
が、当方の周囲での一致した意見でね。


ま、別にもうどうでもいいんですけどね。


ていうかビデオレターってね


「            」
 ※カッコ内はお好きな言葉をどうぞ



ま、そんなこといまのウチには関係ないんでね。
そんなことにかまっていられる状況ではないのでね。


もういいかげん腰から力が抜ける失点は勘弁ね。
崩されたなら崩されたでそれも問題ですけどね
それ以前の問題なのが問題で、もはや問題にもならないほどの問題でね。
ほとんどシニアサッカーの世界だね。



一時はね
ACL圏内とかね
妄想を膨らませていた方々もいらっしゃったようですがね
当JUBILO MANIACSはね
一貫してね

「目標は残留」

でございましたよね。

目を覚ましていただけましたでしょうかね。
これが現実ですよね。



残留ラインは勝点40と言われますね。
42〜3あれば間違いないところでしょうね
あと8ですね。
あと10ですね
残り9試合で8ですね。
残り9試合で10ですね。


簡単ですかね?
ダントツ最下位の大分に2試合とも圧倒されたクラブに簡単なことですかね?


京都・・・東京・・・柏・・・鹿・・・名古屋
・・・新潟・・・さいたま赤・・・広島・・・神戸

現時点でウチより下位なのは柏だけですね。
でもその柏にもホームで負けてますね。
柏は上り調子ですね。


ま、もう上位とか下位とかいえる力もないんでね。


指揮官がね
「選手が怖がっている」からとかね
よくおっしゃってますがね、
私にはそもそもね
指揮官が怖がっているようにしか見えないんですけどね。
それが選手に伝わっているんじゃないですかね。

「選手が怖がっている」ならね
それをなんとかする方策を考えるのが指揮官じゃないですかね。
「怖がるな」でなんとかなったらお化け屋敷は成立しませんよね。
「泣くな」と怒れば子供は余計泣きますよね。
今の磐田はガキチームですからね
そこんとこひとつよろしくね

集中力とかね
ミスとかね
それを高めていくのも指揮官の大きな仕事ですよね。
嘆いているだけなら私にも出来ますからね。
何とかしようとしている姿だけでも見せてくださいね。
いつも言ってますけどね
ダメならダメでね
せめて空回りぐらいはしてくださいね。


2009.9.14




NEXT PAGE TOP
ジュビロマニアックス ホームへ