過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2001年11月〜12月 2001年6月〜10月 2002年1月〜3月
6/29

 リュシュトゥー
トルコがアジアじゃなくてよかったよ
トルコが日本と韓国の両開催国をともに敵地で破り見事3位。ここ数年ヨーロッパ選手権やUEFAでのガラタサライ等の活躍が見事にこのW杯で結実したということでしょうか。もともとルーマニアのハジがガラタサライにいたこともあってトルコは好きだったのですがこの大会でまたまた好きになりました。だって韓国に勝ってくれてんだもん♪。個々の選手も魅力的ですが私としてはやはりGKのリュシュトゥー。なんか憑いてますね。すごいです。かっこいいです。あこがれます。ああ、おれもあんな風に守れたらなあ
6/27

おなじみの福助
そういや忘れてたっけ
W杯ボケで完全に忘れていましたが、当サイトも6/16をもってオープン1周年を迎えました。好き勝手なことをのたまっているかなり偏向がちなサイトですが、ご来訪をいただいた皆々様には大変感謝いたしております。これからも暴言を吐いていくと思われますが、あくまで個人サイトということで大きな心で受け止めていただければ災い 幸いです
6/26 ったくついてねぇや。おはらいしてこよっかな・・・・・・。
私事ですがとにかくここのところついていません。列挙させていただきますと
1.差し歯が抜けた。  2.そしてもう一本差し歯が抜けた。さらにそれを飲み込んでしまった。  3.右足負傷  4.さらに左足をスチール机の引き出しにぶつけ流血アンド以外にもけっこー打撲。 5.さらにそのときスーツが破ける。 6.車のタイヤ破損 7.PCクラッシュ  8.ビデオデッキ故障  9.さらにAVアンプまでが不穏な動作を見せている  10熊林移籍 11.鳴尾移籍 12.清野・・・ 13韓国準決勝進出   誰か助けて・・・・・。.
6/24 ・・・・・・・・・・・・・・。
衝撃的なニューが立て続けに。永遠の秘密兵器鳴尾がレンタルで広島へ。藤本がオランダNACブレーダへ移籍が濃厚なための補強であり出番もありそう。もうひとつは清野が度重なる金銭トラブルのため解雇(・・・・・)。つい先日は熊タンが湘南へ移籍してしまい若手の底上げもままならぬ今、層は薄くなるばかりです。
6/23
おいおいまじかよゴルァ! !
欧州クラブへの監督就任が有力視されるトルシエに複数のJリーグクラブから顧問就任の要請があるらしい。東京・名古屋に加えなんと我が磐田も!? 。磐田サポとしてじぇったいに有り得ない話です。もしほんとの話なら磐田の幹部は頭がいかれてるとしか思えんぞぉ!!。おそらく日本のサッカーファンの中で最もトルシエが嫌いな人間が多いのは磐田サポだということを忘れないよーに。よーく考えろ、よーく。オフトの時とはちがうんだぞぉ!
6/23 またぞろ再燃
またもや服部の海外移籍話が浮上。お相手はあのフェイエノールト。今現在正式なオファーは無く、磐田とも3年契約を結んでおり移籍の実現性は低いかと。トマソン移籍で小野がトップ下に入るということでボランチの位置が空きますし(稲本という話もあるが)、DF陣はザルですから移籍すればレギュラーの可能性は高く、さらに服部本人も海外志向があるので事と次第によっては・・・・ということも。ああ、そうなったらクマの移籍が痛いぞ・・・・・・・・?、
6/22 ここのところ長文だなぁ
審判問題が取り沙汰されているW杯。本日私所属の社会人リーグでも大荒れ。私の出場した試合の審判。線審はラインについていけず、さらに旗を揚げたかととおもえばすぐおろすなど優柔不断。主審はその線審ですらろくに確認せず、オフサイドの旗をあげているにもかかわらずいつになつても笛を吹かない。ファールの基準はばらばらでおまけに権力だけはひけらかし、私たちのような底辺レベルではまったくもって稀なイエローカードを2枚も出し「次なんか言ったら退場ね」と。ちなみにイエローもらったのは私です。暴言だそうで。そんな審判だから相手チームも含めみんなが審判の判定に疑念をいだき、普段なら問題にならないような判定でも激怒。いちいち文句を言うようになってしまいました。私も審判をやりますが、特に気をつけていることはなるべくゲームから消えてゲームを切らないこと。ヒステリックな笛は吹かないこと。ボールの近くで見ること(多少怪しげなジャッジでもいっしょーけんめー走ってボールの近くでジャッジすればそれなりの説得力はあるもんです)。審判も人間だから誤審は止むを得ないなどというコメントをよく耳にするがそれはどうでしょうか。私が思うに審判には裁く権利があたえられているかわりに常に”正しいジャッジ”をする義務があると思います(難しいけど・・・・)。人が人を”裁”くわけですから間違いはあるでしょうが許されますか?。極端ですが明らかに冤罪の被疑者を死刑に処してしてしまって「わりぃ、ごめん」で済みますか?。誤審をした審判に罰則をなどとは言いませんが、今回も見送りになったビデオ導入や、難しい問題をはらんだ審判のプロ化など何らかの゜方策を講じなければこの問題はさらにエスカレートします。まあ、以前ならそんなことがあっても”サッカー強国”は相手をねじ伏せるだけの力がありましたが、今は力の差も少なくなっている上に”強国”の連中はハードスケジュールで疲弊していてボロボロ。”強国”が次々と敗退しているから余計に大騒ぎになってるんだろうけど
6/21 しつこいようだが感動をありがとうなんていってる場合じゃない
韓国がスペインをも破って準決勝進出(審判の判定に助けられたけどね。イタリア戦同様ほんとはXゴール負けのはずだが)。このままでは後1つでマジで横浜まで来ちまいますし少なくとも3位決定戦をホームで戦う権利も得たわけです。単純な戦績の比較だけで評価してはいけませんが日本のベスト16が最低限の義務を果たしただけということをあらためて認識せねばなりません。日本は確かにがんばった。でも韓国はそれ以上にがんばっている。結果だけじゃなくてね。同じ開催国で隣国、そして今後も闘わねばならぬ韓国がここまでやってきたんです。今後をかんがえると、中国とサウジが見るも無惨な負け方をしたため次回の出場枠減の危機にさらされていただけに、そういった意味ではよかったかもしれませんが。とはいえここ最近のアジア大会、五輪、ユースなどではことごとく日本の方が良い成績をおさめてきましたがこれで立場は完全に逆転しましたし、今後のサッカー界にとって日韓両国には大きな差ができたといっても良いでしょう。きちんとした検証・反省をメディアも我々も行なわなければいけません。ちなみに批判を覚悟で言いますがISHIIさん同様私も韓国はきらいです。韓国はほんとに見事です。しかし応援など出来ません。テレビで韓国を応援しようなどといっているやつらはヘドが出ます。次はドイツサポになります。あ、でもキムチとかビビンバとかは好きですよ。ユン・ソナもBOAも好きです。
6/20 人のこと言ってる場合じゃない
↓のように選手・監督に苦言を呈しましたが、翻って日本人サポーター。明らかにベルギー・ロシア戦に比べてテンションが低い。ただキャーキャー騒いでいるだけで「サポート」には程遠い。韓国のサポーターを見たかい?。一部ヨロシクナイ表現などもあったようだけど選手と一緒に頑張ろう!。俺たちは絶対勝つんだ!!という気迫が伝わってきました。スタジアムの雰囲気が結果的にイタリアを追い込んだといっても過言ではないでしょう。トッティの退場がなくても結果は一緒だったかもしれない。まあ世界各国にもサッカーにかこつけて川に飛び込んだり暴れまわったりするお馬鹿さんはいるのでほっとくして、われらサッカーファンもより一層の成長が必要です。
6/19 最後に血迷っちゃったかなあ
感動をありがとうなどという言葉は私のキャラでは無いのでまずいちゃもんから。ここまで来てアレックスの先発FW起用に?。トルコDFがスピードに弱いことと雨のピッチも考えてかな?。それでもパス回しこそ良くないがアレックスのスピードにトルコはベンチ共々パニック。ところがさあこれからという後半にアレックスが隆行に交代。パスこそ回るようになったもののチャレンジが無くなりトルコに脅威を与えることは出来ずトルコは落ち着きを取り戻してしまう。モリシを入れて左にアレックス右に小野もしくは後半頭から市川でも良かったかな。残り10分で投入した(おせぇよ)モリシにトルコは手を焼いていたしかなり疲労していたので、もっとチャレンジしていくべきだったなあと。それでもダメなら最後日本の魂中山を投入しスタジアムごと相手をつぶしにかかる。で、そこで残念だったのが残り数分の日本選手。正直何が何でも点を取るんだという気迫は感じられなかった。ホームなんだから見せて欲しかった。あのアイルランドのような気迫を。四年に一度。もう二度とないかもしれないチャンスだったのに。たしかに日本のレベルは上がっている。でもそういった気持ちが感じられなかった最終戦に不安を感じた。次は中山もカズも(多分)いないんだから。韓国のイタリア戦でのゴールに向かう姿勢、気迫はすごかった。そんな意味で今更ながらやっぱり高原ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
6/16
AIBOクマたんパグモデル登場
いやマジですよ。マジで出ちゃいました。我々にとってはある意味タイムリーのような・・・。これでクマがいなくてもさびしくないよね。ジュビスタへ連れて行ってはいかが?。興味のある方はこちらへ・・・・
6/14
日本予選突破万歳  しかし私はその裏で
日本-チュニジア戦の裏でほとんど注目されず行なわれた同組ベルギーロシア戦。行ってまいりました。
終盤追いすがりさらに猛攻を仕掛けるロシアに会場全体で「ロッスィッア、ロッスィッア」の大合唱。盛り上がり方は日本戦までいかずともアルゼンチン-イングランド戦にまさるとも劣らなかったのではないか。
その中で注目されながらも結局あのモストヴォイは一度も試合に出場しないままW杯を去ることとなりました。敗戦後うつむいて足を引きずりながらロッカーへ下がっていく姿は痛々しく悲しかった。
6/13 やな感じぃ
パラグアイが南アフリカを逆転したり、アイルランドがカメルーンを逆転したり、さらにトルコがコスタリカを逆転と最終戦で下位チームが逆転予選リーグ突破というのが多いです。1位にいたチームが逆転されたわけではないし直接対決で逆転というわけでもないとはいえあまりいい気持ちではありません。弱気です。実はベルキー対ロシアを観戦しにいくのですが、おそらくゲームそっちのけで携帯テレビを注視することになるかと。ことと次第によってはどちらかに一方的に肩入れする展開になるかもしれません。
6/12 くさいものにはふたをしろ、 いいやくさい臭いは元から絶たなきゃダメ
W杯各会場の大型スクリーンによるリプレイを一部びみょーな判定については流さない方向で検討しているらしい。「審判の微妙な判定や明らかな誤審の場面が再現されることは警備安全上、悪影響を及ぼす恐れがある」と判断したそうだが、ただ単に都合の悪いことは見せたくないだけでしょ。
6/11 小笠原の目標はビスマルクだそうで。態度の悪さといい汚い&こすいプレーといい後を継げる素質はありそうですが、まだまだ格闘技のテクは修練が必要です。たとえ小笠原でもあのエルボーをサッカー選手が身につけるのは至難の業でしょう。「彼のような仲間に信頼される選手になりたいんです」とのことですが、あくまで聞いた話ですがジヨルジーニョは実はずいぶん嫌っていたそうで。そこんとこどうよ。
6/11
我々はW杯にうつつをぬかしており、事務所は長期連休と、油断させておいて水面下ではとんでもないことが進行していました。来年1/31までのレンタルですが、期待しているがトップではなかなか出番が無い。ならばJ2で試合経験を・・・・ということでしょうか・・・。かつて「みちのくのヒデ」と呼ばれたクマ。湘南はその中田がかつて所属したチーム。クマよ中田となって帰って来い!。だからといってブランドもので身をかためられても困るが・・・・。
6/9


三人そろいぶみ 交代出場ではあるが
W杯初勝利。めでたい。しかぁしまだ予選突破したわけではない。うかれてはいかん!。うかれてはいかんぞぉ!。わはは・・・わははは

H組暫定1位
勝ち点4 総得点3 失点2
6/8 やってもうた
パラグアイ1-3スペイン。次期大統領チラベルのクロスへの飛び出しが失点を招いてしまいました。1対1の強さ・至近距離での反応、そしてスイーパー(パラグアイではある意味ゲームメーカーだったりする)として、フリーキック・ペナルティキックのキッカーとして、そしてカリスマ性。素晴らしいものは持っていますが、クロスボールに非常に弱いという弱点を持っていました。今回はそれがモロに出てしまいました。見てのとおりちょっとウエイトオーバーで動きも重いようです。まあもしこの弱点がなければヨーロッパのビッグクラブへとうに移籍していたんでしょうが、そうならなかったということは(個性が強すぎるというのはおいておいたとしても)その辺は十分にみんなわかっていたといことでしょうかね。まてよ・・・・1対1・近距離のシュートには強いがクロスに弱い・・・?ウエイトオーバー?。俺と一緒じゃん・・・。
6/8 このまま見続けてくださればいずれわかっていただけるかと
普段はサッカーなど見ないが、とりあえず話題になってるしぃってことでW杯をTV観戦しているとあるサッカー初心者の方の言ったこと。「あんなオフサイドなんて面倒でわかりにくいルール無くせばゴール前の場面が増えて面白いのにねぇー」。まあたしかに今のオフサイドはプレーに関係あるだの無いだのと面倒くさいですしねぇ。ゴール前のプレーも確かに増えるでしょう。でもね、そうなるとただだゴール前に両チームとも張り付いているだけで中盤も無く、ただただ両ゴール前をポーンポーンと行き交うだけになってしまいます。もちろん裏のスペースなどありませんので俊足もほとんど活きませんしフリーランニングで飛び出したり、ワンツーで抜け出すなどということはなくなります。サッカーの勢力図もかなり変わってしまいます。ていうかもはやサッカーじゃないですわなそうなると
6/7 まだまだしつこくないものねだりをしてみたりなんかもする
前を向けない・シュートを撃てない全く恐怖感の無いFWに高原の不在を感じ、ためのつくれない・サイドチェンジの出来ないボランチに名波の不在を感じ、あっさりと破られる左サイドに服部の不在を感じたベルギー戦。もし向こうにE・ムペンザという快速FWがいたならば鈴木ヒデトの不在も感じでいたことでしょう
6/6 とりあえずもう一度ふりかえってみたりなんかした
日本-ベルギーをいま一度振り返ってみると、とりあえず前半は明らかに消極的でありサイドのスペースをつかれまくって劣勢。先制されたのもいわば当然。とはいっても2失点とも中途半端なラインの押し上げが原因。ていうかペナルティエリアでラインコントロールでオフサイドをとるなどと愚の骨頂。あの位置ではまずは相手へのマークを第一に考えるべき。しっかりクリアしてからか、マイボールにしたなら良いが、まだペナルティエリア付近でのイーブンボールや相手ボールの状態で・・・・。最近のレアル戦・ノルウェー戦でも同じ失敗をしているにも関わらず学習能力ゼロといわざるを得んぞ。せっかくあそこまではなんとか自由にさせないように体を張って頑張っていたのに。それから2失点目の楢崎のポジショニングだが、一番中途半端な守備でした。あそこは思い切って前に出てコースをふさぐか、もう少し我慢して相手のドリブルのタイミングに合わせて出るかにするべきだった。あれでは横・上ともコースが空いてしまっており余裕のシュートになってしまいます。攻めに関しては「シュートできない・前向けない」FW2人のふがいなさは別としてもう少しサイドチェンジ、チェンジオブペースが欲しい。特に後半は疲労と混乱のベルギーDFは明らかに日本の攻撃についていけなくなっていたにも関わらず相手を揺さぶるようなサイドチェンジが無い。途中出場の森島・アレックスのスピードを活かした突破も無かった。特にアレックスはアーリー気味のクロスが多く、もっと思い切って勝負してほしかった。ま、それでも全体としてはああいう劣勢な状況での反発力が無かったのが今までだから、それなりにはよくやったかなと。私はといえば、部屋で絶叫していたのでのどが痛いんです。
6/5 ということでとりあえず勝ち点1。ベルギーは結構ショックみたいですな。まさか日本に2点もとられるとは思っていなかったでしょう。試合のほうは恐れていたことが。まずは鈴木の先発。昨日の公開練習でビブス組が西澤ワントップだったのでいやな予感はしていましたが。みなさん勘違いしないでください。鈴木隆行はヒーローではありません。前半からさんざん足をひっぱっていたのは隆行です。そしてもうひとつは宮本の出場。森岡のアクシデントによる出場で仕方ない部分もありますが、結果的に宮本が入ったとたんに失点。そしてトルシエの選手交代。2点目勝ち越した時点で森島と鈴木の交代は一旦ストップするべきだった。攻撃オプションとしてはその前にアレックスを投入しており、あの場面では一度様子をみるべきだったのではないでせうか。結局森岡のアクシデントによる交代がありこれで3枚交代枠は使い切ってしまい手詰まりに。ええもちろん中山の出場もなりませんでした。あそこで中山を使っていたら・・・、もちろん場内の雰囲気は最高潮。すでに混乱していたベルギーのDFは何事か???とさらに混乱し、そこに中山の鬼神のごときプレス・飛び込みは非常に効果があったとおもうのだが。
6/4
こいつに勝利を奪われた  この男を忘れるな
Mattus Vega William マトゥス ヴェガ ウィリアム

1964年4月17日生 38歳  コスタリカ出身
先制点のきっかけとなった戸田の「ファウル」によるFKをベルギーに与え、柳澤への度重なるファウルをとらず、挙句のはてに稲本のゴールを「ファウル」の判定で取り消したこいつ。楢崎のはPKだっただろうって?。細かいこと気にしないでね
6/4     PM6:00  KICK OFF
いよいよベルギー戦です
さあみんなで呪おうベルギーを 、そして祈ろう日本の勝利を
さすがめざとい
パラグアイVS南アフリカ  スタジアムのスクリーンにサンタクルスが映し出されるたびに沸き起こる黄色い歓声。ほとんどじゃニーズ状態ですがそりゃこのとおりいい男ですからね。「天は二物を与えず」という言葉はウソです。しかしあれだけの歓声はとても地元パラグアイの女性サポーターだけとは思えません。女性のあくなき追及心を感じます。
先日のTBS放映スペインVSスロベニアでの金田氏の解説。少し難しい部分もありますが、ここがこうだからこうなった、何が良かったのか、悪かったのか。ではどうすればよいのかなど非常にシンプルかつ明確な解説ですばらしかった。それにひきかえCSでのイタリアVSエクアドルの富樫。まあただのサッカー好きなんちゃってジャーナリストなので戦術どうこうについての詳しい解説が出来ないのはわかってますが、ジャーナリストらしい情報的なものも全く無いひどいもの。同じジャーナリストでもたとえば金子氏・東本氏などとは月とすっぽんどころか冥王星と地球内核。いつものこととはいえこんな「解説」なら実況だけのほうがよっぽどいいわ。ということで途中でトシヤが某国営放送のゲストだったことを思い出し画面はCS、音声は某国営放送ということでかろうじて怒りをおさえました。
先日フジ系W杯特番は出演者リストでおよそさっしのつく内容だったため見なかった私ですが、今回のテレ朝の特番はしっかり見ました。中田や小野が大きくクローズアップされたのはやはり一般向けとして予想通り。森岡にもフラット3の中心としてスポットがあたりました。意外だったのは番組全編を通して服部へのインタビューが多用されたこと。「お、わかっとるやんけ」とうなってしまいました。中山・秋田の復帰や名波・中村の件などにはほとんどふれなかったことがある意味製作者の意図を感じましたし、それはそれで民放のサッカー番組としては好感が持てました。ま、フジはあくまでバラエティーとドラマのフジですので、てきとーに面白おかしくやってくだされば結構です。そっちは見ますから。
6/3 W杯がはじまり世間はすっかりW杯モードになっておりますが、6/1.・2と朝早くから夜遅くまで仕事という状況に陥ってしまっており、ほとんど試合を見ていないので私的には全くW杯が開幕したという実感はありません。ビデオ録画した試合を消化していくのも大変です。しかし気がつけばもう日本・ベルギー戦は目前。10番中山のユニフォームも出来上がったとSHOPより連絡がありましたので早速取りに行ってきます。ということで「10番中山」を背に強制的にW杯モードへもっていくつもりです。
5/28 元ビジュアル系サッカー選手で現在jubilo iwata.netの運営にたずさわっている松森亮氏のコラム。今回は服部を取り上げています。私個人的にもある意味日本で最も世界に近い選手と思っていますが、松森氏も「最もサッカーのうまい選手」として服部の素晴らしさについて語っております。
5/27 あきらめてはいかん
トルシエがW杯のバックアップメンバーに名波をリストアップしているらしい。クラブにコンディション確認があったようだが、中田・小笠原などに怪我などがあった場合は名波を召集するつもりのようだ。というわけでだれか刺客を募る。あ、もちろんターゲットは小○原ね。ちなみにイタリア代表でもインザーギが負傷のためバッジォ、ディバイオをとの声があるようだ。というわけでだれかインザーギにとどめを。デイバイオになってしまうと困るのでデイバイオにも刺客を。
5/26 東洋の神秘は健在
ドイツ代表がテストマッチにはっぴ着用で入場。無理やり着させられたのか喜んで着たのかは定かではありません。しかしかつてずうとるびビートルズ来日時、飛行機から降りてくるときに着用して話題になりましたが、諸外国の方にはいまだめずらしいもののようですな。ちなみに私個人ははっぴは嫌いです。仕事上、着たくも無いのに無理やり着させられることがよくあるのです。スーツにはっぴ。ちまたには氾濫してますが、どう考えてもおかしいでしょ。
5/25 国分&加藤のMCで外した感のあるあるTBSですが、和田アキ子嬢の多少音程を外したものの(君が代はほんとむずかしいのです)貫禄の歌唱のおかげで事なきを得ました。服部の左MFスタメンはロシア・カルビン対策か?。前半のみの出場ながら攻撃にも積極的に参加し「守備オプション」だけではないところを見せてくれました。中山は久しぶりの代表ということで多少コンビネーションに不安を感じました。しかし交代出場時のあの歓声はいつもながら凄い。観衆を巻き込んでいくだけでなく、味方にも力を与え敵にはプレッシャーを与える。それだけでも大きな戦力となります。あ、福西もひっそりと出てました。
5/22 かつて「キャプテンは要らない」と豪語していたトルシエですが、やはりノルウェー戦での建て直しの効かない若い選手たちを見て中山と秋田の招集を決めたようですな。まあいい方に解釈すると、若い選手の自立に期待したとも見れますが、ま、世界を見てもそうはうまくいきません。そういえばアイルランドはロイ・ジェームキーンが首脳陣ともめて帰国してしまったようですが、さてど゛うなりますことやら。ちなみにスウェーデン戦に中山が先発するらしいですな。トルシエはすでに中山にスーパーサブとしての起用法を示したようですが、最後のテストマッチでスーパーサブ起用のつもりの選手を先発させるのもいかがなものかとも思います。しかぁし、ここで得点をあげれば先発奪取もありえます。だからといって本番直前であまり無理して怪我といのもこまりますのでほどほどに。といってもそれでは中山ではないか。あ、スウェーデンはマジ強いっス。
5/21 長野県松本市で行なわれたパラグアイ代表戦はグラウの得点で先制したものの1−3と当然とえば当然の敗退。先発には名波・トシヤ・ヒデト・ノブオ(ゲホッ)などの代表クラスも出場。後半には熊林と鳴尾が交代出場というなんとも魅惑的なゲームでした。もちろんパラグアイには大統領候補チラベルをはじめサンタクルス、ガマーハ、アヤラ、アクーニャと超一流どころが揃っているうえに監督はあのチェザーレ・マルディーニという豪華メンバー。ああ、磐田で生で見たかった。あ、そういやまたいましたよ元福岡FWバエス。
5/20 鹿のトニーニョ・セレーゾが俊輔が代表から外れたことに関して「技術的なことなのか態度なのか、知ることで私の参考にもなるのだが」と申しております。もしやトルシエの後釜を狙っているのか?。もしそうなったら代表がますます鹿色に染められそうなので勘弁してください。監督としての手腕も疑問ですし。そういえばジーコ・ファルカン・セレーゾとくると次はソクラテスが日本に来ればかつてのブラジル代表黄金の中盤コンプリートですな。でも今は医者になったんだっけ?
5/19 いつぞやお伝えしたウイイレトーナメント。曽ヶ端が日本代表の貫禄を見せたようで優勝しました。え?たったこれだけで100万円GET!?。
5/17 名波の10番を背負って
中山が杯代表入り。やはりこの男なくしては代表とはいえません。「FW 10番、中山雅史」と発表の瞬間思わず「よっしゃぁ!!」とさけんでしまいました。残念ながら名波と高原、そしてトシヤ・ヒデト・大岩もやはり選ばれませんでした。しかし中山の背番号は名波のつけるはずだった10(似合わんなぁしかし)。名波の魂を背負ってさらに強い中山に期待します。おそらくスタートのピッチに立つことは現状では厳しいでしょう。しかし中山はいつも自ら逆境をはね返し結局レギュラーをつかみ、そして苦しむ代表を救ってきました。ドーハ然りフランスW杯も然り。最後に頼れる男は中山です。日本の中山、中山の日本です
5/17 で、中山のほかにジュビロからは6番 服部と15番 福西が代表入り。というわけで早速代表ユニフォームを買いに行きました。もちろん背番号10中山の番号・ネーム入れです。SHOPのおじさんは「オレは9で作っちゃったよぉ」と嘆いていましたが、急いてはことを仕損じるということでしょう。ちなみに代表ユニ購入者にはW杯チケットがいまごろあたるというキャンペーン中。またもやわずかな可能性にかけてみます。
5/15 高原が自らのHPでエコノミークラス症候群による肺血栓が完全に溶けたことを明らかにした。トルシエは先日「無理だろう」といってましたが間に合いました。コンディションはかなり厳しいでしょうがとりあえず虫垂炎で手術したばかりの西澤よりはよいかと。久保っちは代表では全く役に立たちません(いるんですよ、能力は高くてもどうしてもフィットしない人は)。福西もやばそーだし、中山・名波(ついでに秀人・大岩も)を呼ぶ気がないならせめて高原だけでも・・・・。
5/15 ヘタレDFとヘタレFWをつかってるうちにこんな代表になってしまいました。いまごろフィジカルがどうのこうのいってるトル助のいつもの寝言や、ミスからの失点だから修正すればいいです(普段出来んことが本番で出来るかいな)とか課題が出来ましたね(前からわかってるこっちゃ)などとほざいている解説者などはほっといて選手にはしっかりやってほしいわね。納得はしないけど一応私たちの代表だから。まあどうでもいいやもう。あ、一応言っときますがノルウェーは強いですよ、それなりに。
5/14 おてんとう様にうそはつけねぇってんだ
え・・・・・と・・・・・あの・・・・・いくらなんでもそれは・・・・。植えたのかかぶったのか(かぶったっぽいな)。わかりやすすぎるんですが・・・。うーん、でも無いときのほうがカッコよかったような気もするぞ。私もそちら系の家系なので人事ではないのですがね。ばれんように早めに対処しよう。
5/14 奥と佐伯日菜子が入籍。妊娠4カ月です。それだけです
5/13
最近安定感のある守備と積極的に攻撃にからむ姿勢で成長ぶりをアピールしていた河村がついにj公式戦初ゴール。ユース出身でも有り、こういった若手がが出てくることはとてもうれしいのですがおかげで熊の出番は遠のくばかりです。ま、自分でつかめといわれればそれまでなんですがね。
ちなみに熊はベンチには入りました。ベンチにはね
5/13 ナビスコ予選グループ1位通過。準々決勝は9/4に鹿男と決定。しかも9/7にはセカンドステージの対戦もあり、またまた連戦となります。
5/12 城のバリャドリー時代の同僚で、現レアルGKセサールが日本代表に城がいないことが納得いかないらしい。なんでっていわれたった・・・・そりゃあんた、もし城が代表に入ったら日本国民が納得しませんぜ
5/11 西澤には悪いが「もしかして中山・・」と、少しうかれたところでトルシエが「それでもFWは補充しない」と。わかりました。では補充でなくて入れ替えてください。トルシエ談「カズ・中山は面白い選手だが彼はリーグで点を取っていない(中山リーグ1点・ナビスコ2点、カズリーグ1点)。人気だけで選手を入れることは出来ない。」隆行と柳沢は難点何点でしたか。久保は代表で1点でもとってますか。ちなみに↓はサンスポによるFW代表争い予想(無断転載)。健康が最大のアピールかい。

★日本代表のFW争い★
氏名 所属 年齢 寸評
鈴木 隆行 鹿 島 25 健康がとりえで最大のアピール材料
柳沢  敦 鹿 島 24 左手甲不安。発熱が心配
久保 竜彦 広 島 25 試合に出たいと連呼も代表0発
山下 芳輝 仙 台 24 今季J5発だが、代表実績なし
中山 雅史 磐 田 34 ナビスコ杯にすべてを賭ける
吉原 宏太 G大阪 23 今季Jで好調。数少ない国内好調組
× 高原 直泰 磐 田 23 リハビリ懸命も…残り時間少ない
× 西沢 明訓 C大阪 25 虫垂炎で全治3週間。W杯絶望的
× 三浦 知良 神 戸 35 トルシエは意地でも選ばない
【注】はスタメン有力、は選出確実、は選出微妙、×は選
出絶望的。評価はサンケイスポーツ記者による
5/9 もしかしたらもしかするかもよん♪
西澤が虫垂炎で緊急手術。練習再開まで約三週間かかる見込みでW杯出場はかなり厳しくなった。・・・・・・ということは柳沢・隆行・久保・山下・・・・・うわっ・・・・得点のにおいがほとんどしないなこりゃ。おおそうだ!、中山が・・・中山がいるじゃないですか。高原は???、高原の状態はどうなんだぁぁぁぁぁぁ!!(西澤ごめん)。いやまてよ?。もしかするとマジでアレックスのFW有り得るな。とするとあえてFWを削ってMFを多くするかもしれない。となると・・・名波が入れるかもぉぉぉぉぉ!!。とエキサイトしましたがそれにしてもこれだけ代表がバタバタと怪我・病気で倒れると呪われてるとしか思えまへん。そういや西澤・高原が清水東、川口・名波は清水商、服部・伊東は東海大一、森岡はエスパとみんな清水がらみです。方角が悪いのか? 。一度風水でみてもらったほうがいいんちゃうかな。
5/8 元日本代表で本田技研・鹿島・清水の監督を務めた(磐田の敵ばっかりだなこりゃ)宮本征勝氏(63)が亡くなられた。現役時代は古河電工(現市原)で活躍し、代表としても東京五輪ベスト8、メキシコ五輪銅メダル獲得に貢献した。謹んでご冥福をお祈りいたします
5/7 またもやスコアレスドロー。試合は見いてないが決して圧倒的に攻めたにもかかわらず点が・・・というわけではないようだ。ノブオ先発ということで今回は選手交代j全く無し。要するにサブのメンバー(上本・太田・熊林・清野)はあくまで怪我などのための緊急事態要員であり「戦力」とは見ていないということか。若手が力不足なだけなのか監督の頭が固まっているのか。勝ちながら育てるというのは確かに難しいのだろうがこのままでは数年後には今のヴェルディ状態です。ちなみに私は自宅でエスパ-ヴェルデイ戦を見ていましたが、太田(うちの太田君の兄)は1得点、。村松もアシストとなかなかよい動きを見せました。チーム事情もあるでしょうがやれば結構出来るもんなんです。
5/6 レアルマドリーは日本戦を調整にしたい意向。国内リーグ・欧州Cリーグとも大詰めであり当然といえば当然。ジダン・フィーゴも温存とのことらしいがそんなこといわずにフルメンバーでボコボコにしてくれませんか。そうすればメンバー再考も・・・・。悪あがきといわれようがかまいません。ちなみに前座として往年の名選手によるレアル対世界選抜があるのだがチケットはかなりのOFF価格らしい。所詮日本なんてあちらではそんな扱いですね、まだまだ。
5/4
熊出没しました
ホームで引き分けなどということはこの際ほっといて熊林がやっとJでのベンチ入りを果たしました。残念ながら出場はなりませんでしたが。練習中に昼飯をかっくらいつつ雑談に興じていた私は熊の姿に気づかずメンバー発表でびっくり。大声をあげて「熊だぁーっ!!!熊だぁぁぁぁぁぁっ!!!」と舞い上がってしまい、おとなしいバックスタンド「見物人」の中、周囲の注視の的となってしまいました。
↑の模様は5/3柏戦レポートで。試合レポはほとんどありません
5/3 そういえば肉弁当戦後、退場をくらったロドリゴ・グラウ25才のサイン会&トークショー(・・・)があるはずですがそちらはどんなあんばいでせうか。誕生日前に退場した山西といいどうもタイミングが絶妙すぎます
5/2 ホームで「引き分け」は負けです♪
久しぶりに「まとも」な相手でした。相手GK、DFと審判が気を利かせてスコアとしてはドロー。DFだけの責任ではないとはいえやはりDF個々の力不足・チョンボは目を覆うばかり。FWの「奴」は毎度おなじみの”献身的”なプレーでトルシエに気に入られようと必死で得点を取るつもりは全く無し(取れないだけという話もあるが)。「日本代表」を意識して応援するようになり20年以上になりますが今回初めて「負けろ」と思いました。自分でも信じられません。しかし自分のことしか考えいていない監督が選んだどう見ても「最強」とは思えないメンバー。W杯に出場するのはもちろん選手自身のためだが、でもやっぱり「代表」なわけで「代表のプライド」「気持ち」が感じられない今の代表を心底応援できません。ジュビロの選手がほとんど出場しないということもありますがそれだけではありません。まあジュビロの選手がほとんど入っていないということが最強と思えるメンバーから遠ざかる原因になってはいるのですがね
わずかながら光が・・・ささねえかなぁ
代表に服部と福西の2人のボランチが招集。
ということでナビスコカップではもしかするとクマの出番が・・・。金沢・河村か、はたまた金か。それとも名波を下げるかなどが可能性としては高そうですが、ここはなんとかクマさんを使ってやってくれんもんでしょうかねぇ政一さん。
札幌戦もベンチ入りならず。何?前田がボランチだぁ?!。ならクマを使えよ。さあ使え今すぐ使え!!
5/2
天敵
鹿島の秋田とならび中山の天敵ともいえるのがこちらの渡辺毅。藤枝東高の後輩という立場もかえりみず毎度激しいマークで中山を悩ませます。ここはやはり先輩に花を持たせてW杯へつながる活躍を・・・というやさしい心遣いが男としては必要です。
とりあえずOB会と長谷川先生からお電話を。
5/1 すっかり暖かくなった・・・というか蒸し暑くなってきました。そろそろ冷房も必要になる季節です。じつは昨冬は結局暖房は一切使わずすごしました。静岡という暖かい土地柄もありますが、なんとかなるもんです。ただし夏は脱いだからといって涼しくなるものではなく耐えがたいものがあります。エアコンなどというものは私の部屋にはありません。暑いのは嫌いです。GKは長袖なので夏場はつらいです。泳ぐのも苦手です。夏場の水泳の授業はよくさぼりました。ひと夏のアバンチュールなどというものにも縁は無いようです。夏なんか嫌いだ。
4/30
ファンタジスタ
スロバキア戦。相変わらずのヘタレぶりを発揮した隆行と中田浩のことはさておきトル坊。柳沢を右で使うなどふつーの人間の考えることではありません。稀有な才能をもつ男トルシエ。どこまで本気でどこまで冗談なのかわからん。それも才能か。
4/28 またもや誘われて父親サッカーに参加。むぅ、どうやらなし崩し的にメンバー計算されてしまっているぞ。それはそうと相手チームにどう見てみ60才くらいの方がいましたが、これが走る。そりゃあ決して早くはないですがとにかく懸命に走る、ボールを追う。きっとサッカーが心底好きなのでしょう。中山とダブりました。やはりこういう姿はまわりにも影響します。それにひきかえこちらの40代は・・・。
427 田中またもや肉離れ 
代表合宿でのウオーミングアップでジャンプした際に左ふくらはぎを痛め、肉離れで全治2週間。28日にチームを離れることになる。代表にとっても森岡の復帰が微妙なこともあり田中にとっては非常に大きなチャンスだったのだが。しかしウォーミングアップで肉離れとはほとんどオヤジです。情けない・・・・・・。
4/27 代表合宿の話題の影で27日からひっそりとヤマザキナビスコカップ開幕。ジュビロは恒例の鴨池にて仙台と対戦。私にとって仙台といえば長沢和明氏が監督をしていたソニー仙台・仙台育英高校・伊達政宗・青葉城・青葉城恋歌・さとう宗幸・2年B組仙八先生・シブがき隊・・・といった連想になるわけです。というわけでベガルダを覗いてみるとなかなかどうしてけっこう濃ゆいメンバーです。
4/26 中山がイメキャラとなったPS2ゲーム・ウイニングイレブン6発売。なにやら怪しげな面々でトーナメント開かれるようです。約一名そんなことやってる場合ではないであろう人が混じっていますが。で、せっかくイメキャラに起用した選手がW杯代表に選出されないとなるとコナミとしては打撃をこうむるでしょう。というわけで協会を通じてトルシエに圧力をかけてください。通じるとも思えませんが・・
ちなみに前作5はきのこ様、4はイメキャラではないものの、モデルはあきらかに名波と見事に当落線上の選手となっており、ウイイレのイメキャラに起用されることはあまりいいことではないようです
4/25
神様お願い
高原がリハビリ開始。チームドクターいわく「反応を見ながら進めるしかない」状態らしい(ほんとに大丈夫なのか?いや高原がじゃなくて・・・・)。いくら若いといっても4年に1度のW杯。高原のためにも日本のためにも。神がいるなら・・・・
←の意味がわかる人はおっさん・おばさん。あとはフェチ。
4/24 清水の森岡Jビレッジ先乗り。もはやサッカー選手とは思えない域へ突入
4/22 この程度ならまだいいほうです
東京V、アニマウ・エジムンドと北沢が口論。北沢さんもマジになってはいけません。この人はそーいう人なんです。ただし意外とほんとのケンカは弱いらしいぞ
4/21
シュートだよシュート
シュート打たなきゃ点は入りません(ごくまれに先日の福西のヘッドのように打たなくても点が入ることもありますが)。いくらボールをこねくりまわしたところでボクシングではないのてポイントはつきません。高原のように多少強引にでもシュートをうつ姿勢が欲しい。前を向け!シュートをうて!ちなみにその高原は肺動脈血栓塞栓(そくせん)症」と診断。4/22退院はするが、W杯に間に合うかは微妙・・・
4/21 祝辞
横浜サポおよび関係者の皆様おめでとうございます。磐田戦の勝利にて首位ターンが決定いたしましたね。これで再開までの約3ヶ月の長きにわたり首位の座を確保することが出来ます。
4/18
ヘタレ野郎ども
1-1? いいえ完敗ですよ

トルシエは試合後いつものようにまくしたてましたがホームではテストなどという言葉は通用しません。中田が与えたPK、一対一の対応を誤った宮本。私は前から言ってますがタイマンの弱すぎる今のDF陣ではとてもW杯では戦えません。FWにしても前を向くプレーが少なすぎる。特に鈴木隆行。後半多少ゴール前に飛び込むプレーも見られたが、とにかくゴールから離れた位置でしかもゴールに背中を向けたプレーが多すぎる。ポストプレー?、笑止。下のコメントを参照してください。こんなやつ代表に、あなたのチームに必要ですか?。私は許しません。あ、小笠原はちょっとかわいそうでしたが、小笠原だからどうでもいいや

仕方ないではすまないこともある
鈴木隆行談:「いわれてるほど悪い状態ではないし、思いつめてはいない。与えられた仕事をして点が取れなければ仕方がない」 。はぁ???、あなたの一番の仕事は点を取ることですよ。しつこいようだが逝ってよし。
4/19
  やはりただものでは無い

裏に出るスピード、フィールドからDFから消える動きが得意な彼。たしかに凄いときは凄いが、凄くないときはさらにとてつもなく凄いです。スタジアムでもほとんど存在に気づきませんでしたが、ビデオで見返してもやはりほとんど登場しませんでした。この存在感の希薄さはある意味ロマーリオに通ずるものがあります。
4/19 一杯飲んだ帰りのタクシー。運転手はいきなり「いやー今日は巨人勝ちましたねぇ。桑田が・・・」と延々と巨人の話を始める。私は中日ファン。同乗の3人はさして野球に興味も無い。万人すべてが巨人ファンだと思ってるのか?。これだから巨人ファンってのは・・・ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・・・・。
4/18 闘志無き者は去れ
というわけで先日の柳沢と隆行、代表には不要。逝ってよし。
4/15 春一番・蝶野の次は御大猪木
植田朝日氏率いるウルトラニッポン。コスタリカ戦でアントニオ猪木氏より闘魂が注入されるとのこと。植田氏といえばFC東京。FC東京といえば開幕戦イベントに春一番・蝶野正洋を起用した。さあここまできたら次はだれだ????(くるところまで来た気もするが)
4/15 ジレは大丈夫なのか????
私もふくめて名波の復帰にうかれている今日この頃ですが、スタートダッシュに多大なる貢献をしたジレがお休み中。情報も余り伝わってきません。名波・トシヤ・ジレがからむ。そしてノブオと西が馬車馬のように走る(走らされる)。おもしろおかしい、わけのわからんことをやってくれそうではありませんか。
4/14
  「トシヤとやりたかった」
 〜神戸戦トシヤ交代を受けて名波の発言

みんながおどろくようなプレー、遊び心あふれたプレーをする名波。何事もなかったかのようにさらりとこなすトシヤ。似て非なる二人の奏でる絶妙なハーモニー。
うーん、す・て・き
4/14 先日も書きましたが、父親でもないのにしがらみで父親サッカーに参加。いつもはGKの私も40代中心のオヤジの中では若手とのことでMFで出場しました。
外から中、中から外と裏に飛び出しましたがパスが出てきません。逆に裏に飛び出すであろうタイミングでパスを出しても裏へ走ってくれません。どうやら年令的に「走る」ことそのものに問題があり、常に足元へボールを受け渡すプレーをしているためスペースを生かすという意識は全く持って無いようです。
「動けるうちは一生懸命動こう」。もうすぐ開幕する社会人リーグに向け、ある意味いい教訓になりました。
4/13 血は受け継がれていく
横浜へ移籍した清水が首を寝違えたらしい。やはりまだ磐田の血が流れているようだ。肺炎の検査もしたほうがいいんでないかい?。
4/12 世間ではジュビロ-鹿島戦をライバル対決などともてはやしていますが、わたしは鹿島をライバルなどと思っていません。ただ「嫌い」なだけです。もちろん「互いに競い合って切磋琢磨し向上・・・」云々などとはまったくもって笑止。たたきつぶしたい、なんならどっか消えてくんない?って感じです。昨年のチャンピオンシップ時に政一氏が言ってました。「鹿島のサッカーには負けたくない」。同感。ていうかそもそも「あれ」をサッカーだとは思っていませが。
4/11 4/13は仕事終了後にエコパへ旅立ちます(ほんとはそんな時間には終わらないんですが逃亡します)。4/14も悲しいかな仕事でありまして、さらに終了後の夜はサッカーの練習試合(なんとか夜7時までには仕事を抜け出さねば)というなかなかにハードなスケジュールです。これを乗り切るには、仕事の成果などこの際どうでもよく、ジュビロ-鹿島戦の結果にかかっています。ただてさえ風邪気味なうえに先日の練習で右足太ももに軽肉離れを起こしています。たのむから私に生きる力を与えてください。
4/11 先日お伝えしたトシヤのユニ&スパイクのオークションですが、なんと236000円という高額での落札となりました。JリーグMVPで「はく」がついたか。
4/9 寝違えどころではなくなってきました。肺炎。
最初の診断から一転二転だとか、直ったと思ったら再発とか昨年から多すぎませんか??。ジュビロの医療体制・管理体制に多くの疑問を感じざるを得ません。
ということでとりあえずがんばれグラウ。
4/6 某オークションサイトで某誌企画のもとトシヤのユニフォーム&スパイク出品中。すでにかなりの高額になっております。
しかし写真はマフラー・コートでめちゃ厚着ですがいつのものでしょうか
4/5 言葉とは力なり   なんのこっちゃ
某サイト
管理人さまのように静岡出身以外の方でジュビスタでとびかう遠州弁に頭を抱えていらっしゃる方も多いかと。というわけで先日の京都戦レポート遠州弁バージョン作成しました。ご参考になりますか?、それともさらに・・・・・・
4/4
やっぱり・・・・・あなたがたよりです。
鹿戦よろしく。
案ずるな、高桑はいない。

しかし高原もいない。
中山隊長万歳
4/3 絶好調ジレ、ひざに違和感。古傷のようです。こうなるとますます山西の有給がひびきます。ちなみに4/2は26歳の誕生日だったようですが土下座しても許してあげません。
4/2 とりあえずひとあんしん・・・か?
ヒデトの鼻骨骨折は比較的軽度なもので、次節出場可能とのこと。しかしフェイスガードもつけないとはいくらなんでもやばいのではないですか?。ちなみにひざのじん帯をのばした金沢も次節山西が有給ということも有り無理して出場の見込み。野戦病院状態の昨年とダブってきました


すでに伝説。オレがエースだ!
『高原直泰物語』
が少年マガジンに掲載される。「W杯特別企画」として第一弾が高原、その後は洪明甫、小野とつづく。現状では”レギュラー”ともてはやされる柳沢だが、さすがに”ほにゃらさわ”では熱血主人公として漫画化するのは無理のようだ
4/1 やっと服部まこ 服部・マコが戻ってきjましたが、安のシャイニングウィザードを喰らったヒデトの鼻骨にひび。復帰時期はまだ定かではありません

しかしまたもや相手に退場者が出ました次節は神戸・・・また期待できそう



おっくん二世
名波の復帰に沸くジュビロですが、元プリンス藤田が「真ん中をやりたい」と奥みたいなことを言ってます。ただし「決めるのは監督」というところが大人ではあります
    2001年11〜12月   2001年6月〜10月 2002年1月〜3月
         HOMEへ