過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
2001年11月〜12月  2001年6月〜10月 2002年1月〜3月  2002年4〜6月
8/31 アルノアンケート総評  いくらなんでもカーン獲れってのはムリです
アンケートにご協力下さった皆様ありがとうございました。さていろいろな意見が出ましたところで勝手にまとめてみますと   〜まあ確かに危なっかしい場面というかミスも多々あります。他サポにとっては唯一の光明でもあるようですし若手のGKも使ってみたいところですが、しかしまあ前任の二人よりゃいいだろうし、フィードはうまいしファインセーブも結構あるんでね。何よりいい人だし。でもとりあえずポロリは勘弁してね。〜    というところでやはりアルノ人気はなかなかのものでした。実力に?をつけてもあの人柄には皆様メロメロのようです。2ndステージも開幕です。サッカー誌・新聞等マスメディアではGKが唯一の穴との評価も多いです。見返せアルノ!!たのむぞアルノ!! いやほんとに。
8/30 こんなんいかがですか
こういうGKならシュートも取れるようにやさーしく蹴ってくれるかも。DFも必死になって守るぞ。もちろんゴールじゃなくてGKをだけど
8/29 フィスカーウォッチング欧州編  どうにも止まらない
帰国したフィスカー。早速UEFAカップ予選でやってくれました。両チームあわせ退場1人にイエロー6枚。もちろんPKもあったようです 〜情報提供carpediem様
8/28 リンダこまっちゃう
松森氏もコラムを寄せるライバルズ。しかしこちらの記事によると藤田と西はウィングバックらしい(苦笑)。ジュビロにウィングバックなどというものは存在しません。3バックで左右のMFならウィングバックかい。とてもサッカーを知ってる人が書いた記事とは思えません。「FW前田や、DF上本らも順調に成長している。王者磐田の時代は今後も継続しそうな勢いである。」ええっ?そうなんですか??。私には新プリンスの成長は(以下削除)。現状では相当やばいと思うんですがね。ほとんど試合も見とらんなこりゃ。
8/27
よく受けたな
現在世界一の審判といわれるピエルイジ・コッリーナ氏がたこ焼きのCMに出演することになった。福岡に本社を持つ八ちゃん堂の冷凍食品で「厳格な態度が、品質を見つめる企業としての姿、試合後の優しさがたこ焼きの持つホッとさせる安心感に通じる」というのが理由。しかしそれがたてまえであることは明らかで、要するに見た目が(以下自粛)。23日からはすでに九州で放送され、来年3月からは関東地区でも放送されるとのことだが、うーん静岡でも見れるのかなぁ。
8/26 朗報
かの招聘審判、エリック フィスカーとルシリオ バプティスタの二人が規定の招聘期間を終え帰国。帰国に際するコメントは以下のとおり(抜粋)
フィスカー : 「自分も含めたヨーロッパの人はJリーグのレベルの高さに驚いている。日本ではすばらしいサポーターが試合をより良いものにしている印象を受けた。」 私たち日本人はヨーロッパの審判のレベルの低さに驚いているんです。せっかくの試合をこわしてるのはあなたなんですが。
バプティスタ : 「これまでの7試合は自分にとってすばらしい経験でした。日本のサッカーは将来向上していくと思います。」 私たちもいろんな意味で貴重な体験をさせていただきました。あなたの審判技術の向上を切に望みますさて、次はどんなんが来るのかな・・・・・・
8/24 ちよっとさびしいオールスター  私の中でMVPは中西です
トルシエモデルDF対岡ちゃんモデルDFは岡ちゃんモデルの勝ち。相変わらず点とったらMVPというアホさには閉口してしまいます。名波が持ったときの黄色い歓声に結婚してもなおナナギャルは存在することを確認。戸田が自称全治3ヵ月のすね骨折ということでとりあえず誰もたいした怪我なく良かったねと。しかし攻撃的で盛り上がってはいたんだけど、なんか「遊び」が無かったなぁ。ピクシーやドゥンガ、レオなんかがいると「遊び」を入れてくれるので見てて楽しい。トシヤやノボリなんかでもいればまだ違ったんだろうけど。しかしよもや名波がフル出場しようとは
8/24 アンケートに関しましてお詫びとおねがい
アルノのアンケートに関しまして一部抗議をいただいております。当方の表現の仕方にも問題があったかもしれませんが、私としましてはアルノを中傷しようなどという気持ちは毛頭ございません。むしろ頑張ってほしい。私もアルノは好きなんです。私自身もGKですのでむしろGKに関しては温かい目で見守っているつもりでもおります。そういう気持ちもこめてアルノのプレーに関して皆さんがどう考えているか知りたかっただけ。誤解を与えてしまったことは申し訳なく思っております。しかしだからといってアルノはプロで有りますからして、良くないプレーにはそれなりの批判(個人の誹謗中傷ではありません)はあって当たり前とも考えております(たとえ中山でも名波もそうですわな)。もちろんいいプレーは賞賛します。そういうわけで私自身一応GKのはしくれといたしましてこちらにアルノのいいとこ悪いとこを私なりにあげてみました。少しでもご参考になれば
8/23 アンケートでち
「王様の耳はロバの耳」 「キーパーの声は神の声」とさえ言われフィールドを最後尾から支えるGK。2002W杯ではあらためてその存在がクローズアップされました。一方、来日以来常に安定して不安定なパフォーマンスを見せてくれるジュビロ磐田正GKアルノ ヴァン ズワム。GKが最大の弱点と言われ続けた磐田の救世主となるべく入団しましたがそ、の不安定なプレーは目を覆わんばかりです。そこでアルノに関して正直サポーターの皆様はどう考えているのか、アンケートを実施いたします。あ、いつも言ってますがアルノは好きなんですよ、人として。
8/23
1stステージMVP
高原が1stステージMVP獲得。W杯終了後の活躍はまさに鬼神の如し。常にゴールに向かうことが相手にとってどれほど脅威であったか(どうでしょうか柳○様)。高原無くして磐田の1stステージ優勝は無かったでしょう。各方面で激賞されている高原ですが、しかし2ndステージこそその真価が問われます。継続中の連続試合ゴールがただの勢いではないこと。日本のエースは高原であること。ゴールこそが己自身であること。高原は証明してくれるはずです。
8/21 やはり
ジュビロが"SportsPartner"なるチーム及び選手の強化を目的とした自動追尾システムソフトの開発を開始。簡単に言うと現在目視に頼っているデータ分析をビデオカメラとパソコンにより自動でより細かく正確に幅広く取得しようというもの。「おお、チーム強化のためになかなか面白いことをする」と少し関心しましたが、ジュビロで使用してうまくいけば市販するつもりのようだ(特許出願済)。さてどちらがホントの目的なのか賢明な方々はもう予想がつきますか
流石
いつものことですが優勝記念グッズ発売します。夏季長期休暇をとっていましたがこういうところだけはぬかりが無いようです。ええ、もちろん資金調達はある意味ジュビロ最大の課題であることは承知しておりますよ、ハイ。
8/20
まるごと政一くん
静岡放送熱風スタジアム(見れない地区の方すいません)。今回は優勝記念ゲストとして30分まるごと政一スペシャルでした。:普段なにかと批判してしまう私ですが、番組中の氏のなにげないコメント、表情に華のない飾らない実直な性格、選手・サッカーに対する愛情、そしてジュビロのサッカーへの誇りを感じました。選手たちもおそらくそれを感じているのかもしれません。パッと見はその辺にいる公園のオッサンかも知れませんが、内に秘めたものはただならぬものがあるようです。
8/20 人として
ジュビロ磐田球団事務所の方々、われわれとしてもうらやましいほどの長い夏休みは十分満喫されたでしようか?。状況が状況ゆえおそらく内部ではそれなりに多くの方が実際には働いていらしたかとは存じますが、対外的にあまりいい印象を与えるものではございません。場合によっては選手・スタッフに不信感を持たれないとも限りません。今後は交代制をとるなり状況を考えて休日をとられたほうが良いと思います。ええ、社会人として常識の範囲内でお願いしたいものです。選手・スタッフの方々には1stステージ優勝おめでとうございます。そしてありがとうございます。本当にお疲れ様でした。しかし休む間も無くほどなく2ndステージも始まります。体調には十分お気をつけなさってくださいませ。
8/17

   
まずは喜びにひたりましょう。相性の悪さ全開の試合でしたが後半ヘタレてしまったのはサイン会の疲れでしょうか。まあこういう試合は勝てばよし。たとえアルノが正面のボールをはじくことすら出来ずとも気にしちゃいけません。
勝ったのはジュビロ。それでいいんです。さて、久しぶりに高いワインでも開けようかな。あ、言いそびれてましたが鹿島様、本当にあり・・・ありが・・・ああ!、やっぱり言えない!!
8/17 柏戦プチTV観戦レポート
珍しく開始早々から攻める磐田が信じられず、山西のFKに我が目を疑う。ころころ切り替わるBS中継にいら立ちつつも中山の渾身のゴールに我を忘れたが、アルノの頭上を狙われ正気に戻る。後半になって引き気味の磐田に不安を覚えると加藤望にヘッドで決められるという不始末に憤怒。さらにアルノの腰砕け守備に激昂しつつあらためて清水の健闘を祈る。その後も攻められる磐田に敗戦の文字がちらつき始めるが信男の登場笑い勇気を与えられる。そうだ俺たちには信男がいた!。そしてとうとう信男のゴールを横取りした高原のゴールで歓喜にひたる。私にとってはこのような試合展開でしたが皆様はいかがだったでしょうか。
8/17 「俺がルールブックだ」 フィスカーウォッチング
× 浦和 1 - 2 市原 ○
[PK]  市原X 1    [退場] 浦)エメルソン:※警告X2  ,[警告] 浦)阿部  市)崔、阿部 、村
サッカーを、トシヤを楽しめ
   

サカマガにて連載されるJリーガー(死語)特集。第1弾はトシヤ。サッカーを世界一楽しんでるのはもしかしたらトシヤかもね。やってる選手が楽しくなけりゃ見てるほうが楽しいわけありません。フィールドを駆け回るトシヤの姿、見てるだけでこっちがハッピー。トシヤの凄さ、楽しさはスタジアムで見れば3倍増です。いや、じゃなきゃわかんないかも。なんでかって?。だからスタジアムに来りゃわかるって。
8/16 ○カは死ななきゃ直らない、いや死んでも直らんなこりゃ
例のサイン会、予定通り行われたようです。アホ。たかがサイン会を新聞にも取り上げられる始末。これで万が一優勝を逃すようなことがあれば他サポの笑いものです。つーかもうすでに笑われてるわなきっと
8/16
今度こそきっと・・・・・
GKが最大の弱点と言われ続け久しいというか、永遠のテーマとなりつつある我がジュビロ。ユニバーシアード代表GK高原寿康(岐阜工→愛知学院大,185cm)の入団が内定しました。鹿島との争奪戦に、本人いわく「出番ありそー」との理由で勝利。岐阜工といえば下川、愛知学院といえば松永の後輩になりますな。そういえば大神もユニバ代表だったな。過度な期待はもたんほうがいいか・・・・。
8/15 ときすでに遅し
ジーコも観戦したSBSカップの行われた藤枝総合運動公園。総合というだけあってサッカーも出来る陸上競技場もありますが、それとは別にサッカー専用スタジアムがあります。これがまたかなりご立派。芝も完璧、Jの試合も十分できます。現在13000人収容ですが、バックスタンドはジュビスタのように土手を利用して十分増改築可能。これがもっと早く出来ていれば藤枝ブルックスが福岡に移転することもなかったかもしれません
8/14 はっきりいって情けないぞ
SBS国際ユース、8/12・14と行ってまいりました。ワールドユースを目指すU19代表はU18の静岡ユースにも敗退(静岡ユースの主力になる菊池・成岡・大井がU19に召集されているにも関わらず)して最下位。意図の見えない攻め。監督が変わったばかりとはいえ、U17からプレーしている選手も多いのにまったく上積みが見られません。これではアジア予選突破すら夢のまた夢。まずシステムありきかと思えるような選手配置。菊池を最終ラインに入れるのは勘弁してください。成岡を右に固定するのもやめたほうがよろしいかと。菊池-成岡は名波−トシヤの関係に似ています。ぜひ近いところでやらせてあげてください。それから優勝したパラグアイユース、いろんな意味でやっぱうまいです。基本技術はもちろん、若いとはいえ”ツボ”を心得てますね
8/14 弾幕
熊タンを私とは違ってよりもはるかに真剣に応援しているshine様。新弾幕のデザインを決めかねているということでただいま投票受付中です。もちろん湘南カラーですが、来年はジュビスタでジュビロカラーのNEW弾幕を拝みたいものです
8/13 オジサンは時として思い出にひたってみたり
先日の鹿島-横浜戦で思い出しました。そういえば1988年5月8日、ヤマハのJSL初優勝がかかったマツダ戦。都田で同時刻に行われていた本田-日本鋼管戦で2位の日本鋼管がヤマハのライバル本田に敗れ、ヤマハがマツダに勝利すれば優勝が決定するというシチュエーションでした。ヤマハ関係者・ファンともどもにっくき本田(私はそうでもないんですがね。浜松市民なんで)の勝利を願い、果たして結果はその通りに。そのときの日本鋼管はリーグ終盤まで首位にたっていたが残り3節でヤマハが逆転したものでした。多少違いはありますが状況は似てますね。それからそのときのマツダの監督がオフトだったりもしたんですよねぇ
8/13 9 - 22
高校野球2回戦  ○興誠 9 - 8 日章学園 ×
毎回の22安打を浴びました。こちらは9安打ですが効果的な2本のホームランと相手のミスに助けられ勝たせていただきました。ま、我々ジュビロ的にはボールキープとシュート数で相手を圧倒しながら自らのどちょんぼなどで敗れるということにはある程度慣れています。こういうこともあるんですな。
8/13 若人あきらもがんばっておる
豊田国際ユース出場のU-16代表。ジュビロからは岡本・八田・森下・上田・藤井と5人が選出(かき集めたという話もあるが)。GK八田、可能性がありそうです。なんとかこのまま順調に・・・なにせGKはいろいろとアレだもんですから。岡本はゴール前でDFを股抜きしてゴール。いいですねこの感覚。気持ちもつよそーです。
8/12 あのなあ・・・・・・勝つ気あるの?
みなさんご承知のとおり、我がジュビロは優勝のかかった大事な大事な最終節を8/17に控えています。しかしクラブ事務所はのんきな父さん夏休みなどという寝ぼけた状態のうえに、選手だけは公式SHOPにてサイン会。しかもメンツはみんなタカ・名波他主力陣。この期におよんでまだ小銭稼ぎに走るのかい。選手も拒否していいんだよこんなときはさあ。そのかわりヒデトには一日店長くらいはしてもらいますから。
8/12 万が一 ってこともありますので念のため
 
8/11 あ・・・あ・・・ありが・・・とう・・・か・・・かし・・・言えない


鹿島にも思惑があったようだ
鹿島スタッフいわく「2ndで磐田と争いたくないので1stは磐田に優勝してもらったほうが」とのことで見事横浜に勝利。開始早々、「鹿島戦限定ストライカー」ジローのシュートがきわどく枠を捉えハラハラしましたが、最後には本来のジローに戻り決定的シュートを外してくれました。やっぱジローはこうでなくっちゃ。本山のゴールの瞬間には、「よっしゃあ!」と拳を握りしめガッツポーズをしている自分がありました。事情が事情とはいえ我ながら信じられませんな。わっはっは。柳のへなちょこぶりには改めて驚かされたとはいえ、やはり鹿島の2ndは手強いか。まあそんなことよりとにかく次よ、次。90分勝利です、90分。
8/11
タカ・ファン・バステン

高原。日本最高のストライカーへの道を歩んでいます。「中山さんのボールを(ボレーシュートした場面)どうしても決めたかったので、それが悔しい。」。難しいシュートでしたが、この向上心がさらにまた一歩上へ自らを押し上げることでしょう。そしてジュビロを逆転優勝へ導いてくれるかもしれません。中山の後継者はやはりこの男だと思いつつジュビロに納まる男ではないし、それではいけないのでしょう。
8/11 交代制勤務
柏戦には累積警告でヒデトが休業(ええかげんに罰金だな)。おそらく山西の出場が想定されます。優勝争いをしているリーグ戦真っ最中に夏季休業をとるのんきなクラブもどこぞにありますが、DF陣の所属は事務所なのでしょうかね
8/10 フィスカーウオッチング 向かうところ敵なし
○ 神戸 2 - 1 FC東京 ×
 警告 : 東)伊藤、小林稔、茂庭、下平、ジャーン  ,退場 : 神)北本
 PK:東京x1、神戸x1
8/10 見るなというと見たくなるのが人というものです
横浜のラザロニが磐田戦観戦禁止令。磐田-仙台戦は横浜は成田の宿舎にバスで移動する時間に当たるが、その際磐田戦を車内で流さないことにした。磐田を気にするなということらしいが、かえって監督が過剰に気にしている証拠ですな。また見るなと言われればよけい見たくなるの人ってものです。素直に観戦したほうがふつうですわな。私?、私はもちろんバリバリ気にしてますよそりゃ。
8/9 狩人
しまった。横浜には「鹿島戦のみ」ゴールハンターに変身するジローがいたのだ。われわれが見慣れた「あの」ジローではなくなってしまう。要注意だ。
8/9 腐ってもタイ
今節の出場停止は延べ19人。鹿島は青木1人ですがその他に4人、レンタルも含め元鹿所属選手が。鹿島で過ごした日々が血となり肉となっているようです
8/8 背に腹は変えられん。プライドも捨てました
8/8 フィスカー ウォッチング
×仙台 1 - 4 名古屋○
警告 : 光岡(シミュレーション)、岩本(シミュレーション)、森保 , 退場 : 森
8/7 機を見るに敏
ネスレ提供のNGSJ。今月の「Hot Player」はそのタイトルに最もふさわしい男、鈴木秀人。あまりにもタイムリーすぎます。ただし今回のタイトルは「Too Hot Player」とか「Too Much Player」にしたほうがよろしいかと
8/7 ぜいたくを言えばキリが無いとは言ったって欲しいものは欲しい
「勝負強い」といわれるジュビロだが、果たしてどうよ?。確かに延長戦では負けないし、苦しいときにセットプレーも決めます。でも延長戦はXゴール方式がなくなればただの引き分けになっちまいます。チャンピオンシップ、ナビスコではシルバーコレクター、天皇杯は問題外と最後の一発勝負では思うように結果は出ていません。そういう意味では鹿島のほうが勝負強いっつーか要領がいいっつーかここ一番は勝ちますわな。ある意味「型」にこだわる部分が招いている部分でもあってそこがジュビロのジュビロたる所以なのだろうし、それがまた好きだったりもするんだが。ゼイタク?。
8/7
首の皮1枚と頚動脈残りました
京都の皆様、ご尽力に答えられず申しわけございません。かろうじて勝ち点差2に踏みとどまりましたが今季1の尋常ではないヘタレぶりを披露。勝利への執念は感じませんでした。そりゃあ疲れているでしょう。でも横浜だって同じです。残り2戦、たとえ届かずとも90分で勝つことがジュビロのジュビロとしての誇りです。(弱気?)。で、政一さん。頼むから今少し状況判断をしっかりしてくれませんかね
8/6 旬の男
今秋の釜山アジア大会を目指すU-21代表候補にMF前田とDF上本が選出。ただし前田はランニングを開始したばかりで辞退する模様。代わりといってはなんだが石井コーチが山本監督のアシスタントとして参加することとなった。ただしいくら山本さんとはいえ石井コーチをこのままなしくずし的に入閣させないでください。ただでさえ山本さん本人がいなくて困ってるんです
8/5


そしてさらにU-21候補選出
上本大海が J初出場。DF陣が交代制勤務をとっているため次節は大岩が休養。次節もおそらくベンチ入りか。前田漢以来磐田にはいない屈強タイプのDF、やっと出てきてくれましたね。相手を全て叩き潰すようなDF期待します
8/5 勝つ!絶対勝つ!勝たせて(泣)
ISHIIさんも力強く語っておられます。そうです。負けるはずがありません。磐田が長年かけて培ったサッカーが、金にものをいわせた寄せ集めチームに負けるわけにはいかないのです。そういう意味ではまだ鹿に負けた方がいいくらいだという気持ちもわずかながらあったりします。ええ絶対勝ちます。(直接対決で負けてんじゃんとか、野球は巨人が強いねぇとか、やっぱりレアルマドリーが強いだとかいう突っ込みはこのさいしてはいけません)
8/5 最初が肝心
FM横浜と対戦する神戸の状況はいかに?と思い公式を訪れると・・・衝撃。この笑顔を8/7ぜひ拝みたいものです。いやしかし強烈ですな。
8/5 そこいらのチームといっしょにするな。俺たちは「ジュビロ」だ!!
政一対西野のうそだろおい同い年対決は政一の勝利。ガンバ戦はまさに「勝利」に対する執念を感じましたね。並のチームでは出来ない逆転劇でしょうし、これが磐田の「強さ」てしょう。しかぁし・・・・あの試合内容で4失点、2-4とリードされるというのもなかなか並のチームでは出来ません。ピンチを確実に失点に結び付ける決定力はJ随一かもしれません。
8/4 やはりサッカーとは楽しむものなり
いやいや京都のサッカー楽しいです。勝利こそ逸したものの常にチャレンジしていく姿勢には感服。京都様のご尽力にむくいるよう、次節には我が磐田が勝ち点3を獲得し首位にたつことを約束します。だからがんばれ神戸
8/4

当サイトは
京都パープルサンガ
を心からサポートします。
8/4 19:00 西京極  京都 vs FM横浜
さあみんなでスタジアムへ!!
平野もいるよ♪
8/3 フィスカーがいないのでPKはありません → あ、ありました
実は試合見てません。諸処の事情によりホームにもかかわらず出動せず。気持ちだけは磐田に送り、マグロンの先制ゴールを見届け出かけました。帰りの道中磐田ユニを着ているカップルとすれ違うも怖くて結果は聞けず。帰宅即ネットにて確認するとXゴール5-4!?。内容がわからないのでほめていいのかどうか定かではありませんがとりあえず残ったようです。2-4からひっくり返したのは強さといえば強さでしょう。おや?上本くんリーグ戦初出場ですか。
8/3 今日のフィスカー
札幌 2 - 3 清水  PK無し 、警告:バーヤック、小倉、山瀬 x 2 (退場)
一観戦したW杯ベルギー対ロシアのレポート書きかけて忘れてた・・・・・。
8/3 一人の選手に自信と力を与えた磐田はえらい
昨年の天皇杯で磐田から2得点をあげた駒沢大FW深井正樹(あの小柄ですばしっこかった彼です。磐田が最も苦手なタイプでんな)の鹿島入団が有力。その他横浜・柏などからもオファーがあるとのこと。横浜にはU19代表で桐蔭学園FW阿部の入団も決まっておる。成岡・菊池・大井・矢野君への接待は進んでますか?
8/3 ほう、それでは君はどんな活躍をしたのだい?
2002W杯で無得点のまま何も出来ずに一次リーグ敗退を喫したフランス代表のMFジダンが欧州最優秀選手にロナウドを推した。「優勝を決めた2ゴールは本当に素晴らしかった。欧州最優秀選手はロナウドが取るべき」。別にそれだけならばどうということは無いが、さらに「少なくともカーンなんかよりは絶対にね」と。かつてボルドー時代UEFAカップ決勝でB・ミュンヘンに敗れたことを根に持っているのか、いちいちカーンのことを持ち出してきた。なんもせんかった奴に言われとーない。98W杯決勝で自らも2ゴールをあげたこともありそんなところをアピールしたかったのかい?。「前回はこんなに活躍したんですよ、僕も」って。ただしサウジ戦で無用な報復行為で退場、チームに多大な迷惑をかけたこともありました。そしてデシャン、ブランのいなくなった今回のW杯では何も出来ませんでしたね。あ、ジダンファンの方気分を害されたらすいません。嫌いなんで。私はカーン好きなんで気分を害していますのでおあいこということでドゾヨロシク
8/2 どうでもいいんですが一応時流にのるということで
モー娘から後藤真希が脱退。思ったよりも早かったですな。ソロでいける人はとっとと・・・ということですか。ちなみに保田刑も脱退。バラエティー行きか、それとも邪魔者は(以下自粛)。その他ユニットも組みなおしだそーで。
8/2 世の中やっぱりゼニでっせ
マグロン爆裂中のガンバ戦。すっかりヘタレてしまった市原戦をかんがみ、どうやら勝利給倍増作戦を敢行しそうな我々です。ヒデトくん、ジョーくん、残念でしたね。かわりのベンチ入りの方おめでとうございます。はぁ・・・・・・・(涙)
8/1 またずいぶんアバウトな・・・
ドタバタ中の福岡の監督人事。現福岡ユース統轄で元ヤマハMF、ジュビロコーチの望月達也氏が代行。にしても「当分の間」とはまたずいぶんな
7/31 鈴木昌 その2 就任コメント
「・・・・・・当時、若者の過疎化が進む鹿嶋地域は、アントラーズができたことによって大きく変化しました。暴走族の激減、Uターンの増加、家族の絆の深まりなど・・・・・」。暴走族・・・あ・・・そ、そういうことね・・・・・どうりで(以下自粛)
7/30
人の振り見て我がふり直せ
新チェアマン 前鹿島顧問 鈴木昌談 市原のスタジアムを見て「こんなスタジアムでは金はとれん」とほざいたそうで。わたしとしてはあんな球蹴りでお金をとっている鹿島のほうが許せんと思うのだが。もしや総合格闘技として金をとっていたか?
7/29 BOXING  WBA世界ミニマム級タイトルマッチ 
   判定   × 星野 0 - 2 アランブレッド ○  防衛ならず
ジャッジの問題はサッカーだけではありません。ボクシングも最も問題の多いスポーツです。この判定ひどいです。しかもポイントは大差。まず勝ったアランブレッド自身が「え?、俺勝ったの?」って感じで鳩が豆鉄砲食らったようなきょとんとした表情。猫も杓子もブーイングするどこかのサポーターも情けないですが星野の敗戦が告げられたときにブーイングのひとつも出来ない日本の観衆も情けなかったです。ええ、とにかくひどい判定です。要はノックアウトしなきゃだめということですか。そういや今年の冬季五輪の判定もひどかったですなぁ
7/29 へこんでます
我が母校浜松商、高校野球県予選決勝で敗退。二年ぶり甲子園出場ならず。浜松商出身鈴木秀人は先日またもや退場。前ぶれだったということか・・・。
7/28 そして神戸
川勝氏が辞めちまった神戸。フラビオフィジコが昇格するどうこうはどうでも良い。なんとあの悪漢ビス○苦を獲得にうごめいているようだ。第2ステージからの合流?。開幕戦 8/31磐田じゃん。血を見るで血を。磐田はとりあえず15人分のフェイスガードを用意せねばならんな。
7/27
 Knud Erik FISKER
市原 vs 磐田 4-2 → 2-2
メシア 被害者 磐田戦犯
で、結局名波は「疲れてるから」外したんですね。他のメンバーも疲れは明らかで動けませんでした。前節選手交代の影響が出ましたね、やっぱり。そんなにぎりぎりの戦いでしたかなダービーは。つーことで政一氏A級戦犯としてHung。結果論じゃありませんよ。結果論じゃ
7/26 後悔先にたたず
中2日の市原戦。「(全体的に)切れがない。このままの状態なら絶対にやられる」(中山談)、「名波も相当疲労している」(政一)。さらに清水戦で服部が左ふくらはぎを打撲。レポートにも書きましたが清水戦選手交代はロスタイムの名波→カワムのみ。夏場の中2日の試合ってなぁわかってたはずなんだけどね。選手は1戦1戦その試合をがんばることになるんだろうが監督はもーちょっと後のことも考えながらやってくんないとねぇ。いまごろ疲れてるなんて言うなよ
7/25 ぜいたくは敵だ
アウェイ側からまったく見えないとか、バックスタンドからもかなり見にくいとか、設置場所が低すぎて見にくいとか、今の時代に4:3型というのもアレといえばアレだとか、サイズが小さいから引き画像はわけわからんとか、基台となるアーチのセンスがナニだとか、アーチができた分入場口が狭くなって混雑して大変&暑い&危険だとか、ネスレビジョンってネーミングもストレートすぎるなぁとか、いろいろとアレといえばアレでナンですが、たかが磐田の個有スタジアムですからね。ビジョンがあるだけですごいんです(個有スタジアムってだけでもすごいんだが)。ネスレさんありがとう。ネスレ最高。愉快なネスレ♪楽しいネスレ♪ネスレ・ネスレ♪(んー、わかんねぇかなやっぱ)
7/24
 

清水側iにいた約一名のくそボケ(ああいう輩はサポーターとはいわん)が起こしたビール缶名波直撃事件。いつまでも倒れていたのはプチリバウドのような気もしますが、もし頭や目にでも当たってたらどうする!。こういうことをしたら応援するチームにも迷惑をかけるんだけどね。さて清水にどんな制裁が下りますか。で、磐田の判断は「名波がすぐ立ったし試合が続いていたので」犯人を特定していたにもかかわらず試合中はおとがめなし。そして磐田及び清水の試合は数試合入場禁止とのこと。ヌルすぎ。んなもん即座に退席させて永久に出入り禁止じゃ。いやもう袋じゃ袋。しかしなんだろう。どうも今回のダービーはあの独特の雰囲気が感じられなかったような。いわゆる”にわかファン”が多かったようで盛り上がりが無かったなあ。うーん”W杯逆効果”か。まぁこれでまた来てくれればいいけど。
7/23 ベルギーへ届け
高原談「FWは点とってナンボ」
7/23 DO YOU REMEMBER ME
熊タン活躍の川崎戦。なにげに録画観戦していたところ、おやどこかで見た覚えのある主審が。あ・・・・北村・・・・・・・・。まだ駆逐されていなかったか・・・・。
7/22 言霊というのを知っているか
ベルギーのヘンクへ移籍した鈴木隆行のニックネームが「タカ」に。ふーんタカユキだからタカねぇ。普通だ・・・・え?タカ??・・・・・・。頼む、伝染るといかんからやめてくれませんかねぇ・・・・
7/21 熊タン神になる
湘南2−0川崎 しかもマン・オブ・ザ・マッチ。もはや湘南では神か。ああ、来年の2月まで待てないぃ! それから坂本も1得点。ジュビロにいたころとはずいぶんプレースタイルが変わりアグレッシブ。いまの坂本ならぜひジュビロに連れ戻したいところで。ああやってアタックしてくれる人がなかなかいないのでね。
7/21 高原はやっぱり高原
前節では中山御大の存在感を絶大に感じましたが、高原も復活。「前へ」。感じました。日本人FWでボールを持って唯一前を向いて勝負出来る男。ゴールへの執念、感じました。ペナの中でも全てを抜きにかかる強引なドリブルは頼もしくもあり・・・・ちなみにあれはPKです。相手を完全に抜いてから倒れるバカはいまへんで。要はその前にグラウが決めときゃいいんだが。試合的にはヤバイ部分もありましたがね。ヒデトの不在をひしひしと感じました。
7/20 正気の沙汰とは思えんな
日本代表新監督ジーコいわく「鹿島が何度も優勝したような、そのままのサッカーを見せたい。いつもファンに満足してもらって、喜んでもらえるサッカーをしたい」。 はて???、「サッカーファン」があの「球蹴り」に喜ぶとも思えないし、そのままでは世界どころかアジアでも通用しないことはアジアクラブ選手権等の度重なる敗退で立証済みのはず。それとも勝つためにはなんでもあり、「良い子」は脱却するという意味でしょうか?。これから代表を目指すにはとりあえず格闘技の習得がまず必要のようですな。あ、まてよ・・・、ということは福西は選出確実だな。ヒデトもありかも。マコも頭突きによりいっそう磨きをかければ。
7/19
シーマン1年契約
イングランド代表GK、デビッド・シーマン(38)が在籍するアーセナルと1年契約。なんとかこの1年で後釜を探そうという魂胆のようです。ま、この年になるとなかなか複数年契約とはいきません。ちなみに私の育てた「シーマン」は、世話をさぼったことと、プレー中いつの間にか睡魔に襲われたことにより、気が付くと、、「あ・・・・死んでる・・・」。水槽の外に出るには至りませんでした。しかし夜中にテレビ画面に向かって語りかける姿は端から見ていた母にはどう映っていたであろうか。
7/18 しつこく話しをむしかえしますが浦和戦2失点目のFK。GK側から右に壁をたたせてコースを消し、極端に左に位置取り。そこで極端に空いた右の壁越FKを誘ったつもりで相手が蹴る寸前に右に動いてしまう。ところがエメはほとんどアルノが立っていた場所のしかも下を狙ってあっさりゴール。いつぞやも大事な、とってもだーいじなだーいじな場面で似たようなミスをしましたわな。PKならまだしもFKでヤマをかけたような守備はやめてくださいな。次は中山様もおりません。1失点が致命傷になりかねません。小生もGKであり普段からしいたげられるGKに愛の手を運動を繰り広げておりますが申しわけないがアルノにはそろそろいっぱいいっぱいです。好きなんですけどね、好きなんですよアルノは・・・・。
7/16
わたしもがんばってるんです
広島へ移籍した鳴尾。先日7/6、練習試合福山大戦で2得点。本領発揮かと思いきや実は主力組は同試合後にヴィッセルとプレマッチ。広島でも苦難の日々が続くのか・・・いや、で幸先はいいぞ!ガンバレ鳴尾!。ちなみに広島には何気に尾崎勇史もいたりします。あ・・・広島に「中山元気」なんていう選手がいるのね♪
7/15 毎度毎度磐田入りのとばし記事が出るイタリア、いや世界の至宝ロベルト・バッジォがブレシアと2年契約。現役続行を決めた。「みんなを幸せにしたい」。泣かせるねぇ・・・・くぅー。あなたがいるだけで私は幸せですよ。磐田に来てくれればもっと幸せですが。W杯イタリア敗退はバッジォを代表に入れなかった罰です。え
え。
7/15
  浦和戦を今一度振り返っちゃたりすると、そういえば中山が普段よりも強引に「前へ」、そして「シュート」を意識してプレーしていたような気がします。ポストプレーのトラップもけっこうしっかりおさまってました。カズのコメント(下記参照)にもありましたが「前へ」行くこと、そして正確なプレーの大切さをW杯でさらに深く感じたのではないでしょうか。おそらく中山もトルコ戦の日本代表にははがゆかったでしょう。OKです。どんどん、ええもうどんどん強引にいっちゃってください。明治大ラグビー部ではありませんが「前へ」でお願いします。あ・・・次節出場停止だ・・・・
7/14
だから中山ファンはやめられない
ほんとに頼りになるんだかならないんだか。1対1を外したかと思えばクロスに見事に飛び込んでファインゴール。ああ、でもやっぱりあなたが頼りなんです♪。中山万歳。あ、でもチームメイトの皆様、中山にはボールを受けてからシュートまで考える時間を与えないようなパスをお願いします。ちなみに出場2分でアシストを記録した福西も代表の貫禄ということで。それにしてもいくら「スタジアムへ行こう」ったって5万7902人ってなあ下品ですよ。そういえば横浜は90分勝ちで、奥がゴールだそうで・・・・。
7/13 福西が太腿裏の痛みのため欠場濃厚。ボランチには名波と服部ということになりそうです。ああ、熊タンがいれば(カワムが先という話もあるが)・・・・魅惑のパスワークとロングシュートが見れたかもしれないのに・・・。ちなみにちまたではエメルソンのスピードと埼玉スタジアムをうめつくす赤い集団に磐田が敗北をきっするのではないかという見方もされていますが、かくいう管理人もそんな恐怖に恐れおののいている一人です。あいかわらず弱気です。
7/12 一大事
7/24のダービー。ふと会社のカレンダーを見るとなんとその日の午後から会議が。しかも静岡で。こりゃキックオフにゃ間に合わんぞ・・・・。こうなったら電話受付の社員にお願いして「XXX様より緊急のお話がありますので至急お会いしたい」などという電話が入ったということにして呼び出ししてもらおうかな・・・いやマジで・・・
7/11 ああ、またひとり・・・・・
私の大好きな選手の一人でもあった「ウェールズの中山」、「ウェールズの星野仙一」、燃える男マーク・ヒューズがとうとう本格的に引退。日本ではいまふたつ知名度がありませんがマンチェスター・U等で活躍したFW/MFです。豊富な運動量で前線から激しくプレスをかけ、ここ一番でゴールを決めた頼れる男。今後はウェールズ代表の監督に就任するとのこと。ウェールズをW杯に連れてって。ああ、イアン・ラッシュ・・・ソーンダース・・・ギグスも・・・・・
7/10 静岡産大銀河計画進行中
私どもとは直接関係ありませんが、U19日本代表に欠員が出たためなんと静岡産大のDF河住一仁くんが代替召集。先日の代表との練習試合で目に留まったのか、普段磐田と練習しているたまものでしょうか。いまのうちにつばつけときんしゃい。
7/9 カズ、かく語りき
W杯での日本のFWは仕掛けがないから出場国中一番つまらなかった。もっと前を向いて勝負を仕掛けないと相手は怖くない。見ていても面白くない。”組織”は大事だが
”フォア・ザ・チーム”と”やんちゃ”のバランスを見直さなくてはならない。」自分自身も”フォア・ザ・チーム”に徹して戦った98W杯予選。結果的に得点が取れずバッシングも受け、最終的には代表からも外れてしまったカズ。J再開後のカズのプレーには要注目かもしれません。そしてわが中山隊長。”フォア・ザ・チーム”の権化のような人ですが、もっともっと自己中になってもらってもかまいません。ゴール前中央に高原がフリーで走りこむ。しかし左サイド角度の無いところから中山がDFをなぎたおし強引にシュートして外してしまう。高原がゴール前で「俺によこせよ!」と怒り狂う。そんな場面も見たいものです。(それはそれでたぶん「高原フリーじゃん」って言うと思うけど)
7/8 はらったまっ! きよったまっ!、はらったまっ! きよったまぁっ!
ちょっと前にどうもツイテナイということを書きましたがツイテイナイどころか何か憑いているようです。しかも一家そろって。つい先日母が転倒して左手を負傷、昨日7/6はあちきがサッカーの試合中に相手と交錯し左肩から落下し首・肩・背筋を挫傷(いてえよぉ〜)。そしてとどめに遠方へ遊びに行っていた兄が左腕を骨折して帰宅。とりあえずアンビリバボーに投書・・いやまず何か写っていないかアルバムを・・・
7/7 甲府-湘南戦観ました。ふむ、とりあえず守備をしっかりしようという意識でプレーしていたようですな。本来の熊タンはもっと攻撃敵な選手ですが、今のジュビロにもっとも欲しいもののひとつであるびっくらこくよーなミドルシュートも披露。セットプレーのキッカーもいきなりまかされ今後「王」として君臨する予感もそこはかとなく。しかし坂本・倉貫(坊主になっとったぞ・・・)・藤田健と、なかなかジュビロサポとしても美味な試合でございました。
7/6 いきなりやりました
熊タンが湘南移籍初戦の甲府戦で得点。J2とはいえ公式戦初得点を決めました。だからいってるでしょう、「やつはやる男だ」と。試合は見ていないのでどの程度のパフォーマンスだったのかはさだかではありませんがとりあえず「結果」は出たのかなと。それにしても得点力不足に泣く磐田から移籍した選手がいきなり得点するという間の悪さがなんとも最近の磐田らしく素敵ではありませんか
7/6 ああ鳴尾・・・・・
藤本移籍を念頭に(と思われる)広島に移籍した鳴尾だが、移籍先であるNACのの経済状態が悪く藤本の移籍は消滅しそう。ああ、またもやサイン会か・・・・
7/5
あんたが大将
カーンがGKとして初のMVP。やはりあなたが大会ナンバーワンのスターでした。最優秀「選手」ですからね。なにも優勝したチームから選出しなくても良いわけです。昨年バイエルンMで圧倒的な存在感を見せつけ欧州王者についたときでさえ欧州最優秀選手に選出されませんでした。あのGKのステータスが高いと言われる欧州でさえそうなのか・・・と思っていましたが、小生もGKとして大変うれしく感激しております。そして私のフェイバリットGKの中にシュマイケル、シューマツハー、森下申さんと共にカーンの名がしっかりと刻まれました
7/5 すいませんいつもの私事です。
最近3Dアク○リウムという3D熱帯魚鑑賞ソフトにはまっています。ただただ3D映像で熱帯魚がへらへらと泳いでいるだけです。飼育シミュレーションでもありません。夜中にただボーッとディスプレイを眺めています。ぷくぷくぷくとポンプで空気を水へ送り込む音が妙に心地よいです。かなり疲れてるみたいです。精神的に。と、本日7/5夜、仕事から帰宅すると親戚のガキ二人が・・・。ああ・・・やすらぎが・・・・・・・。
7/4 名波が入籍しました。おめっとさん。え・・・と・・・後めぼしいところでは服部と・・・高原と・・・前田か
7/3 水色はぁ〜、涙色ぉ〜♪
というわけでジーコが代表監督に就任する公算が高くなっています。その際には元鹿島監督でジーコの兄エドゥも呼び寄せるかもしれないとの事。場合によってはジーコ総監督・エドゥ監督もアリか。おまけに川渕の後任Jリーグチェアマンには有力視されていた木之元氏ではなく川渕のご指名で元鹿島社長(現顧問)鈴木昌氏が就任することが内定している。するに川渕と鹿島がつながってるってことかい?。どうりで2ステージ制も変えないわけだ。これから数年はいろんな意味でわれら磐田サポには思い切りの逆風で辛い日々続きそうです
7/2 KAHN is GREAT  No.1  PREATTY
カーン自身はこの大会での数々の素晴らしいプレ-のことは頭にないでしょう。そして自分自身を責めているでしょう。私自身もレベルの差こそあれ経験があります。GKとは因果な商売です(自虐的)。しかし私的にはあなたがこの大会のMVPです。次のドイツW杯まで4年。まだいけます。ちなみにブラジルのGKマルコスも素晴しいです。ここまでGKがクローズアップされたW杯も記憶にありません。これで日本でもGKのステータスがあがれば良いのですが。日本では足の遅い子などが"やらされる"ポジションですが、これでGKにあこがれてプレーする子供たちが増えてくればレベルアップにつながるでしょう
7/1 ブータン 4 - 0 モントセラト
FIFAランク202位ブータンと203位モントセラトの最弱決定戦は順位どおりブータンの勝利。しかも4-0。どうやらモントセラトが問答無用・天下無敵の最弱のようです
    2001年11〜12月   2001年6月〜10月 2002年1月〜3月 2002年4〜6月
         HOMEへ