過ぎ去りし日々・・・    HOMEへ
 2002年9〜10月 2002年7〜8月  2002年4〜6月  2002年1月〜3月  2001年11月〜12月 2001年6月〜10月
真意やいかに
オッ君に松崎社長が来季復帰要請。まあたしかにいりゃそれなりに選手層も厚くなるし今季の名波・服部のお疲れぶりを考えるとそんなこと考えなくも無いでしょうね。おそらく(絶対!)来季はアジクラなどもあるでしょうしジーコ方針だと代表でさらに日程密ということもあります。高原もいなくなるだろうし。まあとりあえず移籍金額の吊り上げをねらってのものだとは思うのですが。心を入れ替えたのなら使ってやらんことも無いぞ、使ってやらんこともな
辻さん、大宮方面へ日参しなさい
U-20代表GK川島永嗣 。 正確なキックと冷静な判断が持ち味。ハイボールにも強いですね。ウズベク戦PKは圧巻でした。むやみに動かず相手の動きを見切ってSTOP。以前から目をつけていましたが着実に成長しているようです。しかし所属の大宮は悲しいかな来年もJ1昇格はできそうもありません。でも幸いにしてJ1にはGKで大変苦労しているチームがあります。しかも優勝争いできるチームで経験豊富な代表クラスの選手もたくさんいます。ぜひそんなところでプレーしたら川島くんのためにも日本のためにもとっても良いと思いませんか。だからくれ
ファンタジスタ大好き
白状します。10/31現在、私のPCの壁紙はFKをけっている山西です

100満ドルの笑顔
  
いい笑顔です。U-20代表成岡。藤枝東高校3年生、強化指定選手としてウチの練習にも参加してる今季補強の目玉です。この笑顔はだれにも真似できるものではありません。中山、トシヤ、小野、バッジォ。チームに勇気・力・落ち着きを与えることの出来る笑顔。「こいつのために」そう思わせることの出来る笑顔。成岡に次の磐田を託してみたい気持ちがよりいっそう強くなりました。
不吉な
上の成岡。キーボードタイプ「な・る・お・か」   {変換}   →   「鳴尾か」
素朴な疑問
知人から質問されました   
  「ねぇ、名波と福西ってさあ  どっちが遅いの?  」   素人にもバレているようだ
オッ君 & 岡ちゃん        そして俺王様
話題の横浜。ウィル解雇が決定、岡ちゃん来季監督就任。奥の横浜残留は大前提の上だということです。心配無用、奥の心の中に磐田という文字は全くないでしょう。磐田戦で生き生きと走り回る奥を見て改めてそう感じました。それは“今おかれた状況で全力を尽くす”とかいうのものとは趣が違った。私個人としても正直戻ってきてほしいという気持ちはほとんど無いので。奥ファンの方には申しわけありませんが金持ち横浜さんにとっとと売って補強にあてたほうが賢明です。そういうところはある程度ビジネスとして割りきるのも必要かと。
磐田−横浜戦全得点
高原・高原・山西中山

 
横浜戦は点数も1stのお返し。開始早々に先制、30分に追加点、山西の右アウトでバックスピンをかけたファンタジー溢れるゴールには少々驚きましたが終了前にとどめと良い展開。名波・服部も久しぶりに “らしい” プレイ。しかし中山カッコよすぎ。プリンス前田との交代を控えているところでダメ押しゴール。スタジアムの注目を一身に集めたままお疲れ様の交代。 スターなんだねえやっぱり。生物学上同じ男としては結構ジェラシーだったりもします、実際。にしてもウィル様とオッ君のいざこざの展開やいかに。ひそかに楽しみ.と、ひとのこと言ってる場合でなく西は何が不満なわけ?
エムボマかよ!
一部マスコミなどで「高原J最年少得点王だ!」  などとも言われていますが、いままでの最年少得点王がエムボマ(27)だそうで。27才という年令はともかくエムボマだとたとえ18才でも最年少と呼びたくはないな。人として。
続 そろそろこのネタもあきてきた  アンヌ様いかがですか
ご要望に応えてやってみました。まだひっぱります。高原・クボッチ兄弟対決を終えたところでもうわかりましたね♪。さてどちらが高原でどちらがクボッチでせう(初めからわかってるっつーの)。
ああそうだ! やっと思い出したぞ
惨敗を喫した浦和戦。ヒデトに分不相応にもケンカをうっていた千島。なんか見たことあるな〜と思っていましたがやっとツッコメます。かつて動物園でみた「フラソワルトン」という猿にクリソツ。  {豆知識}「フラソワルトン」 : オナガザル科 別名「黒葉ザル」,ベトナムから中国にかけて生息する稀少なサル。体長51〜67cm。全身が黒色,頬ヒゲだけが白く,頭頂に毛が逆立っているのが特徴,左写真クリックで拡大。
勝手に妄想2
最近の服部・名波のお疲れ具合を見るにつけ、来季熊タンの磐田復帰は間違いないななどと勝手に考えています。ある意味不謹慎なのですが
勝手に妄想1
広島戦、なにげに鳴尾がベンチ入りしてました。残念ながら?出場はなりませんでしたが一応凱旋ってことで。とりあえずあのまま延長突入、交代出場の鳴尾が古巣のホームでXゴール。それがきいて来季磐田に復帰。高原の抜けた穴を埋める大活躍などという涙ものの展開もありかな、と心の片隅で考えてみたり
記録より記憶とはいっても記録は記録
     

ヨタヨタとJ通算200勝達成。J参入が1年遅いにもかかわらずJで2チーム目。鹿より11試合早いペースです。シ・カ・よ・り・も11試合もは・や・く。同じく199勝でリーチだった清水がモルジブに行ってる間にお先です。まあウチが出れないアジアチャンピオンズリーグに出てるからなんですが。前節では政一監督通算50勝に加えヒデトが200試合出場、ノブオが100試合出場達成。ヒデトはもう少しカルシウムの補給をしていればもっと早く達成できたはずとか、その間に何回顔を押さえて倒れたんだとか、ノブオは出場時間は何分なんだとか突っ込みが入りそうですが触れないであげてください。

そろそろこのネタもあきてきた
といいつつネタにこまってひっぱってしまいました。高原・クボッチ兄弟対決を控え問題です。さてどちらが高原でどちらがクボッチでせう。あたったからといって何もあげません
  ノリヲ ノブオ祭り  ♪
     

夢か幻か。ノブオの左足ループなどというというにわかには信じがたい結末でなんとか勝利。というわけで当サイトは次節まで勝手にノブオ祭り開催します。エエ、決して背景バトル懲罰などではありませんよ。今ステージは誰がなんと言おうとループシュートだと言い張るFC東京戦の中山のゴールに加え、こんどはノブオのループ。我々が普段頭に描くことの無い光景です。次はもしかしてヒ・ヒ・ヒ・ヒデトのループとか。ま・ま・ま・万が一グラウのゴールなんてものが見れたら凄いですね。山本君のやってもうたに関してはとりあえず初犯なので。おそらくア○ノだったらやられていたとおぼしきシュートもセーブしたので・・・
来年のベストジーニストは決まり
ジャマイカ戦、ジーンズ姿で指揮をとったジーコ。中山には負けんぞとばかりこれからもずっとジーンズと宣言した。草薙くん5連覇、殿堂入りに思わぬ強敵が。
逆はナイ
隆行談「今まであまりコンビを組んだことがなかったがすごくやりやすかった」。君はそうだとしても高原がどう思っていたかはわからんぞ、こら
ただの気まぐれ
ここが一応サッカーサイトだということは本人も認識しておりますが(そりゃそうだ)、サッカーとは無関係なHPを中心にリンク増強。しかもサッカーサイトよりも豊富だったりします。意味無いっつーか「何してんだおめぇは」との声も聞こえてきそうですが自己満足ですのでお許しを。さらに言うと実はまだ途中だったり。

ジュビロ在籍時
デンジャラス遠藤引退
ジーコハポンの初陣。高原が点に絡んだとか服部のバー直撃シュートが惜しかったねとか、チュンチュケがなかなかにヘタレだったとかそれでも今後に期待を持たせる内容だったとか、隆行が相変わらず口元にしまりがないとか八木亜希子が結婚してしまい結構好きだったのになぁとか、へえもう37歳なんだとかいろいろとありましたが、かつてジュビロ磐田に在籍し、FW・センター&左サイドDFとしていろんな意味で活躍した遠藤雅大(昌浩)が引退、。ブラジル黄金の中盤の1人、ファルカンハポンのころ日本代表にもどういうわけか選出され、その後数チームを渡り歩きベルギーリーグでもプレーしました。今後は後進の指導に当たるということですがDFの指導には不安が残ります。お疲れ様でした。
くさいニオイはなんとかといいますが
前節アホクソボケナス審判にたてついたとして赤紙頂戴したマコが2試合出場停止処分に。ならばあのアホクソボケナス審判は追放じゃ。そういえばあれで国際主審らしい。まあモレノもフィスカーも国際主審だし。

山西 博文
1963年6月22日生
舟入高→東農大
→マツダ(当時の彼)
フィスカーの怨霊か  荒れる市原戦
       
当たったら倒れる、ボール獲られたら倒れる、競り負けたら倒れる。市原の作戦に見事にはまりました。私たちが見てもミエミエなのにその程度見抜けないアホ審判は論外ですが、だからといって磐田のパフォーマンスも論外。出足で負けましたね、完敗ということです。で、アホの経歴を調べたところ、 左の通りです。ん?、、どっかで見た経歴だと思ったら石井コーチの高校・大学の1年後輩でした。学生時代パシリをさせられた腹いせを石井コーチがアジア大会でいないうちにやってしまおうという魂胆だったのか。とりあえず帰ってきたら体育館裏へ呼び出しです。なんなら部室で説教しますか?。見張りならしますよ。こんなページもありますね。人間自分にないものを求めるようです
何といわれようとも自分にウソはつけない
アジア大会、韓国準決勝で没。わっはっは。いや我ながらほんとに心が狭い♪
己を見つめる
政一氏がプロ契約を打診されているらしい。世にも珍しい社員監督について、いまひとつキャラのたたない松崎社長は「結果を残しているし、選択は本人に任せてある」と。一方政一氏は「あまりボクが長くやっても…。それよりも将来的なこととか、このクラブを良くすることを考えている」。謙遜しているのか己のことを良くわかっているのか、それともプロになるとかえって自分の将来の保障が・・・などと考えているのか定かではありません。そろそろ山本さんにと思いつつ当分帰って来れそうも無いし。よっさんもそろそろS級とってくださいな。
美人薄命
我が家のキンモクセイ。すでに散り始めています。どうしてこうも美しいものの命ははかないのでしょう。ああ・・・、ボクも早死にするんだねきっと。うん、そうに決まってる。あ、でもそういえばセミは地上に出てからはたった一週間の命だったよな。美しさとはあまり関係ないのか。磐田が美しいサッカーを見せ初めてからもうずいぶん長くなるなあ。ああよかった(アホ)
出来の悪い子ほどかわいい
日本狂会幹部がラモス(沖縄かりゆしFC)に対しグアム代表、マカオ代表など日本狂会に死導者派遣を要請している協会の代表監督就任を打診。ラモスがいまだにS級ライセンスを取得できないので、代表監督で実績を残し特例でS級ライセンス取得を認めようかなぁなどと考えているようだ。とはいえさすがにラモス本人としてもグァム・マカオでは観光に行くならまだしも・・・ということで考え中らしい
脱皮
ジーコ談「今のところ左SBは服部しかいない」。ということで4-4-2を標榜するジーコハポンの左SBに当確。脱便利屋のチャンスです。ただ最近ちょっと服部にしてはパフォーマンスが良くないので(高いレベルでの話)心配ではあります。服部が機能しない場合はシステム変更も止むを得ないとまで。サイドバックとなるとそれ相応の守備力・運動量が必要ですからね。今のJは3-5-2が主流で左サイドハーフばかり。確かに他にいないんですね。相馬ももう・・・、新井場の守備力ではちょっと・・・。あ、こ・・・古賀琢磨・・・・・ねぇか。
特に驚きも無く 
「今」の代表ということですね。「今」の代表を強化していくことが3年後につながると解釈しておきます。ということで中山・名波の御大に加え当然とばかりに高原・福西・服部が選出。マコがなにげに復活しています。今度は怪我しないようにしてください。うわさのバウル土屋と坪井は選ばれず山田が選出。ジーコが浦和-神戸を観戦したのはこれが目的か。FW高原は当然として左サイドバックには他に該当者も無く服部が当確でしょうか。小笠原・中田浩は納得出来ますがなぜへなぎさわと隆行が入っているのかは理解に苦しみます。リーグで活躍している選手を選ぶんじゃなかったんですか?。ノブオノブオノブオトシヤトシヤトシヤヒデトヒデトヒデトニシニシニシヤマニ・・・そりやないな。
自信
すでに別世界に旅立たれてしまわれた高原のことは置いといて、今回は高原の清水東高同級生で誕生日が一日違い、今もよくつるんでいるという山本。ガンバ戦はビッグセーブで同点阻止。怪しげなキックもだいぶ安定しました。一度ヒデトくんに怒られちゃいましたがハイボールにも積極的に飛び出しまずまずのプレーでした。経験と自信を着々と積み重ねているようです。で、西野さん、都築は要らないんですか?。だったら(以下削除)
不毛な戦いはしない
元鹿鈴木椅子男談「磐田は強い。完全優勝もあるかもしれないね。でも、チャンピオンシップができないとなぁ。(スポンサー収入を)各チームに還元できるのに…」本意は違うでしょ。絶対やらねぇぞ。
あるべき姿
ジーコの代表選考基準は「国内リーグの優勝チームがベースだ」とのことで磐田と鹿中心ということになるらしい。さらにJ2からは召集しない方針のようだ。となると西澤・モリシはとりあえず選外。まさか本田ということはないでしょうが秋田・名良橋などはありえますね。ウチのほうでは高原・服部・福西あたりのほぼ確定組に加えOVER30の面々や、ちょっとデンジャラスなDF陣、最近キレキレの西も可能性がありますな。そしてなんといってもノノノノ、ノブ(以下自粛)
私とて人としてこんな心も持ち合わせています
台風一過。晴れ渡った空と空気に秋も色濃くなっています。今日帰宅すると庭のキンモクセイのつぼみが開きかけていました。とていい香りが広がり疲れた心と体を癒してくれます。私の年一回の楽しみです(とぎとき二回咲いたりします)。
お約束にもほどがある
ガムバ大阪 2 - 3 さいたまレッズ
得点者 エメルソン・マグロン・マグロン・エメルソン・エメルソン
ウソはよくないな、ウソは
鹿さえ優勝しなければ今更どうでもいいヤマザキナビスコカップ。準決勝で鹿と戦う清水のスケート野郎は鹿をビデオでチェック。印象に残った選手に柳沢を挙げ「たくさん得点を取ると聞いている」とのたまった。だれだウソ教えたのは。
キムタク?いやKONISHIKI
誰もが「はぁん?」と驚いた中山のベストジーニスト選出(協議会選出部門)。こちらによりますと選考基準は以下のようになっていますです
1)日本在住の方(国籍不問)
2)
スポーツ、音楽、芸術、文学、政財、芸能等、各界でプロとして活躍している方
3)普投よりジーンズを愛用しているか、または協議会として
愛用を切望する方
4)ライフスタイルが“ジーンズスピリット”に相通じるものがあると判断される方
※“ジーンズスピリット”とは……
「パイオニア」「ワイルド」「ナチュラル」「エネルギッシュ」などで形容されるジーンズのイメージ・精神
というわけで協議会選出部門歴代受賞者を見ますと、篠原ともえ・旭道山・小錦・大仁田厚・立松和平・C.W.ニコル等々、必ずしも肯定しがたい面々が・・・
いい試合してるんだけどね・・・    
まだまだ
←彼の残留思念を受けているのか、あれだけいい試合をしたにも関わらず・・・。ふつうアレだけ止めまくって外しまくってくれると勝つんですけどね・・・。ああ洋平(涙)。当方としても正直最下位のチームに勝ち点2というのは「なにしとんねん」という気持ちではあるんですが、札幌を見ていると少しそんな気持ちも萎えてしまったりもします。いつもいい試合してるんですよ。どこかよりもよっぽどサッカーしてますよ。次はダイラで清水ですか。「芝」にはお気をつけなさってください。
激レア
ガンバ粉砕のXゴールを決めたのは過去に左のような本も出版され日本代表にも選出、挙句の果てにW杯にまで出場してしまった今季初ゴールの城。さらにウチから貸出中(戻ってこないかも)の佐伯が1ゴール1アシスト、平野が1アシスと、我々の眼下の敵を倒していただきました。調子にのせてしまうと手のつけられない相手だけに大きいです。さらになんとなんと鹿では柳沢が本山からいただいた温情PKで得点。城と柳沢の得点がたった一日で見られるという激レアな一日となりました。スポーツニュース・スパサカなどは必見です。ちなみに例の“ストライカー養成ギブス”の効果は皆無だったようです。ほにゃ。
しらねぇぞどうなっても
今年もジュビロ似顔絵コンテストが開かれます。腕に覚えのある方々はぜひ。でも・・・ほほほ・・・本当に、じじじ・・・自由に書いていいんでゲスか?
まあとりあえずガンバレ
U21一応代表磐田合宿でお手上げを打ち上げ釜山へ到着。所詮初戦は9/28パレスチナとなります。問題はウチの前田王子です。どうやらドクターからは45分が限度といわれているようです。三杉くんかお前は。単純にフィジカルコンディションということならまだ良いのですが、ひざの状態がということなら出場は見合わせてください。チームの状態を見るとそれでも使いたい気持ちはわかるが、前田の、磐田の将来も考えてください山本さん。ていうかクラブとして出場拒否することも必要だったのではないですかな。無事であることを祈ります
やなぎ通信
最近いろんな意味でメディア露出が多いへなぎさわ選手。当HPでも磐田の選手以上の露出度を誇ります。だって面白いんだもん。今度はストライカー幼生養成ギブスですか、ってただのゴムじゃん。あまり効果的とも思えませんが
子は親を見て育つ
U21一応代表 6-1 磐田ユース
さすがにユースには負けませんでしたね。しかし・・・ユースもクリアミスかよ!、田中かよ!。というわけでT選手、S選手、Y選手、しっかりお願いします
た、高原くん。きょ、今日は働いたよぉ
先の鹿島戦ではとびきり優雅なプレーで同級生の高原にしこたま叱られたカワムでしたが、FC東京戦は攻守に活躍。MOMこそ4得点の高原に譲りましたが今回はなかなかよくやりました。他のMF・DF陣にも良い刺激になります。政一氏いわく“スロースターター”らしいのですが、今は意識して頭からガンガン飛ばしていくことも大事ですぞ。GO GOカワム!。そういえばどうやら鼻骨骨折のようですが例のマスクつけてみます?

扱い方の違い
磐田 1-2 浦和 → 紙面見出 「磐田敗れる」 「浦和金星」
鹿島 0-1 柏 → 紙面見出 「柏連敗止まる」
さすがブラジル。上には上がいる
イタリアセリエAキエーボのブラジル人MFエリベウトが年齢詐称のみならず、名前まで偽って登録していたことを自白し出場停止となった。本名は「ルシアーノ」で年齢はまだしも、なぜ名前まで偽ったのでしょうか。グラウもこのさい登録名ロナウドとかリバウドにしますかね。ホドリィィゴ・メンデスはやめたほうがいいか。
アルノと山本、山西と大岩のスタメン争いよりも気になる
清水戦、高原の動きが重いなあと思ったら、腹痛で点滴打って強行出場していたとのこと。念のため病院で検査したらしいが何事もなければいいのですが。途中出場したとはいえノブオの怪我の状態も気になります。もももも、もしや次節FC東京戦はホホホホ、ホドリィィゴでしょうか
このさいなんでもアリ
こんどは宮城歌津町伊里前川でアザラシ発見。歌津町だからウタちゃんですか。私はてっきり歌さんかとおもいました
需要と供給
トシヤいわく「ある意味新しい刺激になった」というほど素晴らしいピッチ状態だったダイラですが清水の選手の皆様、負けずにがんばってください(あれじゃかわいそうだよ)。で、そのトシヤのコメントなどいろんな選手の試合後のインタビューも.netの“試合中継”では音声で聞けるようになっています。ただ政一氏のみ音声が聞けないというのは何か意図があるんでしょうか
福島Jヴィレッジはなんのため
あのU21代表が予定通り磐田でアジア大会前最終合宿。トップチームは日程がきついこともあってかはたまたこれ以上ボコボコにされたくないからか、今度は24日に磐田ユースと壮行試合。でももしこれでやられたらどうする・・・。
↓続報 タイミングが絶妙すぎるのだよ
↓の件。本日帰宅すると夕飯はスパゲティ。つくってません、マジの話です。ええ、もちろんしっかり残しました。いくらなんでも食えねえよ。そっくりなんだもの。
私事 知らないほうがいいこともある
東京出張。仕事の合間をぬって(わざわざ時間をつくったという話もある)長年の夢であったあの目黒寄生虫館へ。怖いもの見たさって奴です。聞いていた通りカップルの来館も多く一風変わったデートスポットとなっているようです。行ったことの無い方が多いとは思いますが・・・キモイ。当分麺類は食えそうもありません。
高原vsアレックスは中山の勝ち
先般提案させていただいたこんなものとかこんなものをやっていただいたのか、90分集中が途切れず出来ましたね。これで政一氏の健康も保たれるのではないでしょうか。とりあえずが間に合わなくてよかったです。28日浦和戦から出場のようなのでぜひ我々の仇をとってください。でもその前にやっぱりそのお○さんパーマはなんとかしたほうがよろしいのではないかと。それにしても平の芝は・・・。どうもここ2年位かな?、ちょっとひどすぎますよ。あれじゃ清水の選手もたまりません。

もういい年なんだからさあ
ある筋の情報によると浦和戦後の政一氏は飲んだくれて相当荒れた模様。選手のみなさま、政一氏の健康のためにもダービーは必ず勝利を。で、どうやらハーフタイムには清水に入団したのお披露目もあるらしいのでブーイングの用意を。ただに心奪われ清水に乗り換える輩がでないか心配ではあります
フィスカーの魂は上川に引きつがれたようだ
緑虫vs鹿 2−0の時点で鹿敗戦を確信。こちらのネタ不足もあいまって鹿敗戦を祝うネタ作成。あとは試合終了を待って送信するだけになっていました。しかし結果はご存知のとおり。上川のせいでネタはお蔵入りとなってしまいました。
オフトご一行様接待慰安旅行
あれだけ攻めて点が取れないのも困ったもんですが、そういうこともよくたまにはあるでしょう。ノブオ不在がひびき政一氏に打開策はなかったようです。GKは大当たり、井原もアレがあったとはいえ燃え尽きる寸前のろうそくが一瞬光輝くがごとく素晴らしいDFでした。しかし・・・・
いい加減ぼーっとしてんじゃねぇぞゴルァ!
こんなもの
とかこんなものも考えてみたらどうですか?。ヒデトもマコもオフトへの恩義を忘れず偉いですね。義理人情を忘れかけた今の時代になかなか出来ないことです。ちなみに左はTIMレッド吉田ではなく浦和GK山岸です。
好きよっ好きよっキャプぅテン♪(古)
川渕サッカー協会会長、愛称に「キャプテン」を応募の中から自選。血迷ったか。
今週のサカマガは盛りだくさんいろんな意味で
表紙と巻頭特集は高原。続いてリーグ戦磐田vs鹿島。ナビスコカップが巻末と扱いが小さいのもGOODです。表紙をめくるとNIKEスパイクの広告「最速スパイク。ただし誰が履くかによる」。隆行ってのはいやみなのか隆行でも速くなるという意味なのかは不明。直後にhummelの広告。申し訳ないが横浜FCの有馬ではいかんともしがたい・・・。さすがにわからんかったぞ。昔はラウドルップとかシュマイケルだったのに。その他にあの偽中山特集、ジュビロ優勝記念パネル通販広告なども華をそえています。

さらにつっこみサカマガ。数字至上主義なのですかあいかわらず
リーグ戦 磐田vs鹿島 あのOPTAデータを基に解説しています。“ボール支配率磐田48:52鹿島。90分を支配したのは鹿島”だそうです。“パス成功率は具体的表記は無いとはいえ鹿島が上回り、結局はシュートが枠に飛ぶかどうかの差”と解いています。たしかに枠を外しまくった彼の功績は特大ですが、パス成功率ってのも支配率も自陣でちょろちょろ持ってる(持たされている)場合もどんどん上がってきますからね。前半一時的に鹿島に攻められる場面こそありましたが90分支配していたのは磐田ですし、肝心なところでしっかりバスを通していたのも磐田です。以前コラムにもDFランキング記事について触れましたが、どうも数字の上っ面だけとらえた記事が目に付きます。編集長はトシヤ大好き人間だし、望月三起矢からんでるし、結構磐田よりのサカマガなんで好きなんですがね
過去のあやまち
そういえば数年前ですがこんな本が出版されておりました。タイトルは実像とは不釣合いな「俺のシュートを受けてみろ!」。そこまで言うならシュート受けてやるからシュートを撃ってくれ。枠に飛ばしてくれ。当然のことながらいまや絶版となっております。意識改革さえすれば代表では高原の最高のパートナーになるような気もするんですがね。それが出来ずに消えていった選手も多いですので。磯貝・前園・山田etc・・・・。だからといって磐田戦ゴール量産されても困りますが。
覚えてますか、わたし
かつて磐田に在籍したJ2セレッソ大阪DF喜多靖がJ初ゴールをあげた模様。個人的には大型ボランチとしてけっこう期待してた選手なんです
磐田 7-0 谷間のU 21代表  しかも35分ハーフ
磐田東出身GK藤ヶ谷に鬼のような仕打ちをしてしまいました。ほぼベストの布陣でキックオフ。17分でハットトリックの中山は27分で交代。後半はごそっとメンバー入れ替えましたが軽く完封。上本リベンジなる。でも気をおとさなくてもよいぞ若人よ。アジア大会に出場するチームでも磐田に勝てるチームは・・・と考えればよいのです。ええ、磐田が強いだけなんです。とは言うものの山本さんの苦悩は続く。で、気になったこと。西がいない(前節働きすぎたせいか、もしやまた腰痛か)。ノブオがいない(足首の痛みが悪化したらしい)。山西先発で大岩は後半から。いまやレギュラーは完全に山西ということですか。
体は大事にしよう
浦和のエメルソンが前節で右前腕部(とう骨)骨折。次節の出場は微妙だとか。悪いことをいわないから休みなさい。うちにはヒデトも福西もいます。前節ではエメルソンが山本のいけにえとなりました。だから休め。休んでよたのむからさぁ。
またもや鹿島色にそまっていく
鹿島の野見山篤広報部長が日本サッカー協会・技術委員会副委員長に就任。12日の理事会で承認される予定。えー・・・・・、承認するな。またしても○○が協会に増えるのか。協会に対する嫌悪感がさらに増していく今日この頃。
わかってるようでまだわかってない
柳沢談「FWの仕事は得点だけではなくほかのプレーも見てくれといってきたけれど、世界で生きるためにはプラス何か…ゴールを見せていかなければ」。いやだから”プラス何か”ゴールじゃなくてゴールプラス何かなんですけどね・・・。
ジーコさん見たぁ?、ねぇ見たぁ?
鹿島2連戦でキレまくった(ヒデトのキレまくったとは違います)西。試合後のインタビューを聞いて一皮むけたのかなと思いました。高原みたいにしっかりしたこと言うんだもん。活躍してる選手は"呼ぶ"ということらしいですがどうでしょうか。
マン・オブ・ザ・マッチ
ふん!ざまあみろってんだい。いやまたもや西キレキレでしたね。しかし西を差し置いて私は山本をMOMに選定。何したってわけではありませんが絵売れるを昇天させた功績は何よりも大です。あの時点で磐田の勝利は決まりました。別にファールしたわけじゃないので許してね。あ、フレームが・・・・
9/7 こりない男なんです
先日アルノについてのアンケートをさせていただきましたが、それに続くGKスペシャル第2弾として新コンテンツ「GKのススメ」開始。安直なタイトルだとか他のコンテンツだってろくに更新できてねぇくせにまたやるのかよという突っ込みは本人もよくわかってますのでしないで下さい。やりたがりなんですよ
9/7 10/2 まごうことなく心から清水を応援します。
負けたことは何も言いません。点を取るスポーツで鹿島が磐田より多く得点した。それだけ。たとえ○○な守備だったとしても、もう見慣れたいつもの光景です。弱いチームが強いチームに勝つ典型です。計算違いはFWが隆行でなく絵売れるだったということ。一応負け惜しみを言わせていただくとサッカーの実力差は明らかでしたね。わーいみーんな上手いぞぉ磐田。
ただ負けたら終わりのトーナメントで残り数分、後ろに3人も4人も張り付いててどうすんの。全員攻撃でしょフツー。点を取るんだという気合いも感じなかったしW杯トルコ戦の代表みたい。それともナビスコ捨ててリーグ制覇にかけたんですか。どっちゃにしろ負けたわけだから
7日は絶対に勝て、死んでも勝てあ、それからアウェイゴール裏で赤い服着てた方々へ。ブーイングってのは時と場合を選んでやらないとかえって相手に笑われますよ。
9/5
さんまサン さんまサン、 カエッテキタヨ ガンバルネ ボク
あのモネールが横浜FC入団。かつて全日空、横浜フリューゲルスで主に左サイドバック・ボランチとして活躍し、最近ではアルゼンチンで現役続行しながら明石家さんまのW杯特集番組ではリポートにならないリポーターとしても活躍。おそらく選手としてのモネールを知らない方も多いとは思いますが、それはそれは素晴らしい選手でした。もうすぐ35歳。かつてのアホみたいな運動量があるかは定かではありませんが期待します。得点時のモネールダンス(左上のやつ)も楽しみです♪
9/4 イメージは大切にしたほうがよいぞ
高原公式。「大丈夫で〜す」はいけません、「で〜す」は。キャラ的に似合いません。あくまで道を極める修行僧でいったほうがいいのでは
9/3 マジやべぇ
↓と思ったらノブオも右足首捻挫(平野に後ろからやられたときか!?)でベンチ入りも微妙。高原は大事をとって欠場。となると・・・西?西野?ホドリィィィゴ?
9/2 前科があるだけに心配だ
どうやら高原は大事には至らなかったらしい。4日鹿島戦の出場は今日の練習後の状態を見て決めるとのことですが、練習自体はテーピングも無くこなしたようです。しかし2ndも始まったばかりだから無理はさせないように。グラウはともかくノブオもいることだし。ここはひとつノブオ逝き いきませんか
9/2 私事2
先日来体調が悪く医者に行ったところ、禁酒と激しい運動をしばらく慎むようにと言い渡されました。といいながら昨日サッカーやっちゃいました。GKなんでそんなに走り回ることもないのでまぁいっかと。日焼けした顔で通院、「どーなっても知んないよぉ」と言われましたが、サッカーするなってのも死ねって言ってるのと同じなんですよ。まあ妻子も無い私ですから背負うものはありません。サッカーで死ねるなら本望です(そんなたいそーな病気じゃねぇっつーの)
9/1 私事1
どういうわけか城が強烈ミドルでVゴールなどという夢を見てしまいました。幸い相手は磐田ではありませんでしたが。これで柳沢のゴールなど夢に出てきたらどうしましょ。でも現実ではめったに見ることが出来ないからかえって縁起いいかも
8/31
マン・オブ・ザマッチ
決定機の数では明らかに神戸に劣っていましたが彼の期待通りの働きで事なきを得ました。それでも彼なわけですか?。カズがいなくて助かりました。佐伯は出ませんでしたが、平野が左のサイドバックとして先発していました。驚いたことに守備してましたね。相手コーナーの時はなんとゴンについて残ってたしすっかり「守備の人」です。ただしノブオがFWに入ってしまったためノブオ対平野という対決は実現しませんでした。対岡野も見たいですね。で、高原は大丈夫なのか高原はあぁぁぁぁぁぁ!(泣)
   2002年4〜6月  2002年1月〜3月 2001年11〜12月   2001年6月〜10月  
         HOMEへ